2005年12月11日
ジュネーブ条約で定められた無防備地域宣言を地方自治体の条例として制定しようとする運動の矛盾点は以前にも紹介しましたが、簡単に纏めるとこうなります。

条件的問題:敵軍が接触した地帯の付近で占領の為に開放されている地域。宣言先は敵軍。
権利的問題:地方自治体は自国軍への指揮権が無いので、合意が無い限り宣言はできない。

この通り、平時に条約として宣言できる性質のものではないし、宣言には自国軍との全面的な合意が必要であり、そもそも航空機による空爆やミサイル攻撃には無力です。ところが、無防備宣言運動家の間ではミサイル攻撃にも有効だとする解釈を唱える者もあります。「軍隊が接触した地帯」の部分を長射程のミサイルや火砲で攻撃できる範囲と捉えれば、弾道ミサイルにだって有効だ―――そんな主張です。


さて、それでは「軍隊が接触した地帯」とは具体的にどれくらいの距離を指すのか調べてみる事にします。ジュネーブ条約第1追加議定書26条によれば「軍隊が接触した地帯」とは「地上から直接砲火に晒されている地域をいう」となっています。


ジュネーブ条約第1追加議定書 [赤十字国際委員会(英語)]
"Contact zone" means any area on land where the forward elements of opposing forces are in contact with each other, especially where they are exposed to direct fire from the ground.
"接触地帯"とは、敵対する軍隊の先遣部隊が互いに接触している陸上の地域、特に先遣部隊が地上から直接砲火に晒されている地域をいう。

この条文を「地上から直接、砲火に晒されている」と途中で勝手に読点を打って読んだ場合なら、地上から発射される全ての兵器を指す解釈も出来ます。しかしそれは誤りです。

『直接砲火』(direct fire)とは直接照準射撃を意味し、間接照準射撃(indirect fire)を含まないという事を意味するのです。故に間接射撃である弾道ミサイルは条約の定める地上からの直接砲火ではありません。

間接射撃とは山なりの弾道で、目標を直接視認できない遠くの目標も味方や障害物を飛び越えて攻撃できます。(榴弾砲、迫撃砲など)。直接射撃とは近くの目標を直接視認して射撃するもので、弾道は水平に近くなります(戦車砲、自動小銃など)。直接照準で最も有効射程の長い戦車砲(戦車砲に限らず平射砲全般)でも直接視認という条件上4〜5kmほどが限界なので、「軍隊が接触した地帯」とは数km以内に接近した場合を指す事になります。

このように無防備地域宣言を出すには、軍隊がすぐそばまで近付いて迫っているという条件が必要になります。「付近」という言葉の解釈については必要無いでしょう、これを拡大解釈して数百km離れていても「付近」と言い張るのは無理があります。



権利的問題についてはこちらを参照。


ICRC:Commentary(赤十字国際委員会による注釈)
' Who must send the declaration? '

2283 In principle the declaration must be sent by the authority capable of ensuring compliance with the terms of the declaration. In general this will be the government itself, but it may happen that in difficult circumstances the declaration could come from a local military commander, or even from a local [p.704] civil authority such as a mayor, burgomaster or prefect. Of course, if the declaration comes from a local civil authority, it must be made in full agreement with the military authorities who alone have the means of ensuring that the terms of the declaration are complied with.

赤十字国際委員会による説明では、「基本的に宣言を行う事ができるのは政府。しかし困難な状況ならば地方自治体が宣言する事もできます。もちろん地方自治体が宣言する場合、軍当局との完全な合意を得なければなりません」となっています。

注)ジュネーブ条約は赤十字国際委員会が提唱して作られたものですので、本家本元の見解です。


08時27分 | 固定リンク | Comment (46) | 平和 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 次は、政府に永世中立宣言を出させるように要求する運動にでもなるのでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 09:05:33
  2. いえ、地方自治体自身が永世中立宣言を出す運動が始まるでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 09:09:29
  3. 永世中立でしたら、防衛費3倍(赤く塗ってもダメですよ)の上、自称『市民』の大嫌いな徴兵が待っておりますw
    しかしまぁ、よくも次から次へととんでもない解釈というか妄想ができるよなぁ。感心するよ。

    Posted by 773 at 2005年12月11日 10:33:23
  4. >永世中立でしたら、防衛費3倍

    ・・・何を言ってるんです?『非武装中立』に決まってるじゃないですか。

    >よくも次から次へととんでもない解釈というか妄想ができるよなぁ。

    こんなウルトラC的解釈もありました。

    【珍説】
    「ジュネーブ条約が出来た時はミサイルや航空機による爆撃など想定されていなかったから柔軟に解釈すべき???」

    【事実】
    「追加議定書は1977年制定ですよ…人類は既に、30年以上前の第二次世界大戦で、無差別戦略爆撃とミサイル空襲(V1、V2)を経験済みですよ…」

    ここまで来ると最早漫才ですが、本当にあった怖い話です。

    Posted by JSF at 2005年12月11日 11:18:53
  5. 彼(女)らはすでに、自分たちがやりたいことまで思考停止なのでしょう。
    今回取り上げてくださった内容も、活動推進派ならば必ず知っていなければならないことなんでしょうが、反対派が持ち出すと「ミリオタ」とのこと。
    戦争を知らんやつが戦争(反戦)を語るなと小一時間(ry
    興味深い記事をありがとうございました。

    Posted by 極論 at 2005年12月11日 13:35:49
  6. 敵軍ならすぐそこに迫っているのかもしれません。
    そう、在日朝鮮人民軍とか……

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 14:04:14
  7. >非武装中立
    連中によれば「日本を侵略する国はない」そうでしねえw


    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 16:18:14
  8. >「日本を侵略する国はない」
    この斜め上を行って、
    「今現在自衛軍とアメリカ軍、日本を侵略している!彼等をこの国から追い出す為にも、先ずは大阪市から非武装永世中立宣言をし、模範を見せなければならない!!」
    とか訳の分からない事を言い出しそうな悪寒。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 17:09:28
  9. この「無防備都市宣言」って、
     たとえていうなら女性が「強姦されても抵抗しないから殴らないで」というようなものでしょう?
    (こういうものは下手に例えない方が良いとは存じておりますが)
     平時にそれを言ったら、ただの変態、どころか強姦魔(某支那方面)を誘っているだけだと
    思いますがね。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 18:47:55
  10. 無防備地域宣言は有事を想定したものであり、有事立法と同じ思想に立つものだ、っていうのはナシだろうなぁ…

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 19:50:41
  11. >「軍隊が接触した地帯」の部分を長射程のミサイルや火砲で攻撃できる範囲と捉えれば、

    つまり日本全土が中国軍や北朝鮮軍と隣接していることになるわけですね。
    ということは
    中国や北朝鮮のミサイル基地を攻撃しても「自衛」の範囲内にあたる。
    よって憲法九条には違反しないって解釈もOKですね!

    よし!

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 23:05:13
  12. 反射衛生砲配備した場合はどうだろう。
    衛星による直接照準だし。弾道は直線的だしぃ・・・(ぉぃ。

    Posted by ぽてとぱい at 2005年12月11日 23:20:35
  13. もし地上からのあらゆる武器発射が禁止されたら、アメ公は平気で原潜大量生産するだろうな、海ならいいでしょw
    もし駄目なら、奴らは月基地でもマジでつくりかねん。
    軍事ってのは、そういうもんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月11日 23:24:44
  14. ガンジーの無抵抗をマネて、ノーベル平和賞でも貰うツモリなんだろうか。有事になってら、条約も法律も何もないのに。こういう輩は、自分の頭上にミサイルが飛んでこないと分からないみたいだね。

    Posted by masasan at 2005年12月11日 23:35:56
  15. いや、こういうやつらは自分の上にミサイルが飛んで来ても気付かないでしょうw

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 01:29:39
  16. いや、ミサイルが、飛んでくるときは敵国に亡命してるか逃げてるって。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 02:21:41
  17. ↑そこまでの根性と行動力は無いでしょう。
    その時になってなお「日本政府が悪いから〜」
    「対話による解決を〜」とお題目を唱えながら
    泣き叫んでてるのがオチかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 03:35:50
  18. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051210-00000298-mailo-l25
    「地域住民の安全に責任を持つ自治体が宣言を行えば政府と自衛隊はそれを認め同意しなければならない」

    …だ、そうです…

    「地域住民の安全に責任を持つ」って、おまえら他国の軍隊に対して何ができるのだと問い詰めたい

    Posted by むーちゃ at 2005年12月12日 07:03:42
  19. >「地域住民の安全に責任を持つ自治体が宣言を行えば政府と自衛隊はそれを認め同意しなければならない」


    ( ゚д゚) ポカーン

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 07:22:55
  20. 法律用語・軍事用語は一般的な意味と違うから混乱を招くんですよね。
    「攻撃」「防御」とか基本的な言葉から解説しないといけないのでは。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 10:49:52
  21. そもそも軍事知識が無い連中が、軍事用語満載の戦時国際法を解釈してるのが問題なわけで。
    勝手な誤読が増えるのもむべなるかな。


    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 10:54:27
  22. >「地域住民の安全に責任を持つ自治体が宣言を行えば政府と自衛隊はそれを認め同意しなければならない」

    何時から自治体は政府や自衛隊に命令できるようになったんだ? 凄いギャグだな。

    それに大津市は陸上自衛隊の駐屯地があった筈だろ、何を考えてるんだ・・・すぐそばの守山市には第10師団司令部もあるというのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 12:21:21
  23. >「地域住民の安全に責任を持つ自治体が宣言を行えば政府と自衛隊はそれを認め同意しなければならない」

    もう1箇所付け加えてくれ。さすれば電波は完全となる。
    「地域住民の安全に責任を持つ自治体が宣言を行えば政府と自衛隊と”侵攻軍”はそれを認め同意しなければならない」

    同意しない奴には無防備マンがお仕置きするのだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 13:10:20
  24. つーか無防備地域宣言できるのは「紛争当事者の適当な当局」なんで、まず宣戦布告しないと。って、何処に?

    Posted by 鰯揚 at 2005年12月12日 14:04:01
  25. >まず宣戦布告しないと。って、何処に?
    ネット右翼とか政府とか、自衛隊とか?

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 15:47:34
  26. >>まず宣戦布告しないと。って、何処に?
    >ネット右翼とか政府とか、自衛隊とか?
    目から鱗。
    そうか、連中の狙いはこれだったのかw

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 19:54:49
  27. >それに大津市は陸上自衛隊の駐屯地があった筈だろ、何を考えてるんだ・・・すぐそばの守山市には第10師団司令部もあるというのに。
    >Posted by 名無しT72神信者 at 2005年12月12日 12:21

    第10師団の師団司令部があるのは「名古屋市守山区」です。
    一応、突っ込んでおきます。

    大津市の“市民グループ”の方々は、大津市から自衛隊部隊を排除したいんでしょうね。
    彼らは「地域住民の安全に責任を持つ」ことはしないんでしょうか?
    敵軍が大津市に空挺降下してきたら、彼らは自らの身の安全のために、進んで敵軍の道案内をしそう。
    日頃のポーズが「反体制」でも、実際には新たな支配者に迎合する、そんなイメージ。

    Posted by 非絶対者 at 2005年12月12日 20:25:39
  28. http://d.hatena.ne.jp/claw/comment?date=20051212#c
    *****引用開始
    ・・・無防備地域宣言運動が「敵に自国を明け渡すこと」などという、
    歴史に無知で無教養でファシスト予備軍で平和ボケな連中は、この映画を見て「無防備地域だとこんなふうになる」なんてことを言う(@∀@)

    そうじゃねーだろw この映画のテーマはファシズムと侵略戦争、それに対するレジスタンス。
    *******引用終了
    さあ鱒太郎以上のclowが着ましたよwwww

    Posted by キルロイ ◆dtIofpVHHg at 2005年12月12日 21:27:27
  29. これはあれだ!
    各県で軍隊を持とう!って運動だよ!
    川中島の戦いとか、関が原とか再現?ねぇ?再現?しかも近代装備で!

    う〜おら、ワクワクしてきたど!

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 22:56:15
  30. 大津市在住の俺が来ましたよ。orz

    こっちに、さらに詳しく載ってた。
    http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shiga/news/20051201ddlk25070653000c.html

    頭痛ぇ・・・

    >誤解されがちですが、無防備地域は軍隊のない地域であって、
    >「無抵抗の地域」ではありません。侵略に対して何もしない、という意味ではなく
    >自らを守ったり、地域の治安を守る権利を放棄するものではありません。

    おのれの条例案の第2条を読み返せと。

    有事には軍事施設の機能停止を求めるそうだし。
    んな運動は、琵琶湖の真ん中ででもやってくれ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月12日 23:40:04
  31. つ 頭痛薬



    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 00:04:46
  32. 無防備都市宣言をした所は、戦争状態なので
    自衛隊を緊急派遣、無防備都市なので当然市民からは自衛隊には反撃はあり得えず
    自衛隊員に攻撃をする人間は日本人なら公務執行妨害で逮捕、日本人以外ならば射殺可能
    戦闘用作業服を着ていないのであればテロリストだから捕縛して、司法に送り死刑判決を出してもらう
    当然ながら戦争になっていないのにそんな宣言を出した人間は外患誘致や内乱罪で司法送り
    市民はそのままで良いが、責任者には宣言を出した責任を取ってもらわないと



    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 00:46:37
  33. >各県で軍隊を持とう!って運動だよ!

    21世紀になって県立地球防衛軍が実現か!

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 01:35:17
  34. えっ?
    でもそれじゃ抵抗するんだから無防備じゃないような気もするんだが・・・
    と思ってみるこの手にやや疎い人の意見です。


    Posted by 名無しT72新信者 at 2005年12月13日 06:34:17
  35. つーか、案の定ジュネーブ協定の肝心の部分を隠蔽した条例案だな。


    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 12:18:19
  36. 占領されるので、当然その都市の治安維持は占領軍が行う。
    抵抗運動なんぞやったら、鎮圧される可能性大。
    鎮圧される場合、機動隊がやってるレベルの対応じゃないだろうけどな。

    まあ運動やってる連中の本音は、占領軍じゃなくて日本政府と自衛隊の活動を押さえることなんで、占領されたら大喜びで弾圧するほうに回るだろうけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 12:34:10
  37. >「無抵抗の地域」ではありません。侵略に対して何もしない、という意味ではなく
    >自らを守ったり、地域の治安を守る権利を放棄するものではありません。


    おいおい、他国の正規軍に対してどうやって「自らを守る」んだ?
    コスタリカじゃあるまいに、警察で軍隊に勝てるとでも思っているのか?
    それとも市民が抵抗しろと?
    ゲリラと見なされて町ごと虐殺されて終了なんだが


    Posted by むーちゃ at 2005年12月13日 13:19:44
  38. たぶん……敵軍(救世主w)が攻め込んできたら今より世の中が良くなるので、日本政府と自衛隊は邪魔をするなということなんでしょう。
    自衛隊がいたら戦場になるのでよくないと。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 16:01:16
  39. たぶん「無防備都市」という言葉に深く考えずに飛びつくヤツがいるだろうと踏んで考え出したんだろうな。
    実際には、「都市降伏宣言」なんだけど、「降伏」ではなく「無防備」だと、騙しやすいと言うことなんだろうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 16:46:23
  40. >誤解されがちですが、無防備地域は軍隊のない地域であって、
    >「無抵抗の地域」ではありません。侵略に対して何もしない、という意味ではなく
    >自らを守ったり、地域の治安を守る権利を放棄するものではありません。

    こんなんありました。
    つ【私戦予備・陰謀罪(93条)】

    ああ、占領下で日本国の法は及ばないから大丈夫なのか。さすがですっ☆

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 21:21:23
  41. この手の運動は具体的な成果を求めておらず、騒いで世間の関心を集めること自体が目的なので、こういう場所で話題になった時点で半ば彼等の思惑に乗ってしまっているかと・・・。
    出来れば『自称「平和団体」必死だな(藁』と一笑に付して捨て置ければいいのですが、まぁネットですから相手も広報戦を仕掛けてくるし、良くも悪くも話題になってしまうと・・・。
    『無防備地帯宣言』の解説をする際は、騒いで世間の関心を集めるという運動団体側の目的の方も強調しておいた方が良いと思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月13日 21:46:09
  42. >騒いで世間の関心を集めること自体が目的

    そして団体側の無知と無恥が世間に知れると。
    相変わらずMな方々ですな。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月14日 08:20:41
  43. 組織の維持という至高の目的が果たせるなら、それでいいのでは。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月14日 10:10:49
  44. いやはや「無防備都市」を引き合いに出す人がほんとにいたなんて……しかも「無防備宣言はきれいな宣言」と主張するために……

    Posted by ネオ筑摩屋 松坊堂 at 2005年12月14日 15:52:12
  45. 先程「テクノラティ」というものの存在を知ったので、試しに「無防備都市」で検索して、こんな所を見つけました。
     デジタルのあるくらし
    http://d.hatena.ne.jp/youichirou/20051211

    ここのブログ主さんが「平和・無防備都市条例を実現するつどい」の会場に行ってみたところ、受付で「住所を書かないのなら二度と来るな」と言われて参加を断念したそうです。
    公安を敵視していることと併せて、極左団体の匂いがしてきますね。
    「騒いで世間の関心を集める」ことには熱心でも、同志を募ることには熱心でないようです。
    一般人にこんな態度を取って、「組織の維持という至高の目的」が果たせるのでしょうか?

    ああ、彼らは常識人ではなかったですね(笑)

    Posted by 非絶対者 at 2005年12月15日 18:49:23
  46. ★「無防備都市攻撃」発言:条例制定請求の市民ら、撤回求める−−大津 /滋賀

    ・19日の大津市議会総務委員会で「平和・無防備都市条例」の審議の際、政新会の
     園田寛市議が「無防備宣言したまちがあれば攻撃してみたい」と発言したことに対し、
     制定を直接請求した市民団体「無防備地域宣言をめざす大津市民の会」は20日、
     市議や会派などに謝罪や発言の撤回を求める申し入れを行った。

     「市民の会」は申し入れで、「市議の発言は審議内容とは無関係の好戦的なもので
     命を軽視するもの」などとして、撤回などを求めた。
     http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shiga/news/20051221ddlk25010520000c.html

    …ま、まさか「本当に攻撃されるはずがない」と
    思ってやってたのか…?

    それはギャグで(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2005年12月22日 21:37:57
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

無防備宣言都市
Excerpt: 自動販売機 日本の道路を走ると、缶などのゴミが落ちている。ところが、外国の多くに
Weblog: さぁ みんなで読んでみよう
Tracked: 2005-12-11 23:29

地方自治体は政府より偉い?
Excerpt: 無防備都市条例:請求代表者、必要性を訴える−−大津市議会 /滋賀  大津市議会は9日、本会議を開き、「市平和・無防備都市条例」を直接請求した市民グループの請求代表者4人が意見陳述し、条例の必要性を訴..
Weblog: 無防備地域宣言は危険を招く危険な宣言だと断固主張する、嘘つきが、せめてブログで正直な事を語る
Tracked: 2005-12-12 08:23

無防備地域宣言と無防備宣言条例推進運動の落差
Excerpt: <font size=3 >今、全国21の地方自治体で「ジュネーブ条約に規定された無防備地域宣言を行い、国防協力を拒否しよう」という条例制定の署名運動が推進されているらしい。産経新聞(平成..
Weblog: 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
Tracked: 2005-12-12 12:42

無防備地域宣言運動の正体
Excerpt: 日本法務省外局公安調査庁、通称公安から、認定されました。「平成18年「内外情勢の回顧と展望」より第3 平成17年の国内情勢  3 共産党・過激派等 〈 沖縄を始め各地で,米軍再編・強化反対を掲げた反基..
Weblog: 沖縄選挙の表裏【うちなんちゅなら選挙に行こう!】
Tracked: 2006-03-20 12:17
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。