2008年08月30日
というわけで昨日の続きです。


<アフガン拉致殺害>中村医師が遺体検分 悲しみこらえ|毎日新聞 8月28日
反政府武装勢力のタリバン報道官を名乗る人物が、犯行を認めていることについて、中村さんは「拉致グループはタリバンではない。タリバンがこんなことをするはずがない」と話した。

「我々が言うタリバンとは、マドラサ(イスラム神学校)でちゃんと教育を受けた、礼儀と道理を身につけた者を言う。しかし、9・11(01年の米同時多発テロ)後、偽タリバンが増えた。彼らは本当のタリバンではない」

タリバンが拠点とするアフガンとパキスタン国境地域で、ハンセン病治療や井戸掘りなどを20年以上続けてきた。国際的な非難を浴び孤立するタリバンとその母体のパシュトゥン民族を支え、タリバン側からも一定の理解を得ていると自負してきた中村さんの、タリバンへの「最後のメッセージ」にも聞こえた。【カブール栗田慎一】


例え拉致グループが中村哲医師の定義するタリバーンではなかったとしても、タリバーンの広報が犯行を認めてしまっている以上、拉致事件の責任はタリバーンが背負います。タリバーンは今回の事件に限らず、以前から外国人の拉致殺害事件を度々起こしています。昨年にも韓国人が集団で誘拐され、2名が殺されています。

2007年タリバン韓国人拉致事件 - Wikipedia

中村哲医師の言う「タリバンがこんなことをするはずがない」とは、「拉致事件を起こすようなタリバーンは真のタリバーンではない」という意味なのか、それとも「タリバーンがペシャワール会を狙う筈がない」という意味なのか・・・果たしてどちらなのでしょうか。

前者であるなら主張する意味がありません。タリバーン自身が犯行声明を出している以上、仮に実行犯がタリバーンと繋がりが薄かったとしても、タリバーンの命令により犯行が行われ、犯行結果についてタリバーンが責任を負うとタリバーン自身が認めてしまっているからです。「タリバーンがこんなことをしました」と自ら主張している以上、中村哲医師が幾ら「タリバンがこんなことをするはずがない」と連呼しても、そのような主張は通りません。後者であるならば、意味は通るのですが・・・どうしてペシャワール会だけが特別なのか、と問われた時に答えることが出来るのでしょうか?

また中村哲医師はタリバーンを言葉通りの意味である「イスラム神学生」に限定していますが、これは政治勢力・軍事勢力としてのタリバーンを意味しません。一時期、アフガニスタン国土の9割を掌握していたタリバーンが全員イスラム神学生でしたと思い込むのは間違いです。


タリバン構成員@アフガニスタン
タリバンの構成員は4種類に区分けされる

(1)アフガニスタン難民キャンプに育ち、 JUI (ジャマアティ・ウレマ・イスラーム)所属の神学生:パシュトゥン族
(2)パキスタン国内に住む旧ムジャヒディン(ソ連侵攻時代の聖戦士):パシュトゥン族、イスラーム諸国等からの義勇兵の残党
(3)身分を隠したパキスタン軍統合情報部所属の兵士:パキスタン人(本国の指示)
(4)オサマ・ビンラディン氏を慕うアラブ系義勇兵:アラブ人

なお、4系統を統一した組織や司令はなかった。そのため米英軍による、アフガニスタン侵攻(2001年10〜12月)で、敗戦が濃厚になってきた11月下旬には、サッサと脱走してしまい、総崩れになってしまった。


中村哲医師の定義に合致するのは(1)だけです。ですが内戦でアフガン諸勢力と戦う為に必要な戦力をイスラム神学生だけで動員できるはずもなく、義勇兵(イスラム聖戦士、ムジャヒディン)も多数参加し、パキスタンからの義勇兵の参加どころかパキスタン正規軍の直接介入(陸軍2個旅団と空軍戦力)による援護も受けて、それでも足りずに子供兵(チャイルドソルジャー)まで投入し、総力戦で北部同盟を追い詰めていきました。つまり中村哲医師の言う「9・11テロ後に偽タリバンが増えた」という指摘は少し的外れで、それ以前からずっとイスラム神学生以外の多くの人員も「勢力としてのタリバーン」の一翼を担って来たのです。それらの人達はマドラサに通っていなくてもタリバーンの一員であり、「偽タリバーン」扱いするのは失礼でしょう。また、タリバーンがビンラーディンとアルカイーダを招き入れたのは9・11テロ以前であり、テロ数ヶ月前の2001年2〜3月にはカンダハルやカブールでアフガン外部からのアラブ人がどっと増えている事が山本芳幸氏によって報告されています。

なお、中村哲医師はマドラサ(イスラム神学校)に通う純タリバーン(イスラム神学生)に相当な思い入れがあるようで、ペシャワール会はアフガン現地でマドラサの建設を進めています。NGOが学校を建設する例は多いのですが、非イスラームのNGOがマドラサを建設しようとしているのは、この例だけです。


日本NGOがマドラサ建設 アフガンで「孤児のため」|中国新聞
アフガニスタンとパキスタンで活動する福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」がアフガン東部ナンガルハル州シェワ地区で、イスラム神学校「マドラサ」の建設を進めている。旧政権タリバン幹部を養成し過激派の温床とも批判されるマドラサだが、同会は「地元の要望が強く、貧困層の子供や孤児の養育が目的」としている。


これはタリバーンに塩を送っているようなもので、テロリスト予備軍養成学校と成り果てる危険性があります。子供にイスラームを教え込むのではなく、普通の学校の勉強を教え込む方がアフガニスタン全体の為にもなる筈なのですが・・・貧困から抜け出す為には知識が必要です。ペシャワール会は農業知識や灌漑知識を現地農民に分け与えて支援をしている筈です。それを彼ら自身の手で出来るよう、彼らを教育できる学校を建設する事は非常に良いことの筈なのに、なぜ神学校なのでしょうか。タリバーンに都合のよい事をしているのは、何故なのでしょうか。軍事板常見問題アフ【ガ】ーニスタンFAQより【質問】マドラサの問題点は何かを参照すると、マドラサの危険性について良く分かると思います。



【オマケ】

>「彼らは本当のタリバンではない」

海原「(ガラッ)このタリバンを育てたのは誰だぁっ!」
山岡「俺が本当のタリバンを教えてやる」


>「彼らは本当のタリバンではない」

クラウザーさん 「俺が本当のタリバンのやり方を教えてやる・タリバンタリバンタリバンタリバンタリバン」
DMCファン    「出た・・・・クラウザーさんの一秒間に十回のタリバン発言」


>「彼らは本当のタリバンではない」

日本共産党「ソビエト連邦は真の共産主義ではない!」
19時10分 | 固定リンク | Comment (289) | 平和 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 今回の件もですが、組織としてのタリバンと、中村氏の定義しようとするタリバンの間に実質的な差異がどの程度あるものか後者の定義付けが良く判らないので何とも意見を付け辛いですね。
    いや勿論本分中にあるような「本当のタリバン」と言う発言は見て取れるのですが、それはあくまで実体を伴うものではないのでWiki程度で見るくらいの自分としてはどのような対外・対内姿勢を取る組織がタリバンであるのか中村氏の見解を見てみたいところです。
     私の友人の友人はタリバンだ・・・・!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:25:06
  2. ここまでくるとタリバーンシンパと言うよりは、贔屓の引き倒しって感じですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:35:22
  3. タリバン「だめだこいつ(中村医師)、早く何とかしないと」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:42:59
  4. おまけが不謹慎すぎて引いたわ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:53:09
  5. 「マフラーが黄色いので本物のタリバンではない」

    「つり目なので本物のタリバンではない」

    「秘孔縛が効かなかったので本物のタリバンではない」

    「捕まえたスリにバックブリーカーをかけたので本物のタリバンではない」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:56:11
  6. 中村氏は自分が心頭し、かつ日ごろ応援してきたタリバン像が崩れるのを恐れているのかも知れません。
    タリバン像の崩壊は彼の世界観や自尊心、日ごろの弁舌の破綻でもありますので。
    個人的利得に関わるもので、タリバンの為というレベルにも達していないかも。
    タリバンや市民の為を考えるならば、タリバンに対して自制や協力、取捨選択を唱える筈です。

    >>4
    おまけの最期の方は事実だったり・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:58:05
  7. 彼の発言は被害者親族やタリバン本人にとってなんの意味も無いのが気にかかります。
    聞かされる人々にとっても「だからどうした」というレベル。単なる言い訳で何も生み出しません。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 19:59:41
  8. さて、ここまではまぁ想像できたことですが、これからペシャワール会はどういう転機を辿るのでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:21:23
  9. クラウザーさんは1秒間に12.5タリバンはいけまっせww

    水に沈めて浮かんできたらタリバ(ry


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:23:48
  10. 推測ばっかしてないで中村氏の著書でも読めば
    もっとはっきりするんじゃない?
    最近の言動だけ見ていじくっても
    正確じゃないと思うよ


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:28:05
  11. >>8
    ペシャワール会自体が中村医師を支援する会なので、そこはなんとも難しい所ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:28:20
  12. >>10
    中村医師は昔からこんな人ですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:28:55
  13. >10

    過去の言動は既にチェック済み。

    現地に居た専門家の情報が正しいとは限らない (2007年8月14日)
    http://obiekt.seesaa.net/article/51349680.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 20:33:54
  14. >中村氏の著書でも読めば

     9.11以降,彼の著作の中身は,殆どどれも大差ありません.

     最新刊『医者,用水路を拓く』
    http://www.bk1.co.jp/product/02945086/p-jokai28866/
    では,言い訳が苦しくなっているくらいしか,目新しいところはありませんでしたね.

    Posted by 消印所沢 at 2008年08月30日 20:48:30
  15. > 中村哲医師の定義に合致するのは(1)だけです。

    アラビア語で「学生」の事を「ターリブ」と言います。「ターリバン」は「ターリブ」の語形変化したものです。(どんな語形変化だったか忘れてしまいましたが)
    中村医師の定義は、単語の意味としては間違いありませんが、神学生を使ってのイスラム原理主義の拡大と活動を「ターリバン」と言っている政治的・社会的なを忘れています。
    この中村医師というのは、現実を認識するのが無理なのか、言葉を使い分けてプロパガンダとして利用しているかの、どちらかのように思えます。

    Posted by 民す党 at 2008年08月30日 21:40:16
  16. ペシャワール会が一生懸命作っている水利事業が終われば、食料生産するための農業事業が、ケシをつくる一大生産地に早変わりの可能性がありそうな気がします。
    なんてったって、ケシは農作物より金になるでしょう。

    Posted by 民す党 at 2008年08月30日 21:43:11
  17. 前エントリ※欄の11です。

    さて、このJSFという馬鹿が、間違いを犯した時にどういう対応を取るかということ新ヘントリにおいて心理学的な観察対象としても淡い期待をしていましたが無駄でした。知識量と人格は無関係という、古来から言われることがそのまんま適用できる陳腐なサンプルにすぎませんでした。
    要するに、他人のミスには徹底的に突っ込むけれども、自分のミスは知らんぷり、その辺にいる安物ブロガーの一人だったというわけですね。デマの伝播は許せないとか軍事系の間違いは右派左派問わずにとか言ってましたが、自分が右派系のデマ伝播媒体にすぎず、うざったい粘着っぷりで魔王とか言われてチョーシこいてるだけの阿呆だということを図らずも露呈してしまいました(挨拶&勝利宣言)

    うんうん、分かるよ。無能な信徒に囲まれて、祭り上げられちゃうと引っ込みつかないよね。まあ、分かんないことは素直に分かりません、憶測ですので違ってたらご指摘ください、という立場を取ることが大事だと思うよ、現実社会では。おまえ個人が新聞社という法人と対等だとか思ってる? 引きこもりヲタの分際で。

    うちの組織的には君みたいな思いこみが激しくて傲岸不遜なくせに、実はスモールハートウィングウィングな人間はまったく不要だけれども、味方にするとこれほど役立たずな以下略という無能な2ちゃん系信徒に囲まれて、お花畑な仮想空間で生きていくのも君の自由だ。

    まあ、JSFが人種差別主義者(@mixi、あーこりゃ、燃料ですね。改竄したのは毎日新聞で尚且つ在日韓国人記者では。速攻、私の所で記事にします。)の分際で、モスボールもうちょっと調べて訂正出しますけれどもいまのところ客観的なデータが無くて調査中ですのでお待ちくださいだけれども半年たっても中間報告すら出さないけれどもあとは知らんぷりでほとぼりさめるまで黙っておこうかなあドキドキってメソッドを多用するヘタレだということがよく分かって嬉しかったとさ、ちゃんちゃんとしたいけれども取り急ぎ、ここまで(大笑


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 21:47:38
  18. >17

    別に間違いなど何処にもありはしないが(苦笑

    早版だろうが遅版だろうが、事実を隠蔽した事実に変わりはない。いい加減に「紙面のスペースの都合で」とか情けない言い訳は止め様ね、夏厨君。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 21:58:31
  19. >この中村医師というのは、現実を認識するのが無理なのか、
    >言葉を使い分けてプロパガンダとして利用しているかの、どちらかのように思えます。

    どっちだろうね、どうも前者のような気がする・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 21:59:44
  20. >4

    不謹慎も何も、最後の共産主義ネタは実際に日本共産党がソ連崩壊時にそうコメントしてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:00:55
  21. >17
    あらヤダまたこの子ったら

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:03:42
  22.    _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
    -''":::::::::::::`''>   ゆっくりしていってね!!!   <
    ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
     |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
     |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
    _,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
    ::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
    r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
    !イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
    `!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
    ,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
     (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
    ,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´



    Posted by 仙竜. at 2008年08月30日 22:06:57
  23. 拉致実行犯は元へクマティアル派で現在はタリバン系列のヒズブ・イスラミのメンバーだったらしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:07:25
  24. 別に中村医師を擁護するわけじゃないけど、こういう人が人知れずほそぼそと世界の片隅で活動するのはかまわないと思うんだよね。もともと頼まれもしないのに辺境の地でボランティアする医師なんて偏屈な人ばっかでしょ。
    だけど問題なのはアフガン戦争の時、マスコミがおもしろがって散々この人を露出させ好き放題喋らせたこと。しかもこれだけ偏った危険な面があることは一切報じずに。
    今回の伊藤氏はアフガン戦争があるまでアフガニスタンという国の存在さえ知らずTVでのボランティア活動見てペシャ会しったとか。そのTV番組は中村医師の現実認識がどれだけ偏っているかと言うことをきちんと伝えてたんだろうか?別に存在はしていいけど表に出してしゃべらしちゃいけない人でしょ、こういう人は。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:13:35
  25. >>17
    >馬鹿が、間違いを犯した時にどういう対応を取るか

    どこが間違いなのか論理的に説明してから人を罵るべきですね。

    >うざったい粘着っぷりで魔王とか言われてチョーシこいてるだけの阿呆

    自分のことは棚に上げてるの?

    >JSFが人種差別主義者の分際で

    なぜ記者の名前を出しただけで人種差別主義者ってどんな理屈だよ。







    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:15:10
  26. すまん最後の一文日本語おかしかった。なぜが余計だった。

    Posted by 25 at 2008年08月30日 22:17:28
  27. >17
    「うちの組織」ってなんの組織?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:21:35
  28. >17

    >分かんないことは素直に分かりません、憶測ですので違ってたらご指摘ください、という立場を取ることが大事だと思うよ

    過去エントリ読めば御理解いただけると思いますが、JSF氏は間違いに対してはきちんと訂正しますし、分からないことは分からないと述べていますが。

    >右派系のデマ伝播媒体

    右派にも左派にも厳しいですよ、このサイト。
    右よりの記事書く産経が如何にフルボッコにあっているのか確かめられたらいかがでしょうか?

    >うちの組織

    まさかとは思いますが、「組織」という言葉を使うことで、「自分のバックにはこのようなものがいる」という権威付けですか?
    そもそも、「思いこみが激しくて傲岸不遜なくせに、実はスモールハートウィングウィングな人間」というのは、どの辺から類推したのやら。
    具体的に説明してもらいたいものです。

    >JSFが人種差別主義者

    これも具体的にどの部分により特定したのでしょうかねぇ。
    そういや林信吾氏がここで荒らしに来た時、JSF氏に「コメントの中に、韓国人差別ネタなどが混じってきておる。管理者、しっかりしろ」と話題逸らしの発言しましたが、脈絡の無い嫌韓ネタについては厳しく対処がされてきているんですが。そういうことしている人が人種差別主義者ですか。そうですか。

    >他人のミスには徹底的に突っ込むけれども、自分のミスは知らんぷり

    鏡見たらいかがですか。

    あと、JSF氏に議論を吹っかけるのは別に構わないと思いますが、いま少しネチケットをわきまえられたらいかがですか。
    お里が知れますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:21:59
  29. 140万円で拉致を依頼された、って話も出てきているけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:27:13
  30. >17

    Your speech was not persuasive enough.

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:29:15
  31. まだこんな事言ってるのか・・・。

    ペシャワール会「方向が違う」=町村官房長官の給油継続発言
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008082801022

    ↓は今となっては取り消したいでしょうねw
    マガジン9条〜この人に聞きたい『中村哲さんに聞いた』〜
    http://www.magazine9.jp/interv/tetsu/tetsu.php



    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:33:02
  32. 軍事ヲタに左翼とか右翼とか始めに言い出したのは誰?

    軍事的な愛好者は、各種思想とは相容れない、なぜなら思想とは、現実のパワーゲームとその担保となる軍事力とその行使(以下略

    まあ、平和な日本に居る限り、どんな思想を持っていても日本国政府が保護してくれるからね。
    アフガンに居たら話は別でしょうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:38:49
  33. オルタナンの夏季限定攻勢は明日いっぱいまで続きそうですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:42:35
  34. 呼ばれてもいないのに中身スカスカの長文垂れ流す
    とりあえず馬鹿とか人種差別主義者とかレッテルを貼ってみる
    「俺の叔父さんヤクザなんだぜ」的な発言を盛り込む
    不利になったら勝利宣言して逃げる
    …四暗刻だなこりゃ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:52:01
  35. >>17
    よっぽど悔しかったんだね・・・。(ぶははは)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 22:58:35
  36. そもそもJSF氏本人からは一切レスされてないな11


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:02:10
  37. この人はあれだな…2chとかによくいるネトウヨやネトサヨ(と呼ばれてる人たち)の典型みたいな人だな。
    「他人へ勝手に自分を仮託した末に、何か自分の思い通りにならないとなると莫迦な女子供のように裏切られたのどうのとわめきちらす。それでいて、自分はいっぱしの理屈を通していると信じて疑わないのだから始末におえない」
    「裏切られた!」じゃなくて「あいつらは偽タリバンだ!」ですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:02:58
  38. 17に一票。JSF氏は事実誤認エントリの説明責任を果たすべき

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:03:11
  39. 正直、>>17って釣りに見えてきた。
    だっていかにもじゃないか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:06:59
  40. ところでここ見ると中村医師は日本全国連日の講演会で大忙しみたいだけど、

    http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/p-news.html

    ご本人最近はアフガニスタンの現場にどれだけ行ってるんですかね?もしかして危険な現場は若いワーカーまかせ、月に一、二度「中村先生の総回診」で現場をぐるりと一周するだけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:07:52
  41. >40

    拉致された当日にはタイのバンコクに居たらしいけど、何の用事だったんだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:15:25
  42. 散々自分たちがされてきたことを相手にやり返せる(と思っている)もんだから嬉しくて仕方ないんだろうなあ17


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:16:11
  43. >42

    おもいっきり外してるけどねw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:17:15
  44. >>40
    いや、人にはそれぞれ役割分担があるだろうし、そこは別にいいだろ。

    むしろ、月1で行っていれば良い方だと思うぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:18:19
  45. アフガン拉致殺害:「タリバンが拉致命令」リーダーが供述
    http://mainichi.jp/select/today/news/20080830k0000m040179000c.html

    タリバンは「外国人を拉致しろ」とは命令したが、細かい命令までは降していない感じ。拉致実行犯は誘拐実行前に下見をするなど入念で、ペシャワール会と知った上で犯行に及んでいる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:22:06
  46. 「パキスタン勢力が依頼」 伊藤さん拉致、140万円で
    ttp://www.47news.jp/CN/200808/CN2008083001000500.html

    もしもこれが本当なら一体なぜ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:23:46
  47. >>44
    ところで中村医師の役割って何?やっぱりオルグ?
    でもペシャワール会って中村医師のパキスタン(今は撤退してるから実際はアフガニスタン)での医療活動を支援する目的で結成された組織なんでしょ?本人が現地で医療活動してないんなら支援も何もないような。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:25:14
  48. 今、タリバーンはパキスタン領内に本拠地を持っているからね。ゲリラ戦における後背地、サンクチアリって奴。パキスタン勢力=タリバーンじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:31:44
  49. >もしかして危険な現場は若いワーカーまかせ、
    >月に一、二度「中村先生の総回診」で現場を
    >ぐるりと一周するだけ?

     それはないでしょう.
     最新のデータはありませんが,少なくとも1980年代までは,1年間のうち,アフガーンに滞在している期間のほうが長いように記憶しております.
     すなわち自身の生活費を稼ぐため,徳州会病院で臨時雇いとして何ヶ月か働き,残りをアフガーンでの活動に充てていたようです.

    Posted by 消印所沢 at 2008年08月30日 23:34:28
  50. >>47
    普通に考えれば、宣伝・広報だろうな。
    中村一人がやるよりも、中村が多くの人間を集めた方がより規模の大きい活動が出来るから。

    そういう意味で、組織も(良くも悪くも)成長していくでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:49:40
  51. その姿勢は間違いなく評価すべきであるはずなんだがなぁ…
    なんというか、「無能な働き者」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月30日 23:50:34
  52. 星野:タリバンはワシが育てt(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:03:03
  53. 中村先生も、NGOとして活動するのは結構なんだが、ことここに至っても頑固にタリバーン観を死守するのはなんだかなと。

    危なくないようにして活動継続とか、まず活動に重きを置く姿勢なら説得力あるんですが。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:10:58
  54. >>17
    「うちの組織」がどこの組織か知りませんが、そうやって中傷ばかりで内容が無いから馬鹿にされるんですよ。ヲタなど、拘りを持っている単語からホホイを想起してしまいます。

    ホホイで思い出しましたが、例えば、

    (2007/03/29)朝日新書「反戦軍事学」を読む〜戦艦大和編〜
    http://obiekt.seesaa.net/article/37212670.html
    (2007/03/25)朝日新書「反戦軍事学」を読む〜プロのライター・井上孝司さんからの指摘編〜
    http://obiekt.seesaa.net/article/36857473.html


    >ただしこれは、書評というよりはそれ以前の段階での問題点指摘となります。「私はこの本のコンセプトや構成に疑問があります」と、プロの物書きならではの視点からの指摘です。

    このように、今見直してみると、別の意味でもJSF氏は紹介の仕方には抜かりがありませんね。勿論ホホイも秋葉デモもオルタナンも当時のタイミングと話題選択の巧みさには気づいていません。

    井上氏→大和という紹介になっているところもそうです。JSF氏はきっと下の記事のことも存じておられたのでしょう。そうでなければあそこまで井上氏を持ち上げる理由がありませんから。特に大和編コメント138には、表向きはホホイ批判ながら、強烈な『プロのライター』氏への牽制球として大変評価されるべきです。大和編のコメントも1や8など、初っ端から秀逸ですね。

    当時の名無しT72もあまりその辺の関係についてのレスが無いですが、T72猿型でなければ空気を読んでいたのでしょう。意外と被発見率の低下に気を配った良い設計です。『プロのライター』氏の場合は、細部まで拘った逸品の上、JSF氏が紹介したホホイの評価とあまり変わりませんでしたし。もっとも8について言えば、大和関連の論考や当事者の言で容易に判断できることも多く、実際には70年代までに文献の殆どは出揃い、以後は原氏の図面調査と前間氏の計画管理からの取材位しか新味は無かったのですが、まあ90年代には一部で三野理論や戦鳥、某書評サイトなどが隆盛していましたから、その影響をよく反映した『コラム』が生み出されたのは致し方ないことではありました。

    〜 戦艦大和は傑作か?
    http://www.kojii.net/old/d990721.html
    取材メモ 7 : 呉市海自歴史科学館 (大和ミュージアム)
    http://www.kojii.net/works/memo07.html

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C%E5%9E%8B%E6%88%A6%E8%89%A6

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:13:32
  55. >53
    同意。
    タリバンってのは結局はwebに過ぎんわけでしょ、具体的組織実態があるわけではないという。つまり確かに先生の思ってるタリバン戦士もいるかもしれんけども、まぁNATO軍兵士は別としても同僚やら一般人を殺すゴロツキ集団もいるわけで。なぜそんなにタリバンを擁護するのかが不明。

    いやしかし、個人的には活動の趣旨自体は悪くないと思うので、変な思想に凝り固まることなく安全に十分配慮しつつ活動を継続して頂きたいと思う。ちなみにJMASは日本人スタッフは現地に置かずにイスラマバードから活動してるみたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:20:08
  56. >54

    無関係な話題を延々と書いて話題逸らしをするのは止めておけ、お前のやっている行為は荒らし行為だよ。

    >JSF氏はきっと下の記事のことも存じておられたのでしょう。

    mixiでのやり取りによると、実際に知っていたそうだよ。その記事が書かれた年代を見るべきだな、君は。当時の常識と今の常識は違う。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:22:37
  57. >彼らは本当のタリバンではない」

         ____
       /__.))ノヽ
       .|ミ.l _  ._ i.)
      (^'ミ/.´・ .〈・ リ
      .しi   r、_) |  真のタリバンはわしが育てた
        |  `ニニ' /
       ノ `ー―i´

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:25:10
  58. 54修正。

    >勿論ホホイも秋葉デモもオルタナンも
    勿論ホホイも秋葉デモもオルタナンも(17氏も)過去のやりとりを見て学ぼうとは考えないので、

    >井上氏→大和という紹介
    井上氏→大和という順での紹介

    >大和編コメント138
    井上孝司さんからの指摘編コメント138



    やはり情報集めに長じておられる方にとっては、
    他人は使えるところだけ使いまくって後はポイ捨て知らんぷりがベストなのでしょうか。素晴らしいマキャベリズムの実践。やはり魔王ですなw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:36:25
  59. ペシャワール会のケツ持ちというかバックに就いていたタリバンが今回の犯行に関わっていたとすると、タリバンにとってペシャワール会は既に用
    済みの団体ということなのだろうか?
     中村氏が自分の部下が殺されてもあれほどタリバンを擁護しているのも、タリバンに見切られたくないと思ってやっているとしか思えない。

    Posted by T-75神信者 at 2008年08月31日 00:37:01
  60. >その記事が書かれた年代を見るべきだな、君は。
    ええ、ですから見ていますよね?
    http://obiekt.seesaa.net/article/37212670.html#comment
    の8の認識でもまだ詰めが甘い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:46:43
  61. >中村氏が自分の部下が殺されてもあれほどタリバンを擁護しているのも、
    >タリバンに見切られたくないと思ってやっているとしか思えない。


    というよりは、一方的な片思いだったんじゃないかなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:48:03
  62. >60

    10年前ならまだ許されるが、今になって同じ事を主張するのは間抜けって事。ネットの普及速度を分かってないのな。

    で、何時まで無関係な話を続けて荒らし行為をする気なんだい? 夏休みはもう終わりだぞ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:50:54
  63. >クラウザーさん 「俺が本当のタリバンのやり方を教えてやる・タリバンタリバンタリバンタリバンタリバン」

    それなんてカバディ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:52:08
  64. >「彼らは本当のタリバンではない」

    山岡「では、本当のタリバンをお見せしよう」

    「ああっ!?」 「そんなまさかっ!」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:56:18
  65. 逸品の理由がプロだからでしかないので中身が無い。
    JSFを貶す主たる理由もプロじゃないからでしかない。
    アスリートでもない限り、プロなんて自称や本書いたか程度。
    ちゃんちゃらおかしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:56:45
  66. >えてやる・タリバンタリバンタリバンタリバンタリバン

    タ・・・タンバリン?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 00:57:08
  67. 日本人に限らないが、日ごろあんまりありがたがられていない人はこういう組織に触れて
    大事にされると一気に心酔してしまう事がある。
    そして彼はそれらの組織との繋がりでここまでのし上がってきたので、
    従来の発言内容等の背景的なものもあり、責任者としての責務も果たさずに
    「日本が悪い」「あれはタリバンじゃない」という無責任論にばっかり走ってるという感じ。

    危機感がなかったのかとか、ペシャワール会も標的になっていたという認識は無かったのかとか、
    今後どう気をつけていくのかという現実的な発言が一切無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:00:47
  68. >「彼らは本当のタリバンではない」

    栗田「山岡さん!日本人のタリバン擁護派が居無くなってしまったわ!!」
    富井「タリバンに対する情熱が失われちゃったんだなぁ…」
    山岡「日本人はまだ本当のタリバンを見たことがないんですよ。
       副部長、明日日本人を昼食に誘ってください。
       本当のタリバンをみせますよ。」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:05:15
  69. >「彼らは本当のタリバンではない」

        _ □□    _      ___、、、
      //_   [][]//   ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、  誰  作   こ
    //  \\  //  /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ  だ   っ   の
     ̄      ̄   ̄/ /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i::;|  あ  た   タ
    ―`―--^--、__   /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/   っ  の   リ
    /f ),fヽ,-、     ノ  | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」') !! は   バ
      i'/ /^~i f-iノ   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ | )         ン
    ,,,     l'ノ j    ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i )         を
      ` '' -  /    ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i ヽ、 ∧ ∧ ∧ ∧
         ///  |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |  Y  Y Y Y Y
       ,-"        ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  |  //     |
       |  //    l::::::::l\    ||||||||||||||||||||||/  |     // |
      /     ____.|:::::::|    、  `ー-―――┴ /    __,,..-'|
     /゙ー、,-―'''XXXX `''l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"、_,-''XXXXX |
    /XX/ XXXXXXXXXX| |         _,  /ノXXXXXXXXXX|

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:10:25
  70. >ペシャワール会も標的になっていたという認識は無かったのかとか

    一応、最近の治安悪化は拙いとは思っていたらしい。撤退準備もしていた。でもペシャワール会は普段から「ちょっと治安が悪くなったらすぐ撤退する他のNGOは駄目だ」みたいな事を言っていたので、他のNGOの撤退が進んでいない状況で自分達が我先に撤退する事は出来なかった。

    その結果がこれ・・・伊藤さん、本当は8月中旬に帰国する筈だったのに、延びてしまって・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:13:02
  71. >>70
    それ同時にペシャワール会は他と違って大丈夫だみたいな事も言ってるし、どうだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:16:29
  72. 10年前なら許されるという根拠がネットねぇ。
    10年前でも如何なものかと思いますがね。第一、このサイトで標的にするような連中相手の小細工としては、余分で安すぎるんですよ。

    ま、2005年の記述を見る限り、御当人はあまりお考えを変えていなかったようにも見えますが。

    JSF氏については、知っていたのであれば、当時の一連の書き込みにも、別の意味合いが益々強まりますな。

    勿論こんにちでも、同じ調子でやっている可能性が高いと。同一個人を観察するという意味では、無関係とも言い切れませんよ。>>17は運営者個人に対する攻撃であり、多くの人はそれをネタに楽しんいたんだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:16:37
  73. >59
    中村氏が自分の部下が殺されてもあれほどタリバンを擁護しているのも、タリバンに見切られたくないと思ってやっているとしか思えない。

    ただの勝手な推論に過ぎん。別に演繹しろとは言わんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:18:46
  74. >71

    やっぱりタリバンとのパイプの太い自分達は襲われる筈がない、と過信していたのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:20:39
  75. もういい加減、海外NGO活動はやめませんか?―「ペシャワール会」伊藤和也さんの悲劇をくりかえさないために
    http://www.news.janjan.jp/world/0808/0808285727/1.php

    これはこれで極論過ぎるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:23:52
  76. 無防備でも7.62mm弾で蜂の巣にされることが分かりました。
    さて、無防備マンの見解を聞きたいんだが?

    マガジン9条〜この人に聞きたい『中村哲さんに聞いた』〜
    http://www.magazine9.jp/interv/tetsu/tetsu.php
    武器など絶対に使用しないで、平和を具現化する。それが具体的な形として存在しているのが日本という国の平和憲法、9条ですよ。それを、現地の人たちも分かってくれているんです。だから、政府側も反政府側も、タリバンだって我々には手を出さない。むしろ、守ってくれているんです。9条があるから、海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。それが、ほんとうの日本の強味なんですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:27:48
  77. 無防備マンの作者のサイト

    らくがき・わーるど (今日の一枚): 「自衛隊は来ないでほしい!」
    http://rakugakiword.seesaa.net/article/105541277.html
    >ペシャワール会のスタッフだ、ということが分かって「殺害」はしないはず。
    >「交渉」の状態になれば(現地の人々のネットワークで)必ず解放されると信じてい
    >ました。
    >誘拐そのものは日米の謀略でないとしても、誘拐が分かった時点で、わざと攻撃的に
    >追いかけて、「銃撃戦」になるようにし向けたのではないか、とまで考えてしまいます。

    何処まで行っても日米のせい、か。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:33:56
  78. まぁこの「本当のタリバン」とやらを
    ホントに知っていたかどうかだよね >中村哲

    仮に自分が接した範囲内で
    "ちゃんと教育を受けた、礼儀と道理を身につけた者"がいたとしても
    それをもって「これが真のタリバン像」とするのは
    すごい危険と思うのだが。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:36:34
  79. ここはタリバーンとペシャワール会の関係の非対称性に注目すべきなんじゃないの?

    タリバーンがアフガニスタンで主要プレーヤーだった時期は、ちょっとは互恵の関係にあったと思う。
    タリバーンが安全を保障し、ペシャワール会が医療を提供する。
    でも、これってまったく対等・対称の関係じゃないよな。
    タリバンが排除する方向に動けば、ペシャワール会なんてひとたまりもない。

    それなのに、中村医師がタリバーンのいい面(本当のタリバン)だけをみて心酔してるあり様だ。
    タリバーンの内実が変化していることに気づけずあぼーんしたのは偶然とは言えないのかもしれん。

    ほかの例を挙げれば、ソ連崩壊(+ソ連の内実)、米中接近、天安門事件(+文革の内実)時に「なんでなんだ!」と感情的に慌てふためくような人かな。
    今後アメリカが中国に接近したら、またそんな人が出てきそうでもある

    中村医師にしても、伊藤さんにしても志が高く、援助自体は賞賛されるべきだと思う。
    だからこそ冷静な頭(政治感覚?)を持っていなかったことが悔やまれるわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:44:32
  80. 2001年にアメリカの攻撃前に、タリバーンはアルカイーダに乗っ取られていたという説もある。

    というかアルカイーダがアフガニスタンに居座っていたから911テロ後にアメリカが報復戦争を仕掛けたのであって、911テロ後にアルカイーダ(偽タリバン?)が流入したと主張する中村医師は何かがズレてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:51:46
  81. 有効な現地支援を実現するために
    あえて中立ではなく現地勢力と接近する点については
    「国境無き医師団」と同じことだね。

    しかし、そこに自分らのイデオロギー(例えば憲法9条論)を
    投射して、現実的判断を見失ってしまったのがペ会の問題ではないかと。


    最後まで残るとか、我慢大会じゃないんだし・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 01:57:49
  82. おまけの意味がわからん・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:11:32
  83. 日本人に向けて言ってるんじゃなくて
    タリバンに「恥を知れ! 仲間うちの規律をしっかりしる!」て訴えてるんじゃないの

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:28:23
  84. >>28
    >右派にも左派にも厳しいですよ、このサイト。
    一部の軍オタや取り巻きには甘いがね。ショーを演出するにはそうした搦め手も必要になるんでしょう。

    >>37
    >他人へ勝手に自分を仮託した末に
    含意は物書き廃業への不満ですか?
    まあ実家がどうとか稀に書いてたんでひょっとしたら家庭事情が嫁以外も大変なのかもしれませんが。

    貴方が引用された一節、確かに名言だと思いますがブーメランのように跳ね返ってきましたな。これは10年前には予想できませんでした。それに比べるとY氏は地道さ、人柄の良さが滲み出ています。積み重ねの大切さ、馬鹿にされても目立たない面まで聖地に積み上げていくことの大切さとかね。技術者の会社のセンスを感じますね。特に巻末やカバーの傾向を見てるとね、そういう面は作家毎に特徴が出ている。

    どんなに自制しているつもりでもこの種の暗質な願望を充足するような言葉は、発言者自身を狂わせていくのではないか、最近はそう思いますね。伝家の宝刀とはよく言ったもので。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:38:50
  85. >82

    上が「美味しんぼ」
    中が「デトロイトメタルシティ」
    下が「実話」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:43:54
  86. >>77
    出てくるだろうと思ってたよ、「アメリカの陰謀」を持ち出す奴。
    犯人が自供してても、それすらウソだと決めつけられかねんな。
    現状でアフガンからISAFが撤退したとして、治安状況が改善するとでも思ってるのかねえ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:45:35
  87. >一部の軍オタや取り巻きには甘いがね

    デタラメばっかりで印象操作か、夏だなぁw

    http://obiekt.seesaa.net/article/37884664.html

    コメント欄で突撃依頼してきた奴とか、取り巻きだろうとフルボッコなんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:53:39
  88. らくがき・わーるど (今日の一枚): 「自衛隊は来ないでほしい!」
    http://rakugakiword.seesaa.net/article/105541277.html
    >ペシャワール会のスタッフだ、ということが分かって「殺害」はしないはず。
    >「交渉」の状態になれば(現地の人々のネットワークで)必ず解放されると信じてい
    >ました。
    >誘拐そのものは日米の謀略でないとしても、誘拐が分かった時点で、わざと攻撃的に
    >追いかけて、「銃撃戦」になるようにし向けたのではないか、とまで考えてしまいます。

    追い駆けて銃撃戦に仕向けたのは、ぺ会を慕っていた地元住民たちなんだがなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 02:54:58
  89. >>88
    仮にも、世界を牛耳る日米帝國主義的反動勢力ですよ。
    このような日が訪れることを予期して、村々に草を忍ばせて、純朴な村人たちを煽ることができるように準備を整えていたのですよ!!!(棒)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 03:28:32
  90. >>86
     多国籍軍の撤退に併せてCNNとアルジャジーラがいなくなればアフガンは「平和」になるんですよ。
     現地の悲惨な状況を、世界が知ることは無くなるんですから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 04:19:44
  91. >>88
    こんな勘ぐりを現地人に言いふらしたら、本格的に反日化だなぁ・・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 04:56:45
  92. >>83
    それはない。単なるタリバン擁護。タリバンを名乗ってるだけとかそもそもタリバンじゃないとか、
    そういう話ばっかりだよこの中村って人の場合は。

    タリバンだと分かってからもタリバン側に殺意は無かったとか、ペシャワール会だと
    知らなかったのではないかとか、ともかく、タリバン援護をこれでもかと続けてる。
    どういう理由で彼がそうなっているのかは知らないが、タリバンを批判出来ないんだろう。

    総連関係者が北朝鮮体制を批判出来ないとか、アングラ宗教の関係者が教祖を
    批判出来ない様なものとダブって見える。タリバーンも宗教系だけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 05:14:13
  93. 理屈と現実が衝突した場合、現場に近い人間なら現実を優先すると思うんだがこの人は違うんだろうか?いい加減夢から覚めるべきじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 05:58:53
  94. そのタリバンという名称から、過激派神学生グループの連帯と神学生全体が同一視や混同されるのは、その名称を使ってる人は狙ってるのかな?
    混同されるのが嫌なら、もしくは問題なら、名称を変えたらいいんじゃないか?
    取り合えず中村先生は信用するタリバンをイスラム神学生達と言い換えれば、未だ当分は賞味期間が保てると思うけど。
    過激派が結果として乗っ取った名称を過去のイメージのまま使い続けるのは色々過失が生じるだろうに。

    Posted by ト at 2008年08月31日 07:42:07
  95. いっそのこと今後ペシャワール会は、ハマスの民生部門のようにタリバンの組織の一員としてボランティア活動を行う援助団体になったほうが少なくともアフガンでの立場が鮮明になる分良いの
    ではないだろうか?タリバンを長年支援してきた
    パキスタン政府の支援もその方が得やすいだろうし。

    Posted by T-72神信者 at 2008年08月31日 07:44:47
  96. >>87
    >デタラメばっかり
    昨日やったでしょ?
    正にそのホホイシリーズの件において名無しは「10年前」や「ネット」を言い訳にした。
    JSF氏は知っていたとも書き込んだ。

    要するに、取り巻きによる居直りということですよ、それが。

    当時ホホイの当該書籍を読んだ人なら大和の記述も標的になりえることが容易に想像ついたろうし、井上氏が紹介される前に予告もされていました。

    そもそも他の艦船ならともかく、当時から既に関連書籍が色々出ていて調べ易い環境にあったことは当時を知る軍オタなら誰でも知っている。逆に言えばイメージ先行の議論をやらかしている人とそうでない人との区別もつけやすかった。>>37の引用した廃業「妄想戦記」作家も『東京の優しい掟』で模型好きにそんなことを言わせていますな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 08:10:40
  97. >>84
    >一部の軍オタや取り巻きには甘いがね。

    実例を出しなさい。アホな陰謀論はうんざりだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 09:02:24
  98. >>96
    そもそも当該のエントリは貴方が挙げた井上氏のネット上の文章を対象とした物ではない。しかも書かれたのは99年7月21日。情報を入手する手間は今とは段違いだぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 09:17:33
  99. >>87,96
    無関係な話題引っ張るのはやめた方が良いかと。

    >コメント欄で突撃依頼してきた奴とか、取り巻きだろうとフルボッコなんだが。

    鞭屍しないであげてください。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 09:18:54
  100. で、「うちの組織的には」の「組織」がいったい何なのか、説明できないのね?
    触れてほしくないことなのね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 10:01:38
  101. >>17
    貴方の所の素晴らしき記事を早く拝見したいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 10:16:09
  102. >93
    一切武装してない事が売り(?)なNGOだからこそ
    現地での密な情報収集と素早い決断が不可欠で
    この手の「〜のはずがない」「〜など有り得ない」的思考の持ち主が組織のトップだと
    割喰うのはいつも現場という事でしょうね。

    ちなみに伊藤氏と同行してた現地の運転手が取り調べを受けていると聞いて
    「彼が何かやましい事をしたはずがない」と憤慨したとのこと >中村哲

    何の担保も無しに断定する人間はそもそも不適格なのよ 組織のトップとして。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 10:27:24
  103. >現地の運転手が取り調べを受けていると聞いて…

    どこの国の警察でも、こういった事件との関連が深い関係者には、
    ひと通り事情聴取をするのが普通だと思うけど、中村医師って
    思い込みが激しくって視野狭窄に陥りやすい人物みたいですね…

    何年か前にNHKで放送されたドキュメント番組でも、土木・建築学を
    独学で学んだという彼が設計した水門にコンクリートを流し込んだら、
    その圧力で型枠が崩壊して大騒ぎになる光景がありましたが、「アフガンの
    人々(と自分たち)だけの手で作らないと、本当の援助にはならない…」
    という信念の前には、型枠一つ取っても、本を読んだぐらいでは分からない
    ノウハウの塊である…という事実は見え無いようでした。

    本人の生業である医者だって、医師免許の試験に通っただけでは駄目で、
    インターンという実地の見習い期間が必要なはずなのに…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 12:26:20
  104. >一切武装してない事が売り
    売りかどうかは別として、普通のNGOって武装してないんじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 12:32:19
  105. >>98
    僅か数日の間をおいて「プロのライター」などと形容して井上氏云々というエントリを立てたのは印象が悪いですな。

    56の言うように知っていたなら尚更ですよ。ちなみに大和編ではこんな言葉を引用しています。

    >それは東部戦線氏の行った書評で、その意図が解説されている通りです。

    >『イージス艦をけなしている部分がありますが、その直前に長々と旧海軍の戦艦大和の悪口を書いてある。大和のイメージをイージス艦にダブらせて、イージス艦が無能であることを感覚的に印象付けようとする姑息な手口としか言いようがありません』
    (中略)
    >これは戦後になってはっきりと判明した事で、新しく情報を仕入れていない人は把握していないのでしょう。こう書くと「作戦」の説明だから間違ってはいない、と反論を受けるかもしれません。ですがそれなら尚の事、実際には往復分の燃料を積んで出撃した事をそのページ内で注釈しておくべきです。

    感覚的な印象操作や情報の仕入れ、注釈について説明するならば、ホホイより腕の立つ「プロのライター」でも誤ることはあるという例を出し、そこからひと捻り入れてホホイを諭した方が良かったですな。まだ井上氏には聞いてないけど、2005年のミュージアム見学記でも99年の認識の延長線にあるような感じだしね。

    >情報を入手する手間は今とは段違いだ
    大和に関しては文献量が多いのでそうは言い切れません。同時代の状況では情報集めは容易な部類でした。怪しげな試作機より零戦の文献が豊富なのと同じようなものです。集められないならもともと得意だった現代関係にとどめておくべきでしたね。私ならそうしますよ。

    雑誌、単行本レベルで当時集めて知っていたからこそ、指摘しているんですよ。

    大体速力や存在意義なんて列強の大型艦建造を知っていれば否定的に書けやしませんし、主砲弾だって口径の3乗にほぼ比例していることや数字面でのスペックなど当時から知られてました。防御に関する指摘も投入された戦場を考えればほぼ難癖と言いうるものでした。歴史的意義などは、人に教えてもらうことも大事だが、ある程度は集めた情報から自分で考察できます。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 12:46:32
  106. >103
    拉致された時その件の運転手と伊藤さんの二人きりで
    片方が理不尽な理由で殺害されて
    片方が五体満足でピンピンして帰ってきたら
    基本的に疑ってかかるよな(現地民だという点を差し引いても)。

    考えたくはないが拉致の手引きをした可能性も有るわけで
    中村がその可能性をいきなり排除するあたりに
    何か妙な不自然さを感じる。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 13:27:54
  107. >>17

    林信吾と同レベルのゴミはウザイから消えてくれないか。お前の統合失調の頭では筋が通っているのかもしれんが、見ていて見苦しいだけだし。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 13:28:35
  108. スレと無関係な話を延々と続ける荒らしに反応するのは止めよう。礼儀もなってない馬鹿は無視すれば宜しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 13:31:34
  109. だって運転手は伊藤さんとともに拉致されて、でも自力で自分だけ逃げてきたって言うんでしょ?
    そりゃ、警察は取り調べるよなw
    でも、中村医師がアフガンに入って以降、中村のこの手の生の発言が少ないんだよね。つまり報道がない。バンコクにいた頃はタリバンのはずないって言いたい放題だったのに、アフガン到着以降それこそ例の毎日の差し替え前記事くらいしかネット上じゃ見つからない。あの毎日記者が質問したように、タリバン報道官が犯行を認めた事を他のどこの社も中村に聞かなかった?
    たぶんマスコミとしても美談として適当に脚色して伝える分には良い素材だけど、こういう深刻な事態の時は喋らせちゃいけない素材ってことはわかってるんでしょ。つまり例の毎日記者はKYで記事差し替えられたとw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 13:47:58
  110. 大和を貶す奴って大和が実は出現当時は高速戦艦だった事も知らないし、
    他の艦なら大和が航海中に喰らって殆ど損傷を受けず気づかなかった魚雷でも
    大穴あいてただろうって事も知らない。
    大和を貶す為だけに知恵を絞ろうって感じで妥当な評価する気が無いから分かり易いんだよね。
    その癖、色々と欠点が指摘されてる米軍の艦になると大絶賛で利点欠点の判断が出来ない人ばかり。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 14:47:52
  111. 現地で調査もしてるし、協力者も居る可能性はある。
    これらは憶測で判断するべきではない。
    ただ、絶対無実や絶対犯人ってのはちょっと違うよな。
    中村医師は可能性というものを全否定して思想的なものを
    根拠に断定し続け、間違ってもまた同じ様に思想的な偏向で断定を繰り返すから変なんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 14:49:49
  112. ひのきの棒はちゃんと名前欄に「ひのきの棒」って入れてよね。

    他の米と間違えて読んじゃうから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 16:18:57
  113. >110さん
    他の艦なら大和が航海中に喰らって殆ど損傷を受けず気づかなかった魚雷でも大穴あいてただろうって事も知らない。

    1943年12月25日、トラック島西方180海里で米潜水艦「スケート」より攻撃を受け、3番砲塔右舷に1本被雷する。破口はバルジのみであったにもかかわらず、爆発の衝撃で舷側鋼板の上下の継ぎ目が内側に押し込まれ、機械室と火薬庫に想定外の浸水被害を受けた。敵弾がこの部分に命中すると甚大な被害を受けるという欠陥が明らかになった。トラックで応急修理を受けた後、内地に帰還。この欠陥については修理時に補強されたが、その具体的内容は不明である。wikiより

    決して軽微な損害ではないです。ただし、なんらかの処置がされている(はず)なので問題は過小ですけどね。(というか他国の戦艦もなんらかの欠陥をかかえているけどね)


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 18:23:37
  114. よく言うよ
    「ペシャワール会をバッシングして、イラクの人質事件のように追い詰め、活動できなくしてしまえば、週刊オブイェクトのような連中はしごく満足するだろう。」
    http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/79cb6a2c09dd011b578f73919344b02c

    Posted by 名無しT72神信者 at 2008年08月31日 18:29:28
  115. >113

    大和の話は余所でやってくれ。ここはタリバーンの記事だぞ。他人の迷惑を考えろ。夏休み最後だからって、調子に乗るんじゃない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 18:30:28
  116. >114

    http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/79cb6a2c09dd011b578f73919344b02c
    >つきつめていえば、ああした軍隊崇拝者は、ターリバーンを憎んではいない。

    馬鹿過ぎ。軍オタがタリバンを憎むのは、パンジシールの獅子ことマスード将軍を卑劣な手段で暗殺したからだ。そしてタリバンのシンパである中村医師も憎む。それだけだ。タリバンは地上から消え去ってくれていいよ、マジで。

    >彼等が憎むのは、軍備を不要にしようとする連中。
    >ペシャワール会のように、戦いよりも大切なものをうったえ、
    >軍隊の偉大さや素晴らしさをくもらせる連中だ。

    こいつ見えない敵と戦っているようだなw

    オブイェクトは今回の記事でも前回の記事でも、中村医師の掲げる無防備姿勢や九条の理念を一切、攻撃していないという事に、何時になったら気付くんだろうね? 叩いているのは「タリバンのシンパである中村医師」だけだというのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 18:36:50
  117. http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/d510d1775643cc1ddc45185fca4a29a5
    >気持ちがおかしくなる
    >ああ。くそ。ペシャワール会の一件がどうにも。
    幹部の死よりも、それをエサにしたバッシングがたまらなくイヤだ。
    戦前もこんな感じだったんだろうか。
    どこにも出口のない閉塞感。
    政府や軍部の邪魔になる存在を、つぶしてまわる「有志」の「小国民」たち。
    息さえつけない。

    ___________________


    お大事にw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 18:52:21
  118. >117

    これは・・・病気なんじゃ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 18:58:05
  119. >116
    >パンジシールの獅子ことマスード将軍を卑劣な手段で暗殺したからだ。

    暗殺者がジャーナリストを装って暗殺するという非道な行いをしたからね。
    そしてタリバンによる恐怖政治。アフガニスタンの人々のタリバンに対する恐怖と恨みは大きい。偽タリバンなんてやる人間は居ないんじゃないのかなあ。
    それに仮に偽タリバンがいたとしても米軍や新生アフガニスタン軍などに攻撃されて死亡するか逮捕される危険性が高い。偽タリバンがいるという情報は米軍やアフガニスタン政府等から入ってくるはず。

    Posted by 90式改 at 2008年08月31日 19:08:29
  120. かの人の自己紹介文になるのかな。どうも寂しい?人のようです。

    http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/adf84e89fa5e5bc40fa38a93c6f916b7
    「インターネットなんて」「ブログなんて」といいながら、それに依存し、注目を浴びていなければ、ちっぽけな自尊心を維持できない。

    ネットにうごめく有像無像を上回る教養と良識を見せ付け、自分は「インテリ」の「論客」だと思い込まなくては、満たされない。

    社会を変える行動もせず、より高度な知性を持ったグループには加われず、格下か同等と思える相手にしか組せず、謙虚さも誠実さも失い(ぶざまに装いはすれ)、ただ危うい自己憐憫と自家中毒にひたり続ける。

    自らの醜さを認識しそうになると、まとわりつく他者への攻撃にすりかえて、自己嫌悪を和らげる。

    それでもいいよ。お互い様さ。卑小さが、マヌケさが、ひとりよがりが、こっけいな尊大ぶりが、私と同類だと安心させてくれる。
    社会のダニも一匹じゃなければ、寂しくないもの。
    無意識に傷を舐めあう、内輪根性を自覚していないところも、またかわゆい。
    自覚したって、そこから脱しようとしなければ同じ穴のむじなさ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 19:15:29
  121. >幹部の死よりも、それをエサにしたバッシングがたまらなくイヤだ。

    伊藤さんの死を餌にしたバッシングなんて無い筈だけど。中村哲医師の現状認識の甘さと判断ミス、そして異様なまでのタリバン擁護が問題視されているわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 19:38:11
  122. >109
    >たぶんマスコミとしても美談として適当に脚色して伝える分には良い素材だけど、
    >こういう深刻な事態の時は喋らせちゃいけない素材ってことはわかってるんでしょ。

    日本のマスコミは自らの予定稿に無い情報を
    不必要と判断して勝手に切り捨ててしまうと山本七平が書いていたが
    今回もそういう事だろうな。

    アフガニスタンで活動していたある日本人を襲った悲劇のお話。
    何故こんな悲劇が?遺族と関係者の無念、彼の志は無駄にしない。
    それに関係の無い(と判断した)周辺情報はバッサリ切り捨て。
    これが日本の報道機関という物で。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 19:38:53
  123. http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/d43f7fe188f8eeba5fec260bf248f592
    >【追記】2008/08/29
    >週刊オブイェクトあたりは、
    >自衛隊のアフガン派遣の邪魔だから、ペシャワール会は出てけ、
    >ってところなんだな。軍隊こそ、戦争の喜びこそ第一。

    全く逆だよ、オブイェクトの過去記事を見れば分かるが「アフガンへの陸自派遣に反対、海自の洋上給油にしとけ」だから、今回の事件がおきて陸自派遣が潰れた状況はむしろ都合が良い。言い方は悪いがね、結果としてそうなる。

    http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080831STXKA009231082008.html
    >「アフガニスタンは危険が大きすぎて陸上自衛隊を送れる地域はない。
    >洋上補給に限られることを野党にも理解してほしい」

    以前から陸地に自衛隊を派遣したがっていたのは民主党であり、自民党は洋上給油で済ませたがっていた。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 19:47:01
  124. http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/79cb6a2c09dd011b578f73919344b02c

    >…戦争歓迎者たち。

    タイトルからしてアレで・・・こう、何と言うか、妄想というか・・・
    はっきり申せばそんな輩が本気におれば「物狂い」の類かと。

    (ボソッ)独自の世界観で物狂いが量産されている…(。д °)

    >イラクの人質事件のように追い詰め

    ・・・そういや結局有耶無耶の内にバックれているような>イラク三人衆

    あと別に誰も憎んでないし、ただ「これが問題なんじゃないのか」と気になるだけで
    ペシャワール会の危険察知能力と中村医師のタリバンへの傾倒ぶりが気になるだけで
    っていうかそんなにバッシングって起きてたっけ、テレビはほとんど見ないから何ともだが

    …書いててイマイチ閃きがこないなぁ…

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2008年08月31日 19:52:00
  125. バッシングは起きてないだろ、産経新聞ですら「伊藤さんはイラク三馬鹿とは違い、素晴らしい支援活動を行って来られた」と記事に書いたくらいだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 19:54:35
  126. 「ウォーモンガーどもと戦う俺カッコイイ」病か…。
    なんでこういう輩は過去記事を参照する事すらしないんだろうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 20:07:47
  127. 苦言を呈する動機として憎しみの類いしか連想出来ないあたり、
    ご本人がそーゆー思考回路の持ち主なんでしょ。
    勿論ペシャ会への意見が善意から来てるとは言わないが、
    無関心よりはマシだと思うがなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 20:19:59
  128. 何をもってバッシングと取るかでずいぶん違う

    そのブログ主から見れば、どんな理由であれペシャワール会を批判してればバッシングに該当するんでしょ。
    全肯定か全否定の二元論でしか物事を判断できてないような気がする。
    まあ、(嫌味ではなく)素晴らしい活動をしてる人の発言なら、なんでも無批判に受け入れる人は結構いるもんね。
    俺も場合によっては無批判(思考停止)状態になるかもしれん。ケースバイケースだよ。

    ここでは、
    A:他のNGOの支援控えまで招いてしまった安全意識の欠如
    B:その原因たるユートピア的なタリバン傾倒
    を批判してるだけだってのに。
    感情でしか判断できない状態の人は、頭が冷えるまでほっとくしかないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 20:31:42
  129. >>126
    長くて読みたくないからでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 21:38:35
  130. あんまり関係ないけど、偽満州国という言葉をもあるそうだ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 21:44:31
  131. >114
    そのブログ主、こんなこと書いてるよ。

    >かくいう私も、正義の国「朝鮮」、悪の国「韓国」で育ってきた。

    どんな教育環境だよw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:16:12
  132. >130

    まるで関係が無い・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:42:52
  133. >>108
    ホホイの話を出してきたのは貴方方も同じでしょう。ま、>>17は確かにホホイの感触がありましたが。名無しで書き込んでるから管理者以外判らないかもしれないですが、私は>>17ではないです。同じプロバイダかもしれないけどね。

    他の情報収集→解釈→発信、という問題一般に通じるから指摘しただけですよ。当時のエントリもコメントも、あまりに奇麗事を並べすぎたために、自分に帰ってきてるじゃないですか。勝ち誇って「mixiによれば知っていたらしい」などと書かれてる方もいましたが、JSF氏にしたところで至近弾ではあるんですよ。無関係じゃない。

    特にコメント欄の方々に申し上げたいが、結局自分達に都合が悪いからそういうデリケートな話がしたくないのと違います?中村氏やホホイはある意味ルーチン処理で突っ込める弱敵ですからね。大陸で軍閥相手に勝ち戦重ねて奢っていた組織集団と通じるものがありますね。

    前にもこのエントリで書いたけど、だからといって、中村氏やホホイが救われるわけではありませんが、モンキーモデルをスルーする理由も無いんですよ。

    普段から書いてますよね。
    ・間違いや誘導的な読ませ方があればそれは認めるとか、
    ・右でも左でも間違っていれば叩くとか。
    当然このエントリではしゃいでるだけで、他の誰かに刈られない理由って無いわけで、思想畑でない単なるマニアやライターだって同じでしょう。

    礼儀がどうしたとか言う方もいますが、それなら10年前にネットが無いということを材料に強弁していた方は井上氏を含む既存のライターに対しても、当時の趣味者に対しても失礼ですね。興味深い論考を安価な価格で世に送り出した出版社や地域の公立図書館に対してもね。
    そういう方はネットが無ければ何も出来ないモンキーモデルですか?

    ネットと言うのは便利な面もあるが、世の中の情報全部を包含しているわけではないんですよ。むしろ誰でも読める情報は一部だと心得た方がいい。だから私のように当時パソ通もネットもやっていなくても知名度の高い軍艦に対してJSF氏や北村氏とほぼ同じ認識に到達できたケースもあれば、当時からネットやパソ通やりこんでてその力を過信して溺れたケースも在るだけでしょう。勿論コンテンツは今の方が格段に充実してますよ。でも当時何も無い訳ではなかった。ネットの方だけでも戦鳥もマイソフもMURAJI氏のサイトもあった筈だし同好の氏と情報交換できた。私より当時からネットなどをしていた方のほうが余程恵まれてる。

    少し前の出版ですが今は『図書館を使い倒す!』と言う新書本があります。帯がいいですね。
    中々面白いので一度御覧になられた方が良いと思いますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:48:26
  134. ペシャワール会の立場については、事務局長の発言なども紹介されていますし、代表の中村医師の発言以外も追う必要があるように思います。

    NGOによる援助については、現地社会にどのような貢献をするにせよ、その貢献による恩恵から外れる者、或いは貢献をそのまま受け入れられない立場の者はいたのでしょう。これは長期間にわたって生活を大きく変えるほどの事業をしようとしていただけになおさら大きいものだったかもしれません。

    中村医師の発言については、武器を持たぬ外国からの団体が危険な敵を作らず、事業を継続していくための方策という面もあるでしょう。言葉としてはかつて一世を風靡した左翼的な平和思想が使われていますが、タリバン、或いはタリバンに結集しうる勢力の比重は国内での報道で分かるよりも大きいものなのかもしれません。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:49:37
  135. 毎日新聞が中村哲代表の「犯人は偽タリバン」発言を電光石火の如く屠った件
    http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50701085.html

    ・修正前
    >「左足に十数発は撃ち込まれたとみられる銃創、腹部に1〜2発の貫通銃創、後頭部の挫滅、
    >顔面の打撲痕が認められた。腹部の銃弾で動脈が切れ、死亡したのではないか」。

    ・修正後
    >「左足はハチの巣状に撃ち込まれ、右足にも数カ所の銃創があった。顔面も打撲がひどかった。
    >状況から、足を撃たれた後に、がけから転落した可能性がある。死因は脳挫傷か失血だろう」。


    遺体が日本に戻ってからの、現在の記事。

    死因は失血死、銃創3カ所 伊藤さんの遺体は実家に
    http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008083101000027.html

    > 県警によると、左大腿部に貫通銃創が2カ所あった。ほかに、左下腿部にも銃創が1カ所あ
    >り、弾丸の一部とみられる金属片が2つ摘出された。現地での検視では銃創は約10カ所とみ
    >られていたが、ほかに目立った外傷はなかったという。


    百人斬りとか、そんなに昔のことじゃない、ほんの数日前のことなんだから、記事の表現と事実
    とが違った理由を明らかにしてよ。

    ま、こういうのを見るにつけ、百人斬り云々なんぞ一ッ欠片も信じられない、という思いを強く
    してしまうわけですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:51:43
  136. 簡単なことをわかりにくく、しかも他人のブログで長文垂れ流す…「チラシの裏でやれ」って言葉がこれほど似合うこともないだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:53:59
  137. http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/d43f7fe188f8eeba5fec260bf248f592
    >【追記】2008/08/29
    >週刊オブイェクトあたりは、
    >自衛隊のアフガン派遣の邪魔だから、ペシャワール会は出てけ、
    >ってところなんだな。軍隊こそ、戦争の喜びこそ第一。

    確かココは、陸自のアフガン派遣に反対だったんだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:54:42
  138. http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/e/79cb6a2c09dd011b578f73919344b02c
    >つきつめていえば、ああした軍隊崇拝者は、ターリバーンを憎んではいない。

    なに訳の分からん事を言ってるんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:58:06
  139. http://mainichi.jp/select/world/news/20080829ddm001040035000c.html

    ↑の毎日の記事。ペシャワール会について、「存在は知っているが、道路・ダム・学校等の建設は支援としては認めない(許容する支援は食糧支援だけである)」というタリバン報道官のコメントがあるんだが、これってペシャワール会の活動の否定に近いな……。タリバンに気を使ってマドラサ建ててたのに、「学校なんて建ててんじゃねーよ」か。中村医師のタリバンへの思いは、一方的なラブコールだったんだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:59:35
  140. 取り合えずタリバンと関係の無い話をする奴は荒らしだから、皆スルーな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 22:59:53
  141. >139

    青空学校なら許可されるのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 23:01:06
  142. >141
    ペシャワール会の活動内容を見る限り、教員派遣等は行っていない。
    それにタリバンの方は文化を変える活動を認めないのだから、青空学校と言う詭弁は通らないだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 23:09:29
  143. 援助の形態として社会の在り方を大きく変容させるようなものは認められない。自力更生、自助努力で行くから、外国NGOは一時的な援助に留めよという主張なのでしょう。

    今回の報道ではリモートコントロールという言葉がNGOの運営方式として取り上げられていましたが、外国の資金と技術を現地スタッフが使って社会貢献する方式ではないかと思います。

    これなら事業を継続できる可能性はあるでしょうけども、でもそうすると日本国内での反応はどうなるんでしょう。

    国内での寄付金が活動を支える源泉でしょうから、使い道を確かめ、資金によらず人的貢献をするという意味で現地で活動する日本人というのは掛け替えの無い存在のはず。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 23:13:48
  144. そうなると中村哲医師は一方的な思い込みで「私たちはこんなにもタリバン愛なのだから、タリバンは襲ってきたりしない筈」と判断してた事に・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 23:14:18
  145. >139
    だから中村氏の
    「タリバーンがペシャワール会と知っていれば襲撃するはずがない」
    という発言はもの凄いズレてるんだよなぁ。

    タリバンの見解によればペ会の大部分の活動は
    まんま敵対行為というワケだろ。
    断片的とはいえ今まで集めたピースをつなげていくと
    浮き上がってくるのは
    中村哲という人間の余りに偏った思想性。。。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月31日 23:23:57
  146. >>114
    上層部との取引もあったかも知れないけど、あの混乱したアフガンで
    末端の盗賊と変わらないような連中が統制できてると
    考えた中村医師がアホだったとは思いますがね。

    日本にいると自分含めて平和ボケで通用すると思いこみガチですが。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2008年08月31日 23:26:13
  147. >131
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E6%B0%91%E5%9B%BD#.E5.9B.BD.E5.90.8D
    >「朝鮮」という呼称は、「朝鮮民主主義人民共和国」を認め「大韓民国」を否定するものと理解されるため、韓国においては忌避される傾向がある。

    韓国では朝鮮という言葉を使う人は少ないそうです。参考がwikipedia日本版で少し不安ですが。
    http://blog.goo.ne.jp/touhou_huhai_blog/m/200808
    >派遣先の治安が悪化すればするほど喜ばしい。自衛隊に被害が出る危険が増せば増すほどすばらしい。自衛官が死ねば、さらに強力な武装、部隊編成の必要を訴える好機になる。

    シビリアン・コントロールという言葉を知らないのか。それに自衛官が戦死すれば自衛官になる若者が減る可能性が高いぞ。

    Posted by 90式改 at 2008年08月31日 23:27:54
  148. 週刊オブイェクトではイラクは部分的に戦闘区域でない所がある。
    アフガンは今も戦闘継続中で戦闘区域との線引きが曖昧。

    だった筈だが。

    かつて民主党等がアフガンに陸上部隊を派遣すると言った時、それはとんでもない犠牲を伴うと
    指摘して警鐘をならしていたのもここ。いつのまにアフガン地上軍賛成派になってるんだw
    そんな文句は小沢や民主党の公式にでも苦情を出してくれ。現日本政府すら関係ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 00:20:00
  149. 今回の事件の実行犯や声明を出したタリバーンが
    本物のタリバーンか偽のタリバーンか
    よく訓練されたタリバーンかタリラリラーンかに限らず、
    あの怠惰で世界に知られる日本の外務省がわざわざ代表者に
    「襲撃予告が出ている」と知らせたにもかかわらず
    「いたずらとしての予告」として握りつぶしちゃうのがもう、致命的に問題なんじゃないのと。
     
    タリバーンと何がしかの友好的な関わりを主張するのであるならば、
    あるいはタリバーンとコネクションが無いまでも
    彼らとペ会は非好意的な関係ではないと認識しているのであるならば、
    外務省から連絡を受けた段階で、
    あらゆる手段でタリバーンへのコネクションをとって確認を入れるのが、
    代表者として最低限の責任であったろうと思うんですよ。

    Posted by 英国面のパダワン at 2008年09月01日 00:48:41
  150. 平和主義も、人命の尊重を第一に考えることも良いです。
    素人だから、下手に武装しない場合がある可能性も否定しません。
    でも、何でこういう人たちの手法は
    「無防備都市」一択なんでしょうね?

    警備を増やすのもいいです。
    ケツ捲って逃げても非難しません。
    フツーの安全管理をして欲しいんですけど、
    なんでそうならないでしょうね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 03:19:11
  151. http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/d16225f2aca881d83384a40195cb2604

    >>150 こちらのリンク先の記事でみるように、日本人現地スタッフの規模を半減させていたようです。

    それと外務省の渡航自粛勧告はたいして役に立たないと思います。具体性のある襲撃予告が伝えられたというのならば話は違うのですが。

    記事にある陸上自衛隊派遣による日本NGOへの危険増大についてはなかなか難しいところがあると感じます。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 05:56:20
  152. http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20080828-OYS1T00469.htm

    >>151 上では16名、こちらでは撤退8名とあるので
    どこかの時点で半減させています。

    この報道ではないのですが、今回殺害された方が拉致される以前に半減していたという記事を読んだ覚えがあります。



    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 06:00:21
  153. こちらがこれだけ誠意を見せれば
    相手はきっと応えるはずだ
    いや応えないはずがない

    ・・これって
    九条絶対教のカルト信者の典型的な論理だよね。
    論理というか教義と言った方がよいか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 07:32:40
  154. >>148
    何時アフガンへの自衛隊派兵にJSF氏が賛成したのか具体的事例を挙げてください。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 09:07:36
  155. >154
    >>148の
    >いつのまにアフガン地上軍賛成派になってるんだw
    は、「JSFはアフガンへの地上部隊派遣に賛成してる」と言ってる連中への皮肉だと思われるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 10:31:16
  156. タリバンはアフガニスタンをどうしたいんでしょ?
    イスラム国家建設するのはいいけど、医療や教育っていった国民に対する政策を等閑にした昔の国に戻して何するつもりなんだか…
    そもそも非武装の民間ボランティアを手当たり次第に殺していけば外国からの圧力が強くなるのが解らない低能ばかりじゃないでしょうに。

    本物だろうが偽者だろうが殺された人間からすればあまり意味がないでしょうとNセンセに言ってみたいところですね。
    治安情勢の悪化を甘く見てたってこのセンセ、ほんとに医者ですか?
    治安情勢を症状って置き換えると、診察して欲しくない医者ですね。

    Posted by BELL at 2008年09月01日 12:42:21
  157. 原理主義者にとって経済的水準はどうでもよい。
    聖典に記されてあるように正しくあればいい。

    共産主義陣営も自分たちの世界こそユートピアといっていた。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 16:06:12
  158. “セカイ系”を現実に引き出したような感じだなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 16:45:06
  159. >57様
    御教示有難うございます。
    旱魃があろうが出生率が下がろうが教育水準が下がろうがイスラムの教義さえあればユートピア、かぁ…
    それじゃぺシャワール会の活動を100%是認(部分的に認めることはあっても)することはまずなさそうですね。



    Posted by BELL at 2008年09月01日 17:11:47
  160. >“セカイ系”
    前提として絶対不変の価値観の存在を信じるのは、あらゆるカルトの共通項のような。

    そういえばこのエヌ医師、バックに「やんごとない方」がいるので、今回の事件が大ダメージとなることはあっても、致命傷にはならない、という話を聞いたんですが、どうなんでしょう?(汗)
    個人的にはむしろ、どういう伝手で知り合ったのかが気になりますが…。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2008年09月01日 18:50:51
  161. >>149
    >あの怠惰で世界に知られる日本の外務省がわざわざ代表者に
    >「襲撃予告が出ている」と知らせたにもかかわらず
    >「いたずらとしての予告」として握りつぶしちゃうのがもう、致命的に問題なんじゃないのと。

    伊藤和也さんが襲撃される数日前だかに
    日本のペシャワール会事務局から
    ”最新の現地情報”というのが伝えられたそうだが
    これの内容を知りたいよな。



    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 19:54:18
  162. >156
    食糧支援はOKだがインフラはダメってのもよくわからん。
    アフガン国民にずっと乞食でいろって事だろ?
    まぁ、イスラムでは乞食は立派な職業扱いではあるんだが・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 21:12:19
  163. エントリと関係無くて申し訳ないんだが、
    福田総理が辞任するらしい。
    随分突然だけど、どうしたんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 21:28:57
  164. >163

    エントリと関係無い話題は古い該当記事を探してコメントしてくれ。何のために検索機能が付いてるんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 21:55:12
  165. パキスタン人が発砲を供述 情報部関与とアフガン当局
    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200809010058.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 21:58:26
  166. >>156
    医師の国家資格は持っていても、医師として医療に携わって生きていけない奴はいるよ。
    どこぞのアホな精神科医とかさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 22:09:17
  167. >>166
    医者の癖に芸能人みたく某女の子向け人形玩具の名前をもじったような「芸名」を持ってる気持ち悪いオバさんの事ですね。わかります。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 22:37:15
  168. どっかの人形みたいな名前のビン底メガネかけたあのキモいオバさんか。
    人格に問題がある精神科医って医者の不養生なんてレベルじゃないよなw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 22:43:24
  169. >165様
    即物的、なんでしょうかね?その場で消費できるからって。
    インフラなんてものによってはその場で成果が分からないものもありますから…

    >166様
    ええ、銭ゲバの女性整形医も居ますしねw

    遍く救いの手をってNセンセの志は賞賛すべきものだとは思うけど、その代償が今回の事件では被害者の親御さんが気の毒ですね。もう少し危険に対して冷めた意識がセンセにあればなぁ。

    Posted by BELL at 2008年09月01日 22:52:11
  170. >164
    申し訳ない。
    以前の記事は結構前のことだから、
    それはそれで迷惑かと思ったもので。

    Posted by 163 at 2008年09月01日 22:59:21
  171. >タリバンはアフガニスタンをどうしたいんでしょ?

    組織の拡大と技術人員育成の舞台にしたい。
    「自分たちの教義に反する者たちをどうすれば打倒し打撃を加えられるかを誰にも邪魔されず日々研究する」
    そのためにはアフガニスタンは無政府状態、もしくはタリバンの完全支配下が望ましい。
    テロリストだって土地が無ければ何も出来ませんから。
    国家を手に入れればそこに住む人々を戦力に出来ますしね。

    ショッカーと変わらないなぁ。
    ただこの世界に仮面ライダーは居ない…。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月01日 23:18:59
  172. >どっかの人形みたいな名前のビン底メガネかけたあのキモいオバさん

    とあるゲーム雑誌でコラム書いていた頃はこんなアレや輩だとは思わなかった。
    …昔のヤツ捨てなきゃよかったな…

    >原理主義者にとって経済的水準はどうでもよい。
    >聖典に記されてあるように正しくあればいい。

    >共産主義陣営も自分たちの世界こそユートピアといっていた。

    ユートピアってブチ上げんなら同志を募って集落を作って実験してから実践投入してくれ
    訳の解らない理屈を望まないのに押し付けられて
    巻き添えを食らう人間は正直「たまったものではない」

    (ボソッ)そういやメリケンにそんな施設があったことを思い出した>閉鎖空間に住む実験施設

    >本当のタリバンではない

    聖剣と思ってよく見たら「エクスタリバーン」!!

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2008年09月01日 23:37:33
  173. 実際、文学の「ユートピア」は共産主義社会に極めて近いものだったり。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%A2#.E3.83.A2.E3.82.A2.E3.81.AE.E3.80.8E.E3.83.A6.E3.83.BC.E3.83.88.E3.83.94.E3.82.A2.E3.80.8F

    Posted by 唯野 at 2008年09月02日 00:08:20
  174. アフガニスタンはアラブ人達が大金を投じて作った武装組織育成機関マドラサ
    (勿論、普通に色々な一般教育を施している昔ながらの高等教育系マドラサもありますよ)
    の人材を最終的に戦士に仕上げ、成熟させる為の重要拠点だった。

    海外のマドラサ拠点はまだ生きているし、アラブ人戦士も入ってきてるから、
    戦いはなかなか終わりそうにないね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 01:48:54
  175. >>173
    数百年も昔のコケが生えて使い物にならなくなったユートピア論を
    都合良くまとめて人心を惑わそうとしたのが共産主義です。
    実際にはどんな政治がおこなわれたのか、民衆にどれだけ恨まれて潰されたのかはいうまでもありません。

    新興宗教等も過去の話を都合良くまとめてたりします。

    ユートピアが近いのではなく、擬態してみせかけの理論で武装しているという感じだね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 01:50:59
  176. >タリバンはアフガニスタンをどうしたいんでしょ?

    既にタリバンはパキスタン統合情報部の命令に従っているに過ぎないという話も・・・アフガン政府がそういう陰謀論を主張している。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 02:17:18
  177. >>175
    ところがどっこい、ウィキペにはこう書いてあるわけだが…
    「マルクス主義からは「空想的」と批判されたユートピア思想」

    >実際にはどんな政治がおこなわれたのか、民衆にどれだけ恨まれて潰されたのかはいうまでもありません。
    意外と、「民衆が(先導して)共産政権を潰した」例は少なかったりする。そのせいかもしれないが、旧共産圏では、共産主義時代(の生活)を懐かしく思っている人も少なくない。

    というわけでポルナレフのAA(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 03:34:30
  178. >157
    え、彼ら(末端だけでなく、頭や幹部)は
    本気で世界革命(自身らの理想とする世界の創造)が可能なんて信じてるのですか?

    設立当初は知りませんが、現在も続いてるのですかね
    その根性と言うか精神と言うか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 04:13:52
  179. >>177
    それは何も考えなくて良いという末端の人間の考え方のみ。
    愚民化の局地に至ってそのままだから懐かしむ人も居る。
    また、ロシアが疲弊していたので各地から物資を収奪出来た強いソ連時代にあこがれるというのもある。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 04:35:30
  180. >>179
    実際はいいとこ、トップが考えてるのは使いやすい駒って程度でしょう。
    末端は洗脳されて信じ込まされてるのもいれば、もう常態化してしまって抜け出せないものも。
    教義なんてトップによって次々解釈が変わるんだから、全然アテになんかならないんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 04:37:06
  181. >171様
    御教示有難うございます。
    >ショッカーと変わらないなぁ。

    寧ろ「県立地球防衛軍」の「木曾屋」を思い出した私…(歳バレバレorz)

    >176様
    手っ取り早くいうと「タリバン?ああ、パキ☆スタの跳ねっ返りね」という投げ遣りですね。

    国土がどんなに荒廃しても、人が何人死んでも宗教があればいいって、誰の、何のための宗教やら…
    ちょっとコーラン勉強してみます。

    Posted by BELL at 2008年09月02日 09:18:03
  182. >>178
    ぶっちゃけ、元祖「働いたら負けかなと思ってる」人たちだろw>幹部
    真面目に働いてたら政治活動なんて出来ない。
    でも真面目に働いてないから社会の仕組みなんてまっったく理解出来ない。
    そのあたり昔からまったく変わっていないような。

    >>179
    どうでもいいけど、「俺様の素晴らしい意見と違う奴はアホwww」っていう含意がないか?>愚民
    自身の生活を第一に考える人のことを愚民と切って捨てられるほど単純なものじゃないと思うが。

    >>180
    向いてる方向はどうあれ、組織ってそういうものじゃないかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 09:26:19
  183. >179
    >各地から物資を収奪出来た
    ソ連邦の中のロシア連邦は、決してソ連邦の中で生活水準が高かった訳ではない(真ん中ぐらい)のだが。日本の朝鮮・台湾統治と同じで、持ち出しの方が多い。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 11:53:59
  184. >国土がどんなに荒廃しても、人が何人死んでも宗教があればいいって、誰の、何のための宗教やら…

    一部の宗教や宗派では、死後の世界や来世の方が現世より重要ですので。
    喩えて言うならば、最後面における得点倍率が、その時の残機が少ないほど上がるというシステムならば、その前のステージにおいてわざと死にまくることが最善の戦略となるわけです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 11:54:25
  185. >184様
    今、ザクザクっとコーラン漁ってきました。なんか、コーランの世界って慈愛に溢れてるんだか殺伐としてるんだか判らなくなってきましたorz
    少なくとも私の感覚では捉えにくいですね。
    もう少し読み込んでみることにします。

    参考までに。
    http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/quran/quran000.htm

    Posted by BELL at 2008年09月02日 12:52:18
  186. 一部の宗教は自分の宗教以外を信じると
    地獄に落ちるなどと思っているらしい。
    いやまぁ思っているなら思っているで別に構わんけど、武力を持って民間人殺すってのはどうなんかね。

    武器何とかして取り上げられないもんかね。
    RPG-7なんて持たされたらたまったもんじゃないぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 14:37:36
  187. 中村「本当のタリバンは私の心の中に存在するのです」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 15:45:40
  188. タリバンは大変なものを盗んでいきました
    …中村氏の心です

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 16:07:13
  189. 哲、タリバン、好きー。
    哲、タリバンのとこ、行くー。

    こんな感じで…w

    Posted by BELL at 2008年09月02日 16:30:01
  190. まさかココで東方ネタが出てくるとは思わなかったwwwww

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 16:52:29
  191. で、オチ。
    大丈夫、僕が蜂の巣にしてあg(ry

    Posted by BELL at 2008年09月02日 17:23:59
  192. 本当の宗教は自らを高みにあげたり(小乗)、皆が幸せになれる様に願う(大乗)ものです。
    参加しないと地獄だの、参加すればかならず天国なんてのは何かの目的の為に
    人を支配するのが目的である事が多い。だけど大抵の人はそういう基本的な
    宗教的考えすらも教えられないし、知ったとしても口に出す事すら許されない世界もある。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 21:18:37
  193. >>182
    私がバカにしてるんじゃなくて、愚民化政策というものの話をしてるんだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 21:19:49
  194. 実際はソ連時代は困窮はしてもガチガチの監視で混乱は少なかったから懐かしまれてるだけ。
    しかし、政府が混乱をおこして町を消し去る、全員移住なんてのがあったから、場所による。

    ソ連の何が良かったとかじゃなくて、中央アジア各地で状況が困窮しているだけのことだよ。
    解体後にも資源等で豊かな所や、東欧なんかになるとソ連に戻るのに抵抗を覚える層が増える事になる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 21:23:10
  195. ・・・夏だなぁ(棒r

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 22:02:40
  196. 夏は終わったぜ?

    って、大学生はまだ夏休みを謳歌してるんだよなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 22:10:46
  197. タリバン犯行声明、中国人エンジニアを拉致
    http://japanese.cri.cn/151/2008/09/02/1s125766.htm
    >タリバン武装勢力は2日、中国人エンジニア2人を拉致したと犯行声明を出しました。

    今度は中国人が誘拐された。どうやら本気で外国人を無差別に狙い出したらしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 22:26:03
  198. 中国人は生け捕りのままか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 22:28:58
  199. >198

    個々の組織によって大きな差が出てきそうですね。

    ひとくくりに「タリバン勢力」といえないのかも

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月02日 23:57:52
  200. 単純に手際の良い奴とそうでないのとが居ただけの様な気が。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 01:11:37
  201. 元々、誘拐指令だったし、実働部隊も別。ペシャワール会のあの反応じゃ意見すれ違いも凄そうだし、
    全て一緒って考えが無理あるだろう。
    韓国人誘拐だって死んだ人と死ななかった人の差は?となる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 04:17:37
  202. >どうやら本気で外国人を無差別に狙い出したらしい。
    多分「異教徒に限る」って但し書き付きですね。

    ふと思ったのですが。
    昔のKGBみたいにタリバンの幹部を1人捕まえて拷問した挙げ句、生首でも送り付けて「次はお前達の家族だ」って脅迫すれば大人しく…ならないでしょうね…報復もあるでしょうし。
    いや、思い付いただけなんですが。失礼しました。


    Posted by BELL at 2008年09月03日 12:58:18
  203. 名無し三等兵:2008/08/08(金) 12:55:47 ID:1fvtkwV9
        |┃三           __       __
        |┃.        /   /\―/\ \- .
        |┃       /   //⌒   ⌒ヽヘ  \`ヽ
        |┃      /     /'         ヘ.   ヽ ',
     ガラッ.|┃    ///   /   l li l ll i  ト、 ',  l i l
        |┃    ///   /   l l li | lト、ト、_ト___',  l i |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |┃三 //! ! !  !!  !|__l__li | ll rヾ\ ヽ|  | i | < 話は全部聞かせて貰ったよ! いいタリバンは死んだタリバンだけだよ!
        |┃. 〃 | | |  |i /| _l__lNヽNrヤ气ト,|  | i l |   \____________  
        |┃三|  | | |  |i  |l/|:::;ハ.     V::::リ |  | i l |  
        |┃    N |、 lヘ、|lヘヽzリ     ー' |  l i l | 
        |┃三    N ヽl. N(ヽ    丶    /l //l l |  
        |┃       \!l! Nゝ、  `´  ,イ//|/!l l |
        |┃          || |ri.-、N`>┐' /  }7ヽ/N
        |┃          リ///`)´:/  ,、,‐、/::::::::::`>、


    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 14:02:58
  204. ↑なんでスターリンAAじゃないんだw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 15:07:16
  205. 或いは管理局の白い人を派遣して、「お話しきいてほしいの」と言って…失礼しました

    Posted by BELL at 2008年09月03日 15:37:55
  206.          , ,. .__
           __//〃'´:::: ̄::¨::''‐、
         /:::;:L!{l;;;ハ::::、::::::::::::::::::::ヽ
         〃::/_- 、 ! |ハ「ヽド、::::::::::::::i
    .     l::∠=ヽ_{∠_,ノ;三ゝ.j三ミ、::|   ふっふっ………
         l〈.、=<, `ーr'==; }三ミミ :|  この雄山を試しおって
    .      f7ヽニ゚イ  ゙ヾ゚ニ´  }::}ニヾ::|   生意気なタリバンだ。
    .     l」   / ''''  、     }::7´ |::|
          〃 r'^ー‐--'^ー 、 ノ::{ r'/:::|
          ゙{ ! 」二二二フ } ヾミT´::::::|
          ヽ、 ー-      ' ,  i.|、:::::リ
    .      _r'f ー:----‐ ''´  ! ト;ヾ'、
      -‐ '7´| l |  `ー'     .//.+ l ` ー-
       +./.+ |+ヽ、      //+ +/+ + +

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 22:20:33
  207. >204
    セリフから察するに「フゥハハハーハァー」を連想した

    >管理局の白い人を派遣して、「お話しきいてほしいの」
    たぶんその元ネタここの主が「面白い」というエントリーを見て勢いで借りてみたが未だ睨めっこである

    しかし面白そうだと思ったらホイホイ首を突っ込んでしまうのは僕の悪い癖

    それともう一つ、このご時勢、夏休みだからといってアレな人が急に沸くものなのでしょうかねぇ、九月入っちゃったけど。

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2008年09月03日 22:22:40
  208. >207

    9月たって大学生は夏休みだしね。ここの読者は中高生は少ないと思う。大学生ぐらいが多いんじゃないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 22:28:43
  209. >>202
    それでおとなしくなるならソ連はアフガンで勝ててそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 23:30:37
  210. >多分「異教徒に限る」って但し書き付きですね。

     イラクのザルカウィ・グループがやったことから推察するに,
    「カーブル政府に協力するムスリムなど,本当のムスリムではない!」
    などと言い出すのは時間の問題でしょう.

    「偽ムスリム」というレッテル貼りは,イスラーム過激原理主義者がムスリムを攻撃する際によく使われる方便です.

     ちなみにターリバーンはパキスタンでは軍需工場の工員を殺傷するテロを,すでに起こしています.
    http://mltr.ganriki.net/faq10e03.html#14330

     また,ターリバーン政権があった時代には,シーア派をターリバーンは弾圧していました.

    Posted by 消印所沢 at 2008年09月03日 23:42:36
  211. 異教徒じゃなくて異文化じゃなかったかな。
    タリバンにとっての異文化だから要するに考え方が会わないだけでイスラム系でもアウトかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月03日 23:55:59
  212. 第一、タリバン自体がイスラムでも異端だし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 00:17:24
  213. 君もタリバン?
    僕もタリバン

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 00:22:45
  214. アフガニスタン日本人拉致殺害、パキスタン情報機関が関与か
    http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2513293/3286813

    パキスタン情報部が資金 容疑者供述とアフガン当局
    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200809040118.html
    >アフガニスタン邦人殺害事件を捜査している同国の情報機関、国家保安局は三日、隣国パキスタンの情報機関「三軍統合情報部」(ISI)が犯行グループに「多額の金銭」を支払ったと容疑者が供述している、と発表した。
    -----

    ISIといえば元々、タリバーン発足当初から関わってきたわけだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 00:43:44
  215. タリバン構成員@アフガニスタン
    http://gotenyama2.web.infoseek.co.jp/Hito/hito_AF_tarban.html
    >武装集団《タリバン》は、神学校出身の(元祖)タリバン兵の他に、タリバン思想に賛同したパキスタン人の神学生(最大で10,000〜15,000名)、内戦時のムジャヒディン・ゲリラから脱退した兵士、アラブ/イスラーム諸国からの義勇兵が加わった。身分を隠したパキスタン軍統合情報部 ISI 兵士も入り込んだ。
    -----

    この事件はタリバンとパキスタンの密接な繋がりを暴く大事件になるかも。公然の秘密という奴だけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 00:47:43
  216. 伊藤さん拉致「カネ目当て」 容疑者の供述内容公表
    http://www.asahi.com/national/update/0904/TKY200809030304.html
    >同容疑者は、犯行は「パキスタン軍情報機関(ISI)が計画した」とも
    >供述しているという。

    朝日新聞は重要な箇所をオマケ扱いで、タイトルで隠しているのか。ISIによる資金提供がどういう重大な意味を持つのか、理解していないのかそれとも・・・

    これが本当ならアメリカがパキスタンを攻撃するかもしれない、それぐらいに危険な意味を持つのに。ISIがタリバーンを指揮しているとなると、重大な裏切り行為。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 01:12:22
  217. パキスタン情報部が資金 容疑者供述とアフガン当局
    http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008090301000984.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 01:46:33
  218. アフガニスタン政府は前からパキスタンの関与を指摘しているからね。
    この発表が実際にそうなのか、それとも現政権の政治的発表なのかはもうちょっと調査を待たないと。
    より深い関与調査の契機にはなるだろうけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 04:08:36
  219. 前から言われていることではあるが、決定的証拠は無いからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 05:08:48
  220. >207様
    >たぶんその元ネタここの主が「面白い」というエントリーを見て勢いで借りてみたが未だ睨めっこである

    日常でも使える名台詞が結構あるので、お時間があったらぜひ。

    >夏休みだからといってアレな人が急に沸くものなのでしょうかねぇ、九月入っちゃったけど。

    前のエントリ、まだ続いてますよ。アレな方、相変わらずの書きっぷりで(というより更にキタナクなってますが)、読んだあと洗眼したくなりますよ。
    ここに突撃してくる人って皆あんな調子なのが不思議ですね。

    >210様、211様
    教義が違えば異文化ってピンと来ないんですが。普段の感じで言えば「同じ仏教でも葬儀や法要の仕方が違う」ってレベルですから…

    でも、しょっちゅうアフガニスタンに行っているNセンセは知らなかったじゃ済まないでしょうに。


    Posted by BELL at 2008年09月04日 12:49:43
  221. >207
    それまでの魔女っ子バトル(でいいの?)物って戦闘が大半がおふざけで終わり近くになると急に真面目に戦うというケースが多かった気がしますが、あの管理局の白い人は最初から真面目に真剣に大切なものを救うために戦っていた。良い作品なので時間がありましたらゆっくりご覧になってください。

    それにしても、タリバンってカルトじゃないのでしょうか?テロで死ぬと天国で美女に囲まれてウハウハなんて下らんことを信じ込ませているのですから。

    Posted by 90式改 at 2008年09月04日 18:16:44
  222. ムジャヒディンはタリバンじゃ無い。
    事件はギルザイパシュトゥーン地域です。ドゥラニパシュトゥーン地域じゃ無い。
    ペシャワル会は親タリバンドゥラニ地域からギルザイ地域に活動範囲を広げ事件になった。

    Posted by X at 2008年09月04日 19:24:51
  223. >ムジャヒディンはタリバンじゃ無い。

    いえ、ムジャヒディンの一部はタリバンの一員です。

    タリバンの構成員は4種類に区分けされる

    (1)アフガニスタン難民キャンプに育ち、 JUI (ジャマアティ・ウレマ・イスラーム)所属の神学生:パシュトゥン族
    (2)パキスタン国内に住む旧ムジャヒディン(ソ連侵攻時代の聖戦士):パシュトゥン族、イスラーム諸国等からの義勇兵の残党
    (3)身分を隠したパキスタン軍統合情報部所属の兵士:パキスタン人(本国の指示)
    (4)オサマ・ビンラディン氏を慕うアラブ系義勇兵:アラブ人

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 19:40:10
  224. >事件はギルザイパシュトゥーン地域です。ドゥラニパシュトゥーン地域じゃ無い

    誘拐作戦なんだから越境攻撃も当たり前でしょう。中村医師も「山を越えてくるとは思わなかった」と言っています。○○地域だから大丈夫、と思い込んでいたことこそが落とし穴なんですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 19:42:28
  225. さて、そんな中、この状況下でも中村先生は「本職」の講演活動に大忙しです。

    講演:ペシャワール会・中村医師「平和的に国際貢献を」−−九条の会・七尾 /石川
    ◇伊藤さん失ったペシャワール会・中村医師−−来月5日
    http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20080904ddlk17040645000c.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 20:52:41
  226. >>222
    その理論だと自業自得になって余計ペシャワールの幹部が悪質になっちゃうぞ。分かっててやってた事になる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月04日 22:01:13
  227. >225
    よりによってこの時期に講演の告知する9条の会と毎日新聞の神経がマジでわからん・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 01:02:36
  228. >>227
    「つかみはOK!!」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 01:36:57
  229. 逆に話題性が出てチャンスだとか思っちゃってるんだろうな。焦りも半分あるんだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 02:04:56
  230. アフガン拉致殺害:「パキスタンが黒幕」国家保安局が発表
    http://mainichi.jp/select/world/news/20080905k0000m030158000c.html
    >パキスタン軍情報機関(ISI)はアフガンの武装勢力タリバン発足に深くかかわり、その後もタリバン政権を強く支援してきた。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 05:14:09
  231. ペシャワール会の資金は寄付や講演で行われている。用水路も他からの支援がなく自費で行われている。
    医療活動にも勢力に拘らずに医療行為を行っている、当然タリバンの兵士もその家族も見たことがるだろう。
    中村氏が自会が攻撃対象外にされていると考えるのも不思議ではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 19:04:36
  232. で、結局その甘い見通しで若者一人死に追いやったと。
    自分たちをネタに講演で稼ぎまくってるって知ったら逆に狙われたりして。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 19:24:51
  233. http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/afugan/20080903073840.htm
    >理事会後に記者会見した中村医師は、現地に伊藤さんの記念碑を建立する計画を明らかにした上で「残念でならない。『伊藤、何で逝ってしまったんだ』という思いでいっぱいだ」と唇をかんだ。

    タリバンに撃たれたからですよ、中村先生。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 19:34:36
  234. >>231
    他の組織がまるであくどいみたいな書き方は良くない。
    攻撃対象外云々は中村のお気楽な妄想みたいなものなので、
    他の組織から見てもやっぱり不思議だ。

    外国人というだけでもいつ襲われてもおかしくないというのがこの世界での常識。
    相手には理屈なんか通用しやしないのだ。

    無関係という理屈が通るなら、フランスのデモで車が千何百台も燃やされたり、
    アメリカのデモでも無関係な商店が襲われたりなんかしてない。ほんの些細な事でとんでもない事がおこるのだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 20:28:49
  235. >>233
    そこはやっぱり、

    「坊やだからさ」

    と答えてあげないと。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 20:31:43
  236. 攻撃対象外云々は中村氏の妄想みたいなものだから、不思議が無い云々はちょっと。
    大体、その書き方だと他の組織がおかしいみたいになる。ペシャワールの活動だけが
    そんなに崇高という様な訳でもない。

    政府機能がアテにならない所で変な風習や文化がはびこり、権益が交差する場所へ行くのだ。
    危険があるという認識は当然しかるべき。

    関係が無いから被害を受けないなんて理屈が通るなら、フランスやアメリカで
    無関係な人の車や商店が焼き討ちや略奪になんかあう筈が無い事になる。
    だが、実際はちょっとした事で全然関係ない人達が酷い目にあうのが現実なのです。
    大事があっても嘘みたいに平然としてるのは日本国内だけ!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 20:32:06
  237. 坊やは中村先生だからなあ。

    Posted by 233 at 2008年09月05日 21:36:52
  238. エラーで書き直しかと思ったら通ってた。重複ゴメン。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 21:52:03
  239. 「俺の求めるタリバンはまだ遠い」


    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 21:59:01
  240. ハートマン軍曹「真のタリバンは死んだタリバンだけだ」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月05日 23:28:32
  241. ペシャワール会代表らアフガンに戻る 遺志継ぎ「事業強化」
    http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080905/asi0809052131003-n1.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月06日 22:43:53
  242. は…破局政宗…破局政宗


    …ようやく一巻、この手の代物は見慣れないせいか馴染むのに時間が掛かる喃
    もうひとつ理由があった、ACE Zeroのネタで使われてたのを見て、ってんのも。

    あとこのご時勢、と書いたのはネットに接続できる敷居が低くなったと思うのだが、それなのに特定の時期に降って湧いた様にアレな人が来るものかなぁと。

    おまけ・楽しいものを見つけたので
    ブログにコメントする迷惑な人8パターン
    >>http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080904_8_obnoxious_internet_commenter/


    (ボソッ)
    相棒劇場版について言いたかったんだが、「真面目に活動していたなら青年およびその家族にバッシングが起きるのか?モチーフの一件は色々な要素が絡んでいた筈なんだがソレすっ飛ばし?」と終盤沸々と湧きながら観てた、ネクストシーズンが猛烈に不安。

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2008年09月07日 01:36:58
  243. アメリカ軍、アフガン配置のGMLRSによりパキスタンのマドラサを越境攻撃。一撃で粉砕。

    パキスタン:アフガン側からミサイル 11人が死亡
    http://mainichi.jp/select/world/news/20080909k0000m030059000c.html
    パキスタン部族支配地域の北ワジリスタン管区のマドラサ(イスラム神学校)に8日、アフガニスタン側から飛来したミサイルが着弾。現地からの報道によると、少なくとも11人が死亡した。このマドラサは、アフガンの反政府勢力タリバン有力司令官のハッカーニ師が運営していたとされる。

    3日には米軍特殊部隊が初めてパキスタン領土内に侵入。パキスタン政府は米側に厳重抗議したが、ミサイルによる攻撃は4、5の両日も続いた。今回は6日の大統領選後初めて。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月08日 21:33:07
  244. ATACMSの可能性は?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月09日 03:47:20
  245. >>243
    ミサイルって言ってるけどこれどうなんだろうね。
    毎日か元ソースが間違ってるのか、それとも実際にミサイルだったのか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 07:52:45
  246. 中村先生、犯人はちゃんとマドラサに通ってたそうですよ。しかも犯行に誘った男とはマドラサ仲間だったとか。

    http://www.asahi.com/national/update/0910/TKY200809100142.html

    本人は自分はタリバンじゃないけど犯行に誘ったマドラサ仲間はどうかは知らないと微妙な発言。あと朝日は以前の記事からやたらと金目当てってことを強調するけど、供述報道やこのインタビュー読めばわかるとおり、捕まった一番の下っ端が金で誘われただけで「日本人技師を誘拐すれば金になる」と誘った上の人間が政治目的だったか金目当て(身代金目的?)だかはこの証言だけではわからないはず。

    >同容疑者は「金目当てだったのでアフマドが撃ったのには驚いた」。

    それと、

    >少し離れていた同容疑者は、伊藤さんがその場で倒れるのを見た。伊藤さんは銃創のほかに打撲らしい傷を負っていたが、同容疑者は伊藤さんが転げ落ちるのは見なかったという。

    現場の報道写真見ると相当な岩場で、あそこで本当に数メートル上の崖から転げ落ちたら打撲じゃすまないわな。
    もっとも、この容疑者ころころ言うこと変わってるみたいなんで、どこまで信用して良いんだかってことはあるけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 19:03:29
  247. >246

    これって、逃走中のメンバーがタリバンで、捕まった間抜けは単に雇われただけってこと? このアディル・シャー容疑者って人、アフマドって奴に誘われただけみたいだけど。

    >同容疑者は「日本人を見たのは事件の日が初めて。
    >日本がどこにあるかもよく知らない。金が欲しかっただけだ。
    >自分は単なる学生で(反政府勢力)タリバーンと関係はないが、
    >アフマドがどこかの組織に関係しているかは知らない」と話した。

    これでマドラサは危険ってことが判明しちゃったな・・・今、米軍はパキスタンのマドラサを越境攻撃しているし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 19:13:14
  248. つまり逃走中の主犯格がタリバンだったら、マドラサに通う「本物のタリバン」でしたってオチか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 19:49:41
  249. >>246
    タリバン主要メンバーは人里降りてくるの命がけになるから利用可能なら可能な限り
    他の人間も使うに決まってるんだよね。そこでお金が絡んだだけでタリバンが無関係な訳じゃない。
    なのに金連呼して金銭目的ばかりをクローズアップしてるのがちと変。

    中村氏は「あれは本当のマドラサじゃない」とか言い出しそうで嫌だが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 20:06:11
  250. >中村氏は「あれは本当のマドラサじゃない」とか言い出しそうで嫌だが。

    じゃあ偽のマドラサってなんだよ、って話になったら説明不可能になるぞw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 20:33:44
  251. あくまでこの容疑者の自己弁明の証言だから多少眉に唾付けて読む必要はある。早い話、この男がやっぱり本当はタリバンでしたって可能性も否定できない。なにより、パキスタンのイスラマバード近郊の出身で地元のマドラサに通う男が、父親の故郷のアフガンに里帰りしてた時に偶然おなじ(パキスタンの)マドラサに通う男と会って犯行を持ちかけられたって話はにわかには信じられない。もし本当の話だとすると当然マドラサにいた頃から言動をチェックされ仲間に引き込めると判断したから偶然を装って近づいたってことなんだろうけど、かねてより言われてる通り、マドラサがテロリストの温床になってるって話をモロに実証した形だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 20:58:53
  252. この証言は、今アメリカがやっているパキスタンのマドラサへのミサイル攻撃(GMLRS)を肯定してしまう内容だな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月10日 21:05:56
  253. >>250
    そもそも本当のタリバン云々が既に説明困難だよ!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月11日 19:26:17
  254. というか、組織関係者ってのはどこからどこまでが対象者かってのがある。
    例えば定期的にタリバンに情報を流し、実際に旧知の関係で便宜も図ってたとか。
    この場合末端の現場構成員としてみる事も可能だし、協力者としてみる事も可能。
    どっちにしてもタリバンの紐付きなのは変わりないんだけども。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月11日 19:28:20
  255. >>225
    あらあら本業にも影響が出始めちゃった。

    講演会:ペシャワール会・中村医師の講演中止 アフガン事件で帰国めど立たず /石川
    http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20080911ddlk17040705000c.html

    >企画した九条の会・七尾によると、ペシャワール会スタッフの伊藤和也さん(31)が先月末にアフガニスタンで拉致、殺害された事件を受け、同会の日本人スタッフが帰国。代わりに中村医師が現地で活動し、帰国の予定が決まっていないという。

    この書き方だと、予定通りだったら、日本国内で講演漬けの中村さんはやっぱり最近は現地にはあまり行ってなかったってことなのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年09月12日 18:55:37
  256. This is just the perfect answer for all of us

    Posted by NFhoffZS1j8 at 2013年08月27日 07:41:16
  257. That's a posting full of insight!

    Posted by 8EJ5KaRF at 2013年08月28日 15:21:06
  258. At last some rationality in our little debate.

    Posted by kJrpKBVRZupK at 2013年08月31日 22:48:25
  259. Way to use the internet to help people solve problems!

    Posted by MsrSx4mM at 2013年09月12日 16:16:36
  260. Calling all cars, calling all cars, we're ready to make a deal.

    Posted by nu3t6pztrXXZ at 2013年10月11日 18:15:35
  261. Wow! Talk about a posting knocking my socks off!

    Posted by VdD1H5JO at 2013年10月18日 02:27:47
  262. Wow! Great to find a post with such a clear message!

    Posted by 14cAKlpsR7hY at 2013年10月21日 12:51:13
  263. This is a really intelligent way to answer the question.

    Posted by DQOSi2Edo0E at 2013年10月24日 13:17:06
  264. Your post has lifted the level of debate

    Posted by N4v6sDkRj at 2013年11月17日 13:17:34
  265. I suppose that sounds and smells just about right.

    Posted by GBY4Bfz0T at 2013年11月20日 02:02:02
  266. My problem was a wall until I read this, then I smashed it.

    Posted by aUTQt243 at 2013年11月25日 09:45:21
  267. Always a good job right here. Keep rolling on through.

    Posted by h0JJhERzdwgH at 2013年11月28日 01:14:19
  268. I was struck by the honesty of your posting

    Posted by OMY4ea3Kv at 2013年11月30日 12:21:21
  269. That's what we've all been waiting for! Great posting!

    Posted by jMcEqaUhgxN at 2013年12月02日 13:29:11
  270. Heck of a job there, it absolutely helps me out.

    Posted by fjEI6eMSdhFS at 2013年12月08日 04:15:01
  271. Holy Toledo, so glad I clicked on this site first!

    Posted by 6vFiElOnK at 2013年12月09日 17:45:15
  272. There are no words to describe how bodacious this is.

    Posted by Ggw2EHH8v at 2013年12月11日 22:56:15
  273. Wham bam thank you, ma'am, my questions are answered!

    Posted by 5ulpRmllIrTf at 2013年12月14日 14:28:36
  274. I'm not worthy to be in the same forum. ROTFL

    Posted by EST18anoSsXq at 2013年12月16日 20:42:51
  275. Unparalleled accuracy, unequivocal clarity, and undeniable importance!

    Posted by niz89TXBg at 2013年12月20日 02:38:34
  276. Wonderful explanation of facts available here.

    Posted by QYfjxZXXc5ZR at 2013年12月24日 06:28:13
  277. It's great to find someone so on the ball

    Posted by lGLQi5bgfW at 2013年12月30日 17:45:30
  278. Brilliance for free; your parents must be a sweetheart and a certified genius.

    Posted by fEoqfFAaGOMC at 2014年01月01日 05:03:41
  279. That's a smart way of looking at the world.

    Posted by lvgZhC2JdDG at 2014年01月02日 20:00:17
  280. This article achieved exactly what I wanted it to achieve.

    Posted by 72kvNTrfq at 2014年01月06日 04:29:56
  281. I thought finding this would be so arduous but it's a breeze!

    Posted by eDnWq0WFOl at 2014年01月08日 09:22:09
  282. I didn't know where to find this info then kaboom it was here.

    Posted by Jn5suUaiFn at 2014年01月11日 08:25:24
  283. Awesome you should think of something like that

    Posted by XHkJbaLyo3 at 2014年01月12日 11:21:24
  284. Thanks for taking the time to post. It's lifted the level of debate

    Posted by u4uxxgG0 at 2014年01月18日 02:16:07
  285. I'm so glad that the internet allows free info like this!

    Posted by HPlZvRtYXVE8 at 2014年01月19日 03:05:33
  286. It's about time someone wrote about this.

    Posted by 9hLgwG0zonXf at 2014年01月22日 12:55:05
  287. If I communicated I could thank you enough for this, I'd be lying.

    Posted by QR0IqR81OWJz at 2014年02月03日 19:01:06
  288. There's a secret about your post. ICTYBTIHTKY

    Posted by t6kffvI9BeC at 2014年02月10日 21:54:14
  289. Your article perfectly shows what I needed to know, thanks!

    Posted by g4LLz8gp98k at 2014年02月17日 02:42:58
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。