2008年11月09日
昨日、政権が本格始動する来年までにまた変わっている事も有り得るでしょう・・・と書いたら今日になってあっさり変わって修正されました。というよりポーランド側が先走って会見したんでしょうか。


オバマ氏、ミサイル防衛は「技術立証されれば」推進=側近 - ロイター通信
オバマ氏の外交政策アドバイザーであるデニス・マクドナフ氏は、ロイターの取材に対し、MD計画の配備は確約されたわけでないとした上で、「オバマ氏の立場は選挙中と同じで、(MD計画の)技術が機能すると立証されれば、システム配備を推進する」と述べ、ポーランド側の発表を修正した。


「技術が立証される」という条件とは、一体なんでしょう? ・・・と、ここまで考えて真っ先に思いつくのは、『未だ欧州向けバージョンのGBI(二段式)は射撃試験すらしていない』という点です。アメリカ本土に配備が始まっているGBIは三段型ですが、ポーランドに配備される予定のヨーロピアンGBIは二段型であり、ロシアに配慮してワザと性能を落としています。GBI三段型は既に何度もテストを行っていますが、GBI二段型はこれから試験をやります。その意味でオバマは「(欧州向け二段型GBIの)技術が立証されれば、システム配備を推進する」としているのかもしれません。

ただ、オバマがそこまで詳しくミサイル防衛の詳細について把握しているならばの話ですので、もうちょっと詳しい説明がほしい所です。


20時07分 | 固定リンク | Comment (26) | ミサイル防衛 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. ポーランド側が先走った?先走ったのは貴方でしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 20:32:00
  2. まあ、いずれにせよ政権のメンバーが決まるまで予断を許さないと見た方がいいですね。外務省の方も対外的には何とも言えんという姿勢のようです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 20:40:12
  3. >>1
    とりあえず"先走った"言いたいだけやろw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 20:45:57
  4. >1

    どう見ても此処よりもポーランドが先走ったのが先ですがな。ポーランドの発表をエントリにしているのだから。それに前のエントリでも「また変わっている事も有り得る」と前以て予防線を張ってる。保険は手配済みなのよ。

    第一、オバマのMD推進が条件付だったというだけで計画中止の話じゃない。もし条件がヨーロピアンGBIのテスト成功なのであれば、ハードルは比較的低いものだな。

    わかったかい?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 20:50:48
  5. >1
    いの一番に先走り書き込みするなんて、逆にファンとしか思えん行動ですな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:01:16
  6. 先走った指摘を先走って崖から墜落しているとはカッコイイ。
    自爆癖はどうにかならんのかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:03:00
  7. >1

    どう見てもポーランドが先走った方が此処よりも早いが・・・ポーランドも先走りたくなるほどMD推進肯定の談話をGETしたんじゃないかい?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:08:46
  8. 技術的なことは分からないのを承知で言うが、
    GBIのスペックを3段から2段に下げてもブラックボックスな部分は幾らでもあるわけで、ソフト的なものとか要素技術や外交的な制約に抵触しない範囲での機能向上などは狙ってきそうだね。

    何年も後になってその種の話が明るみに出て、ロシア側が段数を減らさせた効果はあまり無かった、なんて話になっていたりして。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:21:54
  9. すげぇぜ、1はポーランドより先にオバマのポーランドMD推進配備とかここが書いたと思ってやがる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:24:05
  10. すごい弾幕でわろた。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:33:37
  11. >ポーランド側が先走った?先走ったのは貴方でしょ。
    T72神は時空をも超える力を保持したのか・・・知らんかった
    もしくはJSFさんがポーランドを影で牛耳ってるのか?凄ぇ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:40:53
  12. オバマ陣営としてはロシア恫喝に屈する訳には行かないが、選挙前の周囲の言葉が完全な嘘で
    実はバリバリの推進派でした。いきなり裏切りましたと受け取られるのもマズイ。
    従って技術的に確立されたら推進するという素人にはわかりにくい説明で言い訳をしてる。

    要するに二段式の実験が成功して有効性が確認されたら推進するって事なんだから、
    実験が大失敗にでも終わらなきゃ結局やるって事。軍事に疎い選挙民への対策演説で
    現場関係者から見れば「やっぱり推進するんじゃないか」って程度の話。

    オバマは「いや、ブッシュは実験すら済んでないのに推進してたから我々は違う!」とか言ってる訳だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:53:42
  13. >>11
    ポーランドはJSF氏の先走り記事を見て会見したのですねw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 21:54:16
  14. >>13
    これもきっとコミンテルンによる陰謀です。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 22:03:59
  15. 先進国のトップの仕事は「雰囲気作り」にあるんじゃないかと最近思うようになった俺ガイル。アメリカや日本くらい国が成熟すると、そうそう政策面でヘンなことはしなくなるし、そうなるといかに政治家と官僚と国民にやる気を起こさせるかが重要になってくるのではないかと(小泉元首相はそれがやたら上手かった)。

    オバマ氏はどうだろう。今のところは小泉さんの就任当初を上回る期待感を持たれているが、勝負はここからだからなあ……

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 22:06:38
  16. >12

    やっぱりそんな話なのかな。GBI二段型って、実験を失敗する要素が無いよね。三段型が実用化しているのだから、簡易型のテストが難しい筈が無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 22:18:27
  17. なにしろ政権を賭けてMD推進にまわったポーランドは今更MD中止は悪夢。だから電話会談でも懸命にこの話をプッシュ。一方、どこか小泉元首相っぽいオバマは小泉元首相同様あまり個別の政策には思い入れは無い。すっかり一杯気分のオバマはポーランド大統領の強いプッシュについ、「いいよいいよ、やりましょやりましょ、Yes We Can!
    」と気楽に答えちゃった。慌てたのは側近たち。少なくとも今表明する話じゃない。急遽修正に追われる…というのは漏れの想像ですが。
    ただ、オバマの安保担当がゲーツの留任を示唆するくらいで、このあたりの政策にほとんど変化は無いのでは。発表する時期の問題で、内々には推進継続で話が決まってるからこそ、オバマも思わずポーランドに言質を取られるような発言をしちゃったんじゃないかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 22:49:48
  18. まあきっと、>1はここの記事を見ると先走るナニかを出してしまう変態さんのですよ、きっと

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 22:50:20
  19. ゲーツ留任ならMD存続は間違い無いし・・・ダンジクの登用は無いのかなぁ。ダンジクならズムウォルト3番艦の予算が期待できる・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 23:03:21
  20. リチャード・ダンジグは今でも候補の一人でしょう。国防長官人事は日本にとって無難なところで決まるんじゃないかな。
    それより日本にとっての悪夢の人事は国務長官。北朝鮮大好きのビル・リチャードソンが最有力候補なんて話まで…マジで勘弁してホスイ…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月09日 23:23:27
  21. 米国の欧州ミサイル防衛計画、オバマ氏の真意めぐり憶測
    http://www.afpbb.com/article/politics/2536704/3507123
    バラク・オバマ(Barack Obama)次期米大統領がジョージ・W・ブッシュ(George W Bush)政権の欧州ミサイル防衛(MD)システム計画を推進するかについて憶測が飛び交うなか、専門家はロシアが対抗措置としてミサイルを配備すると警告したことで墓穴を掘ったとの見方を示した。

    専門家はこの警告は粗雑なレトリックに過ぎず、オバマ氏が大統領に就任する1月20日から半年は正念場は訪れないとみている。むしろ、米国初の黒人大統領の誕生と8年間のブッシュ政権の終わりを世界中が祝福するなか、敵対的な発言でロシアは自らの罠に落ちたと解説する。

    防衛情報センター(Center for Defense Information)のTheresa Hitchens所長は、メドべージェフ大統領の警告は逆効果で、オバマ陣営はMDについて本来考えていたよりも強硬な姿勢を取らざるを得なくなるだろうと述べる。「ロシアが本当にミサイル関連施設を懸念しているならば、ロシアの対応は実に愚かだったといえる」と語った。
    -----

    イスカンダル配備は逆効果だったという見方が強いみたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 00:14:01
  22. >>20
    最悪、そうなったとしても、ビル・リチャードソンが北朝鮮に小馬鹿にされてブチキレるという
    可能性も残ってるぞ。というか、誰がやっても北朝鮮担当なんか「貧乏くじ」もいいところだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 00:41:41
  23. >>21
    アメリカの大統領は強くなければならない。脅迫された時のアメリカは余計に態度を硬化させねばならない。

    こういう感じなので、アメリカを挑発する国々は寧ろ、マゾか何かなんじゃないか?と・・・
    アメリカがもっともやり難いのは表面上従ったり協力してる振りしながらやられる事。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 00:43:29
  24. >>23
    >>アメリカがもっともやり難いのは表面上従ったり協力してる振りしながらやられる事。

    それはエゲレスと共にイルボンの外交も超一流とゆーことでOK?



    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 11:40:04
  25. 日本の対応はアメリカにとってはやり難い、というかイライラさせられる類のものだろうけど、それで日本が何か利益を得ているかと言えば……だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 20:41:08
  26. >>25
    私が想定していたのは口先だけ従って全然進展しない中国等のつもりだったんだけど。

    ソ連や中国という侵略的軍事国家の矢面にいながら大発展するという利益を得たといえばそうかも知れないね。

    そして、当初アメリカは日本の再叛乱を恐れて完全武装解除維持の方針だったが、今の日本はどう見ても
    一般的国家レベルとしては高度な武装を施されてる。

    ただ、日本がここまで出来たのは元々政府の掌握能力が異例的に高い事、市民の平穏さが異例だからなので、
    イラクやアフガン復興で日本を参考とかアメリカが言い出した時は閉口せざるを得なかったが。

    十分抵抗可能な兵力をもって停戦後ほぼ無血入城、逆に上陸米兵を警護出来た日本と宗教的敵対及び、
    国内で大規模な断裂してる中東じゃ条件違い過ぎるだろ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月10日 20:59:17
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。