2008年11月11日
2003年にドイツ陸軍軍特殊部隊KSK(Kommando Spezialkräfte)の司令官ラインハルト・ギュンツェル准将が、反ユダヤ主義的発言を行ったCDU(キリスト教民主同盟)のマルティン・ホーマン議員に共鳴、激励の手紙を送った事で解任されたケースが存在します。

German general axed in Jewish row - BBC (Tuesday, 4 November, 2003)


独国防相、反ユダヤ主義発言礼賛の総司令官を解任 (2003年11月5日 読売新聞)
【ベルリン=宮明敬】ドイツのシュトルック国防相は4日、反ユダヤ主義的発言に共鳴したラインハルト・ギュンツェル独連邦軍特殊攻撃部隊(KSK)総司令官(59)を解任した。

KSKは、アフガニスタンでアル・カーイダやタリバンの残党掃討に従事、ドイツ軍として戦後初めて欧州域外での戦闘に参加したエリート部隊。

ドイツでは最近、保守系最大政党、キリスト教民主同盟(CDU)に所属するマルティン・ホーマン連邦議会議員(55)が、第2次大戦でユダヤ人を虐殺したドイツ人がいつまでも「加害者民族」のレッテルを張られることに反発して、「(多数の犠牲者が出た)ロシア革命の経緯を見れば、(多くが革命側に加わった)ユダヤ人を『加害者民族』と呼んでも差し支えない」と語り、ユダヤ人団体や左派政党から激しい非難を浴びていた。ギュンツェル総司令官はホーマン議員に手紙を送り、「我が国ではめったに聞けない勇気ある発言。国民の多くも同じ考えだ」と称賛したという。
 
四日夜のテレビ番組で手紙の内容が公表されることが分かったため、国防省は即刻、解任に踏み切った。


ホーマン議員は当初、CDU党内でメルケル党首から戒告処分を受けていました。他に受けた処分は所属する内政委員会を除名されただけで、比較的軽いものでした。しかしギュンツェル准将の手紙で問題が再燃し、ギュンツェル准将がシュトルック国防相によって即座に解任された事から、ホーマン議員も最終的に党除名処分へと追い込まれました。

ギュンツェル准将解任から一年ほど経った時に、ドイツ在住のartaxerxesさんから聞いたのですが、ギュンツェル准将は在任中の1995年にも「私の隊員にはスパルタ人、ローマ人、武装SSのような規律を要求する」と演説して批判を浴びていたそうです。軍を辞めた後は学生組合(Burschenschaft)などでの講演活動などを続けていて、「ホロコーストの唯一性といった歴史観は戦勝国に強制されたものだ」などと発言し、益々主張が先鋭化されて右翼勢力の偶像となっています。

田母神俊雄・前航空幕僚長も、これからそういった道を歩んでいくのでしょう。ただし論文内容からして、前途は多難であることは間違いないでしょうが。
01時30分 | 固定リンク | Comment (120) | 平和 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 准将で総司令官って読売もセンスがないなあ・・・
    翻訳の問題だろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 01:41:21
  2. KSKの最高司令官であったことは事実だけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 02:08:29
  3. KSKだけに解任後は主張の濃さがkskしたんですね、分かります。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 02:56:13
  4. はいはいユダヤ人の陰謀ユダヤ人の陰謀

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 06:45:53
  5. >ホロコーストの唯一性といった歴史観〜
    つーか、そういう発言は違法な国じゃなかったんだっけ?ドイツ。

    >スパルタ人、ローマ人、武装SS
    武士道も入れてあげてくださいと飯盛山に柱見に行った俺が言ってみるテスト。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 10:36:24
  6. ぇ、マルティン・ボルマン?
    って一瞬見えたごめんなさい

    Posted by 名無しT72神信者 at 2008年11月11日 12:46:17
  7. ラインハルト「アドルフにできたことが俺にできないと思うか?」


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 14:21:52
  8. 産経新聞に田母神俊雄・前航空幕僚長参考人招致の詳報が載っている。

    http://sankei.jp.msn.com/etc/081111/etc0811111504001-n1.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 15:46:34
  9. >>7
    それラインハルト違いだしwww
    しかも先に死んでんじゃんかよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 16:22:13
  10. まあタモさんは産経新聞社とかSAPIOとかが面倒見てくれるでしょう

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 16:37:32
  11. http://news.livedoor.com/article/detail/3895364/

    生活に苦しいそうです…。
    講演会とかの仕事がないと、つらくなるでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 16:41:56
  12. >スパルタ人、ローマ人、武装SS
    20世紀的意味で、なら全く違った印象に……

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:13:29
  13. ドイツ国防軍にいまだにこのテの人間がいたことに驚きです。でも、隊長職の解任であって、国防軍をクビになったわけではないのですよね。クビも同然でしょうけど。


    >11
     確かに退職金まで取り上げるのは可愛そうですよね、と言いたいところですが、

    審査員四人のうち、少なくとも一人が0点をつけた論文で、なぜか最優秀賞をとって賞金300万円。生活が苦しいとは思えないです。同じコンテストで食いつないでいけば…

    「Yahooでは58%が支持」と言っておられますが、コメントをちら見した感じでは、作文で処分がやりすぎ、と言う感じであり、考え方に賛同して「問題ない」としているのではなさそうな気がします。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:18:22
  14. つまり生活に余裕があれば退職金なんて取り上げても問題ないんですね、分かります。
    300万貰ったからいいだろうと言うことですね、分かります。
    ……ハア

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:37:37
  15. >田母神俊雄・前航空幕僚長も、これからそういった道を歩んでいくのでしょう。
    仮にそうなればウヨの主張はますますgdgdに…やはりこの件はコミンテルンの陰謀か……

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:39:33
  16. 300万程度の泡銭で生活が苦しいとは思えないって、世間知らなさすぎだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:43:48
  17. >13
    少なくとも一人が0点をつけた

    これは間違いだよ。
    http://hanasan.iza.ne.jp/blog/entry/790355/

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:45:16
  18. >13
     なるほど。嘘かもしれないと。でも、「真っ赤なウソ」とは書いてあるが、それなら本当は何点つけたか、ぐらいの根拠は示して欲しいですよね。でもなんであれ、あの電波陰謀論で最優秀はやっぱりおかしいよ。

    >16
    おいおい、20代サラリーマンの平均年収は350万くらいだろ。つつましくしていれば一年はもつよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 17:54:21
  19. >>13
    つ労働権
    はっきり言ってあの防衛大臣の退職金返納強要発言の方がはるかに重大問題だよ。
    すくなくとも田母神は憲法違反はやってない。
    それに対し防衛大臣のあの発言はまさしく憲法違反だ、労働権の侵害以外の何者でもない。
    第一自衛官には団結権も団体交渉権も同盟罷業権もないのだから労働権の保障は最大限の尊重が必要不可欠で、アノ程度の発言で革職するんだったらむしろ、退職金の積み増しをすべきで返納を強要するなんてとんでもないこと。
    自由平等の民主国家である以上幕僚長も一人の国民であり一労働者であることに変わりはないのだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 18:22:00
  20. >ただし論文内容からして、前途は多難であることは間違いないでしょうが。

    頭の悪いコメントだ。
    最後に持ってくると、それまでの文章が台無しになるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 18:45:06
  21. >20
    どこがどう頭が悪いか具体的に。
    ちなみにあの「論文」と事後の対応では前途多難だろうということはさるでも分かる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 18:58:29
  22. 何だかこの問題、こじれてきましたね。
    本人とか支持側は「論文の内容に問題があったから」
    更迭されたかのように錯覚しているようです。
    「物議をかもす論文を書いちゃう馬鹿さ」が
    問題になって更迭されたんだという認識が無いみたいですね。
    言論の自由がどうこう言っているようですが、
    この人が立場を考えず世情を読めない馬鹿で
    あることを自ら証明しているだけのような…。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 19:40:29
  23. あの論文が書いた人の実際のレベルだと過程した場合、
    イデオローグとして生きていくのは難しいんじゃないの?

    まあ、「結論」さえ正しければ内容なんてどうだっていい、
    って人も存在するみたいなので、実際にはどうなるかわからんけど。
    内容から結論が導出されるべきなのに、なんでこうなるんだか…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 19:44:02
  24. 論文なんぞ全然読んでないし読む気もないが、外部での発言だけで免職するのはそれなりに問題だぞ。日本は独裁国家じゃないんだから。
    本人の能力が問題だから免職するというのなら構わないが、だったらだったで適切な金銭補償が必要で退職金の返納を強要するなんてまさに大問題だよ。人権侵害以外の何物でもない。
    これが許される共産党員の公務員を首にしてさらに退職金を返納するよう圧力をかけてもいいことになる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 19:51:29
  25. あの論文を「すばらしい」と評している人たちもいるみたいなので、そっち系の軍事評論家としてやっていくだけじゃないのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 20:15:11
  26. >http://hanasan.iza.ne.jp/blog/entry/790355/

    すごいなこれ。何一つ根拠を示さずここまで他人を嘘吐き呼ばわりする文って初めて読んだ。
    しかも自分がその動機を知る由もないはずのアパ会長F-15搭乗を
    田母神が宣伝効果を見極めて決断したと言い切ってるし…なんだこの人。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 20:17:06
  27. >24
    少なくともここ二つのエントリぐらい読め。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 20:18:15
  28. >20

    あの論文内容で前途が明るいわけないだろw

    電波陰謀論文なのに。

    頭が悪いのはお前だよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 20:24:38
  29. あの論文を稚拙だと批判するのは良いのだが、その割にはないように踏み込んで検証している人は見たことがないな。

    その稚拙だというところでいつも上げられるのが「コミンテルンの陰謀論」の下りだが、それ以外の部分についてはどうなのよ?

    ちなみに、勝谷は8割方は正しいと言っていたぞ。
    別に勝谷の認識が正しいとは言わんよ。

    ただ2割をもって、全てが電波みたいな言い分はどうなのよ、と言うこと。

    せっかくだし、28の人、検証してみてよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 20:44:34
  30. >>29
    一般論として、2割も間違ってるのなら救いようがない。
    8割方しか正しくない論文なんてどう考えても使い物にならない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:08:56
  31. さて、このドイツの軍人は、軍隊をやめさせられたのか、まだ指揮官解任なのか、どっち? こういう場合、総がかりで肩たたきして、退職金もあげて円満にクビ!でしょうか。

    タモさん論文には全く共感も関心もしませんが、確かに退職金返納はやりすぎな気がします。でも、「生活が苦しい」の発言を見た時、思わず
    「そんなの関係ねえ」と口走ってしまった私でした。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:09:48
  32. なんだか「シビリアンコントロールに違反する」っていうのは先走りだったんじゃないの?w
    結局は論文の中身がアレだったものだから、とりあえずシビリアンコントロールがなってねーて啖呵切ったものの
    よくよく考えれば正当に突き詰める理由がないじゃね
    結局「政府の見解に反した発言をした」ていうことになってるが
    じゃあ公で日本は彼の国に謝罪するべきだ、という内容なら陰謀論ちりばめ放題でも無問題なわけ?w
    皆が皆、叩きたい理由で叩いてるだけじゃん、くだらねぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:13:20
  33. なんかこの問題って何が問題の中心なのかわかりづらい。

    政府見解と真っ向から対立する主張を空軍のトップが言ったから更迭。

    これですべて終わりじゃないのか?
    朝日とかが取り上げるのはわかるけど、このサイトでこんなに頻繁に取り上げてるのはどういう意図があるんだかよくわからん。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:14:28
  34. 国会でのやりとりの総集編をテレビで観ましたが、追求する側は、あの論文の何処がどう間違ってるか具体的な指摘や検証をせず、主に観念的な事柄を並べてる様に感じました。
    田母神氏の意図は、公の場で論文の具体的な内容について検証させる事により、村山談話や河野談話、更には東京裁判史観の不正確さを示したかったのではないかと。
    物議を醸す為に、論文を陰謀論なども織り交ぜて派手にデコレーションし、公式に取り上げられる様に自らの地位も敢て利用したのではないかと。
    なので、国会での参考人招致はむしろ「思う壺」なのでは。

    一方、法的根拠も無く退職金返納を求める浜田防衛相は、民間人になった田母神氏に「子供扱い」されてる感すら覚えました。
    ハマコーからケレン味を抜いた残渣といったところでしょうか


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:15:15
  35. >30

    確かに2割間違っていれば致命的。俺は理系で、文系の論文の書き方はわからないのですが、2割間違ってれば、普通は査読でリジェクトだわ。

    >31
    「そんなの関係ねぇ」はちょっちウケた。
    確かにあの人、裁判所の出した判決を「そんなの関係ねぇ」と、「屁理屈こねるな」と同じくらい破壊力がありそうな議論拒否ワードで片づけた人なんだよね。「お前の論文、関係ねぇ」を今突きつけられて、何を考えているのやら。
    でも偉いリーダーというのは、「関係ねぇ」じゃなくて、「裁判所の判決はこれこれですが、しっかり任務を果して判決を見返してください」という言い方をするだろう。
     ギュンツェル准将も、SSの話さえ出さなきゃ、規律を求める訓示で済むのに。言葉選びは難しいや。ネオナチに万歳したら、何やってもだめだけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:18:49
  36. 支持派とって、慰安婦非難決議やら、沖縄ノート裁判は負けるわ、聖火リレーの長野では中国国旗だらけになるわ、と色々腹に据えかねていたところへ降って沸いたように現れた田母神論文は傷付いた自尊心とかを癒してくれる存在なんだろうな、きっと・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:20:10
  37. そもそも、今回の問題で注目すべきは政府件見解と対立したことをトップが言ったことや、論文の内容が稚拙だとか間違いが多いとかじゃないと思うんだよな。
    むしろ、いわゆる大東亜戦争を堂々と躊躇なく肯定し、それを人前で発言する人間が軍隊の中からも現れたということと、それを以前ほどに大きな問題として捉えない世論が形成されていることだと思うんだよ。
    これが十年ぐらい前だったら、今のような報道じゃすまないんじゃないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:24:39
  38. >29
    検証としては、これで十分だと思うがな
    http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html#Tamosan

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:28:15
  39. まあ、タモサンの「そんなの関係ない」は、政府の命令によってやったことに対しての判決が違反だったのだから これも政府の見解の相違ってこと?  だれが裁かれるの?
    やっぱ当時の空幕長にかぶってもらうか・・・・

    あと、俺自身はタモさんを擁護はする訳じゃねえが、村山談話が政府の正式見解って方が ハァ?
    って感じなんだけど・・・
    たまたま、成り行きで総理大臣になった、売国斜明のせいで、後世の人たちにとって足かせばかり残してると思うんだけど・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:52:17
  40. >>35
    つーか1割でもアウトだと思うんだ。

    あと文系はどちらかと言うと査読が甘いように思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 21:56:26
  41. 田母神氏の支持者のコメントを見るに、
    国士様ホイホイとしてあの論文は有能であると言える。

    Posted by ジミー坊や at 2008年11月11日 22:03:39
  42. あの論文は間違いとかそういう問題じゃないだろ…。
    学術論文に一次資料でもなんでもないエッセイとかを引用してる時点で論文とすら呼べないと思うが。

    ちなみに文系の論文ですが、社会学系とか人文学系の論文なら、二割間違えててリジェクトとか言ってたらほとんどのの論文は突っ返されるだろうね。まあそれが「間違ってる」かどうかがまた微妙なラインなんだけどさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:09:11
  43. >39
    自分は自身のことを国士様だと認識してるけど、村山談話が特異な歴史観を披露しているとまでは言えないし、ある程度国民の間での認知もなされている見解で、かつ対外的にも防波堤になってくれているのだから、当該談話は妥当だと思うけどね。
    いや、別に認識をあなたと共有する必要があるわけではないし、ここでやっても神学論争になるだけだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:17:27
  44. >40
    日本国内の政治学系学会誌の多く(たとえば「国際政治」)は、そもそも査読がないので時に電波垂れ流しだったりしますから。
    経済や人文科学の事情は知らんけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:20:26
  45. >>44
    というか、歴史学にしてもなんにしても100%正しいって証明することなんて出来るの?

    文系学問では、どうやらそれが正しいらしいって思う人が大多数になると、それが正しいとされるみたいに扱われてる。
    結局最後は各個人がどう感じたかでしか、何事も証明されない。つまり、突き詰めるとどんな文系論文も感想文でしかありえない。

    と、文系学問にはほとんど触れたことのない理系人間には思えます。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:32:23
  46. なんというか、従軍慰安婦や南京事件を言う側も
    それに反論する側も
    論文や資料の出し方が稚拙というか、泥仕合のような…。
    歴史学のところに関しては政治的思想的思惑が大きすぎて
    純粋な学問としての論議が妨げられている気がするね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:37:54
  47. 実は田母問題は突き詰めていくと自称左翼活動家やそれらを母体にする民主党が苦しくなる。
    アパ問題にしても民主党幹部が関わっていたりするのもそうだが、
    公務員関連が政府見解に抵抗しまくってたり、規程を守らず職務放棄に等しい行為を繰り返している為。

    したがって、つきつめていくと追及する側がしどろもどろになって、結局「戦争を美化してるのが悪いんだ」
    という低次元な内容だけに終始してうやむやになってしまうのではないかと。

    ディーガンの様な明確な命令造反と違い、個人活動による服務規程レベルでの問題、
    更に、ディーガンの様な新聞で全国民に政府糾弾を呼びかける様なものでなく、
    個人活動の範囲内である為、服務規程上は問題があるが逆に言論封殺してよいのか
    どうかという別の問題を生じる訳だ。

    したがって、規程以上の処罰を求めるのは過度の介入として今後の有り様に問題を発生させかねない事となる。
    また、どこまでも処罰を拡大するとなると、しっぺ返しで思いがけない余波が発生する可能性もある。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:38:24
  48. >>46
    まあ、自衛官のトップならばせめて退職してからやってくれという思いが大きいですね。
    組織の足を引っ張ってはいけない。彼が発言する事で何か大きな進展が得られる様な事柄でもなし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:40:05
  49. まあ、争うつもりはないが、対外的には防波堤にはなってないと思われ・・・

    あと、これが、自民からの発言であれば、納得はできるんだろうが(まあ、できないけどね)
    中共よりの社民のはつげんだから、裏があるとしか考えられないんだけど

    それはおいといて、
    話はかわるけど、この程度のことで、首が切られるんだったら浅日の記者は大概がくびだね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:42:00
  50. あと、ドイツと日本では継続政府という捕らえ方が違い、また、規程の存在する根本部分が違う。
    あちらはそもそも、憲法上触れてはならない部分なのだ。

    何故なら、イタリアが戦勝国になった様に、今のドイツ政府及び国民が過去のナチの行いに責任が
    無い理由に関わる根拠となっている。日本とは別の意味でタブーなのだ。
    また、ドイツ人は憲法について厳格な所もある。

    我々はナチと無関係を名乗っているのだからナチを語る等、言語道断という事である。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:45:53
  51. >45
    歴史学だけについて答えると、資料があったとしてもそれの位置づけは特に時代によって影響を受けるわけで、それについてポパーというヒトは歴史など存在せずあるのはただ歴史解釈のみと言ってるらしい。

    よって厳密な意味での科学性というのは乏しいわけですな。ただ明らかにおかしい(資料等から導き出せない)というのはやはり存在するわけで、それでも査読をしないというのは如何なものかと思う。

    あと、政治学だと米国を中心に計量が大流行してるのに日本ではまだほとんど扱われないというのも変な話だよね、と愚痴。自分も反省する点が大だが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 22:49:43
  52. 最後のパラの「日本ではまだほとんど扱われない」というのは言いすぎですな。(国際)政治学ではいまだに外交史系のヒトが幅を利かせている面が強く、それ以外の視点での研究が必ずしも十分ではないように思われる、としておくのが穏当でした。
    という訳で上記のように訂正。

    Posted by 51 at 2008年11月11日 22:54:00
  53. >29
    >ちなみに、勝谷は8割方は正しいと言っていたぞ。

    そら、この論文の審査員である花岡の部下だったこともある勝っちゃんならそう言うだろうなw

    でも実際は8割方が間違っているんだよ。正しい箇所は2割しか無い。その程度の駄文だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:12:07
  54. >33
    >このサイトでこんなに頻繁に取り上げてるのはどういう意図があるんだかよくわからん。

    同調する馬鹿が意外と多いんだよ。佐藤の爺さんだけじゃないぞ。「おきらく軍事研究会」とか、有名どころがタモさんに同調している。全部叩いて回るのは骨だぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:15:17
  55. >29
    勝谷ではかなり胡散臭いよ。
    関西の某番組とか実況スレでは出るたびボロカス言われてるしw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:16:49
  56. >32

    シビリアンコントロールについてはこれを見とけ。

    石破茂(いしばしげる)ブログ: 文民統制
    http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-a879.html

    基本中の基本がわかりやすく語られている。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:18:03
  57. >>35氏
    「そんなの関係ねえ」というのはあくまでも傍論における裁判官の「憲法違反」についてのコメントです。あなたの書き方だと、憲法違反の言う判決が出てるような書き方になっていると思うが・・・

    そもそも、判決を見返すという返答は間違っても出来ないでしょう。裁判自体は勝訴しているし、その言い方だと、イラク活動が憲法違反であるといってるのと同義になってしまうのでは。

    正直言って、あの傍論自体が裁判官の失言(裁判官個人の憲法違反という意見が一人歩きした。)だと思う。あの場合、後になって「そんなの関係ねえ」という発言を撤回したのが問題なのではないかと。
    あの時は、田母神元空幕長はその点をきっぱりと発言し、粘り強く説明すべきだったと思います。

    ただ、田母神論文の内容については、陰謀論なんかで正当化しようという時点で問題外です。(さらに、更迭云々については>>22氏のとおりだと思います。)

    >>39氏
    政府の命令でやったことの判決は、国側が勝訴したため違反ではありません。

    Posted by けろ at 2008年11月11日 23:19:01
  58. まあ原爆正当化発言で免職になったのは一人もいないし。結局は日本が核武装してないからあれこれ言われるだけだろう。現に沿海州外満洲はロシヤ領のままなのに支那人は全然デモをやらないどころか媚を売る始末。所詮国際政治は力こそ正義だよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:19:28
  59. 要は戦前戦中と大してこの国は変わってないってことじゃないの?とマスコミ見てると改めて実感。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:20:32
  60. >29
    >あの論文を稚拙だと批判するのは良いのだが、その割にはないように
    >踏み込んで検証している人は見たことがないな。

    幾らでも居るジャンよ? そんなに言うならこれに反論して見せろ。

    週刊新潮11月13日号に掲載された現代史家の秦郁彦氏による田原神論文批判まとめ。


    1.張作霖爆殺事件は関東軍の高級参謀・河本大作大佐によるものという史実が確定している。田母神論文には"断定できなくなった"と書かれているが、学問的に断定されている。

    2.盧溝橋事件で劉少奇(中共の革命指導者)が外国人記者との会見で 「現地指揮官は自分だった」と証言していると田母神論文には書かれているが、そのような会見は存在しない。論文の根拠は単なる噂話に過ぎない。第一、会見が行われたとされる時期に中共は国民党軍による攻勢で首都・延安を放棄、敗走中であり、悠長に会見など開いている余裕など有りはしない。

    3.盧溝橋事件の首謀者を中共だと田母神論文に書かれているが、論文に引用されている私(秦郁彦)の著書『盧溝橋事件の研究』では事件の首謀者=中共説をはっきり否定している。私は宗哲元が率いる第29軍(国民党系の地方軍閥)の兵士が偶発的に撃った銃弾と結論付けている。

    4.太平洋戦争の真珠湾奇襲がルーズベルトの罠という説は、俗説中の俗説で、学問的には誰も認めていない。

    5.田母神論文の、ソ連の策略にルースベルトが引っ掛かったいう筋書きは"風が吹けば桶屋が儲かる"式の妄想を連ねた話。そもそもコミンテルン謀略説の根拠とされる、スパイだと名を挙げられたハリー・ホワイトは、ハル・ノート当時は次官ですらなく財務省の一部長に過ぎない。ホワイトがハル・ノートを決めたなんて言い過ぎ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:21:39
  61. 大本は自衛隊の内規違反でしょ?
    それで済む話のはずなのに
    肯定派も否定派もそれ以上の意味を持たせようとしているように見えるんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:26:02
  62. >>60
    それはソ連の公開内容による河本大作大佐抑留時に発言を強要されていたって説を
    ナウム・エイティンゴンが自慢話としてソ連に報告したに違いないって断定に基づいてる記事。
    その自慢話にしたに違いないという内容も根拠が無いので、新潮も変な所がある。

    そもそも、不確かという時点で自衛隊みたいな不安定な組織の現職は極力触れるべき
    個所ではないんだ。どちらの方面にしても。現職であるなら政府見解によるので
    個人的意見は避けさせていただきますというのが100点。
    関東軍がやったとかソ連がやったとか、不確かとかどっちも言っちゃダメ。

    まあ、日本はこういう服務規程について緩すぎる所があるからなあ。何故か公務員揃って服務規程に
    逆らう規程でもあるんじゃないかってくらいなんだかよくわからない特権意識的な考え方が多く見られる。
    ここが変だよ日本ってテーマが書けるくらい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:30:11
  63. 張作霖爆殺事件の際に天皇が田中首相を激しく叱責していて、内閣を総辞職させています。もうこれだけ見ても日本軍の仕業ってことがわかるでしょうにw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:34:08
  64. >61

    それだけで済む話なら楽だったけど、もうダメだろ。ギュンツェルの件にしろね。政治問題化した時点でもうダメなんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:36:08
  65. 骨子としてはリベラル支配(安保、大東亜戦争の扱いなど)に対する保守派が長年主張してきた事の焼き直し。
    具体論としては一時論壇でも流行ったヴェノナ信仰(中西輝政とか積極的に喧伝してた)。
    保守派の人は大筋に於いて肯定しなきゃいかんと思うです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:42:34
  66. >>60
    ホワイトは財務次官補だぞ。ハルノートの草案作りにも関わってるし、
    IMF設立なんかにもホワイト案が多く取られていたり、当時かなりの発言力をもっていた人物だ。
     彼の問題性についてはベノナ計画や元NKVD内務人民委員部対米諜報部副部長の話
    (毎日新聞や産経新聞等も追随)などで色々あるので新潮が簡単に判断出来るもんでもない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:43:27
  67. >>64
    ギュンツェルは憲法違反だが、田母は服務規程。そして日本の服務規程違反はロクな処罰が
    行われない事で有名なので、処罰内容は全然違った扱いになるだろう。

    なんせ、帳簿操作や現金収賄やらかしても反省してるからで済ます連中が揃ってる。
    自衛隊で処罰厳格化を求めると後々自分達も処罰されるから前例を作りたがらない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:47:20
  68. http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3991704.html
     ところで、11日朝に行われた自民党の国防関係合同部会では、冒頭、中谷安全保障調査会長が文民統制の観点から田母神氏を批判し、浜田防衛大臣が謝罪して始まりましたが、議論に入ると、田母神氏の歴史観を擁護する意見が相次ぎました。
     「常識的感覚を持っていれば、田母神氏の歴史認識になる」
     「何を持って侵略というのか」
     「衆議院の先生方、この村山談話のような歴史観で選挙が戦えるんですか」(自民党の国防関係合同部会での発言)
     文民統制をする政治の側にも田母神氏と同じ意見が根強くあることがわかり、政治がコントロールする文民統制が危ういものであることが浮き彫りになりました。(11日16:34)
    ・・・文民統制を否定してどうするんだこいつらは。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:52:40
  69. ごまかしごまかし繕ってきた日本の問題点がいっきに噴出した印象があるな<田母神事件

    ・「論文」(笑)としか言えない作文のようなもの
    ・中身が「ウヨのオナニー」とサヨちゃんにm9(^Д^)プギャーされても反論できない陰謀論丸出し
    ・それを空自トップにいながらにして堂々と発言
    ・さらにそれが日本、いや世界に及ぼす重大性をわかっていない
    ・「村山談話」という「タブー」に触れたから解任された、という被害意識(妄想)
    ・「世間」が支持してくれているというどっからでてきたのかわからない自信

    それとは別に
    ・懲戒免職はムリ、退職金返納強要もムチャ
    ・中身が悪いと脳内の中韓朝の人民が責めるのでタモの今までの人生・人格を全否定したい一部左派
    ・ついでに自衛隊を封じ込めたい一部左派w

    いろんな有象無象が涌いてくるのであたまいたい。

    結局ゲルが一番まっとうだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月11日 23:59:47
  70. 退職金の支給は当然。

    ただ、死後叙勲ケテーイね。
    それは諦めてください。

    今年も石塚元空幕長が瑞宝重光章もらってたね。
    田母神さんが貰えるのは墓に納まってからね。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:08:32
  71. >>63
    田中内閣が総辞職したのは犯行が確定したからではないんだが・・・
    田中はロシアスパイだった張作霖を助けた時の担当将校だったので、親しい関係だった。
    そして米英に裏切られ蒋介石に負けた張作霖を蒋介石が手を出さないと通達していた
    山東省に引き上げさせる途上に事件が起こり、しかもなぜか日本軍による仕業という記事が
    何故か物凄い速さで広まっていたので、田中が件の追求を必ずやり遂げて責任をとらせてみせると
    天皇に上奏してみせたのだが、調査が一向に進まないので追求出来ず、行政処分止まりが限界と
    報告し叱責をくらい、田中は天皇派だったので悔いて辞職してしまった。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:09:03
  72. 事件が確定とされたのは河本大作大佐(戦後も日本に戻らず戦い捕まって戦犯として現地で処理される)
    の証言によるのだが、この戦後発言の根拠がソ連の情報公開で怪しい事になってきたので
    また真相の詳細がよくわからなくなってしまった。

    日本がやってない根拠とは言わないが、この件の詳細が当時から良く分からないままなのは確か。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:11:06
  73. 処刑じゃない、河本大作氏は獄中病死だ。失礼。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:11:56
  74. 俺は>>71じゃないしエントリにも全然関係ないが、このとき事実上「天皇の命令で内閣が解散した」ってのは結構問題になったみたいだな。
    問題っていっても今回の事件みたいな意味じゃなくて、形式的には専制君主制に近いのに限りなく立憲君主的にやって来ていた日本という国的に、って意味で。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:17:59
  75. また、河本大作氏本人は実はこの件について発言も直筆もしておらず、
    戦後も帰還してないので他の人間の伝聞記述が河本大作氏本人の発言であるという形になっている。

    当時は本当に本人は発言してたのか?本人が故人で筆跡も別人ではどうしようもないという話も
    あったのだが、とりあえず戦後日本はそういう事を論議する環境でもなかったので、
    本人の証言であるという事になっていた。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:24:19
  76. >>74
    天皇の命令で内閣が解散したのではないよ。
    田中が天皇に激怒されて意気消沈して自発的に解散して隠居、後に直ぐ死んでしまったんだよ。
    昭和天皇自体はそんなつもりはなかったので、当時田中氏を追い詰めてしまった事を反省して
    今後の政治への介入方針を慎重とするべきだろうと悩んでしまってる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 00:26:02
  77. >>76
    いや、だから「事実上」って書いたんだが。

    天皇がもう少し積極的に政治に介入してれば戦争防げたんじゃね?って意見を時々聞くけど、民主主義より一人の世襲制君主の方に頼る国ってのはその時はそれで何とかなったとしてもその後はどうなんだろうね、って思ってしまう。
    別にタイに何か思うところがあるわけじゃありませんよ?

    Posted by 74 at 2008年11月12日 00:58:32
  78. ナチ擁護で思い出したがここにも補習授業があるな。ここの管理人とあっちの管理人の主張って水と油のようにも見えるんだがなぜ使ってるんだ?いや、まああの掛け合いは面白いから好きだけどさ。T72を崇拝するネオナチがいるのかよ?って昔は疑問に思ってたけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 01:09:38
  79. >ここの管理人とあっちの管理人の主張って水と油のようにも見えるんだがなぜ使ってるんだ?

    思想は違っても表現の手段が良いと思ったから使ってるだけだろ。あっちの管理人とこっちの管理人の関係は良好なまま。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 01:19:00
  80. >67
    >ギュンツェルは憲法違反

    いや、手紙の件はナチスを擁護したわけではないので実は憲法違反ではない。ユダヤ批判も、ロシア革命の連中を指しているので大戦と関係がない。スターリンの時代はソ連はユダヤ人ほとんど消えてたし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 01:34:35
  81. あんなのが統幕学校長だの空幕長に出世できる組織になってたんだね、自衛隊は!
    任官しないでホントによかったとつくづく思うYO!
    元グッドウィルの折口クンもそう思ってるんじゃないかナ!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 01:40:24
  82. >>51
    ガダマーじゃない?
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%80%E3%83%9E%E3%83%BC

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 01:42:27
  83. http://tech.heteml.jp/2008/11/post_1196.html

    秦・保阪にフルボッコ

    タモさんカワイソス

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 02:07:46
  84. タモ神問題ねぇ

    mixiで「ケンタッキーでゴキブリ揚げた」って発言したアルバイトの学生がクビになったじゃん
    それと似たようなもん

    会社に迷惑をかけたからクビ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 02:10:45
  85. 前空幕長招致 「言論の自由」をはき違えるな(11月12日付・読売社説)
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081111-OYT1T00871.htm
     田母神氏は「自衛官も言論の自由が認められているはずだ」「自由な議論も出来ないのでは、日本は民主主義国家か」と、「政府見解による言論統制」を批判した。

     「言論の自由」を完全にはき違えた議論だ。一私人なら、日本の植民地支配や侵略を認めた村山首相談話と異なる見解を表明しても、何ら問題はなかろう。

     しかし、4万5000人を率いる空自トップが政府見解に公然と反旗を翻すのでは、政府も、自衛隊も、組織として成り立たなくなってしまう。政治による文民統制(シビリアンコントロール)の精神にも反している。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 02:36:29
  86. >>45
    基本的に歴史学論文の場合、新しい史料が発掘されて今までの説が裏返るなんて事がしょっちゅうなもんだから、今ある史料を元に、尤もらしい説(説として破綻していないもの)を構築し、それを解り易く説明する事が求められるね。

    論文の引用として使えるのは他の論文、一次史料、二次史料ぐらいかな。後は工具書の類や歴史関連の書物も参考文献としては使えるだろうけど、引用としては余り好ましくないかな。

    で、今回の件は色々と問題点とかが噴出しまくっててアレなんだが歴史論文としてみると魔王様も挙げてるけど
    1:論文の書き方として、引用の場合、引用した部分を判りやすく表記し、引用元論文、書籍の該当部分を書くという最低限のルールを守っていない
    2:自分の政治信条のみを書いており、その為に史料にしっかりと当たった形跡が無い(使った一次史料、外交文書類を書いてないのでそうとしか捉えられない。)
    3:蒋介石がコミンテルンに動かされてたならそのまま中華傀儡政権建てるだろ常識的に考えて(ぉぃ


    3は冗談ですが、1,2を守ってない時点でもし卒論、修士、博士、学会どんなものでも論文として出そうものなら即ボツ貰います。

    まぁ、論文に書けない様なまだデータとかがまとまってない研究内容とかを歴史関係の本に書く事自体は無いわけじゃないけど
    それでもそういう場合は出来うる限り元史料に当たって書くようにしてますし……
    ある意味酒呑みがやるようなヨタ話以下で、どう考えても出来レースですどうもありがとう(ry
    としか言えません。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 03:16:30
  87. 今回の更迭を政府による田母神氏の思想への干渉と捉えるのは
    日教組が学校での国旗掲揚に難癖をつけるときの論理と同じ類。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 03:29:09
  88. >>85
    正論としか言いようが無い…。
    とても新聞記者が書いたとは思えない社説だ…、って、失礼か。
    当たり前のことを当たり前のように書いてるだけなんだが、やっぱり読売の記者って(他と比べれば)レベル高いのかな、と思ってしまう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 04:11:27
  89. もう、↓みたいに田母神批判は、全て特アの工作員認定みたいなところもあるな。

    http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid577.html#sequel

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 06:36:05
  90. 左にかたよりゃ逆には右がいる。
    自分の敵だけ見てる分には相手のがけっぷちを笑えるが、相手は自分を見て笑ってる。
    でも、お互い自分は見えてないからねー。

    いや、この件に関して誰々は間違ってないとかそういう話じゃなくて
    そう確信してることに対して謙虚さをって思うという話。

    馬鹿とか刺激的な単語もいいけど、それやっちゃうと相対的に自分の位地が
    せり上がっちゃうから煽り目的以外ではやめた方がいいよー。
    ・・・ってそういう場所なのか?明らかに人格全てを貶めたがってる人が結構いるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 07:47:40
  91. >18 20代リーマンと60代比べてどうするんですか?
      もうちょっと考えてくださいよ。

    ところで、石破は退職金についても言及してるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 09:23:21
  92. >>45
    >>結局最後は各個人がどう感じたかでしか、何事も証明されない。つまり、突き詰めるとどんな文系論文も感想文でしかありえない。

    さすがにそれは暴論もいいところです。歴史学の学徒として言わせてもらいますが、
    「結局最後は各個人がどう感じたかでしか、何事も証明されない」とか言うのは実証を重んじる学問ではありえません。
    ちゃんとした具体例や数字やデータを用いた文系論文というものに触れてください。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 10:28:17
  93. >>91
    現時点では、言及しては居ないんじゃないかな?
    聞かれたら答えるだろうけどさ。

    というか、退職金がどうこうとかは更迭後に沸いて出た話で「論文公開→更迭」と「自虐史観の否定→懲罰」はプレイヤーもロジックも別。

    ゲルは「論文公開→更迭」のプレイヤーであって、「自虐史観の否定→懲罰」にはまだ参加してない。
    というか、したくないんじゃないかなぁ。
    --
    だから私は世に言う「自虐史観」も「自慢史観」も嫌いなのです。
    --
    とか言ってるぐらいだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 13:36:36
  94. >>45
    現在の人間は全知の存在じゃないんだから、突き詰めるとどんな論文も感想文でしかありえないことになるんだがな。

    アインシュタインの重力場方程式においての宇宙定数とか新事実の発見で修正されてるし、カミオカンデがモノポール発見したら、マクスウェルの方程式も修正受けるだろう。

    だから再現性が重要。理系だろうが文系だろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 14:05:30
  95. >31
    ギュンツェルは軍を早期退役させられました。
    退職金はもらったらしいけど、大統領からもらう感状に通例で書かれている感謝の言葉が入っていなかったとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 15:25:29
  96. 諸外国じゃ反ユダヤ主義は右翼のお家芸なのに日本だけは左翼なんだよなぁ。
    本多勝一が週刊金曜日にホロコースト捏造説を載せようとして編集部と大喧嘩になったとか。
    日本赤軍の影響なんだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 16:17:17
  97. >96
    極右はホロコーストを否定しているけど。数が少ないのであまり知られていないのかもしれない。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%84%9B%E4%BA%8C
    本多勝一氏がホロコースト否定派の木村愛二氏に記事を書くようにお願いした。ところがあの“マルコポーロ事件”が起きて、本田氏は金曜日紙上で事件を非難。木村氏は西岡氏(マルコポーロ編集部にアウシュビツのガス室は無かったとの記事を送りつけた内科医)の本を出版している。それ以来二人はけんか状態ですよ。
    ちなみに“金曜日”や“木村書店”(木村氏が作った出版社)では9.11テロ自作自演の本をだしていたりする。二人ともおつむの中身が似ているんでしょうね。

    http://www3.nhk.or.jp/news/k10015293431000.html
    そういえば昨日の朝、ラジオを聞いていたら、アウシュビツ収容所の設計図が発見されたって報道が。ガス室の設計図も発見された。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 18:08:00
  98. >97
    は私です。(またやってしまった)
    9.11テロ陰謀論もホロコースト否定もネオナチが広めているという共通点があるのだが。
    木村氏はイランに呼ばれ、アフマディーネジャード大統領の開いたホロコースト否定の国際会議に参加した。イランの大統領はネオナチに親しまれていることでも有名なのだが。

    Posted by 90式改 at 2008年11月12日 18:51:07
  99. >アウシュビツ収容所の設計図が発見されたって報道が。ガス室の設計図も発見された。

    なぜ今頃になって変哲もないアパートから突如、重要書類が見つかったのか・・・これもコミンテルンの陰謀に違いない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 19:37:50
  100. >>92
    >実証を重んじる学問
    ただね、ScienceとScholarshipは極論を言えば
    全く異なる分野。

    >>94
    再現というよりは検証可能かどうかと言ったほうがいいかも。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 19:39:34
  101. 文民統制の話で勘違いしてる人が混じってるな。
    田母が現職の身分のまま勝手に意見をやるのは文民統制上の問題だが、
    議員達が村山談話の是非を議論するのは問題ないからね?
    なぜか議員が誰かにコントロールされる側になってるぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 21:47:51
  102. >>77
    事実上という話ではなく、天皇が言われてる程ではなく、元から立憲君主的なものでしかなかったって話だよ。
    首相がかならず厳罰を下すと言っておいてなーなーになったから怒られただけだし。
    首相の言動の不一致を指摘されたんであって、天皇が命じた訳ではないのに注意。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 21:50:03
  103. >>96
    それは日本のマスコミがソ連、中国や北朝鮮側だからだよ。
    欧米の場合、ユダヤが叩かれるのは宗教的な民族差別感によるので右翼主義の攻撃対象となる。
    また、右翼的行動をユダヤ絡みで制限されているので、ユダヤ謀略が取りざたされる事も多くなる。

    日本の場合は欧米はユダヤに牛耳られていてユダヤによって北朝鮮や中国が迫害されているのだ
    というユダヤ加害者論なので、自称左翼側がユダヤを叩く。また、日本は当時ユダヤ相手に
    保護政策を行っていたり、現行右翼的行動をユダヤ絡みの弾圧で制限されてるとかでもないので、
    あんまり身近なネタにならない。寧ろ戦後大量流入してきた在日朝鮮人絡みの方が身近なネタだろう。
    韓国や中国等でも戦後流入してきた中国人や韓国人に対して右翼層が動くので、まあ身近かどうかは大きい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 22:19:40
  104. >103

    アンタこそユダヤ陰謀論に嵌ってないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月12日 22:33:56
  105. >>103
    フリーメーソン陰謀論とか欧米じゃオカルトの人すら見向きもしないらしいですからねえ…

    そりゃそうと、ラインハルトってのは独逸人にはありふれた名前みたいね。
    前にNHKスペシャルかなにかに出て来た独逸の教授先生も名前がラインハルトだったと記憶している。

    Posted by ハインフェッツ at 2008年11月12日 23:09:16
  106. >>97
    自分が聞いた話だとマルコポーロ事件で本多勝一がその西岡医師の論文を金曜日に載せようとして
    以前、拉致被害者の住所を載せて問題になった
    黒田編集長が止めて喧嘩になった、と。
    実際載せてたら「反ユダヤなら歴史修正主義はいいのか」と突っ込まれてただろうな。

    >>103
    日本の左翼っていうのは結局反欧米主義なのかもしれんね。
    ソ連=ロシアはヨーロッパとは言い難いし。


    Posted by 96 at 2008年11月13日 00:30:35
  107. ただ、ラインハルトって名前は相当に田舎臭い&古臭い名前だと聞きます。

    「銀河英雄伝説」をドイツ人に読ませると、主人公のラインハルト・フォン・ローエングラムって名前を見て笑うんだそうです。荘厳な苗字と、糞ダセえ名前の組み合わせが面白い(「伊集院田吾作」みたいな感覚らしい)、だそうで。

    そういえば、フースバール・ブンデスリーガの選手名艦見ても、ドイツ人若手選手で「○○ハルト」って名前の選手、誰もいないなぁ。

    雑談にて失礼致しました。

    Posted by 花な軍 at 2008年11月13日 01:25:17
  108. あ、107は105(ハインフェッツさん)へのレスです。

    Posted by 花な軍 at 2008年11月13日 01:26:21
  109. >>89
    過去ログも遡って見たかい?ここで工作員呼ばわりされてる奴(しかもそう認定してるのは一人だけ。印象操作はやめようね!)はどう見ても頭の悪いサヨク、東京裁判史観に犯された人物だ。しかも全体通して言葉遣いも下品。議論以前の問題だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月13日 03:10:47
  110. >>106
    だってマスコミ自らソ連や中国から監視を受けてよろこんでるんだもの。どうしようもないでしょw
    ああいう恥ずかしい記者協定やポストを受け入れてるって時点で日本にはジャーナリズムが存在してない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月13日 06:39:02
  111. >>104
    なんで私がユダヤ陰謀論者になるんだw
    ユダヤがらみの発言をしたり、ユダヤが絡む話に嫌疑を向けると物凄い反発を食らう様になってるのが
    彼らを逆にかきたてるのだってだけだぞ?ドイツでそんな事出来るのか良く考えてから書いてくれ。
    私がどうじゃなくて、ドイツがそうなんだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月13日 06:40:43
  112. >>106
    まあ、日本の自称左翼はそうだね。ソ連は今は無いから中国や北朝鮮がメインになってて、
    それらに制約を課してくる欧米に反発してるケースが多い。だから中国の毒菜や朝鮮の寄生虫は
    受け入れるべき、アメリカの食べ物はなんでも反対とか訳がわからない事にもなってる。
    どっちも問題あったらダメだし、ある程度対策されたら受け入れるっていう公平性が無い・・・
    食べ物みたいな普通の問題ですらこうだから、軍事になるとそれはもう偏向が激しくなる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月13日 06:46:04
  113. そういえば瀬戸弘幸氏ってホロコーストや南京大虐殺、従軍慰安婦が捏造と言っていますね。
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51429347.html
    >しかし、現在状況は大きく変化し、このホロコーストもまた南京虐殺事件や従軍慰安婦事件と同様に戦勝国が仕組んだプロパガンダに過ぎないものであることが明らかとなりつつあります。

    このような人が田母神氏を支持しているのですから、困ったものです。

    Posted by 90式改 at 2008年11月14日 17:43:10
  114. >>113
    日本の場合はホロコースト陰謀論は左主体、右も齧る時は戦後処理問題として
    事後法の適用をして戦犯に仕立てる為だったという形で流れる事が多いね。

    ただ、従軍慰安婦問題と南京大虐殺はかなり毛並み違うだろう。南京大虐殺なんかいくら調べても死体出てこないし、人口増えてる。
    そもそも、日本軍が侵攻した時は清野作戦や戦乱を嫌って安全区域以外の人は域外に逃げてる始末・・・

    相手が日本だから兵士や便意兵、巻き添えになった人合わせた数万をひとくくりにして
    犠牲だから虐殺といわれても仕方ないねと許容してるってレベルの話。
    そもそも、早期に南京を返却する手筈なので民間人虐殺しても意味が無さ過ぎる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月14日 22:36:06
  115. >>114

    南京事件はあっただろう。中共が言ってる規模かどうかは別にして。

    俺がネットレベルで最も良いかなと思うサイトだが。書いてある内容をどう解釈するかは任せるが。
    http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage#content_1



    従軍慰安婦こそ捏造だと思うぞ。
    いわゆる慰安婦に占める、朝鮮人の割合はかなり低くくて、実際は5割以上を本土人が占めてるからね。
    まさにアレは女衒に売られた従軍売春婦で、現代の価値で見れば悪いことかもしれんが、当時は普通のことだと思うぞ。

    帝國軍が品行方正で強姦など全くしなかったと言うつもりはないから。念のため。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月15日 01:30:31
  116. 従軍慰安婦「事件」て何じゃろ。
    推敲とかしないのか、瀬戸弘幸は。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月15日 01:42:57
  117.  >5:そういう発言は違法じゃなかったんじゃないけドイツは?

     こういう現状って、マジでおっかないと思うんだけど気のせい?
     「ホロコーストについて、議論することすら罪になる」ということがどれだけ危険か(マジ棒読み)・・・

    Posted by KY at 2008年11月15日 13:25:17
  118. >>115
    いや、そもそも虐殺計画というものがどういうものなのかというのをだね。
    件は日本政府の計画犯罪として捉えられているのだから、それはおかしな話なんだよ。
    よくある現場の混乱もしくは、暴走。それもあまり極端な例でもなければ、
    便衣兵政策や中立エリア武装を試みたり、和平交渉を行うべき司令官が真っ先に逃げたり等、
    南京政府の問題性も大きかったりする。
    そして遺骨も当時の通り、数万分しか出てこないし、どこが計画的でどこが隠された真実なのかと・・・

    そもそも、すぐに返却してるし、昔から住んでる人も生きてたんだから、隠し様がない。
    そこに存在しない避難済みの人達を虐殺するのも大変な様に、存在する筈の大量の遺体を消し去る等も
    どちらも物理的におかしいし、現地を管理していた外国人達もそこまで大規模で計画的な犯罪行為を
    目撃してはいない。

    従軍慰安婦問題はまあ、アメリカも供出を求めたりやらかしてた事なので、当時としては
    プロを雇って現地で暴発させないようにするという予防策がどうだったのかだなあ。
    日本軍が求めたのはプロなので、ドイツやソ連みたいに収容所から徴用した訳じゃないのがポイント。
    アメリカみたいに現地に進駐してプロを用意しろと脅迫すれば良かったのか?といわれるとどうだろう?
    と思う。ただまあ、朝鮮人ブローカーによる
    だまし討ち的なものをもっと厳しく摘発はして欲しかったかなあ。やってはいたみたいだが。
    まあ、口裏合わせてる事が多いし、現地ぐるみだったりする事もあった様なので、難しいんだけども。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月15日 15:11:07
  119. >>113
    文字通りの糞ブログですな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年11月15日 20:46:01
  120. 中国や韓国、北朝鮮が自国の都合の良い歴史観を日本に押し付けようとして、日本国内の右翼が反発する。
    日本の右翼も左翼も歴史家が努力して築き上げた通史を無視して、自分たちの都合の良い歴史を捏造する。

    今回の田母神論文問題で左翼の人たちが「自衛隊員は危険だ、日本はまた侵略戦争をするぞ」と言うに決まっている。田母神氏はなんて愚かなことをしたんだ。
    もううんざり…。

    Posted by 90式改 at 2008年11月15日 23:03:52
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109417198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。