2008年12月26日
あんまり「言葉狩りだ」と騒ぎ立てる気もないですけどね、どうも神経質に考え過ぎなんじゃ? この分だと気象庁さんには、気象衛星「ひまわり」の後継機を軍事衛星と機能を抱き合わせにして予算を取ってくるという発想は無い・・・のでしょうね。


「ゲリラ豪雨」…表現どう?分かりやすさ○ 戦争連想× : 読売新聞
今年1月に発行された最新版の広辞苑によると、ゲリラは「奇襲して敵を混乱させるなど、遊撃戦を行う小部隊。また、その遊撃戦法」。局地的に積乱雲が急速に発達して激しい雨を降らせる現象が奇襲を連想させ、定着したとみられる。ウェザー社は「利用者がイメージしやすい」と説明、新聞各紙でも豪雨を報じる紙面で使っている。

しかし、気象庁天気相談所の菊池正所長は「戦争を連想させる言葉を政府の機関として使うわけにはいかない」ときっぱり。NHKの「おはよう日本」で気象予報を担当した経験もある気象キャスターの田代大輔さん(36)も自らのブログで、「分かりやすければ、どんな言葉を使ってもいいのでしょうか」と疑問を投げかけた。

同庁は今夏、日本気象予報士会などに別の表現を用いるよう要請したが、これに代わる言葉としては「予測不可能な局地的な豪雨」ぐらいしかなく、印象度が劣るのも確か。菊池所長も「悩ましい問題です」と思案顔だ。


「戦争を連想させる言葉を政府の機関として使うわけにはいかない」って、あのー、防衛省も政府の機関なんですけど・・・それに「ゲリラ」が駄目なら桜前線や梅雨前線の「前線」も戦争用語なんだから、駄目なんじゃ? 他にも「冬将軍」とか・・・冬将軍の語源は従軍記者がロシアの戦場での寒さを表現したものが始まりですから、実態はかなり悲惨な代物だったんですけどね。気象用語には既に軍事用語、戦争用語が入り込んでしまっています。「爆弾低気圧」とか普通に使ってるのを忘れてるんじゃ・・・爆弾低気圧は、海外で古くから使われていた気象用語を日本に翻訳輸入したものです。


積極的に軍事用語を取り入れているのは経済用語でしょうね。戦術、戦略、ロジスティクスあたりは普通に使われています。そしてこの事を気に入らない人も出て来るわけで・・・


軍事用語は使わないで : 「ビルダーナース」が実践して効果の上がった小規模ビルダー経営方法
戦略=街並みを考慮しながらお客さんと一緒に考える家づくりのあり方

戦術=日々どうやって関わる多くの人とお互い楽しく学び合えるか具体的に考え行動すること



みたいに置き換えれば、心の戦闘体制は解除できると思います。


幾らなんでも置き換え長過ぎでしょう。
確かに「悩ましい問題です」ねぇ。


これからの住宅業界動向その3 : 「ビルダーナース」が実践して効果の上がった小規模ビルダー経営方法
杓子定規に経営戦略を立てても、これからはその通りの収益なんて見込めません。


ほらうっかり、自ら経営"戦略"という軍事用語を使ってしまった。


02時38分 | 固定リンク | Comment (137) | 政治 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 悩ましいねえ
    本当に悩ましいよねえ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 03:18:09
  2. これ言い出したら、野球なんて殺すとか刺すとか物騒な言葉の連発ですからね

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 03:19:52
  3. どうしても心の戦闘体制を解除できないようですね。
    やれやれだぜ……。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 03:21:21
  4. まあ、言葉で済んでるうちはまだいいんですが、
    これが極論になると、軍事由来の技術や製品を
    使わないようしましょう、と云う主張になってしまうわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 03:30:33
  5. 新名‐パルチザン豪雨




    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 04:06:40
  6. どこかの国が敵性言語を排除していったように、歴史は繰り返すんでしょうかねぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 04:15:50
  7. ゲリラって言うと、むしろ「極左暴力集団」を連想するな

    中核だの□○だの連合赤軍だの…戦争より物騒かも

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 04:39:59
  8. グループ中の目玉企業に「軍」を名乗らせてるくせに
    チャンチャラ可笑しいわ(w

    Posted by 英国面のパダワン at 2008年12月26日 04:42:15
  9. 趣旨は分かるが、最初の例があまり良くないような。
    「前線」は普通に気象用語でしょう。寒冷前線・温暖前線・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 04:52:13
  10. >>9
    前線の1つの言葉に多様性がある様に、後述の戦略戦術諸々でも
    軍事関連の意味だけをとりあげて、使う使わないと考える
    気象庁やビルダーナースの主張に問題があると思いますね。

    っというか戦争=悪や病理みたいな考えで知識どころか、
    言葉にすらアレルギー気質になってる時点で
    コメの意見やJSF氏の指摘みたいな議論には臨めないのでしょうな…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:00:09
  11. 仮に実際に日本が戦争に巻き込まれても「軍事用語を使わないで」と主張すれば逆の意味で尊敬する。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:00:56
  12. > ほらうっかり、自ら経営"戦略"という軍事用語を使ってしまった。

    あとこれは、「そのやり方はうまくいかない」という否定的文脈で使っているので、リンク先ブログとしては別に矛盾はしてないでしょう。

    調子に乗ってツッコミ入れようとして危うく思いとどまった。。。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:01:57
  13. >>11
    「本日、日本人民の解放を目指す皆さんが
    やや強引な方法で訪日しました。」
    とか書いたら嫌だなあw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:37:32
  14. >>9
    前線って言葉は気象用語として先に誕生したの?
    ゲリラと同じく軍事用語から転じて用いられてるわけではなく?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:42:15
  15. >>12
    『単語そのものを置き換えると幸せになれるよ!』と最初のリンクでは言っているのだから、そこの是非は関係ないんでない?
    自己陶酔で済んでいる間はいいけど、他人に進め始めたら危険だなや。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:53:35
  16. ていうかインターネットそのものが…
    よく言われることですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 05:57:21
  17. >>13
    >「本日、日本人民の解放を目指す皆さんが
    >やや強引な方法で訪日しました。」
    >とか書いたら嫌だなあw

    おいおい。
    「本日、日本人民の解放を目指す皆さんが
    各地で熱烈な歓迎を受けながら訪日しました。」
    だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 06:09:31
  18. 軍事由来の言葉を抹消したらコミュニケーションに困るような。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 06:24:57
  19. 巨人軍、たけし軍団等は威圧的な名称なので「群」と置き換えるように!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 06:56:29
  20. >>4

    それをPCとインターネットを使用して発言するわけですね!

    と言いますか、エニアックが祖先とされる現在のコンピュータ一般を排除した生活って可能なのだろうかw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 07:24:46
  21. これが問題になったこともありましたね

    http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kongetu7.htm


    「連立のみなさんのために(私は)全国をかけ回る。古い言葉を使うとしかられるかもしれないが,若い記者は理解しないかもしれないが,銃後のこと,前線で戦ってまいりますので,この地区はみなさんでお守りいただきたい」(森喜朗首相の00年6月10日午前,参院石川選挙区補選応援のため,就任後初めて地元・石川県入りのため小松空港に到着後,加賀市内の親族の墓参りをし,集まった支持者らを前に語る)。

    Posted by Gryphon at 2008年12月26日 07:50:30
  22. ↑上の発言は大問題だ!と某社では「遊軍記者」が書いていたという笑い話があったとかなかったとか(笑)

    Posted by Gryphon at 2008年12月26日 07:52:47
  23. WW2前のイギリスでも
    小銃のどこから弾が出るか知っているだけで
    批判されたとか読んだことあるけど(知識人階級の間で)
    歴史は繰り返すというか馬鹿はいつでも馬鹿というか
    こういう風に表面だけ取り繕う方が怖いと思うけどね
    甲子園から学ランの応援なくそうとしたりするなら
    あのサイレンの音どうにかしろとか
    そもそもスポーツって団体行動自体が軍隊連想させるだろうとか
    つうか朝日の社旗は駄目じゃないのかw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:15:28
  24. >23
    甲子園自体が普通の自衛隊より厳しい野球部によって実施されてるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:24:44
  25. >12
    >否定的文脈で使っているので、リンク先ブログとしては別に矛盾はしてないでしょう。

    いや、この方の論理だと口に出すだけでも「言霊」の影響が出るわけだから、如何なる場合でも使っちゃいけない筈だよ。

    でも経営用語に「戦略(ストラテジー)、戦術(タクティクス)」を使い出してから30年くらい経つけど、便利過ぎて代わりの言葉なんて見付からないだろうね。近年では早速ロジスティックス(兵站)を導入してるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:36:14
  26. 昔気象情報は軍事情報でもあったわけで
    その流れで来てるんだから無理することないのにね
    というかそんなこと知らないんだろうな

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:39:09
  27. オリンピックの入場行進やスポーツ大会の
    選手宣誓の時の右手上げがナチスを
    彷彿させるからいかんというのもあったし、
    見た目で判断しているだけだな。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:43:49
  28. >敵性語
    電子頭脳とか人工頭脳とまで言わないが政府や企業の記者会見の意味不明のカタカナを日本語にしろよと言いたくなる。

    >歴史は繰り返す
    選挙報道も軍事用語だらけと昔批難があった記憶が。
    国土保存省、警察予備隊、特車と言葉を替えたらこの人たちは幸せになるのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:44:25
  29. >>20

    まず発電施設等が止まって、ライフラインは壊滅。


    あ、終わっちゃったw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:44:51
  30. >>9
    >「前線」は普通に気象用語でしょう。

    元は軍事用語だよ。

    軍事用語の「前線」は英語で「front line」で直訳してるけど、気象用語の「前線」は英語で「front」ないし「weather front」で、直訳したら意味が通らないでしょ?

    実は気象用語の「前線」は、これを使い出す前は「不連続線」という用語を使っていたんだ。これじゃあ、あまりにも分かり難い、さりとて直訳では「前」とか「気象前」じゃあ、やはり変。

    そこで軍事用語の「前線」を気象用語でも使うようになったんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 08:53:51
  31. >9

    この説明が分かりやすいかな。気象用語の「前線」は、戦争用語から拝借してきたんだよ。しかも使われだしてからまだ50年しか経ってない。


    福井新聞 - うんちく - 紅葉前線ただいま南下中! 錦秋に関する気象マメ知識
    http://w3.fukuishimbun.co.jp/modules/teach/index.php?page=article&storyid=163
    >気象用語で不連続線のことを「前線」と呼ぶようになってから50年あまりしか経っていません。不連続線が気象学会で発表されたのは、1919年にノルウェーの気象学者、J.ビヤルクネスの「移動性低気圧モデル」という論文です。

    この論文では不連続線のことを「指向線」とか「陣風線」(※1)になっています。1928年にスウェーデンの気象学者ベルシェロンの論文にポーラーフロント(polar front ※2)と出てきます。この論文を1950年に日本の荒川秀俊博士が「寒帯前線」と訳して紹介しました。

    〜中略〜

    ※2 front(前線)は戦争用語です。第一次世界大戦は兵と兵が対峙して戦い、敵と味方の仕切り線を「前線」と言っていました。暖かい空気と冷たい空気の境目は気温・風向などが極端に変化しますので、この用語を借用した訳です。
    ----

    「陣風線」なんかはモロに軍事的過ぎるしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:00:22
  32. >>20
    まぁ、どこがコンピューターの祖先にもよるが、
    最初の目的は国勢調査の自動化だぜ?

    弾道計算機より自動統計機のほうが早い。

    >>29
    そもそも、国家が国民を把握できなくなるので、
    豪族が台頭して、内戦が始まるぜ。

    そうなったら、とりあえずロシアに助けを求める事にするわ、俺w
    でもって、AK握り締めて米軍基地に突っ込…

    おや、誰か来たようだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:06:03
  33. http://www33.ocn.ne.jp/~nicetetsu/namewind.txt
    >陣風線:(じんぷうせん)陣風は突風の意味で
    >     活発な寒冷前線をかつては呼んだ。
    >     (今はつかわれない)

    陣風線は今では気象用語の「gust front」で使われているくらいか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:23:39
  34. 福井新聞 - うんちく - 今年ももうすぐやってくる!梅雨に関する基礎知識
    http://w3.fukuishimbun.co.jp/modules/teach/index.php?page=article&storyid=98
    >温度差のある気団の境を「前線」と言いますが、この仕組みを解明したのは1919年にノルウェーの気象学者ビヤークネスです。当時は指向線とか陣風線と言っていましたが、第一次世界大戦終結の頃で戦争用語の「前線」を借用したようです。

    日本では1950年頃の文献に「ポーラーフロント」を「寒帯前線」と訳したものがあり、前線用語のさきがけになりました。
    -----

    分かりやすいわ、福井新聞の解説は。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:25:48
  35. マスコミ的には「ゲリラライブ」と同じノリで使っているだけで、特に気にしてなかったんだろう。気象庁天気相談所の菊池正所長が神経質すぎるんじゃ・・・

    気象庁 | 気象庁について | 天気相談所
    http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/tenso_index.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:32:42
  36. 言い換え長いよw

    ・・・思想信条を大事にする人は面倒だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:37:35
  37. >>17
    そこで源文先生の出番ですよ!

    ×「迎撃戦闘用意!」
    ○「歓迎委員会の準備だ!」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:41:34
  38. 爆弾低気圧(ボンブ)
    http://kobam.hp.infoseek.co.jp/meteor/bomb.html

    これなんかゲリラよりもっと不味いだろうにw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:43:04
  39. >>27
    今の日本のマスコミだと「拳骨を握って敬礼」にしましょうとか言いそうな気が。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:47:28
  40. 「冬将軍」の語源は、1812年のロシア戦役でのナポレオンのフランス軍の敗退を、イギリスの記者が「General frost」と表現したことであるとされる。

    つまり・・・ジャック・フロスト将軍だったんだよ!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:47:59
  41. 「爆弾低気圧」はテロルを連想させるか?
    http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/01/16/2337248
    >気象庁が天気予報などで使用する予報用語に含まれておらず、
    >現在検討中の改正案にも「不適切」との立場で使用不可になっているとのこと。

    去年、いや二年前か、同じ様な事をやってたんだな。気象庁アホか。一部の左翼が強硬に抵抗しているんだろう、「爆弾低気圧」は国際的な気象用語なのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 09:53:16
  42. じゃあ爆弾ハンバーグは(ry
    こんな危険極まりない食品が街中で平然と(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 10:14:29
  43. >>23,24
    学ラン自粛報道は、サンケイが裏を取らないで、左翼ならこういうことをするだろうとの思い込みで報道したみたいですよ。
    http://d.hatena.ne.jp/pr3/20070831/1188528795#c

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 10:39:07
  44. しかしなぁ…そんな言葉遊びやる前に、まずはちゃんと正規で後継機予算取ってこいって話だよな。
    重要課題推進枠で予算取っても、今後また同じ苦労する羽目になるってのに…ひまわり5号の徹をまた踏む気かこいつらは。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 10:56:12
  45. 気象衛星ひまわり後継を弾道ミサイル早期警戒衛星と機能をワンセットで、って駄目かなぁ。そうとうデカイ衛星になっちゃうけど、どうせ数少ない静止軌道を占有するんだし、纏めちゃおうよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 11:00:29
  46. >44
    だって、中国が気象衛星上げてるんだもん。
    日本は全技術を提供して、中国から気象情報を拝聴するべきなんだよ。

    みたいな?
    誰か言い出さないかなぁ…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 11:00:36
  47. そんな事を言ったら、諺・故事成句の類は、軍事用語由来のものだらけになっちゃいそうな希ガス。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 11:02:39
  48. 「歩行」も「ボランティア」も元は軍事用語だから身障者福祉の現場でも改革(笑)が必要ですな

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 11:07:47
  49. 「観光」なんかは元はスパイ用語だったそうだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 11:26:25
  50. そもそも個人の連想まで気にして言葉作ってたら何も言えないかと。
    平和って言葉も戦争と対にできる訳ですから、人によっては平和という言葉は軍事を連想させる可能性もある訳ですし。何にせよ悩ましいですなw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 12:01:27
  51. ※8
    禁止してるのは読売新聞じゃなくて気象庁のようですぜ
    ちなみに「情報」=「敵情報知」

    Posted by 空気黄泉力0 at 2008年12月26日 12:09:23
  52. 烈風、陣風、強風、疾風、ハリケーン、タイフーン、テンペスト、ラファール・・・戦闘機を思い起こすので使用禁止。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 12:12:24
  53. ちょい昔の朝日の読者投稿思い出した。
    「読売巨人軍」など、野球チームの呼称に「軍」を付けるのは戦争を連想させるからやめるべきだ! とかそんな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 13:12:01
  54. でもゲリラ豪雨に関しては、語感・響きが嫌だ。
    最初につけた人のセンスを疑う。
    もっと良いのは無かったのかなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 13:42:59
  55. 軍事に使われた用語がダメなら、タンクとか大変なことに。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 14:03:38
  56. つか、気象庁の気に入らないウェザーニューズが使い始めたからごねてるだけじゃないかすら。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 14:39:37
  57. だが、待って欲しい(本来の意味で)
    ゲリラ豪雨ってホントに「ゲリラ」?
    局地的にものすごい量の兵力集中をする、というのはゲリラなのかなあ?

    「人民の海」にまぎれて神出鬼没、正規軍よりは全然劣った兵器を使って正規軍の弱点を突く、ってのがゲリラじゃないの?
    その点で「ゲリラ豪雨」ってのはネーミングがよくない気がする。
    軍事アレルギー的な意味じゃなくて。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 15:13:33
  58. それこそ自衛隊ばりにやる気だして排除するならともかく、すぐボロ出すような人がこーいうことを口に出すのは、思想以前に人間性的に無理だわ

    まぁ向こうもNo thank youだろうけど

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 15:14:01
  59. というか、「驟雨」という言葉の立場は…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 15:15:54
  60. 紅白歌合戦は戦争を連想させるので・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 15:46:52
  61. >60
    そういえば紅白歌合戦は終戦直後はGHQの規制で「紅白音楽試合」でしたね。

    Posted by Baatarism at 2008年12月26日 16:19:11
  62. >>60
    冗談抜きで最初の数回(終戦直後)は「歌合戦」じゃなかったはず(合戦は不味いということで)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:23:37
  63. >>60
    実際に最初の数回(終戦直後)は「歌合戦」じゃなかったはず。合戦は不味いということで。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:24:15
  64. すみません二回コメントしてしまいました。
    しかももう言われているorz

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:25:29
  65. でもこういうのを考えると、人間の営みには戦争が身近にあることに気づかされる次第。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:43:28
  66. 医学だって、戦争で進歩したんだし、
    もともと戦いは人間の本能。
    言い換えたって、本質は変わらない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:50:46
  67. きっと、この言葉狩りはコミンテルnうわなにをする

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 16:56:28
  68. ゲリラ豪雨がパルチザン豪雨だったら何も文句つけないと思うんだよな>この人たち

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 17:18:39
  69. >>敵性言語
    C言語とかプログラミングはどうなるんだろう
    開発環境にも悪影響が出そうだw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 17:19:44
  70. 一流マスコミさんはこの話題に乗ってはいけませんね。
    記者クラブに詰めてフロントミッションで踏ん張っている若年記者を、デスクや首脳部は「兵隊」と呼んで、ベテランは昔を振り返ると「ぺぇぺぇの兵隊だった時だよ」と自分を呼びますし、「ありったけの兵隊を注ぎ込め!」とキャップが命令しているそうですから。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 17:43:28
  71. ここまでまさかの救世軍なし

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 18:31:04
  72. メタボリック予備軍と糖尿予備軍に招集がかかりました。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 18:52:18
  73. なんだろ。局地暴雨とかか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 18:57:51
  74. プロ野球で、駿足巧打の一番打者のことを「核弾頭」と呼ぶのは何故なんだぜ?

    十数年前の「週刊ベースボール」の編集後記かなんかで、「この呼び方やめねえ?」って提起してたような。

    Posted by 花な軍 at 2008年12月26日 19:20:45
  75. 旧三菱(現浦和レッズ)の元サッカー選手原博実のニックネームなんてアジアの核弾頭だったり。

    Posted by shiori at 2008年12月26日 19:28:23
  76. 一昔前の高速道路には関ヶ原だのに「ゲリラ吹雪注意!」とでかでかと書いてあったのになあw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 20:13:28
  77. メタボリック集団軍

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 20:15:34
  78. 先日、麻生さんが視察の最中に「しのぎ」という言葉を使ったら
    TBSが「しのぎとは主に暴力団が使用する言葉であり不適切」と文句を入れていたな

    調べたら他のマスゴミも追随していた模様
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081215-OYT1T00072.htm
    http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20081214-440092.html
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081215-00000104-mai-pol

    産経も
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081215/plc0812151819000-n1.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 20:40:26
  79.  つい普通に「突発的豪雨」と呼んでみた(棒読み)。

    Posted by KY at 2008年12月26日 20:43:22
  80. そういや某緑の監督の現役時代のニックネームは「アジアの大砲」だったなあ…
    「人民の大砲」ならいいのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 20:49:08
  81. キャンペーンって言葉は転用の最たるものだと思うんだが,これも排斥するんだろうか

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 20:55:06
  82. ドルフ・ラングレンを日本に定住させるのは核武装ですか?

    前に『轟轟戦隊ボウケンジャー』を観てたら、ヒロイン2人がMP5とM-16で下級戦闘員をやっつける話があって、テレビの前でア然となったっけな(笑)。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2008年12月26日 21:04:30
  83. 毎年、時には神戸とかでも鉄砲水で人が死んだりするのに。ゲリラ豪雨で

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 21:49:21
  84. 思いつきでくだらん言葉狩りして平和主義者を気取るツールにするのはやめてもらいたいね。
    国際的にも日本との用語の相互性が更に損なわれて浮いてしまうだけだ。
    そんなにうるさく言うなら朝日の旭日旗でもたたいておけば?と。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 22:01:50
  85. 経営学方面の人間から言わせて貰えば、経営用語で軍事用語を無くすなんて不可能。
    組織、管理、戦略、どの面をとっても軍事組織のほうが、命が掛かってるだけあって、効率化が進みやすく、
    それを貰ってくることが圧倒的に多いからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 22:03:27
  86. 野球でも軍隊を連想するものはすべて排除する事にしました。
    これからイーグルを連想させるストライクはよし!アウトも殺を
    連想させるのでこれからは「ダメ」にします。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 22:05:58
  87. >>85
    救世軍でもわかる様に軍様式ってのは考え尽くされてるから参考にし易いんだよね。
    そして世界中で軍や兵、戦争絡みの言葉だらけだからなくそうとしたら国語大改革が始まるレベル。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月26日 22:07:59
  88. こういうのが愚かしい事はホホイ語だって指摘してるのにぃ!

    Posted by ハインフェッツ at 2008年12月26日 22:50:31
  89. 気象庁の中の人はまるで思春期のような過敏ぶりですが
    そもそもなぜ「戦争を連想する用語を政府機関が使ってはいけない」のか
    理由が不明です。
    まずそこから説明してもらわないと。

    Posted by モルトケ at 2008年12月26日 23:04:42
  90. 軍事用語は敵性言語って事ですかw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 00:34:36
  91. こういう手合いには同じ口調で「言葉狩りをはじめる気か!そういう提案は
    国際的な共通化で行うべき!国際化から取り残される愚考で思想強要だ!」と
    差別主義者扱いすると慌てて何か言い始めるでしょ。

    軍隊うんぬんではなくて国際的だったり、長年の実績があるというのが重要なだけなんだから。

    大体、政府として戦争を関連する言葉を使う訳にはいかないというのが政治的偏向そのもの。
    戦争は政府の内包物です。人民解放と付けたり毛沢東主義派とかにしたら
    存在が平和的なものになるとかじゃない。内容こそがすべてだ。
    ひどい奴程自分を良く言うものだ。ごまかす為に。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 00:47:47
  92. 今更ながら、雨雲パールハーバーにしてはどうか。中途半端に自虐を交えつつ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 00:51:06
  93. >「戦争を連想させる言葉を政府の機関として使うわけにはいかない」
    広島と長崎の天気予報は?
    継承し、継続している諸々一切合切の人・物・事柄の記載すら支障を来すんですが。

    主観問題。戦争を連想する西暦年号を挙げよ(日本史に限定せず)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 01:39:56
  94. 納豆(710年)食べた平城京
    NATOを連想します、好戦的です!

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 02:50:51
  95. 松浦晋也のL/D: 一転、気象衛星の予算がついた。しかし…
    http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2008/12/post-3474.html

    気象衛星の予算は単独で取れていたみたいだね。かなり変なやり方だったみたいだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 04:06:11
  96. >>86

    どう見ても戦時中です、本当に(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 11:52:40
  97. ビルダーナースはなかなか戦闘的でしたよ。試しに揚げ足取りのコメントを書き込んでおいたら1時間くらいで削除しましたわ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 13:04:34
  98. >97

    専守防衛なんですよ。ご立派な戦闘ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 20:41:35
  99. >97
    それに巻き込まれてか、12/26に書き込まれたコメントと、それに対する管理人のコメントも消されてましたね。

    記事から8ヶ月後でも返事を書いていたので感心していたのですが…。

    まぁ、何処も彼処も気に入らないコメントを容認する所ばかりではありませんし、「論争」するより「無かった事にする」方が『心の戦闘体制は解除できると思』うのでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 21:32:33
  100. 記事で例に上がっている田代大輔のブログに、
    弾丸トラベラーってタイトルを突っ込んだコメントしたら、同様の他のコメントもろとも削除された

    よくあるパターン過ぎて笑ったよ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 22:47:11
  101. 例に上がっている田代大輔のブログに弾丸トラベラーのタイトルを突っ込んだコメント書いたら、こっちも同様のコメントもろとも削除されてたわ。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 22:50:15
  102. 発言ミスったと思ってもう一回書いたら2度書きになってた。正直、すまん

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 22:51:40
  103. >102

    果たしてコレは何分持つだろうか?

    http://plaza.rakuten.co.jp/kisetsunokaze/diary/200812080000/
    >言葉狩り 7743さん
    >「ゲリラ豪雨」や「爆弾低気圧」は駄目で「弾丸トラベラー」は良いわけですか?(2008/12/27 11:46:11 PM)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 23:47:55
  104. >NHKの「おはよう日本」で気象予報を担当した経験もある気象キャスターの
    >田代大輔さん(36)も自らのブログで、「分かりやすければ、どんな言葉を
    >使ってもいいのでしょうか」と疑問を投げかけた。


    気象予報士・田代大輔のブログ
    http://plaza.rakuten.co.jp/kisetsunokaze/diary/200812010000/

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月27日 23:51:30
  105. >103

    今見たらもう消されてたよw 速過ぎ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月28日 01:42:43
  106. ビルダーナースも田代大輔も必死すぎて・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月28日 02:48:59
  107. 「前線」が使えないのであれば、レニングラード包囲線を連想する大阪の地下鉄「千日前線」も使えませんね。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2008年12月28日 10:53:44
  108. そりゃ「まえせん」ですがな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月28日 17:21:25
  109. >107

    大阪人か。大阪は日本のスターリングラードと聞いたが・・・一機撃墜したらしいな?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月29日 00:39:46
  110. いやぁ、言葉狩りなんて百済ないことやってる左巻きのアホなんて消えちまってたと思ったら、いやがるんだねぇwww

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月29日 14:34:07
  111. 百済ない?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年12月29日 23:07:43
  112. 気象庁職員です。

    予報用語、特に災害との関係が深い事象を表す用語には、「その性質を誤解させないこと」ばかりでなく、「他の防災・危機管理用語と紛らわしくないこと」が要求されます。

    「前線」のように気象用語としての語義が定着しているのならともかく、「爆弾低気圧」や「ゲリラ豪雨」の場合、殊にこのご時世では、災害発生(の可能性)の報を受けて配置につくことになる警察・自衛隊関係者から「現場が本当の爆弾やゲリラを連想して対応を誤っては困る」と言われかねないので使いにくい、という事情があります。
    (実際、「爆弾低気圧」については、警察庁からそのような意見があったとのこと)

    こういった中枢レベルでの判断が末端の窓口担当官に正しく伝わらないことがあるのは、ミリタリー趣味を通じて、組織の中でタテマエが簡略化されて伝わる例をご存知の方々には、想像に難くないでしょう。

    気象庁の組合は共産党系なので、「左巻きの誤解」が生じやすいのは確かですが、中枢レベルにまでそれを敷衍するのは、やや軽率かと。

    「あえて誤解する人たち」の洗脳を解くのにも税金は必要ですし、その費用対効果は慎重に検証する必要があります。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月03日 21:57:54
  113. >>112
    50年もたって定着してないと言えるならなんにも定着しませんよ?
    大体、そんなに長く放置しておいて何故今なのか?誰がやろうとしてるのか、
    それによってどういう危急の状況にあるのかを明確にする必要があります。

    ゲリラは混同しやすいので止めてくださいというのが山のようにでも来てるの?
    文句を言っているのは役所関係者ならばどこの誰かはっきりする必要があるなど。
    日本のマイナールールならまだしも、国際的に使われているものは一部の人たちの
    趣味で左右されるべきものではありません。

    まるで改正こそ善で意義を申し立てている市民側が洗脳されて誤解する人たちと
    されてるのも逆に何かの思想的なものを感じるのですが。

    また、反対投書や関係者への意見運動でもやろうかという話が出てきた所で
    実は中枢は関係ないですだから正しいのですなんて話も変な話です。

    ご本人が思想的な事をおっしゃっていますから。文句があるならば
    我々ではなく、突然変な発言をされたご本人にくだらない政治的な
    発言するなとおっしゃられた方がよろしいかと思います。
    共産党系が多いから疑ってるなんて程度の低い話はあまりみかけませんよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月04日 03:20:51
  114. 特にここは国際的なスタンダードが尊ばれるサイトの様ですので。
    ミリタリー趣味だからとか変な理解をされてる方が適当な思いつきで
    世界と乖離した無駄な改革とやらに税金をつぎ込み、関係各者に
    訂正等の混乱をおこさせ、メーカーや各種天気関係の方々に余計な
    出費を強要されない様に私も願っております。

    その予算と情熱でもっと先にやることがあるんじゃないの?とも思っておりますが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月04日 03:25:26
  115. 使われていた年数=定着度、という前提は反証不可能な定理ですか?

    「爆弾低気圧」や「ゲリラ豪雨」が、学術界や通俗入門書レベルでどれだけ長いあいだ使われていようが、昨年まで、日常会話レベルでどの程度人口に膾炙していたでしょうか?
    むしろ、にわかに認知されるようになったからこそ、新語・流行語大賞に輝いた=それまで世間に定着していなかったといえるのではないですか?(cf.ライフライン」)

    気象庁が今になって用語に神経を使うようになった理由としては、技術開発のロードマップとして、局地的短時間大雨の捕捉・予想が平成22年度あたりから実用段階に到達し、また、市町村ごとの警報発表も予定されていることから、

    「本当の爆弾やゲリラによるものと間違われないように局地的な突風や豪雨による災害の危険性を前触れする」

    という課題が現実のものになったことがあります。

    これは、警察や自衛隊の対応を誤らせないという国家的な政策目的に沿って考慮されるものですから、本質的に投書や国民投票で決すべき性質のものではありません(むろん、職員の趣味など加味する余地もありません)。

    いっぽう、学術や通俗的な解説の世界で用いられる簡略な用語としてなら、テロや戦争と紛らわしくても何ら問題はなく、実際、気象庁もこれらの方面で「爆弾低気圧」「ゲリラ豪雨」などの語を使うことについては、気象庁の職員が使う場合も含めて、何らの制限/言葉狩りもしていません(というか、権限がないので不可能です)。

    あるいは、「天気相談所所長」という職が気象庁の公式見解を語りうるほど重いものだと誤解されているのかもしれませんが、現実には、天気相談所所長というのは、映画『252』で温水洋一さんが演じておられた役に毛が生えた程度の職責しかなく、新聞に何を語ろうが、それは彼の個人的見解を出るものではありません(国家公務員法に触れるほど常識を外していれば別ですが)。

    そもそも、組織に所属して活動(それこそ中学の部活動レベルででも)された経験がおありなら理解していただけると思いますが、末端の構成員全てが、組織のトップの判断や思想を、いかなる曲解もなく正確に説明できるでしょうか?

    古い思想(組合のオルグを含む)や仕事のやり方に捕らわれて理解の枠組がおかしくなった人間を抱えているのはひとり気象庁だけではありませんし、それを矯正するために現場の戦力を一時的にせよ最前線から下げることのリスクが官民でそれほど極端に違うとは思われません。
    (それでも矯正を強行すべきだ、というなら、我々は、血税を預かる立場として、それを「世界と乖離した無駄な改革」と呼ぶでしょう。)

    そして、組織として、末端職員による曲解の防止=洗脳の解除を行うことがほぼ不可能なのは、軍人の証言や兵器の開発過程に触れておられる方には常識だと思います。

    この程度のことが「ミリタリー趣味者に対する高すぎる要求だ」とおっしゃるのなら仕方ありません。

    行政の現場にいる者としては、正直、あの記事程度の内容を深読みして「アイゴー、ウリたちミリヲタは言葉狩りの被害に遭ったニダ。気象庁は謝罪しる」と騒ぐ人たちのほうがよっぽど迷惑です。

    Posted by 112 at 2009年01月04日 22:52:49
  116. 深読みも何もはっきり書かれているじゃないか。

    >気象庁天気相談所の菊池正所長は「戦争を連想させる言葉を
    >政府の機関として使うわけにはいかない」ときっぱり。

    この発言は「防衛省だって政府の機関の一員」という事を無視するものだね、深読みしなくてもそうとしか読み取れない。

    気象庁はさっさとこの馬鹿を処分してくれればいいよ。

    >よっぽど迷惑です。

    気象庁さんは防衛省への迷惑を何だと思ってるわけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月04日 23:38:04
  117. >115
    >「爆弾低気圧」や「ゲリラ豪雨」が、学術界や通俗入門書レベルで
    >どれだけ長いあいだ使われていようが、昨年まで、日常会話レベル
    >でどの程度人口に膾炙していたでしょうか?

    アメリカじゃあ、爆弾ハリケーンの事を「ボム」とだけ呼んでますよ。日常的にボムボム言ってますね。

    >「本当の爆弾やゲリラによるものと間違われないように局地的な
    >突風や豪雨による災害の危険性を前触れする」

    馬鹿らしい話ですね。911テロが行われたアメリカで気象用語でボムボム言ってるんですよ。

    『「爆弾低気圧」はテロルを連想させるか? 』
    http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/01/16/2337248
    >テロに対する緊迫感は日本以上と思われるアメリカの報道でも使用されている

    この状況でなんで日本で使っちゃいけないことになるのやら。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月04日 23:44:02
  118. 簡単に。

    >116
    職責(+それに応じたマインドセット)から考えて、天気相談所長の言が気象庁の公式見解を反映したものであることが保証できないことについては>115で説明したとおり。

    気象庁が「爆弾」や「テロ」という言葉を使ってしまうほうが防衛省に迷惑がかかる可能性があるという責任ある行政判断がなされていることについても同様。


    >117
    日本はアメリカとは歴史も文化も違う独立した国家だということをご理解ください。
    もし(あなた方にとって)めでたく日米が文化圏として統一された暁には、その論理も考慮に値するようになるでしょう。

    Posted by 112 at 2009年01月05日 23:24:31
  119. >118
    >天気相談所長の言が気象庁の公式見解を反映したものであることが保証できない

    ではその事を明確に発表し、菊池正所長を更迭処分にせよ。

    >気象庁が「爆弾」や「テロ」という言葉を使ってしまうほうが
    >防衛省に迷惑がかかる可能性があるという

    防衛省はそのような要望を出していない。そんな事よりも防衛省が政府の機関ではないかのような発言をした気象庁の暴言に対する説明責任を求める。

    >日本はアメリカとは歴史も文化も違う独立した国家だということをご理解ください。

    爆弾低気圧は既に国際的な定義も定まっている学術用語である事をご理解下さい。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月05日 23:29:16
  120. >115
    >行政の現場にいる者としては、正直、あの記事程度の内容を深読みして「アイゴー、ウリたちミリヲタは言葉狩りの被害に遭ったニダ。気象庁は謝罪しる」と騒ぐ人たちのほうがよっぽど迷惑です。
    -----

    フーン、喧嘩を売りに来たの、気象庁さんは?

    迷惑なのは防衛省を侮辱したアンタらの方なんですけど?

    深読み? 何処が? 見たまんまだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月05日 23:32:24
  121. >>118
    >日本はアメリカとは歴史も文化も違う独立した国家だということをご理解ください。
    >もし(あなた方にとって)めでたく日米が文化圏として統一された暁には、
    >その論理も考慮に値するようになるでしょう。

    他国ではこの言葉はこのように使われている、という例を出しただけなのに、程度の低い煽りをカマしてくるとは良い度胸してるよね。要するに他国の例を論理的に否定できないからそういう子供じみた反論をするしかないって事なのかな?

    自分達の領域が自分達の思い通りになるという幻想は持つべきじゃないと思うよ。民間の気象予報会社「ウェザーニューズ」あたりを目の上のたんこぶ程度に思っているなら仕方ないが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月05日 23:38:39
  122. >「本当の爆弾やゲリラによるものと間違われないように局地的な突風や豪雨による災害の危険性を前触れする」
    >という課題が現実のものになったことがあります。

    これは関係各所にガイドラインを通知すれば良いのでは?

    >そして、組織として、末端職員による曲解の防止=洗脳の解除を行うことがほぼ不可能なのは、軍人の証言や兵器の開発過程に触れておられる方には常識だと思います。

    素人意見ですが、不可能だからと諦めたらそれこそ曲解や誤解が拡散する元だと思います。
    新聞に取り上げられるなど注目される今こそ末端レベル、或いは市井レベルまで曲解や誤解を取り除く機会ではないでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月05日 23:59:28
  123. >そして、組織として、末端職員による曲解の
    >防止=洗脳の解除を行うことがほぼ不可能な
    >のは、軍人の証言や兵器の開発過程に触れて
    >おられる方には常識だと思います。

    所長さんを指して「末端の職員」だからと言い訳するのは見苦しいよ。それが例え閑職であったとしても、マスコミに登場しておかしな発言をしたという事実だけで問題となる。一般市民は当然、所長さんは偉い人だと思ってるのだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月06日 00:13:41
  124. そもそも天気欄を見てゲリラ発生だ!爆弾だ!と慌てるとか、国際的にも思われてませんから。
    変な思想に毒されたか外部から働きかけられた無能な働き者ががんばってるだけでしょ。
    だから今までも長々放置されてた訳。くだらなすぎて相手にされなくてな。
    そこまで持論に自信があるなら国際的な天気関係の発表の場で提案でも
    してきてから考えた方がいいよ。良い笑いものになるだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月06日 01:02:53
  125. 痛過ぎる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月06日 02:02:57
  126. >>天気相談所長の言が気象庁の公式見解を反映したものであることが保証できない
    >ではその事を明確に発表し、菊池正所長を更迭処分にせよ。

    >所長さんを指して「末端の職員」だからと言い訳するのは見苦しいよ。それが例え閑職であったとしても、マスコミに登場しておかしな発言をしたという事実だけで問題となる。一般市民は当然、所長さんは偉い人だと思ってるのだから。

    他に適当な担当者がいることを知りながら/知りえながら、公式見解を述べてくれることが保証されていない相手に取材した新聞屋のケツを拭けということでしょうか?
    確かに、最近は「職員全員が広報マインドを持つように」とは言われていますが、そのための訓練・再教育に必要な体制も資金も整えられていない以上、庁として今回程度のものを処分の対象にする制度的・倫理的根拠はありません。


    >防衛省はそのような要望を出していない。
    >防衛省が政府の機関ではないかのような発言をした気象庁の暴言に対する説明責任を求める。
    >迷惑なのは防衛省を侮辱したアンタらの方なんですけど?

    あの程度を暴言だと解するほど防衛省は落ちぶれてもいないし臆病でもない、ということが確信できるくらい、気象庁と防衛省は実務上の交流があり、要望の把握にも努めています。
    それでも、防衛省の偉い人に「あれは暴言なんです」とでも吹き込んで気象庁との仲を裂く意義がはたしてあるのでしょうか。


    >爆弾低気圧は既に国際的な定義も定まっている学術用語である事をご理解下さい。

    学術用語をそのまま防災気象業務に使うにあたってのハードルについては説明済みです。


    >他国ではこの言葉はこのように使われている、という例を出しただけなのに、程度の低い煽りをカマしてくるとは良い度胸してるよね。要するに他国の例を論理的に否定できないからそういう子供じみた反論をするしかないって事なのかな?

    そちらの意図を「程度の低い煽り」と曲解してやりかえすかたちになってしまった段、お詫びします。


    >自分達の領域が自分達の思い通りになるという幻想は持つべきじゃないと思うよ。

    気象庁が「思い通りにしようとしている」領域は、非常に狭いものです。学術用語や民間気象会社の予報用語まで規制しようとしている、と感じられているのだとしたら、それこそ幻想(+元記事のミスリード)です。


    >関係各所にガイドラインを通知すれば良いのでは?

    そのガイドラインを(むろん、警察や自衛隊とも調整しながら)作るうえでの考慮事項のひとつが「本物の戦争やテロと間違えられないように」ということです。
    むろん、局地的短時間大雨に関する気象情報の実用化までには調整の余地がまだまだあります。例えば、交通政策審議会気象分科会でこの件の検討が始まるのは今週の木曜日だったりしますし、最終的に予報用語の新設改廃が必要だとなれば、気象庁Webサイト等を通じた一般からの意見募集も行われることになろうかと思います。

    Posted by 112 at 2009年01月06日 02:43:04
  127. >126
    >他に適当な担当者がいることを知りながら/知りえながら、
    >公式見解を述べてくれることが保証されていない相手に
    >取材した新聞屋のケツを拭けということでしょうか?

    言い訳が回りくど過ぎるな。所長は所長としての説明責任を果たせ、と言っている。

    >そのための訓練・再教育に必要な体制も資金も整えられていない以上、
    >庁として今回程度のものを処分の対象にする制度的・倫理的根拠はありません。

    で、今後ともアホな発言を繰り返す、と。別の処分しなくても構わんわ、このアホ所長に釈明させろ。「防衛省は政府の機関じゃないんですか?」ってね。

    >あの程度を暴言だと解するほど防衛省は落ちぶれてもいないし
    >臆病でもない、ということが確信できるくらい、気象庁と
    >防衛省は実務上の交流があり、要望の把握にも努めています。

    自分勝手な思い込みで相手は許してくれるに違いない、というわけか。なんたる御都合主義w

    >「本物の戦争やテロと間違えられないように」ということです。

    天気欄を見てゲリラ発生だ!爆弾だ!とか国民が勘違いすると思ってるなら、それは相手を馬鹿にしてるんじゃないか?

    アメリカでは天気欄でボムボム言ってるぜ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月06日 03:06:37
  128. 誤解の仕方が合理的な部分についてのみ。

    災害につながりうる現象を表す用語についての優先事項は、防災機関(警察、自衛隊等を含む)がとっさの場合に他の現象・災害と取り違えず、また、発生しうる災害の様態についての誤解を避けることです。

    防災機関への通報はまさに緊急ですから、末端までの間の伝言ゲームで本物のテロや戦争に化けるリスクを避ける必要があります。

    また、「爆弾低気圧」の場合、これによって発生する現象が必ずしも竜巻などの瞬間的・短時間のものに限られないことからも使用が避けられています(「ゲリラ豪雨」についても同様の違和感を持つ人が気象庁の内外にいます)。

    このようにして防災機関向けに選定された用語と一般市民向けの用語とをわざわざ分ける意味はないため、気象庁発の情報では「テロ・戦争と紛らわしい」用語が避けられ、新聞の天気欄などにもそれが反映されうるわけですが、そちらはあくまでも派生的な結果です。

    つまり、もっぱらマスコミ経由で予報・警報に接する層における勘違いの可能性は、さほど考慮されていません。

    よって、たとえ民間の解説者やアナウンサーが「これは爆弾低気圧/ゲリラ豪雨です」などと言ったところで、それに対する気象庁の反応は、天気相談所長の発言に対する防衛省の反応と同じものになるでしょう。

    Posted by 112 at 2009年01月06日 07:42:55
  129. >それに対する気象庁の反応は、天気相談所長の発言に対する
    >防衛省の反応と同じものになるでしょう。

    まるで的外れ。対比になってない。もう少し論理的にお願いします。つーか気象庁の中の人といってもピンキリだね。所長さんはアホだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月06日 18:04:21
  130. >>128
    いつの時代の話だよ。現代は双方向通信だし、防災出動と治安出動要請は明らかに別物。
    伝言ゲームで気象情報の伝達がデタラメなゲリラ出現治安出動要請になってしまうなんて方が
    ちゃんと仕事してるのかと馬鹿にされるだけの話だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月07日 03:17:03
  131. 紛らわしい用語なんてのはいくらでもあるが、ことさら戦争に関するものを
    政府がうんぬんと政治的な発言で一部だけに固執してこういうのも沸く様だと
    やっぱり日米限定軍靴過敏アレルギーを発症してるだけじゃないの?という気もするが。

    所長の発言が「まぎらわしい」ではなく「戦争を連想させる言葉を
    政府の機関として使うわけにはいかない」と言ってるのが馬脚を表してる。

    君たちは思想の押し付けをしたいだけで気象用語の全般的な改善を
    まったく考えていない。警察うんぬんも一部の馬鹿が国際的な標準を無視して
    言ったのを都合よく利用して自説補強に活用してるだけじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月07日 03:21:52
  132. >>112の人
    とりあえず…。
    >(実際、「爆弾低気圧」については、警察庁からそのような意見があったとのこと)
    この情報のソースを教えて頂きたい所ですね。

    それか
    >交通政策審議会気象分科会でこの件の検討が始まるのは今週の木曜日
    だそうですけど、当然ながら警察庁からの意見と言うのも情報源を明らかにした上で討議されるんですよね?

    上記の二点の内どちらかの情報が明らかになれば、少なくとも気象庁が勝手に言い出した事では無い事が証明出来るのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月07日 11:00:50
  133. classic car insurance put free car insurance quotes 83770

    Posted by WdkFQfkWZEQoSR at 2012年03月22日 01:15:13
  134. car insureance 35437 auto insurance rates =-[[[

    Posted by DCIkDNmhbUAqgGQ at 2012年03月23日 22:21:03
  135. car insurance =DDD ultram %-]]

    Posted by OMyeRiKdEaOdlSebG at 2012年03月30日 21:00:14
  136. buy ms site tramadol 43333 accutane opuipw

    Posted by aNjKMiqOG at 2012年04月01日 17:27:42
  137. free car insurance quotes 85705 cialis 723038

    Posted by GNMXJUSIamAvxMba at 2012年04月07日 18:12:49
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。