2009年01月27日
航空自衛隊は無人偵察機を導入する方針を固めました。試作研究用の機体をそのまま採用、配備する方針です。


離島有事に無人偵察機 防衛省、21年度導入へ:産経新聞 2009年1月24日
無人機開発は、防衛省で自衛隊装備の研究開発を担う技術研究本部が平成16年度から「無人機研究システム」として実施してきた。開発経費は103億円で当面の開発予定は4機。機体は全長5・2メートル、全幅2・5メートル、高さ1・6メートル。最大飛行高度は約12キロで、敵のレーダーに探知されにくいステルス性もある。

無人機はF15の翼の下に搭載され、偵察地域に近づいた段階で切り離されて発進後、無人での自律飛行に入る。ラジオコントロール方式の遠隔操作ではなく、事前に設定されたプログラムに沿って飛行。GPS(衛星利用測位システム)で位置を補正しながら偵察し、終了後は滑走路に自動着陸する。


この記事だけだと4年前から研究開発を始めたように読み取れますが、実際には「無人機研究システム」の以前から「多用途小型無人機」という名称で1995年から開発が始まっています。通称はTACOMです。もうかれこれ14年も研究してきた、古くからある計画で、当初は試作研究用で終わり、実戦配備するにしても現場からの仕様要求を踏まえて新たに開発し直すのだと思っていましたが・・・ターゲットドローン(標的機)としてならともかく、偵察用にそのままの形で配備するとは思っていませんでした。

実はこれについて5年以上前に朝日新聞経由で人民日報が報じています。


防衛庁、小型無人機を本格開発 不審船の偵察想定 :人民日報 2003年9月22日
無人機は95年度から技術研究本部で基礎技術の研究を進め、すでに原型となる試作品は完成。04年度予算の概算要求には開発経費3億円を計上した。自動滑走着陸できるようにしたうえで、試作した無人機を使って活用方法を探るほか、関連装備も開発する。この無人機は全長約5メートルで、F15戦闘機に搭載して空中で発進。ジェットエンジンで高度1万メートル前後を飛行し、数百キロの航続距離性能を見込む。


これは朝日新聞の記事を提携している人民日報が丸ごと転載したものです。つまり書いたのは朝日新聞ですが、今回の産経新聞の記事よりよほど詳しいです。なお防衛省はTACOMを不審船対策に使えると主張していますが、運用形態や機体性能を見る限りそのような使用目的には全く向いておらず、単なる予算獲得の方便に過ぎないと思います。

当初、TACOMは空中発射されて偵察任務を終えた後、パラシュートとエアバッグにより洋上に着水して回収される方式でした。これは後に「無人機研究システム」の時に基地への無人自動着陸方式へと改められています。この際に車輪式着陸装置を付けたりと様々な改修を行った結果、機体が若干大型化しています。パラシュート回収方式の時は全長4.7m、重量620kgだったのが、着陸装置を付けた事などにより全長5.2m、重量700kgまで増えています。また、「多用途小型無人機」の頃は主翼を折り畳み空中投下後に展開する方式でしたが、現在は取り止められているようです。主翼途中で上に跳ね上げてあるのに、どうやって落下中の空気抵抗に負けずに展開するのか謎な仕様でしたが、やはり無理だったようで・・・エンジンも途中で変更されているらしく、テレダイン製からアリソン製になっているようなのですがちょっと詳しい確認が取れません。ただ、以前には推力450kgだった表示が今ではそれより上がっているので、エンジン変更による出力向上があったようにも見受けられます。


chf_pack解説-TACOM
機体概要
全長:5.2m
全幅:2.5m
全高:1.6m
エンジン推力:約0.5t
重量:約0.7t
速度:遷音速


ターボファンジェットエンジンのエアインテイクを機体上面に設置するデザインはUAV(無人機)の定番といっても良い形です。人が乗ったコクピットを考慮せずに済み、空戦機動を行わないので大迎え角での飛行状態を考えなくて良いなら、自然とそうなります。RQ-4グローバルホーク、EADSバラクーダ、アレニアSky-Xなど、ターボファンジェットエンジンを搭載するタイプのUAVは多くがこの形式です。

このスペックを見て分かる事は、TACOMはあまりUAVらしくないな、という点です。機体サイズはストームシャドウ巡航ミサイルと同等で、それでいて重量は半分強、エンジン推力は同等です。つまりTACOMの巡航速度はストームシャドウ(1000km/h)より速いと見るべきですが、超音速までは出ないでしょう。TACOMはデルタ翼を採用しており、幅も短く、滑空性は全く良くありません。UAVとして長距離・長時間飛び続けることを目指しておらず、高速性を持って強行偵察任務を達成しようという腹積もりなのでしょうね。その為に主翼は小さく、エンジン出力は機体重量に比して高い機体です。他のUAVとは性格がかなり異なります。

グローバルホーク(最大重量12トン)やバラクーダ(最大重量3.25トン)はTACOMの最大重量700kgと比べると機体規模が違い過ぎますが、アレニアSky-Xは最大重量が1.1トンでエンジン推力430kgと、結構近い数値です。しかしSky-Xは全長7mに対し全幅6mと、TACOMに比べて十分な主翼の長さと面積を確保しており、航続力と滞空時間はこちらの方がかなり上になる筈です。

UAV Sky-X simula rifornimento in volo | DN - DifesaNews

上のイタリアサイトにSky-Xの上から見た構図の写真があります。Sky-Xは空中発進のTACOMとは違い、発進も基地から自力で滑走離陸を行います。

下は両者の比較図です。

比較

大きさや重量はTACOMの1.5倍あるSky-Xですが、それ以上に主翼形状の差から両者のコンセプトの違いが分かります。


02時42分 | 固定リンク | Comment (188) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1.  どっちかと言うとまるで巡航ミサイルみたいな感じですね、TACOM。
     尖閣諸島などに攻め込んできた中国軍の橋頭堡へ強行偵察させる様な感じでしょうか、運用方法は。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 03:56:55
  2. 実は将来の巡航ミサイル転用を考慮に入れた設計だったりして。

    実際、ALCMに似てるし、開発経緯や運用方式もよく似てる…。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 04:36:24
  3. F-15に運んで貰うことで偵察空域までの移動時間を短縮し、切り離し直後から高高度高速度巡航でさっさと偵察して帰るコンパクトなUAVか・・・

    のんびり飛ぶ大型のUAVの真逆だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 06:41:23
  4. 前々から思っていたのですが
    何らかの理由でUAVが仮想敵もしくは敵国に鹵獲された場合
    技術を流出をどうやって止めるのでしょう?
    自爆装置みたいなのが装備されてたりするんですかね?
    それとも鹵獲されるということ自体がありえない?


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 07:24:39
  5. とりあえず、フリップナイトシステムきぼん

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 07:38:17
  6. >>4
    空飛ぶ飛行機をどうやって鹵獲すると言うのだね・・・
    ミサイルや高高度まで届く機銃で撃ったら木っ端微塵ですが
    仮に妨害電波出してもプログラムで自動的に帰るし

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 07:43:16
  7. 2機完成と産経には書いてあるが実際は3機あるみたいだね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 08:09:37
  8. ま。報道は報道として。
    何故にこの形かについて考える必要があるでしょう。日本ならではの事情があるからに他ならないんですけど。既存のUAVでは運用上にも運行上にも問題があります。

    Posted by さむざむ。 at 2009年01月27日 08:16:10
  9. メインコンストラクターはなk…富士重工ですか。
    研究の成果が実りましたなあ。結構長いこと自律着陸の研究してたんですよね、あそこ。

    探してみたら、人民日報にこんな記事が…

    離陸から着陸まで完全自動 富士重工が飛行実験成功
    http://j.people.com.cn/2003/08/29/jp20030829_31962.html


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 09:16:21
  10. なんかUAVというより、X-15に似てるなあ・・・関係ないだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 09:30:17
  11. まあ、巡航ミサイルの研究なんて、そのままで予算獲れない。
    予算獲得の為の詭弁で偵察用なんでしょう。

    テポドンをMDで迎撃するにも
    じゃんじゃん撃たれたら無理だし、それだけ撃たれたら。
    世論も専守防衛固持なんて吹っ飛ぶ、その時手段が無いんじゃあ困るじゃん。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 09:39:27
  12. これが将来的にはRF-15Jの装備になるんだろうか。
    何か巡航ミサイルとかARMみたいなのを作るような話もあったような。

    >>4
    弾片によるダメージやマシントラブルで不時着してそのまま捕獲、みたいなことも考えられるけど、その時には、勝手に開けられたら中のソフトだのデータだのを吹っ飛ばすギミックを仕掛ければいい訳だし、偵察で得た情報はリアルタイムで母機か基地に送信する仕組みだろうし。
    あまり気にすることはないかと。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2009年01月27日 10:04:22
  13. >>3
    何て言うか神風思い出すな、その運用法って。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 10:19:49
  14. >つまり書いたのは朝日新聞ですが、今回の産経新聞の記事よりよほど詳しいです。

    って言うほどでもないよな。
    産経を叩きたいだけだなw


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 11:16:08
  15. 機体規模は違うけど、M-21(SR-71)とD-21無人偵察機のコンビみたいですね・・・(^_^;)

    Posted by みづせ@黒書刊行会 at 2009年01月27日 11:29:21
  16. 滞空型ではなく、有力な敵勢力にたいする強行偵察を主眼とするUAVですか。
    この手の偵察って一定の需要があると思うのですが、どうしてこれまでUAVが無かったんでしょうかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 12:20:28
  17. プレデターみたいにミサイル積んで偵察ついでにぶっ放して帰ってくるみたいなのもできるようにならんかな
    「イーグルアイ」のプレデターみたいなとんでも飛行(幅ぎりぎりのトンネル内を飛行)とか。

    ターミネーター4のトレーラーを見たんで無人兵器と聞いただけで夢が広がりんぐ
    また一歩ジャッジメントデイに近づいたか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 12:40:40
  18. >>12
    不時着させるくらいなら垂直に墜落させて自分から木端微塵になった方が早くない?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 12:44:05
  19. >>16
    有人機で足りていたから、わざわざつくらなかった、とか…
    どうなんでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 12:58:06
  20. このような翼形だと着陸速度がかなり速くなって、自動着陸の難易度が格段に高くなる気がするのですが、その辺はどうなんでしょうかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 13:28:40
  21. 対レーダー用巡航ミサイルの研究も兼ねている
    って某ハムスターページには載っているけど

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 13:29:25
  22. >>16
    強行偵察する以上ある程度攻撃を受ける=回避機動を取ったり戦術的判断が必要があるからでは?
    ただ漫然と飛行するだけではただの的。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 13:32:15
  23. >>22
    なるほど。確かにそうですね。
    とすると、TACOMも同様のリスクを抱えるわけですから、なんらかの自動回避あるいは戦術判断を行えるシステムが組み込んである、ということでしょうかね?
    母機がF-15ということは、母機側が戦術判断を行うとはほぼ考えられませんし…。

    Posted by 16 at 2009年01月27日 14:10:57
  24. UAV開発したい+巡航ミサイル研究予算欲しい+無人機運用したい
    って感じでしょうか?
    他国に似たタイプが無いのは技術の無い国には金がかかり過ぎるのとある国はイラクやアフガンの状況に向いたUAVに予算とかを回してる感じじゃないですか?

    空自がグローバルホーク導入検討とかゆー話が昔あった気がするけどやっぱり無理があって流れたのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 14:15:41
  25. UAV開発したい+巡航ミサイル研究予算欲しい+無人機運用したい
    って感じでしょうか?
    他国に似たタイプが無いのは技術の無い国には開発費が高いのとある国はイラクやアフガンに向いたUAVに予算とかを回してる感じじゃないですか?

    以前空自がグローバルホーク導入検討とかゆー話があった気がするけどやっぱり無理があって流れたのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 14:16:19
  26. グロホに相当するのはairboss搭載のHALE-UAVじゃないのか?
    767相当の翼幅で高度25km辺りを巡航、弾道弾や巡航ミサイルをサーベイするやつ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 15:28:29
  27. >14 まあ確かに、その一文は余計だわな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 15:30:02
  28. TACOMの偵察機材を降ろしてですね
    この弾頭をですね


    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年01月27日 16:15:59
  29. どう見ても巡航ミ…いえいえちゃんとした無人偵察機ですね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 17:49:27
  30. 昔ソ連のベアのバリエーションのひとつに
    こういうごっついミサイル積んだのがありましたよね。
    通称カンガルーとかいわれてたやつ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 17:56:11
  31. 巡航ミサイルみたいなナリで足が速いUAVというと旧ソ連のTu-123があるな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 18:00:09
  32. 巡航ミサイルを作りたいなら88式地対艦誘導弾ファミリーを発展させた方が効率いいんじゃないかな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 18:15:01
  33. ・・・これ何に似てるかと思ったら、AS-4キッチンに似てるんだね。

    エンジン推力以外は形も重量もそっくりだし。


    自衛隊は超音速巡航ミサイルを作ろうとしてる!・・・のかなw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 18:17:39
  34. 他のUAVには真似の出来ない高速進出性能を、進出を高速の母機に依存する事によって獲得し、
    他のUAVには真似の出来ない高速巡航性能及び悪天候下における飛行安定性と引き換えに失った滞空時間と航続距離は、進出を母機に依存する事によってある程度補完されると、そういう事でいいのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 18:50:15
  35. >34
    いかにも自衛隊的。ワンポイント豪華主義。
    贅沢とも貧乏くさいとも取れる面白い機体だな。
    嫌いじゃないぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 18:58:07
  36. 何かと思えば「多」用途「小」型「無」人機の多小無ことTACOMか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 19:12:43
  37. >>18
    いや、翼や舵にダメージを受けた場合、きちんと大破するように落ちてくれない可能性があるから、やはり勝手に外装を開けると中のデータを全消しするような自爆プログラムをあらかじめかけておくのが確実ではないかと。

    そういえば、He-111の背中から発進する有人ロケット偵察ドローンを大戦中にドイツが作ってたような。
    前に出たD-21やこれは、その末裔になるのかな?

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2009年01月27日 19:23:22
  38. 小さいって事は値段も安いのかな?
    単純に他のUAVと比較出来無いだろうけどちょっぴり気になる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 19:28:48
  39. >>8
    既存のUAVをRQ-1やRQ-4のようなものだとすると、それらは、基本的には動力付きグライダーに近いものと聞いています。
    これが問題になる運用と運行となると、海上の風のような気象条件と、日本周辺の空の過密さがかかわりそうな気がします。
    この無人偵察機は、それらの元でも活動できるようデザインされたゆえに、この形ということでしょうかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 19:55:55
  40. とりあえず結論として何が言いたいのかいまいちわからない記事ですね
    ひょっとしてまだ書きかけかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 20:07:11
  41. 脚付きの推力は解説中では四捨五入して書いてあるだけでアドオンの設定は0.45tとしてるモサリ
    P-1/F7-10の様に定格推力に確たるソースが無い状況での暫定値なので御勘弁モサリ
    燃料や速度等についての設定情報も同様モサリね

    80kgも太ってエンジンそのままだろうかと思う一方で単なる実証機(で終わる筈だった)にそこまで予算注ぎ込むだろうかとも思う訳で謎モサリ
    調達資料浚ってけば何か出てくるモサリかな

    Posted by CHF at 2009年01月27日 20:07:55
  42. え、結論?はて、TACOMの翼形状、面積、エンジン出力の紹介がそれでしょ?

    これだけの情報があれば幾らでも議論できるよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 20:21:58
  43. >>16
    長時間滞空方式UAVを装備している国々は、完璧とも言える航空優勢の状態を確保・維持できるからではないでしょうか。

    日本はそれが困難なため、こういうった強行偵察式を指向しているのかもしれません。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 21:52:56
  44. 当初は海に落として回収する方針だったように、半ば使い捨て覚悟の強行偵察用の機体だからね。あの主翼形状もそういうこと。明らかに速度優先で航続力を犠牲にしている。

    日本の戦略環境では、戦術偵察に鈍足のUAVを
    向かわせたら偵察以前に撃墜されてしまう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:07:58
  45. まあ、F-15搭載で折りたたみではないから翼サイズは仕方ないかと。

    たたき台みたいなものでこれで発展を終わらせる訳でもないでしょうし、
    コンパクトにまとめてみたという感じじゃないかな。

    海賊船対策については艦船からの発射機利用による運用が出来るかどうかだねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:43:16
  46. 日本は比較的哨戒機等が数多いからね。これに頼るという事はなんらかの緊急性がある訳で。
    また、米軍みたいにテロリストを警戒してグルグルって訳でもないからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:45:36
  47. 鈍足・長時間滞空型の戦術UAVはイラクやアフガニスタンでのフォースプロテクションのような任務に最適で、
    専守防衛の自衛隊としては有力な敵を想定した高速強行偵察型戦術UAVを開発したってとこでしょうか。

    海洋監視のUAVだともう1、2クラス上の機体規模が必要で、別システムになるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:47:43
  48. >>45
    海賊船対策にTACOMを使うのは、コストパフォーマンスが悪すぎると思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:47:58
  49. コメント48
    すみません。>>47でした。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:49:03
  50. とはいえ、実運用でノウハウ蓄積せんと、どうにもならんじゃろ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:49:52
  51. >45

    最初は折り畳みだった。

    http://www10.plala.or.jp/strgzr/special/tacom/tacom.html

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 22:55:50
  52. 実際に運用するときはXP-1あたりでするんだろうな
    http://www.heinkel.jp/yspack/ysf_tacom.html

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 23:13:05
  53. >>48
    なにも常用しろってんじゃなくて必要な時に緊急手段として使えって事では。
    通常任務ならヘリでいい。でもヘリじゃ遅いとか危険って時に試す価値がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 23:14:28
  54. >>51
    翼を拡大するにしてもF-15搭載じゃとりあえず展開に成功しとかないと・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月27日 23:16:56
  55. 試作機をそのまま配備って、まんまガンダムですね
    配色もそれっぽいですし

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 01:17:21
  56. いや、ガンダムは試作機そのものを戦闘に参加させてる。
    こっちは試作機と同じ仕様で量産するんだ。
    つまり、GMを開発せずに、ガンダムを量産してる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 05:45:39
  57. 戦後60年以上を経て、桜花で培った経験を漸く生かせるのですな
    桜花の訓練してたけどその前に終戦して悔しがってた爺さんに伝えてやろうか…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 07:31:27
  58. ゴーストV9?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 08:05:47
  59. 小生思うに、投下後空中主翼展開は男の浪漫です。

    頑張れ技研

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 08:42:23
  60. ・・・巡航ミサイルだな。
    こういうアクロバティックな手順を経ずに、もっとこう素直に必要性の議論や開発ができるようにしないと、ただでさえ軍事関連は魑魅魍魎が跋扈し易いのに何が何だか訳が分からなくなるぞい。

    Posted by ト at 2009年01月28日 09:43:51
  61. >>60
    政治家や官僚がツンデレばっかだから無理なり


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 10:19:23
  62. >>56
    ZとかF91とか・・・
    機体が光って相手のミサイルが当たらなくなる自己防御装置が備えられるのですね、わかります。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 12:25:21
  63. 偵察終了したら敵地に突っ込んで自爆するんですね、わかります。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年01月28日 16:00:45
  64. >63
    最期に「バトーさん・・・さようなら」と呟いてから散華します。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 16:47:40
  65. UAVなんだからさぁ…。そんなもったいない使い方できるほど安い代物じゃないと思うぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 17:12:48
  66. 巡航ミサイルだって別に安い代物じゃないですよ。製造コストより人的リスク(≒人的コスト)が無くなる方が得だと判断されるからこそ使われるわけで。

    航空機を無人化してUAVを作るってアプローチではなく、
    巡航ミサイルを着陸できるようにしてUAVを作るってアプローチ。

    目標にぶつけることが基本のミサイルを「着陸させて再利用」というコペルニクス的転回さえ受け入れてしまえば、自律航行制御や空力抵抗などの点で、実は叩き台として相応しい代物なのですねえ。

    こういう「思わぬジャンルから技術発展が」みたいな話は好きだなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 17:54:48
  67. 今時のCMってそんな作りしてねーよ…。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 18:09:11
  68. 全然関係ないんだが、

    >コペルニクス的転回

    の部分で、菅井君と家族石の父ちゃんを思い出したのは俺だけかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 18:15:39
  69. >61

    ツンデレならいい
    しかし現実にはヤンツンが多数

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 18:22:21
  70. >>14
    >>つまり書いたのは朝日新聞ですが、今回の産経新聞の記事よりよほど詳しいです。
    >
    >って言うほどでもないよな。
    >産経を叩きたいだけだなw

    いいえ、産経の記事だと平成16年から開発が始まったとしか書かれていませんが、朝日の記事は1995年(平成7年)から開発が始まっている事をキチンと書いています。つまり産経は「無人機研究システム」の開発は「多用途小型無人機」の開発を受け継いだものである事を説明していません。

    その為、私が記事にする際に別途説明する必要が出てきました。産経の記事は詰めが甘くて便利が悪く、ちょっと不満があります。「産経を叩きたいだけ」ではなく「産経の記事は内容が中途半端で使い難い」という事実を指し示しているに過ぎません。

    Posted by JSF at 2009年01月28日 19:16:59
  71. >>40
    >とりあえず結論として何が言いたいのかいまいちわからない記事ですね

    誰にでも分かるように書いたつもりなんですが・・・

    一般的なUAVは長距離航続力、長時間滞空性能を重視するものですが、TACOMはそれらを棄てて高速性を持って強行偵察を行う、とハッキリ書いてあると思うのですが・・・

    それが結論です。Sky-Xとの上面図比較で理解できるかと。

    Posted by JSF at 2009年01月28日 19:25:25
  72. Kojii.net ココログ別館: 無人支援戦闘機 F-3 (うそ)
    http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/f3_7ff3.html
    >機体下面に「爆弾倉」を持ち、面制圧用の小型爆弾を数百発
    > (は、ちょっと多すぎて無理かな) 搭載。

    >目標地域上空に到達すると、搭載した小型爆弾を撒き散らす、
    >無人支援戦闘機 F-3。

    つまりだ、TACOMのペイロードを全部「小型爆弾倉」に注ぎ込む。GPSを利用し敵地上空へ進入、「小型爆弾」を大量にバラ撒いて戻ってくる。

    これはあくまで「親子飛行機」方式である。ドイツが大戦中に用いたミステルと同様である。無人支援戦闘機はミサイルでは無い。その証拠に再利用が可能である。

    故にこのシステムはクラスター爆弾禁止条約に触れないのである・・・

    案外いけるか?


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:32:18
  73. >かと思えば「多」用途「小」型「無」人機の多小無ことTACOMか

    その語呂合わせはマジなんですかいのぅ?
    いや俺もそう聞いたんだけど・・・多小無。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:36:16
  74. 意外と誘導弾化の御要望が多いので一言申し添えておくと傘付きTACOMの重量620kgというのはASM-1の600kgとさほど変わらないモサリ
    加えて言うならTACOMよりやや大きめのBQM-145Aでさえペイロードは重量900kg中135kgでしかないモサリ
    ASM-1系やAGM-84系の弾頭重量が200kg以上とされることを考えると誘導弾の弾体としての素性はあまり良いとは言えないモサリね
    ペイロード/全体重量という見方で比較すれば長大な航続距離に傾斜してるBGM-109にさえ誘導弾としての素性は劣るモサリ

    Posted by CHF at 2009年01月28日 19:53:00
  75. 離島有事、つまり携SAM持ってる事を前提とした人員保護策の一環でもあるんだろう。
    可能なら帰還もしくは近海に不時着させて回収するが、落とされてもそれはそれ。

    まあ、最大高度運用で偵察可能なら携SAMくらいはなんとかなるかも知れないが。

    海賊対策はF-15出せるなら他でもよさそうだが、艦載して発射機から打ち出して
    緊急警戒するのかどうか。今後の装備方針でわかるかなあ。

    まあ、これも一回で使いっきりって訳でもなくて回収して何回か使うだろうし、
    よほどの緊急時でもなきゃヘリ使うだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:54:26
  76. 日本は民間技術から自動兵器に近い位置に居るけどそれは色々な波紋を呼ぶので
    周辺国がそちら系を充実してきたり、有事の可能性が高まったりしないと
    自衛隊装備としては重い腰をなかなか上げないんじゃないかなあ。

    とりあえず非武装偵察装備で運用面整備が関の山かな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:56:23
  77. BGM-109トマホークはTACOMの半分のエンジン出力しか無いですからの。

    TACOMを誘導弾化してもトマホーク化は無理で、ストームシャドゥ化になるでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:56:25
  78. >>77
    そう考えると将来的にF-15に撃ちっ放し対地対艦のGPS誘導ミサイル搭載の叩き台ともw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 19:58:28
  79. 実はこれこそファンネル?w

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:03:18
  80. >>70
    んー、そう感じられるのは言葉遣いの問題じゃないかな。
    朝日でももう少しましですとかなら噛み付く人はぐっと減るだろうけど、
    朝日が優れてるみたいな書き方をすると、最近の白燐弾みたいに
    トンデモ系に違いないのにと痛くない腹を探られてる事になってしまう感じかな。

    産経のテキトーさを叩く場合、間違っても産経を基準にして比較してしまわない
    注意も必要かも。五十歩百歩と見てる人も居るので優れるという表現は不必要に
    混乱を招きやすい。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:11:18
  81. とりあえず、よりひどいとマイナス方面に突出した面を強調するか、
    書くならもっと調べるように窘めるとか比較対象をプラス方向に引っ張り過ぎない様に
    すればあんまり突っ込まれないかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:14:05
  82. >74
    >TACOMよりやや大きめのBQM-145Aでさえペイロードは重量900kg中135kgでしかないモサリ

    BQM-154ペレグリンはTACOMと同じ出力のエンジンを積んで200kg重く、速度は時速1125kmだそうですから、重量の軽いTACOMはマッハを突破しそうな感じですね。BQM-154ペレグリンは翼幅3.2mとTACOMよりも結構長く、航続距離は1300kmです。



    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:17:14
  83. >>74
    しかし、TACOMは偵察装備搭載と自力帰還を重視した作りなので片道で作り直したら
    ペイロード捻出出来るんじゃないのかな。

    現行のままでペイロード比較しちゃうのはどうかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:17:51
  84. >>82
    偵察の場合は偵察に最適な速度というものもあるので単純に突入のみを重視した場合、
    意外と出るのかも知れませんねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:18:54
  85. >79、80

    朝日新聞がより詳しい記事を書いていたのは事実だろう?

    >無人機は95年度から技術研究本部で基礎技術の研究を進め、
    >すでに原型となる試作品は完成。04年度予算の概算要求には
    >開発経費3億円を計上した。自動滑走着陸できるようにした
    >うえで、試作した無人機を使って活用方法を探るほか、関連
    >装備も開発する。

    つまり朝日新聞はTACOMについて、1995年に開発がはじまり、原型機はすでに完成済み、2004年度からは自動滑走着陸装置も付けて改造する、ってことをちゃんと書いている。

    でも産経の記事では2004年から開発されたようにしか読めない。それしか書いていないから。1995年から開発されている事に触れていないから。だから朝日の記事より劣っているんだよ。

    ■産経が朝日より劣っている=朝日は産経より優れている

    ↑この書き方は同じ意味だよね? なんでこれに難癖を付けているの? おかしいのはそっちでしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:26:01
  86. >>85
    特定の記事を持ってきて比較したから特定の新聞社がまともという事にはならないので
    比較する時は注意する方が不要な問題にならないって事だよ。

    噛み付くところを間違えてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:30:25
  87. >>85
    たとえば、朝日が政治的に変な飛ばしを書いている時は当然産経の方がマシに
    なってしまうケースも出る。でもそれをもって産経が優れてると表現するなんて
    ばかげた話なんだ。わかるかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:31:56
  88. BQM-154はTACOMと同じエンジンを搭載している。
    重量は200kg重く、翼幅は3.2mと、70cmほど長い。
    航続距離も1300kmと結構長い。
    それでいて最大速度は1125km/hも出せる。

    http://www.vectorsite.net/twuav_09.html

    あれ、もしかしてTACOMってマッハ1.2くらい出ちゃう? だったらかなり凄いけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:32:15
  89. >86

    本記事中にはこうある。

    「つまり書いたのは朝日新聞ですが、今回の産経新聞の記事よりよほど詳しいです。」

    あくまで比較対象はその記事でしかない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:33:53
  90. >>89
    印象面なんだから朝日新聞社を誉めてるのに違いはないし、朝日でも
    普通の記事を書くこともあるという一例でしかないんだよ。
    不必要にあおってしまっているという指摘なんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:35:58
  91. >>88
    あとは往復して何回も使う予定なのでエンジンをいたわっているという面もあるかも。
    だから実際の運用目標はマッハじゃないかも知れない。

    性能的には出せるかも知れないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:38:07
  92. >87

    新聞社としてどっちが優れているだなんて誰も言っていないぞ。

    この軍事記事では「朝日>産経」、という事実ががあるだけ。

    実際にTACOMの記事でも朝日の方が詳しく書いてある。産経の記事では平成16年から開発が始まったかのように誤解されてしまうが、朝日の記事では1995年(平成7年)から開発は始まっている事を書かれている。

    明確に情報の質としてTACOMの記事では「朝日>産経」であり、それについて無理矢理に難癖を付けて記事の書き方おかしいと文句を言うのは、間違っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:38:58
  93. >90
    >印象面なんだから朝日新聞社を誉めてるのに違いはない

    正しい事を伝えてるなら誉めても問題は無い。
    対する産経の記事は伝えるべき部分が欠けており、とても褒められた記事では無い。

    >不必要にあおってしまっているという指摘なんだが。

    意味不明。事実を伝えるだけで何故「不必要に煽る」だなどという話になるのか、分からない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:42:31
  94. >>92
    この記事に限ってという表現でもないし、事あるごとに比較して軍配を上げるみたいな事を
    繰り返してるから変なレッテルを貼られてしまうんだって話だよね?

    同じ比較するとしてももっと波風を立てない書き方があるだろうという話なんだが。

    産経の間違いを指摘する事や朝日の方がマシだった事を否定してるんじゃないぞ?

    その最低とする産経を基準にしてしまってることが問題なだけだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:42:34
  95. >91

    無理をしてマッハをちょっと超えた程度でも、じゃあマッハを超えるちょっと前の速度と比べて何か劇的に変わるかっていうとそうでもないからね。

    無理をしてマッハを超える気ならいっそマッハ2ぐらいじゃないと意味が無いし、TACOMは超音速は狙っていないと思う。

    ただあのデルタ翼はマッハ超を狙ってるとしか思えない形なんだよねぇ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:46:01
  96. >>93
    たとえば朝日系で米軍に戦闘機が存在しないなんて騒ぎを利用して
    産経と比較するとか、MDに関連したり誤射の話をしたり派遣に関する話で
    産経を誉めたりとかもおかしい。

    その記事の間違いを指摘するべきであって他がどうとかいうもんでもないんだ。

    あと、同じマシとする場合でも「でさえ」とか不必要に持ち上げない文章的工夫は可能。

    実際に今回の件で変な噛み付きも出てるし、毎回変な論争になってるのに
    不必要にあおってないまったく問題がないってのも変な話だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:46:13
  97. >>95
    自衛隊的にはマッハを超えると巡航ミサイル的なイメージをもたれるとか
    変なことを心配する可能性もないではないかなあ。

    翼をああしたのは折りたたみ展開を取りやめた経緯やF-15からの発射というのも
    あるのでなんともいい難い。性能的には可能であろうことと目論見はまた別だからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:51:12
  98. 産経にも朝日にも思い入れが無い俺からしたら
    どうでもいい話というか別に変な文でも無いと思うんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:53:09
  99. >>98
    いちいち釈明させられて他意はないみたいな事を書くくらいだったら
    文章に工夫してはどうか?って程度の話だよ。

    朝日等が異常な時に同じ様な書き方をする事もないのも手伝って
    どうしても目立っちゃってるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:56:05
  100. >94
    >同じ比較するとしてももっと波風を立てない書き方があるだろうという話なんだが。

    要するに産経支持者や反朝日な人を怒らせないように気を使えって事? なんでそんな配慮をする必要があるの? 間違っている事を書いているなら直す必要があるけど、事実を書いているだけでしょう? 

    >産経の間違いを指摘する事や朝日の方がマシだった事を否定してるんじゃないぞ?

    ならば事実を事実として受け入れるべきだと思う。

    >その最低とする産経を基準にしてしまってることが問題なだけだ。

    産経が大手紙の中で最低の取材力であり、軍事記事関連でデタラメを連発しているのが事実である以上、最低レベルの基準が産経になるのはしょうがない事だろう。普段の実績結果に過ぎない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 20:58:09
  101. >99
    >いちいち釈明させられて他意はないみたいな事を書くくらいだったら
    >文章に工夫してはどうか?って程度の話だよ。

    釈明も何も「産経はTACOMが開発されたのが1995年からだったと書かなかった」「一方で朝日はキチンと書いていた」という違いを理解していない人に説明し直しているだけでしょう?

    文章に工夫する必要性なんて何もないでしょ、違いを理解できなかった馬鹿読者の為に記事本文の書き方を変える必要なんて何も無いじゃない。

    >朝日等が異常な時に同じ様な書き方をする事もないのも手伝って
    >どうしても目立っちゃってるし。

    ウソだな、それは。

    朝日が以前、日曜版でTK-Xについて馬鹿な記事を書いた時に徹底的に叩いている筈だよ、此処は。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:04:38
  102. これって航続距離どれくらいなんだろう?
    沖縄から運用して、近くで射出したとしても
    帰ってくることを考えると600kmから1000kmある
    気がするが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:04:43
  103. ACE6に誰も言及していないのは何でだろう。
    それはさて置き、短距離の飛行しか出来ない癖に滑走路に着陸させるつもりなんだな。
    行きはF-15に送ってもらって、帰りは自力で帰るって感じの運用なんだろうか。
    「高速道路でも着陸できます!」って言うなら運用の幅は広がりそうだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:04:54
  104. >>100
    その産経支持者や反朝日ってのがもう間違ってる。

    そもそも、朝日も産経も変な記事を書きすぎなんだ。

    だからなんで産経の時だけ産経を基準にして朝日等を誉める流れを
    毎回繰り返してるんだ?と疑念に思う人も出てくるという話。

    相手を自分の有利な対象に貶めようとするのはやめたほうがいい。

    >ならば事実を事実として受け入れるべきだと思う。

     文章的に朝日の時には見られない内容になってて偏ってるから誤解を受けるのでは?
    ってだけの話だぞ?基準は「まともな記事」であって産経の時だけ「底辺記事」が
    基準になってるのがおかしいだけ。

    >産経が大手紙の中で最低の取材力であり、軍事記事関連でデタラメを連発しているのが事実である以上、最低レベルの基準が産経になるのはしょうがない事だろう。普段の実績結果に過ぎない。

     どっちかというと君の方が反何々というタイプなんだろうなw
    デタラメを書くのはどこでもあるし、そもそも最低を基準にするのがおかしいという話だ。
    ダメなものはダメと「まとも」を基準にして叩いてればこんな変な釈明に
    おわれるハメになんかなってない。

    だいたい、普段はこんな書き方してないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:05:34
  105. >>101
    朝日を叩いてないとかいう話じゃなくて朝日が劣って産経がマシな記事で
    産経なんかを持ち上げるという形はめったに見ないって話なんだが。
    双方同じ様にやってりゃ誰も変に思わないだろうけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:08:12
  106. >>99
    そりゃ朝日がダメダメなのはすでに周知の事実だもん
    信用ゼロの新聞の記事を紹介するに当たって
    例えば「この件に関しては朝日のが正しい」的な注釈付けても
    おかしくないと思うんだ
    新聞社としての信頼度は朝日はすでに最低なわけだし

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:10:17
  107. Model 324 UAV
    http://www.fas.org/irp/program/collect/model-324.htm
    BQM-145A Peregrine (Model 350)
    http://www.fas.org/irp/program/collect/mr-uav.htm

    TACOMに近い形状のUAVとなると、この辺りですね。
    エンジンも同じ規模だし。

    でも主翼形状はTACOMの方がより高速性を追求した形状ですよね。
    運用上、モデル324はマッハ0.8、BQM-154ペレグリンはマッハ0.83なので、TACOMはマッハ0.85〜0.9くらい行けそう。
    ペイロードもプラス200kgくらい余裕がありそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:11:21
  108. >>103
    まさしくF-15に送ってもらうというのが逆に距離を短くしてるんだと思う。
    普通は往復で1/2表示になるところがおそらく1/3か1/4くらいで見積もられてるかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:11:25
  109. 元記事に戻って、

    >主翼途中で上に跳ね上げてあるのに、どうやって落下中の空気抵抗に負けずに展開するのか謎な仕様でしたが、やはり無理だったようで・・・


    無理では無かったはずですが・・・。
    当時きちんと飛行試験まで終了して、無人機研究システムへと発展しているはずです。

    http://kwat.gooside.com/airshow/ja2004/jasdf_02.htm


    折畳み機構を有していたのは当時母機としてF-4が指定されており、内側パイロンに搭載した場合、STA-1の340gal増槽と干渉するからでは。

    http://www10.plala.or.jp/strgzr/special/tacom/tacom1.jpg

    無人機研究システムでは母機としてF-15が指定されていること(F-15にもSTA-1はあるが原則使用しない)、降着装置追加や不要な機能による信頼性低下を嫌って、廃止しただけかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:14:12
  110. >105
    >朝日を叩いてないとかいう話じゃなくて朝日が劣って産経がマシな記事で
    >産経なんかを持ち上げるという形はめったに見ないって話なんだが。

    軍事記事に関して言えば「朝日が劣って産経が優れている」という事態そのものがあまり無いからだろう。

    滅多に無い以上、そういう記事が書けないだけ。

    有るというなら君がまず「朝日が劣って産経が優れている」という軍事記事を見つけてくればいいけど、同じテーマでそういう記事は見当たらないでしょ?

    難癖付けるのもいい加減にしなよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:16:16
  111. >>106
    いやいやいや、朝日は政治的にスタンスがおかしいのとたまに何も考えないでもの
    書くとか、特定団体に媚びたものを書くのでそういうしがらみがない時は
    普通の記事を書く事もあり、最低確定って訳でもないぞ。

    まあ、ケースによってそれぞれ得手不得手がかなり目立つ訳で。
    だから妥当な情報を基準点にして間違いを指摘するのは良い事なんだけど、
    最低側を基準にするとどうしても何々派だろとか変な騒ぎになり易い。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:16:38
  112. >>110
    朝日の場合は米軍に戦闘機がないとかMDとか変過ぎてどうしようもない事が多いので、
    その程度の話になっちゃうと産経でも米軍の戦闘機配備紹介してるとか
    MDの重要性を説く程度やってるだろうけど、そんなもん探す重要性あるのか?
    大体、最低側を基準に置くのが誤解を招くという話なのになんで私が最低側を
    基準において展開しなきゃならんのだ。

    君は朝日に全幅の信頼をおいてるのかもしれんけど。朝日が間違ってて
    産経がマシな事例なんか無いってのはそりゃ無理がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:20:54
  113. >109

    折り畳み展開機能に問題が無ければ、廃止したりはしないと思う。

    F-4は近い将来に引退する機材だし、F-4で運用する為に折り畳み機構を採用する筈が無いし、もしF-2で運用する場合は有った方が搭載し易いだろう。まさか4本搭載は行う気は無いだろうけど。

    XP-1で運用するかどうかはまだ分からないが、もし運用するとしたら主翼そのままだといちばん内側とその横の発射レールに干渉すると思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:22:17
  114. >112

    寝言はいいから具体例を提示してくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:24:25
  115. まあ、不必要なら無理に構造を複雑化しない方が良いので、固定で問題ないなら良いんだけどね。

    展開機能によって長時間滞空に対応し易くとかは無理だったのかなとかは
    ちょっと思っちゃったりはするかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:28:03
  116. 不必要なら無理に構造を複雑化しない方が良いので固定で問題ないなら良いんだけど。

    展開機能によって長時間滞空に対応し易くとか無理だったのかな?とは
    思っちゃったりはするかな。

    まあ、後継や発展型で翼改造型も考えられるかも知れないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:29:28
  117. 離島有事に無人偵察機|数多久遠のブログ シミュレーション小説と防衛雑感
    http://ameblo.jp/kuon-amata/entry-10199002814.html

    ちなみにこのブログの記事はもっと産経新聞に懐疑的で、「そもそも部隊配備するという産経の報道自体が誤報なんじゃねーの?」と疑ってかかってますな。

    そこまで信用が無いんか、産経・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 21:29:51
  118. >>114
    例えばMDの対米迎撃に対する考え方。
    朝日はMDで対米向け攻撃を九州か中国地方の日本海側の自衛隊基地でレーダー察知したり
    撃退したり、MDは先制攻撃用みたいな事を書く訳だけど、産経側は

    http://www.asyura.com/0610/senkyo28/msg/416.html

    にあるように「よそに向かって発射されているミサイルを日本のMDシステムで
    撃ち落とすことは実際問題としてできない。飛んで来るものを防ぐことはできるが、
    後ろから追いかけるのは物理的に無理だ」とちゃんと重要な発言を省かずに説明している。
    ついでに将来的にはどうなるかわからないという指摘までちゃんと省かずに紹介している。

     まあ、例がないなんて話ではない。作業を強要して反論代わりにでもしたかったのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:09:04
  119. >>117
    疑う分には追随や実証例が出てくるまで問題ない気がするが。
    他をどうこうという訳でもない記事だね。

    しかし「産経には結構批判的な「週間オブイェクト 」としてはめずらしく」
    と「産経新聞には」と付けられちゃってるのがなんともはや・・・
    やっぱりそういう風に受け取られてるんだなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:12:00
  120. >118

    対応となる朝日の記事が無いようだが? しかも3年前の記事ですか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:30:58
  121. >>120
    http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq05m.html

    ここで何回も紹介されてる朝日系の話まで聞かれるとは思わなかったが・・・
    朝日側は記事リンク切ってる事が多いし、上記を見て復習されてみてはどうだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:33:22
  122. >>120
    実は3年前に既に産経程度が全部説明して終わってる話を延々と蒸し返してる朝日新聞だったりする。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:38:14
  123. Kojii.net ココログ別館: 無人支援戦闘機 F-3 (うそ)
    http://kojii.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/f3_7ff3.html
    >機体下面に「爆弾倉」を持ち、面制圧用の小型爆弾を数百発
    > (は、ちょっと多すぎて無理かな) 搭載。

    >目標地域上空に到達すると、搭載した小型爆弾を撒き散らす、
    >無人支援戦闘機 F-3。

    幾らなんでも条約逃れがあからさま過ぎて無理なような。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:38:28
  124. 新聞や政党のネタが入るとレスが加速する
    勘弁してくださいよー

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 22:51:55
  125. 話の流れを切りますが、実験機が実用化!!
    それならきっと「心神」もF3にする心算だ! と我らがアイドルキヨさんがJー翼などでまた書いてくれないかな〜。と期待しています。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 23:06:56
  126. >>125
    実物とサイズが違いすぎるw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 23:12:59
  127. 巡航ミサイルにしか見えない

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 23:23:53
  128. >125

    キヨタニさんは今現在、崖っぷちに立たされて寄り切られる寸前にあります。


    614 名前:名無し三等兵 投稿日:2009/01/26(月) 23:51:34 ID:???
    キヨタニwwwwwwwwwwwwwwww
    wikiのノートと本文で火病起こしてやがるwwwww

    思ったんだが、ノートでやりこめてるのは某氏?


    615 名前:名無し三等兵 投稿日:2009/01/27(火) 00:04:45 ID:???
    支援
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月28日 23:52:46
  129. >128

    >寄り切られる寸前
    が、「切り取られる寸前」に見え、「ナニが?」と思ってしまった私。

    すまない、ウオトカの飲み過ぎのようだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 00:18:09
  130. ま、産経はホッテントリ気味で本来の報道という意味で仕事が雑というか仕事をしてるとは言い難い。
    朝日は正誤・デマ・作為・思惑が入り過ぎで、2ちゃんねる並みに読者のインテリジェンスなスキルが要求される仕様をなんとかしろ。使い難くてかなわん。
    そういう事で宜しいかと?

    Posted by ト at 2009年01月29日 01:04:19
  131. 産経と朝日の二つを比べてるんだから最低基準とかじゃなくて、
    相対的に考えろよ。そもそも記事の優劣なんてそんなもん。

    んで、産経より朝日が詳しかった。以上


    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 01:35:52
  132. なんかのマンガで戦闘空域にばら蒔いて飽和状態にして燃料切れまで標的が見つからなければ帰ってくるミサイルがあったな

    完全自立無人兵器なんかも登場するんだろうな…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 02:48:56
  133. 湾岸戦争でもB-52が無人囮機にチャフを積んで敵地上空でばら撒いて・・・って運用があったな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 03:43:49
  134. >132

    ぼくらの、かな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 04:33:00
  135. 産経は「 右の朝日 」の異名が定着しつつある事を
    もう少し真剣に受け止めたほうがいい。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 09:21:48
  136. もさ……。

    BQM-145Peregrineを何度もBQM-154と書いている人には何か意図があるもさかな?

    それはさておき。
    TACOM改偵察機は自力帰還を前提とした偵察機もさ。
    同様に帰還能力を持つ無人偵察機BQM-145は無人攻撃機への発展も考えられているもさから、「TACOM改も」と考えるのは自由もさ。
    けれどもこれを「巡航ミサイルの仮面開発」と考えることは出来ないもさよ。

    F-15EとかF-111みたいな重量があればともかく、小型軽量な使い捨て兵器に滑走着陸が出来るエアフレームを与える=低い速度で水平飛行する能力を与える=低空高速飛行時には非常に不安定になり、また空気抵抗も大きくなるもさ。
    また、そのような機体は着陸を無視したちゃんとした巡航ミサイルに比べると、規模の割にペイロードが小さいものになるもさ。

    TACOM改を巡航ミサイルの雛形とみなすのであれば、少なくとも
    ・成層圏を悠々と飛行し敵地に侵入できる低被観測性(いわゆるステルス性能)を持つ
    ・通常の巡航ミサイルよりも低コスト

    のどちらか片方とセットで主張しないといけないもさ。数値によっては両方セットが必要かもしれないもさね。

    Posted by TFRの人もっさり at 2009年01月29日 10:36:06
  137. >>135
    情報収集力ってのはけっこうマンパワーに比例するところがあるんで、ちょっとぐらい大目に見てやっても・・・と思えなくも無いけどな>産経

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 14:48:07
  138. ぶっちゃけ産経を盲目的に信じるバカが多いから目を覚ませてやろうっていう大魔王様の思し召しでございましょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 17:57:04
  139. >138

    別にそこまで考えてないでしょう。産経新聞の野口裕之記者の馬鹿さ加減には心底呆れ果てているようですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 19:30:48
  140. これなら俺でも軍事偵察用ぐらいの無人機つくれなか
    http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200901282000

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 20:13:44
  141. >>138
    そんなやついるのかよw>軍事で妄信的に産経を信じる
    政治的理由や不見識で朝日を妄信的に信じるよりも希少例だろw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 20:45:28
  142. >135
    日本のマスメディアは基本的にいろいろと大目に見られているので、まったく成長しません。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 20:46:24
  143. >>140
    どれくらいの信頼性があるのかは不明だなあ。
    一応、米国製だから輸出規制受けるのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 20:48:27
  144. >>143
    ラジコン飛行機ベースだから、手投げ式のUAV程度の
    信頼性があればいいのかも。
    #風がつよければ、帰ってこないこともあるとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 21:16:42
  145. >136:TFRの人もっさりさん

    モサ師匠お疲れ様です。

    >けれどもこれを「巡航ミサイルの仮面開発」と考えることは出来ないもさよ。

    そりゃまぁ、そんな事をするくらいなら素直にXASM-3を再開発すれば宜しいわけで・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 21:50:17
  146. >144

    風が結構問題なんだよ。手投げ式はもちろん、グローバルホークのような大型UAVですら。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 22:16:19
  147. >>146
    グロホは、航空機としては、動力付きグライダーですからねぇ。

    それを考えると、無人機研究システムがこういう形態をとっている
    理由のひとつはわかりますね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 22:22:58
  148. 仮面開発ではないかもしれないけどフィードバックする気はあるんだろうな。
    日本は気軽に複数実線実験する余裕が・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 23:07:25
  149. >147
    >理由のひとつはわかりますね。

    もっと具体的に説明プリーズ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 23:33:43
  150. >>149
    147じゃないけど、主翼の低アスペクト比と高翼面荷重で、乱流からの影響低減と高速を目指してるように見えるお。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 23:49:42
  151. >>149
    グローバルホークのような機体は、荒れた気象条件下で運用するのは厳しい
    という意図でしたが・・・
    それ以外にも、乱気流に弱いため、民間機の航路に混じって飛ぼうとすると
    乱気流で機体が破損するし、かといって航路をかわして飛ぶほどの
    機動性もないというお話もあるようです。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月29日 23:52:59
  152. >151

    なるほど。だから自衛隊が開発検討しているもう一つの大型UAVは、高度2万5千メートルだなんて馬鹿げた高度を飛ぼうとしているわけか。これから民間航路もヘッタクレも無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 00:20:12
  153. グローバルホークも高度2万くらい平気で行った様な・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 00:34:15
  154. >136
    >BQM-145Peregrineを何度もBQM-154と書いている人には何か意図があるもさかな?

    きっとAGM-154JSOWとゴッチャにしている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 01:30:19
  155. 我に追いつくスホーイ無し
    とか多小無が通信してきたら切ない気分になるだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 02:09:59
  156. 自動着陸する、ということは、着陸できる滑走路から数百キロメートルの範囲内での運用ということになるんですかね?
    ひゅうがに着陸できるようになれば、遠洋でも運用できそうですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 14:05:00
  157. 超音速巡航無人偵察機ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 14:06:31
  158. >156

    わざわざDDHにアレスティングワイヤを設置する意味を感じない。そんな事をするくらいなら、MQ-8ファイアスカウト又はベル社のティルトロータ型UAV『イーグルアイ』を導入した方が良い。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 18:31:58
  159. >>156
    F-15から発射して数百キロ、帰還に千キロ近辺なんじゃないかなあ。航続距離配分。
    日本の場合はほかの国とは逆で有効範囲が狭い形になるほうが好ましいという・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 20:14:31
  160. >>158
    もともとは着水する予定だったんだからアレスティングワイヤ必須って訳でもないんじゃ。

    あと、さすがにその2種類は遅すぎなので人員問題さえなければヘリで良いし。

    TACOMクラスなら緊急用装備としてどうなんだ?と言えるけど。

    まあ、実験するなら緊急用でなくても撃つかもしれないが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 20:20:49
  161. TACOMにRATO付けて空母から発進・・できなくもないが、意味はあるのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月30日 21:37:12
  162. たんに研究開発予算が減らされたので、一応の完成の域に達していたのを幸い、あとは正式配備でテストを継続するとかじゃないんですかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 00:36:32
  163. 完成の域に達しているのに何をテストするのかと。

    開発予算も、無人機関連はどれも潤沢の筈。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 00:41:17
  164. >>163
    実践でどうかテストするって事では。
    たとえばソマリア上空に放ってみるとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 00:47:37
  165. 何を観測しに行くの?
    っていうか領空侵犯は違法だし、論外。
    海賊(不審船)への警戒にも全く向いてない。
    って記事本文に書かれてあるじゃん。
    もうちょっと頭を使ってから書き込みなよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 00:53:00
  166. >>165
    いや、国連でソマリアどうしようかって話し合ってるんで、
    海賊の根城になっている島や半島なんかは警戒しても国際的な批判には
    当たらないでしょう。

    そういう背景無しには使わないでしょうし。

    まあ、F-15装備なのに海賊対策に使えると言ってるのが何を含んでいるのか?ですが。

    沖縄に20機入れたからそれに付けるのかも知れないけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 01:31:07
  167. >166

    幼稚園児じみた発想はどうかと。
    ソマリアみたいに経空脅威の低い所なら、それこそSky-Xの方が適任。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 06:09:00
  168. 今この次期に離島有事の際の強行偵察のための無人偵察機を急いで配備するというのは少し話に飛躍があるような気がするが. 順番としては広域哨戒に適したグロホ等の導入が先だろう.
    実際には半島有事の際の核施設や弾道ミサイル発射基地の偵察,先制攻撃を狙ってるんじゃないのか? 日本はすでに偵察衛星,KC-767,F-2,精密誘導弾を持っているんだから.(収集したデータは衛星経由でリンクして,場合によっては無人偵察機本体は使い捨て)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年01月31日 22:52:16
  169. >168

    夢一杯ですが的外れです。那覇にF-15を配備するのとあわせてTACOMを採用しているって事に気付こう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年02月01日 00:04:34
  170. >>167
    いや、テストだから適任とかは・・・

    沖縄配備のF-15で海賊対策ってどんなシチュエーションなんだろうと
    ちょっと悩んでしまっただけなんだ。普通に哨戒網や艦船配備されてそうな。
    不審船ならって不審船も哨戒機やRFによる直接で十分だしなあ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年02月01日 00:31:02
  171. 離島防衛がらみじゃない?
    日本の小島に侵攻してきた敵勢力の規模や意図などの情報を収集すると考えれば、ある程度筋は通る気が。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年02月02日 12:28:00
  172. >>171
    いやいや、離島防衛では何も問題ないんだよ?相手正規軍だし。
    TACOMによる海賊対策の話だよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年02月03日 05:31:13
  173. 防衛省は不審船対策はアピールしても、海賊対策に使えるとは言ってないんじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年02月03日 13:13:27
  174. けど不審船対策に使えるなんて強弁が許されるなら海賊相手に使えると言い出す可能性もゼロではないんじゃないかな。
    まぁF-15をインド洋に派遣するわけにはいかんだろうから、その場合はP-3からでも発射できるように改良しないといけないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月05日 09:35:55
  175. エンジントラブルで、試作機を一機、喪失したようです。

    8億円落下…開発中の無人機、エンジン止まり
    ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100209-OYT1T01054.htm?from=main2

    Posted by 名無しОбъект at 2010年02月09日 19:53:49
  176. エンジン停止か……
    機体を回収して調査すべきだろうが水没したから色々面倒だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年02月09日 20:07:45
  177. F-15を母機にするのはあまりにもゼータクだと思うのは私だけか?
    当然、母機は戦闘行動に制限がかけられるわけだし。もっと安いのは(母機)作れんのかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年02月09日 23:11:41
  178. エンジンはアメリカ製だし、何が問題だったのだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年02月09日 23:17:59
  179. エンジンの始動はF-15から切り離し後に火薬カートリッジなのかな?
    だとするとたまに失敗することもあるかも。
    それともエンジンへの流入空気による押しがけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年02月09日 23:27:23
  180. 「偵察」という名目で開発している核弾頭巡航ミサイル。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年12月12日 07:28:52
  181. >>181
    頭大丈夫かお前

    Posted by 名無しОбъект at 2010年12月12日 08:08:52
  182. >>180

    えぇっと………

    ソースは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年12月12日 08:39:26
  183. >>181
    >>182

    まあ、ペイロードの概念すらないアホは放っておきましょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年12月12日 08:52:10
  184. http://kiyotani.at.webry.info/201108/article_4.html

    きよたにさんはほんとうにあいかわらずぶんしょうがうすっぺらいなあ、と。

    Posted by 名無しОбъект at 2011年08月18日 20:50:53
  185. >>184
    >併せて既存の防衛産業ではなく広くUAVの開発を募集しては如何でしょうか

    コレは正しい。
    小型の無人機は予算よりもアイデア勝負だから。

    Posted by 名無しОбъект at 2011年08月18日 22:17:11
  186. >併せて既存の防衛産業ではなく広くUAVの開発を募集しては如何でしょうか

    どうせならブログ記事なんぞにせず、応募してくれそうな民間企業に取材して来た上でちゃんとした記事にして産経とか日経ビジネスオンラインとかに売り込めば良いのにな。
    どういう所がUAV開発募集に応じるか分からんが、防衛産業に完全新規に参入する様な所ならキヨの醜名も知らないだろうから、防衛産業各位とは違って適当な理由を付けた門前払いとか広報が応対してくれるだけという事も無くて、キヨなんかにもちゃんと取材させてくれるだろうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2011年08月18日 22:36:11
  187. >>184

    FFOS(遠隔操縦観測システム)

    ・全長:3.8m
    ・全幅:1.2m
    ・重量:275kg

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E9%9A%94%E6%93%8D%E7%B8%A6%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

    墜落した時のリスクを考慮すれば、飛ばさなかったのは当然かと。
    敵陣ならともかく、こんなでっかい無人ヘリが、壊れた原子炉に落ちたらヤバイでしょ。
    ちなみにFFOSの代わりを務めた(墜落した)、T-ホークの重量は8.5sね。

    Posted by 名無しОбъект at 2012年02月15日 08:39:32
  188. アスペクト比が高い主翼にすれば揚抗比が高くなるので滞空時間は大きくなるが、ドラッグが増えるので速度は低下する。これを改善するには、より高出力のエンジンが必要になるとともに、燃料消費も増大する。戦闘機に搭載できる事が前提なら翼幅を大きく取れないので、折り畳み式として発射後に空中展張するものとなるだろう。それによって重量増が発生する。
    TACOMは滞空性能を犠牲にして巡航速度を上げ、航続距離を稼ぐことを狙ったと思う。飛行時間が短くてもより遠くまで飛行出来る、という事。航続距離が数百キロなら、中国沿海部島嶼基地の強襲偵察には十分ではなかろうか? 那覇基地から発進して、可能な限り近くまで戦闘機で運ばれ空中発射後、短時間に偵察ミッションを達成して、与那国島や石垣島など、近くの空港に自動着陸するようなミッション・プロファイルが考えられます。機体サイズが小さいという事は燃料搭載スペースが制限されるので、航続距離は落ちるが、小さくて巡航速度が高いという事は被探知性や被撃墜率を低減させる利点がある。
    エンジンパワーに余裕を持たせているのは、将来、速度、搭載重量、燃料容量などのアップを考えての事ではないでしょうか?
    現用無人偵察機で、ここまで高速のものはないのではないのではないでしょうか?
    ちなみに、プラットホームとしてP1を使えば、これの倍くらいの機体を運用可能でしょうね。そうなると、マッハ0.9くらいの速度で1000q近い航続距離の無人強襲偵察機の運用が可能ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月04日 16:34:45
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

離島有事に無人偵察機
Excerpt: 記事の真偽には疑問符が付きますが、今後の(離島)防衛を占う上で重要なヒントになるかもしれない話なので、今回も産経新聞を元ネタに書いてみます。 24日、産経新聞が「離島有事に無人偵察機 防..
Weblog: 数多久遠のブログ シミュレーション小説と防衛雑感
Tracked: 2009-01-27 23:55

空自の無人偵察機”TACOM"
Excerpt:                                                       by ぼくあずさ縁故疎開先の増戸村(現あきるの市)の叔父の家の庭先から阿伎留野台地上空での帝..
Weblog: ぼくあずさは地球人
Tracked: 2015-03-09 16:30
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。