2009年05月02日
こがしゅうと先生の新刊が発売されていたので購入してきました。



表紙書籍の紹介
こがしゅうと2
まけた側の良兵器集

著者: こがしゅうと
価格: ¥1700
単行本: 258ページ
出版社: イカロス出版
言語 日本語
ISBN-10: 4863201516
ISBN-13: 978-4863201514
発売日: 2009/4/30
商品の寸法: 21 x 15 x 1.6 cm

Amazon.co.jp


この本には萌え要素は一切入って居りません。以上、説明終わり。

・・・ではなくて、以前ミリタリー・クラシックスを立ち読みしていたら十二糎二八連装噴進砲をイラスト付きで解説していた記事を読み、後でこの号を買っておこうと思っていたらうっかり買い逃してしまい、Amazonで注文する事もせずにボーッとしていたらこの単行本に収録されていたのを発見してそのまま購入したのでした。噴進砲以外にも、知られているようで詳細は知られていない兵器類が詳しく解説されており、資料的にも価値があり、楽しく読める本でした。

ただ最近雑誌に掲載されていた艦載レーダーの話は収録されておらず、単行本第三弾の発売まで待たねばなりません。すると3年後でしょうか? 島型艦橋の無い平甲板型空母にどうにかしてレーダーを搭載しようと、飛行甲板の前方に収納式(つまり発着艦の時は使えない)にした話は面白かったので、単行本第三弾に収録されるのを楽しみにしています。

知られているようで、実は知られていない兵器というのは沢山あります。例えば有名な三式弾にしても、大戦末期には燃焼材を変更した似たようなタイプが数種類作られていたようなのですが、詳細は私もよく分かりません。これに限らず、存在は知っているけれど詳細はよく知らないというものは結構、沢山あります。

そういったマイナーな兵器にスポットが当てられる内容なので、何時か自分の知りたい内容も詳しく解説してくれるかもしれないという期待があったりするので、これからもミリタリー・クラシックスは立ち読みしていこうと思います。(雑誌は買わないのか)



表紙書籍の紹介
koga1.jpg
末期の水物兵器集

著者: こがしゅうと
価格: ¥1500
単行本: 220ページ
出版社: イカロス出版
ISBN-10: 4871498948
ISBN-13: 978-4871498944
発売日: 2006/12/8
商品の寸法: 23.2 x 17.4 x 2.2 cm

Amazon.co.jp


これは単行本第一弾の「末期の水物兵器集」です。私はまだ持ってないのでこれから注文します。ところでアマゾン記載の「商品の寸法」、間違ってるような・・・まぁ、アマゾンではよくある事かも。
00時04分 | 固定リンク | Comment (67) | 雑談 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. わあ、新刊出てたのか・・・。
    買いに行かなきゃ。

    こが先生がもっとメジャーになるといいなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:12:27
  2. 初1get?

    陸系の萌え本はあったけど今度は海か

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:13:50
  3. >>2
    海はその前に「はつ恋連合艦隊」があるよ。
    (海は詳しくないけど、あまりネタも過激でなく、世間的な目で見ても読みやすくて良い本だなーと思った)

    ていうかこが先生のは一般的な言葉で言うところの萌え本じゃないよ。本屋さんで中身を見ればわかるはずー。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:17:59

  4. 寸法なんか変ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:23:05
  5. ああ BK1だと普通にA5判のサイズなのですね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:29:19
  6. アマゾンの表示では、

    「まけた側の良兵器集」は 21 x 15 x 1.6 cm
    「末期の水物兵器集」は 23.2 x 17.4 x 2.2 cm

    でも縦横のサイズは同じ筈なんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:30:26
  7. >3
    >ていうかこが先生のは一般的な言葉で言うところの萌え本じゃないよ。

    一般的では無く、変態的な意味でも、萌え要素が皆無ですぜ? この本。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:32:34
  8. >7
    こが先生が、様々なマイナー兵器に
    惜しみなく愛情を注ぐ姿を見ていると、
    これが萌え本と言われても全く違和感はないんだぜ。

    あの姿勢はヲタとして見習いたいものだなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:37:34
  9. マイナー兵器の萌え本なら、スモールアームズだがイーグルの萌え萌え特殊銃器事典がまあ悪くない本だった。バカ銃器だけを集めた本というのは真っ当な本でもなかなかない。
    使った資料が古いのか最近の銃器研究(特に古式銃まわり)の成果が反映されてなかったり、萌えイラストの出来がいまいちだったり、ダッラの銃器密造村をアフガンと書くようなポカミスをしていたりと問題も多いけど、オススメといえばオススメ。

    問題はイーグルの軍事系萌え本シリーズは片っ端から駄本揃いなんで、そっちに足引っ張られてることかなー。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:38:55
  10. >8
    あー、同感。
    この本もそうだし、航空機ネタだが岡部ださくの「世界の駄っ作機」の初期の頃なんかも、萌え本と言っても違和感はないよなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 00:41:41
  11. 軍事系萌え本なら当然、
    「萌えわかり! 軍装ビジュアルガイド」(モエールハブリッシング)
    を推さざるを得ない。現用米軍の軍装の変遷が一目でわかるんで重宝してます。
    あと後半部分のジープについても見ごたえあり。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 01:16:34
  12. 亡きコンバットコミックの新人投稿選で
    佳作?ぐらいにノミネートされていたのを思い出す>こがしゅうと氏
    「みんなきらいだ!」とか味があったなぁ…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 01:19:08
  13. でもね。JSFさんの仰る電探の記事の二三号電探の艦載方法は明らかに間違ってるの。パラボラの口径も違ってるし。現存する写真とかもあるのに、完全に調査不足なんだもの。
    そういう、著者本人がちゃんと知らない情報まで分かりやすい絵で解説しちゃうのでこの人の記事はちょっと危険なのよ。
    一歩間違えば、全然間違った情報が「正しい情報」として世間にまかり通ってしあむんだけど、こがさんってその辺の危険性全然認識してないんだものね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 05:20:14
  14. 隠顕式二一号電探の図はあれで良かったんだっけ? 二三号電探の方は俺もよく知らないが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 08:26:10
  15. イカロスは質を安定さしてくれw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 08:56:22
  16. >>11
    確かそれの本文イラストを描いてるえびふらい先生は、軍装研究ではガチな人でしたよね。
    昔マガジンΖでやってたマンガなんか、女の子と旧陸軍の軍装が描きたくてやってるとしか思えない妙なマンガだったけど…(アレを見て、旧陸軍の詰め襟制服を勝手に改造して開襟にして着用した例があったことを初めて知った・笑)。

    >>12
    自分もコンバットコミックでこがしゅうと先生の名前と作風を覚えました(当時のPNは「とこがひで」だったかな?)
    あと今は亡きCC誌でデビューした人といえば、竿尾悟先生もそうですな。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2009年05月02日 09:36:00
  17. おO!こがしゅうと先生!
    コミケ毎で本買ってますよ。
    商業誌もかわねば!

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 09:53:56
  18. イカロスでラスカルにしお「ユタカテレビ」を単行本化してくれないだろうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 09:54:36
  19. >>11
    >>16
    えびふらい先生は、その昔書いていたエロ漫画でも異常に濃い軍装描写やってましたし、ひどい時にはエアガンの分解整備の描写とか、ミリメシがブームになるはるか前にサバイバルゲームの昼食にKレーションを持ってきて「喰ったら多分死ぬと思う…」なんて描写をやる人ですからなー。

    実はこの人がデビューした(? ちょっと自信が無い)ロリポップというエロマンガ雑誌もムチャクチャな本でした。異常に銃器描写が濃いゾンビもののマンガが掲載されていたり、編集部の人間が総出でトイテックのキャリコM100の組み立てバイトに行ったことをレビューしていたりと、エロマンガ雑誌のくせにフリーダムすぎ。伊藤明弘がBREN303名義で初期作品発表していたりもしました。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 09:57:45
  20. >19

    濃い、あまりにも濃い上になんてフリーダムな雑誌なんだ。
    ゲームメーカーで例えたらデコ並に濃いな。

    Posted by PGERA at 2009年05月02日 10:14:16
  21.  そういえば、別のエロ漫画家も単行本の巻末に軍装品の詳細についてイラスト付きで解説してたな。「本当はこっちで1冊出したい」みたいな感じで。
     その手の漫画家って軍オタが多いの?

    Posted by KY at 2009年05月02日 11:49:43
  22.  追伸。
     ヒント「まっく絵(棒読み)」。

    Posted by KY at 2009年05月02日 11:50:35
  23. >20
    史上最悪の原発事故のすぐあとに「アトミックランナーチェルノブ戦う人間発電所」というゲーム出して世間の総スカン食ったあのデコか、あそこのマジカルドロップが好きだったんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 11:53:13
  24. えびせんせい
    相方のねりりんを早くヴァナディールから連れ戻してくだたい

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 12:58:36
  25.  一般誌ではなかなか尻尾出さないけど、チャーリーにしなか先生もバリバリの軍ヲタですよねぇ。そっち方面で一冊欲しいもんですけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 13:32:38
  26. 的良みらん

    もう名前からしてフランス軍ヲタ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 13:44:22
  27. >世間の総スカン食ったあのデコか

    その時の言い訳が「チェルノブはウチのゲームの主人公であるカルノフの従兄弟であって、チェルノブイリは関係ない」と言う無理が有り過ぎる言い訳なのがまたw
    後にFH溝口危機一髪で登場しますが。

    Posted by PGERA at 2009年05月02日 13:55:13
  28. スラブ神話でチェルノブとカルノフという兄弟神は実在するけど?



    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 14:00:08
  29. 実在するかどうかの話じゃないだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 14:17:15
  30. オタというほどじゃないと思うが、竹本泉はイタリア軍の制服が大好きらしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 14:46:33
  31. ただチェルノブは名作ゲームだと思う。ラストがw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 15:08:04
  32. >30

    「ねこめ〜わく」の第六巻が5/7に発売されるとです。宜しくなのです。

    http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/R0416829

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 16:33:54
  33. お〜、デコですかい。
    溝口の「ごっついタイガーバズーカーじゃ」を思い出すのぅw

    >11
    最近、広江礼威が出した画集はどうよw?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 17:14:29
  34. >24
    えび先生のHP見ればわかりますが、二人で楽しくヴァナ廃人になってますね

    >25
    以前コミケで買った、エリカクラブのカタログにイラスト描いてたっけなー、チャーリー先生

    あと新刊で「迷彩君」の完全版が出ていたようだ。いい世の中じゃのw



    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 18:09:51
  35. 軍事系萌えコミックといったら、WEBコミックだがこいつだろう。
    http://members.jcom.home.ne.jp/iwachan1/index.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 18:16:18
  36. 蒼海訣戰は猫耳が書きたいのか軍装が書きたいのか…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 19:19:05
  37. 先日、キャットシットワン80二巻と一緒に購入した私が来ました。こが先生の本は意外と勉強になりますね。

    軍事+萌えといえば兵器の擬人化ですが、あれって私の知っているかぎりですが、成美の世界というアニメの中で登場した魔砲少女4号ちゃん(余談だが時々リリカルなのはの主人公高町なのはのことを二代目魔砲少女なんて思ったりして)というアニメ(後にOVA化された)が最初じゃないかなあ?
    MS少女のようにSFメカ+少女は古くからあるのは知っていますが。

    >30
    イタリアの軍服はおしゃれだからファンも大勢いるだろう。

    Posted by 90式改 at 2009年05月02日 19:28:03
  38. 軍事+萌え?Makが最初だな俺の個人的には
    あれは萌えるよな

    えびとねりの人は最近商業の仕事してないと思ったが
    年二回のコミケだけで生活していけてるのだろうか…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 19:55:46
  39. 蒼海の世紀はパンツと三笠を書きたいだけだな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 20:06:26
  40. オブイェクトで紹介された直後のこの本のAmazonランキングは1000位くらいでした。

    ■こがブログだ: こがしゅうと、上がって下る。
    http://blogs.dion.ne.jp/syuto/archives/8333342.html
    >本日、Amazon御中に於ける『まけた側の良兵器集』の順位が200番台位まで上げたとお世話になる方から連絡を受けた。数刻後に私が見た時は300番台位だった。
    信じられない。嬉しいではないか!。
    -----

    喜んで貰えているので幸いです。ここに紹介されただけで一気に800番も抜き去れるんだなぁ。「どくそせん」の時はAmazonランキング100番以内に入ったんだっけ?あの時はアキバブログの影響の方が高かったけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 20:23:02
  41. JSF氏は兵器萌えを勉強すべき
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2331349

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 20:29:53
  42. > 25
    今のところ、SSガイドブックてのがあるくらいかね
    https://www.sandgraf.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=102_134_142&products_id=327
    今日のブラックホールでも確か売ってたと思う

    >37
    > 兵器の擬人化
    同時期に2chの軍板だか半角2次元だか、その辺でも動きがあったような記憶

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 21:09:03
  43. >>37
    重箱の隅で申し訳ないが、「成恵の世界」では?

    >>41
    アカの手先版
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2600826
    もいいですよね、それ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 21:18:47
  44. >>41
    製作スタッフが豪華すぎて噴いたw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 21:33:43
  45. 少しずれますけれど、OVAの雪風でファーンんのデザインしたきお誠二も成人向け漫画描いてましたよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月02日 22:15:05
  46. >>21
    >その手の漫画家って軍オタが多いの?

    TYPE-90とか第25歩兵師団とか……
    すでにPNの段階で「こいつはくせェッ!! 軍オタの臭いがプンプンするぜェーッ!!」な人も多いような…。

    あくまで伝聞の話ですが、
    「自分がエロマンガばかり描いているのは、『フェアリー・ソードフィッシュ』が好きだから。
     エロマンガなら女の子のハダカを何コマか描けばいいだけで、あとはソードフィッシュを好きなだけ描けるから」
    というマンガ家が実在するそうで…(汗)。

    ここまで業の深い人はともかく、航空史家で有名な某氏も、そっちで売れる以前は週刊誌にエロ記事とか書いて生活費と取材費を稼いでいたとか何かに書いてましたが、
    軍事に限らず、趣味と片付けるにはあまりにも濃い趣味を持つ人が1番手っ取り早く収入を得る方法が、やはりエロなんだろうなと思うわけで。

    そういえば軍事ネタ以外にも、妙に車に凝るマンガ家も多いかと。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2009年05月02日 23:44:06
  47.  つつみあかりも結構軍ヲタ色強いよなぁ。ガンとか好きだし。サイトのアドレスもモロそれっぽいw
    http://www15t.sakura.ne.jp/~3006/

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 01:59:52
  48.    / ̄ヽ                l               お
       , o   ',  特            l         _     .は
       レ、ヮ __/   攻            l       /  \.   よ
         / ヽ   し.            l       {@  @ i   う
       _/   l ヽ  よ            l       } し_  /
       しl   i i  う             l        > ⊃ <   い
         l   ート              l       / l    ヽ   い
     ̄ ̄¨¨~~ ‐‐‐---─---------------|      / /l   丶 .l  人
             ,、    _    /f:|     |      / / l    } l  生
            \、_f'´i::::`\  /::l::|     |    /ユ¨‐‐- 、_  l !  だ
    _  ____f'::_:::::::::::::,、====;::|==--、| _ /   ` ヽ__  `-{し| っ
    `ーニュ、、:_:::_::_:::::::`ヽ:[i〉〈iトーイ'''''""" |/         `ヽ }/た

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 02:36:34
  49. 兵器萌え作家というと時雨沢恵一(PNはシグ社由来)とかヤマグチノボル@ストパンとかか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 05:55:12
  50. >>46
    ただ単にタイタニックの沈没を描きたかったジェームズ・キャメロンが、それだけじゃ興行的に成功しないのでラブストーリー仕立てにしたのと同じようなものですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 07:21:43
  51. >34
    部屋整理してたら「軍服人間U狂人総進撃」というトンでもねえ実録同人誌で漫画書いてましたチャーリーにしなか先生。 でも表紙はよっきゅんですがw


    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 09:00:25
  52. 兵器擬人化というと制服兵器兵たん局ってのがあった。
    最近はみてないけど…

    MCあくしずを見るとあの頃を思い出す。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 09:47:41
  53. >>46
    にっかつロマンポルノみたいな話だと思った私は間違いなく旧人類w。
    意外に似たようなことしてる人は多いのかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 11:05:51
  54. >>53
    名作ロリゲー「はじめてのおいしゃさん」にも、なにげに軍事ネタが入ってますからねぇ。いや、入っているのは「おるすばん」の方だったか?
    でもそういう人は今でも結構いるような気がする。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 11:32:43
  55. エロゲーでいえば「ゆのはな」(イタリア戦艦にって熱く語ってる)や「あると」(登場人物が帝国海軍の兵器由来の名前)が有名


    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 14:39:13
  56. そういえば「どくそせん」(一等自営業先生公認)でもオニャノコ版バウアーが部隊の将兵達に××されるシーンがあったなあ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 15:51:53
  57. >43
    >「成恵の世界」では?
    タイトルを間違えました。ごめんなさい。

    Posted by 90式改 at 2009年05月03日 16:01:58
  58. >>47
    通りで劇中のレ○プ魔が装備していたフォールディングナイフのディテールがリアルだった訳だ(爆

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月03日 16:38:45
  59. >>25
    10年ほど前に出ていた新紀元社の欧州海戦ガイドの挿絵がにしなか氏の
    尻尾を正しく出したお仕事。
    エロは一切なし。源文風のワンシーンばかりですが。

    5年ほど前に出発シンコーっていう鉄道を舞台にしたエロ漫画で駅名が全部兵器名になっていたのを思い出した。



    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月04日 00:58:31
  60. 手袋を嵌めた鳥さんが作者なのは分かるんだが、サブ兄さんって誰?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月04日 19:29:56
  61. >>60
    旧海軍の秘密兵器「伏龍」がモデルってだけで特定の人物ではないかと。
    マリンくんが昔の教育番組の腹話術人形って感じだから、解説のお兄さん/お姉さんなポジションでは。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月04日 21:23:06
  62. えっ、サブ兄さんが作者の自画像じゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月04日 22:59:52
  63.  >伏龍

     いかん、この手の名を見るとまた何時もの禁断症状が(棒読み)・・・

    Posted by KY at 2009年05月05日 00:42:06
  64. サブマリン

    サブ(兄さん)+マリン(君)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月05日 07:28:04
  65. 軍事系萌えと言えば、ややマイナーだがタクティカルロアがあるな、護衛艦に前進翼の変な哨戒機積んでたり、尺の関係か伏線ぽいものを投げ捨てまくっている等ツッコミ所の多さから駄ニメ扱いされることが多いけど僕は好きでした。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月07日 00:12:37
  66. こがしゅうと氏の本がここで取り上げられたおかげで売れ行き好調らしい。

    http://blogs.dion.ne.jp/syuto/archives/8341556.html

    これは… 捨て置けん、もっと買うべきw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月07日 02:23:16
  67. 紹介前がAmazonランキング1000位で、紹介後に100位台に上がるのか・・・たった一サイトの宣伝効果としてはかなり効率が良いな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年05月07日 19:28:24
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/118427167
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。