2009年06月10日
中国海軍の張召忠少将は国防大学で戦略学を指導している教授で、世界的にも有名な軍事識者です。冷静な分析を行う侮れない人物で、海軍に籍があるにも拘らず空母保有に消極的であり、国威発揚を目的に見栄を張るよりも、予算をもっと有効な箇所に投入すべきだと主張していた事もあります。空母建造が決定的となった後では「空母は必要だ」と主張を転向させていますが、以前はそうではなかったのです。

また張少将は、今年4月の北朝鮮によるテポドン2発射では「日本には迎撃を行う当然の権利がある」と、自衛隊が万が一の際に備えMDによる迎撃準備を整えていた事に理解を示しています。いえ、理解を示すというよりは「そんなの当たり前だろう」と常識を口にしているだけ、という風でした。

(2009/04/04)中国とロシアからも迎撃準備に理解する声

しかし空母の件にしろMD迎撃の件にしろ、"中国の将官"が行った発言としては特筆すべき話で、張少将が国防大学の教授というある程度自由に発言が出来る立場にあることも大きいでしょうが、少将自身の物事を見つめる姿勢の公平さが、たとえ日本を利する発言となっても、当たり前のことは当たり前だと言える態度に繋がっているのでしょう。ただ、いつかは上層部に問題視されそうな気もします。空母保有に関する持論を転向したのも、色々とあったのかもしれません。

その張少将が、日本の敵基地攻撃能力に関する論議で明快な判断を見せています。「日本は北朝鮮への先制攻撃を行ったりしない」と。


【識者の見方】日本の北朝鮮先制攻撃はない―中国軍少将:サーチナ
■平和憲法を持つ日本は先制攻撃を行なわない

 日本の平和憲法は、戦争の発動を認めていない。戦争の発動とは何か? 日本は1941年12月7日、脅威と考えた米太平洋艦隊を奇襲した。真珠湾攻撃だ。これが戦争の発動だ。現在の日本が、同様の行動をとることは絶対にない。北朝鮮が核兵器を持ち、ミサイル基地が存在すると知っても、日本がそれだけで先制攻撃することは、ありえない。

 麻生首相の発言は、政治上の観測気球だ。日本ではよくある話で、「気球」を上げて、周辺の反応をみてながら実際の行動を決めていく。反対の声があまりなければ、急激な軍拡を進める可能性もあるが、日本はそのような状況にはない。

■日本は北朝鮮攻撃用の武器も持たない

 また、日本は北朝鮮の基地を攻撃する能力が十分でない。これも、平和憲法の制約のためだ。日本のこんごう型とあたご型の護衛艦は、航続距離が最大3000キロメートルの巡航ミサイルを搭載できる。しかし、このような装備導入は、日本の防衛原則の重大な変更を意味する。米国から購入したり自主開発するとは思えない。

 朝鮮半島の緊張に伴い、日本では軍国主義を復活させる勢力が台頭しているとの見方がある。たしかに、軍国主義は警戒すべき問題だ。では、現実はどうなのだろう。日本は1945年に米戦艦のミズーリ号上で、無条件降伏に応じた。当時、日本の軍国主義は非常に恐れられていた。日本に進駐した米軍は、軍国主義の復活防止策に心血を注いだ。

 イラク、アフガンなどの問題に忙殺される米国の状況を見て、日本が「同盟国を助けるため、中国と北朝鮮の見張役を引き受けたい」と言い出す可能性はある。米国もある程度、許すだろう。しかし、米国が日本にすべてを許す可能性はない。他国への攻撃力を持たせることは、ありえない。

■中国の軍事力増強が日本で「脅威論」を助長

 世界第2位の経済大国になった日本にとって、警戒しなければならない対象は多い。ロシア、北朝鮮、中国、韓国、すべてを警戒しなければならない。本当のことを言えば、日本にとっては米国も警戒の対象だ。

 客観的にみて、北朝鮮脅威論、中国脅威論を理由に、日本は軍事力を増強させてきた。核兵器やミサイル実験などの北朝鮮の行為により、日本が軍備増強を一層進めることは、確実だ。ただし、具体的にどのような方向になるかは、まだ分からない。

 われわれが注意しておかなければならないのは、中国の軍備増強も日本の中国脅威論を招いてきたことだ。近年来、中国は軍事力増強を加速させた。そのため、日本でも「中国が強くなるなら、自らも強くなる必要がある」との考えが発生した。日本の軍国主義復活の問題は日本だけでなく、北東アジア全体の情勢と関わっている。

■米国も日本の「他国攻撃力」を許さない

 私の考えでは、日本が北朝鮮を先制攻撃する可能性は、現在のところ非常に小さい。ただし将来的には、可能性を排除できない。日本が過去半年間、専守防衛の範囲を少しずつ拡大してきたのは事実だ。しかし、先制攻撃を積極的防御と解釈するためには、法律面での準備が必要になる。

 また、軍事同盟関係にある米国が、日本が先制攻撃力を保有することを許すとは思えない。日本があまりにも強大になれば、米軍が北東アジアに展開する理由がなくなるからだ。これは、米国が決して望まないことだ。。


あれ? 張少将が言っている「先制攻撃」とは、予防攻撃を意味しているんじゃ・・・真珠湾攻撃を持ち出しているあたり、何か勘違いしている様子です。予防攻撃については日本は最初から検討の対象外です。

自民、敵基地攻撃能力保有を了承 予防的先制攻撃は行わず:産経新聞

ちゃんと文章としても明記しています。この事を明記する以前に、日本の敵基地攻撃能力論争は「海外から見れば、まさか反撃や攻勢防御の話をしているとは思われず、誤解を招く」という指摘が行われており、自民党が「予防攻撃は行わない」と明記した事は正解でしょう。

日本国憲法は意外と先制攻撃を認めている - リアリズムと防衛を学ぶ

詳しくはこちらで述べられています。敵基地攻撃能力には「予防攻撃」「攻勢防御」「反撃」 と三つのパターンがあり、日本は予防攻撃を行う積りは最初からありません。(注;ただし「攻勢防御(Offensive Defense)」は使用する言葉としては不適当で、「先制的自衛(preemptive self‐defense)」の方が適当)

張少将は何か誤解している恐れがあります。日本国内で誤解されやすい論争をしていた以上、仕方無いのかもしれませんが、ちゃんと「予防攻撃はしない」と明記されたので、今後はその誤解も解けると思います。

張少将のブログの主張は、ある意味で日本人よりも日本の事を信頼し、アメリカ人以上にアメリカを信頼しているとも言えます。日本は憲法の制約があるから先制攻撃は行わないし、アメリカも必要以上に日本に攻撃能力を与えたりしないと分析しています。いえ、信頼しているというと語弊があるかもしれません。現状の政治状況からいきなり敵基地攻撃が出来るように変貌したりはしないと判断しています。ただしそれは、法律面の整備が必要であり、これが出来れば可能となるという主張でもあります。

張少将の言う「航続距離が最大3000キロメートルの巡航ミサイル」とは、最新型のタクティカル・トマホークを意味します。張少将は、アメリカは日本にこれを売ったりしない、と断言しています。実際にこの巡航ミサイルの性能は、日本が対北朝鮮用に使う気ならば射程が過剰過ぎ、日本近海から発射すれば余裕で北京まで射程圏に収まってしまいます。海岸線に接近すれば中国奥地も全て射程圏です。張少将が「有り得ない」と言っているのは、アメリカが売ったりしないという信頼の他に、中国はアメリカに圧力を掛けるから日本は購入できない、という自分達の予定している行動を加味したものなのかもしれません。

またトマホークのような巡航ミサイルは基本的に照準システムが固定目標攻撃用であり、しかも巡航時間が長すぎるので、弾道ミサイルの移動式ランチャーのような動き回る目標への攻撃には向かず、貫通能力も高くないため、簡易なバンカーならともかく山をくり抜いた強固な地下格納庫には有効ではありません。

北朝鮮の核とミサイルの脅威を理由にして、ドサクサ紛れに北朝鮮相手には過剰な射程を持つ、中国奥地まで叩ける攻撃兵器を導入する行為は、例え日本が画策していてもアメリカが許可しないと張少将は判断しています。実際に、アメリカはトマホークの販売先を選択してきました。イギリスやスペインには売りましたが、販売を熱望するフランスには売りませんでした。日本が購入できる保証など、何処にも無いのです。売るにしても「発射にはアメリカの許可を必要とする」という条件が付けられる可能性も考えられます。

張少将はまた、日本が軍拡を行うにしても、北朝鮮の脅威の他には中国の軍拡が原因でもあることを認めています。自国の軍拡行為を認めて日本がそれに対応することを理解する発言で、中国側からこのような見解が出て来ることは、実に意義深い事だと言えます。


20時25分 | 固定リンク | Comment (137) | 政治 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. こういう認識の人は何所でも一人は居るんですなあ
    日本の防衛力増強をすぐに

    >日本の軍国主義復活

    へと結びつけちゃうのはもう仕方がないことなのかもしれないけど

    >米国から購入したり自主開発するとは思えない。

    超長距離というわけではないけど、ASM-2D/Lとかさりげなーく対外攻撃能力(らしきもの)の開発してるっす

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:40:40
  2. 1ゲットかな?

    いたって真っ当な意見が中国軍内部の人間から出てくる事が驚きでしたり……

    先制攻撃が指し示すものが何を指してるのかという事を勘違いしているのは、日本語と中国語のネイティブ部分での違いでの勘違いかなぁと仕方ないかもしれないけど
    日本、中国、アメリカそれぞれの立場を正しく認識しているからこそ、大筋の判断部分で間違える事は無いと言う感じでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:41:34
  3. 近隣諸国がそろって軍拡にひた走ってるのに、
    日本はダメよとかふざけんなと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:45:07
  4. >>2
    m9(^Д^)プギャー

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:48:18
  5. >>3
    張将軍はそういう風には言ってないと思うよ。
    JSF氏の言葉を借りれば

    >張少将はまた、日本が軍拡を行うにしても、北朝鮮の脅威の他には中国の軍拡が原因でもあることを認めています。自国の軍拡行為を認めて日本がそれに対応することを理解する発言

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:49:41
  6. >3

    んなこと張少将は言ってないだろうが、むしろ逆。

    バカ右翼の脊髄反射的コメントは実に見苦しいね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:52:10
  7. >3

    は? 張少将はむしろ日本の軍拡に理解を示していますけど?

    「われわれが注意しておかなければならないのは、中国の軍備増強も日本の中国脅威論を招いてきたことだ。近年来、中国は軍事力増強を加速させた。そのため、日本でも「中国が強くなるなら、自らも強くなる必要がある」との考えが発生した。日本の軍国主義復活の問題は日本だけでなく、北東アジア全体の情勢と関わっている。」

    自国(中国)の軍拡が日本に軍拡の理由を与えている事を中国人は自覚しろ、と言っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:54:25
  8. >>3
    なんつうかその、件の少将で真っ先に浮かんだ「信頼できる敵」というイメージの好対照のコメントをどうもありがとう、というか。w

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 20:55:50
  9. ここのサイトでもそうだけど、攻撃を受ける事態に何もしないのか?という議論なのに
    なぜか予防攻撃とか予防攻撃で完封出来るのかとか斜め上な話ばっかり議論されてる所があったり。

    もう日本人に死者が出て周囲も戦争に巻き込まれて大混乱の事態にどうするのかって話なんだけどねえ。
    結局、この人の話は反撃は容認なので、日本政府にはなんの反論にもならず、追認みたいな
    ものになっているという事です。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:02:10
  10. >>7
    この人は中国のお偉方の見栄っ張りに抵抗を感じていますからね。
    基盤も整ってないのに空母を欲してバランスを欠き、更に周辺各国の軍事強化を呼び込むとか
    戦略分析としては頭が痛い所でしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:03:52
  11. ある程度手の内や考え方をお互いに見せ合ったほうが、誤解を避けるのにはいいんだろうけど、この意見は中国の中でどれくらい支持を集めてるんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:04:33
  12. そういやこの不景気の中、中国の軍事費は遂に世界第二位になったそうですね。
    数的に日本のおよそ二倍。

    ただし、アメリカはその中国の更に七倍。

    Posted by ハインフェッツ at 2009年06月10日 21:05:36
  13. >>1
    中国が警戒しているのは長射程であって対地攻撃能力そのものではないので、別にそれは良いんジャマイカ > ASM-2D/L

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:06:15
  14. >9
    >ここのサイトでもそうだけど、

    何処を指しているわけ? 具体的な記事のアドレスを出して見て。

    ワラ人形論法は勘弁だよ。此処のサイトではだーれも予防攻撃なんて話はしていない。

    >結局、この人の話は反撃は容認なので、日本政府にはなんの反論にもならず、
    >追認みたいなものになっているという事です。

    張少将は最初から日本政府への反論なんかしていない。

    アメリカがトマホークを売るわけないだろう、北朝鮮を理由にオーバースペックな商品を欲しがるんじゃねーよプギャー、としか言ってない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:06:41
  15. >>12
    >ただし、アメリカはその中国の更に七倍。
    ち、これだからチートは。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:08:02
  16. あと、この人の指摘は米国の見解ではないので、米国と日本に釘をさしていると見た方が良いですよ。
    日本は明確に海上型巡航ミサイルを考慮させる事を盛り込んでいるので、
    当然トマホーク等にも打診くらいはしてくるでしょう。
    その場合、アメリカは反対してくれよなというメッセージ性もあるのかと。
    実際には英国やスペインに売却しており、韓国の開発には船舶技術等でも協力があり、
    一部には拒んだ経緯もありで「売る保証も売らない保証もどこにもない」状況ですので。

    中国としてはもっとつつしまやかな、せめて韓国みたいな500km級の代物ならば良いが、
    3000km級だと台湾有事に影響するのではないかとか、尖閣諸島の領有権争いをした時に
    使われるのではないかと警戒する向きもありますので。
    したがって潜水艦から発射するハープーンはスルーしてタクティカルトマホークだけに
    噛み付いてる可能性があります。米国は日本に英国並の協力強化を提言してる所があるので、
    あちらとしては気が気でないのでしょう。

    あるとかないとか断言出来る人なんかいませんから。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:09:06
  17. >11
    解っている人はいるのだろうけれど、ほとんどの国民には受けないんじゃないかな?だから空母保有の意見も途中で変えたのではないかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:09:26
  18. >>14
    JSF氏じゃなくてコメントね。なぜか一発も打たせないとか予防攻撃とか先制攻撃で
    北朝鮮が弾道弾を打ってきたらどうするとか、イスラエルの作戦とか
    「政府が想定してないシチュエーションで話を組み立ててしまっている」人達が結構沸いてる。

    JSF氏はそういう人たちにも釘を刺しているのかと。政府は先制攻撃及び予防攻撃はしないと書いてると。

    一連の敵地攻撃想定はあくまで日本に弾道弾が降り注ぐ事態になった時の対応の話ですからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:12:04
  19. >日本は明確に海上型巡航ミサイルを考慮させる事を盛り込んでいるので、
    >当然トマホーク等にも打診くらいはしてくるでしょう。

    オバマ「海上発射巡航ミサイル? ハープーンBlock2かスラムERで良いよね?」

    実際はこんなオチかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:12:16
  20. トマホークっつってもタクティカルトマホークだけじゃねえんだから・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:14:32
  21. >>11
    中国では世界を一周したとかどこそこに軍艦を派遣したとか空母をおいかけてやったとか
    そういう無謀で勇ましい話の方がウケがいいので、こういう実務派の話は一部の現実派以外には
    あんまりなじまないんじゃないかなあ。日本もそういう所ありますよね。
    そこらの人と話をした時にあまり詳しくない人だと日本をイージス艦でぐるっと囲んでしまえとか
    無茶をおっしゃる方もチラホラいました。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:14:56
  22. そこで某アメリカ上院議員が射程短縮した日本向けTACTOMを改修費日本持ちで提案・・・あれ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:15:16
  23. >>20
    ですね。だからまあ、実際は射程に制限がついた特注品とか、ポップ型の炸薬を増やした
    特殊タイプの考慮とか、まあ、トマホークにしても色々と双方で模索される可能性があります。
    まあ、米国の胸先三寸なのでそんなもん外野がいくらいってもあとで慌てるだけだね。
    可能性は低いんじゃないかとか、もっと別なものにする可能性の方が高いのではとかの方が
    妥当な意見かな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:17:22
  24. >20
    >トマホークっつってもタクティカルトマホークだけじゃねえんだから・・・

    いや、もう生産ラインが切り替わってしまったから、現在はタックトムしか売れるものは無いよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:19:17
  25. >そこで某アメリカ上院議員が射程短縮した日本向けTACTOMを改修費日本持ちで提案・・・あれ?

    搭載燃料を減らした分を全部貫通弾頭につぎ込めば結構いいかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:20:35
  26. >>24
    だから日本用の特注品を共同開発の名目で考えるアクロバットもありえると指摘されてるんでは。
    旧型を作れっていうんじゃなくて現行型の制限品なら対処可能ですし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:21:33
  27. 射程を500qまで短縮するかわりに弾頭重量3倍のタックトム…

    そういう夢のある巡航ミサイル、お待ちしております

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:23:28
  28. トマホーク売ってくれないならならスカルプナヴァールで行きましょう。

    冗談です。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:24:55
  29. 基本的に政府が考えるのは政治ですので、まずは世界中の可能なラインにあたりをつけます。
    これは実現不可能だろうとです。なぜなら最初から国産を作るつもりだったんじゃないかとか、
    高い国産品を買うなんてなんてそしりを受ける事にもなりかねませんから。
    ですから打診くらいは「しなくてはならない」のです。現実的には双方採用する気がなくても。
    ただし、予想外に相手が乗り気だったりした場合に別の発展をする場合もありえます。
    売らないけど共同開発で技術協力するよとかいつぞやみたいになったりとか、
    北朝鮮用に射程ではなく破壊力を重視したものを開発して日本韓国向きやSSGN用に搭載しようとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:24:58
  30. >>26
    あるいは国産巡航ミサイル開発支援ないし黙認とか。

    ASM-2版SLAMみたいなの・・・って、SLAM買った方が早いか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:25:24
  31. >>30
    ライセンス生産等の絡みで自由度を高める為に日本は国産に舵を切るケースもありえますよ。
    その場合、米国は持つことには否定をしないが、積極的な技術移転は躊躇するというケースだったり、
    防衛企業育成を主眼においていたりした場合と捕らえた方が良いので、早いかどうかは気にはしないでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:33:23
  32. 自民党のサイトに今回の提言内容のPDFがアップされているんだけど、
    概ねまともなことが書かれていたんだが、
    後半のほうに「地対艦弾道弾」という語句を見つけた瞬間すごい脱力感に襲われたよ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:35:01
  33. >>30
    >ASM-2版SLAMみたいなの・・・って、SLAM買った方が早いか。

    「将来ASMファミリーの飛翔性能向上」と称して巡航飛行用折りたたみ翼を装備したASM-2を妄想しました

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:36:31
  34. >>31
    いうか、ASM-2 D/Lが既にSLAMと被るって書いてて気付いた。

    ASM-2 D/Lが具体的に何処を(何処まで)目指してるかはまだ確定じゃありませんけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:36:44
  35. >タックトム

    やめてーその言い方やめてー
    ポスターでは超巨大だったのに現物はアレだった代物連想しちゃうからやめてー

    ♪ポッポコペッポー ポコペッポー

    Posted by 名無しメガフォース信者 at 2009年06月10日 21:47:26
  36. 米国が日本の先制攻撃力の保有を許さない、というのは、残念ながら正しいだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 21:55:06
  37. まあ、日本も離島上陸対応とか北朝鮮有事発生なんかが主眼でしょうから、
    中国を刺激しない様にあんまり過大な射程は望まないんじゃないかなあ。
    仮に持つとしても段階的に引き上げでないと一足飛び過ぎるでしょう。
    予想外に米国が乗り気で制裁に反対する中国を懲らしめる目的で導入試験用に
    そのままタクティカルトマホークを渡して嫌がらせしてくる可能性くらいはありえますが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:07:45
  38. >>36
    先制攻撃を容認しないのは日米安保の基本方針だろう。
    ただし、敵地攻撃能力自体を許さないなんて話はしていない。
    むしろ米国はそこは持てとも持つなとも言える立場にないという発言がされてる。
    これは米国の指令によるものではないし、米国が干渉出来る問題でもない。
    また、日本が防衛のみから反撃も考えるシフトをするのには肯定的。

    しかし、先制攻撃ではなく先制攻撃力としてるのは敵地攻撃も認めないとしたいのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:09:53
  39. >35
    タックコムのことかーーーー!!!

    って名前欄にメガフォースって書いてありますな・・・
    高校時代に見に行ってどれだけ脱力したことか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:15:29
  40. >地対艦弾道弾
    何を想定してるのかわからんw


    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:18:45

  41. 張少将のブログ、中国国民からは見えるのかねぇ・・・



    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:19:48
  42. >41

    中国語で書かれてますがな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:30:16
  43. >40
    きっと、昔の三式弾のように着弾すると焼夷弾子をばらばくんだ。

    Posted by M.N at 2009年06月10日 22:30:58
  44. >>42
    いや、その・・・ うん、すまんかった

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:31:37
  45. >35

    だってアメ公自身がタックトムって呼んでるし・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:31:51
  46. >>40
    それは中国を馬鹿にしてるのかw
    これは中国が検討していて巡航ミサイルでは撃破が難しい米国空母への切り札と考えてるんだが、
    米国はそもそも終末目標が空母ねらいな弾道弾なら撃墜出来るから意味が薄い。
    しかし、日本側が対中国に備えて沖縄付近に持つならそれなりに意味があったりする。

    別に対艦と言いつつ実は地上に打っちまおうとかいう訳じゃないんだからね!

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:33:11
  47. >>44
    一般市民が金盾を通して全部見れてるのか?という話では。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:34:04
  48. しかし、現実的な問題として、明確に日本が攻撃されている状況下で、日本「独自」の敵地攻撃能力でもって反攻する必要があるんだろうか、というと激しく疑問。
    日本が攻撃され、かつ米軍が反撃してくれない状況って、同盟国を見捨てれば覇権を失うアメリカの実情を考慮すると、かなり想定しにくいんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:41:54
  49. つうか巡航ミサイルでミサイルサイロならともかく多数ある車両式の弾道ミサイルに対して巡航ミサイルによる破壊って可能なの?
    普通逃げられない?


    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:43:06
  50. >>48
    日本が打撃されてるんだから日米安保が有効です。その上での日本の打撃力も参加するというだけですので
    日本独自のという話にはつながりません。集団自衛権発動という要素も盛り込まれてるのを忘れないでください。

    極東地域は国際社会的な戦力が薄く、派遣も時間がかかるので米軍を手伝うってだけでしょ。
    実際に日本人が数十万単位で死んでるのに自衛隊は何も出来ませんじゃそれはそれで自衛隊批判と
    政府批判が凄い事にもなる。

    国際貢献で日本人は血を流さないのかどころの話じゃないぞと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:45:33
  51. >>49
    誰もTELを直接破壊するとは書いてない筈だが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:48:50
  52. 日本の方針としては

    朝鮮南北戦争限定の場合には直接軍事介入は避ける。
    予防的な先制攻撃はしないと明確に盛り込んである。
    あくまで日本が攻撃された上、その攻撃が被害甚大、もしくは継続的な総力戦と
    明白である場合、米軍や周辺各国と協力して事にあたる方向を検討する事を初めて公式に許可する。

    何が出来るのかはこれから専門家が米軍やら諸外国やらと話し合って決めていくので、
    検討すらも指令してこなかったのが検討する様になるというだけの話です。

    先制攻撃だとか絶対日本だけでやるとかそういう想定ではないし、実験で撃ったミサイルが日本に
    墜落した程度で反撃するとかいう敏感なものでもないですよ。
    また、考える許可なんですから具体案はこれからです。どこまでの範囲想定してもいいのかを
    指定してる程度なものです。

    範囲を絞らないと対地弾道弾とか核までいっちゃいますから。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:54:43
  53. 対地においては最大で巡航ミサイル止まりですよ。対艦においては短距離弾道弾も考えますよ。
    っていう話でむしろ議論ここまでって感じと捕らえた方が早いです。
    その上で具体的選定とか、他の強化が最優先とか、実現困難とか、研究開発で先送りとか、
    色々な提案がなされてくる訳です。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:58:36
  54. >>50
    いや、結局敵地攻撃能力をフルパッケージで持つ必要があるかどうかって部分で大きく違ってくるんで、そこ議論の前提として超重要事項のはずなんだ。
    米軍と統合的な軍事作戦で打撃力を運用するだけなら、オブイェクトでも議論されてきた「日本単独では脅威排除が実行不可能」問題に対して一定の回答になるんだけど、政治の側の議論は現状、その辺の前提を明らかにしていないから。

    統合運用なら統合運用で、期待されているのはやっぱり初動で重点攻撃する能力だろうしさ。
    半端な打撃力を用意して、米軍が丸裸にした後でチマチマ爆弾落として「宅配ドライバー」とかバカにされるぐらいだったら後方支援能力に徹した方がなんぼかマシってことも考えられる。
    その辺考えると、日本独自の判断で戦わなきゃいけない状況を想定しない限り、「敵地攻撃能力」の実力としての必要性を明確化できないような気もするんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 22:59:51
  55. >>54
    今の想定では韓国や在韓米軍が空港を貸すとか、米軍が対地作戦機や補給機を貸すとか、
    共同で指揮下に入るとか、海岸線をアウトレンジで打撃する程度とか、
    そんな程度すらも具体的には話し合えないんですよ。

    そもそもどの程度の事をするのかすらも話し合っていないという異常な状況を
    初めて検討容認へ前進させるという程度の話でしかないのですから、
    日本だけでフルパッケージ持つのかとかは今後の話で今回の話ではないんです。

    あと、日本は明確に集団的自衛権と盛り込んでますので、日本単独なんか考えてませんから。
    日本単独なのに集団的自衛権ってなんですか?と。

    あと、イラク戦争みたいに各国から作戦機が押し寄せてる状況じゃないので、
    当初の作戦では地域分担で米軍を最適配置する事も可能になります。
    日本が海岸線及び北朝鮮領海内の海上戦力を攻撃して米韓が陸空海で更なる奥地へという風に
    注力可能になります。こんな段階まで米軍に全部やらせてたら肝心の奥地にたどり着くまで
    時間がかかってしまいます。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:05:46
  56. というか、日本がもっとも得意とするであろう北朝鮮海上戦力掃討、掃海艇による機雷処置、
    初期の進入ライン上の一部地域の制空権確保、対空ミサイル射程外からの攻撃による
    敵の削減もしくは敵のミサイル損耗誘発なんかではなく、
    いきなり奥地に爆撃しに行く話とか、TELを直接巡航ミサイルで叩く話ばかりしか
    出てこないのがなんとも。なんか誰も言ってない反論し易い想定ばかり考えてませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:10:31
  57. >46
    地対艦弾道弾だけどMD対応型イージス艦から発射されたSM-3で撃ち落されると思うが…。

    >■中国の軍事力増強が日本で「脅威論」を助長

    このような事を中国の将官が言っていることに正直驚いた。

    Posted by 90式改 at 2009年06月10日 23:14:23
  58. >>57
    いや、だから中国側は東風を流用して考慮してるけど、実際は目標が明確にわかりきってるので
    対地弾道弾よりも迎撃が楽でMDに落とされるので有効性は疑問視されてるというお話。
    ただし、あちらは普通に撃墜される巡航ミサイルよりはマシと捕らえているし、
    日本では中国の防空網はそこまでは進んでいないし、また安易な空母による日本挑発への牽制や
    飽和攻撃要素には使えると踏んでると。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:18:13
  59. また、日本は対地においては制約がありますが、対艦については制約が緩いので、
    まずは対艦から実績を積んでいくという流れもあるんでしょうな。

    ASM-2 D/Lだって海上の精度をより向上させる実験という名目ですので。
    日本で駄目なのは持つ事ではなく、対地計画として整備するのを遠慮してるだけですのでお間違いなく。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:22:38
  60. >>57
    中国に足りないのは現有装備の近代化促進と軍編成や用兵、兵站の充実なので
    それらを差し置いて軍拡の象徴的な空母に手を出すってのは・・・
    あと、国境線や南沙諸島等の態勢も満足に整備出来てないのに戦域を第二列島線だ
    ココ諸島−スリランカ−パキスタン−マダガスカルだとか次々に野放図に広げていくので
    敵を増やして中国軍の配備戦力を広く薄くしてしまうだけで性急過ぎるってのは
    かなり妥当な話かと。

    あと、中国が整備するとしても日本と肩を並べるくらいの技術立国になってからでないと
    日本に水をあけられた状態で日本に研究開発を早めさせるとか、損失でしかないと。
    今の中国は諸外国と違い、30年後に使える戦力を整備するのではなく、旧世代になりつつある代物を
    整備するという内容になってますので、目立つ割には大して使い道がないという話には
    ちょっと同情しちゃったり。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:41:30
  61. 敵地攻撃能力保有するにしても対中国用(?)なら3000kmでなく中国全土カバーする5000kmくらいは無いと微妙のような・・・ってその射程満たすには弾道ミサイルしか無いか。

    まあTRDIや三菱電機あたりが変態的技術で射程5000kmの超音速ステルス巡航ミサイルを何とかしてくれるはず!(棒

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:41:47
  62. >>61
    敵地攻撃は北朝鮮を考慮したもので中国を考慮したものではないので・・・
    そういうのは極東情勢が緊迫化したり、北朝鮮向きが充実した後にどうするかで
    世論に基づいたお話になるかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:44:19
  63. おそらくは遠慮して1000kmを超えない程度で話を進めていくんじゃないかなあ。
    そこらへんは具体的なプランが出てきてからなので、検討指令が出てからのお話になりますが。
    たとえばタクティカルトマホークが手に入りそうになったとしても、距離が長すぎるという
    異議が出て距離を短く出来ないのか打診せよとかいう感じになったり、中距離程度ならば国産で十分という
    議論になったりしたりするのではないかと。

    まあ、検討指令を受けて巡航ミサイルを自衛隊が要求した場合の話ですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:49:20
  64. 実際問題、中国にとって一番頭が痛いのは日本が米国との技術協力や多国間での技術供与を拡大する
    方針を打ち出したことなんでしょうね。日本の技術が今後欧米の軍事分野の革新に更に影響を与える
    可能性が出たので中国にとってはこっちの方がえらいこっちゃだったり。
    なんかしらないけどあっちは日本人をナチスばりの奇想天外兵器のスペシャリストと見てるので。
    たぶん漫画かアニメの見すぎというか、技術立国日本を変な風に曲解しているというか。
    まあ、特定分野では確かに日本は誰も考えないことを考えてくるのでノーマークは危ないんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月10日 23:54:29
  65. ○○国だから、○○人だから、○○社だから、
    ○○党だから、時間軸に展開すれば
    ○○時代だからetc・・・

    自分と対立していたり言語文化、所属組織、偏見などの理由で詳細な情報が手にはいりにくい場合、上記のように単純化して考える傾向が人にはある。外集団均質化効果って奴。記事本文で敢えて使って見せた信頼と言う単語を読んで、それを読んでこのことを思い出した。

    まあこれで上手くいくときもあれば
    真意を見誤るときもあるし、
    知らずにそういうバイアスをかけてしまうこともあるのが怖いところ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:19:31
  66. >>64
    兵器デザインの独創性はよく分かりませんが、部品の製造技術は兵器のレベルを上げる大きな要因となります。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:20:14
  67. アメリカが「これしかねえよ」って寄越したものが要求性能以上だったら、タクティカルトマホークでも導入しそうですがね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:25:39
  68. >>64
    中国の立場から考えれば日本はそう見えて当たり前。奴らにとってナチスよりたちが悪いのは、自分達より個のレベルで豊かさがいきわたっており、国家社会主義を妄信する独裁者などいない、骨の髄まで資本主義に染まっているところ。社会のつくりが違うし不自由がデフォだからこちらの思考を読んでいくことや社会の詳細を理解するのはかなり苦労していると思うよ。

    前のエントリだってナチスの奇想天外兵器的なセンスっちゃあセンスだし、更に言えば元祖ナチスドイツも良い物はたくさん形にしている。物的な面から言えば足りなかったのは数。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:27:43
  69. 日本にもこういう分析や明快な主張が言える人材が欲しいな。

    タモさん?論外。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:34:59
  70.  >タクティカルトマホーク

     ダブルトマホークという名のミサイルはないの(棒読み)?

    Posted by KY at 2009年06月11日 00:40:02
  71. >>69
    逆神がじっと見ています

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:42:28
  72. >>70
    ゲッタートマホークで我慢してください。これなら北朝鮮一国くらいは楽勝っぽいですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:45:08
  73. 物不足のナチスドイツとはまた違う、政治的理由や予算の上限
    という名の制約の中で生まれる奇想天外兵器の数々!
    とくとご覧あれ!

    ……ところで、コピー紙の不足を解消できる奇想天外兵器って無いものかのう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 00:57:19
  74. 共通の敵に分断された米韓と日本
    http://newsweekjapan.jp/harris/2009/06/post-8.php
    だからこそアメリカ(と韓国)は、日本が自前の先制攻撃能力を手に入れることを警戒すべきだ。韓国とはいかなる同盟関係もない日本には、北朝鮮と対決するにあたって韓国の安全を考慮しなければならない理由がない。もし北のミサイル発射が近いと察すれば、日本国土に対する直接の脅威という根拠だけで行動できる。日本が北朝鮮に対する先制攻撃を行えば、体制崩壊が怖いか攻撃源を特定できないなどの理由で北は韓国を攻撃し始めるかもしれない。

    アメリカのしがない?日本研究家も日本の敵基地攻撃能力に批判的ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:02:33
  75. >41、>44
    普通に見れますし、マスコミにも良く引用(本人も登場)されます。

    少将は、CCTVの軍事アドバイザーとして番組の監修を行ったり、「防務新観察」のような番組制作に携ったりもしています。

    ブログアドレス
    http://blog.ifeng.com/1772112.html

    空母メルボルンをスクラップ名義で購入した時に、メルボルンの調査を行った人物の1人が張少将です。少将がずっと空母保有に反対だったというよりも、自身が空母計画に携った経験があるだけに、うわついた空母保有論には反論せざるを得ないところがあるのでしょう。

    具体的な空母の保有に関する話題もブログで取り扱っております(テレビ出演した際の記録を掲載している)
    ttp://blog.ifeng.com/article/2595007.html
    ttp://blog.ifeng.com/article/2595002.html
    ttp://blog.ifeng.com/article/2615263.html

    この辺りを見ると、空母保有の是非について5W1Hを良く踏まえて記述を行っている事が窺えます。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:09:36
  76. 少将は軍内部の贅沢や華美な傾向にも直言するような人物ですので、煙たく思っている軍人は少なくないのではという気もします。

    http://dailynews.muzi.com/news/ll/chinese/1562609.shtml

    サーチナの翻訳記事
    【識者の見方】中国「官」の異常な贅沢―海軍少将(1)(2)
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0415&f=national_0415_020.shtml
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0416&f=national_0416_032.shtml

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:21:19
  77. オバマ政権側は日本の基地攻撃能力保有を認める発言をしたはず。
    まぁ、それがトマホークを日本に売る意図があるかどうかは
    別問題ではあるが、
    やろうと思えば日本も国産巡航ミサイルを
    開発する能力はあるのではないか。
    GPSも必要になるが独自に衛星も飛ばせることだし、
    難しいことではないと思う。

    良く憲法9条の話がでてくるが、
    ここに述べられている「戦争」は侵略戦争を意味する。
    それは日本の憲法に携わった
    当時ケーディス大佐も言っていること。
    即ち、制裁戦争と自衛戦争は含まれていない。
    問題は自衛戦争に先制攻撃に伴う防衛が含まれているかどうか。
    解釈次第では日本は先制攻撃に伴う自衛戦争も認められる。

    自衛隊は合憲であり、陸戦条約が定義する軍隊である。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:33:18
  78. もし大綱に予防的攻撃をしないと明記しても、中韓が大騒ぎすれば、アメリカも日本の中長距離対地兵器を阻止してくる可能性は高いですね。
    今のアメリカのアジア政策は良くも悪くも中国中心ですから、自分たちと直接関係ない事で米中を緊張させたいとは思わないでしょう。
    ゲーツが言ってるように、自国に落ちてるく弾道ミサイルは撃ち落とすけど、それ以外は迎撃しませんという方針と似ていると思います。
    結局アメリカが全力で阻止してくるんじゃないかな?日本の対地攻撃能力取得を。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:40:03
  79. >6
    >バカ右翼の脊髄反射的コメントは実に見苦しいね。
    都合が悪くなるとレッテル貼りか。
    何処の国の人間だよw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:40:06
  80. >>77
    あれは高官であってオバマ政権とは言えないですよ。
    個人的な見解だったとか、あとで修正する事は可能です。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:41:39
  81. >結局アメリカが全力で阻止してくるんじゃないかな?
    逆の発想もできる。
    日本の核保有論を懸念して
    トマホーク輸出でガス抜きをするという考え方もできる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:42:41
  82. >自衛隊は合憲であり、陸戦条約が定義する軍隊である。

    そうなんですか?

    法学は全くの素人なのでよくわからないのですが、昔々私が大学の教養課程で法学を受講していた折、法学の教授が『憲法学者の間では自衛隊違憲論が多数派だが、最高裁判事は合憲論者からしか選ばれない。実際、選ばれそうになったらいきなり合憲論に鞍替えした人もいた。(笑)』と講義から脱線して雑談していたことがありました。
    それでてっきり『そうか、憲法解釈は割れているが、違憲論者が多数派なのか。』とこれまでずっと思い込んでおりました。

    最近では合憲であると断言できるほど、合憲論者が圧倒的多数派になっているのでしょうか?

    Posted by   at 2009年06月11日 01:45:31
  83. >79

    馬鹿右翼呼ばわりする心算はないけど、別に都合悪くなってないんじゃないかな?
    既に指摘されている事だけど、どう読んでも張少将が「日本はダメよ」と言っている箇所は見当たらない。

    張少将は「米国が、日本が先制攻撃力を保有することを許すとは思えない。」と予想しているに過ぎない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 01:54:16
  84. 82の書込みを修正致します。

    >合憲論者が圧倒的多数派になっているのでしょうか?(誤)
    >憲法学者の間で合憲論が圧倒的多数派となっているのでしょうか?(正)

    最高裁判事は合憲論者からしか選ばれない様ですので、合憲論者が圧倒的多数派なのは当たり前ですしね。
    すみません、紛らわしかったですね。

    Posted by 82 at 2009年06月11日 02:09:10
  85. >中韓が大騒ぎすれば〜アメリカが全力で阻止してくるんじゃないかな?

    それよりも前に、朝日・毎日・NHK労組・日教組・市民団体etcが大騒ぎして、民主・公明・社民・共産が全力で阻止してくると思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 02:16:18
  86. >張少将は「米国が、日本が先制攻撃力を保有することを許すとは思えない。」と予想しているに過ぎない。

    チャイメリカとアメリカで言われるほど米中関係は重要になっています。
    国債をもっとも買い、北朝鮮問題だけでなく地球規模の問題に両国は不可欠となっています。
    好むと好まざると、ともにやっていかなければならないという認識はあると思います。
    中国で騒ぎになり、中国がアメリカに圧力をかければ、アメリカとしても日本の基地攻撃能力取得阻止に動くというのはありえると思います。
    台湾に散々圧力をかけ続けましたからね、アメリカは。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 02:17:57
  87. >86
    >アメリカとしても日本の基地攻撃能力取得阻止に動くというのはありえると思います。

    すみません、紛らわしかったですね。
    私のコメントは、3(=79?)氏の以下の書込みに対するものです。

    >近隣諸国がそろって軍拡にひた走ってるのに、日本はダメよとかふざけんなと。(3)
    >都合が悪くなるとレッテル貼りか。(79)

    つまり3氏は「張少将が『日本だけは軍拡してはいけない。』と言っている。」と書き込んだことでバカ右翼呼ばわりされ、79で「都合が悪くなるとレッテル貼りか。」と怒っている訳です。

    それで、「いやまあバカ右翼呼ばわりは感心しないが『日本だけは軍拡しちゃ駄目なんて言ってないだろう。』と言う指摘自体は間違っていないだろう。明らかに貴方の誤読だろう。」と言う指摘をした心算でした。

    因みに、アメリカが阻止に動く可能性は否定しませんが、可能性は低いと考えています。
    素人考えですが「同盟国としてアメリカの東アジアにおける安全保障戦略の一翼を担うと言う前提なら、あえて反対しないのではないかなぁ。」と。

    Posted by 83 at 2009年06月11日 02:44:54
  88. >79
    >都合が悪くなるとレッテル貼りか。

    何処の誰が都合悪くなってるんだよwww
    ヘマしたのはどう見てもコメント番号2だろwww

    >何処の国の人間だよw

    読解力の無い無能な味方は要らないんだよ、黙ってROMしてろ低能。

    それとも一体誰が都合悪くなっているのか、具体的に説明できるんですかぁ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 02:48:40
  89. >86

    チャイメリカとは国士様丸出しの発言はお控え下さい。ここでは相手にされません。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 02:50:14
  90. コメント2もそうだが、今読み返すとコメント1も張少将の意図を全然読めてないのな、嘆かわしい。

    中国の将官の発言だからって内容をよく見ず脊髄反射する右翼が多過ぎ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 03:07:56
  91. にょ?
    ヘマらしいヘマって最終確認してから投稿したら、最終確認との間に投稿があってコメ1じゃなかったという事でネタになったぐらいだと思ったけど、それ以外に何かヘマやらかしたかな?

    中国:自国の軍備の拡張が他の国を刺激しているという事は自覚している、但し軍備拡張を行わなかった場合には、国内諸問題や外交問題等の問題が再燃しかねないという問題もあるため軍備拡張を行わないというのは無理に近いものがある。
    日本:東アジアの軍事バランスが北朝鮮の核問題や、中国の軍備拡張によって崩れる可能性があるため、自らの国土を守るために、軍備の拡張を行うべきである。
    アメリカ:極東での軍事バランスの保全を保つべきではあるが、潜在的に日本が現在以上の軍事的プレゼンスを極東区域で持つ事については第二次大戦での手痛い教訓から警戒するべきである。

    大体こういう感じだからこそ、中国としては日本の軍備拡張の流れが発生するのは自国が招きよせたものである事はその通りであるが、それによる軍備拡張競争は避けるべきである為に政治的な交渉や軍事的な交流等といった、複数の手を用いるつもりである。

    という認識だったんだけど……間違ってるかな?

    Posted by ※2 at 2009年06月11日 03:31:38
  92. >91

    ごめんなさい、コメント2とコメント3を間違えました。

    Posted by 90 at 2009年06月11日 03:55:06
  93. >>ダブルトマホーク
    張少将は日本人の怖れがシャインスパークする事
    を恐れているって話ですね、わかりすぎます

    Posted by 別スレ6124 at 2009年06月11日 05:51:34
  94. 似た内容(引用元?)が下記に載ってますね。
    http://622006681.qzone.qq.com/
    CCTVのインタビュー番組の記録のようです。
    キャスターが日本を悪いように誘導しているところへ、冷静な意見を述べている感じです。


    Posted by Manabu at 2009年06月11日 06:32:50
  95. >>中国脅威論を理由に、日本は軍事力を増強させてきた
    技術の進歩に伴う近代化、以上のことってしてたかなぁ、と。
    世界的には日本って常に軍事力を増強してるイメージでもあるんでしょうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 07:47:07
  96. >>74
    誤解してる人が多いが、それは日本が南北戦争を引き起こす様な事には注意しなければならないという話。
    今回の話みたいに中国ですら容認している反撃に限定した話ではありません。

    そして日本政府はそれらの声をちゃんと把握していて先制攻撃や予防攻撃ではないと明記しています。
    日本は南北戦争を引き起こすのを想定していません。むしろ南北戦争に巻き込まれる事を想定しています。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 08:25:08
  97. それらの証明として日本の政策では米国への攻撃補助もしくは補完が主体となっており、
    米軍の偵察能力や作戦能力を前提とした整備に重点が向いています。

    これらは米軍の協力なしには大した効果を得ないという事なので、独自の先制攻撃論には該当しません。

    また、対中国陸上攻撃を想定するとする向きもありますが、その様な長大な射程を容認するのかというのは
    こちらではまだ触れていません。

    今後、具体的な計画や装備名が挙がってきた時にそれは選定段階で再び審議される事となるでしょう。
    航空機でも航続距離で似たような流れがありましたし。
    こういうのは順を追って行われるものなので。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 08:28:52
  98. 訳:まさかお前(アメリカ)日本に売ったり市ねーよな?
    と書こうとしたら既に※16で既出だった…
    後※3に同意(張少将が「日本はダメよ」と言ってるかどうかは別として)

    Posted by 空気黄泉力0 at 2009年06月11日 10:48:27
  99. 細かい所は兎も角、大筋では賢く冷静。
    中国にだってそういう人は居る。

    しかーし
    年功序列、学閥主義、一党独裁の官僚国家。
    賢く冷静な人物が、偉くなって決定権を持つとは限らない。
    似た様な国の、日本だってタモさんとか居たしなー。

    張さん超頑張れ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 15:34:30
  100. 中国の国防大学は玉石混合だな。

    朱成虎少将のような馬鹿発言をする人間も居れば、張召忠少将のような聡明な人間も居る。

    五百籏頭真・防衛大学校長と朱成虎・国防大学防務学院長の場合
    http://obiekt.seesaa.net/article/111297583.html

    さて、日本には朱成虎と同レベル以下の田母神なんてヘボが居たわけだが、果たして張召忠少将のような人材は居るのかどうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 16:51:27
  101. 中国が北朝鮮にもたせるのは核兵器。アメリカが日本にもたせるかもしれないのは、射程の短いミサイルだけ。どちらが太っ腹かは一目瞭然ですな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 17:19:10
  102. >101

    馬鹿国士様は帰りなw

    北朝鮮の核は中国からの技術供与じゃ無いのに、アメリカから日本へのミサイル販売と一緒にするんじゃ無ェよ。

    同列に扱えないものを無理矢理に・・・馬鹿じゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 17:30:36
  103. それ以前に中国が北に核を持たせたと思ってる時点でもうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 17:40:51
  104. >>99
    少々ぶっちゃけた意見を言っても問題ないのでしょう。
    少将だけに。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 18:39:42
  105. >ある意味で日本人よりも日本の事を信頼し

    読んで最近の国内政治を考えてあちこちが痛む・・・

    6/11 捨民党が民主との連立政権に意欲
    政権に参加することで
    「最近の危険な軍国主義復活を食い止めたい」 byミズポ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 19:25:47
  106. むしろ張さんみたいなのがまだ現役で自由に意見をかけてるのが異常。
    よほど有能なのか、後継者でも居るのだろうかとあらぬ想像をしてしまったり。

    韓国や中国でアンケートを取ったり、過去の談話なんかを見てみれば分かるが、
    実際に半世紀以上戦争をしてない日本は各国にそれなりに信頼もされてる。
    また、経済協力や国民性なんかも敵対的や外圧的ではなく共助的なので、
    本質的な面で対立軸にないというのも理解している事なんだよ。

    基本的に日本バッシングが強化されたのは外圧を仕掛けてくる欧米や
    国境問題をまだ抱えていたロシア等と接近する事にしたのが大きいので。
    どこもたたかないと共産党が叩かれてしまう。だから、一番安全な日本を叩けってのが今の方針。
    危険だから叩いてるんじゃなくてウサ晴らしのスケープゴートが必須でその中で一番
    やりやすくて叩く事で利益誘導も狙える可能性までついてくるのが日本ってだけ。

    実際、今の日本人には朝鮮半島とか中国本土とか要らないだろ。むしろ満州や朝鮮併合は
    間違いだった、重荷だったってのが右左双方の大半ですら一致する所だし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 21:47:38
  107. また、一番暴走していた時代とされる第二次にしても交渉を重ねた上で戦争に望んでいたり、
    協定後は輸送網にすら手を出さない徹底振りなんかから「度が付く程糞真面目」というか
    「不器用すぎる国」として捕らえられてる。

    共産党なんかは日本のおかげで躍進できたくらいなので反日キャンペーンと違って
    実際の日本の甘さはよく理解しとるよ。欧米や共産主義のソレとは明らかに着想が違う。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 21:50:17
  108. 後継者→後援者ね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月11日 23:43:55
  109. >105
    金昌男のミサイル迎撃肯定発言の時も思いましたが。
    「無能な味方は有能な敵より恐ろしい」
    という言葉を思い出しましたよ。
    (元ネタ何だっけ?銀英伝?)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月12日 00:39:46
  110. 元ネタはナポレオンだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月12日 02:12:30
  111. 「平和憲法を持つ日本は先制攻撃を行なわない」とのサーチナの記述は変だ。

    真珠湾攻撃は、先制攻撃=侵略(Aggression) だったから国際法(不戦条約)違反。予防攻撃にあたるから非難されるのは当然。平和憲法であろうと何であろうと国際法は遵守しなければならない。サーチナのこの記事は中国の国際法遵守の意識の希薄さが出ているように思う。

    予防攻撃は先制攻撃=侵略だから憲法9条の問題が無くとも出来ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月12日 20:30:12
  112. >>109
    正男ちゃんはむしろ中国寄りだからどっちかというと北朝鮮の味方って感じじゃない気もする。
    張氏と同じ立場にたっていると見るべきかも知れない。

    というか、どっちかというと無能なのは北朝鮮で正男ちゃんの方が物事見えてるよね。
    三度目の核実験準備に工業団地の賃金4倍、賃貸料30倍とかもうこいつら駄目だと思った。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月12日 21:49:43
  113. >>111
    真珠湾攻撃も深く研究してみると米英戦争みたいな計画的なだまし討ちとは別のものなのがわかる。
    また、日本は欧米と違って決裂するまではモンゴル等への積極的な拡大策は
    避けている所も研究されている。
    資源確保ルート的な野心はあるものの、領土拡大的野心については別、また、対侵略についての
    抵抗性なんかは指摘されるが、何もない所を欲するという感じとはまた別なのも理解されてる。

    その上で日本は既に欧米の基幹となっており、資源調達はむしろ戦争した方が停滞する状態。
    また、純粋な自発的領土的野心が好戦的な時代ですら薄かった事もあり、日本が戦争を誘発する
    先制的な攻撃をするとは思わないというのは妥当な判断だと思う。

    そもそも日本は予防攻撃や先制攻撃はしないって言ってるから杞憂だ。
    今回の敵地攻撃論はあくまであちらが戦争を吹っかけてきた場合の話だからね。
    つまり、張氏の指摘通り、防衛という概念になる。

    ただし、北朝鮮用は1000km級で十分で2000km級を超えるものは過ぎたものだろうという
    釘は刺されている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月12日 21:54:53
  114. >北朝鮮用は1000km級で十分で2000km級を超えるものは過ぎたものだろう

    1500kmの射程があれば北京を直撃できるからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 00:22:17
  115. 人民解放軍の偉いサンが暗に「あんまし軍拡やってると日本がイケイケゴーゴーの危険モードに走っちゃうよ」と自国の国策を批判してるようにも思える。
    んで日米に「アホみたいな軍拡やっててごめんなさい。でもうちのアホどもを抑えられないのでこれ以上国内のアホを刺激しないように配慮をお願いします」と言ってるようにも取れる。

    >>106
    確かに日本は叩き易かったが上海の暴動で日本叩きで不満を逸らす事の危険性(国家がコントロールできないほどの暴走になった)が実証されてしまいましたね。
    あのあと副首相が小泉首相(当時)との会談を急遽キャンセルして帰国ということがありましたが、
    あれは会談したあとに靖国参拝ということになったら中国共産党に矛先が向く危険を避けるためではないかと…
    最近はインドとの潜水艦の件でガセネタとしてゴルァした件といい、特定の方向に矛先を向けないように注意しているのでしょうかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 00:28:13
  116. >>115
    日本たたきが本気じゃない証左でもあるね。本当にコントロール不能になると実際には日本企業は
    中国の味方であるので、みんな出て行ってしまう。それは大変不味いんだよ。
    それと、逆に民主化側も日本叩きをツールとして利用してきていて、表面上日本叩きを装って
    集団活動する実験をしたり、突然矛先を政府批判に切り替えるとかいう戦術も懸念されてる。

    米ソへの矛先を日本にしておけばいいから矛先の向け方の手法等も検討しないと難しくなってきた。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 00:33:17
  117. あとは日本バッシングで日本への圧力になるどころか日本国民がキレそうになったのも
    中国政府が大慌てした所でもある。日本はお得意様でもあるので。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 00:33:55
  118. 日本叩きは米露にロクにものをいえなくなった腰抜けになった政府のまやかしであったり、
    実際はポーズだけというのもあって米国には日本みたいに対処出来ないとか、
    日本に口先ばかりでなんの対処もできない政府とか、そういう実情を攻めるとかも
    やられちゃうからね。まあ、過激化も困るんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 00:37:19
  119. >人民解放軍の偉いサンが暗に「あんまし軍拡やってると日本がイケイケ
    >ゴーゴーの危険モードに走っちゃうよ」と自国の国策を批判してるようにも思える。

    自国の軍拡を否定してはいない。ただ、日本の軍拡を頭ごなしに否定するな、と言っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月13日 16:37:40
  120. >>119
    軍幹部の大きなおもちゃ好きを指摘してるだけで軍拡否定ではないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月14日 03:10:49
  121. とと、119氏が指摘している相手に向けての内容です。失礼。

    Posted by by 120 at 2009年06月14日 03:11:28
  122. >>113

    ▼書き込み113は正当化したいヤツが書きそうなことだが、そのような書き込み(第一段落)で正当化できると思ってるの? いっそのこと、そのような臆病で曖昧な書き方に終始するより、真珠湾は日本の侵略では無いとでも言い切ったらどうだろうか?

    ・積極的な拡大策は避けた、とは笑わしてくれる。では、なにゆえ制裁(石油禁輸,資産凍結)が来たのか?
    ・資源確保であれ領土拡大であれ経済権益が絡むのは同じだろう。分けて何か意味があるの?分けたところで正当化できないだろう。
    ・米軍と共に戦ったフィリピン人や英軍と共に戦ったインド人などなど、現地の人々が自発的に日本軍と戦って亡くなってる。そのあたりも考えるべき。
    ・「何もない所を欲するという感じ」ではないから侵略ではない、とでも言いたいのか?いい加減にした方がいい。
    ・・「深く研究」してみた結果がこれらの認識なのかね。

    キミの脳内の架空研究者の話を引用されたところで111にとって意味はない。仮に、現実世界の一部で「別」だと「理解」されていようと、真珠湾を始めとした南方作戦の合法性は証明されないし、
    その点に関して理解はされない。キミは、南部仏印進駐を強行したことが制裁(石油禁輸、資産凍結など)を招いたことよく確認したほうがいい。その上で、ハルノートは最後通牒ではなかったこと、交渉が決裂する前に機動部隊が出撃していること(つまり最初からそういう計画だったこと)、をよく見たほうがいい。これらの事をよく理解できていれば、「計画的なだまし討ちとは別」などの寝言は吐かないよ。

    ▼▼キミの第二段落以降の書き込みは一体何が言いたいの?張少将の冷静で妥当な主張に関してであればキミの分析は必要ない。111個人の見方とJSFさんのエントリーを参考にすれば十分だ。
    キミはコメント111を読んでないのではないか?
    コメント111は中国の国際法軽視あるいは曲解の一端を(別に珍しくはないが)サーチナの記事に感じたことを念頭に書いている。たとえば中国海軍60周年記念式典での国家主席の発言だが、建国以来、中共政府が周辺国に対し何度も戦争を仕掛けていることを一切踏まえていない(自分は侵略してもOKということだろう)。次元は違うが、そのような感覚が一メディアの何気ない文章にも感じられるので書いた次第だ。張少将が冷静優秀なことと、中共の国際法と相容れない姿勢やその行動原理は別の話だ。


    Posted by 111 at 2009年06月14日 22:00:49
  123. >>122
    米国ですら各国に進駐していた。
    また、ドイツやソ連、中国等は明らかな「領土拡大」が目的だった。
    日本の場合はそもそもロシアとの絡みでズルズルとひっぱられて行った面もある。

    そして実際に投資等をみても過剰な投資で他の宗主国みたいな簒奪型運営になっていない。

    同じ中国系の人でも台湾人等が日本人の占領政策を欧州系とは違うものと
    分析している様に、それらも日本の野心という面については低いとみる材料になっている。

    また、日本に正当性があったとかそんな下らないレベルでの話はされていない。
    今も日本人が領土拡大という野心を持っているのか?という観点での話でしかない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月15日 06:30:49
  124. 台湾は敵基地攻撃能力をどれくらい保有しているのでしょう?

    F16ABに加えて「雄風」ミサイルという対地攻撃可能な射程300キロの対艦ミサイルをもっていて、07年までは大陸に向けて発射する想定で演習をしていたようですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月19日 01:16:47
  125. >>123
    国際法(この場合不戦条約)は戦争、とりわけ大戦争防止の願いで作られた。批准した国は当然遵守する義務があり、大国の責任は特に重い。「野心」がどのようなものであれ、やむを得ざる理由によらない攻撃は認められない。正当性とはこのことについて言っている。そのことが「・・・そんな下らないレベル」とは・・・(笑)
    (正当化云々いうなというのであれば113はあのようなことを指名して書かなければいい。111をよく読むべき。123は122もよく読みなということ。)

    それと、「米国ですら・・・」から「・・・低いとみる材料になっている。」までは言っても意味ない。(122にも書いたが)資源確保的であれ領土拡大的であれ、経済権益が絡むのは同じことだ。
    (そのようなことを言ってるから正当化云々の話をせざるを得ないワケ。113は111の論点とずれてる。そして123はまた同じことを言わせるわけだ。)

    113や123のいう欧米とは違った、「野心」の「低い」日本、いつの時代でも控えめな日本が侵略戦争をした。そうである以上、野心どうこうを論じても意味はないんじゃないの?
    (今も昔も野心は薄い・低いとキミらはいってるわけだからな。この点自分でわかって言ってるわけでしょ? いずれにせよこの観点での話をしてること自体が111とズレてる。)

    あえていうのであれば、太平洋戦争をやってぼろ負けし、ルールを遵守した振る舞いを学ばざるをえなかったということ。戦前のある時期以降もそのように行動すべきだったということだ。キミは肝心なところを何も学んでないようだが。

    おそらく、113も123も(113=123?)分かってないだけでなく、そもそも読んでないのでは。


                   
                   111・122 より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月19日 22:36:57
  126. >>125
    日本が進出したのが善だの認められるだのの話ではない。その根本的な目標部分の差を
    いわれてるんだ。明確な領土拡大主義に基づいたものなのかどうかという話なんだが、理解してる?
    日本は何度も交渉で実際に領土放棄してみたり、ロシア南下で再度の進出をするハメになったり、
    アメリカ相手に中国からの軍隊撤退という話し合いまでしていたり、ドイツやソ連とは
    全然話が違うだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月20日 12:29:45
  127. >>126
    いい加減に気づけよ!!同じこと何回言わせるんだ(笑) 「善」だの「認められる」だの言ってるオマエが分かっていない。111で書いたのは国際法やそれを踏まえた見方についてだ(そのことを表現するのに122で正当化という言葉を使ってる)。113やオマエ(123・126)はそれを踏まえてない。ズレてる。だ・か・ら、122や125を書かねばならなくなる。

    俺の経験では、面白いことに、例外なくキミらの様なヤツは、真珠湾が侵略だったことを認めたくないし認められない。当然、そいつ等は国際法に関する意識が希薄だ(つまり大方の特亜人と五十歩百歩)。リアルでもネットでもキミらみたいな物言いするのは、その手のばかりだ。だから、当方としては、正当化しているのかと疑わざるを得ないしそれ以外言いようがない。そんなバッタ連中のグダグダ話に乗るわけがないだろ!! 何なら国際法に基づいて先の大戦を評価してみろよ。できないだろ(笑)

    上記したことが分からないなら絡んでくるな!!一人で書き込んでろ!!何回も同じこと言わせるな。

    しかし救いがたいトンチンカンだな。馬鹿右翼レベルの意識で歴史を語るなんて笑止だ。後から書き込んで全然読めてないとは・・・・113イコール123イコール126なのかね?


                          111・122・125より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月25日 23:02:05
  128. >>127
    国際法でいけば余計にたいした事をしてないんだが・・・
    しかも奇襲と侵略を勘違いしてるだろ。真珠湾を攻撃して上陸して占領でもしたのか?
    交戦権として事前通告違反であって戦争しちゃ駄目とかいうもんではないんだが。
    それのどこらへんが領土的野心になるんだ?軍隊を引き上げるという交渉を自ら出す
    領土的野心とか聞いたことないんだが。ソ連やドイツが東欧をどうしてて、
    横槍を入れられても抵抗していたのを考えてみるといい。

    そして、実際に中国や韓国が現在の日本が領土的や新で韓国本土や中国本土を狙ってくると見ているのか?
    君の話はズレ過ぎ。中国の人や韓国の人すらもついていけない話をしてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年06月29日 08:20:03
  129. >>128
    前から気になっていたが、113=123=126=128であるなら、どうしてそのことが分かるように書かないのか? コテハンか番号の一本化をするべきだろ?


                111・122・125・127より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 01:18:03
  130. >>128(113)

    国際法(不戦条約)を全く理解してないことがコメント128を読んでよく分かった。
    127の第二パラグラフ以下で書いた通りの輩だということもよく確認できた。 


    以下、馬鹿右翼ぶりが満開のコメに突っ込んでおく。
    >>国際法でいけば余計にたいした事をしてないんだが・・・
    どこを押せばこのような発言が出てくるのか不思議だが、馬鹿右翼らしい開き直りだ。国際法でいけばそれこそ、あの行動は大問題だ。

    >>しかし奇襲と侵略を勘違いしてるだろ。
    ココは特に笑えた。奇襲は奇襲で侵略は侵略だから勘違いしようがない。ゴッチャにしてる方もおられるようだが、侵略とは何かが判れば出てこない発言。

    >>真珠湾を攻撃して上陸して占領でもしたのか?交戦権として事前通告違反であって・・
    真珠湾を攻撃したことそのものが侵略(不戦条約違反)だから、上陸や占領はあっても無くても侵略であることに違いはない。『領土的野心』(まだこれ言ってるのか、左翼連中と変わらんなw)があろうとなかろうと、『横槍を入れられても抵抗』とか無関係なワケの分からん事言おうと、あのような攻撃をしたことそのものが侵略だ。交戦権として事前通告違反ってか・・・一体何が言いたいの?仮に通告したとしても侵略は侵略であり、そのことに変わりはないのだよ。つまり馬鹿右翼のアタマの中以外では侵略ということだ。交戦権とかいうなら国際法は遵守しないと・・・その為には国際法を理解する必要がある。 

    128に至って『事前通告違反』云々と書き込んだことにより、113で『計画的なだまし討ちとは別』と記述してあったことのワケが最終的に確認できた。いずれにせよ、そのような屁理屈では覆せる訳も無い。真珠湾攻撃は綿密に準備された作戦計画に基づく攻撃で「計画的なだまし討ち」そのものだ。

    >>戦争しちゃ駄目とかいうもんではないんだが。
    あ、そうですか。それは初めて聞きました。ではジャンジャン戦争してくださいw ただし真珠湾のような動きをした場合、侵略(=国際法違反)ですからその点注意してください・・・悪しからず。

    >>そして、実際に中国や韓国が現在の日本が領土的や新で韓国本土や中国本土を狙ってくると見ているのか?・・・・
    相も変わらず訳の分からん事を書き込んでるな。当初からズレてるのはそちらさんだ。特にコメント127を読み返して111で何を書いてるのか確認しろ!!何べん言わせるのか!!この点、文句あんなら最初から絡んでくるな。


    それと、ついでに言っておくが、お前の一連の書き込みはこのエントリーの内容を否定することになりかねないが、そのことは分かってるのか? このエントリーで張少将の発言を分析するに際して、国際法を踏まえて書いておられる。予防攻撃・先制的自衛・反撃についての記述や、自民が大綱改定に向けた提言のなかで予防攻撃否定を明記したことを評価していることがそれに当たる。それらは不戦条約の考えを理解していなければ書けない。
    当方はそれらを念頭に111を書いて投稿した。国際法やそれを踏まえた見方、或いは中国の国際法に対する意識の低さやその姿勢について思うところがあったのでコメントした。ところが、それに対して何を勘違いしたのか、馬鹿右翼丸出しのオナニーコメで絡んできた奴がいる。それでややこしくなった。

    ではどうしてお前が絡んできたのかという事だが、それはおそらくコメント111のこの部分に脊髄反射したからだろう。
    『真珠湾攻撃は、先制攻撃=侵略(Aggression) だったから国際法(不戦条約)違反。』『予防攻撃にあたるから非難されるのは当然。』
    確かにこれは(↑)馬鹿右翼には容認できない発言だろう。だからハァハァせざるを得なくなる。
    それで衝動を抑えきれなくなって113の冒頭に次の一文を投稿することになる。
    『真珠湾攻撃も深く研究してみると米英戦争みたいな計画的なだまし討ちとは別のものなのがわかる。』


                     111・122・125・127より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 01:25:40
  131. >>130
    領土的野心によるものなのかと言われてるんだが、理解してる?

    これを訳のわからない事とかいってるんじゃ元々の話から大きくズレるんだが?

    過去の行いからその国の領土拡大に対する意欲を量られてるという話なんだ。

    日本が悪いか悪くないかとかそういうレベルの話じゃないと何度も言われてるだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 20:54:49
  132. >>131
    >>領土的野心によるものなのかと言われてるんだが、理解してる?
    お前の話は全く持って主語が抜けている。「言われてるんだが」というのは、一体誰が当方(111)に対して言ってることなのか・・・。

    もし、張少将の発言や(JSFさんの)このエントリーが言ってるというのであれば、特に、122の▼▼の部分 を読み返せ。
    あるいは、お前のコメ113が言っているというなら、特に、130の後半と127の最初の部分 を読み返せ。
    両方だというなら、122の▼▼の部分,130の後半と127の最初の部分 を読み返せ。

    この調子だと111を読んだ上でコメ113を投稿したのかも疑わしいな、こりゃ。
    オイ、馬鹿右翼、111の内容を理解してる?・・・w



    >>これを訳のわからない事とかいってるんじゃ元々の話から大きくズレるんだが?
    「元々の話」も上に書いたのと同じく、一体誰が言ってる話なのか?という疑問が湧いてくる。

    ともかく、上記した当方のコメの該当部分(122の▼▼の部分,130の後半,127の最初の部分)を読み返せ。



    >>過去の行いからその国の領土拡大に対する意欲を量られてるという話なんだ。
    同じくこれも、一体誰の「・・話」なのか?

    当方は111でそのようなことについて書き込んでない。130の最後から二番目の段落部分と127の最初の部分 に書いただろうが。



    >>日本が悪いか悪くないかとかそういうレベルの話じゃないと何度も言われてるだろう。
    「何度も言われてる」ってお前が言ってるわけだから、何度も言ってる、と書けよ。別人を装いたがっているとしか読めない。
    (番号の統一すら出来ないようだから尚更そのように感じられる)

    オマエは前にも「正当性」という表現を使って同じことを書いていたが、オマエが何度言おうと、当方は最初から(つまり111で)そのような話はしていない。頓珍漢な馬鹿ウヨが読解できずに何度も言ってるだけではないのか?
    127を読み返せ。



    読め或いは読み返せと(これまでも)何回も書いたが、何べん言わせるんだ。お前ほどのトンチンカンは記憶に無いな(笑)
    オイ、馬鹿ウヨ、絡んでくるなら読むぐらいしろよ!! 他人のコメを読解することすら出来ないなら絡んでくるな!!

                   
                   111(130)より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月08日 01:00:59
  133. >>131(113)
    >>日本が悪いか悪くないかとかそういうレベルの話じゃないと・・・・

    おまえは以前にも、「正当性があったとかそんな下らないレベル」あるいは「善だの認められるだのの話ではない」という表現で同じことを書いていた。
    しかし、当方は111でそのようなことは言ってない。

    当方が111で書いたことは、特に、127や130の後半部分や122の▼▼で述べたとおり、国際法やそれを踏まえた見方,国際法に対する意識、についてだ。
    その点から言えば、「・・・そういうレベルの話・・・」という矮小化した言い方は、全くもって111を踏まえてないし、「ズレている」とお前が書くことは読解できていない証左でもある。

    では、何故お前がそれらのような物言いをするのかということだが、国際法に対する無知無理解もあるだろうが、それのみではないだろう。
    おまえ(113)は、真珠湾攻撃=侵略(不戦条約違反)に同意できないししたくない様だからそのことが大きいのだろう。
    故にその様な物言いに終始するのだろう。

    とすれば、お前(113)が111からズレてるというより、意識的にか無意識的にか、お前が111の内容から論点をズラしていると見た方が実態に近い。

    当方が127で書いたことは、おおよそ間違いないのだろう。


                   111(132)より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月12日 02:00:05
  134. >>131(113)

    (つづき)
    113でお前が書いたことのうち、111に対応してるところは基本的に無い。
    特に、122▼▼で書いたように、第二・三・四段落は全く対応しておらず論外であり、お前(113)のオナニーに過ぎない。

    だがあえていうなら、第一段落のこの(↓)部分のみが対応してるのかもしれない。
    >>真珠湾攻撃も深く研究してみると米英戦争みたいな計画的なだまし討ちとは別のものなのがわかる。
    で、111のどの部分に対応しているかというと、ここ(↓)だろう。
    「真珠湾攻撃は、先制攻撃=侵略(Aggression) だったから国際法(不戦条約)違反。」 「予防攻撃にあたるから非難されるのは当然。」
    つまりあの行動が、計画的なだまし討ち=侵略にあるのかどうか、ということのみが論点だ。

    以上を踏まえると、この点以外でお前がグダグダ言うことは、全く持って意味がなく、最初から一人で言ってりゃいいことだ。
    また、131のように書くことは、意図した論点ズラシか逃げにしか見えない。

                   111(132)より

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月12日 02:07:01
  135. 両方とも自前のブログでやって貰いたいもんだが。

    それとコメント最後に仮ハン入れるんじゃなくて名前欄に仮ハン入れてくれ>111の人

    Posted by 別スレ6124 at 2009年07月12日 08:34:57
  136. そんなことよりも未だに
    憲法9条が改正されてないことが信じられない

    国民投票があれば変わる可能性の方が高いだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年10月14日 06:15:23
  137. バカウヨは余所で書き込んでくれ。脈絡がねーよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年10月14日 07:53:39
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

[防衛政策]敵基地攻撃論が「予防的先制攻撃」でないことは10年前から明らかだった
Excerpt: 先のエントリ日本国憲法は意外と先制攻撃を認めている - リアリズムと防衛を学ぶについて続報が出ましたので、補足します。 「先制攻撃」エントリのまとめ 先のエントリで私は、麻生総理が敵基地攻撃の適法性..
Weblog: リアリズムと防衛を学ぶ
Tracked: 2009-06-11 16:37
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。