2009年07月01日
綺麗な語りで【セクシーボイス】の異名を持つ軍事アナリストの小川和久氏は、まともな分析を行う評論家として知られています。ただし、その能力には限定があります。小川氏は、戦略論など大きな事柄についての分析は無難で的確なのですが、戦術論になると的外れな主張を繰り返し、兵器レベルに至っては話にならないほど知識も理解も足りていません。

こういった傾向は日本で最も権威のある軍事アナリスト、江畑謙介氏にも言える事が出来ます。ただし江畑氏の場合は個々の兵器に関する認識が少し甘いだけで、戦術論以上、戦略論レベルでは高い考察力を示されます。評論家はマニアではないので、細か過ぎる知識までは必要とされないのです。

軍事の世界というのは様々な分野の集合体です。軍事史とは人類の歴史そのものですし、兵器の事を知るには理系的な知識で全ての分野が必要とされます。例えばNBC兵器を理解するには物理・化学・生物の知識がそれぞれ必要ですし、戦術面で地形を読み取るには地理の知識も必要です。海外の文献を読む為には外国語が出来て当然ですし、ありとあらゆる学問と深く関わってきます。その為、軍事の全ての分野に明るい超人のような人間は少なく、評論家もマニアもそれぞれの得意分野があり、これを外れると的確な解説が出来なくなるのです。

軍事アナリスト小川和久氏を信用して良いのは戦略レベルまでで、戦術論レベルや兵器レベルとなると、途端に的外れな主張を行うようになります。


海賊をよけて通れば自衛隊は必要ない:あつこば(小林アツシ)のブログ
小川和久のアナライザー「過去の教育を活かさない海賊対策」
http://www.choujintairiku.com/ogawak/
http://www.choujintairiku.com/ogawak/ogawak27.html

趣旨としては、
○海賊対策として被害を避けるのであれば1年前でもできたはず
○それは、民間だってできないわけじゃない。
○海上保安庁のヘリで情報収集をして、怪しい船を見つけたら、海賊達が持っている肩撃ち式ロケットRPG-7の射程外を通るように連絡すればよい。
というものでした。


変な理屈:徒然な日々に
 何時ものようにネットを見てて見かけた変な理屈について今回は。

 『小川和久のアナライザー』というHPの『過去の教育を活かさない海賊対策』という動画なんですが、その主張の要点を纏めると…

 1)ソマリア沖への海自派遣は議論不足。
 2)海保を派遣してヘリによる哨戒を行い、危ない船を見つけたら民間船舶にそこを避けるように言えば良い。
 3)インド洋派遣のように海自の補給艦を護衛艦付きで出せば補給の問題も無い。
 4)何故ならRPG-7の射程は920m程であり、7.62mmの軽機関銃は600m程に過ぎないから範囲に入らなければよい。
 5)装甲板が無い海保の警備船や海自の護衛艦が撃たれたらなんて言うのは軍事マニアの弁である。
 6)緊急避難や正当防衛で民間船舶が武器を使っても良い。
 7)海保は世界で2番目で、装備の新しさはアメリカ以上だし、特殊部隊も持っているのに海保を出さないのはおかしい。

 とまぁ、こういう無茶苦茶なものなんですね。

 一応この人陸自出身で、陸海空自衛隊に関する本も出しているはずなんですがねぇ?


これを読んで動画を見て、頭を抱えたくなりました・・・RPG-7の射程範囲を避ければいい?もうこれは、無誘導ロケットランチャーの使い方を何にも理解していないとしか思えません。

ハッキリ言ってしまうと、RPG-7の射程なんてゼロに等しいと理解しなければならないのです。揺れる船上から発射して確実に当てる為には、100m以内に近寄る必要があります。巨大なタンカーが相手でもです。過去の事例でも数十mどころか十数mまで接近して撃ってきた例の方が多い筈です。射程範囲という概念を論じる必要すらなく、これは目の前に接近してから初めて攻撃するものなのです。「RPG-7の射程を避ければいい〜」というのは、兵器のスペックだけ把握して使い方を何も理解していない証拠です。

そしてこの襲撃を避ける事は困難です。海賊は大型の母船と小型の襲撃艇を使っており、小型のボートに強力なエンジンを載せた襲撃艇は非常に速く、鈍足なタンカーは勿論、高速な貨物船や旅客船ですら速度面で振り切る事が出来ません。そして海賊船は母船も襲撃艇も普通の漁船と見分けが付け難いので、ヘリコプターからの洋上の監視は絶対ではありません。怪しい船を全て避けることは物理的に不可能です。「怪しい船を避ければいい〜」という主張は、現場の状況を何も理解していないとしか思えません。

簡単に纏めると、「RPG-7の射程を論じること自体が無意味。なぜならばこれはゼロ距離近くにまで肉薄してから撃つ兵器であり、海賊は高速ボートで接近してくるので、遅い民間船は避ける事が困難である」・・・よって小川和久氏の主張は間違いです。

海賊船が獲物を見付ける前にヘリコプターからの通報で避ければいい、最初から見つからなければ平気だ、という反論も有効ではありません。漁船を装って待ち伏せされたら判別は困難ですし、小型快速艇で獲物を探し回られたら逃げ回っていても何時かは捕捉されてしまいます。それどころか鈍足なタンカーは海賊の母船よりも遅いのですから、「怪しい船を避けて逃げる」という方法だけで海賊対策になる筈が無いのです。

海軍のヘリコプターならば、搭載機銃や小型対艦ミサイルで応戦する事が可能で、不測の事態にも対応できます。しかし海上保安庁のヘリコプターは非武装で、何もできません。また、海上保安庁の巡視船は洋上補給能力が無く、その訓練もしていません。それなのに海上自衛隊の補給艦から補給を受ければいいというのは、無茶苦茶な主張です。とても軍事アナリストのセリフとは思えないです。

※「撃たれたら装甲板が無いなんてのはですね、これはもうなんていうか軍事マニアかですね、ド素人の話ですよね。」

小川氏はこの動画で上のようなセリフを吐きました。兵器の使い方に関して言えば、ド素人は小川さん、貴方の方です。いや、兵器のスペックだけ把握して使い方を理解していないなんていうのは、レベルの低い軍事マニアのする事でしょうね。


次に紹介するのは、小川和久氏の著作「日本の戦争力」(アスコム)の中で、「対地攻撃型パトリオットで北朝鮮の砲兵は一瞬で全滅だ」とか奇妙なことが書かれている様子です。


「日本の戦争力」 著;小川和久、出版社;アスコム
「米軍の新構想では、そのように、撃ち返す手段にパトリオットを使うわけです。パトリオットはマッハ5で飛んでいき、ピンポイントで発射地点を直撃します。これによって、戦術核を使わなくても、せいぜい数千門が1発目しか撃てずに終わってしまいます。ですからソウルは火の海になりません。」


最近、新潮社から文庫版が出たようですが、私が持っているのは2005年11月24日にアスコムから発売された大きい本の方です。ただ何処かへ行ってしまって、買ってきた当時に消印所沢氏のmixiコミュニティに自分で書き写した該当部分を再確認して来ました。

何度読んでもこの記述は、どうかしてますね・・・確かに地対空ミサイルは弾道ミサイルに改造する事が出来ます。計画は中止されましたが米海軍にはランドアタック・スタンダードミサイル(SM-4)という構想もありましたし、韓国軍も古いナイキ地対空ミサイルを弾道ミサイル「玄武」に改造しています。ですが弾道ミサイルは基本的に命中精度が低く、ピンポイント攻撃は出来ません。GPSなどを付けてピンポイント攻撃を可能にする事は出来ますが、数千門もある北朝鮮の火砲を瞬時に破壊できるような能力はありません。数千門もの野戦砲をどうやって位置把握するのですか? 陸上用早期警戒管制機E-8ジョイントスターズや各種無人偵察機を駆使しても、とてもではないですが数が多過ぎて捕捉しきれません。第一、対抗手段にこちらも数千発の戦術弾道ミサイルを用意するのですか? このクラスの大きさのミサイルでそれは、戦術単位として凄まじい量なのですが・・・あまりにも非現実的です。

更に言えば米陸軍には短距離戦術弾道ミサイルとして、既にATACMSという専用設計で開発されたものがあり、GPS搭載型もあります。新規にパトリオット改造の短距離戦術弾道ミサイルを開発する筈が無く、実際にそのようなものは配備されていません。MD迎撃用の訓練標的弾としてパトリオット改造のスカッド弾道ミサイル模擬弾「PAAT標的ミサイル」というものは用意されていますが、それだけです。

この件については軍事アナリストの兵頭二十八氏も触れています。兵頭氏も兵器に関しては詳しい方ではないのですが、自身でその事を認めて、知り合いの軍事マニアに聞いてみるという柔軟性を発揮されておられます。分からない事は人に聞く、という事は重要ですね。


兵頭二十八の放送形式:書評余禄・他 2006年01月21日
 この前、小川和久氏著(聞き手・坂本衛氏)『日本の戦争力』(アスコム2005-12刊)を、読みました。
 特記すべき目新しい主張は発見できませんでしたけれども、これまでの小川氏の活動の総解説のようになっており、編集者の手間のかかった概括的でハンディな資料集とお見受けしました。

〜中略〜

本書268頁〜270頁に、次のような記述が見られます。

 「そこでアメリカは、小型戦術核ではなく地対地のパトリオット・ミサイルを使うシステムの導入を図っています。湾岸戦争で活躍したパトリオットは飛んでくる航空機やミサイルを撃つ『地対空』ミサイルですが、これを地上から敵の地上部隊を撃つ『地対地』ミサイルに転用するものです。すでにシステムの開発は終わっており、近々配備が始まる予定です。《改行》敵の大砲や多連装ロケットが初弾を発射すると、その瞬間にレーダー(対砲レーダー)でキャッチして発射地点に撃ち返すというのは、どこの陸軍でもやっていることです。」「米軍の新構想では、そのように、撃ち返す手段にパトリオットを使うわけです。パトリオットはマッハ5で飛んでいき、ピンポイントで発射地点を直撃します。これによって、戦術核を使わなくても、せいぜい数千門が1発目しか撃てずに終わってしまいます。ですからソウルは火の海になりません。」「やや問題なのは、北朝鮮の240ミリ多連装ロケットでしょうか。」「これは鎌首をもたげて一連の発射(20発)が終わるまでに44秒かかり、……《中略》……約4分で次の発射準備が整うわけですが、この4分間以内にパトリオットが命中するというのがアメリカの構想です。」

 このようなシステムが本当にあるのかどうか、兵器オタクではないわたくしはとても気になりましたのでグーグルで調べたところ、一件だけ、次のようなテキストがヒットしました。ある企業広報誌の2004年1月号の対談記事です。

 「小川   だから『ソウルは火の海だ!』という話になると、みんな『うわあ!』と思う。けれども、攻撃の兆しが出たらアメリカは、今までなら核攻撃をする。北朝鮮に伝え、中国の了解も得ている。中国に近いところでは核兵器は使わない。しかし核兵器を振りかざすのはイメージがよくないから、今は通常兵器による抑止システムで、来年から配備する予定のパトリオットという地対空ミサイルの地対地型が出来た。北朝鮮には長距離火砲や多連装ロケットがたくさんある。その一発目を発射する。すると、発射した瞬間に対砲レーダーがピンポイントで発射地点を割り出すわけです。その場所にパトリオットが全部ピンポイントで飛んで行く。北朝鮮は一発目は発射することができる。ただそれを発射した直後に、もう次は撃てなくなる。」

 このパトリオットの地対地型については英文での検索も試みてみましたが、どうもよく分かりませんでしたので、知人の軍事マニアのT君に手紙で尋ねてみました。彼はたちまち次のような情報を教えてくれました。

 ──冷戦末期の1988年の春頃、米陸軍の軍団レベルのSSM案として、パトリオットを改良する「T16」という地対地ミサイル案が、「ランスII/T22」(MGM-52「ランス」の改良案)とともに、存在した。後者は射程250kmで、高度な自律慣性誘導装置によりランスの6倍の精度を持たせる。前者もそれと同等の性能を目指したと思われる。この二つの案がその後どうなったかは不詳。確かなのは、2003年10月1日に、ソウル近郊ソンナム空軍基地とソウル市内で行なわれた韓国軍創設55周年記念軍事パレードにおいて、韓国陸軍の装備として米国製のMGM-140「ATACMS」が初公開された。これは射程が150〜300km(弾種による)あり、DMZから平壌の敵司令部まで到達可能で、米陸軍では、射程130km、CEP150mのLanceの後継SSMと位置づけている。自走発射機はMLRSをそっくり流用して2発連装で搭載する。韓国がいつからこれを持っていたかについては、『軍事研究』1998年2月号に、韓国は99年8月までにATACMSを111発購入する予定だと報ずる記事がある。さらに2000年7月に講談社から出た『最新朝鮮半島軍事情報の全貌』には、確かにそれらしい白黒写真がある、と。また03年のパレードには電子光学センサー搭載の国境警戒用無人偵察機も参加しており、これとATACMSがリンク運用される可能性もあるだろう──。

 いやはや、マニアは凄いものですね。わたくしのおつむりでは到底これらを記憶しておくことはできないのであります。しかし、要するに、塹壕陣地から発砲を始めた敵砲兵を即時に制圧できるような非核兵器はアメリカの最新技術力をもってしても実現し得ないのである、という、かねてから抱いておりました「相場値」は、これで再確認できたような気がいたします。


やはりパトリオット地対地型など計画だけで実物は存在せず、ATACMSがその役を担っているようです。地対空ミサイルからの改造品よりも専用設計の弾道ミサイルの方が性能は良いのは当然の話で、そしてATACMSの性能は皆さんがご存知のように、北朝鮮の数千門の火砲を瞬時に破壊できるような能力は無く、そもそも米韓軍は数千発ものATACMSを用意しておりません。そして米韓軍の保有する対砲レーダーの数は、現状で韓国軍が十数基と在韓米軍に幾つかあるだけで、とても数千門の敵火砲の初弾だけで全ての敵位置を把握して瞬時に反撃など出来る筈も無いです。

兵頭氏は軍事アナリストというよりは思想家に近く、兵器に関する知識は詳しいわけではないです。その兵頭氏ですら「おかしい」と感じて詳しい知人(軍事マニア)に連絡を取ったのに、「北朝鮮の数千門の火砲はこれで瞬時に全滅だ、ソウルは火の海にならない」などとお花畑な魔法兵器の存在を信じて疑わない小川氏は、どうかしているでしょう。アメリカの新構想だと有りもしない物をデッチ上げて、軍事的デマを流した小川氏の行為は問題視されて然るべきです。


そして最後に、小川和久氏の国会答弁について見て貰います。


第162回国会 外交防衛委員会 第5号 平成十七年三月三十一日(木曜日)
○参考人(小川和久君)「第二点、これは航空自衛隊が導入を進めてまいりましたF2型の対地支援戦闘機、これが石破防衛庁長官の時代にもうこれ今後の調達はしないということが決まったわけであります。これは、まず大変な欠陥機であります。これはもうパイロットだれに聞いても、本音を言う人は、こんなもの欠陥機で困るよと。」


私はこの証言がデタラメであると思います。何故なら、F-2戦闘機のどこがどのように欠陥機であるのか、具体的な説明が何も無いからです。それともしくは、恐らく小川氏はF-2配備初期にパイロットからの不満を聞いたところで止まっており、後に不具合が解消されたという続報を把握していないのではないかと思います。既に述べたとおり、小川氏は兵器に関して無知である事を曝け出しています。F-2についても、正しく性能を把握しているとは、とても思えません。

最近発売された、ビジネス社・石破茂/小川和久著の「日本の戦争と平和」でも、小川氏は「全力を出すと空中分解するのでまともな空戦は出来ない」などと書いています。それではF-2が三沢の米空軍とDACT(異機種間戦闘訓練)を行った件をどう説明するのか、米空軍のF-16は本気を出していないF-2相手に負けたとでも言うのか、第五空軍司令がF-2を高評価(USFJ Commander takes a spin in Japan's new F-2 fighter)しているのは何なのか、それと小牧基地の基地祭で、対艦ミサイル4発と増槽2本を抱きながらデモフライトで急激な機動(F-2対艦フル装備)を見せたF-2は幻か何かか、小川氏の主張するF-2評はこれらの情報に対して説明する事が出来ていません。
23時46分 | 固定リンク | Comment (233) | 報道 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 同じく信憑性の無い髪裏さんですが、
    http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_90.html

    やはり中台がいずれ統一されそうという記事で、
    自民党・国防族は、その場合でも先制的敵地攻撃能力を主張して、中国に核武装を含む巡航ミサイル攻撃能力を目指す気になっているのか。

    相手が北朝鮮のように弱いから敵地攻撃で、中国のように強いと敵地攻撃を行わないという戦略では、世界の国から笑いものになる。

    日本の核武装論に関しては言いたいことが山ほどあるが、今はその日本核武装論が出てくるのを待っている。十分に敵を引きつけて、一気に攻撃して粉砕するためである。

    =========
    髪裏さんは以前核は必要ない、デメリットだけだと言ってたんですが、いきなり核武装論者?になったんですかね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月01日 23:53:41
  2. 2get(`・ω・´)シャキーン━━━!!

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月01日 23:59:54
  3. >1

    君は読解力を磨こう。

    >>今はその日本核武装論が出てくるのを待っている。
    >>十分に敵を引きつけて、一気に攻撃して粉砕するためである。

    これは「出て来た核武装論を俺が叩き潰してやるぜ!」という意味。それを逆の意味で理解するとか・・・君は神浦さんを笑えないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:03:47
  4. 兵頭だってトンデモには違いないのだが・・・。
    小川さんはそれ以下か・・・。

    一昔前まではもっとまともだと思っていたのだが・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:09:13
  5. 江畑さんの本は安全保障の勉強の入門用に何冊も読んだなぁ。後から評判を知って最初に読んだのが江畑さんの本で良かったなと。

    だけど、盲信してたので江畑さんがSAPIOに日本はM−Vロケットの技術がある、弾道ミサイルとロケットの違いはペイロードだけなので日本は直ぐにでも弾道ミサイルの技術を持つことが可能であるとか書かれてて、結構長い間信じてました。

    後にM−Vは特注品の工芸品のようなものだし、再突入体の研究とか他にも必要な技術が多々あるので簡単にはいかないと知ったのですが……

    個人的に、専門家の意見で最近それはないだろうって思ったのは、関西系のムーブって番組(すでに終了)で重村さんが金正日の顔を偵察衛星で解析して影武者かどうか確認してるとかって話してたけど、技術的に無理ですよね?

    アメリカのインテリジェンス関係者にも確認取ったとか言ってたけど……。

    この人北朝鮮関連の分析では辺真一氏よりは信用出来ると思ってたんだけど、こんな事言うようじゃってがっかりした覚えが。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:11:14
  6. >小川和久氏の国会答弁
    日本もまともな議論をするのには、現場レベルの制服組を答弁に出して現状の不備(PCやコピー用紙から法整備まで)や装備の問題点や不満(数が少ないのか、アップデートが遅いのか)を証言してもらわないと自称評論家や退役後新たな知識を得ていない元自衛官ばかりだと現場が可哀そうになる。

    民主党政権なら喜んで防衛費削減論者のみの答弁を根拠にしそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:15:09
  7. まー声と喋り方で得してるよね。
    姜尚中と同じで。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:18:25
  8. 小川はTBSで関口や左相手に偉そうに説教するしか脳ないと思っている。

    80年代に出した本を2冊ほど読んだが正規空母として3万トン位のが欲しい、イージス艦は無駄とか、核マンセーしてたしな。ミサイル知識もF2批判もその延長だと思うよ。JSF氏も是非氏の過去の文献を漁ってみるととても面白いと思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:20:27
  9. 知識や考え方のアップデートができるかが重要ってのがわかるねぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:21:43
  10. >>5
    >日本はM−Vロケットの技術がある

    何かにつけH-IIAを持ち上げる酷使様よりマジじゃないか、と次期固体のコンセプトを聞いた時、「それってなんて即応性向上?」と一瞬wktkしてしまった俺がコメントしてみるテスト。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:27:22
  11. しかしまぁこんなんじゃ・・・神浦、田岡もそうだけど、
    青木日出男さんが草葉の陰で泣いてるよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:29:15
  12. >>8
    いや、「知らん」を「知らん」といえると言える度胸だろ。

    「知識」を商売としている立場上、自己の存在否定なりかねんから難しいんだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:30:44
  13. >12

    コメント8ではなくコメント9宛てかな?

    それが出来る人は江畑さんぐらいだろ、リアルでは・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:33:10
  14. >>13
    各分野に特化したヒトには居るような気もせんでもない。
    といっても、スモールアームズ系で床井さんという実例を知ってるからそう思うだけで、実際にどうかは知らんけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:37:48
  15. 米5
    再突入体に関してはHOPE計画とかで、ちゃっかり計画というか実験してるがね。
    まあ、それ以外はその通りというか、ミサイルとして転用するにはクリアすべき課題が多いのも事実。
    日本が平和利用の核技術で最先端を走っても核兵器をすぐに作れないのも同じような理由ですからね。

    本文の話に戻ると、F-2の不評って初期欠陥よりもFBWで操縦桿の位置や作動感覚が変わって、それまでの操縦桿を動かす航空機の操縦方法との違和感が大きいのも一因じゃないかと思うんですがね。
    何故不満を持ったかという分析は大事だと思うんだが、小沢さんそういうことはやらなかったのね。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2009年07月02日 00:38:04
  16. >海保を派遣してヘリによる哨戒を行い、危ない船を見つけたら
    >民間船舶にそこを避けるように言えば良い。

    これ夜間の事を何にも考えてないよね。赤外線暗視装置では、海賊船かどうかなんて分からないし。

    小川さんは日本の漁師の船を知らないのかな? 
    夜間にも操業しているんだよ。漁業の事、分かってないんじゃないかな?
    夜行性の魚やイカは多いのに。

    海賊の母船は漁船用のレーダーを備えているし、夜間索敵も可能。夜間襲撃は最近、増えているよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:39:16
  17. >15

    サイドスティックは初めて、感圧センサーのフライバイワイヤも初めてだから、違和感を持ったパイロットは多いだろうね。

    あと小沢さんじゃなくて小川さん。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:41:26
  18. あぁもう、こうなったら得意分野が微妙に異なった「専門家」や「評論家」が集まってチームを組んで相互補完をですね・・・って、そういうのをシンクタンクって言うんでしたっけ。

    結局のところ、「軍事」なんつぅ広く漠然とした分野を個人で(尚且つプロとして)扱おうとしている時点で限界なんじゃないか、と。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:42:48
  19. 小川氏はどうもごく小さい的(あの役所のあの部署の誰それとか あの党のあの部会のあの議員とか… ただ表には絶対に出しませんが)を狙って論を大きく展開する傾向があるようで
    要するに常に小川氏は特定のだれかを想定して その人 もしくは少人数の集団を怒ってるんですあの声と口調で で、その怒りの感情任せに論理展開してゆくと知識が浅い分野のことで頓珍漢な話を繰り出す →間違いの指摘を受け入れられない傾向が出るんじゃないかと思います

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 00:57:31
  20. 戦略が詳しくて戦術レベルがまるでダメって、
    60年前の頭でっかちの図上演習だけ優れた軍人さんじゃあるまいし。

    Posted by オブジェクト at 2009年07月02日 00:59:22
  21. ちょっとまて。議事録見てみたら戦略面も怪しくないか?
    戦力投射能力に触れてるけど、定義が極端すぎる。
    戦略目標が相手国の占領一辺倒ってのはどうよ?
    実際には摩擦が生じるだろうに。

    >この場合、戦力投射能力とは、敵の国を壊滅させられるほどの軍事的能力、そのように定義をいたします。
    >そのような定義に基づいて考えますと、核兵器を一定のレベルで維持した核戦力は紛れもなく戦力投射能力であります。
    >また、核兵器を持たない場合でも、例えば五十万人、百万人規模の陸軍部隊を相手国に着上陸させ、相手国を占領することによって戦争目的を達成できるような構造に陸軍のみならず海軍、空軍の戦力が備わっていれば、それは戦力投射能力と言えるはずであります。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:02:27
  22. そうそう個人で全領域を補うってのは難しいよね。
    TVのニュースで意見を聞くアナリストは大抵一人だけなんだよな。
    何人かに聞くべきだとは思うけど、まぁTVじゃな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:04:03
  23. 米17
    小川さんでしたね。ご指摘感謝。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2009年07月02日 01:04:51
  24. >3)インド洋派遣のように海自の補給艦を護衛艦付きで出せば補給の問題も無い。

    これは、海保の巡視船に補給するためにっていうのが前提なのか?
    そうだとしたら、この部分はブラックジョークの類ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:05:38
  25. つーか、海保の巡視船を出さない理由もよくわからない。
    護衛艦だろうが巡視船だろうが、航空機と同じで海自、海保問わず「使えるものは使う」なスタンスで行けばいいのに。

    重油利用の巡視船のほうが同じ仕事でもコストが安く付くし、安全性で行けば巡視船自体が海賊船に近づくこともないし、ヘリ無しでもできることはある。
    そもそも政府は「ソマリア沖に行ける巡視船は19隻」と明言してる。
    ソマリア沖の護衛艦だってジブチで補給を受けてるんだから、巡視船が絶対駄目というのはおかしい。

    yahooの掲示板とか見てると「海自じゃなきゃ駄目」がいかに説得力が無いか、国会答弁を根拠に説明されてるよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:15:19
  26. >>20
    いかに優秀でも個人の能力などたかが知れるし、そもそもそれを補佐・拡張する為のスタッフやブレーンであり、組織。

    それを有効活用できなかった硬直した組織と、個人の能力の限界レベルの話を同一視しても仕方ないかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:17:44
  27. >24
    >これは、海保の巡視船に補給するためにっていうのが前提なのか?

    動画を見る限り、そのように言っている・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:39:16
  28. >>25
    まぁ、海賊対処の訓練そのものは海保の方が多くやってるのは確かだしな。
    設立されて日の浅いSBUよりもSSTや海保特警隊の方があるいは練度は高いかもしれんし。

    まぁ、別に護衛艦にSST乗っけて行ったって良かったんじゃないかとは思うわ。
    少なくともこれからそういう訓練はすべきだと思う。
    一応近年不審船対策とかで共同訓練やり始めたみたいではあるけど。

    陸自と警察ですら既に銃対やSATと自衛官が共同対処したり、CH-47でパトカー運ぶような訓練やってるわけだし。

    そもそも有事の際は、海保も防衛省の指揮下に組み込まれるんだから、海保と海自はもっと連携すべきなんだよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:44:31
  29. >>つーか、海保の巡視船を出さない理由もよくわからない。
    此処の過去トピック位読んで書きたまえ。

    >>そもそも政府は「ソマリア沖に行ける巡視船は19隻」と明言してる。
    19隻派遣可能≠19隻実働可能なんだが。ゲームか
    何かと勘違いしてないか?海保にはSAR条約による
    担当海面の大きさ、と言う大問題があるから、長
    距離行動可能な巡視船を日本近海から投入するの
    が難しい、と言うのは海保の中の人も認めてる事
    なんだが。
    後法的制約の問題として、他国の海軍部隊との共
    同行動が不可能と言う事も挙げられる。

    >>yahooの掲示板とか見てると「海自じゃなきゃ駄目」がいかに説得力が無いか、国会答弁を根拠に説明されてるよ。
    君の現実掌握能力が欠けているのは誰の責任でもない。

    Posted by 別スレ6124 at 2009年07月02日 01:46:21
  30. >25
    >つーか、海保の巡視船を出さない理由もよくわからない。

    それ本気で言ってるの? 記事中に「海保のヘリは非武装だから役立たず」って書いてあるのが見えないの?目が悪いの?

    そもそも、海保自身が「行きたくない」って言ってるの。国会でもそう答弁されているの。

    遠隔地に常時2隻を送り込むには、稼働率を考えてもどう少なく見積もっても5隻は要る。それじゃあ大型巡視船を追加しましょうか、と話が出たら猛然と海保が拒否したの。

    200海里水域拡大で一気に増やした巡視船が最近軒並み退役時期が来ていて、一気に更新しないといけない。大型船なんて要らない。中小型船が欲しい。なにより、乗組員の数が絶対的に足りない。ソマリアなんか行きたくない。行ったら日本周辺の警備が手薄になるの。北朝鮮船舶の臨検の話まで出て来たというのに・・・

    >重油利用の巡視船のほうが同じ仕事でもコストが安く付くし

    A重油だから軽油と値段は大して変わらないの。自衛隊向けの軽油は税金の値段が違うの。

    >安全性で行けば巡視船自体が海賊船に近づくこともないし

    意味不明な主張なの。君は何を言っているの?

    >ヘリ無しでもできることはある。

    ヘリ無しなら巡視船自体で接近する事になるの。君の主張は矛盾してるの。

    >そもそも政府は「ソマリア沖に行ける巡視船は19隻」と明言してる。

    それ非現実的な数値なの。海自で言えばDEをソマリアに投入すると言っているに等しい暴論なの。海保としては悲鳴を上げるしかないの。

    >ソマリア沖の護衛艦だってジブチで補給を受けてるんだから、
    >巡視船が絶対駄目というのはおかしい。

    バカ海保オタは海保自身が嫌がっている事を自覚しろ、なの。現地付近の根拠地ベースで活動した場合は、補給艦を随伴する場合よりも多くの艦艇が必要になるの。稼働率を考えろ、なの。

    >yahooの掲示板とか見てると「海自じゃなきゃ駄目」がいかに説得力が無いか、
    >国会答弁を根拠に説明されてるよ。

    あんなレベルの低い所を持ち出されても、笑うしかないのw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:50:45
  31. >25
    >つーか、海保の巡視船を出さない理由もよくわからない。

    ほら、これ読めよ。

    なぜソマリア沖の海賊対策は軍事力で行われるのか
    http://obiekt.seesaa.net/article/117780841.html

    どうして各国が海軍主体で派遣しているのか、理解しろ。

    >yahooの掲示板とか見てると「海自じゃなきゃ駄目」がいかに
    >説得力が無いか、国会答弁を根拠に説明されてるよ。

    は、あんな幼稚な所でガキがイキがったところでどうでもいいっつーか・・・此処のブログ主が一人で乗り込んでも簡単に制圧できる程度というか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:56:41
  32. あれ?美希がいる・・・なの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 01:57:15
  33. >>25

    一つ聞くわ。

    >つーか、海保の巡視船を出さない理由もよくわからない。

    記事中に「海保のヘリは非武装」ってあるわな。

    これにどう反論する? 記事に書かれていることをスルーして自分の妄想をただ喚いても、ここじゃ通用せんぞ?

    ちなみに海自のSH-60Kはドアガンとヘルファイアが積めるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:00:11
  34. >25

    あ、そうだ、これも聞いておこう。

    ソマリア海賊が23mm機関砲を調達した可能性
    http://obiekt.seesaa.net/article/118319389.html

    これが出て来たら非武装の海保のヘリでどう対処すんの? 海自のSH60Kならヘルファイアでアウトレンジ出来るけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:03:05
  35. >>30
    >海自で言えばDEをソマリアに投入すると言っているに等しい暴論
    いまさらだが、沿岸型の艦船(DE)群より外洋型の艦船(DD)群の方が豊富って言うのも相変わらず凄いよな・・・まぁ、海保あっての構成なんだろうけど。

    とまぁその豊富なDD群も、来週にもインド洋とソマリアに交代部隊が出発しちゃうと稼動可能な艦船の半分が日本近海からいなくなっちゃう事態になりかねない、とか。

    32隻(4個護衛隊群)体制ですらそうなのに、「たかだか19隻程度」で何が問題ないと言うのだろう、>>25は・・・まぁ釣りだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:08:57
  36. >25
    >そもそも政府は「ソマリア沖に行ける巡視船は19隻」と明言してる。

    海軍で言えば、フリゲートどころかコルヴェットに相当する船まで含めて、な。

    行けるわけ無いだろ、アホらしい・・・ああ、ただ行くだけなら行けるさ! だが、実働状態で作戦行動が出来るわけが無かろうが!

    話にならん。行けるというフネをお前が全部挙げて見せろ。19隻全部。検証してやるよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:11:22
  37. >7
    え、髪型のお陰じゃないの?(コラ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:17:03
  38. セクシーヴォイスの件について書くなら、

    >>何故ならRPG-7の射程は920m程であり、7.62mmの軽機関銃は600m程に過ぎないから範囲に入らなければよい。
    九州沖の不審船事案でRPG撃たれたのを忘れたの
    か、と。
    海象が荒れていたり等で当たらなかったから良か
    ったが、当たれば巡視船の船橋要員殉職だぞ、と。
    ブログ主さんの書いている通り、あの時もかなり
    の至近距離から撃たれた筈。

    Posted by 別スレ6124 at 2009年07月02日 02:17:50
  39. 「シュペルピューマあたりなら武装できたんじゃね?」、と思ったら防弾止まりだたのね、アレ。
    しかしそれすら陸上機含めて6機、艦載はしきしまの2機のみ、主力はあくまでUH-1クラスで、それすら頭数が海自のUH-60J/Kの半分以下。orz

    でも結局、2機しかないガルフV派遣すんだっけ・・・なんつぅか、海保色々と乙。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:21:15
  40. >>25
    何を言って(ry

    >護衛艦だろうが巡視船だろうが、航空機と同じで海自、海保問わず「使えるものは使う」なスタンスで行けばいいのに。

    海賊の装備で比較すると海保は間違いなく使えない。
    北朝鮮の不審船の攻撃で巡視船がどうなったか思い起こすといい。


    >安全性で行けば巡視船自体が海賊船に近づくこともないし、ヘリ無しでもできることはある。

    要するに何もするなと?向こうに行ってポーズだけとっておけばそれでOKしてくれるほど参加国は甘ちゃんじゃない。
    そもそもムダだよね?意味あるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:26:53
  41. >>25
    >yahooの掲示板とか見てると、国会答弁を根拠に説明されてるよ。

    とのことですが、具体的にそのような説明をされているURL等を示していただけますか。
    25さんの投稿ですと、自説の妥当性を印象づけるために「yahooなどの掲示板で説得力のある説明がされていた」と主張しているともとれてしまいますし、
    そのYahoo!掲示板での説明に信頼が置けるか否か判断するためには直接参照するのが近道と思われます。
    小川氏の「F-2は欠陥機。なぜならパイロットも欠陥機と言っている」発言とも共通する話の持って行き方に感じてしまうので是非URLをお願いします。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:31:38
  42. コメント25の正体はリンク先の左翼活動員の小林アツシだろw

    頭の悪い反論しか出来ない人なんだね、相変わらず。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:31:42
  43. >>40
    巡視船派遣は夢想、とはいえ

    >海賊の装備で比較すると海保は間違いなく使えない。
    >北朝鮮の不審船の攻撃で巡視船がどうなったか思い起こすといい。

    というのもどうか、確かに見敵必殺なら護衛艦圧勝だろうけど、そうじゃないんだから巡視船でも護衛艦でも状況変わらんでしょ。
    小型の不審船対処の装備のだけの話ならむしろ巡視船の方が装備充実してる。
    (日本沿岸の、「そういう用途」で整備されたんだから当たり前だけど)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:34:43
  44. >43

    既に出ているけど、搭載ヘリが非武装じゃねぇ。海保じゃ話にならない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:42:56
  45. >>44
    いや、護衛艦にもRFS的なものがあればな、って話。

    例の平弾頭がそれなのかもしれないけど、「絶対に当たらない威嚇」には使えなさそうだし。

    Posted by 43 at 2009年07月02日 02:47:42
  46. >>39
    海保のヘリには、固定武装や銃架の設置はできないからねorz

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:49:03
  47. ソースは失念してしまったが、巡視船には装甲を貼ったのも有るから直接防御に関しては護衛艦より上だったと思う。
    (まぁ、それでも「それ以前の問題」は解決してないし、RPGでオシャカには変わりないけど)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 02:52:43
  48. 装甲で多少上回ってても、ダメコンの差ともあるしなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:08:24
  49. >47

    護衛艦は25mm厚の本物の装甲(Ni-Cr-Mo鋼)を張ったものがあるので、巡視船の装備しているチャチな装甲板と一緒にされては困る。ちなみに米海軍のアーレイ・バーク級だってケブラー材を130トン、防御装甲に充てているよ。現代軍艦が装甲ゼロというのは神話に過ぎない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:15:06
  50. 音響兵器でRPGなんぞアウトレンジだぜ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:15:08
  51. あれだ船の左側だけに700mmの装甲をとりつけて
    不審船の周りをグルグル旋回するんだよ
    それで撃ってきたらせん滅

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:17:08
  52. >>51
    そのうち渦が発生して不審船が海底に(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:28:02
  53. >51
    左側に着けてたはずの装甲が、いつの間にか下向きになってる光景が浮かんでしまう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:29:27
  54. >>49
    まぁ、装甲ゼロはあくまで比較対象(戦艦等)の問題だし。

    ところで、バーグ級のケプラー材は良く知れてるけど、護衛艦の防御については、空間装甲として配置された通路や水密区画等色々噂は聞くけど資料が見当たらない、できれば詳しく。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:39:45
  55. >54

    http://mentai.2ch.net/army/kako/970/970545487.html
    「アーレイ・バーク」は、アラミド系の断片防御用装甲を採用していますが海自は、通常の断片防御用の高張力鋼だけでなく戦後初めて一部に本格的な装甲(アーマー)を採用しています。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 03:57:27
  56. 護衛艦の具体的な資料は無いなあ。
    むらさめ型以降だと舷側の溶接の面とりと歪みから、部位によって明らかに厚さが違うのは分かるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 04:56:25
  57. 主要区画に25mm装甲を張ってるんだっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 04:58:20
  58. なんかコメント25の馬鹿発言に食い付き過ぎて、コメ欄の流れが脱線気味なのでは? 主題は小川和久の主張の検証であって、小川の言っていない事を論じる必要性は無い筈。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 05:34:35
  59. 2001年頃に小川氏の講演会に行ったのだが、700mの距離で正面からBMPを7.62mm弾で撃破できるというご高説を賜り、それ以来この人を信用しないようにしていました。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 06:08:58
  60. >59

    ・・・・・清谷信一ですらそんな妄言は吐かないのに・・・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 06:14:26
  61. 自動車評論家と同じだと思えば気にならないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 07:09:04
  62. 小林アツシってまだ生きてたのかw
    こんな売国ノーテンパーでも発言できる日本は幸せな国だなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 07:09:28
  63. >6)緊急避難や正当防衛で民間船舶が武器を使っても良い。
    えーと、件のロシアの海賊退治ツアーネタを日本で実際に開催しろということか?w

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 07:14:27
  64. 小川和久氏ネタなので、関連として参考程度に。

    スレ内容の戦略論・戦術論とは別の、政治的な思想信条的な面だけど、
    小川氏は「従軍慰安婦」も謝罪するべき派の様ですね。ネタが韓国メディア報道ですが。

    軍事アナリスト小川和久氏「日本人の集団健忘症は遺伝子上の欠損」
    -----------------------------------------------------------------------------
    改憲の第一歩である国民投票法通過、現行憲法上で禁止された集団的自衛権に対する論議、
    アメリカとの軍事一体化…。日本をめぐる内外の動きに対して周辺国の警戒心が大きくな
    っている。日本の安全保障政策はどこに向かうのだろうか。

    日本の代表的な軍事アナリスト、小川和久さんからその方向性を聞いてみた。同氏は小泉
    純一郎政権で安保関連諮問役をして来たし、去年11月創設された安倍晋三総理の「日本版
    国家安全保障会議(NSC=National Security Council)」準備会に参加する10人の専門家の
    1人でもある。

    (中略)

    インタビューの途中、彼は従軍慰安婦の話を始めた。彼はこの問題が出た頃に安倍総理に
    二度、メモを送ったと言う。「まともに謝罪してこの問題を整理するように言った。被害
    者には日本が民族と国家の次元で名誉ある心身の補償を受けられるようにすべきで、それ
    でこそ拉致問題にも良い結果が得られる。総理が4月末、訪米前に記者会見をすべきだった。
    日本人の説明能力不足と集団健忘症は遺伝子(DNA)的欠損のようだ。」
    -----------------------------------------------------------------------------
    東亜日報(韓国語) 
    http://www.donga.com/fbin/output?n=200705180104&top20=1

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 07:40:36
  65. >64

    ここは右翼サイトじゃないんで、そういうのを張られてもどーでもいい。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 07:53:26
  66. >63

    民間軍事会社の戦闘員を載せるという案だろ。

    しかし商船の戦闘行為を原則禁じた1856年のパリ宣言(Declaration of Paris)に違反している可能性はある。ただし自衛なら許されるという法解釈が主流。

    武装商船
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%A3%85%E5%95%86%E8%88%B9
    軍艦資格を有しない商船については、敵国の軍艦などから攻撃や強制的措置を受けた際には、自衛のために抵抗することが慣習上許されるとするのが通説である。しかし、それ以外の場合には、戦闘行為を行うことは原則として許されない。したがって、私掠船のような存在も認められないことになっており、1856年のパリ宣言で廃止が確認されている。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 08:00:03
  67. >63

    的外れ。アメリカでも話は出ているよ。名物のトンデモ議員が提唱しているだけで、議会で全然相手にされて無いけどね。

    「民間船を武装させろ」、過激な海賊対策を米議員が提唱
    http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2592837/4035217

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 08:02:57
  68. 砲兵中隊で運用されてるのを曲解してるのか、ミサイルに直撃出来る程の精度なら
    そのまま地上を打てると思ってるのか、それともマスコミか似非平和団体に迎合して
    「パトリオットは対地も出来る攻撃兵器である」という主張を展開してるのか。

    地対地はいくらでもあるのにパトリオットみたいなものを連呼してる所から、
    後者みたいな可能性も大きいかも知れませんね。各地に配備されたパトリオット部隊が
    迎撃したらそのミサイルがほかの国に降り注いだらどうするんだとか言っていた人もいましたっけ・・・
    パトリオット配備反対とかやってる人もいますよね。

    まあ、雑誌社側からわかりやすい名前を使えという指示を受けて易々と飲んだという
    可能性もありますが、どちらにしろロクな話ではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 08:06:49
  69. >68

    現実問題としてナイキは無改造で対地攻撃出来たんだけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 08:11:38
  70. RPG-7が船の上からでも920mで当てられるなら
    自衛隊含む各国で引っ張りだこだろ・・・
    コスト低い再利用可能安定性悪くても長射程、
    白リン、DIMEに次ぐ超兵器?
    日本軍、米軍と続き今度はゲリラ最強説?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 08:52:04
  71. >68
    小川氏は、武器や編制で攻撃能力の有無を分けられるとの前提で、
    自衛隊に外征能力が無いといつも主張してるから、パトリオットそのものが
    「対地も出来る攻撃兵器である」と主張する可能性は低い

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 09:06:57
  72. 地対地パトリオットの話については確か最新の
    文庫版では削除されていたと記憶します

    ただそれでもMLRSがあるから大丈夫、とか
    韓国には国産巡航ミサイルがあるから、という感じに
    北朝鮮の砲兵火力はとにかく瞬時に無力化されるから大丈夫、
    という論調に変化はありませんでしたね

    しかし、専門家より軍事オタクの方が事情に明るいとは・・・
    日本の軍事専門家は個人単位ではミスが出るのは
    ある程度仕方ないとしても横のつながりが弱いということなのかな・・・
    兵頭氏の場合、軍事オタクの友人がいたということだがこれは例外なのか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 11:00:03
  73. >69
    ナイキもスタンダードもSSMモードがあるけど、だからどうだって話だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 11:03:00
  74. 兵頭氏は核武装関連はともかく、旧軍の小火器関係(38式とか村田銃とか)はかなりいい仕事していると思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 12:35:44
  75. >得意分野
    そういえば岡部いさくと押井守の対談本『戦争のリアル』で、最初の方で岡部氏が
    「私は海と空が専門ですが、陸のことは全くわかりません」
    と断っていたのが印象的だった。

    ちなみに押井守は、初めに『Avaron』を撮った時にRPGの実写を見た経験から「ATMイラネ、RPGサイコー!」という話を始めるが、岡部氏は相槌を打つだけでスルー。
    その後押井守が「『Su-30MKJ』ってヨクネ?」とか「MDイラネ、軽空母こそ至高」とか言い出すに及ぶと、岡部氏がすかさず反撃して論を封じてしまうのが見事だった(笑)。

    つか押井守の軍オタとしてのレベルの低さに愕然となる1冊だった…。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2009年07月02日 13:15:46
  76. >75
    いやぁ、軍オタならあんなもんでしょ。
    「趣味」で「自分の好きな事」やってるんだから、
    自分の好みに偏っちゃうのは当然といえば当然。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 13:58:38
  77. >>75
    どうでもいいけどパト2とアヴァロンにでてきたRPGはどうみても対戦車ミサイルでした・・・

    押井守は趣味でやってるからいいけど小川さんは仕事でやってるのがなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 14:44:43
  78. >77
    ツングースカをシルカって表示したりてもしたね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 14:49:24
  79. >>76
    そう、彼らの文や発言を聞くと、少なくとも日本の「軍事評論家」は江畑氏以外は只の「軍ヲタ」に過ぎないとよく思う。決して「専門家」じゃない。趣味家が昂じたもの程度にしか見えない。

    だから趣味の園芸家や小口デイトレーダーが農政や金融政策を語るようなものでもうむちゃくちゃ。軍事の予備知識がほとんど無くても???な発言が大量にある。

    日本ではまともな防衛の専門家はほとんど口を開いていないとおも。おそらく戦後の政治環境によるものだと思うが。

    江畑氏の評論でもまともなブンヤの評論程度で、さほど質が高いとも思えないので、せめて経済における堺屋太一氏や大前健一氏程度の評論家が出て欲しい(別に彼らの評論が正しいとか良いとか言っているのではない。念のため)。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 14:53:49
  80. 例に出すのが堺屋に大前ってのがなんとも……

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 15:00:42
  81. もしかして、F-2を擁護してるのって
    世界でJSF氏とスターアンドストライプス
    だけなんじゃないだろうか。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 15:07:23
  82. >>81
    擁護っていうのもおかしなものですね。
    実際、F-2は誤解が広がって困るとJSF氏も言ってますし、私もそう思っています。
    一度、航空祭でF-2のデモフライトでも見てみるこをお勧めしますよ。
    むしろ、批判的な意見のほとんどが、事情をろくに知らない門外漢による批判や、数字の取り違えや、開発時のトラブルを引っ張るなど、お話にならないレベルのものばかりです。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 16:50:11
  83. >本音を言う人は、こんなもの欠陥機で困るよと

    別に建前で話す必要のない人から聞いても、F-2の機動性は評価されてる
    てかすげーって

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 17:43:43
  84. 「俺がわかるのはこの分野だ!他なら別を当たってくれ!」
    ぐらい言ってくれんかなー
    無理にわからないジャンルを語らなくても価値は下がらないのに

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 18:18:10
  85. 兵頭二十八氏とF-2がらみを一つ。
    http://sorceress.raindrop.jp/blog/2009/06/
    >かつてF-2の機体部分の日本の国産企図を米国は強く警戒して、むりやり共同開発に割り込んできました。米国は、日本がそれを特亜や潜在核武装国へ輸出するのではないかとおそれたのでしょう
    >有人飛行機は、核爆弾の投射手段となるので、あまり性能が良いと、地域のバランスを決定的に崩す可能性があります。

    と兵頭氏が書いているのでうんざり。FSXは当初からミサイルによる対艦攻撃を主任務とし、副次的に防空及び爆撃を任務とするために開発されたのに。そのため日本の自衛隊のみで使用することを前提として開発されたのに。

    Posted by 90式改 at 2009年07月02日 18:38:46
  86. この記事を読んだあとに石破茂のオフィシャルサイト見てたら小川和久との共著の紹介してて吹いた。
    http://ishiba.com/modules/channel/index.php?page=article&storyid=13
    最後の2分くらい。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 18:42:15
  87. その道の専門家たる軍事アナリストがメチャクチャ言っても化けの皮が剥がれずに相変わらずのうのうとしているのは、その程度の明白な誤りすらわからない大衆を相手に商売してるからでしょうね。
    これが経済だったら、さすがに「分かる人」の母集団が大きいので、ダメダメな奴という烙印が貼られて、マトモな人達の眼中からは外れることになるでしょうから。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 18:43:36
  88. いや、経済他でもマスによく出てるようなのはダメな人だったり・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 18:56:57
  89. 出なくても食ってける人はわざわざメディアに出たりしませんよねぇ…

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:07:09
  90. >>88
    >>いや、経済他でもマスによく出てるようなのはダメな人だったり・・・

    いや、だから最低限・ダメが違いすぎる。大前や唐津と神浦やキヨタニを比べてみろ(俺は堺屋太一は最低とはおもわんので唐津に変更)。

    それに福井元日銀総裁レベルの人が評論を全くしてくれないのも痛い。タマに出てくるのが田茂神や佐藤みたいに素人でも「何じゃこりゃ」ではわけわからん。

    だから此処がこんなに盛況なんだろう。まともなのがエバケンの評論だけでは見方が広がらない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:12:34
  91. そもそも対地機能はF-16より当初制限されてて対を付けるなら対艦だよな。初期F-2って。
    なんで勝手に対地支援戦闘機にしちまってるんだか。この時点で対艦と対地の大きな違いを
    全く理解出来てないだろ?ってのが・・・
    なぜペイロードが大きいF-15Eが対艦4発と増槽、対空ミサイルを積んで飛ばないのかとか、
    全く理解出来ないんだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:27:35
  92. >>90
    大前研一はキヨタニとどっこいどっこいだと思う。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:33:35
  93. >>64
    この一件を見ても戦略に重要な条約すら読めない人物なのが分かる。請求権問題は実際には日本は履行済み。
    韓国が多めに見積もって受け取ったのに支払い段階で5.4%だけに絞って終戦後に死亡した者の遺族、傷痍軍人、
    被爆者、在日コリアンや在サハリン等の在外コリアン、元慰安婦らを勝手に除外して放置したのが原因。
    既に韓国は対日請求権を放棄し、個人の賠償請求は完全解決としてるので人権を云々言うなら韓国政府に対して
    訴えたり裁判しなければならず、日本で活動しても解決済みで時間を食うだけの反日宣伝活動程度で被害者に有益じゃない。

    氏の健忘症という言葉をどうしても適用しなければならないとすれば、実際に交渉して国家予算並の無償分に加えて国家予算を
    大幅に上回る各種有償、借款等も受け、後々も手厚い技術、資金支援を受け続けているのに、ロクに配らず国庫に入れて
    隠しとおし、明るみなっても自らが吹聴してきた補償未払い問題からはそっぽを向き、未だに日本は一度も謝罪も補償も
    していないとして叫んでいる人達の方だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:46:01
  94. いや、そもそも日本でアクセス数多い経済学系サイトが・・・
    ちうかね、イデオロギーで判別しちゃいかんのは経済も同じだったりする。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:49:15
  95. >>94
    まあ、イデオロギーなんてものに過度に毒されてる様じゃまともな判断は難しいね。
    ダブルスタンダードになったり、偏屈になったり忙しい事になる。イデオロギー最優先だから。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:52:05
  96. M-Vについても誤解されてる話も多くてこれはそれぞれの衛星にあわせて特注で構成するから割高になったし、
    M-Vの1段目は、モータケースが2分割で、さらにノズルも分離した状態で工場から搬出され、射場で組み立てていて
    作業日数や経費なんかもかかってた。工芸品だからとかそういう類ではなく、色々な法整備関係や目的別での特別配慮を
    狙いすぎて固体ロケットとしての利便性や汎用性が損なわれていたという話。

    そこで次期固体ロケットではH-IIAロケット固体ロケットブースタ(SRB-A)と同じく一段目を組み立てた状態で搬入する事で
    簡素化を目指し、二段目以降も出来るだけ作業を済ませた状態で運び込んで作業時間の軽減と人員削減、経費削減を目指す。
    それでも軍事用ではないので充填設備を他に用意されている等、非軍事ならではの問題は残っている。それ故準備に余計な
    時間が見積もられている。安全や法環境を考えて即応性なんか全く考えてないシステムにわざとしてあるという事だ。

    また、打ち上げロケットを実用していてもそのまま即対地に転用出来る訳ではないというのは確かにそうなんだが、
    実際に高精度の製造技術を持ち、精度の高い大規模な打ち上げ実績を持ち、運用もしてきた開発/運用能力というのを
    蔑ろにしてる人も多い。実際に開発に着手した場合、北朝鮮等が開発にかかった期間よりも短期間で長距離弾道弾開発が
    進むのではないかという推測が各国でなされている。だから日本の核武装警戒論なんてものがしつこく海外から出てくるんだ。
    理論だけで大型打ち上げ実績や高精度の製造技術に乏しかった北朝鮮が開発に漕ぎ着けたのに関連技術が豊富な日本が
    無理と切り捨てられるのもまた変な話だったりする。(地対地化に伴う実証実験が不要と言ってる訳ではない)

    これは技術的な素地の話やなぜ各種ロケットがそのままだと軍用に向いていないのか?という話で弾道弾開発するべきとか
    ICBM開発だとかそういうのを応援する話ではない。あまりにも技術開発や海外の識者の意見をないがしろにしてないか?
    なぜ日本の宇宙向けロケットがそういう仕組みにしてあるのかを全く理解していないのでは?という話。
    すぐ転用可能も関連技術が大して使えないってのもどちらもかなり技術を小ばかにした話だったりする。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 19:57:29
  97. JSF氏の得意分野は何?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:02:42
  98. >97
    釣り

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:29:31
  99. >>96
    どこの誤爆だ??

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:34:12
  100. >98

    リアル釣り師でもあるしネット釣り師でもあるので判断に困るな。

    軍事面ではどうなんだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:37:28
  101. >97
    更に特化して釣り(ライギョ)とか言いたくなるくらい過去のエントリはライギョ率が高いな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:37:54
  102. 魚雷率高し。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:48:22
  103. >>97〜102
    この流れは何だよwww

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 20:55:12
  104. >>99
    >>5向け。江畑氏も間違いだが工芸品だから技術が使い物にならないとかも間違いという話。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 21:07:28
  105. 面白い例え。

    http://b.hatena.ne.jp/entry/http://obiekt.seesaa.net/article/122617117.html
    ageha0 つまりマゼランもサラミスもコロンブスもザクの追撃を振り切ることはできないので、ザクマシンガンやヒートホークの射程を論じても無意味だと。 2009/07/02

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 21:08:48
  106. >>105
    射程も間違ってるけど射程以前の問題だ。という話だな。
    射程も論じる必要がある。投げヒートホークの「有効射程」が9000mあるみたいな暴論なので。
    設計上の最大飛翔距離と有効距離は違う。しかもそれ安定姿勢からの射撃でゆれる小船からとか無理難題。
    まぐれであたったらラッキーって感じで有効射程とは言わない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 21:13:48
  107. 揺れる船上から900mの距離でタンカーにRPG-7を当てる・・・磯のゴルゴならやってくれる筈だ!

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm2773747

    釣具は釣具の上州屋。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 21:22:08
  108. >>3)インド洋派遣のように海自の補給艦を護衛艦付きで出せば補給の問題も無い

    これがよくわからんのだが・・・
    インド洋のとは別に海保の補給の為だけに補給艦を護衛艦付きで出せってこと?


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 21:58:27
  109. >108

    動画をもう一回確認してみそ。

    http://www.choujintairiku.com/ogawak/ogawak27.html

    そういうニュアンスなんだよ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 22:16:22
  110.  小川さん、嫌いじゃないんだけど、戦時に備えて長野の地下に軍需工場作れと書いていたのには失笑としか。

    Posted by dragoner at 2009年07月02日 22:37:18
  111. 海自と海保で主に使ってる燃料も違うのに
    わざわざ混成してやる意味あるのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 23:08:06
  112. ごめん、ちょっと教えてくれ。
    ソマリアについては海保自身から「んなもん無理だ」という見解が出されているみたいだけど、実際に出された見解はどこにあるの?
    色々なところで言われているけど、なかなか見つからないんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月02日 23:44:59
  113. >>93
    経済学ならその答えは明快だよ。
    マスコミでは無名でもきちんと説明している専門書を読む。無論のこと、多くの専門書は字ばかりでカラフルでもないし、ここみたいに誰かを標的にすることでメリハリをつけたりする色物的方法は使わないから面白くは無いよ。

    ただ、そういう本でもまともなものは絶対的な正解を求めてこないし、あるとも断言しない。
    あくまでどの理論や具体策も、型として説明する。論壇の経済専門家を挙げているだけでは駄目だろ。同じことは軍事にも言える。経験者が少ないのだからシビリアンの書いたものでしかもプロパガンダ的な性格を持つ本が全般的に出来が悪いのは当然。旧軍関係資料がなんだかんだ重宝されるのもそこにある。目立ちたがりな軍人の著作でなければある意味余計なことは書いてない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 00:01:47
  114. 実際のところ、SH-60の防弾ってどの程度なんだろうね?
    UH-60は23mm弾で燃料タンクやエンジンを撃たれたりしても飛行自体は可能だけど、それと変わらないのかな。
    グレナダ侵攻ではUH-60が対空機銃の弾丸をウン十発くらっても生還した話があるし、このくらいは期待できるんだろうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 00:13:01
  115.  小川がゲルとの対談本のなかで、イラク派遣の際に89式小銃は砂塵に弱いからAKを隊員に装備させろと提言したら、陸将から銃の掃除を行わせると答えたので戦闘中に掃除を行うのかと怒鳴ったという意味のことを書いていた。
     いくらAKが汚れに強くても日頃使い慣れた89式を使う方が突発時の故障に対処できると思うの
    だが。

    Posted by nanashi at 2009年07月03日 00:36:47
  116. >112

    平成20年10月17日の衆議院
    「国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会」
    での岩崎海上保安庁長官の発言がそれだ。

    以下転載する。

    ○岩崎政府参考人 ソマリア沖の海賊でございますけれども、まず、海上保安庁の巡視船を派遣するということがどうかという検討をしております。検討しておるところでございますけれども、やはり日本から相当遠距離にあること、それから、先生も御指摘のとおり、海賊が所持する武器はロケットランチャー等の重火器を持っていること、それから、有志連合軍の軍艦等が現に今海賊に、事件の対応を行っているというようなことを総合的に勘案しますと、海上保安庁の私どもの現状の船艇勢力あるいは能力では巡視船を派遣することは大変難しい問題だ、このように思っております。

    上記はここで国会答弁を検索すれば出てくる。
    http://kokkai.ndl.go.jp/cgi-bin/KENSAKU/swk_logout.cgi?SESSION=14610



    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 00:42:21
  117. 89式小銃、結果的には特に問題なかったよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 00:53:20
  118. 難しいことはわかりませんが。

    元自衛官を名乗って、他人様の引用で本の二、三冊も書いて、うまく機会を捕らえてテレビに出て、素人相手に耳慣れない武器の名前でも適当に諳んじて見せて、あと番組の姿勢に調子を合わせた意見とやらを喋れば、軍事の専門家様、評論家様、権威様と勝手に認定していただいて飯の種に困らない身分になれるんですね?

    小川なんとか、ってそういう類の人なんでしょう?


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:12:28
  119. >>117
    イラク派遣仕様というか、欠点として指摘されていた部分をかなり直したスペシャルバージョンだったけどな。

    ま、その経験から既存の89式が改修されたりもしてるんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:17:05
  120. そう言う類の人です。
    本エントリの件に限った話じゃ御座いません。

    戦略論は信用に値するというが、それってぶっちゃけ
    少し物が見える何処にでもいる人間とたいして変わらないレベルじゃないのかな。
    日米安保を基軸にするのが基本なんて誰でもわかるような話だし細かい知識は要らない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:17:14
  121. その誰にでも分かる話を分からない人しかメディアにはいないので、やはりその面では小川さんは貴重かも。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:24:59
  122. AKはセルフクリーニングでメンテナンス不要、ぐらいに思ってる人が多いようで。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:26:33
  123. >その誰にでも分かる話を分からない人しかメディアにはいない

    左の当て馬ならコヴァやタモでもありというならそうかもね。

    だが、こういう「メディア」を指すとき実際には朝日毎日講談岩波界隈に対しての限定辞を全体に当てはめるのはいい加減止めてくれないかな。酷使じゃあるまいし。「しか」?それも単なる偏狭だろ。

    何故なら一般向けとして読売産経中公文春新潮などはある程度カウンターパートとして機能しているからね。経済誌もそうだな。これらの内複数は実際に左の妄想に付き合いきれない連中が次々分岐して立ち上げに参加したり、社内構想の末左を傍流に押しやった歴史がある。で、着実に部数は伸びて行ったし、今やネットニュースでは産経なんかは大手3誌の系列と互角なんじゃないの。MSNは毎日から奪い取ったしな。

    それに軍事分野に限らず専門誌の威力と言うのは部数に比較してかなり大きく、大抵は理想主義を嫌っている。外野でなく当事者や実際に国を動かしているサラリーマン層などには概して受けがいい。

    あとNHKは製作部隊によって色が変わる。教育や総合の一部で電波垂れ流しているのは事実だが総合や衛星で江畑などを招聘している件と相殺ということになるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 01:56:02
  124. で、供給元が増えているなら、コヴァやタモクラスの無能評論家は例え親米保守の吉田ドクトリン理解者であっても具体的な軍事面の議論には有害無益な訳で。あんまり稚拙なこと書いてるとそういう評論家は本当にタモ辺りに足元掬われかねないし妄言が続けば長妻とか嘲笑えなくなってくる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 02:03:44
  125. 素人は情報の貯め上手
    プロは情報の捨て上手
    とは言いますが。自分の不得意な分野は自覚しておいて欲しいですな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 02:23:21
  126. >>119
    具体的にどこが改修されてたの?
    自分としては左側面のセレクターレバーの追加ぐらいしか知らんのだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 02:35:13
  127. >>123
    CNET JapanやZDNet Japanを朝日が買収するので変な記事がばら撒かれないかは
    ちょっと警戒が必要だね。気付いてない人もいるだろうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 02:40:20
  128. >>123
    テレビに出て云々って流れだったから、テレビ界隈の意味で言ったつもりだったわ。
    なんか俺の言葉足らずでえらい機嫌を損ねさせたようで、悪かったな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 03:02:45
  129. >120
    >少し物が見える何処にでもいる人間とたいして変わらないレベルじゃないのかな。

    それすら出来ない人間が多くてな。

    ・・・神浦元彰とかな。

    ぶっちゃけ、小川の軍事知識は神浦と大して変わらん。ただ、小川は電波ではなかった。それだけの違い。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 05:32:59
  130. >>126
    本体側はそれが最大かつ唯一の改修点かな。あとはダットサイトやスリングなんかの補機回りが中心。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 07:08:32
  131. >118
    >他人様の引用で本の二、三冊も書いて
    現場を取材して書いた本はよかったんだよ。それで信用を得て、
    取材しなくても出版してもらえるようになったら、
    ごらんの有様だよ!
    おっしゃるほど簡単じゃないんで、
    よい子のみなさんは真似しないように。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 07:30:12
  132. >130
    砂塵防御関係なくない・・・?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 08:30:35
  133. >>132
    そんなもん、今時のまともなライフルとまともに訓練された兵員の組み合わせなら、特に問題にならないよ。素人が使うならAKみたいにタフな銃じゃないと駄目だし、L85みたいに誰が使っても駄目駄目な代物もあるけど。
    それに89式のメカニズムは、基本的にはAR-18の魔改造モノ。追加された3点バースト機構もラチェット式で筋のいい設計だし、今時のライフルとして水準程度の性能は充分に持ってるよ。

    89式最大の欠点は操作性、特にセレクター回り。特に改良前のセレクターは駄目駄目だったから、これが改修されただけでおおいに実戦的なライフルに化けた。といっても、正直改良後でも並以下のセレクターであるのは事実なんだが、まあ訓練でカバーできる範囲ではある。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 09:26:18
  134.  砂塵防御と言う点で言えば、現地の砂を入手した上でテストした(でまあ、そんなに問題なかった)と言う話は聞いた事があるけど、具体的な発言元は不明なので聞いた話程度に思ってもらいたい。

     ただ、軍用品に限らず工業製品のテスト内容ってのはある程度基準が公開されているモンで、それに準拠する内容の試験を行えばいいだけの話ではあるのだよなあ、そして年々その基準は実績を元に改定されているのが普通だし。

     ちなみにAKのタフさってのもある意味伝説に近いものがあって、銃器を使用するに当たって必要最低限のメンテナンスを行うのはプロの鉄則ではある、それを怠って痛い目にあうのはAKでも89式でもあんまり関係は無かったりする。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 10:48:43
  135. ※79
    遅レスですまんが、エヴァタソも元々は単なる軍ヲタなんだが。

    うんと昔の話で恐縮だが、MA誌で日本の軍艦の塗装に関する連載を持っていた時期もある。
    それがあそこまで行った、と言うのは本人の研鑽
    と謙虚な姿勢の賜物に他ならんと思う。

    Posted by 別スレ6124 at 2009年07月03日 11:24:04
  136. >パイロットだれに聞いても、本音を言う人は、こんなもの欠陥機で困るよと。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm7519881
    この動画の後半6:36以降にF−2の現役のパイロットがF−2褒めてるんだけど・・・
    配備初期の時代の報道特集か何かだよねこれ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 14:32:01
  137. つうか小川さん、幹部過程の講師をお勤めだったのね…(知ってたけど)

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E5%92%8C%E4%B9%85
    ># 防衛省統合幕僚学校研修講師(国際政治)
    ># 陸上自衛隊幹部学校研修講師(幹部高級課程、危機管理)
    ># 航空自衛隊幹部学校研修講師(幹部高級課程、危機管理)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 15:04:42
  138. こうもくると誰を信頼して良いのかわからなくなってくるな・・・・
    読者側で判断して正しい情報だけを見ていけば良いんだろうけど、判断できるほどの知識があれば苦労はしないし(今回のやつはまだわかりやすいけど)

    >その為、軍事の全ての分野に明るい超人のような人間は少なく
    この超人って誰と誰なんだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 15:06:28
  139. ただ、ご本人曰く、軍事“評論家”なる肩書きがあるのは日本くらいだ、軍事は評論の対象ではない、故に“アナリスト”を名乗っているのだ、と。
    初心に相応しいご精進を…

    Posted by 137 at 2009年07月03日 15:10:54
  140. >138さんへ
    > こうもくると誰を信頼して良いのかわからなくなってくるな・・・・

    「誰が発言したか、で信頼するな!発言の内容をもって信頼しろ!」
    ってのは現実主義者(論理主義者/科学主義者)の鉄則です。
    「Aさんが言ったから間違いない」が常に真である保証はできません。
    しかし
    「Aが語ったαという内容は資料Bや資料Cおよびこれまでの経緯Dと矛盾しない(整合性を保っている)。よって、現状ではαは真実に近いと見做しても問題はない。ただし、αを事実と認めた際に矛盾が明確化する資料や経緯が新たに見つかった場合は、新たに発見された資料や経緯の正当性と同時に、αの正当性の再検証を必要とする。」
    というのが合理主義・論理主義・科学主義です。

    更には、
    “「αは現状で真実に近いと見做してよい。よってαを主張したAは信頼に足る。」と判断してはいけない”
    というのも合理主義・論理主義・科学主義に含まれます。

    > 読者側で判断して正しい情報だけを見ていけば良いんだろうけど、判断できるほどの知識があれば苦労はしないし(今回のやつはまだわかりやすいけど)

    その知識を得るように常に努力する(勉強する)のが合理主義・論理主義・科学主義です。努力を放棄し、誰かの権威にすがろうとした時点で「堕落」と見做されてしまいます(笑)。

    常に疑い、常に検証する努力を惜しまない。
    だからこそ、合理主義者(論理主義者・科学主義者)は議論するんです。議論の中で自身の考えの正しさを証明する義務が生じる訳です。

    Posted by 真夏のダイバー at 2009年07月03日 15:51:33
  141. >>140
    とは言っても、人物像も担保にはなるけどね
    その人がどの分野に優れた人物かを正しく認識する事が大事なんじゃないかな?
    今回だってJSF氏も文頭で書いているとおり、小川氏の全てを否定する訳じゃないからねぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 17:26:55
  142. >こうもくると誰を信頼して良いのかわからなくなってくるな・・・・

    このためかどうかは知らんけど、最近ではTV報道でも
    防衛関連問題で現職の防衛研究所の職員が出てきて
    解説したりもしてるな

    この人達だって得意不得意の分野はあるだろうけど、
    少なくとも本職にしてる人達だからトンデモレベルの間違いはないはず
    書籍ならまずは防衛白書といったところか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 18:29:50
  143. >>140氏
    その主張は大いに同意するところです。
    やはり、マスコミの報道が間違っていたり、俗説が出回っていたりと言うときに、「いやそれは違う」と言っても、相手が正しいかどうか情報を精査しようとせず。
    「マスコミの言うことだから正しい」、「○○大学の先生が言っているのだから正しい」など、その手のブランドに根ざした反論は飽きるほど目にしてきました。
    情報とは主張するばかりではなく、受け取る側の能力と心構えに大きく左右されるものですね。(自戒含む)



    Posted by 白雪球 at 2009年07月03日 18:53:42
  144. H2Aは、ICBMですよ、堂々たるICBMです。
    これは、私が言ったのではなく英国の世界的に
    権威ある軍事専門誌がそう分類したんだな。
    そしたら、日本の外務省だかなんだか、変なヤツ
    が出てきて、H2A=ICBM記述に抗議したとか、何かそんなことが昔あったよなあ。(笑)
     H2A=ICBMは、世界の常識。


    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年07月03日 19:06:17
  145. >>144
    何所を縦読みすればいいの?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 19:20:39
  146. >>144
    名前欄にわざわざ「名無しT72神信者」と入力してる辺り一見さんのふいんきがプンプンするんだぜ……
    勿論その「世界的に権威ある軍事専門誌」には「アリアンシリーズはICBMである」と書いてるんだよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 19:28:28
  147. 内容と根拠がすべてだからね。
    大学の先生だろうと自称軍事専門家だろうと技官だろうとパイロットだろうと空将だろうと、
    米軍関係者だろうと、当然の如くJSF氏だろうと内容がおかしかったら突き詰めるべし。
    追求を抵抗して強がりで押し通して明確な内容もなしに絶対こうだなんてのは避けたいもんだね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 19:47:30
  148. >>146

    チョン系工作員あらわる。オマエは何時間ここに張り付いているんだい。


    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年07月03日 19:57:46
  149. >>144
    で、ソースは?
    何かそんなことが昔あったよなあ〜じゃただの妄想すよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:02:11
  150. 典型的というか、露骨なレッテル張りだなぁ……
    ここまで酷いのはそうそうないぜ。

    148氏=144氏であるという前提として、
    ところで、その世界的に権威ある軍事専門誌の名前及び、書いてあるページを出してくださらないかな?
    まず第一にこういうだれだれがこう言った、書いてあったと言う事を描くのは、自分の説を納得させる上でとても重要な事ですから。
    そういうものを書いていないと証明できないわけですから、あなたの発言は妄言と同類と言う事になりますから。

    (どうせ妄言だろうけどなー)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:04:10
  151. >>149
    自分で調べろ。そういう訓練受けてないのか?


    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年07月03日 20:08:34
  152. 権威ある軍事雑誌ねぇ。
    例えばジェーンは権威ある軍事雑誌に入るだろうが、そのジェーンだってBatlleShip「かでくる」とか「ちちぶ」なるものを日本海軍が作ってたと報じたことがある。で、日本海軍は「かでくる」とか「ちちぶ」って船持ってたの?

    敢えて言えばICBMも宇宙ロケットも基本は同じだが、今時わざわざ液酸液水エンジンのロケットを開発してICBMにしようと思う奴はいねーし、そもそもリエントリ弾頭が存在しないのに弾道ミサイルにはなりようがないわな。

    ああ、そういえばキヨタニなる日本人がジェーンの日本特派員を勤めてたっけか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:12:55
  153. んにゃ、説の提唱者が論拠を示すのは論説証明における鉄則ですにゃ。

    私は149さんじゃないですが、
    私があなたの教官でしたら、論拠不十分で却下という言葉を使わないだけまだ温情があると思ってくださったほうがいいですよ。
    というわけでまずはあなたが論拠を示す行動を行ってください。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:15:15
  154. >>151
    自説の論拠は自分で持ってくるもんだがね
    最近の学校ではそういうことすら教えてないのか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:15:32
  155. 沸くわ、沸くわ、朝鮮系工作員もどきが。152。
    ここは、モドキの巣窟のようだな。
    (笑)

    Posted by 名無しT72神信者 at 2009年07月03日 20:19:55
  156. >>154
    平成生まれの自分は一応「自説の論拠は自分で持ってこいや」と習いましたぜ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:22:14
  157. おお、俺は朝鮮系工作員らしい。自分でも初めて知ったぞ、感動だ。
    で、俺はなにを工作したらいい?
    ここで一つ、俺はここでなにを工作すべきか募集してみる。

    Posted by 152 at 2009年07月03日 20:22:49
  158. >>157
    福井作品のファンとしては「MG RX-0 “ユニコーンガンダム”」を推奨します

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:24:32
  159. >>157
    「大人の科学」最新号付録の8ビットコンピューターなんてどうかね

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:26:39
  160. いや、ちょっとまて!
    工作員「モドキ」なのかよw

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:31:24
  161. >>158
    こいつか!
    http://bandai-hobby.net/plamo/all/kit/52245.htm
    MGはC型ジム以来だ。アニメにもなるようだし、一つやってみよう。

    >>159
    これか!
    http://otonanokagaku.net/magazine/vol24/index.html
    これは燃えるな。なにやら男力(おとこぢから)をくすぐられるものがあるw
    ちょうど週末だし、明日ちょっと買いにいってみるわ。

    >>160
    えーなんだよせっかく工作員を気取って工作に耽ろうと思ったのに(´・ω・`)

    Posted by 152 at 2009年07月03日 20:38:51
  162. >>151
    根拠も論理もない主張を繰り返し、それを指摘されればレッテル貼りと罵倒
    お前の大好きな朝鮮人そっくりじゃん、良かったな。
    「H-2ロケットは弾道弾」って論説も韓国の新聞に載っていた話だし

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:39:34
  163. すげえなあ。
    「論拠を示せ」と言っただけで工作員認定とは。
    自分から言い出した「英国の世界的に権威ある軍事専門誌」を示せないんじゃ、ただの妄想でしかないのに。
    そもそも>>144は日本語の使い方がおかしいけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:40:27
  164. >パトリオットはマッハ5で飛んでいき、ピンポイントで発射地点を直撃します。これによって、戦術核を使わなくても、せいぜい数千門が1発目しか撃てずに終わってしまいます。ですからソウルは火の海になりません。

    数千門が1発ずつ撃っても市街地には十分過ぎる脅威です本当にありがとうございました。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:49:21
  165. ICBMってのが何なのか調べてから喋れって話だよな。

    日本が海外に警戒されてるのは弾道弾や核を持っていない国の中で最も技術が高く開発成功する
    可能性が高い国が日本で、世界の何処にでも配送出来る程度のロケット技術も持っているという
    意味でしかない。ICBMを持っているのではなくてICBMに一番近い国という話でしかないんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:52:23
  166. 別にそう書いてある雑誌があったところで技術のわかる記者いないのかよm9(^Д^)プギャーですけどね。
    液体燃料のICBMで全段液酸液水エンジンなんて構造にするわけがない、多少なりともロケットエンジンについて調べたらすぐわかる話。
    本当にそんな雑誌記事が存在するなら、書いた記者はロケットエンジンのイロハも知らないか、H-2Aの構造を調べもせずにICBM語ってることを曝露してるだけ。信じるほうが馬鹿で終わっちゃう話だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:52:27
  167. >>164
    在韓米軍のシャープ司令官は北朝鮮が砲台1万3000基を軍事境界線沿いに配備していると説明している。
    数千どころの話じゃあない。しかも軍事境界線沿いだけでこれだからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 20:55:10
  168. H2AをICBMに なんて
    数年前に流行が終わったと思ってたけど
    なかなか根強い人気だなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 21:13:46
  169. O石A司がそんなこと言ってけちょんけちょんにされてなかったか

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:03:42
  170. >144
    >H2A=ICBMは、世界の常識。
    あなた、最近現代大戦略2003というゲームをプレーしましたか?
    それにH2Aは気象衛星や通信用衛星を打ち上げるためのもので最近では大阪の零細企業の作った衛星も打ち上げている。あなたはニュースを見ていないな。
    >161
    そうだ。ガンダムUCの小説単行本の限定版にはMGユニコーンガンダムに取り付けられるガトリングガンなどのオマケが付いているが…。入手できるかなあ。

    Posted by 90式改 at 2009年07月03日 22:11:56
  171. 大石英司さんですか。

    あの方、学歴が低いので仕方が無いです。大石さんは高卒ですが(通信制の大学もやりましたが卒業できず)、出身校は地元でもよく知られている偏差値の低いDQN校です。

    中学生レベルの数学も出来ない方なのですから、彼に理系的知識を期待するだけ無駄です。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:15:01
  172. >>171
    学歴が関係してるなら政治家や官僚に文句を言える人なんかいなくなるけど。
    学歴がどうこうより発言で通した方が良いと思うよ。

    品のない叩き方になると批判がおかしな方向になってしまうからあんまり好ましい手法とは言えないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:25:05
  173. みずぽんだってトンキン大学出身だしな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:27:54
  174. >172

    あの方は御自分のブログで小学生レベルの算数の計算を何度も間違えて居られますが?

    学歴以前に能力として問題外なのですよ。

    それなのにあの方は、民主党の議員のアドバイザーとして政権交代後に政治に深く関わろうと、理解もしていない経済ネタに手を出しては毎回、外しています。

    あの方が政治に手を出すようになったら、この国の政治はお終いですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:28:29
  175. >172
    >学歴がどうこうより発言で通した方が良いと思うよ。

    うん、だから大石英司は

    「H2改造で弾道ミサイルだ!」

    と発言しているんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:29:39
  176. >>175
    蛇足だと言われてるんだよ。

    >>174
    DQN高だか知らないが、だから小学生の計算も間違うじゃさすがに他の人を巻き添えにしすぎで
    書いてる人たちの見識が問われるからそういう流れは好ましくないし、不要だって話なんだ。
    髪の毛が金髪だからとかDQN高出身だからとか、そういう話になっちゃうと流石にね。

    郵便局強盗やってたとか変な活動団体で政治的な活動を繰り返してるとかいう背景的なものなら
    話もわかるけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:34:04
  177. >小学生の計算も間違うじゃさすがに他の人を巻き添えにしすぎで

    事実を述べただけなのに他の人を巻き添えにするという主張は理解できない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:44:36
  178. >72
    >地対地パトリオットの話については確か最新の
    文庫版では削除されていたと記憶します

    流石に対応してたのか・・・

    >ただそれでもMLRSがあるから大丈夫、とか
    >韓国には国産巡航ミサイルがあるから、という感じに
    >北朝鮮の砲兵火力はとにかく瞬時に無力化されるから大丈夫、
    >という論調に変化はありませんでしたね

    やっぱり馬鹿だった・・・速度の遅い巡航ミサイルで砲兵戦なんて有り得ない。

    軍事常識を何も理解してないんだな、小川さん・・

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 22:53:27
  179. >168
    さらに根強いものが「M-Vを弾道ミサイル転用せよ」と言う主張もさね。
    これを唱える人はロケット技術に詳しいつもりの事が多く、H-2A弾道ミサイル論者以上に始末に負えないもさ。

    Posted by もっさりさん at 2009年07月03日 23:01:22
  180. >>177
    そういう高校にいってる人間がみんな小学校レベルの計算を間違うという話になってしまう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:05:16
  181. >>179
    関連技術は転用出来るが、M-Vは輸送時を考慮した構造的にとても即応には遠い代物だからね。
    まあ、そもそも安全重視なんだから当然なんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:06:29
  182. >180

    偏差値30台なので実際にそうだが? 地元のものに聞けばわかる。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:11:01
  183. 時々固形ブースターをクラスターして使えという意見も見聞きするけど、
    これもイマイチなん?
    まぁそもそもICBMなんかいらんと思うけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:13:20
  184. クラスタ化しなくたって普通にいけるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:14:37
  185. >>182
    いや、だからさ……そういうレッテル張りとも取れる行動を取るなって>>180の人は言ってるんだって。
    別の言い方をすれば、A(彼)はB(数学的知識に乏しい)であるというのが真であるならば、Aと同じグループに所属(高校に入学している)するものは須らくBであるという論調で話をするのは間違ってるだろうと。


    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:17:02
  186. >179

    モサ師匠、キヨが予測通りの行動を取った件について。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:35:14
  187. >>182
    足し算掛け算レベルになるとそういうレベルじゃないだろもう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:36:41
  188. コメ29で「海保は他国海軍との共同行動が不可能」と書いてあるけど、これってどういう意味?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:39:09
  189. >>186
    そういう事です。北朝鮮の軍事や中国の軍事には賞賛を投げかけながら日本の軍備には
    軍靴とかいうとかならまだしも、出身高とかにまでいくとレッテル貼りにひいてしまって
    せっかくの指摘が台無しになることもあると。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:39:37
  190. >>188
    海保はまず、米国等の沿岸警備隊の様な準軍事組織ではなく、非軍事組織なんです。
    それ故に軍事関係との綿密な連絡を取り合う為の装備というものに掛けていたり、
    お互いが関与しあうというのもなかなかに困難が伴うという所が。

    まあ、不可能って程ではないと思うけど、かなり困難を伴うというか、非効率にはなるでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:42:24
  191. >188

    単にデータリンク出来ないから。

    アメリカの沿岸警備隊はデータリンク出来るんだけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月03日 23:49:39
  192. USCGのカッターってLINK16持ってたっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 00:00:39
  193. >>192
    LINK11から16、22へと更新中じゃなかったかな。

    艦隊に同行する事もあるのでそういう船は早めに対応されてそうだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 00:17:40
  194. OTCIXSへの接続は可能だった筈。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 00:21:10
  195. とりあえず海軍と沿岸警備隊は1996年以後からGCCS-Mを搭載していく方針の様だ。
    古いものはOTCIXSも混ざってるんだろうけど。
    とりあえずバーソルフはCGC2だって。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 00:31:24
  196. >152
    >ああ、そういえばキヨタニなる日本人がジェーンの日本特派員を勤めてたっけか。

    最近クビになったらしいよ。

    先週の JDW を見ると、Correspondent のリストには清谷氏の名前は載っておりません。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 03:01:49
  197. >196
    それはめでたい

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 03:17:42
  198. >>133
    右側セレクタは十分に実戦的だよ。
    匍匐時や持ってる時、何かに引っかかって勝手に変わらないように配慮してるわけ。
    国内のも切り替えられてるのは、市街地対応とかそんな理由でしょ。
    因みに、AKも右側セレクタな

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 06:49:59
  199. AKほどでかいセレクタだと結構楽に扱えるんだよね。
    エアガンでだけど、慣れるとかなり楽だった。
    右手でも左手でも、姿勢によって楽な方で操作できたよ。
    最初に買ったエアガンがAK系だったから、
    それ以降に買った別の銃も両面セレクタの場合は右で操作するクセがついた。
    特に不便は感じなかったなぁ。
    >198
    の言う匍匐時の誤操作防止ってのも、AK使ってるときは充分恩恵を得られたな。
    MP5では結構頻発したよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 07:12:34
  200. >>198
    それは知ってるし理解もする。
    でもね、仮に理由が市街地対応だとしても、現在配備されている89式が両側セレクタに切り替えられつつあるのは事実だろう。つまり自衛隊も右側よりは両側がいい、利点よりは欠点が勝る、と認めているわけだ。

    それにデザイン上の問題は、セレクターが右側にあること「だけ」が原因じゃない。右側にある上でセレクターが小さく、しかも親指で操作することが前提の左側セレクターのデザインが持ち込まれていて、細かい操作が必要という点が問題なんだ。
    >>199も言っているが、AKみたいに大型で適切なデザインならセレクターが右側でも別にいい。あれは手の平でも動かせるからね。

    そりゃ、訓練や慣れで「不便を感じない」程度にすることは出来るよ。改修前の89式でも難しくないだろう。
    でも絶対的な操作タイム、あるいは操作フォームの無駄というか、それがあるのも事実だよ。あまり適切な例えでもないしこれはAKにも言えることだけど、89式も照準した姿勢のままままセミオートとフルオートを切り替えたり、安全装置を解除したりすることはできない。モードを換える時に銃を大きく傾けるか、無理のある姿勢をとるか、でなければ右手をグリップから離す必要があるからね。
    AKの場合は、大雑把な動作でいいからこのロスは非常に少ない。まあAKは冬に手袋をした手で確実に動作をさせるためにレバーを大型化したくてあの設計になったんで、大雑把な動作なのは当然なんだが。
    しかし89式の場合は、細かい動作が必要だからロスは大きいんだ。実際、小型のセレクター+右側のみの配置なんて設計は、近代軍用ライフルではほぼ例が無い。そんなもんを実戦的とは評価できないよ。

    このあたりのことは色々説明するより、エアガンでCQB寄りの訓練をしたりシューティング・マッチに参加するなりして、客観的にタイムを計れば簡単に判ることだよ。
    匍匐時のセレクターの誤動作も、自衛隊以外じゃたいした問題とは認識されないしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 11:06:22
  201. >>200
    現在はな
    開発時、これだけ市街地対応が来るとは思わんだろ
    セレクタが小さいのは引っ掛けにくくする為だろうな
    安全位置から素早く解除したければだな、中間位置にしとけば良いんだよ

    射撃姿勢で、素早くセレクタ変える?
    部隊で射撃するから、野戦ではまず必要無いだろうね

    高い安全性の確保は自衛隊では十分に実戦的
    他国とは事情が違います(今は変わったということかな?)

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 13:07:25
  202. まあ、結局どれを優先するかだ
    開発時は、野戦でセレクタを素早く切り替えられるより
    安全性を高める方が重要(実戦的)だった
    しかし、市街地対応で重視される比率が変わった
    それだけのこと

    Posted by 書き足し at 2009年07月04日 13:14:26
  203. >>201
    重要度の大小と実戦的かどうかの評価はまったく別の話だよ。ゴッチャにしてはいけない。
    たとえば64式にも89式にも存在しているカートキャッチャーは、自衛隊のシステムでは重要かつ合理的な装備だが、実戦では屋内でのCQBでもない限りジャマ者以外の何者でもない。重要だが実戦的ではない、なんてのは幾らでもある。
    こういう言い方はしたくないが、訓練の利便と安全性確保が実戦的と言うのなら、同時に訓練のために実戦での対応能力を大幅に低下させた、という言い方も出来てしまうんだよ。実際、90年代のガンマニアの89式の評価はそんなもんだったしな。

    89式は訓練での利便性や安全性の確保のために、即応性に勝るセレクターをあえて搭載しなかった。それはそれで一つの選択だ。しかしそれでは実戦的ではないし、即応性が必要な任務が増えたので改修も行った。それだけの話だろう。

    結局どれを優先するか、ってのは同意だけどね。

    それからセレクターを中間位置にしておくっていうのは、ひっょとしたら実際に行われている手口なのかもしれないが、言語道断だ。それとも自分が知らないだけで、そんなモードが搭載された89式でもあるのかね?
    そうでないのなら、安全も確保できず射撃もできず、トラブルの元にしかならない。そんなことをしなけりゃならないのなら、兵士と銃の双方が欠陥品と罵られて当然だろうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 14:01:45
  204. >>200
    いや、まあ、セレクタも重要な項目ではあるが、良銃になる為に対応が必要ってのと
    なけりゃ駄銃ってのはちょっと違いが。

    欧米のライフルみたいに砂漠でトラブルが頻発したり、イギリスみたいにそもそも
    なんでそんなもん装備してんの?とかいう話なら大問題なんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月04日 22:49:55
  205. >>203
    弾の不正流出が防げる。
    マスコミに叩かれなくて済む
    マスコミに叩かれると演習が遣りにくくなり。
    これは十分に実戦的だ

    だから、野戦ではしょっちゅう変えないって。
    何時の間にか、「ア」が「レ」に成ってて暴発しましたよりマシなわけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 06:53:45
  206. 日本は海外みたいに気楽な演習が出来る環境にないから演習に慎重になるのは仕方ない。
    演習での問題発生を理由に活動や装備が大幅に制限されるという斜め上もありえるのが日本だからねえ。

    あとは日本は狭い所や市町村レベルでの戦闘想定も多いから室内戦闘重視になるのは致し方ない。
    ベトナムやアフガンやイラク、チェチェンの山岳みたいな所で戦う訳じゃないからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 10:07:27
  207. >>205
    だから実戦的という言葉をねじまげるなよ。
    それは訓練の利便、言ってしまえば平時の利便性であって、実戦的とはまったく違うものだと。ゴッチャにするなと言ってるんだ。

    それから野戦ではあまり換えないと拘ってるけど、自衛隊がかつて想定していた戦い方がそうであるだけの話だろ。それはそれで別にいい。
    ただし、対応速度が遅れるという問題を完全に無視した話でもある。アにして行軍中にアンブッシュを食らったら即応できず死傷者が増える仕様の何処が実戦的なんだ。訓練の安全性追求と実戦的な仕様は一応並列できる概念だが、89式のセレクターはそうじゃないだろう。
    しかも自衛隊は実戦の可能性が出てきたとたんに改修してる。つまりセレクターの不備を認識し、実戦的ではないと評価していたってことでもあるだろ。ひどい言い方をすれば、それが市街戦であるにしろ実戦に対応できないバカ設計だと認めたってことでもある。

    まあこの場合はそんな問題じゃなく、こちらとそちらでは「実戦的」という言葉の定義が全然違うということなんだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 11:11:38
  208. 205や206は実戦的というより実践的だな。
    実戦の時間より訓練の時間の方が長い=事故の起こる確率が高いってことだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 12:27:34
  209. >実戦の時間より訓練の時間の方が長い=事故の起こる確率が高いってことだろう。
    野戦より都市戦の訓練比率が上がってくれば
    今取り上げられてる部分はそれなりの重要度になってくるのかな
    というのが外から見た感じ

    都市戦の訓練を一部しかやらないのなら八十九式は野戦向きベクトルで置いといて
    都市戦向きのチームは何か別のをあてがった方が効率いいような
    元の話であるセレクタの改修くらいはやった方がいい気がするけど

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 12:58:57
  210. >196
    清谷氏がジェーンをクビ…。
    当然じゃ。ひょっとして墓穴掘ったのかなあ。すごく酷い記事を書いて。(ありえるでしょ。でしょ。)

    Posted by 90式改 at 2009年07月05日 13:18:40
  211. >>210
    やっぱピラー二ャ関連のフカシが原因かな?
    モワグ・コマツ・防衛省(つまり当事者全て)から否定されたのに根拠もなく主張し続けたから……

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 18:32:01
  212. >>206
    だから、開発時期を考えてよ。

    アンブッシュされたからって、いきなり撃つの?
    敵味方の確認や隊長や班長の指示を待たなくていきなり反撃?
    そんな場面では、安全装置自体外してると思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 20:43:45
  213. >>212
    いきなり撃つかは交戦規定次第だろ。だがそういう選択「も」できるというのと、最初から不可能なのはまったく違う話だ。
    それからベトナム戦争の米軍では、戦闘地域では薬室に弾丸を装填した上で安全装置をかけて移動していた。安全装置を外すのは射撃の直前だ。安全装置を外して移動するって言うのは、ガチの戦闘中か攻撃の直前だけ。アンブッシュが「ひょっとしたらあり得るかもしれない」程度の場所では安全装置を外して移動したりしなかったぞ。

    それから制式採用が1989年だからって何。何が要点なのか、はっきり、ボカさず、きちんと、自分の言葉で言ったらどうだ。
    周囲の政治的状況が今よりきびしいからあえて非実用的なセレクターをつける原因になった、といいたいのか? そういう選択はおおいにアリだ。でもそれは実戦的かどうか、89式のセレクターが評価できるかどうかとはまったく別の話だ。何度も言うが、平時の利便性と実戦的かどうかは「違う」ものなんだよ。
    それとも当時は対ソ戦しか考えていなかったから野戦しか考えないでいいっていうマヌケな想定で作られたとでも言いたい訳か? そしてそれを免罪符にでもしたい訳か?

    そもそもだな、89式のセレクターが右側に変わったのは、幾つもある試作モデルの最終に近い段階だ。原型のAR-18も、ある時期までの試作も一貫して左側セレクターだったんだよ。しかも89式のセレクターは、改修前の奴ですら左右を付け替えられる設計になっている。つまり設計陣は一貫して左側セレクターが有効だと信じ、かつ、いつかは左側にセレクターを追加する必要が出ることを予見していたとしか思えないんだよ。改修前のセレクターの操作性が悪いのも多分そのためだ。引っかかりにくくする、なんて理由は左右どちらだろうが共通した要件だしな。

    それから前の書き込みの話だが、すばやく動かしたければ中間位置にするという話はどうなった?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 22:17:31
  214. >213は何でこんなにいきり立っているんだ?
    誰か教えてくれ

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月05日 22:56:23
  215. >>212
    >>213の人じゃなくて>>206本人だけど、開発時期云々というのがよくわからない。
    対テロ戦争やイラク戦争がなかったって話?私が言ってるのは日本の想定がそこかしこに
    狭かったり見通しが悪かったりする道や建物間の隙間が多かったり、建物が多すぎて室内戦闘の比率が
    高そうだから他の国の軍隊よりもそういう想定が色濃くなってても仕方ないかなあという話だよ。

    海外の軍の場合はどちらかといえば未開拓な所や開けた所が多く、またそもそも敵国なので
    ミサイルや爆弾でふっ飛ばしてから戦うなんてのが容易に出来る。
    でも自衛隊は防衛型なのでそんな簡単に建物吹っ飛ばせないし、日本の市街地や
    土地柄なんかを考えるとちょっと特殊なので、室内想定だから無駄ってのも
    そんなにいえない面もあるんじゃないのかなあ?という疑問なんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 19:54:53
  216. >>213
    じゃあ、自衛隊はそんな限られた状況よりも移動中やらの安全性を重視したわけだ。
    国内でベトナム並みのゲリラ戦が展開されてるとか、もう終わってるよね。
    陣地構築されまくり、補給線構築されまくり、協力者つくられまくり。
    笑うしか無い状況だね。

    移動中に安全装置が勝手に外れたら危ないじゃ無いの。
    大して変わらない即応性の変化で安全性が得られるのに。
    市街地空間では、即応性の比重がそれよりも上がったから変わっただけでしょ。
    武器の安全性重視は実戦的じゃないって?
    なら考え自体が合わないね。

    そうだよ。
    被害のでかい都市での決戦は避ける思想。
    世相的に想定できなかっただけな可能性も有るけどね。

    引っ掛かり易いのは、匍匐と持ったときだよ。
    右側に有れば、服や弾帯に触ること自体がない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 20:56:32
  217. 記事テーマから、かなりずれつつあるようだが・・・それもこのブログの大五味か?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 22:34:05
  218. >>216
    アホか。考えが合わないんじゃない、そっちが都合の悪い部分をスルーし、自分の言葉で語らず、さらに実戦的という言葉を捻じ曲げているんだ。
    そっちが挙げてくる「実戦的」という要素は、全て「平時の利便性」あるいは「訓練の利便性」だろうが。

    それから前の質問に答えてないぞ。
    早く答えろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 22:45:15
  219. >>216
    ついでに言うと、アンブッシュはゲリラ戦に特化した行為では絶対にない。戦闘では普通の戦術だ。そっちが挙げるような、メチャクチャ狭い定義ではないぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 22:48:38
  220. >>216
    もっと言おうか。そちらの言う武器の安全性重視云々はただの詭弁、あるいはアホの言うことだ。

    安全性は重要だが、行き過ぎると実戦的ではない。断じてな。適切な安全性が確保できればそれでいいんだ。
    そして改修前の89式のセレクターは、明らかに行き過ぎだ。戦闘能力を明らかに低下させる。そんなもんを実戦的と評価しろと?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 22:58:16
  221. 旗からみていて気分がわるいからいいかげんアホとかバカとかいうののしりを好むのはやめないかい?
    それともこのサイトはそういう侮辱発言が推奨されてる訳?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:07:23
  222. 傍から見ていてかなり気分悪いんだけど、アホとかバカとかそういうのを喜んで使うのは控えないかい?
    議論には全く不必要だし、お互いに理解し合おうという姿勢の阻害にしかならないと思うんだけど。

    それともこのサイトでは管理人がそういう侮辱発言を推奨して奨励でもしているのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:09:09
  223. 書き込みエラーかと思ったら反映されてた。同じ内容の連投申し訳ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:11:25
  224. >>216
    日本は海岸線近くに建物多いし地下鉄なんかの兼ね合いで地下道も多いんだけども・・・
    敵が狙ってくるであろう要所も各地にあってこれらの防衛もかねてるだろうから、
    別に敵が陣地構築されまくり、補給線構築されまくりでなければならないという訳でも。
    協力者つくられまくりについては・・・まあ、触れないでおこうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:14:30
  225. >>221、222
    アホとかは普段の議論でも普通に使ってるんだが、不快だというなら謝罪しよう。
    それ以外の内容は引っ込めないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:17:39
  226. 謝罪ついでに89式の開発についても貼っておく。
    Gunのバックナンバーもいい資料だが、ネット上にある資料としてはこれが一番だろう。
    http://www.eva.hi-ho.ne.jp/carrot/89_rifle/t_report_top.html

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:21:34
  227. 右だろうが左だろうが、最大で270度も回転させる必要があるセレクタの操作性が評価できる訳がないんだけどな。
    安全性が欲しければマガジン抜けばいいだけだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月06日 23:46:59
  228. >>227
    そんな無体な。そんな頻繁に抜き差しするもんじゃないし・・・
    ただまあ、即応性の面で多少問題があるが、機能面で重大な欠陥というにも難しい。
    改善要望くらいなもんでイギリスのアレみたいなのとか、米軍の戦場別で向き不向きが
    激しすぎて混乱するとかの問題とはちょっと意味合いも変わってくるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月07日 20:27:22
  229. 89式は実戦経験がねぇ、SA80がソマリア沖でまともに動くライフルであることを証明した現在では、同じ状況下で動くか判らんから下手すると5.56mmライフルのワースト1に輝きかねんが。同じ豊和工業の64式はワースト1の7.62mmライフル扱いだし。どっちも安全装置をどうしてまともに作れないのかな?まぁ日本製で最もどうしようも無さげな銃器は短機関銃だけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月07日 21:02:52
  230. ソマリア沖=海上での実戦経験が89式にないとか大嘘を。
    じゃあなんで海保のSSTが89式を装備してるんだと。
    海自の船上保安員も小銃は89式装備のはずだが。

    89式の欠点はセレクターの使いにくさのはずだが「安全装置がまともに作れない」とか、どこから出た話だ?
    安全装置がまともに作れないってそこら辺で暴発してるのかと小一時間。
    そんなソースがあったら見たいから出してくれ。

    少なくともどこからでも三点射できる機構は、カウントリセットされないM16系よりは評価が高いんだが。

    ヒューマンインターフェースというか、操作系の作り込みの荒さというか、使い勝手を今ひとつ理解しきってないという欠点はあるが、的はずれの点を「欠点」とか言われても、言ってる側の脳みその出来を疑われるぞ。もうちょっと勉強しようね。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2009年07月07日 21:36:46
  231. >>操作系の作り込みの荒さ

    そう言えばマガジンキャッチの位置とかコッキングレバー周りの設計、悪くはないけど良くも無いよね。イマイチ洗練されてないな、という程度だけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月08日 14:00:26
  232. >>229
    無茶苦茶言うなあ。訓練で色々な想定でやってるし、実際に水上部隊も装備してるじゃないか。
    SA80がボロクソ言われたのは訓練ですらひど過ぎるのに実践でどーすんだよという・・・

    しかも砂塵や熱帯の話してるのに話が水上に飛んでいってるし。

    それから自衛隊の場合は複雑な機構を排除してないというだけで作れないとかは意味が違うのでは?
    機能自体を諦めるより、正常に機能するものを付ける方が遥かに難しいんだからさ。
    そりゃ項目を多くした上にそんな配列を要望してきた自衛隊に言うべきもんだよ。
    君が言うみたいな致命的な欠陥あったら今ごろ機能はずして簡素化してるって。

    Posted by 名無しОбъект at 2009年07月09日 19:48:57
  233. 小川は陸上自衛隊をすぐに辞めた
    ヘタレのくせして、40年航空自衛隊で勤務された田母神さんを非難する資格はない。
    小川などは所詮机上の空論を述べるだけの白痴で
    何の役にも立たないが、田母神さんは常に死を覚悟されて、勤務されていた。
    超人大陸への反論だが、
    なんで韓国・中国が日本の教科書にも口を出すんだ?内政干渉だろうが。ここをまったく触れない小川は所詮、書生崩れだ。日本の害。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月16日 07:23:48
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。