2010年01月07日
それでは番外編二つを挟みましたがようやく本編に戻ります。「米海兵隊の戦略と沖縄」編に続き、今回お送りするのは「台湾危機と米軍基地」編です。


普天間基地県内移設に合理性は皆無 - モジモジ君の日記。みたいな。
台湾危機と米軍基地

 台湾というのは、2000万人余りの人々が暮らす生活圏である。だから、台湾の人々にとって重要なことは、自分の生活圏が戦場にならないことであって、戦争になったら、その時点で「負け」と言っていい。なにより、戦争にならないことが大事なのである。


いいえ、それは間違っています。「勝ち負け」は目的を達成するかどうかによります。例えば「独立戦争」は目的が独立であって、独立を達成すれば勝利となります。「革命戦争」の場合は目的が革命であって、革命を達成すれば勝利となります。

例えばベトナムは、太平洋戦争が終わった1945年当時、2000万人余りの人々が暮らす生活圏でした。だからといって、ベトナムの人々にとって重要なことは、自分の生活圏が戦場にならないことではなく、独立を勝ち取り人民政府を打ち立てる為に、革命を起こし植民地支配の帝国主義者を叩き出す事でした。1946年、第一次インドシナ戦争が勃発。ベトナムはフランスとの戦いに勝利した後、アメリカと戦うことになり、ベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)が終結した1976年に、ようやく国土の統一と平和を手にしました。国土は破壊され、何百万と死亡し、生活圏はズタズタにされても、ベトナムは戦争目的を達成し、勝利したのです。彼らはアメリカ相手に、勝利したのです。



「在日米軍で台湾を守ろう」などと言うのは、台湾を「日本にとっての緩衝地帯」としか見ていない連中*1の発想であって。


ええ、それは実に重要な事だと考えます。台湾を守る事は台湾の為に沖縄が犠牲になれ、という事では有りません。台湾を守ることは沖縄を守ること、日本を守ることに繋がります。国家とは国益を最優先に考えて行動するものです。他国を助ける場合は、自国にとって利益があるものでなければなりません。慈善事業ではないのです。

台湾は日本のシーレーンにとって要衝であり、失われることは損失です。また台湾が陥落すればその中国軍の戦力が今度は沖縄に向けて正面圧力を掛けてくる事になり、対抗上、沖縄周辺の防衛力を上げる必要も出て来ます。つまり沖縄の基地負担が更に増えるという事です。また中国が台湾周辺の空域を確保できれば、中国海軍と海軍航空隊は外洋に向けてかなり進出し易くなります。これら三つの要素は全て日米にとって不都合なことです。



そして、最近の中国政府が発している数々のシグナルを見る限り、「独立宣言しない限り軍事侵攻はない」ということであり、その意味で、イニシアティブは台湾側が持っている。戦争したくなければ、独立宣言さえしなければいい。


過去の歴史を紐解けば、不可侵条約を結んでいたのに一方的に反故にして侵攻してきた国の例(ドイツの対ソ戦、ソ連の対日戦)すらあるというのに、中国政府のシグナル(国際的な約束ですらない)を信用するという発想は、甘い考えです。1979年の中越戦争で、中国は「懲罰」と称してベトナムに攻め込み、一ヶ月ほどで押し返され始めると、占領していたベトナムの都市に爆薬を仕掛けて破壊してから撤退していきました。中国は必要と有らば軍事侵攻を躊躇わない国です。それはアメリカもロシアも同様であるように。



だから、実際、「中国と戦争になってもかまわないから独立宣言すべき」とする台湾人は、リアルでは会ったことがない。その類のことを言う「芸人」はメディアで時々見るけれど、そんなのに共感している人はほとんどない。当然だろう。台湾の人々において、殊更独立宣言を急ぐ必要性などないのだから。ただし、ついでに言えば、たとえば、そもそも中国政府が「独立宣言したら武力行使も辞さない」などと恫喝してくることについて、不快感を持っていない台湾人も、これまたリアルでは会ったことがない。それも当たり前の話だろう。急進的独立派ではない台湾人というのは、そうした状況を前提として、あくまでも現実の国際社会の処世術として「現状維持」を支持している、ということ。


この部分については概ね、同意します。ただしこのような世論調査もあります。2008年の調査です。


【台湾】大陸委員会:2008年両岸関係世論調査の分析
選択肢を3分類とした場合は、圧倒的多数(58%〜71%)の国民が「現状維持」を主張し、「台湾独立」(17.5%〜24%)を主張する国民の割合は、「両岸統一」(4.7%〜8%)より高かった。

「現状維持」の選択肢を提示せず、「独立」か「統一」かの二者択一とした場合、「台湾独立」に賛成が6割を超え(65%〜68%)、「両岸統一」に賛成は1割強(14%〜19%)に過ぎなかった。


「現状維持」「独立」「統一」の三択ならば圧倒的に現状維持を選んでいますが、「独立」「統一」の二択ならば独立派が大勢を占めています。

それではmojimoji氏の記事に戻って、今回のテーマにおける最重要部分です。



さらに、中国側にとってさえ、軍事侵攻する意味がない。経済的結びつきは急速に深化しているし、仮に統一するとしても、台湾に存在する経済インフラに傷をつけずに手に入れるのでなくては意味がない。


まず「経済的結びつき」は戦争を行わない理由にはなり得ません。典型例が我々の国、日本です。日本は戦前、アメリカとの経済的結びつきは現在よりも遥かに深く、日本の貿易はアメリカ相手で成り立っていたようなものでした。我が国は最大の貿易相手国に対して全面戦争を仕掛けたのです。

次に「台湾に存在する経済インフラに傷をつけずに手に入れるのでなくては意味がない」との事ですが、だからこその「斬首戦略」なのでしょう? 敵の頭脳(指揮中枢)を殺せば本体(経済インフラ)を傷つけずに手に入れることも可能です。もちろん戦争は相手があるものですから、成功する保障はありません。ですがそれを言い出せば真珠湾奇襲も投機性の高い作戦でした。

ですがそれ以前に、「経済インフラを傷つけずに」という点について、私には二つの疑問があります。先ず一つは、別に斬首戦略でなくても、普通に攻め込んだ場合でもそれほど経済インフラを傷付けずに大都市を攻略した戦例は沢山あるので、なぜ都市が灰燼に帰すかのような前提になっているのか、良く分かりません。太平洋戦争で日本軍は香港やシンガポールを開戦初頭に攻略しましたが、市街地にそれほど被害は発生していません。もちろん、独ソ戦のスターリングラードや現代ではチェチェン紛争でのグローズヌイなど、都市が灰燼に帰した例もあります。ですが、そればかりではないということです。

次に疑問なのは「台湾の経済インフラに傷付けずに手に入れないと意味が無い」という主張は、これはまだ中国の経済が発展する前によく言われていた主張でした。ですが今や中国自身の経済力が十分に付いて来たので、相対的に台湾の経済力が小さくなってしまい、無理に台湾の経済力を丸呑みしなくても別に良い、という域に達してしまっています。仮に台湾の経済インフラに傷が付いても、中国側にとってさほど構わないだろう、というわけです。

中国人の台湾に対する思いというのは、日本人が北方領土に対する思いよりも、むしろ南北朝鮮が片方の事を思うのに近いものです。それはもう金銭面での損得勘定ではありません。「中国は統一されなければならない」という強烈な欲求は、これが第一戦略目的になって軍事侵攻が行われれば、例え都市部が灰燼に帰そうとも気にしないでしょう。現代でもロシアはチェチェン独立紛争で、チェチェンの首都グローズヌイを破壊し尽くしました。ロシア軍は戦略爆撃機による絨毯爆撃さえを市街地に対して行ったのです。これはロシア軍の戦争目的がチェチェンの経済力などではなく、チェチェンの位置こそが重要であり、場所を抑える事に意味があったからです。中国にとっても台湾の「位置」はそれだけで重要な要素です。

また2008年にロシアがグルジアとの戦争で国際的な非難を浴びせられ、経済制裁が掛けられそうになったものの、結局は大した制裁もなく乗り切ってしまった事は、台湾有事を考える上で中国側が参考にすべき事例となるでしょう。



では、なぜ独立宣言はさせたくないのか。独立宣言されると、中国政府としても態度を「決定」しなければならない。独立宣言を容認すれば、国内の民族主義的な(損得勘定のできない)統一派の批判にさらされるし、かといって、軍事侵攻して得るものなど何もない。それよりは、中国の現政権も「現状維持」を望む、ということになる*2。よって、台湾が性急な独立宣言をしない限り、あそこで戦争が起こることはないし*3、台湾側にもそんなことをしなければならない喫緊の理由もないので、普通にあそこで戦争は起こりません。


お互いが現状維持を望むには、お互いが今の状況を維持できるかに掛かってきます。フォークランド紛争の発端の原因は、アルゼンチンが国内の不満を外に向けようとした為です。中国と台湾のお互いに言える事ですが、国内の政情が不安定になり、同じようなことをしてしまう可能性も有ります。僅か15年前です、台湾海峡ミサイル危機は。あの当時に「普通にあそこで戦争は起こりません」と説いても、説得力は無かったでしょう。



それでも、軍事的に抑止することは必要だ、と考えるならば。第一に、在韓米軍のように「有事には米軍がコミットすることの証」、ひいてはそれがゆえの抑止力というものであるならば、米軍が台湾に駐留するしかない。しかし、それは政治的に無理でしょう*4。第二に、純粋に軍事的なプレゼンスとしての機能を期待するのであれば、それに貢献しているのは嘉手納の空軍であり、横須賀の海軍であって、海兵隊ではない。あるいは、少なくとも、沖縄の海兵隊は九州に移設した方が軍事的プレゼンスが高まる。なにをどう考えても「県内移設」はありえない。


mojimoji氏の、海兵隊を九州に置いたほうが軍事的プレゼンスが高まるという主張は否定しました。

(2010/01/03)ヘリコプターの進化と沖縄海兵隊ヘリ部隊の合理性

佐賀空港案も非現実的です。

(2010/01/04)佐賀空港は「有明海の干潟」のせいで海兵隊基地として不適当

そして海兵隊は、中国の斬首戦略に対抗しなければなりません。

(2010/01/05)中国の斬首戦略と台湾侵攻シナリオ

故に、沖縄配備がベストとなります。

次回は最終章「中国側の識者?」編と纏め編の予定です。
22時27分 | 固定リンク | Comment (184) | オスプレイ |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. い、1ゲト?

    Posted by 名無し英国戦車教徒 at 2010年01月07日 22:35:33
  2. JSF氏の文章は丁寧だなあ・・・

    参考にさせて頂きます

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:36:31
  3. 丁寧な解説乙
    最近なんかわきにそれた記事が連続したから嬉しい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:40:15
  4. とりあえず4位入賞かな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:43:42
  5. 戦争だとインフラも何もかもがめちゃくちゃになるってのは、第二次大戦なんかでの日本の空襲にあった後とかのイメージが強いのかな?

    あの戦争を忘れてはいけない、二度と日本があんな戦争を起こしてはいけない、というのは同意できるけどもね。

    だけど、全ての戦争がああなるというわけでもないしね。
    なんというか、決定的に戦争に対する知識とかが欠けているんじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:44:22
  6. >>2、3
    同感です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:46:57
  7. >2、3

    同感です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:48:04
  8. そろそろ日刊日刊言う人間もいなくなってきたなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 22:49:29
  9. >「在日米軍で台湾を守ろう」などと言うのは、台湾を「日本にとっての緩衝地帯」としか見ていない

    でっていう。

    見ていようがいまいが実際に緩衝地帯なんだから仕方がないだろ。
    「緩衝地帯としか」なんて言われても緩衝地帯以上の何かとして見たってその事実は変わらん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:01:20
  10. >中国側の識者?

    もしかしてあの少将さんかしらん?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:06:31
  11. 最後に聞いた人の意見に左右されるというどこかの首相や弱小与党の女性党首も読んでもらいたい位の判りやすさでご苦労様です。
    彼らはそれでも選挙の為に理解できない振りをするのでしょうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:13:51
  12. すげぇ面白い

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:15:38
  13. うん、おもしろいね

    >他国を助ける場合は、自国にとって利益があるものでなければなりません。慈善事業ではないのです。

    この点でかみつく馬鹿が出ると予想

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:20:52
  14. >>13
    そんな馬鹿いないって

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:30:19
  15. >国内の政情が不安定になり、同じようなことをしてしまう可能性も有ります。

    やっぱり中国経済が今後、極度に悪化することがあるということでしょうか?
    中国発で、こんなことが起こっちゃったりして……。
    http://www.geocities.jp/himaruya/dks.htm

    その後で中国が戦争の引き金を引いちゃったら、シャレにならんですワ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:34:57
  16. >他国を助ける場合は、自国にとって利益があるものでなければなりません。慈善事業ではないのです。

    鳩ポッポの頭の中に叩き込んでやりたい言葉だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:35:34
  17. 2ケタげtt

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:45:18
  18. 「両岸統一」を更に
    「国民政府による」と「共産党政府による」に分けると
    どっちが多いんでしょうね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月07日 23:47:42
  19. インフラも何もかもがめちゃくちゃになるってのは内戦の方が危険。
    ロシア革命とか。
    傀儡政権vsゲリラだとそうなるかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:02:15
  20. >>19
    ユギオなんかもそうですな。
    折角無傷のまま旧支配者から解放された筈のに、分割統治されたばっかりに、半島全土を戦線が1往復する惨状に…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:06:50
  21. >18
    「国民政府による」なんて夢想を今の時点で信じているお調子者は流石にほとんどいないかと。
    「台湾人」としてのアイデンティティを持っている人ならば、「国民政府による」統一も希望しないでしょうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:06:56
  22. <台湾>米国がPAC3売却…対中ミサイル防衛力向上
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100107-00000084-mai-int
    >米国はPAC3のほか、輸送ヘリUH60ブラックホークと
    >ディーゼル潜水艦なども近く台湾に売却する見込み。

    潜水艦、いけるか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:07:06
  23. 緩衝地帯として守られてるとしても、守られないよりマシだろ。
    緩衝地帯にされるぐらいならどちらかに占領された方がマシだとでも言うのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:08:28
  24. 台湾を戦略的に取り込んだ勢力が圧倒的に有利となるんですけどねぇ。
    中国から見れば発展著しい沿岸部に近く、海上封鎖が出来る位置に台湾島があるから押さえねばならない。
    日米からすればシーレーンの確保のため台湾を自国に取り込まねばならない。

    仮に独立問題が無かったとしてもあそこは火種になりうる場所なのになぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:10:51
  25. >>22
    ちょっと前に出てた小型の沿岸用潜水艦かねぇ、ドイツの214じゃなくて

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:11:12
  26. 仮に、台湾が“平和的”に統合されようとした場合、アメリカが軍事的に介入する可能性ってどれくらいあるのかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:13:40
  27. 輸送ヘリの進出速度と航続距離の問題を解決できたとして、訓練に支障が無いなどの移転できる条件に当てはまる既存の基地や空港は日本にどれくらいあるのでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:16:42
  28. >「中国は統一されなければならない」という強烈な欲求
    伍長閣下がオーストリアしたときを思い出すね。
    オーストリアを併合したには
    「ドイツは統一されなければならない」という大ドイツ主義に基づいてだったな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:46:53
  29. >>5
    「戦争=無差別爆撃」という勝手なイメージは、けっこう根強いと思う。
    あまり話を広げると藁人形になってしまうが、「戦争には何らかの目的が有って、その目的次第では無差別爆撃もありうるし限定戦争もありうるし・・・」ということを理解してない人と話をすると、やたらややこしくなるんだよねえ・・・。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 00:52:01
  30. なんでこうもゼロイチでしか考えないんだろうな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 01:05:09
  31. >>14
    馬鹿をおなめになってはいけません。
    やつらは常に斜め上を行くのですから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 01:07:29
  32. 最近のJSF氏の記事、ますます丁寧でわかりやすくなってきた
    読むのが楽しい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 01:25:11
  33. なんというかモジモジ君の反論がないのが何とも痛ましいw
    JSF氏には南沙諸島問題も絡めて解説して頂ければと。中国に膨張主義的野心がないと寝言を言う連中は本当に見たいものしか見えないんですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:02:17
  34. >>26
    ほぼ0、アメリカは大義名分がないと戦争しません。

    朝鮮戦争は、同盟国の韓国が攻撃されたから参戦。
    ベトナム戦争は、同盟国の南ベトナムを助ける為に参戦。
    イラクを攻めた時も、大量破壊兵器等をでっち上げてから攻めてます。

    なので平和的に統合された場合、参戦理由がありません。
    沖縄が攻撃されれば、別ですが…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:22:31
  35. オスプレイは、開発段階でたくさんの死者を出しています。その安全性に疑問符がつくのです。また、出力が現役ヘリの4倍以上というそのすさまじい騒音が、滑走路を辺野古沖にちょっとずらしたぐらいで緩和されるものなのか、なにしろ環境アセスしてないのですから、まったくわかっていません。陸上につくりでもしたら、騒音被害は防げません。

    高江はさらに深刻です。ここは、一度行ったことがありますが、ヤンバルの森をひかえた楽園のようなところです。でも、すでにヘリパッドが15ある上にあと6つの増設が予定され、計画通りだと、合計21のヘリパッドにちいさな集落がすっぽり囲まれることになります。今でさえ、爆音をとどろかせて、なんてのどかな表現では足りません、音を通り越した、まるで引き裂かれる世界の断末魔のような大気の状況を突如出現させながら、集落と目と鼻の先のうっそうとした亜熱帯の森の茂みから輸送ヘリの巨体がぬっと浮き上がる光景は、人を底なしの恐怖にたたきこみます。それが、もっと大きなオスプレイだったら……考えるだけでも恐ろしい。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:26:13
  36. というか、基本的に大陸の方はやる気マンマンよね。
    程度の差はあれ。

    そのうち麻雀で勝負を着ける日が……w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:35:37
  37. ベトナム戦争の終結は1975年ですよ。76年は正式に統一されてベトナム社会主義共和国が成立した年です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:45:25

  38. あんなディープ スロート絶対に我慢できねぇって!!!!
    おまえ掃除機かよ!ってぐらい、ザ − メ ン根こそぎ吸われたし(笑)
    その分、貰うモンはきっちり貰ったけどな!!!(* ̄ー ̄)v
    http://que.momoringo.net/ab1khq2/


    Posted by 小野寺 at 2010年01月08日 02:51:57
  39. 先に言っておく

    >>35の人気に嫉妬

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 02:52:23
  40. 35って池田香代子という人のブログからのコピペみたいだけど、内容と別として、それぐらい書けと。
    http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51308780.html

    オスプレイの開発中の事故については、まあ開発は難航した、という以上ではない。実戦配備されてから、うまくやっているようだし。

    オスプレイの騒音については、むしろ小さいのだと思ってたんだが。
    http://tsubotch.cocolog-nifty.com/skymonologue/2006/06/post_452b.html
    「騒音は少ない。思ったより、かなり静かだった。」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 03:33:58
  41. あまり本質的な話ではないけど、「断頭攻撃」のほうが訳としてはよく聞くような
    というか、斬首ってあんまり聞いたことがない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 03:42:22
  42. 国民党軍が組織的抵抗しないとグアムからの援軍が間に合わなくて、
    台湾が占領されるわけじゃないんだろ。
    何十時間か知らないけど、個別対応でそれくらい耐えろと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 03:47:43
  43. >あくまでも現実の国際社会の処世術として「現状維持」を支持している、ということ。

    これが理解できるだけの頭と柔軟性を持ってるなら、米軍基地も日米同盟自体もそいう事だという事がわからないのかな

    >台湾を「日本にとっての緩衝地帯」としか見ていない連中*1の発想

    フランスにとってかっての西ドイツは、今のドイツにとってポーランドや東欧も同じ事

    と言うか日本自体がアメリカにとっての緩衝地帯
    であった(もしかすると今もそうかもしれない)

    地政学の常識レベルの発想では?
    >>41
    最初に組織の頭を殺っちまえば、全面戦争の前に相手の命令系統はガタガタになるだろうという作戦、でいいのかな?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 03:52:40
  44. > 何十時間か知らないけど
    桁が違うと思うが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 03:56:46
  45. そもそも、人間ってそこまで合理主義的でもないですよね、根本的な問題として
    それこそイデオロギー的に狂信的な人物が軍を掌握すればその時点で損得勘定なんか無意味だし、最初はブラフでも「ひっこみがつかなくなる」事もあればサダムのイラクのように双方が相手の出方を読み誤る事だってある

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 04:04:51
  46. それにしても、JSF氏は文章の書き方が慎重になってるな。
    しっかり文章を読まない人がトンチンカンな反論をしないように、丁寧すぎるくらい丁寧になっている。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 04:27:53
  47. >>43
    良くも悪くも冷戦時代の記憶が忘れ去られていってる証拠でしょうね。
    日本は大陸国家に対しての緩衝地帯であり、橋頭堡であり、不沈空母であるということは
    もはや若い人にとってあまりピンと来ないことなのかもしれません。

    もちろん、日本だけでなく台湾や朝鮮半島なども含めての”緩衝地帯”であることは大前提ですが。


    と、書いてみたはいいものの、自分自身若造なもんで冷戦の華やかりし頃に生きていたわけじゃあないんですけどね。
    ちょっと昔の資料やフィクションを見ると、今じゃ考えられないくらい露骨な表現だったりして面白いですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 06:16:11
  48. まさかとは思うが、モジモジ君は「外交の失敗」と「戦争の敗北」をごっちゃにして無い?
    いやモジモジ君の文面からなんとなくそう思えたので。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 06:25:40
  49. 懇切丁寧なフルボッコ噴いた

    >>45
    そうでなければ、今頃警察は完全犯罪の頻発にお手上げになるし、社会は崩壊する。
    理屈どおりに行かないのが人間であり、その不完全な人間の集合体が社会であり国家だからね。
    それがいやなら、オリュンポスでも作るしかないし、自分もバイオロイド並になるしかないわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 07:05:58
  50. 下地島は全面否定じゃないのか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 07:37:31
  51. >39 チッ 
    え、えーと・・・じゃぁ真珠湾は奇襲じゃなかったって噛み付く子がでて(もういい


    >46
    このたびの一連の記事はとてもわかりやすく
    脳みそがミクロンサイズのわたしでも読みやすかったです。
    (常の記事がわかりにくいというわけではない)

    誤解を招く表現ですが
    以前紹介されてたzyesuta氏の文章を読んでるようでした。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 07:43:09
  52. 中国にとって台湾は今も国内問題です。そして国内法によって反国家分裂法が制定され、
    これによって軍事侵攻の法的環境まで進められ、それを前提とした大規模上陸演習が開始され、
    軍区の増強がなされました。

    そもそも、日米は軍事による強制執行を望まないだけで両関係者による平和裏における統一には
    介入するつもりはありません。問題になるのは嫌がる台湾を無理やり力づくでという所で、
    これは米国もクリントン政権等で明確に議会決議を行い、軍事力による強制統一の破棄を中国に
    宣言してもらいたいと要求しています。ですが中国はそれは中国の権利であると言って
    「武力行使」の可能性を残したままにしました。

    我々が勝手に思っているのではなく、中国が武力行使のカードを温存したいと主張している訳です。

    したがって彼らの主張する中国がやらないという主張はとっくの昔に中国によってぶち壊されてます。

    そして最近はチベット動乱やら反日を装った(と中国政府は言っている)住民扇動演習なんかを例にして
    中華を名乗る別政府が存在している事をものすごく煙たがり、不安要素の切除を求めています。

    そしてついには「三つのノー(独立せず、統一せず、武力を行使せず)」は
    「平和的な分裂」をつくるもので、中台分断の「矛盾」は解消されないと
    批判する動きが加速してきました。彼らにとってもはや現状維持すらもスローガンとして
    許すわけにはいかないという状況になりつつあるので、こういう強硬派幹部の
    機先を制する為にも、中国に対して軍事力でやろうとするとダメだよというメッセージ性を
    発信し続けなければならないという格好に「追い込まれて」います。すべて中国の武力行使否定拒絶と
    武力行使主張、現状維持否定示唆が原因です。

    また、中国共産党の様な多民族を弾圧し、漢民族すらも大事にしない政党の場合、
    従来の戦争好きや凄惨な武力制裁好きの経歴ともあいまって、もしも有事になれば
    異民族系である台湾人の大部分に反動分子としてチベットや文革と似た様な処遇問題が
    発生しかねませんし、それがなかったとしても、軍事力による併合という格好で
    短くても数年、長ければ数十年にわたり中国と各国との緊張化が発生し、商取引やら
    政治交渉やらが大幅後退し、世界の秩序や経済安定を大きく損ねる結果になってしまいます。

    こういう流れから「他人事ではない」「統一の方向性を妨害するものではない」
    「過去に同じ様なことを繰り返した上で反省もせず、当然の権利だと言い張っている」ところから、
    これらの対応となっていると。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 07:52:25
  53. 中国と言う国はチャンスがあればやっちゃう国なので、アメリカが認めたという
    間違ったメッセージが伝わってしまうと、フセインみたいな事をやりかねないんですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 07:56:12
  54. ・・・というか、そもそもいくらどれだけ台湾の住人が両岸の戦争を回避したいと願っても、中共が戦争したいと思えば戦争が始まるでしょ?

    どれだけ一方が誠意や非戦の構えを示しても戦争なんてもう片方が攻め込むという意志を示せば始まらざるを得ないよね?
    いくら台湾の人々が「自分の生活圏が戦場にならないこと」を目指したって中共指導部が戦争の決断を下したら終わり。
    ついでに大陸側の人々がいくら「自分の生活圏が戦場にならないこと」を望んだって非民主主義の独裁国家なのでその願望は叶わないよねw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 08:23:52
  55. ならば韓国が独島をどういうりゆうであれ保持し続けることは韓国の国益から絶対的に正当化されるね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 09:13:22
  56. 最終章に期待しております。

    てかmojimojiさん
    「意味がない」って言い回し好きね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 09:26:05
  57. >>55
    意味不明

    別に日本は中国の台湾に対する姿勢を是認しているわけでないし、すべてをその考え方で処理しているわけではない。

    また、基本的に国内(内戦)の問題である、台湾と、そもそも歴史的に日本の土地であることが証明されている竹島を不法占領し、国際司法裁判所での提訴にも応じない韓国では、話の筋がまるで違う。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 09:36:09
  58. すっかり、相手の反論の部分は読み飛ばして、JSF氏が詳しく解説を書いてくれている部分だけを読みこむのが習慣になってしまいました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 09:42:02
  59. >>55
    韓国の側からみればそりゃそうでしょうw

    >>54で言っているのは最終的に戦争が始まる始まらないの決定権は双方(一応台湾は望んでいないので片方)にあるという点でしょ?
    竹島問題だって国際法的には一応日本に領土を保全する権利(領土主張してるんだから)があって、それに基づいて軍事行動を起す権利もある(9条なんてものもあるけど結局は国内の問題)。

    一応民主主義国家同士は戦争しにくいという理論もあるけど、ナショナリズム全開な韓国相手にそれも通じるかは不明w

    あと、領土問題=即戦争じゃなくて、それ以前の交渉(砲艦外交含む)や経済制裁等の外交圧力も重要で、もしかしたらすんなりで明け渡す・・・という可能性も1兆分の1くらいはあるんじゃないかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 09:46:47
  60. >>55
    「韓国の国益から」考えてるのに絶対的っておかしくね?

    そりゃ韓国の国益を考えれば正しい行為なんだが、日本・韓国・その他の国々どの視点から見ても正しい行為でないと「絶対的に正しい」行為にならないと思うんだが。


    逆に考えて、領土問題にしても中台の問題にしてもその解決法が「絶対的に正しい」方法であるのなら、何も問題にもならないし、当然戦争になんかなり得ないんじゃ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 10:25:49
  61. このJSFは冷静な筆致で無用に感情的にもならずカッコいいな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 10:48:03
  62. >>55
    それで日本が態度を硬化させるか、韓国側の一方的な合意事項の拒否を理由に、日韓基本条約を破棄して韓国に経済制裁を仕掛けたら、韓国の国益的に大幅マイナスだがな。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年01月08日 11:00:58
  63. 丁寧で理論的で分かり易いな。
    感情論で結論が先に来る人に理を説いても分かってもらえるんだろうかとは思うけど、
    JSF氏もその辺りは分かってやってるって昔書いていたかな?

    ここまで綺麗に感情論を排除してる意味を分かって貰いたいもんだな。
    まあ、彼らからすると感情が無い冷たい奴という結論にしかならないんだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 11:26:20
  64. >>62
    >日韓基本条約を破棄して
    そして「北朝鮮を朝鮮半島唯一の主権国家とし、他のいかなる勢力はこれに該当しえない」というないようで日朝基本条約を締結するんですね分かります。(ねーよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 11:40:20
  65. 逆神のお告げじゃ! 皆、心して聞くが良いわ。

    神浦元彰 最新情報
    http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_276.html
    >これは米国から中国へのプレゼントである。
    >中国は米国のPAC3台湾配備に感謝すると思う。

    どうたら中共はPAC3台湾配備をかなり嫌がっているようじゃの。短距離弾道弾が無力化されてしまうからの。

    >もはや中台両国が軍事的な緊張関係に戻ることはない。
    >同時に、中国の台湾軍事侵攻もあり得ない。

    な、なんて事じゃ・・・戦争じゃ! 戦争フラグが立ったぞよ? 台湾海峡危機の再来、そして中国の台湾軍事侵攻じゃ! 逆神よ、なんという予言をするのじゃ・・・血も涙も無い話じゃのう。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 11:42:39


  66. そろそろ日刊オブイェクトと・・・(´・ω・`)
    新年早々、飛ばしすぎデスヨw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 12:53:39
  67. >>65
    PAC-3だけじゃなく台湾独自開発の天弓3もあるしな、ただ08年時点で1300発あるとされる短距離弾道弾にどこまで対抗できるんだろうか…
    とりあえずフラグを回避するにはどうしたらいいんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 13:21:38
  68. >>65
    >>67
    答え@逆神の神浦は突然現実的な発言をし始める
    答えA(抑止力的な意味で)アメリカが来て助けてくれる
    答えB回避できない。現実は非情である。
     
    自分で書いてて縁起でもねぇ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 13:33:30
  69. >>68
    答え−B 答えB 答えB
    こうですね……本当に縁起でもねぇなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 14:00:29
  70. >>65
    >PAC3の射程は20キロであっても、半径5〜10キロのエリアを敵の弾道ミサイルから防衛することは難しい。そのような事情をアメリカは中国に分かって欲しいのである。

    「わかって欲しい」って・・・わかったところでそれを利用するのが「軍事」のとるべき道ではないのかえ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 14:24:10
  71. トピ違いかもしれんが…
    http://www.ps.ritsumei.ac.jp/assoc/policy_science/131/13112.pdf

    http://www.gakusen.ac.jp/faculty/mikio/beicyuu.doc

    既出だろうなぁ…最終章楽しみだわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 14:36:34
  72. なんか、あっちに集まってるおつむの弱い方々を見てると大変痛々しいなぁ…
    つーかあのキモい団結(?)の仕方、背筋が寒くなるくらいだわ。
    偉そうに語る割には、自分の言葉がいかに説得力を持たないか、客観的に見れないのだねぇ。

    やっぱ、はてブとか永遠に好きになれん。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 14:53:32
  73. PAC3とか、重要部分を守る防具のようなもんなのに、なんか微妙に勘違いしているようなニュアンスを受けるなぁ……
    対空ミサイルっていう体裁が悪いのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 15:07:00
  74. >>72
    「あっち」というのが本エントリに対するはてブコメのことを言っているのなら、全然「団結」しているように私には見えないんですが…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 15:10:00
  75. >>20を見て、鳩山ユギオととっさに思った俺は疲れているのかもしれない…orz

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 15:16:22
  76. >>73
    >対空ミサイルっていう体裁が悪いのか?

    つまりTHALを台湾に供与しろ、と。

    >>75
    つまり東日本に小沢主席を中心とする日本民主主義人民共和国が、ということですね、わかりますw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 15:50:19
  77. >>74
    気にしないほうがいいですよ。
    >>72みたいな人は単に、はてブをレッテルのように使っている馬鹿ですから。
    一括して纏めてしまうことがどれだけ愚かなことなのか解っていると思うんですけど時より居るんですよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 15:58:54
  78. 相手に逃げ道を用意してあげなよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 18:30:33
  79. >>47
    冷戦最悪期の資料や映像なんかを見るといつ人類が滅んでもおかしくはないなあって思えますな。
    でも冷戦後も人類滅亡までいかなくてもそういう事件は頻発してるのに、見て見ぬふりと言うか無理やりメディアが見ないようにさせてるようなものじゃないですか?

    宗教団体の化学テロであるオウム事件は結局「頭のおかしな奴の犯行」程度に矮小化されてしまって化学テロと言う物資的な面でも思想的な面でも
    真面目に議論されてこなかったし

    見つからなけりゃ国内で様々な工作活動に手を染めてたであろう北朝鮮の不審船も「武装した漁船との小競り合い(大した艦でもないのに大騒ぎ過ぎ!みたいな意見)」程度の意味でしか登場してないし…



    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 18:39:35
  80. >>72
    団結してるんじゃなくって自分の意見に沿う内容しか見たくない人種が勝手に群れてるだけ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 18:56:14
  81. チェチェン紛争についてはネットで初めて詳しいことを知ったわ。

    拷問やら都市への絨毯爆撃やら市場への爆撃やらいろいろ酷い戦争だったのに、マスコミや平和の人達は一体何をやっていたんだろう。

    まるで何もなかったかのようだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 19:34:56
  82. >>54
    それとウイグル地区やチベット地区なんかの日常写真を見てみればわかるが、
    対抗する軍事力が無いというだけで相手側はバリバリに軍隊によって臨戦体制で
    乗り込んできて色々やらかす訳なんですよね。

    紛争でないから市民が軍隊に攻撃されないなんてのは特にアジアやアフリカや南アメリカには
    存在していないんですよ。

    だから台湾の市民達は攻撃に巻き込まれたくないから戦争も統一も嫌だと言って現状維持を
    切望している訳で。日本の自称左翼や人権活動家は共産主義びいきなので中国が軍事力で
    住民を弾圧する事はスルーするか、下手すると褒め称えるどころか住民側をなじってくるので、
    アグネスみたいに自分たちにだけ都合よい話をこしらえるばかりでなんともはや・・・

    そもそも人民軍は共産党幹部の私兵なのでそもそも国民の軍ですらない。
    あれは国民を守る為のものじゃなくて党を守る為の組織ですから。
    こんな軍形態ナチのSSといっしょ。しかも、暴挙を何度もやらかした挙句、
    軍事行動を今後もやると言ってはばからないのに、何を信頼出来るのだか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:03:50
  83. >>81
    彼らは悪いのは西側至上主義者、帝国主義者でそれにはむかう人たちは悪と戦う側ってノリだからね。
    行為の内容とか関係なく大儀とやらが大事な人たち。戦前の人間を悪く言える様な人達じゃない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:06:54
  84. >>65
    逆神は去年イスラエルによるイラン空爆のフラグもたててたし、そろそろやばいぜ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:25:21
  85. >>75

    念のため、
    ユギオ→ユギオドンラン(ユク・イ・オ・ドン・ラン)→6・25動乱→1950年6月25日の戦争→朝鮮戦争

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:28:16
  86. >>81
    勃発当時はロシア軍とチェチェンゲリラの争いとかやってたけど、結局続報はなかったな
    結局強権的国家に対しては日本のマスコミって弱いんですよね
    >>82
    無防備宣言してる人たちにそんなこと言っても右翼乙!アーアーキコエナーイ、くらえ!9条ナイフ!
    でしょうね…
    >>83
    結局、反西側、反日であれば同情的に、それに対するものは否定的に、どちらでもないものはどうでもいいかおざなりの反戦メッセージで濁す

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:28:27
  87. >これは米国から中国へのプレゼントである。


    なんだこれは

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:39:38
  88. 正当な区域を防衛する場合、軍隊は問題なく救国行動なんだけども、侵略する場合、
    軍隊は為政者の欲や勘違いなんかで突き動かされるし、その欲の先は軍隊と戦いたいではなくて
    なんらかの目的を達成したいというものなので、無防備はむしろ格好の標的だよね。

    中国がチベットを侵略したのだって欧米が再進出してきてやり難くなる前に
    サッサと取ってしまう為だし。チベットには中国を脅かす様な物騒なものなんか無かったし。
    共産主義系軍隊は無抵抗や脆弱な市民を狙って蹂躙を繰り返してきた上、反省して解体的再結成を
    された訳でもなく、ナチがそのまま残ってるみたいな継続状態だっていうのに
    なんであんな非道の軍隊に媚び媚びなんだろうねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:41:32
  89. >>87
    神浦ちゃんは馬鹿なのか中国擁護だからか知らないが、中国が馬政権に不満をぶつけていて
    馬政権もかなり不満をあらわにしている現状そっちのけで「台湾にPAC3が渡れば
    それは中国に引き渡されて技術解析されるので中国も大喜びだ」という風に考えてるのでは。
    台湾の経済交流戦略も強本西進という自立戦略に基づいて拡大されてたって経緯無視してるか
    全く知らないんだろう。

    少し好意的に見ても「すぐに統一されるので台湾の装備は中国の装備となる。中国大喜び」
    という感じじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:48:06
  90. >な、なんて事じゃ・・・戦争じゃ! 戦争フラグが立ったぞよ? 台湾海峡危機の再来、そして中国の台湾軍事侵攻じゃ! 逆神よ、なんという予言をするのじゃ・・・血も涙も無い話じゃのう。

    神浦さんは湾岸戦争でもイラク戦争でも、開戦直前まで「戦争にはなりません!」と断言して大恥搔いたのに、懲りてないねえ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 20:49:05
  91. >>88
    フィクションの読みすぎで勘違いしている人いるけど
    軍隊は別に戦いたいわけじゃないんだよね
    あくまでも与えられた目的を達成するために武力を含めてその能力を行使する存在なだけで
    >>90
    洒落になってねえ…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 21:07:15
  92. (おそらく)ここが気になって仕方ないウラタンであったw

    >今どき中台緊張に備えて「沖縄の海兵隊」が抑止力として必要などというカビくさい論理は通用しない。在沖海兵隊にとっても迷惑な話なのである。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 21:51:40
  93. >>90
    今台湾留学中なんだからやめてくれー。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 22:14:24
  94. >ただし、ついでに言えば、たとえば、

    日本語が変じゃね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 22:23:01
  95. ≫90
    俺のいとこも台湾留学中なわけだが、今すぐ戻るように言うべきか…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 22:42:12
  96. >あくまでも与えられた目的を達成するために武力を含めてその能力を行使する存在なだけで

    数多の犠牲を払い、
    数多の技術を身につけ、
    数多の可能性に備えようとも、

    結局はその成果が必要ない時が続く事こそが世に求められているのが、警察、医療、消防、レスキュー、軍。

    しかし現実ではそんな事がありえないから、
    数多の可能性に備えて、日々研鑽する必要があるのよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 23:07:32
  97. 台湾がなくなると一気にPC用M/Bの選択肢が減るから、是非平和で居ていただきたいものだ

    >>95
    なんで積極的に逆神に踊らされたがってんだw
    本気で戦争が始りそうになったらどこかの国から自国民に向けて国外退去勧告ぐらい出るから安心しろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 23:24:25
  98. 常見問題のここへのリンクが「日刊オブイェクト」になってる件

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 23:25:45
  99. >97
    だって神浦さんだぞ…こええよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 23:31:50
  100. なんか腑に落ちない。
    頭悪いから反論できないけど・・・

    Posted by 野底マーペー ◆1CtL9SzwO2 at 2010年01月08日 23:49:36
  101. >100
    なにが腑に落ちないの、主語を抜かすなよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月08日 23:59:36
  102. >>100
    【与那国島】先島諸島防衛第七スレ【陸自来い】
    http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1258113579/52

    こっちでも同じ事書いてるけど、どのような反応がお好みで?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:09:20
  103. ttp://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20100109/p1

    またしてもトラバなしですな。
    もう論理的に考えることを放棄してアーアーキコエナイ(AAry状態。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:10:40
  104. >>102
    えー、別にケンカ売る気では無いです。
    ただ、台湾を八重山に置き換えた場合、どうなのかなーって。それだけです。

    Posted by :野底マーペー ◆1CtL9SzwO2 at 2010年01月09日 00:22:46
  105. >104
    >ただ、台湾を八重山に置き換えた場合、どうなのかなーって。それだけです。
    意味が分からない。自分の中だけで完結させてるなら、ぶっちゃけ全く意味のない妄想としか言いようが無くなる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:26:11
  106. >>103
    拝見しました
    読んでて一言、ダメだこりゃ
    今度JSF氏の援護射撃にトラバ送ってみるか・・・既にやってる人がいるみたいだけど
    その頃にはJSF氏が掃討戦に入ってるのだろうけどなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:29:47
  107. >>103
    主張の殆どが既に論破済みである件について。

    >少なくとも、たとえば、「資源確保」という合理的理由がすぐに思い浮かぶチェチェンやイラクのケースなどと比べて、遙かに戦争になる可能性が低い、ということは言えるだろう。
    現に中国が東シナ海でやっていることについては無視ですかそうですか。

    >というわけで、沖縄の海兵隊の移転先は、日本国内どこでもいいし、下手すると、第3海兵師団まるごと全部、アメリカ本土でもかまわないのかまわないのかもしれない。
    だったら頼まれなくても(いや、かりにお願いだから残ってくれと請われたとしても)本土に帰るでしょうよ。
    沖縄県民の大多数だか極一部だか、とにかく地元を敵に回してまで居座るメリットが無い。

    >結局、「特殊部隊による奇襲攻撃」などというバカみたいな話が出てくる。
    そのバカみたいな話はアメリカ側の主張として登場しているのですが。荒唐無稽だとするなら、そんな話を政府間の話し合いの場で持ち出す目的は?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:30:47
  108. >>104
    >ただ、台湾を八重山に置き換えた場合、どうなのかなーって。それだけです。

    八重山って突然出てきたな、意味がわからないんだけど

    台湾防衛を八重山防衛に重ねてみたの?
    八重山は独立してるのかい?

    うん、ごめんやっぱり意味がわからない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 00:32:21
  109. mojimojiの新しいトピックの主張のポイントをまとめてみたが、
    ちょっとアレ過ぎて頭が痛くなってきた・・・。

    「台湾有事を想定して沖縄に海兵隊を置く必要がない理由」
     理由1:軍事的衝突が起きる可能性が低い
     ・政治、経済状況により軍事侵攻のメリットよりも、デメリットが高い
     ・過去50年ほどは東アジアで有事は発生していない

     理由2:軍事衝突が起きても海兵隊に出来ることはない
     ・中国の奇襲作戦があった場合、最初に対処するのは台湾軍である
     ・奇襲は短期間で結果が出るものだから、成功しても失敗しても海兵隊の出る幕はない
     ・海兵隊にはアジア人の顔の見分けがつかないから、要人の確保などのデリケートな作戦は無理
     ・特殊部隊の奇襲の後には人民解放軍の本隊が来るが、海兵隊程度の兵力では対抗できない

    #海兵隊に出来ることがないという傍証
     ・海兵隊は軍事衝突に対応するための組織ではない
     ・朝鮮半島の有事にも即応の予定はない
     ・海兵隊が投入されるのは、在韓米軍や在日米軍が戦線を確立した後であるから
      即応部隊として投入されることはない
     →つまり、海兵隊は即応部隊ではない



    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:02:14
  110. mojimojiくんは「台湾は既に中華人民共和国のものだから触るな」と言ってるわけだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:08:09
  111. >>104
    キミ、普段からまわりの人に「何言ってんのか分かんない」って言われない?

    話をする、コメントを書き込む、ならもう一度落ち着いて考えて、相手に分かるように書いてみようよ。

    よっぽど見当外れでない限り、それが間違っていれば指摘してくれるし、妥当なら一緒に考えてくれる。
    ここはそういう人たちがいる所だから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:10:10
  112. >>109
    なんか俺の知ってる海兵隊とは随分イメージが違うなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:14:21
  113. 海兵隊が後詰め部隊と思ってるのか・・・?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:18:49
  114. >>103
    すげえ、よくこんなおそまつな妄想垂れ流せるな。
    なんなんだろうmojimojiってのは…
    自分は頭がいいとか思ってる人種なのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:20:15
  115. クウェートにいるアメリカの外交官の救出作戦とか
    アフガンに真っ先に投入されたりとか、
    湾岸戦争以後でも海兵隊は即応部隊として
    何度も出撃してるんだが・・・。

    戦線確立したあとにノコノコ出て行く部隊
    じゃねーよ、海兵隊は。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:37:44
  116. 「海兵隊は即応部隊ではない」というのは、彼にとっては結論ではなく前提条件のようですから。
    そんな前提から出発すれば、あんな頓珍漢な議論が完成してしまうのも頷けます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 01:46:08
  117. >93>95
    実は、当の従兄弟同士?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 02:06:58
  118. >104
    八重山?
    八重山共和国の話とかじゃないよね? 
    今更。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 02:14:23
  119. >>109
    ベトナム戦争…
    >海兵隊にはアジア人の顔の見分けがつかないから要人の確保などのデリケートな作戦は無理

    お前は何を言ってるんだ?状態

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 02:59:22
  120. >>109
    海兵隊は尖兵、アメリカ軍の先駆けとしての能力に特化した部隊なわけだから即応部隊ではないっていうのは明らかにダウトだよな。
    その任務の関係上揚陸作戦や要人救援等の作戦に借り出されることが多いっていうのはわかりきってる事なのに、ソレを否定するとかドウイウコトナノ……

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 03:41:46
  121. 即応部隊じゃないって…もうめちゃくちゃだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 03:42:00
  122. 即応性要らないなら陸軍で良いんじゃ・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 03:52:24
  123. mojimoji君の新トピ見てきたけど、もうアイタタタでJSF氏に餌をあげたいの?虐められたいの?と言うしかないね。
    海兵隊が即応部隊であることはマニアじゃないと知り得ない情報なのかな?wikipediaにも載ってる位なんだが。
    あと藁人形もいい所だが、JSF氏がいつ海兵隊だけで中国軍コマンドを撃退すると書いたんだろう?
    海兵隊が1個大隊だけでもそこにいる事が「政治的に」重要なのであって、その為の重装備をひとつも持たないヘリボーンでいいのだということがまったくわかっていない。
    そこがわかっていないから、「海兵隊がいないと台湾の安全は風前の灯火」なんてばかげた妄想ができるんだな。
    まさしく「沖縄には海兵隊が不必要」という話を説明したくて、そのための具体例を考えているに過ぎないってことだな。人は信じたいものしか信じないというトラバの示すとおりだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 04:49:47
  124. >>109
    国家は判断を誤ることなく合理的な理由で動く、という信念を持ってる人がたまに目に付くのだが、
    サーカシュヴィリ大統領だってフセイン大統領だって、本人的には合理的な理由で動いた筈なのだが。
    どうも、何を根拠にそういう主張をしているのか分からない。
    どんな人やシステムでもヒューマンエラーを起こし得るからこそ、未だに安全工学などは発展し続けている訳で。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 04:52:28
  125. 中国共産党の幹部の決定が合理的で融和的で善意に満ちているとか、妄言もいいとこだろw
    金欲と思想に囚われた連中が持ち上げてるだけで冷静な判断とかしてる国でもなし。
    しかも中国共産党内部でもいさかいがあって後継争いが微妙だから将来路線なんか
    どうなるか知れたもんじゃない。

    中国や北朝鮮側がまともならこれらの問題は全部とっくの昔に終わってた筈の話なんだよ。
    それともああやってチベットやらデモ弾圧やらをしてる中国や北朝鮮やらの内情が
    「すばらしい国のお手本」だとでも言いたいんだろうか。

    戦後日本は直接戦争を行っていないが、中国共産党は建国以来戦争やりまくってるのに
    「すべて中国領土での出来事だったので侵略ではない」なんて妄言を平然と垂れ流す国だぞ?
    それも現在進行形で。ついには2005年に明文化にまで至って弾圧問題もついこないだだと
    言うのに、あの国の何を信頼しろと言うんだか。実力なしに話し合える国なんかじゃないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 05:02:44
  126. 「海兵隊とはなにか?」から教えてやらないといけないのかよ…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 06:44:24
  127. >>109

    本当にこんな戯言のオンパレード、mojimoji氏が言っているんですか?
    終わってますね。JSF氏に3秒で殲滅させられそうな気がします。
    結論、馬鹿につける薬なし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 07:21:04
  128. >>109
    ウィキペディアのリンク張るだけで撃沈できそうだなw
    もちろん「素人が編集したウィキなんて信用できない」とか抜かしたら、じゃあ引用元のwikiページのどこが間違ってるか教えてくれと言うことを前提でww

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 08:06:48
  129. >>109
    >・過去50年ほどは東アジアで有事は発生していない

    んなもん理由になるかよ。
    つーか、逆にこんなのが理由になると思ってる人の思考って、一体。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 08:15:27
  130. >>129
    「数十年戦も無いから、平安の世の安寧は今後も続くでおじゃる」
    「神君家康公以来250年続いているのだから、幕府の安定は揺るがないでござる」
    「神武天皇以来日本は外夷の侵入を許しておらず、鬼畜米英なにするものぞ」

    こうですか?わかりません><

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 09:04:11
  131. まぁ経済的に得策ではないから攻め込まないってのは、戦争の動機を単純化しすぎてますね

    似たような議論ってのは、太平洋線戦争どころか実は第一次世界大戦前からあったわけです。
    人類は戦争をするには強く結びつきすぎてるって。
    そもそも安全保障政策を策定するうえで相手が自分の想定通りに動くって前提でしか
    対策しないというのは、一番やっちゃいけないことなんですけどね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 09:36:47
  132. >131
    ノーマン・エンジェルでしたっけね。
    まあ、よりにもよって、一番強く結びついていたはずの欧州で大戦争が起こるんですから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 09:56:49
  133. >>129
    >・過去50年ほどは東アジアで有事は発生していない

    ベトナム関連(対米戦、カンボジア侵攻、越南征伐)も中ソ国境紛争も全部無かったことにされるんだなw

    >>130
    「憲法9条を唱えていれば戦争は起きません!(キリッ」


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 09:56:53
  134. >>119
    ひとつ肝心なものを忘れてますよ?
    中国が戦争しかけて、大敗した戦争を。

    つ「中越戦争」

    なのでモジモジ君が仮に「中国限定で」としてきても、言い逃れることは出来ない。
    「ベトナムは東南アジアだから東アジアではない」と言ってきたとしても、「中ソ国境紛争」というのもある。
    まぁもっとも、これは小規模な軍事衝突だけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 09:57:54
  135. >>133
    *おおっと*
    こんなトコで内容が被ったw

    Posted by 134 at 2010年01月09日 10:01:14
  136. 中印国境紛争(だっけ?)も一応50年内……。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 10:40:13
  137. 中国の秦剛外務省副報道局長は13日の記者会見で「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」と反論した。

    これに従ってるんだろう。

    1949年 ウイグル侵略
    1949年 東トルキスタン占領
    1950年 朝鮮戦争参戦
    1951年 チベット侵略(チベット大虐殺)
    1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
    1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
    1979年 ベトナム侵略(中越戦争)
    1992年 南沙諸島と西沙諸島を軍事侵略
    1995年 フィリピン領ミスチーフ環礁を軍事侵略
    2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘

    これらは中国見解では「元中国の領土」なので侵略に値しないとかいうトンデモ理論。
    実際に紛争になるまでは殆ど話題にもならなかった地域が紛争直前に「中国論」に巻き込まれ、
    そのまま侵攻されるってのを繰り返してきたのが中国共産党の常套手段。

    そして今日本・沖縄では魚釣島から始まり、沖縄トラフに拡大され、ついには北九州までに
    彼らの元中国論は展開しつつある。それを証左するかの如く、潜水艦や調査船による無断進入が
    繰り返されるが、彼らの持論によるとこれらは元中国なので侵犯行為にあたらないという素晴らしさ。

    第二列島線なんてのが年度を区切って目標化されてる時点で中国を信頼するなんてのは無理。
    こういう無茶苦茶をもうやらないと明確に中国が言わないと話し合いが前進なんかしないし、
    台湾どころか沖縄の領域保護すらも出来やしない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 10:48:15
  138. ※104
    一応国内問題と主張できる台湾と違い、八重山は沖縄の一部で、日米安保が発動しますので、同様には扱えないと思いますがー

    Posted by 空気黄泉力0 at 2010年01月09日 11:30:00
  139. ちなみに日本の場合、台湾に類するのは「琉球政府」にあたりますね。
    そして日本は軍事力による琉球政府の再併合なんて暴挙はやっておりません。
    琉球政府による投票によって再統合を達成した訳です。

    明らかに平和的統一例ですね。それとも中国政府みたいに軍事力でどうのした方がよかったとでも
    言いたいんでしょうか。そしてそれをやった場合、中米が黙ってたとでも?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 11:40:00
  140. 念を押しておきますが、琉球王国時代は全く別の話ですよ。これを言い出すと
    中国の領有問題だってかつての侵攻躍進時代に版図に一度でも入った事があるとか、
    そういう物騒で脆弱な根拠ですから。最初から中国だった訳ではないし、軍事力の背景なしに
    なっていた話ばかりでもありません。

    台湾も元々は別の文化圏に属していましたし独自の民族が多く存在していました。

    台湾領有の有力根拠となるのは1661年3月23日に鄭氏政権が侵攻して台湾ではじめての漢人政権を
    立てたというかなり新しい話です。

    奇しくもその鄭成功による初政権は清国に抵抗する前政権の生き残りだったので
    歴史話に関連付けるのが大好きな中国では抵抗勢力としての性格が更に強まり、
    また中国への領有権が次の政権に継承されるという流れも喧伝され易いという趣もあります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 11:55:31
  141. ブクマかどこかで「相手の知性0は最悪予想」とかあったじゃない
    その最悪が来たぜ…〉mojimoji

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 12:04:46
  142. 本当に馬鹿らしいよmojimoji


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 12:30:43
  143. トラックバックをしてこれないヘタレチキンmojimojiか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 12:34:11
  144. 馬鹿かどうかともかく無知なのはガチだな。
    海兵隊の定義を知らない、少数の外国兵の派遣という軍事行動の意味を知らない、過去50年の中国の軍事行動を知らない、海兵隊のイラクでの戦績を知らない、在韓米軍の立ち位置と台湾支援の海兵隊の立ち位置がまったく違う事を知らない。
    知らない事を自分の都合の良い空想だけで話を纏めようとするから、JSF氏の様にひたすら軍事的合理性だけで説明する人に簡単に撃破されるんだよな。
    まぁどうせJSF氏がこれらの事について再説明しても、今度は帝国主義者共の陰謀説を唱えるんだろうなぁ。無知な左翼は狂信的な宗教関係者よりもタチが悪すぎ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 12:47:02
  145. いまmojimojiの新トピのコメント欄見てて吹いたw
    >1996年には台湾海峡ミサイル危機がありましたし、海上保安庁が北朝鮮の不審船を撃沈しましたし、沖縄周辺じゃ中国の領海侵犯がありました。
    自衛隊も米軍も動いたというのに、まさか、これらは有事じゃないとでも。

    >有事じゃないですね。どんだけ有事の範囲が広いんですか(笑

    先の主張と言い、mojimoji君にとっての戦争とヤラは師団単位での前面衝突が全てで、それに対応できない規模の軍事援助はものの役に立たないみたいだなw
    まぁそれでも中越戦争は知らない事は確定のようだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 12:52:42
  146. >>144
    >無知な左翼は狂信的な宗教関係者よりもタチが悪すぎ

    いや、同列でしょ?
    信じてるものが違うだけでw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 13:09:10
  147. ブログ主は根本的に世界情勢がわかってないな
    軍ヲタの限界だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 13:14:38
  148. 今の中共政府主流派が台湾に即武力攻撃を行うとは思ってないけど、台湾海峡ミサイル危機のようにタカ派が一定数いるのもまた事実。
    在沖海兵隊が後方に下がれば、そういった中共政府内のタカ派を勢いづかせて、戦争を誘発する可能性が上がるから、日本と東アジアの平和のために沖縄に駐留すべきだと思うんだが。
    mojimojiみたいに地上軍の抑止効果やプレゼンスに全く理解が無い奴こそ逆に戦争を招くんじゃないか?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 13:46:35
  149. >ブログ主は根本的に世界情勢がわかってないな
    >軍ヲタの限界だなw

    あなたのわかっている世界情勢の説明をどうぞ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 13:57:04
  150. 中国はベトナムに懲罰と称して侵略戦争を仕掛けたが
    それとは別に、1988年にスプラトリー諸島(南沙諸島)を巡って一方的な虐殺を行ってます

    中国海軍の犯罪の証拠 :チュオンサ諸島における惨殺
    http://www.youtube.com/watch?v=Gz_mo9lhe0E




    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 13:59:21
  151. mojimoji君は、前の記事では経済情勢の面から台湾侵攻の利点、現実性はないと
    強調していたけど、最新の記事では、特殊部隊の侵攻の現実性の話に絞ってきたのね。
    特殊部隊の話は非現実的と一笑に付したい様だけど、史実から起こりえないと
    言う事はないとか、佐賀空港は干潟で不向きって反論に対する反論はないのかしら

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 14:26:23
  152. ベトナムとか、インドとか
    そこは東アジアじゃないと言いそうだな。
    主張全体は破綻する反論だが、
    彼(彼女)ならやってくれるだろうと期待。

    Posted by nyamaju at 2010年01月09日 14:43:47
  153. アチラの新しいエントリーを見てきたけど、いろいろと酷いな…。

    海兵隊の輝かしい歴史は仁川上陸作戦で終わりで、湾岸戦争では出番すらなかったのですか、そうですか。
    地上戦ではサダム・ライン突破の先陣を切り、クウェート市入城一番乗りを果たした件は無視ですか?
    海兵隊を上陸専門部隊だと思い込んでいるくさいところを見ると、真冬の元山で悲惨な退却戦闘を繰り広げたことは知らないんだろうな。

    あと海兵隊の任務は「即応ではない」と明言しちゃってるけど、ベトナムやグレナダ、パナマやソマリアで、正規軍として最初に投入されたのはどこを部隊だったかと(戦争以外でも、ハリケーン・カトリーナやインド洋大津波でも第1陣として活躍してますが)。
    つか海兵隊がこれまで何度となくリストラ圧力にさらされてきたのは事実だけど、逆にそのリストラ圧力をどうやってはねのけてきたのかを考えれば、自ずと答えは見えると思うんだが。

    Posted by 名無しコメット神信者 at 2010年01月09日 15:26:14

  154. まさか中だしで4回もやらされるとは・・・!!!!
    MっぽかったのにHになると豹変しやがったwwwww
    あんなのほとんど逆レイ-プじゃねぇか!!ヽ(`Д´)ノ

    とは言っても7万ももらえたので
    また犯されたいなぁ(゚∀゚)とか思ってる俺wwwww
    http://backblack.net/ana/lv64l-v/


    Posted by 原口ひろし at 2010年01月09日 15:28:40
  155. >>153

    ハリケーンのは各州の州兵以外で国内で動かせる米軍は海兵隊だけだから仕方ねんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 16:07:13
  156. 海兵隊って即応部隊じゃなかったっけ??

    空母艦載機部隊はまさに開戦の第一波を担う存在だけど、敵陣への侵攻の第一波は海兵隊じゃないの?俺、間違ってる?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 16:53:24
  157. 軍事知識の無い一般人だと、海兵隊=上陸戦用部隊と思いこむのは良くある現象。

    海兵隊と空挺部隊はどっちも緊急展開部隊だから、海兵隊を内陸国家に空輸投入したり、空挺部隊に上陸作戦やらせたりしますけど。
    海兵隊が上陸作戦しないとか、空挺部隊が空挺降下しないとかは、軍事知識の無い一般人には想像しづらいでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 17:09:37
  158. >>81
    平和を愛する市民団体とやらは
    張ってるアンテナが短いから
    場所がチェチェンぐらいまで離れると
    どこか遠い宇宙の戦争と変わらない。

    そもそもあの連中にとっての平和活動は
    所詮反米、反日運動に過ぎないから
    アメリカも日本も絡まない話には冷酷なまでに無関心。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 17:29:50
  159. >153
    イラク戦争で米海兵隊のAAV-7とM-1A1がバクダット市街地に突入したとき、AAV-7がRPG-7の攻撃を受けて破壊されないか?と思ったことを今でも思い出すよ。
    他はベトナム戦争では陸軍とかと同じことをしていたね。ケサン基地での戦いとかは基地を守る海兵隊と北ベトナム軍とが交戦した有名な例だし。

    Posted by 90式改 at 2010年01月09日 17:31:24
  160. 台湾海峡有事における
    中国特殊部隊による奇襲作戦は
    米議会への中国軍分析報告の台湾有事シナリオで限定的武力行使として一番に言及があります。
    (可能性は低いと論じてもいますが)
    台湾に最も近い米軍基地は沖縄県にあります。
    沖縄駐留で対応できるのは海兵隊だけです。
    検索するだけでこれだけ出てくるんですが
    この人は…

    但し、フィリピンに沖縄と同等の戦力があれば
    米軍はそっちを使うかもしれませんね。

    モジモジ君は台湾の兵力密度の高さを知っての
    反論かな?自前で楽勝でしょ!みたいな
    あと湾岸と台湾を同列に扱っているのが
    何とも・・・湾つなぎ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 17:41:42
  161. >海兵隊
    MEUだったか、ESGだったか忘れたけど最低1個は要請から6時間以内に即応、出発できるよう準備し、その他も30〜60日以内に全て展開可能にする、といった方針があった気がするんだがのぅ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 18:01:16
  162. いつものことだが中国に対しては甘いんだよな
    米国や日本の事なら嘘をついてもたたくのに

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 19:01:27
  163. >>159
    その組み合わせだと外部の人間はM-1A1とAAV-7を比べてしまいますが、
    現地にいる兵士達が比べるのは戦車ではなくて剥き出しのジープやトラック、ハンヴィー、
    よくてM2ブラッドレー程度なので増加装甲キットEAAKを付けたAAV-7は
    上等な部類に入るんだよね。

    40mm擲弾も装備しているとはいえ、兵員輸送用装備なので戦車と比べるもんでもないんだけども。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 19:09:31
  164. >但し、フィリピンに沖縄と同等の戦力があれば
    >米軍はそっちを使うかもしれませんね。

    台北は沖縄側にある。フィリピンに近いのは高雄さからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 20:00:45
  165. >157
    >軍事知識の無い一般人だと
    昔の事ですが・・・海兵隊と海軍の違いがわからなかったわたしです

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 20:54:55
  166. 関係ない話題で申し訳ないけれども、C-Xについて新しい情報が来たよ。
    中日新聞:空自次期輸送機CX、今月にも初飛行
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010010890091001.html
    以前、オブイェクトのコメント欄に「一月中に初飛行する」と書き込んでた人がいたけど、まさか本当だったとは。
    これだからネットの情報はあなどれない・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 20:55:31
  167. >166

    関係無い話はするなと何度言われたら分かるんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 21:01:28
  168. >>168
    ごめん。つい嬉しくて・・・以後気をつける

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 21:13:36
  169. >>165

    あるあるw

    自分は3年ほど前に、陸軍が海兵隊を持ってる国がある事を知った

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 21:27:38
  170. >昔の事ですが・・・海兵隊と海軍の違いがわからなかったわたしです
    「海兵隊は海軍の分派だ」と主張する奴に向かって、「むしろ船に乗った陸軍」だと海兵隊の起源から説明したんだが、どうしても分かろうとしなかった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 21:57:44
  171. ところでmojimoji氏、君は決定的な間違いをしているぞ。

    >前記事で批判したオブイェクト氏
    ・・・誰よ、それ?

    オブイェクトはここの名前。
    ここの管理人のことならJSF氏。
    基本的なことで決定的な間違いをしちゃァ、ダメだろう。
    社会で相手の名前を間違えたら、門前払いになるぞ。
    そこんとこ注意な。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 22:25:15
  172. >>170
    「海軍の貧乏な親戚」に加えて海軍機のホーネットとか使ってるしなぁ……
    更に日本じゃ似た様な部隊が海軍陸戦隊だったってのもややこしくしている要因かもしれんね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 22:37:48
  173. >>169
    フランスとギリシアだっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 23:02:21
  174. 今朝のニュースでみずぽたんが、「海兵隊は海の兵隊だから、佐世保から船に乗ればいいんですぅ〜」とか言ってたな…

    海江田議員には、ほぼシカトされたたけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 23:03:21
  175. 日本じゃ一般人が、海軍と海兵隊の区別が付かないのは当たり前だ。



    ONE PIECEのせいで

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 23:50:20
  176. >>160
    スーピックの再活用は考えたが、
    ・ピナツボ火山
    ・バシー海峡とは思ったより距離がある
     (太平洋戦争開戦時の航空戦を思い出されたし)
    ・台湾島は奥行きは無いが南北には長い
     (台北−高雄で350km程度)

    以上の理由でヘリに空中給油する必要がある上、
    飛行中横合いから中国軍機の妨害を受けうる
    距離が長すぎる。

    従ってフィリピンとの関係が都合よくいった
    としても台北を狙った台湾有事には都合が悪い。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月09日 23:56:55
  177. フィリピンから近いのは高雄(カオシュン)。台北(タイペイ)は結構遠い。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月10日 00:39:48
  178. もう神通力としか…

    http://www.kamiura.com/whatsnew/continues_276.html
                     ↓
    http://www.cnn.co.jp/business/CNN201001090014.html

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月10日 15:23:35
  179. 中国も喜ぶ!

    中国激怒

    なんというか、あっというまに答えでたね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月10日 15:39:45
  180. なんというか、PAC3って珍しいほど純粋な防御兵器だと思うんだけど、その売却について激怒するってのは攻める気満々ですよと言ってるのに等しいと思うんだが。
    中国は攻める気なんぞありませんと言ってる人とか、PAC3が手に入ってうはうはとか言ってたキヨさんはどうコメントするのかねぇ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月11日 15:31:02
  181. http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100111-00000019-san-pol

    さて、mojimoji君はこういうプレゼンスの効能をどうとらえるのでしょうかね?
    それにつけてもポッポの外交無知と社民の害奇知の弊害がいよいよシャレにならないレベルになってきたな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月11日 15:41:23
  182. >>171

    同感、同感

    そもそも相手の名前を間違えた時点でアウトです。門前払いされても文句は言えませんね。
    そもそもどうやったら「JSF氏」を「オブイェクト氏」に間違えるのか………。不思議なことではあります。(以前JFS氏と間違えた人もいたようですけど………。)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月11日 17:00:25
  183. >>180
    台湾のPAC3は独自ミサイル計画の自粛という軍縮へのご褒美みたいなところがある。
    矛より盾を充実させる訳だからね。

    逆に中国の方は矛をがんがん増やしながら盾を装備したなと激怒して更に盾も追加するという
    あからさまな更なる軍拡。これが弾道弾を減らす形でのバーター宣言ならまだしも・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年01月13日 01:06:15
  184. Every body remembers that today's life is not very cheap, but some people require cash for various things and not every one gets big sums money. Thus to get some credit loans or just credit loan should be good way out.

    Posted by NaomiRich22 at 2012年03月23日 19:52:43
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

普天間基地移設が軍事的に見て県外移設はあり得ないとかの議論について
Excerpt: === 注記 === 最初に断りとして書いておきますと、本エン...
Weblog: ここギコ!
Tracked: 2010-01-10 10:31