2010年04月18日
ロシア国営通信であるRIAノーボスチは2年半前の2007年12月に「もはや避けられないMD思想」という記事を出しています。ピョートル・ゴンチャロフ(Петр Гончаров)政治解説員はその中で、日本がミサイル防衛を取得する事に理解を示し、専守防衛の域を超えてはいないと明言、ロシア-アメリカ間以外で広がり出したミサイル防衛(日本、イスラエル、NATO)はもはや避ける事が出来ず、国際的にも現実的に考える必要があると説きました。ゴンチャロフ政治解説員の予測は後に正しかった事がはっきりと判明します。記事から1年以上経った2009年4月にアメリカのオバマ政権が新しいミサイル防衛体制の方針を発表し、今後も推進していく事が確認されました。そしてその1年後の2010年4月には、新たな米露核軍縮交渉でミサイル防衛に付いて特に制限が設けられる事はありませんでした。

そして当然ロシアも独自のミサイル防衛体制を構築する必要性が出て来ています。



そうなれば当然、中国も独自のミサイル防衛体制を構築する事になります。



今年1月11日に中国が大気圏外でのミサイル迎撃実験に成功したと発表し、実際にアメリカが大気圏外での爆発を確認すると、世界に衝撃が与えられました。事前情報が何も無く、当局による事後の詳しい説明も無く、一体どのような迎撃方式だったのか様々な推測が為されました。当初はHQ-9(ロシア製S-300の模倣品)が迎撃に使用されたと推測されていましたが、大気圏外ということでHQ-19(ロシア製S-400)に大気圏外迎撃体を搭載したのではないかという推測が行われています。今のところ有力な予測は、

「中国が2007年に実施した人工衛星破壊(ASAT)実験で使用されたSC-19衛星破壊ミサイルを今回のMD実験でもそのまま使用した」

というものです。SC-19はミサイルの打ち上げ準備と軌道計算に12時間も掛かる代物で、人工衛星を攻撃するならともかく弾道ミサイルの迎撃には実戦では役に立ちません。つまり今年1月11日の実験は実はミサイル迎撃実験ではなく低軌道衛星破壊実験だった可能性があります。ただ、インド軍がミサイル迎撃実験を始めた当初は手始めに弾道ミサイル同士を空中で衝突させる実験を行っており、中国もまた本格的なミサイル迎撃実験に入る前の予備実験としてSC-19を使用した可能性があります。


ミサイル防衛初期段階完成 中国軍系企業が報告 2010年4月13日 産経新聞
13日付の中国紙、北京青年報によると、中国人民解放軍系の大手国有企業「中国航天科工集団」は12日、2009年度の年次報告を発表し、多様な形式を備えた先進的なミサイル防衛システムの初期段階を完成させたと明らかにした。

報告は、ミサイル防衛システムにより、複雑な情勢や突発事件に対応する中国軍の能力は大幅に向上し、未来のハイテク条件下の防衛作戦に勝利する能力を得られるとした。(共同)


「初期段階」ということは、まだ「実用段階」には達していない事を意味しており、「多様な形式を備えた」とあるので、ミッドコース迎撃やターミナルフェイズ迎撃など複数の迎撃手段を研究していることが分かります。
13時50分 | 固定リンク | Comment (97) | ミサイル防衛 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. ( ゚∀゚)o彡゚THAAD!THAAD!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 13:53:09
  2. 怒濤の更新ですね。

    兵器の盾と矛の関係というか、ジャンケンの関係みたいな進化は話を追っていくだけでも面白いな。
    10年後に振り返るとどう評価されて居るんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 13:58:58
  3. ミサイル防衛反対論者にとって、中国がMD実験を始めた事は致命傷だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:01:40
  4. トライアンフ言うと車が思い浮かぶやつはけっこう年

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:02:23
  5. 中国もMDかあ………

    日本も負けられ(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:13:16
  6. ABM制限条約の頃はソ連の方が邀撃に気を使っていたとも言われている。だからこそSALTと違って条約で縛りをかけようとしたし、交換文書も制限条約の方が多かった。

    そういう点ではロシア人にはアメリカだって昔同じようなことをしてきただろ、という権利がある。其れをポーズでしか言わなくなっていったのだから彼らは現実的だよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:15:28
  7. アメリカが苦労して20年でやっと一応の完成に持ってきた技術を
    中国とロシアが簡単に追従できるもんなのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:16:40
  8. 中共はともかくロシアは研究は進めてるだろ。
    勿論他の全ての兵器分野と同じく、技術の裾野にはムラがあるが、
    彼らなりに最適化したシステムはデザインしてくる。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:20:20
  9. こうやってMDが広がっていくと、弱小核保有国の地位が低下するのは当然として、いずれICBM/SLBMも確実な手段ではなくなっていくのかな。その時どんな新戦略が出てくるのか…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:22:06
  10. >>3
    その人たち、真顔で『中国の核兵器はきれいな核兵器』って言ってますから。
    何が起こっても、彼らがMD脅威論を取り下げることは、絶対にありませんよ。
    >>8
    >>彼らなりに最適化したシステム
    まぁ、流石に弾道弾迎撃用核ミサイルなんて神々しい兵器が再び光臨するような事は無いでしょうけど…
    wktkせずにはいられない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:24:05
  11. ひぃー、MADが壊れていくー。

    しかし、見るたびに思うがロシアの動画で
    格好いいのはMIRVのバスからRVが分離するところ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:25:24
  12. >>9
    弾頭のステルス化ですねわかります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:33:30
  13. >>9
    SM-3の射程外で高高度核爆発を起こし、EMP攻撃で
    MDシステムそのものを無力化する事も考えられるのではないか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:50:26
  14. >その人たち、真顔で『中国の核兵器はきれいな核兵器』って言ってますから。
    >何が起こっても、彼らがMD脅威論を取り下げることは、絶対にありませんよ。

    中国のMDは防衛用。日米のMDは侵略用とか言い出しそう。
    もちろん「MDの意味わかってんのか?」という問いは無視。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:51:09
  15. >13

    それやると核弾頭も「兄弟殺し」になるんやで?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 14:55:54
  16. >13
    SM-3の射程外で核爆発起こしたとして、果たしてそれでMDシステム全体を無力化できるほどの
    EMP効果が得られるもんなのかねえ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:00:14
  17. フライバイライト採用してるとEMP攻撃って影響受けずに飛行できるよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:00:30
  18. アメリカは電磁パルス対策をちゃんとやってるよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:04:59
  19. というより、PAC-3とかは核戦争想定して無かった?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:15:43
  20. >>15
    そもそもRVがばらけてる段階ならあまり影響なくね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:28:49
  21. >20
    起爆装置が不活性化するんよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:41:28
  22. >>16
    EMPだったら、被害範囲がでかすぎるのを気にしなければ迎撃届かなくね?
    >>21
    戦闘機にEMP対策できるなら弾頭にもできるんじゃないかな?
    推測だけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 15:51:32
  23. >>16
    1962年にアメリカがジョンストン島の上空400kmで高高度核爆発実験を行い
    1000km離れたハワイに停電を引き起こした

    http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AF%E4%BD%9C%E6%88%A6
    実験名:スターフィッシュ・プライム

    高度400kmならSM-3で迎撃できるけどね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 16:00:55
  24. >>23
    到達高度そのもの問題よりも到達時間が問題だと思うんです。
    通常の弾道弾でなく、ロケットの段数か数を増やして目標上空まで上昇し続ければ、鬼ごっこに勝って起動できるかなと思ったんです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 16:23:58
  25. 相手国の経済を一時的に壊滅させるなら
    EMPは非常に効果的。

    中共クラスにこれをやられると日本は非常に痛い。
    ある意味「人道的」でもあるしな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 16:45:00
  26. 24です。
    発射直後に大抵探知されるので、EMP側にはアドバンテージが全くないのを忘れてました。
    素人考えで失礼しました。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 17:01:48
  27. ・中国の兵器は綺麗なry
    ・無視無関心
    ・日米が先にやったから対抗上持たざるを得なくなっただけだ

    「MD役に立たない派」の根拠も大分怪しくなってきましたね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 17:03:42
  28. まるで日本がMD開発してるみたいに思ってる奴いるけど、
    実際にはイージスシステムもミサイルもほぼアメリカから買ってるだけだからな。
    情報もミサイルもシステムも止められたら、
    日本は何も出来ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 17:56:23
  29. >25 ある意味「人道的」でもあるしな。

    無差別攻撃という事で言えば非人道兵器
    医療機器に被害が出れば一般人を殺すことになる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:04:48
  30. >>28
    だから何?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:19:13
  31. >28
    >まるで日本がMD開発してるみたいに思ってる奴いるけど

    ワラ人形論法乙w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:21:26
  32. MDの初期のころ海自幹部の中にMDそのものの実用性と有用性と実現具合の可能性から否定的だった人いたみたいだけど。MDするぐらいならその予算を別に回せと・・・・

    そういう人って左遷食らったのかな?
    気になるところではある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:30:02
  33. 米露の核軍縮の絡みで
    米のMD開発がどうなるか心配だな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:36:05
  34. >>32
    まあ、本当にモノになるかどうか分からないMDで予算を喰われて通常戦力の維持が困難になる事を懸念しての発言なら理解できる。
    別予算で整備するなら否定論や反対論ももっと少なかっただろうとは思うが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 18:54:11
  35. >28アメリカから買ってるだけだからな。

    PAC-3はライセンス生産
    SM-3Block2は日米共同開発

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 19:05:50
  36. MDが持続的に発展したら、いつか地上発射型の核ミサイルは無力化できるんだろうか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 20:30:47
  37. 核ミサイルがまったく発展しないという条件ならそうなんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 21:14:49
  38. 日本に軍国主義が復活して核武装をしたときのための布石ですね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 22:26:55
  39. ロシアも中国も全然撃ち落とせなさそう。
    日米欧のが仮に半分落とせる位だとしたら
    (それはそれで怪しい)
    彼らのそれはほとんど落とせないのでは?

    今からやるなら防衛は諦めて攻撃用の方を
    エグクし続けた方が相手の開発予算を消費させる
    ことができていいかも。
    防衛用はパフォーマンス?だからこんなに
    アバウトなのかなぁ…。いざ本当に要るなら
    なんとかパクればいいや位な。
    ソ連の核兵器だって元々は米から流出した
    技術ですよねぇ…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 22:34:06
  40. ステルス核砲弾をレールガンで射出する核搭載二足歩行戦車はまだか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月18日 22:41:03
  41. MDなんてアメリカ抜きでは役に立たない。
    でも、わたしたちには9条がある

    って人達の公式見解を聞いてみたくなるね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 00:22:16
  42. 相互確証破壊は崩れないよ
    だって相互確証破壊の概念は「相手が核攻撃したらこっちも核攻撃するから核戦争が起こらない」なんだから
    MDか開発されても「相手は核攻撃してもこっちにはMDがあるし、こっちが核攻撃してもあっちにはMDがあるから核戦争が起こらない」って形に進化するだけ
    だから相互確証破壊が崩れるのではなく、逆に中国やロシアなどの核保有国がMDを確立させる事で
    アメリカのMD開発以来崩れていた相互確証破壊が再び復活するのだと私は考える

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 00:24:52
  43. <<42
    そうなると最終的にはただ飛んでくるだけでしかない弾道弾はすたれていくことになりそうですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 00:44:20
  44. >>42
    細かい話だけど、現状の中国でMADが成立するん?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 02:34:05
  45. >42

    今現在MADが成立しているのは米露間だけだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 07:16:14
  46. 九条信者やプロ市民やサヨクは大石英司や大石英司信者と同じく都合の悪い記憶は削除する編集機能を持っているから平然と自分の意見を変えます。または他人が悪いと糾弾をする事もよくします。しかし…。彩図社のアメリカの小児科医の書いたMD反対の本は日本のMDは日本の軍産複合体が作られていようとしている。とかMDは廃絶されるとか笑える本でしたけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 08:44:29
  47. >彩図社のアメリカの小児科医の書いたMD反対の本は日本のMDは日本の軍産複合体が
    >作られていようとしている。とかMDは廃絶されるとか笑える本でしたけど

    ヘレン・カルディコットおばさんの事か。

    http://obiekt.seesaa.net/article/104419135.html

    過去記事で言及されているが、小児科医が軍事兵器の事を語ってもまともな説明にはならんよなぁ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 09:23:57
  48. >>24
    つまり、ブースト段階の核ミサイルを破壊する事で
    高高度核爆発を未然に阻止するという解釈でいいの?

    どうしても後追いという形になる以上、SM-3の加速力が
    弾道ミサイルのそれを大幅に上回っていないと難しいし
    それこそ核ミサイルが発射されるポイントの間近に
    イージス艦を横づけでもしないと困難だろう

    内陸部から発射されでもしたら、まず不可能だろうね
    素直にABLに投資した方がまだいい

    >>26
    発射直後に大抵探知されるから、EMP側にアドバンテージが全くないというのは意味不明
    君はまず結論が先にあるみたいだね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 10:40:46
  49. 日米がMDの開発を進めるから新たな軍拡競争が始まってしまったのではないか


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 12:41:18
  50. 中国やロシアがMD開発をやったから軍拡競争が始まったのではないか?と言ってみる…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 12:49:54
  51. EMP効果狙うならむしろ地上よりも
    衛星相手にやった方が効果ある。
    (数多いし軌道も距離もバラバラだが)

    宇宙で太陽がいくつか昇る羽目に・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 12:57:55
  52. >>49,50

    お前ら二人ともピョートル・ゴンチャロフ氏の記事「もはや避けられないMD思想」を見に行って来い。MD軍拡競争の原因は北朝鮮やイランの核ミサイルにあると直ぐに理解できる。

    ゴンチャロフ氏は「日本がMDを「持とうとするのは当然の権利だから理解できる、専守防衛の範囲内だ」と明言しているんだよ。

    だからコメント49みたいなプロ市民的な発言は通らない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 13:13:38
  53. 相手の軍拡具合を見て「防御兵器を揃えないとマズイ」と防御兵器揃えてるだけで、全体的には軍縮してる自衛隊が軍拡の引き金を引いてるとか馬鹿が多いのよね。似非平和団体って。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月19日 17:15:35
  54. わが共和国を敵視するという北朝鮮の代理人みたいなプロ市民やサヨクがMDに反対するんですよね…。ミサイルを破壊されたら脅迫にならないから…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 18:05:08
  55. >>52
    そうやって「ならず者国家」のせいにする
    いつもの手口だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 18:36:05
  56.  >小児科医師の書いたMD反対の本

     これが本当の「サヨク小○病(By小林よしのり)」の具体例か(棒読み)。

    Posted by KY at 2010年04月19日 19:00:07
  57. 祖国の”電柱シリーズ”が至る所で観られるわけですね、とてもよく判ります(?)

    Posted by ぬ at 2010年04月19日 19:03:36
  58. 中国がMD開発邁進してくれると、日本のMD導入がスムーズになるのは助かるんだが、
    中国のMDって(仮にある程度の迎撃率が得られたとして、)コストに見合う意味あんのかね。余計なお世話ではあるが。

    >>10
    ロシアの首都防衛用ABMってもう通常弾頭化してたっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 19:04:50
  59. >>55

    君はその「いつもの手口」に反論できないんだね、分かりますw
    ロシアは朝鮮半島核危機の際に「巡洋艦ワリヤーグの巡航ミサイルでテポドンを吹っ飛ばせるぜ!」と太平洋艦隊司令が豪語したものよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 19:50:33
  60. >56
    もっとひねれ。せめてユダヤ陰謀論くらいに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 19:50:35
  61. >55でした

    Posted by 60 at 2010年04月19日 19:51:34
  62. 中国のMDに対しては『脅威論』を唱えないプロ市民達

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 20:01:49
  63. つか相手もMD持つのは基本的に弾道弾を持たない日本にとってはいいことなんだよね。それだけ相手の予算に影響を与えるわけだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 20:04:25
  64. 現代ほど国際物流が盛んで違法コピーブランド品が税関をやすやすと通り抜けているならば、
    核弾等の1個や2個も持ち込んで相手国首都に設置できるんじゃないか?

    MDと弾道弾とのいたちごっこよりはずいぶん簡単に思える。
    少なくともテロリストは弾道弾開発するよりこっちの手段をとるだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 20:40:35
  65. もうロシアもABMはS-400に置き換えていたような

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 21:08:47
  66. >>64
    核弾頭を易々通す税関はさすがに無いだろ……

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 21:38:41
  67. >中国のMDには脅威論を唱えないプロ市民 飼い犬が飼い主に噛みつかないという事です。まさにプロ市民は中国の飼い犬です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 22:38:09
  68. 高高度核爆発HANEは単にコンプトン効果で地表にEMPを放射するだけでなく、
    衛星等の軌道プラットホームや宇宙機に、ほとんど減衰しない(距離の三乗を除く)
    X線や中性子線などで、SG-EMPや加熱等を発生させて機能不全を引き起こす上、
    プラズマになった弾頭の破片が人工の放射能帯を形成し、
    一定期間、軌道上に広がって被害を増やし続けるとの指摘もある。
    確かに、飛んできた迎撃体に対して、近接信管で起爆させる仕掛けを
    RVに組込むのはそんなに難しくないだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 22:47:51
  69. 68です。
    スマン、距離の二乗でが正しいよね。ボケてた。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月19日 22:56:11
  70. >>66
    逝かれたテロ組織に戦術核でも手渡して密入国だろうね。ありえるならば。

    正規のルートじゃリスクが大きすぎる。
    安全保障貿易管理でぐぐれば分かる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 00:20:02
  71. >>67
    安保闘争激しき頃、岸首相は
    「それでも、後楽園は満員だ」と言ったらしいが、

    プロ市民が声を上げるこの週末も
    「それでも、各駐屯地記念イベントは地元住民で盛況だ」だ。

    どんなに騒いでもマイノリティーはマイノリティー。
    一般の理解は得られないから、そんなに心配ないと思うよ。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 00:54:02
  72. そのマイノリティーをマスメディアが支援してんのが頭痛い……

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 01:07:18
  73. まぁこれからは連中にはもっと地獄を見て貰うさ。
    退潮傾向に転じた今後、馬鹿なこと言い続けた連中に対して世間は厳しいからな。

    馬鹿な発言をしたら動画サイトで繰り返し晒される、Wikipediaに出典つきで一覧化される、

    鬱陶しくて仕方ないらしいぜ?しかもありもしない尾ひれまで付け加えられて。それだけでもざまあねえなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 05:50:25
  74. 衛星を主目標にEMP効果を狙った場合
    バックアップを打ち上げるにも時間と金がかかる。
    地上の被害ならまだしも、宇宙の被害となればすぐには復旧できない。

    MIRVに、従来の核1〜2個とEMP攻撃用の核
    (爆風少なめかつEMPを多く出せる物がある。サイズは1個あたりビール缶程度。)2〜4個を
    1セットにして打ち込まれたら。
    MD対策にデコイを積むくらいなら、HEAP用にEMP核を積むだろう。
    たった1発のMIRVでもどうなるか。
    例えば、1発あたり弾頭3個とすれば、
    宇宙で弾頭2個をEMP用として起爆され、その数秒後に
    おまけとして地上に核が1個着弾する。
    ・・洒落にならんな。EMP下じゃラスト1個の捕捉が難しいからだ。
    迎撃側もこれじゃやりにくいだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 14:13:57
  75. 間違えたヒープしてどうすんだw

    ×HEAP用
    ◯HANE用

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 14:15:42
  76. 大国がMDを完成させたらまた大規模な戦争が起こりそうで嫌だなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 19:02:38
  77. >>76

    逆。MDは小国の核武装を無力化させる力はあるが、大国の核戦力まではそれが出来ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 19:05:32
  78. ロシアは弾道ミサイル迎撃用ミサイルとしてS-500というS-300/400の改良型を開発しているみたい。これがロシア版MDの中核になるのかなあ。
    しかし、中国の方は…私の勉強不足なのか情報が入ってこないのか正直わかりません。ああっ気になる。

    Posted by 90式改 at 2010年04月20日 20:00:29
  79. ロシアのMDの主力がS-300〜500シリーズならば、ターミナルフェーズ対応のみで、弾頭はイスラエルのアローと同じ爆風破片型なので、SSHPはともかくSSKPは高くなさそう。日米のようにダイレクトヒットタイプの開発が必要だろう。

    >>74
    缶ビールサイズの核弾頭って本当?
    ディビークロケットやSADMに使っているW54でも20kg以上あるし、EMP強化なら、核出力のうちγ線発生量を多くしているタイプだと思うが、核融合は使わないのかな?
    爆縮で密度を上げるにしてもファーストステージがPuだと無理なんじゃ・・。それともCfやAmなどの臨界量の小さい元素を使うか、核異性体転移ならγ線発生が多いがコスト的にまだまだ実用的じゃないだろう。

    JSF氏のアドバイザーである、へぼ担当氏の意見も訊いてみたいが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月20日 22:06:47
  80. >>79
    サイズについて元ネタはディスカバリーチャンネルなんです。
    ただだいぶ前に見たのでもう詳細忘れた。
    ビール缶ってキーワードだけが頭に残って。
    役に立てなくてすいません。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 00:52:22
  81. 米国は当然MDにEMP対策はしてるだろうけど、実際どれくらい影響があるんだろうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 06:04:27
  82. HANEの際、どの軌道、高度で起爆させるとどのようなEMPパターン、エリアが発生するかっていうのは結構複雑な要素が絡み合っており、ある程度の実験データの蓄積がないとうまく制御できないって言うのを昔FASで読んだ気が。このあたりの十分なデータ蓄積があるのはアメリカとソ連だけみたいね。

    >>81
    昔米国の核ABM論争でも議論された事だけど、外気圏や熱圏で核爆発が起きたケースでも一定時間イオン球が発生し、その間はそのエリアへのレーダによる探知が極めて困難になるのでレーダに依存する現状のMDにとってはかなりまずい事態なんでは。加えてEMPの影響もあるし。EMPの影響を一番受けやすいのは大きな空中線、つまりレーダアンテナなので(変電所や送電線も非常に影響を受けやすい。それ故非核EMP兵器が電力インフラ攻撃に使用される訳で)。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 10:24:25
  83. これでいつか軍国主義に戻った日本がアジアに核ミサイルを撃っても中国が撃墜してくれる
    安心だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 12:31:53
  84. >>83
    趣味の悪いジョークだな。
    無理せんでもいいから、
    「中国の核とMDはきれいな(ry」
    とでも書いとけ。
    その駄文からは、それしか読みとれん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 13:15:31
  85. >>48様
    24=26です。
    今回の想定は、攻撃側はECM弾頭を積んだ弾道ミサイルが目標都市(軍事施設はECM対策されてると思い込んでた。)上空で炸裂し電磁パルス攻撃を行う、そして防御側はそれを防ぐという設定です。
    (中国奥地(新疆とかあたり)から日本の都市部って妄想してた。)
    この時、防御側と攻撃側の間のいずれかの地点に迎撃システムが存在していることが前提(MDシステムによって国土を防衛している。)です。
    また迎撃ミサイルの弾頭はEMPよりも軽量である(思い込み)としていました。
    EMP弾頭を投入する軌道は、目標都市直上を頂点とする放物軌道(思い込み)で、迎撃弾頭はここに割り込みます。

    ここまで、26書き込み時の想定条件を書きこみました。
    EMP弾頭側のアドバンテージのなさについてですが、
    第一に、迎撃側弾頭よりも重量が重い。(増速が大変)(*思い込み)
    第二に、ロケットの燃焼により衛星のIRセンサーに引っ掛かる。
    第三に、早期に軌道を割り出されている(*思い込み)ため、迎撃弾頭が最適な軌道で投入される。
    以上の条件から、EMP側にアドバンテージが無いと判断していました。

    ですので、結論が先にあるというのだけは受け入れられません。
    しかし多分に思い込みがあり、ダメダメな書き込みでした。
    申し訳ありません。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 22:34:36
  86. >082

    という事は、例えレーダーが故障せずに済んでも、EMPの影響によって熱圏(高度80km)以上の範囲じゃ核弾頭の捕捉自体が難しくなるということ?
    それってかなりマズいんじゃ・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 22:35:09
  87. >86

    何の為に赤外線探知をやってると思ってるんだよ・・・

    http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1198052176/

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 22:48:46
  88. >>86
    EMPじゃ無くて強力な放射線による希薄大気のイオン化(コンプトン効果によってEMPが発生するのは成層圏ぐらいの高度)。一時的に局所的に強力な電離層を作るって理解の方がいいかも。この現象はブラックアウトと呼ばれ、昔は核ABMの大きな弱点の一つと思われてた。

    >>87
    終始赤外線探知・追尾可能なSRBMや射程の短いMRBMなら(十分精度が上がれば)それで対応できるかも。ただそれより長射程でGBRクラスのレーダによる追尾前提のものは苦しいかもね。まあ将来は分からないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月21日 23:56:54
  89. HANEについて補足
    EMPは即発γ線由来が多いので、核出力の0.1%程度だが、透過力の高いX線は核出力の約70%を占める。
    これが衛星に当ると、近ければ機器を加熱、遠くても半導体にシングルイベント効果でソフトエラーを引起し易くなる。
    おまけに弾頭がイオンとなり、荷電粒子の雲として地球磁場に捕われたまま、低周波を放射しつつ、バンアレン帯を膨張させる原因となる。
    無論、この放射能帯からの高エネルギ−電子も被害を増やし続ける。
    このために、充分なシールドがされていない宇宙インフラは深刻なダメージを受ける。
    地上の電力インフラも含めて、ノンリーサルな手段で極めて効果的(特に先進国は)。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 01:56:56
  90. 89です。記載漏れを追加。
    X線の影響も、加熱とシングルイベント効果の間にSG−EMPの発生(材料本体原子からX線で叩出された電子からのEMP)とかもあるし。
    他にも放射線由来の各種効果(トータルドーズ効果とか)あるみたいだけれど、専門家じゃないのでパス。

    HANEについての影響は以下の資料が結構判りやすい。
    http://www.carnicom.com/papa.pdf

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 02:40:42
  91. >>87
    赤外線もレーダーも形式云々以前だ。
    EMPは過電流で回路を焼き切る。
    受像できても回路が駄目なら派遣した機体内部で既に信号を捌けない。

    仮に回路が耐えぬき、捕捉しても、今度は連絡手段(送受信)が落ちてる。
    それに、ヘリや飛行機ならEMPによりグライダー飛行になり降下する。
    なお、地上向けのEMPならば、車はエンジンがかからない。
    それぐらいの威力と思って欲しい。

    衛星を狙ったとすれば被害は可能性として以下のいずれか。
    衛星が壊れて弾頭を捕捉出来ない、
    衛星は壊れずに済んだがノイズで捕捉出来ない。
    衛星は壊れずに済み捕捉できたが電波を阻まれ地上に送れない(直通不能)、
    位置が離れてて衛星は全く被害を受けず、捕捉もできたが、電波を阻まれ地上に送れない、
    衛星は生きてるが中継の衛星が壊れて届かない、
    衛星も中継も共に生きてるが電波を阻まれ中継と衛星間で通信出来ない(迂回不能)、
    衛星も中継も共に生きてるが中継と地上間で通信出来ない、
    地上のアンテナが壊され受信できない(受信不能)、
    衛星も地上も中継も生きてるが電波だけ受信できない(擾乱)。
    地上が生きてて地上単独で捕捉対処できるケースだったが探知出来ない(同じ擾乱のせい)
    衛星と航空機間も同じく。つまり離れた者どうしで射撃諸元が送受信できない。
    いずれも起こる可能性があり、
    いずれか一つでも起きると迎撃したくても見つからない。
    下手すると気付けない。

    これでもなお捕捉し伝達する手段を求めます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 09:38:40
  92. >91

    アメリカ軍の電子機器は耐電磁シールドされてますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 09:56:02
  93. 先にこれを書けばよかった。EMPで気になるのは2点。
    1.日本はMDを進めてるが、専守防衛の日本は肝心要のEMP対策を進めてきたか?やっぱり予算不足か?
    2.新興国、特にイランがHANEに手を出すおそれはないのか?
    宇宙条約に、衛星攻撃禁止と宇宙でのEMP禁止があればよかったのに・・・。

    HANEだってもう40年以上も前の代物だから、
    他国も追いつこうと思えばいずれ追いつく。
    現にASATなら2006年から中国が、
    約20年前(1984年)の米と同じことをして追いつこうとしている。
    後発の他国がHANEに手を出さないと誰が保証出来るのか。
    特に今、核開発に躍起なイランがHANEに手を出さないと、誰が保証出来るのか。

    日本はMDをノドン対策向けに”しか開発しない”
    そもそも中露の核に対抗しようとは”日本も考えていない”
    これは日本人なら断言できる。だけど外国人であるロシア人が信じてくれそうにも無い。
    (「外堀埋めて、将来露中の核に対抗する気だろ」って思われてる。)

    MDはSDIと違い、露と張り合うためではなく、「核を減らすため」(今ならイランに対抗するため)に理由は変わったが、
    日本(対北朝鮮限定使用)が米露のMD開発競争の引き金を引いたみたいで、少し後味悪いな。
    かといって、北に侵攻してノドン破壊なんてMD配備前の日本じゃできないしなぁ。
    MD作る(開発競争の引き金を引く)以外の代案は、どう頑張っても、当時の日本に無かった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 19:14:45
  94. >>93
    まるで日本が世界の流れを左右したような表現だけど、別に日本が参加してなくても米国がMDの開発を開始してたよ。
    日本がMDの導入を正式決定する前に米国はABM条約破棄を済ませてるし(正式決定前から検討や協議はしてただろうが)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月22日 21:53:19
  95. >>74
    MIRVでEMPやると兄弟殺しになってしまわないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月23日 02:06:41
  96. 同じような書込みで申し訳ない。
    HANEで地上に影響のある電磁障害は主に2つ。
    即発γ線によりナノ秒単位で上層大気の分子からコンプトン効果で飛び出した反跳電子が地球磁場に捕われ、螺旋運動を起こすことで発生するのが
    一般に言われるEMP。正確にはNEMP。ただし効果は水平線以内。
    もう一つが、イオンになった弾頭破片が押上げたバンアレン帯と地球磁場との相互作用が生出す低周波パルス。
    前者がIT機器を始めとする急激なサージに弱い精密機器にダメージ。NEMPは雷サージより立ち上りは3桁は早い。
    後者が長いケーブル類に電位差を生み、広範囲に電力関連等に影響。

    無論、先に解説されている人工バンアレン帯(荷電粒子雲)によるレーダーやRF通信の妨害を除く。

    >>95
    RVは、高Z物質の再突入殻で覆われ、外部に電子関連がほとんど露出していないから、あまりEMPの影響は考えなくても良いのでは。
    せいぜい、スタートラッカーの開口部くらいか?むしろ、X線や中性子線の方が内部の電子機器に問題。
    米ABMのスパルタンの5メガトン核弾頭W71はそのためだし。
    Topol-MのRVなんかは、ブラザーキルに対応して500メートル以内のEMPどころか核爆発に耐えられるなんて話も訊くが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月23日 22:22:46
  97. 96です。
    スタートラッカーはたぶん、RV自身でなくPBVの方についてるよね。だとしたら、不適切でした。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月23日 22:26:45
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

中国がGPSを破壊し、自前の北斗システムで対米戦さえ視野に?
Excerpt: 中国の砂漠に謎の大規模施設 超急ピッチで建造中<br>2013.1.17 18:30 [中国]<br><a href="http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130117/wir13011718310012-n1.htm" target="_blank">http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130117/wir13011718310..</a>
Weblog: 冬山
Tracked: 2013-01-18 02:20

中国がGPSを破壊し、自前の北斗システムで対米戦さえ視野に?
Excerpt: 中国の砂漠に謎の大規模施設 超急ピッチで建造中<br>2013.1.17 18:30 [中国]<br><a href="http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130117/wir13011718310012-n1.htm" target="_blank">http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130117/wir13011718310..</a>
Weblog: 冬山
Tracked: 2013-01-18 02:43
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。