2010年04月28日
最近は聞かなくなりましたが、普天間基地移設先の候補として九州案が提起されていた時期がありました。佐賀空港や大村基地(長崎空港)が取りざたされていましたが、現在では政府閣僚(首相、外相、防衛相、官房長官)が全員「普天間移設先は国外は無い。沖縄県外でも近い場所になる」としており、顧みられなくなっています。

その九州移転案の中でも長崎県大村基地(長崎空港)を推していたのが、軍事評論家の田岡俊次氏と、元外務省国際情報局長で防衛大学校教授を務めている孫崎享氏です。強襲揚陸艦の母港である佐世保に近い場所に、ヘリコプター部隊と陸戦部隊を纏めて移転した方が合理的であるという主張です。

【大村基地・長崎空港】


田岡俊次氏と孫崎享氏は二人とも鳩山首相に大村案を助言していますが、この提案は採用されませんでした。その理由は、この二人に共通している考え方として「台湾海峡有事は有り得ない」という大前提の元で理屈を組み立てている為です。大村移設案は台湾海峡有事を考えた場合、アメリカ海兵隊の後退は中国と台湾に誤まったメッセージを与えかねず、台湾海峡の緊張を高めてしまう結果が予想されます。いえ、既にそうなりつつあります。


台湾:一転再開 北京射程のミサイル開発|毎日新聞
馬政権は当初、中国の首都・北京を射程圏とするミサイル開発で中国を刺激することは避けたい考えだった。また、開発停止の背景には沖縄海兵隊を含む在日米軍の「抑止力」があった。安全保障の問題を専門とする台湾の淡江大学国際事務・戦略研究所の王高成教授は「日米安保条約は冷戦終結後、アジア太平洋の安全を守る条約となった。条約の継続的な存在は台湾の安全にとって肯定的なものだ」と指摘する。

一方、開発停止からの方針転換が明らかになったのは、楊念祖・国防部副部長(国防次官)が先月29日の立法院(国会)で行った答弁だった。

楊副部長は「有効な抑止の目的を達成するため、地対地中距離ミサイルと巡航ミサイルを発展させる方向性は正しい」と述べ、開発を事実上認めた。未公表だった開発停止には触れずに、実は方針転換をしていたことが初めて明らかになった。

楊副部長の発言は、台湾自らの抑止力を強化することで中国に圧力をかける狙いがある。関係筋は「普天間問題に代表されるように、台湾に近い沖縄にある米軍の存在や役割が変化する事態もあり得る。米軍が台湾を守る力にも制限が加わる可能性が出てきたことから、抑止力を高める方向に再転換したのではないか」とみている。


台湾政府は日本の普天間基地問題の迷走振りを見て、沖縄海兵隊を含む在日米軍の抑止力が揺らぐ可能性があることを憂慮し、巡航ミサイルの開発再開と中距離弾道ミサイルの開発着手を国防方針として定めました。この様子を見れば「台湾有事は有り得ない」という主張に説得力はもう何もありません。またアメリカ海兵隊としても、強襲揚陸艦の支援無しに直接、台北にヘリボーン降下を行える沖縄の位置は重要な要素です。新型機のMV-22オスプレイなら直接往復が可能です。従来機のCH-53Eスーパースタリオンでも、下地島空港を中継点に使えるならば作戦の実行が可能です。

MV-22オスプレイの作戦行動半径内

沖縄に基地があるという事は作戦面での柔軟性が得られ、中国軍の斬首戦略(特殊部隊で国家中枢を麻痺させる)への即応が迫られた場合でも、間髪を置かずに対応する事が可能になります。嘗てのソ連がアフガンに侵攻したケースと同様の事態に陥っても、初動で介入を行う事が出来ます。この選択肢は、台湾有事の可能性がある限り、放棄すべきではありません。

さて、田岡俊次氏が台湾有事を無視しているのは何時もの事なので、今回は孫崎享氏の思惑に付いて説明したいと思います。孫崎氏は2009年3月に『日米同盟の正体〜迷走する安全保障』という本を出版しています。この本の内容は掻い摘んで説明すると「アメリカは中東戦略を最重要視していて、その他は眼中に無い」というもので、朝鮮半島有事と台湾海峡有事を軽視、いえ完全に無視している極論なのです。この事はジャーナリストの岩上安身氏との対談からも伺う事が出来ます。


Web Journal ニュースのトリセツ No.225 2010-02-12 - Web Iwakami 岩上安身HP
孫崎「ええ。あるいは佐賀県であるとか、あるいは富士山麓であるとか、色々なのが出ているんだけれども、それは米国の運用からいくとやっぱり普天間よりは価値が低いという可能性があるわけですよ。ところが、大村と相浦の話というのは、米国にとってより望ましい選択であるかもしれないんです。

 ということは、先ほどの話からいって、ヘリ部隊をどこに持っていくかというのは、世界の色々なところに持っていくわけですよね。その時に船に載っけるわけですよね。船に載っけるのは、今、長崎の佐世保があると。佐世保で載っけてすっと行けばいいんで、もしもこれが沖縄だったら、沖縄まで行って載っけてから行かなきゃならないんで、どちらが良いかというと、大村のほうが良いかもしれない。だから、米国がベストの案は他にないんだよと、言っているのだけれども、こっちの方がよりベストじゃないですかと」


岩上「先生も人が悪いですね(苦笑)。つまり、日米安保にとって、ここがベストなんじゃなくて、日米同盟にとって、ここがベストじゃないですか。北朝鮮を相手にするとか、台湾海峡(危機で中国)を相手にするわけじゃないでしょ、中東に出撃するために便利でしょ、どうぞお使いくださいと」


孫崎「便利なのに、なんであなたは嫌だと言っているんですかと(笑)」


アメリカ軍としてみれば、中東に展開する場合でも佐世保の揚陸艦は中東に向かう途中の沖縄で海兵隊員と陸戦装備、ヘリコプターを積み込んで行けばよいので、時間的な差は佐世保付近に集中して駐屯する場合と殆ど差はありません。また、空軍の大型戦略輸送機で海兵隊ヘリコプターを積んで運んで中東に展開する場合も多く、中東展開重視であるならば沖縄で不都合な点はありません。むしろ空軍の戦略輸送機と空中給油機の連携が容易な沖縄の方が使い勝手は良いでしょう。つまり例え孫崎氏の主張に沿ったとしても、沖縄の方が便利です。孫崎氏は防衛大学校の教授でもありますが、結局は外務省の人であり、専門は国際政治と外交関係です。軍隊の運用をよく理解しているとは言えません。

また、『宜野湾市・伊波洋一市長の「沖縄の海兵隊は全てグアムに移転する」という妄想プレゼンテーション』で私が解説したように、米軍の最新資料「沖縄からグアムおよび北マリアナ・テニアンへの海兵隊移転の環境影響評価/海外環境影響評価書ドラフト」には、有事の際の対処(配備)先として沖縄、台湾を挙げた移動時間の表があります。沖縄が配備(増援)で台湾が対処(介入)となるのでしょう。この資料は明確にアメリカが台湾有事の際の介入を前提に戦略を組み上げている事の証左となります。孫崎氏や田岡氏の主張の根幹である台湾有事無視は間違っている事が分かります。
19時03分 | 固定リンク | Comment (402) | オスプレイ |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 1get
    こんなのでも防衛大学校教授になれるんだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:06:48
  2. パックインの元帥の発言を信じている大石英司も相当なアレな人だけど、中国は台湾に侵攻しないとは断言できないのに何でこの人たちはキリッてるんだ…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:13:12
  3. 何か俺も軍事評論家になれそうな気がしてきたんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:16:32
  4. >>3
    マスコミへのコネがあれば夢想者でも軍事評論家は務まるのでしょう、少なくとも資料をチェックする必要はないだろうし。
    ああ、素人を煙に巻くためにそれっぽい用語は覚えて置く必要もあるのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:19:44
  5. >>1桁?
    教授は良いな〜、継続的な勉強はしなくても飯が食えるようだ(笑)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:20:22
  6. 戦争の可能性が0.1%でもある限り、軍はそれに備えなければならない。
    と思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:24:18
  7. >>移転先
    うっかり外電に載って米が怒ったけど沖縄から65海里以内じゃないと不味いんじゃ?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:25:38
  8. 鳥越俊太郎なんてスパモニで在日米軍が抑止力にならないと発言しても番組を下ろされない素晴らしい国ですから…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:28:26
  9. >6

    いや、それでも費用対効果は十分考慮されるべきだが。
    むざむざ戦力を低下させてしまう大村案には酌むべきメリットが感じられない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:33:11
  10. >7
    地上部隊とヘリコプター部隊が65海里以内という意味なので、地上部隊ごと移転するなら条件には合う。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:34:47
  11. 今日徳田虎雄氏とルーピーが会談したそうでが・・・折衷案と思ってるんだろうが、沖縄も徳之島も、ましてやアメリカも怒らせるだけなんですけどね・・・まあ「一生懸命やりました」のアリバイ程度なんだろうがね・・・・

    移転話は無かったことになりそうだな・・まあそのほうがいいか、責任はルーピーと現政府与党が取らされるんだろうしな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:35:34
  12. というか長崎空港は民間機の発着が多いのだから、自衛隊に加えて海兵隊を受け入れる余地は無いよ。自衛隊が出て行っても海兵隊の大量のヘリは入りきらないでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:36:23
  13. >朝鮮を相手にするとか、台湾海峡(危機で中国)を相手にするわけじゃないでしょ、
    >中東に出撃するために便利でしょ、どうぞお使いくださいと

    ある目的がありそれを達成すべく手段を講じようとしているのに何故別の件とすり替えようとするのかな
    冷蔵庫を買いに行ったら「冷蔵庫なんかどうでもいでしょ、それより洗濯機買いませんかイイのがあるんですよ」
    と店員に無理矢理方向修正を迫られるような話ですな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:46:08
  14. 台湾の行動は沖縄基地の意義が良くわかる例ですね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 19:48:47
  15. 台湾が一番真剣に普天間基地問題を考えてるよな・・・

    普天間基地の問題は何も日・米・沖縄間だけの問題じゃないってことから理解せねば、正しい議論は出来ないね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:16:04
  16. 外交関係が専門なのに
    軍隊が外交カードの一枚でもあることを解ってないのか
    それとも解っていてあえて無視しているのか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:21:51
  17. 台湾ミサイルの記事でも言ったけど

    >はてなブックマーク - 台湾:一転再開 北京射程のミサイル開発 - 毎日jp(毎日新聞)
    http://b.hatena.ne.jp/entry/mainichi.jp/select/world/news/20100425k0000m030084000c.html

    >当事者がこれだけ危機意識持ってるわけだから、台湾有事あり得ないと言ってる人は少し見方を変えるべきかもしれんね。

    正直この一説に尽きるでしょ
    当事者に台湾有事の危機感があるからこそ、北京を射程に納めるミサイル開発を再会したわけだ
    危機感がなければ、中台関係が悪くなるような事を、わざわざ自分から(しかも親中よりの政権が)始めたりはしない
    それだけ切羽詰まってるんだよ台湾は・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:25:25
  18. 切羽詰ってる割には、台湾って数十人の特殊部隊にやられる程度の軍事能力しかないんですよねw
    あんたらの想定だと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:33:36
  19. 数十人の特殊部隊が台湾全軍を倒せると主張した人が一体どこにいるんだろうか?
    数十人の特殊部隊が制圧されるまでに生じる『空白の時間』が問題なんであって。
    そのギャップを埋める手段の一つが沖縄からのマリンコのヘリボーンだって言うのはここ数ヶ月で何回言われたことだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:37:26
  20. >>18
    ええ
    アメリカでさえ9.11(特殊部隊ではなくテロリストだけど)を防げなかったんですから
    テロリストよりも訓練を積んでいる特殊部隊がテロを行なう場合、防げない確率が高くなりますよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:37:42
  21. そもそも米軍再編計画で、沖縄にいる海兵隊は2000名にまで減らす予定なのだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:38:19
  22. >19
    >そのギャップを埋める手段の一つが沖縄からのマリンコのヘリボーンだって言うのはここ数ヶ月で何回言われたことだろう。

    どうしてもリアルブラックホークダウンをやりたいようだが、海兵隊の計画にはそんなものはない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:40:11
  23. >18
    数十人?
    中国が台湾に向けて投入できる特殊部隊の兵力は実に3万を数えるわけだが。

    次は「3万の兵力相手に4千人の海兵隊が役に立つわけがない!」というレスが返ってくると予想。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:40:57
  24. >20
    それを海兵隊が防げるというのはもっと妄想だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:40:57
  25. >23
    台湾有事で投入される海兵隊は一個大隊ぽっきりだぞ。
    いつのまに4千人も投入する計画ができたんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:42:32
  26. >>22
    お?この人は以前「アメリカ海兵隊が動き出すのは、台湾政府が中国に掌握された後」って主張してた人かい?
    あの人と同一人物かは知らんが、結局あの人は根拠となる資料を示せなかった

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:42:47
  27. 国際政治・外交関係が専門なのに中台関係と米国の立ち位置(加うるに日本のポジション)を理解してないなんて…。
    外務省には優秀な人もたくさんいると思うんだがなぁ。単にアジア外交が専門じゃないだけなのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:42:56
  28. >>24
    ええ、防げますよ?
    9.11はただのテロ攻撃であって、WTCとペンタゴンに突っ込むのが目的だったわけで
    中国の斬首戦略の場合、テロや作戦は手段であって、目的は台湾政府の掌握ですから
    テロ攻撃やってはい終了じゃないんでね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:45:24
  29. >24
    出たよ……100%でなければ気が済まない人が。
    警察がいても犯罪を抑止出来るとは限らないので、そんな組織はいらないんですね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:46:51
  30. >>25
    むしろヘリボーンで1個大隊しか投入しないという根拠はどこにあるのかな。
    初日にヘリボーンで1個大隊を送り込んだあとのことを考えなよ。
    佐世保から沖縄まで20ノット巡航で20時間弱、まあ丸一日。
    重装備を持つ31MEU主力の積み込みに余裕を見て丸1日としよう、沖縄から台湾まで20ノット巡航でやはり20時間弱。
    つまり最初に投入されたヘリボーン大隊は3日保てば31MEU主力と合流できる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:47:27
  31. >24
    妄想かどうかは判断つきかねるが、
    台湾の首脳は防げると考えていた。
    だから今回の普天間騒ぎで危機感持って
    ミサイル開発を再開したわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:47:40
  32. まあ軍ヲタにも色々いますな。


    http://www.warbirds.jp/BBS/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=3274;id=
    1)過大な中国脅威論の主張
    岡本氏はキャリア外交官だと思いますが、学歴に恵まれていないせいか、現役時代にかなり苦労されたように感じられ、外交官特有のホンワカとした感じはうかがえず、いつもいっぱいいっぱいで全く余裕がないままご活躍されておられたように感じるのは、私だけでしょうか?

    氏は冷戦終盤期に北米局で御苦労されましたので、冷戦期の対ソ連に関連した米中蜜月期と、現在の米中経済(多数の留学生なども含め)相互依存体制との違いが、よくおわかりになっておられないように感じられます。いまさらロシア脅威論を振りかざすわかにはいきませんので、しかたなく中国脅威論を持ち出されておられるようにおもわれ、これ以上、氏の論文を読み続ける気力が萎えてしまいます。

    別に産経新聞を読まなくても、米国海軍専門誌にも、よく中国海軍脅威論が特集されています。しかし中身を読んでみると(1)米国海軍にとって、このままOEF/OIFなどに予算をとられつづけるのはもう我慢ができず、特に潜水艦の建造の必要性を主体に危機感を煽っておいて、これ以上の海軍予算の削減を阻止しなければならないとのアピールと、(2)中国海軍はよく考察してみると、まだまだカワユイもので、米国海軍を主とする同盟国海軍の戦力とは比較対象する存在ですらないとの結論にとどまっております。


    2)氏の代案は「普天間継続使用論」?
    岡本氏の体に染みついた中国脅威論から脱却できないままでは、「普天間継続使用論」ぐらいしか代案が思いつかないのは当然だと推察しております。頭では理解されておられるものと存じますが、氏が長年北米局で苦労された経歴からは、現在の国際情勢にのっとった革新的な普天間基地移設案がなにも出てこないのも、無理ないなと思っております。

    さてその「普天間継続使用論」ですが、反対派が一番危惧しているClear Zoneを始めAPZ-1やAPZ-2などの、いわゆる危険地帯の問題は、基地周辺住民にとっての危険地帯であるとともに、基地を使用している海兵隊にとっても危険地帯なのです。もうすぐ導入されるオスプレイは、米軍で正式採用された多発機のなかで、唯一の片肺飛行が不可能な航空機です。Clear Zoneに民間施設が多数残っている現在の普天間基地では、別にMANPADSを持ち出さなくても、多数の小火器でV-22を撃ち落とすのはそんなに困難なことではないでしょう。

    DHSがはばをきかせている現在の米国本土では、基地周辺の無人地帯の道路に車を少し停めただけで、MPがとんでくるそうですが、さて極東有事の際に、普天間基地周辺のいわゆる危険地帯に対しては、米国海兵隊はどのような対応をとるつもりなのか、小一時間ほどお伺いしたいところです。

    本土の米軍基地では、民家と接したフェンスのすぐ内側で活動している例はほとんどないそうですが、沖縄の基地の特徴として、フェンス一枚をはさんんだだけで、私有地の民家での一般生活と、OEF/OIFに関連した実戦行動とが、同時に行われております。そんな状態が怖いのは、お互い様だと存じます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:48:44
  33. こうゆうのって可能性を厳密な数値で表せないから難しいね。
    可能性があると言うのなら、10日後に人類が滅亡
    することだって考えられるし(限りなく0に近いけど)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:48:50
  34. さて有事3日目に沖縄の海兵隊基地は空っぽになってその後そのままなのかな。
    そんなわきゃねーよ本土の3MEF主力の集結地になるんだから。
    普天間もしくは代替基地がいるってアメリカがいうのはそういうこった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:48:54
  35. >>34
    台湾の空港を完全に押さえる事が出来たら、輸送機も使えるようになるしね
    そういう意味で沖縄に基地があると、色々と対処がやりやすくなる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:50:47
  36. >31
    対斬首作戦用なら特殊部隊を増強すべきなのに、なぜミサイルを増強しているのかを考えよう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:50:48
  37. 聞くだけだとあれなので自分で調べてみました。
    満州生まれ、東大中退はまぁどうでもいいとして、海外は中東が多い感じですね。台湾軽視というより中東偏重なのかも? 現場からの証言って本を出してらっしゃいますが、自分の現場しか見てないのかな。
    防大時代に公共政策学科長、人文社会学群長を経てらっしゃいますが、本人が教えてらっしゃった教科は何なんでしょうね。情報関係っぽいですが(情報って言っても色々ありますよね)。
    情報資料(インフォメーション)の分析とか、取り扱いに関してはプロフェッショナルなのかも。

    Posted by 27 at 2010年04月28日 20:53:36
  38. >35
    輸送機で兵力を送り込むならまず空港を占領しないといけないが。
    最初に台湾に入った海兵隊はまず空港を押さえるのか? それとも台湾政府を奪還に向うのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:53:48
  39. テロでなくても唐突に一国のトップがなくなってしまうことだってあるのに
    明らかに狙われうる奇襲攻撃を備えないなんてないだろ
    そして普通の考えであれば 備えなければより危険になるって思うのでは

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:53:51
  40. >>25
    それはあくまで初陣の話しだろ
    当然ながら長崎の揚陸艦も動き出すし、第七艦隊も準備に入るだろう
    そして議会で承認されたら、米海空軍が正式に出陣だな

    普天間の肝は海兵隊って所に集中される
    海兵隊なら議会の承認無しに、大統領の命令だけで数ヶ月は介入出来る
    その間に議会の承認を得て、改めて海空軍が作戦に参加出来るわけだ

    台湾と中国は、沖縄に海兵隊配備の意味をよく解っていると思われるが
    肝心な日本政府は、どうやらその事の重大さを理解してないようだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:55:19
  41. >33
    台湾のミサイル開発再開の発表で
    台湾が沖縄からの支援が必要、グアムだけじゃ心配と考えていることはわかる。
    ・・・ミサイル開発と普天間問題は無関係!とか言われるか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:55:44
  42. >36
    特殊部隊ってのは「質」が重要な事を知らない素人さんでつか? 数を増やせばいいってもんあじゃにのさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:56:57
  43. >>38
    >台湾の空港を完全に押さえる事が出来たら、輸送機も使えるようになるしね

    その目でよく俺のコメントを見て、復唱しろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:58:08
  44. >>38
    できることをやる。
    ぶっちゃけると最初にヘリボーンで入る大隊は偵察隊兼用。
    以前のスレで情報も支援もなしで軽歩兵1個大隊で何ができるんだと疑問を呈する人がいたが、情報も支援もこの大隊が与えるんだよ。
    何にって? 後続の海兵隊主力に決まってるじゃないか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:58:17
  45. >36
    そもそも斬首戦略の狙いがなんなのか、すっぽり頭から抜け落ちていることはわかった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:59:30
  46. >42
    台湾が斬首作戦に対応するなら、ミサイルよりもまず首脳部の護衛強化だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 20:59:50
  47. >36
    >対斬首作戦用なら特殊部隊を増強すべきなのに、なぜミサイルを増強しているのかを考えよう。
    台湾が行うべき対処はホントに特殊部隊を増強することなのか?
    その方向性は指揮系統を切られたらどのみち意味がないのでは

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:01:42
  48. >45
    ミサイルも特殊部隊も無効にできる斬首作戦ってすごいですねw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:02:00
  49. >46
    もうとっくにやってる。韓国のラングーン事件とか見てるからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:02:06
  50. >>46
    だから・・・
    ミサイルで北京狙えるって事がメッセージになってるんだよ
    俺にチョッカイ出したら北京や上海が火の海になるぜってメッセージ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:02:12
  51. >台湾が斬首作戦に対応するなら、ミサイルよりもまず首脳部の護衛強化だろう。
    そんなことはいちいち発表するようなことなのか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:02:36
  52. >47
    ミサイルだって指揮系統切られたら意味ないじゃんw
    時間を稼ぐのが目的なら、自律して動く特殊部隊の方が必要だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:03:16
  53. >>49
    だから、そんなのいくら強化したって指揮系統切られたら意味ないだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:04:48
  54. >>11
    >今日徳田虎雄氏とルーピーが会談したそうでが・・・
    しかし幾ら地元の実力者とはいえ筋ジスを患って今じゃ人工呼吸器が手放せない状態で日常会話もおぼつかないとまで噂される虎雄氏の元へ行くなんてパホーマンスにも程があるだろと小一時間(略

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:04:59
  55. >51
    「斬首作戦はきかない!」とアピールするのが目的なんだから言うべき。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:05:30
  56. >>18

    奇襲ってのはそういうものだからな.

    参考までに,アメリカ側の台湾有事に関するスタンス.

    "O plan 5077-04," US plan for defending Taiwan disclosed
    http://mltr.ganriki.net/faq30.html#06474

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:06:37
  57. >>52
    >時間を稼ぐのが目的なら、自律して動く特殊部隊の方が必要だ。
    その役目が米海兵隊なわけなんですが?
    米海兵隊は台湾政府に左右される事なく自由に動ける特殊部隊ですよね
    その特殊部隊により、台湾の指揮系統をいくらかでも回復させる事が出来れば、台湾軍も動けるようになりますし

    しかし、その基盤が普天間基地問題で揺らいでるからこそ、台湾はミサイル開発を再会させたんですよ

    って、もう結論出ちゃった

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:07:31
  58. >56
    >ただし,ソースが台湾の新聞なので,その点は留意されたし.

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:09:12
  59. >57
    >米海兵隊は台湾政府に左右される事なく自由に動ける特殊部隊ですよね

    沖縄の海兵隊でまともな実戦部隊は31st MEUだけだぞ。そして、この部隊は普天間には配属されていない。

    >その特殊部隊により、台湾の指揮系統をいくらかでも回復させる事が出来れば、台湾軍も動けるようになりますし

    意味が分かりません。一体何をどうすればそんなことができるの?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:12:05
  60. よし、長崎県ではなく熊本県に海兵隊を誘致しよう!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:12:23
  61. >>57
    それなら台湾が独自で斬首作戦に備えた部隊を作るんじゃないのって初心者的に思うんだけど。
    指揮系統が狙われるってわかってんならそれに備えた部隊があるはずでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:14:08
  62. >59
    >沖縄の海兵隊でまともな実戦部隊は31st MEUだけだぞ。
    >そして、この部隊は普天間には配属されていない。

    キャンプ・ハンセンに居るだろ。それにネイビーシールズだって沖縄にが居るんだがね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:14:59
  63. >>59
    >意味が分かりません。一体何をどうすればそんなことができるの?
    朝鮮戦争を勉強してきなさい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:15:15
  64. >61
    「予備兵力」って言葉は知ってる? 最前線に置いた兵力は第一撃でやられかねないから、後方に予備の戦力を置くんだよ。それが沖縄の海兵隊。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:16:26
  65. >>61
    >指揮系統が狙われるってわかってんならそれに備えた部隊があるはずでしょ。

    初心者でもそう思うって事は、それはつまり既に存在しているってことだ
    ただ、その部隊だけで完全に防ぎきれると100%言えないだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:17:28
  66. >>59
    >意味が分かりません。一体何をどうすればそんなことができるの?

    朝鮮戦争で似たような実例があります。あとソ連のアフガン侵攻は初動で奇襲側の勝利でしたね。キューバのピッグス湾事件は失敗でしたが。要するにアメリカは過去に自分自身がした事を中国が仕掛けて来る事を警戒しています。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:18:37
  67. >>61
    >指揮系統が狙われるってわかってんならそれに備えた部隊があるはずでしょ。

    もちろんある。だがそれは奇襲で壊滅する恐れがある。だから後方に予備戦力が必要。それが沖縄の海兵隊とUSSOCOMの特殊部隊。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:19:57
  68. >61
    その台湾の護衛部隊は当然台湾の指揮系統に組み込まれるわけですが。
    一度首脳部を掌握されたら、そいつも動けなくなる可能性が高い。

    しかし、米海兵隊にはその心配は無い。
    米軍は台湾の指揮系統の外にあるからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:22:31
  69. そいや、要塞やらアメリカ方式の移譲で、指揮系統奪われんよ、みたいなこというしとおるけどさあ。
    前者って中国の第2砲兵の的になるし、後者もどのように「移譲条件を満たした」と判断できる材料を有事の混乱時に収集できるか、っつう問題あるよなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:23:00
  70. >62
    シールズも沖縄配備ってのは知らなかった。自分の勉強不足を反省します…
    彼らもマリンコと同じくヘリで台湾に投入され得るんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:23:03
  71. 「斬首戦略が事実なら台湾は特殊部隊を増強しているはずだ」も新たな沖縄海兵隊否定論に加わりそう。

    台湾にとって敵特殊部隊の奇襲を受けた段階で国家の存亡を賭けた戦いになのだから
    敵をむざむざと領内に招き入れてピーキーな対ゲリコマ戦を展開する以外に、
    ある程度の攻撃力を取得して大陸を牽制したいという考えの方が強いだろうに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:23:32
  72. >59
    >沖縄の海兵隊でまともな実戦部隊は31st MEUだけだぞ。
    >そして、この部隊は普天間には配属されていない。

    普天間はヘリコプター基地なんだから陸戦兵力が居るわけ無いだろ。

    あとヘリコプター強襲降下のみを考えるならまともな実戦部隊じゃなくてもいい。歩兵でありさえすればいい。主要作戦は沖縄に常駐しているネイビーシールズ(海軍特殊部隊)にやらせて、海兵隊は数合わせでいいからな。重要なのは海兵隊のヘリコプターだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:24:27
  73. >>71
    特殊部隊の迎撃は特殊部隊である必要が無い、って事も知らないド素人さんなんですね。何の為に海兵隊だと思ってるんですかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:26:09
  74. そういえば、ブラックホークダウンで有名なモガディシュの戦闘も
    アイディード派の将軍の副官を2名を誘拐するために強襲しかけたんだよな。
    あれも一種の斬首戦略だよなあ。
    見事に失敗したわけだが。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 21:26:22
  75. >69
    >中国の第2砲兵の的に〜
    そうだった。中国が台湾侵攻へ腹括れば戦術核投入の決断はやりかねんかも

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:26:28
  76. そもそも「米軍がそこに居る」というだけで目的の大半は達していると思いますよ。それがたとえ一人だとしても、「米軍に喧嘩を売った」時点で台湾中枢が制圧されたか否かは意味を持たなくなると。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:26:32
  77. >>76
    正鵠を射ているね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:28:06
  78. >>32
    >もうすぐ導入されるオスプレイは、米軍で正式採用された多発機のなかで、唯一の片肺飛行が不可能な航空機です。

    ん、オスプレイは片肺飛行が出来たのでは?

    >V-22の2つのエンジンは互いに離れた位置(主翼の両端)に配置されているため、垂直離着陸時に片方のエンジンが止まった場合、そのままではバランスが取れずに墜落してしまう。これを防ぐため、V-22では2つのエンジンを連結シャフトでつなぐことによって、片方のエンジンが止まった場合でも、動いているもう一方のエンジンによって両方のローターをまわすことが可能となっている。

    以上、出典がwikiで不十分なので詳しい方訂正お願いします。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:28:32
  79. つか、72時間以内に第7艦隊の揚陸艦も投入できなかったっけ? ならばヘリ部隊だけ先行投入してもそこまで問題ないよなあ。なんかの将来想定で空中強襲部隊と水上強襲部隊の合流がそれぐらいの時間だった記憶が。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:29:24
  80. そこでも重要なのが、中国側がアメリカ軍だと知っておきながら攻撃するのか、ヘリを撃墜するのかも重要だな
    攻撃すりゃ宣戦布告なわけだから、アメリカと本気で戦争するつもりじゃないと手が出せない

    だから中国は、台湾有事に首突っ込んだら西海岸を火の海にするだの言ってるわけで
    そして日本国内の親中派(田岡氏など)は、沖縄基地反対&オスプレイ配備に反対してるわけだ
    中国としては米軍が介入してくる前に終わらせたいんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:29:25
  81. はてなブックマーク - 長崎県大村案を主張する識者の台湾有事の軽視 : 週刊オブイェクト
    http://b.hatena.ne.jp/entry/obiekt.seesaa.net/article/148109546.html
    >quatroshe 軍事・在日米軍  じゃあ普天間は台湾にもってきゃいいね。

    そんなことしたら即座に戦争になる、という事も理解していないド素人さんですかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:30:22
  82. オスプレイだって?
    辺野古沖で日米合意にいたった際の環境アセスメントでは、オスプレイの使用は考慮されてないはずだが。
    オスプレイ使うなら環境アセスからやり直しだぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:31:58
  83. >>80
    逆に言うと在沖米海兵隊がいなくなれば、米軍の介入という時間的制約が格段に緩くなるから、斬首戦略に頼らなくても台湾侵攻に成功する目が出てくるしね。効果的だから併用するだろうけど。
    それを恐れた、というか現実になりそうな状況に危機感を抱いた台湾が、長距離ミサイル開発するぞ侵攻したら北京火の海やぞ、と言いたいわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:32:03
  84. ■世界の海をめざす中国海軍の危険な野望 | ニューズウィーク
    http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/04/post-1235.php

    田岡元帥が涙目になる記事が、あのニューズウイークから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:33:21
  85. ミサイルを開発しても台湾有事が起きた際最初の奇襲で破壊されちゃったら意味ないよね。
    一発でも撃てる様にミサイル基地をたくさん作るのか、それともトラックとかで移動可能にするんでしょうかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:34:36
  86. >79
    遠征打撃群主力や空母が来援するまでは、嘉手納やグアムから航空支援飛ばせばなんとかなりますしね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:35:49
  87. >>85
    今の主流に乗っ取ってトラック式だろうと思う

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:36:14
  88. >85
    直接中国の首脳部をたたける武器である以上、まず最初にミサイルを制圧するよな。
    となると、斬首作戦をやるにしても負担が大きくなる。
    抑止力としてミサイルは最高です!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:36:47
  89. >>82

    沖縄県知事は「オスプレイが来てもアセスをやり直す必要は無い」って発言してるけど? あの人、辺野古沿岸案の推進だからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:38:23
  90. >82
    アセスやり直したって別に構わんよ。

    MV-22オスプレイ環境アセスメント米西海岸基地
    http://obiekt.seesaa.net/article/141151329.html

    特に問題は無いし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:40:23
  91. >87
    巡航ミサイルのほうは、
    Mk41から撃てる仕様にして車両式に加えて水上艦にも装備
    ってのは流石に無いですよね…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:40:40
  92. >>79
    へぇ、そんな想定あるんだ。
    ※30で揚陸艦の速度性能以外だろ勘で適当に計算したけど、あたらずとも遠からずなんだね。

    >>86
    嘉手納に11AFからの増援もあるだろうしね。
    増援機も24時間くらいで作戦可能になるだろうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:42:20
  93. あ、出典覚えてないし、誰かの仮想戦記と勘違いしている可能性あるんで一応話半分でおながいします。

    まあ、STOM関連のシミュしている文章探してきた方がてっとりばやいかもしれませんが。

    Posted by 79 at 2010年04月28日 21:44:36
  94. そもそも台湾と中国が統一できるよう手助けするのが日本に求められるアジア外交でしょう。分離敵対させるのは国際法上も国際政治上も道義的に正当化されない。議論が偏っていますね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:47:13
  95. 中国共産党以外求めてないよ、そんなアジア外交。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:48:45
  96. >82

    っていうかV-22オスプレイに限らず普天間基地配備のヘリコプター、全て数年以内に新機種に更新されるんだけど?

    CH-46→MV-22
    AH-1W→AH-1Z
    CH-53E→CH-53K

    なんでオスプレイだけ問題にされるんだろ。CH-53Kなんてエンジン馬力はオスプレイの2倍もあるのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:48:53
  97. >96
    見た目が違わなきゃ新型機に見えないんですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:49:53
  98. >>94
    東南アジア諸国も日米と同様に台湾の独立を望んでいますよ。それはハッキリしています。というか台湾併合を望んでいる国はアジアには存在しません。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:50:17
  99. >94
    朝鮮半島は?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:51:08
  100. >97

    騒音は間違いなくCH-53Kが格段に大きいんだけどなー。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:51:17
  101. >>73
    私の言葉が足りなかったようです。私は71で
    「台湾は斬首戦略に備えて特殊部隊を拡充するより、巡航ミサイルで大陸を牽制したいだろう」
    と書いたつもりです。伝わりにくい表現をしてすみません。

    Posted by 71 at 2010年04月28日 21:55:28
  102. >>81
    はてなブックマーク - 長崎県大村案を主張する識者の台湾有事の軽視 : 週刊オブイェクト
    http://b.hatena.ne.jp/entry/obiekt.seesaa.net/article/148109546.html
    quatroshe 軍事・在日米軍  じゃあ普天間は台湾にもってきゃいいね。 / ところでこのコラム書いてる人は日本人なの?アメリカ人なの? 2010/04/28

    酷使様でさえそう簡単には言わない煽りをしたがるはてサ。きめえ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:58:07
  103. >>99
    韓国も今や貿易立国ですよ。
    シーレーンを握られたら国が立ち行かなくなることくらい彼らの指導者層は理解してます。
    北? HoI2ルールで外交権のない属国に意見きいても仕方ないでしょう(酷)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 21:58:21
  104. >>81
    はてなサヨクってこういう時だけ国士気取りだなw
    中国やら北朝鮮の人権侵害ネタだと黙りの癖に。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:00:08
  105. 台湾有事が起こったら、韓国軍も間違い無く参戦してくるだろうね
    つか参戦しなきゃ、他の貿易国に信用されなくなっちまう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:02:56
  106. >105
    お前それ韓国と中国と戦端を開くってことだが。
    中国市場で儲けてる韓国がマジで中国と戦うの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:05:00
  107. >>102
    まず台湾は一応中国国内ってことなので、そんなの中国が許さない
    それこそ全面戦争の火種になってしまう
    それとここのコメントでもあったが、予備兵力という概念を理解してないな
    ああいう連中に限って、沖縄の米軍は日本防衛用と勘違いしているよな(まぁ関節的にはそうなるけどな)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:06:18
  108. >>94
    台湾が併合されたら強大な軍事力を持つ中華人民共和国が沖縄に接することになるんだがいいのか?
    現在ですらフリゲートの領海侵犯がたびたびあるんだけど、それに加えて台湾島から戦闘機まで飛んでくるようになるぞ
    へたすりゃ沖縄が短距離弾道ミサイルの射程距離に入る

    なんでそんなわかりきった危険を黙認してまで台湾と中国の併合を取り持たないといかんのだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:08:07
  109. >>106
    ええ
    韓国籍の船舶の保険料がべらぼうに釣り上がりますし
    海上貿易ルートを守らないような国とは取り引きしたくないですよ
    どっちにしろ経済破たんしますよ
    なんで海上自衛隊がソマリア沖に派遣されてると思ってるの?
    なんでロシアや中国なんかもソマリア沖で海賊退治やってると思ってるんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:09:03
  110. >107
    どの道、斬首作戦に対応して海兵隊がやってくれば全面戦争になるぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:09:21
  111. >107
    間接的にっていうか、在日米軍の役割は「東アジアの平和と安定」のために存在するもので、当然この中には台湾も韓国も日本も含まれる。
    沖縄の地理的な優位点は「台湾も韓国も日本も守れること」だもの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:11:31
  112. >109
    >海上貿易ルートを守らないような国とは取り引きしたくないですよ

    中国が「台湾を見捨てれば、韓国の海上ルートと中国内での韓国系企業の商業活動は保証する」といったら?
    てか、中国が海上ルートを脅かしたことってあんの?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:12:12
  113. >>110
    問題は、中国にその度胸があるのか
    米国と全面戦争してまで台湾併合のメリットがあるのか
    って所ですけどね
    今の所は『無い』ですね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:12:39
  114. 韓国が動くようなら、俺が中国だったら>>112の脅しに加えて北朝鮮に南下命令を出させるねw
    そしたらもう動くに動けない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:14:03
  115. かなり勉強になりました。
    ありがとうございました。

    Posted by 61 at 2010年04月28日 22:14:22
  116. >>94
    正直台湾と中国が同じ国ってどれだけの法的正当性がるのかわからんしな。


    それはそうと沖縄のグリーンベレーってまだ居たっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:14:52
  117. >>82
    それたまにいってる人見かけるけどさ、オスプレイの使用が環境アセスにおいてどの点でどう問題になるの?そしてそれへの対応はそれほど時間と手間がかかるもんなの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:14:57
  118. >94
    中国と台湾両国の国民が望んでいるのなら、統一を手伝ったほうが良いのだが、現実は国民は望んでいない。ならば中国の侵攻を軍事力で止めていくしか方法は無いんじゃないのかなあ。
    武力での統一では虐殺や強姦、更には粛清が起きる可能性が極めて高い。そのようなことは台湾国民がたいへん危惧することです。

    Posted by 90式改 at 2010年04月28日 22:15:11
  119. >>109
    話の腰を折るようですまないが戦争や紛争で船舶保険が挙がった例がまとまっている所はないだろうか?
    どうやって探せばいいのか見当もつかないので、知っているようだったら教えていただきたい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:15:19
  120. >>112
    >中国が海上ルートを脅かしたことってあんの?
    答え:台湾があるがゆえ、やりたくても出来ない

    中国としては、経済国としてのライバルが弱れば、チャンス到来ですもの
    ってかこの前、中国の艦隊がやってきたのを、もうお忘れで?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:15:37
  121. >120
    >答え:台湾があるがゆえ、やりたくても出来ない

    ベトナム、マレーシア、シンガポールあたりを押さえればいいじゃん。
    あのあたりを抑えれば、結局台湾を押さえるのと同じようなものだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:19:39
  122. >>119
    まとまった資料が載ってる所は俺も知らないが
    近い時期なら、北朝鮮が核実験した際、朝鮮半島周辺の海域を航行する船舶に対し、ロイズは保険料引き上げを検討した
    北の核実験でこれだぜ?
    戦争になった上、貿易船の安全を確保しないような国に対してはどうなる事やら・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:20:38
  123. >>121
    だからこそ、それらの国と軍拡が始まってるわけですよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:22:14
  124. >121
    他国を侵略できるわけがないだろ。台湾は(中国の主張では)中国の一部だからハードルははるかに低いんだよ。
    「台湾島は中国の一部なので侵略ではありません」ってね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:23:24
  125. >120
    お前は何を言ってるんだ。
    海が閉鎖されて困るのは中国も同じだろうが。
    中国で作った製品を一体どこに売るのだ?
    製品を作るための機械は一体どこから輸入するんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:24:47
  126. >>121
    あの辺を抑えようとしてビルマの軍事政権支援したり、
    タクシン派の裏で暗躍してたり、インドネシアのイスラーム暴動煽ったり
    ベトナムにイチャモン付けて仕掛けたり、色々と裏でやらかしてますが何か?
    当然、あの辺の国が中国の侵略に立ち向かおうとしてますし。

    君の妄想できる程度のことは、中国は当然やろうとしているし、それに抵抗する勢力だっているのだよ。
    脳内妄想でふんぞり返るのやめたら?

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:26:11
  127. >>125
    戦争してる時に、そんな事言ってる場合かよ
    かつての日本はどうしたのか勉強してこいよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:27:06
  128. >126
    それらの国は台湾や韓国以上に中国依存なのが現実だけどなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:27:41
  129. >121
    ぶっちゃけもう抑えにかかってるだろ。
    ベトナム戦争もそもそもそういう理由じゃなかったか?

    まあインドネシアとかマレーシア、シンガポールあたりは必死こいて反発してるからとりあえず大丈夫かと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:29:10
  130. >>125
    その通り。
    今は日本列島と台湾、インドシナ半島他で海上通行ルートを他国にふさがれているのが中国の現状なのだよ。
    平和であれば自由に通行できるが、有事になったら真っ先にふさがれるのも中国なんだな。これが。
    その他国にふさがれているルートに風穴を開けたいからこそ、台湾や沖縄を侵略したいのですよ。中国は。
    一つの中国がどうたらなんて、侵略の口実にしかすぎません。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:29:33
  131. >>122
    返答ありがとう、具体的な数字がわかれば「過去にこれだけ上がった」という例が出せるんだが…

    タンカー戦争では船舶保険が200倍になったとwikipediaにあったけどこれじゃ根拠としては弱いだろうか?

    Posted by 119 at 2010年04月28日 22:30:08
  132. >130
    >その他国にふさがれているルートに風穴を開けたいからこそ、台湾や沖縄を侵略したいのですよ。中国は。

    だから、そんなことやったら周辺国から袋叩きにあうだろうと。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:31:08
  133. >>129
    ベトナムも無理してキロ型を購入してましたねぇ
    一応ベトナムも、経済は中国に依存しても、それ以上は踏み込ませたくないのが事実でしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:32:18
  134. >>132
    その袋叩きを保証するのが、沖縄に在留してる在日米軍と言うことになる。
    斬首戦略で「うちは侵略されてません」とか台湾に傀儡政府作られたら
    介入するにしても面倒なことになりますからね。

    とスレッドの話題に戻しますよ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:34:45
  135. >>132
    チベットやウイグルで既にやらかしてるわけで
    それを台湾にやってこないなんて保障はどこにもない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:35:05
  136. >134
    だからぁ、斬首作戦なんかやったらやっぱり周辺国から袋にされるだろとw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:35:54
  137. >132
    袋だたきにできる周辺諸国ってどこだろうね。専守防衛が国是の日本?北朝鮮で手いっぱいの韓国?はるかに国力の弱い東南アジア諸国?
    結局台湾問題で中国を袋叩きにできるのはアメリカだけ。だから台湾を守るためにアメリカが沖縄に駐留いているんでしょ。中国に軍事的冒険をさせないために。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:37:08
  138. >>136
    だからぁ、斬首作戦(戦略なw)はすでにチベットやウイグルで行なわれていて、周辺国から非難されただろうとw
    中国の返答は「内政干渉だ」の一点張りですけど


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:38:59
  139. 韓国、こんなんですけどw

    釜山で日本製品の不買運動、段ボールのトヨタ車を破壊するパフォーマンス http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100428-00000078-scn-kr

    台湾は絶対に中国の手先にならないという保証はないですからね。
    そうゆう国が中距離弾道ミサイルだ、日本射程の巡航ミサイルだといって、日本が全く警戒しないと言うのはあまいんじゃないですかね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:39:07
  140. >>136
    中国を袋にできる軍事力のある国は米国しかいません。

    寝言は寝てから言ってね。
    多弱同盟は役に立った試しがほとんどない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:39:28
  141. >134
    「現状なら」ね。で、中国はその現状を有利にしようと色々画策しているわけ。貴方の言う、袋叩きにされない状況にするためにね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:39:34
  142. >138
    チベット軍は台湾軍ほど強くないからしょうがない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:40:56
  143. >>136
    斬首戦略とって政権中枢押さえ込んだ後でなら、
    台湾軍によるクーデターを捏造しても良いんだよ。中国は。
    中国は常任理事国だから、表だってはクーデター軍が虐殺しようとした
    台湾同朋の救出のため、仕方なく台湾に介入した。
    クーデター軍の撃滅を持って、台湾は中国領土と証明された。と
    申し開きされたら、表だって反論しようと無駄でしょ?
    口実は狗に喰わせろと言うけど、大義名分をきっちりと通されると
    誰だって自分が悪者にされる全面戦争なんてやれないだろ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:41:26
  144. >137
    だから普天間がいるかといったら別の問題だよね。
    今の海兵隊の作戦じゃ、単独で敵地に進入することなんかないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:42:41
  145. >>139
    >台湾は絶対に中国の手先にならないという保証はないですからね。

    これが注意しておかないといけない点ですな
    中国はなにも軍事オプションしか手が無いってわけじゃないですから
    証拠にしばらく前まで馬政権は親中派でしたしね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:42:44
  146. >>139
    警戒しない訳じゃないが、海上封鎖で日干しに出来るから優先度が低いんだよ。<対韓国
    嫌韓ではあるが、リソースは限られてるんだから、余計な方向に無駄な力は裂けないってだけ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:43:38
  147. >>139
    海上封鎖で日干しに出来るから優先度が低いんだよ。<対韓国
    リソースは限られてるんだから、余計な方向に無駄な力を使う余裕はない。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:44:38
  148. >136
    >だからぁ、斬首作戦なんかやったらやっぱり周辺国から袋にされるだろとw

    二年前にグルジアをフルボッコにしたロシアが何か制裁食らったっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:45:04
  149. >>146-147
    2回投稿されました。お手数をおかけして申し訳ないが、147とこれは削除をお願いします。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:45:33
  150. >143
    台湾の政治中枢を押さえるには、一体何人殺さなきゃならないのかね。
    軍事関係の要人だけで100人はいるんじゃねーの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:46:28
  151. >>148
    ロシアはたしか原子力協定か何かを凍結されたんじゃなかったっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:46:57
  152. >>144
    海兵隊が台湾に介入するための切り札ですが。<沖縄のヘリ基地
    敵地ではないにせよ戦地に突入する部隊だぞ。

    普天間は確かに代替設備に全面移動するはずだったから、
    普天間そのものは必要ではなくなるが。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:47:38
  153. >>151

    すでに何もなかったことになってるけどな。
    原子力協定どころか、
    核関連条約で大勝利。
    ウクライナゲット+パイプライン誘致成功で
    EUの首をさらに締めることに成功

    つまり、ロシアはグルジア侵攻によって
    なんのデメリットも受けなかったに等しいわけだ。何を寝ぼけたことを言っているんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:49:52
  154. >>136
    沖縄に海兵隊が居なければ、袋叩きに会う前に併合できる可能性が高まる。
    それを防いでいるのが沖縄の海兵隊の「存在」。

    >>144
    即応のためのヘリ部隊なのに?
    投入しないわけ無いでしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:50:20
  155. >>150
    総統と数名殺して、政府設備占拠と放送局ジャックが定番じゃないの?
    他の有象無象が何人生き残ってようが、正式な手続きも踏んでない
    亡命政権は認めなければすむこと。
    偽政府の人間は指名手配して終わり。
    システムとしての国の首を取ってしまえば個々の細胞は有象無象ってのが斬首戦略ですよ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:50:51
  156. >152
    斬首作戦に対応するときは、スピード重視で裸の輸送ヘリだけで台湾に突入するというのが、誰かさんが言ってたアメリカの計画だそうだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:51:11
  157. >>144
    アフガンやイラクでの海兵隊の行動チェックするといいですYO 海兵隊と陸軍の共同は相当上のレベルで行われています。

    >>150
    何で殺すの?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:51:21
  158. >153
    >台湾の政治中枢を押さえるには、一体何人殺さなきゃならないのかね。

    ソ連のアフガン侵攻作戦の初動を調べたまえ。参考になるだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:51:28
  159. >>144
    もしかして「普天間=海兵隊の基地=海兵隊の地上部隊がいる」って誤解してない?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:52:33
  160. >150
    >台湾の政治中枢を押さえるには、一体何人殺さなきゃならないのかね。

    全部特殊部隊だけでやらなくてもいいのさ。台湾軍に浸透させて置いたシンパを反乱させて混乱を増幅させる。

    というかほんの一瞬麻痺させるだけでいい。その隙に本体が侵攻すればいいのだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:53:41
  161. >>150
    何も殺す必要は無い
    逮捕するだけで十分だ
    斬首戦略って聞こえは悪いが、ようは中共にとって都合の悪い連中を投獄し、使える奴を残し、足りない分は大陸から補うって事だからな
    で、漢民族を台湾に住わせれば完了
    既にチベットで実証済だ
    まぁ台湾系のデモが起こるだろうけど、それは力でねじ伏せれば良いわけだな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:54:05
  162. 台湾国内に米軍が即応で到着できる。

    その米軍を(たとえ丸腰の弱小部隊でも)排除することになるなら、
    米国との全面戦争を覚悟しなければならない。

    こういう構造がなんでわからないのかね?

    抑止力を一から説明しなきゃダメなの?
    そんなにバカで恥ずかしくないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:54:26
  163. >>155
    少なくとも首都の周辺にいる部隊の指揮官は全滅させる必要がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:54:49
  164. >>156
    「裸の輸送ヘリ」って・・・・・・・・。
    腹の中にフル武装の歩兵詰め込んで上空から
    ラペリングで降下させたり、目標の近場に歩兵を下ろすのが
    輸送ヘリのお仕事ですが・・・。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:55:03
  165. >>156
    >スピード重視で裸の輸送ヘリだけで台湾に突入するというのが

    はぁ? 嘉手納の空軍戦闘機が上空援護するに決まってるだろうが。アホ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:56:31
  166. >>156
    岩国のホーネットは海兵隊所有のはずだけど、こいつは付いて行かないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:57:38
  167. >>163
    指揮官全滅て……。文民統制できてないんか、台湾は。文民側の指揮官を掌握すればええやん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:57:56
  168. >163
    ソ連はアフガン侵攻でそこまでしてないよ? 先行した特殊部隊は政治中枢のみを制圧してる。そして直ぐに本隊がやって来たわけだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:58:09
  169. >>162
    現代の戦争は、自分の正統性を示すための相手へのイチャモン付けから始めるからね。
    そのイチャモンにまんまと乗せられて自国政府を叩くマスゴミとか
    テロ市民団体とかは本当に馬鹿だと思うけど。

    アメリカにしてみれば、台湾に送り込んだのが三下としても
    「うちの若いもんに痛めつけてくれて、いったいどないして責任とってくれるんやワレ」と中国に因縁着ける口実に出来ればそれでも十分だし。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 22:58:34
  170. >>163

    お前は何を言っているんだ・・・。
    マジで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:58:43
  171. >162
    じゃあ中国側が「戦わない」という選択を取ったら?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 22:59:23
  172. >>171
    米海兵隊が台湾要人を護衛して終わりになるんじゃないの?それ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:01:04
  173. >165
    お前それやったら米中戦争じゃないかい。
    中国軍が海兵隊に遠慮する必要もなくなるじゃん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:01:05
  174. >>171
    戦わずに引き上げたら、それで抑止になってるでしょ?
    何か問題が?

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 23:01:11
  175. >171
    「アメリカ軍の抑止力が働いて戦争は未然に防がれました。めでたしめでたし」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:01:58
  176. >>171
    中国側:斬首戦略失敗
    台湾、アメリカ側:防衛成功

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:02:02
  177. >>171
    中国軍より先に
    斬首対象者に米軍が貼り付くけどな。
    それを排除しなけりゃ
    中国軍の作戦全体が失敗するということ。

    それだけのこと。

    それに手を出さなくても、
    手を出したことにすることもあるからな。
    そんなもの国際社会じゃ常識ですよ。

    いいかげん何から何まで一から説明させるのは勘弁して。
    灰色の脳細胞を一ミリでも動かしてくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:02:58
  178. >164
    空軍の護衛もつかない、という意味。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:03:02
  179.  >2
     この手の評論家たちって「無自覚な中国シンパ」なのかなあ(棒読み)?

    Posted by KY at 2010年04月28日 23:03:11
  180. >173
    そもそも海兵隊送りこんできた時点で遠慮なんかするかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:03:15
  181. >>173
    台北に向かう海兵隊のヘリに対して、中国が戦闘機で迎撃してくる時点で、中国は既に遠慮するつもりなんて無いわけだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:03:54
  182. >174
    >175
    >176

    引き揚げなくても、アメリカが守るはずの要人を先に抑えれば中国の勝ちだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:06:21
  183. >>156
    >スピード重視で裸の輸送ヘリだけで台湾に突入するというのが

    嘉手納の空軍のF-15戦闘機が上空援護して、岩国のF/A-18戦闘攻撃機が対地爆撃します。戦闘機は巡航速度が速いから、岩国から飛んでも普天間のヘリの援護に間に合いますよ。つーか嘉手納の空軍戦闘機を丸ごと無視って何なの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:07:04
  184. まあ、ただ、疑問として

    台湾のスクランブルの規定って、どうなってるんでしょうね、と。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:07:55
  185. >182
    勝ちじゃないよ。作戦の第一段階が成功しただけ。そのあと台湾を支配できなければ意味がない。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:09:26
  186. >>182
    じゃあ、スピードが重要なので海兵隊は沖縄にいないといけないですね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:09:42
  187. >>74

    ウルトラ亀レスですが、サラッドとアウレを捕えることには成功したのですから、
    断首作戦(?)の成功例にはなるかと。18(19)人も戦死しながら作戦成功と言えるかは微妙ですが

    Posted by 40o砲神信者 at 2010年04月28日 23:09:57
  188. >>182

    米軍が即応できる場所にいる時点で、
    それができなくなる可能性が飛躍的に高まるわけで、
    それこそが抑止力の中核なんだが。

    米軍を展開させた事実さえあって、
    台湾の一部の要人が残れば、
    いくらでも台湾政府健在を宣言できる。
    中国政府が何を言っても、
    米軍を排除できなきゃ台湾制圧は失敗。
    それだけのこと。

    全員要人を排除できる訳ないだろ・・・。
    斬首戦略そのものを全く理解してないよなぁ。

    脊髄で思考するのはもういい加減にしなさい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:11:12
  189. >>182
    まずどうやって迎えるの?
    まさか大部隊で侵攻するわけにはいかないよね?
    そうなりゃ海兵隊とか関係なく、普通の中台戦争だし
    そもそも準備してる時点で察知されるでしょ
    テロリスト的に中国特殊工作員が潜入してやる方法だと、重武装出来るはずが無いので、台湾内の警察や軍が対応
    ヘリボーンや輸送機からの空挺部隊を使用した奇襲だと、そもそも台湾空軍に発見された時点で失敗だろ
    実は中国側だって、あまり有効な手が無いんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:11:36
  190. >>182
    当然抑えるべき対象は米軍も押さえに行くわけだし、
    市内で蠢いてる兵隊をアメリカが一方的に撃ち殺せるわけですが。

    中国兵が戦わない戦略をしたってアメリカがそれに従う道理はないですね。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 23:12:13
  191. なんだろう、今来てる痛い人だけど、
    「斬首戦略やったら中国は袋叩き!故にやるわけが無い!」
    から
    「海兵隊の存在は無意味!抑止力なんかシラネ」
    に論旨が摩り替っているんだが。
    ま、どっちの主張もとっくの昔に間違いだと証明済みだけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:18:15
  192. >>182
    抑えられた要人を奪還するのも海兵隊の役目だよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:21:00
  193. >188
    中国側には役に立たないが、米側には役に立つ要人って一体どんな奴だよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:22:22
  194. >189
    >まさか大部隊で侵攻するわけにはいかないよね?

    大量の特殊部隊の侵入と軍内部でのクーデターを憂慮している。特に台湾軍内部で反乱が起こった場合、海兵隊が迅速に殴り込みに行かなければならない。既成事実を作られるわけにはいかないからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:22:56
  195. >190
    >市内で蠢いてる兵隊をアメリカが一方的に撃ち殺せるわけですが。

    ランボー乙


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:23:30
  196. >193
    誰がそんな事を言ったよw
    読解力の欠片も無い奴だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:24:26
  197. >「斬首戦略やったら中国は袋叩き!故にやるわけが無い!」
    チベットやウイグルで証明済

    >「海兵隊の存在は無意味!抑止力なんかシラネ」
    無意味だったら、台湾が普天間問題を危惧するはずもなく、親中派なのにミサイル開発再開するはずがない
    おまけに中国の軍関係者や軍事評論家は、普天間は絶対に沖縄から動かないだろう。なぜなら我々にとって最も手強い選択だから
    と言っている

    これらの主張は全て証明済なのにね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:24:41
  198. >189
    それは「少数の特殊部隊による斬首戦略なんて成功の見込みなし」といってるも同然だろう。
    海兵隊の邪魔がなくても斬首しきれないのではな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:26:19
  199. >>193

    何をどう読んだらそういう意味になるんだ。
    その愉快な思考を解説してくれ。

    実に興味深いなぁ。

    現実じゃ誰もあんたに面と向かって
    言ってくれないかもしれないけど、親心で言ってやる。

    あほか。

    まぁ、あほは努力次第で治るから頑張れ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:27:40
  200. >>198
    そりゃ中国にとっては、台湾のように、それなりに軍備や治安維持が整ってる相手に斬首戦略を仕掛けた事なんて無いですから
    おまけに米軍が後ろ盾になってますし
    ただ私はクーデターを起こす方法が一番危険だと思ってます

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:29:22
  201. >196>199
    中国側が殺しきれなかった要人を海兵隊が守って、独立台湾だかなんだかの宣言をさせるんだろ?
    しかし、中国側にとっての要人は最優先で斬首されるはず。ていうかそうしないと傀儡政権が立てられない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:30:58
  202. >>198
    チベットやウイグルで実際にやってるのに「海兵隊の邪魔がなくても斬首しきれないのではな。」とか、寝言言ってるのはどうして?
    常にフル臨戦態勢でも取ってるのならともかく、相手の警戒が薄い一瞬を狙ってくるから、斬首戦略は怖いんだよ。
    警戒を弱めるための謀略とかも打ってくるだろうし。

    韓国のボハン級コルベットも油断して雷撃喰らった説が今のところ有力だし、古くはオシラク爆撃とか真珠湾とか、相手が油断してるところに奇襲がはまった例なんていくらでもありますが。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月28日 23:32:20
  203. >198
    海兵隊の邪魔が無いんだった普通に侵攻すればいい。斬首作戦は上陸作戦と同時にやるかもしれないが、それほど重要な意味は持たなくなる。総統と何人かの政府高官を殺害して、政府中枢を混乱させるだけで十分。
    中国が行うとされている斬首作戦は苦肉の策なんだよ。そしてこういう博打ぐらいしか手が無いようにしているのが沖縄の海兵隊なの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:32:40

  204. 「斬首作戦ありえるよ。基地は県内移設しかないよ」派

    普天間基地は沖縄から出てはいけない理由
    http://yomogineko.iza.ne.jp/blog/entry/1393052

    「斬首作戦とかありえねーよ。基地は県外移設でいいよ」派

    どんな荒唐無稽な話も、「不可能」であることを証明するのは難しい。
    http://simesaba0141.iza.ne.jp/blog/entry/1509997/

    アメリカ海兵隊総司令官が何か言うてますが。(-。-)y-゜゜゜
    http://leny.iza.ne.jp/blog/entry/1508807/

    斬首作戦は可能かどうかという話
    http://strangequarks.iza.ne.jp/blog/entry/1510357


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:35:41
  205. >>201

    全く意味がわからない。
    〜にとっての要人の定義から始めようか。

    ていうか、あんたはなんの話をしたいの?
    仮にあんたの話がどういう方向に転んでも
    沖縄に海兵隊が必要だという事実を
    揺るがすことには全く繋がらないんだけど。

    適当に脊髄レスできそうな、
    一言一句を探しているだけなの?

    その思考形態に興味がある。
    頭が悪いのはわかったから、
    どうしてそうなるのかをよく説明してくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:35:42
  206. >203
    誰も沖縄の海兵隊に全部帰れなんていってないが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:36:34
  207. そんなに斬首戦略が有効だというなら、台湾も斬首戦略を中国にやってみたらどうよ。
    一撃で政府機能を壊滅させ、敵の軍事力が対応不能になったところでで大陸反抗開始。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:39:13
  208. >>206
    君は、そのレスを見てから、
    何故に君がそういう考えを持っていると
    相手が思っているに違いないと考えるに至ったのかが理解できない。

    説明求む。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:39:57
  209. >>207
    北京を掌握した所で、権力の移動が起こるだけ
    それに、親台湾派はどうするの?
    中国の人口と中国共産党の大きさを考えてみろ

    それに今の台湾軍には、そこまでの能力はありません

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:41:42
  210. >>207

    「万が一の斬首戦略にも備える必要がある。」

    「斬首戦略が侵攻作戦として有効である」
    の間には超えられない壁がある。

    理解できます?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:42:07
  211. >207
    で、その大陸反抗を敢行して、占領する兵力はどこに有るんだ?
    小学生みたいな屁理屈こねてんじゃねーよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:42:08
  212. 自分が何を言ってるのか分からない支離滅裂な痛いのが来てるな……。
    そのうち真逆の事を言いだすぞ、平和運動反転方程式みたいに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:42:15
  213. >207
    中国の首都は台湾から遠く離れた北京にあります。したがって斬首作戦はできません。馬鹿はもう寝てください。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:44:31
  214. >>201
    斬首作戦って、首脳部と作戦部隊の連絡を斬る、というものであって、要人の首を切る作戦じゃないよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:44:52
  215. >>214
    いくら201がアレでも
    そこまでバカなことを考えてはいないと・・・
    言い切れないのが辛いねぇ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月28日 23:46:28
  216. >>201
    傀儡政権もなにも中華人民共和国はとっくの前に台湾島を己の領有権だと主張し台湾省をおいています(もっとも有名無実化していますが)


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:03:41
  217. ぶっちゃけ大村案もグアム・テニアン案ももう有り得ないのに、基地反対派の左翼さんは必死の抵抗を続けてるね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:10:17
  218. 自軍の陸上部隊の十分な支援が無い状態で、300名のアメリカ海兵隊員を乗せたヘリを台北に送り込みたいと思います? 私は思いませんが。そもそも誰が味方かも分からない状況ですし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:11:41
  219. >213
    台湾に対してだって、特殊部隊が空挺するわけじゃないだろうに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:12:45
  220. >>214
    斬首作戦が成功したらそれで終わりじゃないしね、流れ的には
    対地ミサイルで露払い→斬首作戦で台湾軍を機能不全に→揚陸艦で輸送してきた通常部隊で全域制圧
    だよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:12:55
  221. >>219
    斬首作戦はヘリボーンなんだけど、台湾から北京までヘリが届くんかいな?
    戦闘機の戦闘行動半径すら足らないぞ、どうやって展開する気?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:15:36
  222. >>218
    おいおい、それをやるのが海兵隊であって
    これまで海兵隊の働きで戦況を打開した例なんていくらでもありますけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:15:43
  223. >218
    だから、ヘリで輸送する兵力は「第一陣」だと何度も言ってるだろ。佐世保の揚陸艦で運ばれる海兵隊主力が到着するまでの「つなぎ」なんだよ。そして海兵隊はこういう危険な任務を行うための戦力なの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:15:48
  224. >>218
    あなたの感想なんて誰も聞いてない。
    「誰が味方か分からない」だって?
    そりゃ言葉の通じないあなたの味方がいるわけないでしょ。

    >>219
    だから何なの?
    斬首戦略って文字通りの首狩り作戦だと思ってるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:17:16
  225. つうか米軍って縦深作戦を指向していってるんだがなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:18:32
  226. >220
    対地ミサイルの段階で台湾軍が対応すると思うがw

    >221
    斬首戦略はヘリボーンでやるとかw
    台湾軍のレーダーは事前にそのことをつかめないわけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:19:26
  227. 相手がどう思うかではなく
    相手の能力に備えなければならない
    中国は米・台の能力から作戦の成否を
    考えなければならん
    海兵隊が即台湾に能力として
    来るか来れないかでは
    作戦の自由度・可否も大きく変わってくる
    「相手はきっと○○だろう」と言った
    希望観測的に戦争やって大失敗するのは
    今まであらゆる国家が犯してきたミスだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:19:36
  228. >>218
    「自分たちを攻撃してくる馬鹿は全部敵」でOK。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月29日 00:20:02
  229. >>218

    沖縄には海兵隊だけじゃなく海軍のシールズや陸軍のグリーンベレーも居るんだぜ? それに加えて海兵隊も行くんだ、こいつら全員殴り込みの専門家だぞ。イーグルクロー作戦を思い出せ。失敗したけど、敵陣の真っただ中に少数の部隊が殴り込みを掛ける計画だった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:20:10
  230. 後、要点(重心)打撃。正規国家が対象だとやりやすいことこの上ないね。

    Posted by 225 at 2010年04月29日 00:20:16
  231. >>226

    ヘリコプターはNOE飛行が出来るのでレーダー網を掻い潜る事が出来ます。アメリカは湾岸戦争でそれをやったよ。砂丘よりも低く飛んで行ったんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:21:40
  232. >222
    >223

    海兵隊の歴史に、空軍と海軍の支援なしでいきなり突入させられた作戦なんてあったっけ?
    あったとして、今の海兵隊もそれやる予定なの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:21:45
  233. >>225
    いついかなる時でもどの部隊でもというわけでもないと思いますが。

    そもそも米軍がドクトリンとして縦深?「作戦」?を志向しているいるというのは初耳です。
    QDRや年次報告にそんなものありましたっけ?

    詳しく説明してください。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:22:11
  234. そいやオスプレイ導入する時のプレゼンの一環で「イーグルクロー作戦をオスプレイを使って行っていればどうなっていたか」みたいなのあったなあ。

    言いたいことは何となく感じたがw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:22:42
  235. >>221
    斬首戦略ってのはな・・・
    まぁここのコメントをじっくり見ていけば説明されてる
    ヘリボーンは一つの手段であって、斬首戦略=ヘリボーン限定じゃないぞ

    中国側がヘリボーンをする場合、台湾空軍や海軍に発見されない事を祈る事だね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:24:12
  236. >>226
    最大で800基近い短距離弾道ミサイルDF-15が降ってくるんだけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:24:29
  237. >>226
    >対地ミサイルの段階で台湾軍が対応すると思うがw

    どうやって?中国が短距離弾道ミサイルを雨あられと降らすんだぞ。中国空軍が大挙して押し寄せるんだぞ。その混乱の中、斬首作戦が並行して行われるんだぞ。
    すでに台中の軍事バランスは中国有利に大きく傾いていることを忘れるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:25:17
  238. >>207
    あなたの言ってる事は無茶苦茶だ。

    台湾で斬首戦略が危惧されているのは、中国からあまりにも近く、また軍事的縦深が皆無だから。

    首都や全ての重要拠点など距離的にも攻められやすく、一度軍や政府が乱れたら
    あっという間に全土が実効支配下におかれてしまう可能性が高い。
    中国が実効支配さえすれば、台湾関係法は実質的な効力を失いアメリカの大義名分は消え、介入は極めて厳しい。
    アメリカが黙れば、もう周辺国に口出しや実力で止めることもできず、終了。

    さて、台湾はペキンと目の鼻の先ですか?重要拠点や人物は広大な国土に散らばっていますよね?
    そもそも斬首し混乱させても台湾はその先中国をどうするんですか?
    各地の軍閥は?まさか軍閥を制圧しつつ、中国全土を支配するのですか?
    敵地の本国の土地を支配するのは膨大なマンパワーがいりますね。
    台湾の国力では明らかに無理ですね。70年前の日独ができなかったように。

    どれだけ稚拙な屁理屈か理解できましたか?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:25:17
  239. >226
    >台湾軍のレーダーは事前にそのことをつかめないわけ?

    ヘリコプター相手だと掴めないだろうね。NOEで飛んで来られたら地上配備のレーダーじゃ捕捉しきれない。台湾は早期警戒機を4機しか持って無いから、隙を突かれかねない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:25:41
  240. >>232
    空軍の支援がないというのは
    どこの脳内から出てきたのですか?
    さらっと意味不明なことを言わないでね。
    あと可能性は抑止力に繋がってるの。
    わかる?

    実効性に話を限定しようとしている時点で
    あなたが話をそらそうとしているのが見え見えです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:26:17
  241. >>232
    沖縄から台北までのルートを見なされ
    アメリカ・日本・台湾の勢力圏内だ
    だからと言って護衛無しは有り得ないだろうけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:26:52
  242. >236
    だから中国軍の動きに気づくはずだよねw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:27:08
  243. 斬首で検索しても何も出て来ないが反斬首で検索すると当事者の対抗策が幾つも出てくる件。
    勿論ミサイルではなくてね。
    ここまで何の指摘もなしw

    mixiじゃ数ヶ月前に出てる話。少しは調べろよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:28:14
  244. >>232
    >海兵隊の歴史に、空軍と海軍の支援なしでいきなり突入させられた作戦なんてあったっけ?

    海兵隊ではないが第二次大戦の真っ最中に「ディエップ奇襲上陸作戦」というのをイギリス・カナダ連合軍が行った実績があるよ。事前の砲爆撃無しの奇襲上陸だったが大失敗したけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:28:20
  245. >>233
    エアランドバトルって知ってる?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:29:11
  246. >>237
    つまり、全世界を敵にまわしてでも台湾を併合させる気なんですね中国って
    いくら国内だって言っても、戦争行為ですよそれは?

    なんで斬首戦略なるものが提案されて実行されてるのか、よく考えてみなされ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:29:37
  247. >>242
    チャイナ軍はミサイル攻撃と特殊部隊強襲を同時に行動してくるから、気付いた時にはもう遅いぜ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:29:51
  248. >237
    そんな状態で海兵隊1000人を先に突っ込ませて何をやるつもりなのか…。
    どうせ中国と戦うなら、他の海軍部隊や空軍部隊と連携してからいけば?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:30:31
  249. >>242
    なら極めて強力な中国軍に即応するために
    沖縄にはより強大な海兵隊・空軍及び海軍基地が必要ですね。
    そういう結論に繋がりますね。

    脳筋?脳筋なの?レスする相手の言葉もまともに選別出来ないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:31:03
  250. >>232
    >海兵隊の歴史に、空軍と海軍の支援なしでいきなり突入させられた作戦なんてあったっけ?

    アフガンに派遣された海兵隊は強襲揚陸艦の支援無しに行動してますけど。内陸だから当たり前ですけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:31:37
  251. >>248
    嘉手納の空軍戦闘機と岩国の海兵隊戦闘機が即時援護出来るって何度も言ってるでしょ?君は馬鹿なの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:32:41
  252. >232
    沖縄やグアムから護衛と航空支援が同行するよ。
    72時間以内に佐世保と横須賀から第7艦隊主力が来援するから、それまで先発隊は保っていればいい
    中国潜水艦隊が阻止する? その為の海自、その為の周辺事態法だろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:32:43
  253. >247
    その対応策に北京を攻撃できるミサイルって台湾はアホなのかな?
    雨あられと降るミサイル攻撃に生き残ること、つまりミサイル迎撃が先だろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:33:12
  254. >250
    ヘリも戦車も装甲車もない地上戦とはご苦労様です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:34:43
  255. >>242
    撃たれればそりゃ気づくよ、で数分間でどうしろと?
    スクランブル掛けてなるべく多くの戦闘機を空中に逃がして滑走路なんかはPAC-3で必死に防衛する
    レーダーや管制室がやられたら指揮系統は大混乱、更に中国空軍の戦闘機を迎撃しながら匍匐飛行してくるヘリを探さなきゃいけないんだぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:34:53
  256. >>245
    はて?
    エアランドバトル(定義にもよりますが)への指向は、現時点の米軍戦略の重点とされてないと思いますが・・・。

    どこに書いてあります?
    QDR?年次報告?なんかのステートメント?
    現役将校の論文?
    いや、本当にそうなら教えて欲しいんですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:35:03
  257. つうか短期的に見れば海空戦力が提供できる支援は航空支援がほとんどなんだが

    砲兵支援や陸上部隊の追加にしても航空強襲部隊と水上強襲部隊は縦深をとって進撃するから、合流にはどのみち時間かかるし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:35:18
  258. >252
    >それまで先発隊は保っていればいい

    普通に考えて中国軍の大挙上陸が早いと思うが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:36:26
  259. >>232
    海兵隊どころか日本軍は南方作戦で基本奇襲上陸だったが。
    ちなみにガダルカナル初期まで米海兵隊は38と同世代のスプリングフィールド銃を使用するなど、旧式装備も結構ある。まあ集音マイクや砲兵はしっかりしてるから日本軍並みに低質とは言わないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:36:28
  260. >>256
    RMAにしてもエアランドバトルの前提があって、そこから重点打撃により指向しとるの理解しとる?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:37:26
  261. >>258
    大挙上陸?
    米軍に察知されないようにコッソリと、大量の陸上部隊に揚陸艦やら輸送艦、それを護衛する戦闘艦や航空機の準備が可能とでも?
    例え演習だとしても、そういう兆候が現れた時点で、それに応呼するように米軍も艦隊を派遣する事実を知らないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:39:40
  262. >>207
    台湾は李登輝時代に大陸反攻を国家目標からはずしている。その時点で形骸化していたしな。
    つまり防衛を一義に考え、反撃しても限定的な内容になる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:41:39
  263. なんかわからんが話が妙な方向に展開しているな。

    斬首戦略をできないほど中国軍が強力という結論になれば、
    それを抑止するに足りる
    今よりもさらに強力な戦力を沖縄に展開する必要があるという結論に必然的に繋がるのだが。

    ちなみに、斬首戦略は決定力を持ち得ない中国軍の苦肉の策の一つという位置付けなので、
    中国軍がそこまで強力だという前提はまだ共通認識としてないと思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:41:54
  264. >254
    ??? 当たり前だがアフガンで戦ってる海兵隊は、ヘリや重装備は空軍の輸送機で運び込んでるぞ。

    ちなみに台湾有事に投入される海兵隊第一波は、別に中国軍機甲部隊と真正面からやる必要なんか無い(そもそも、その時点じゃ機甲部隊はまず来ていない)。
    「米軍が台湾に来援した」っていう既成事実がだいじなんだから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:42:05
  265. >>258
    要人を護衛しながら身を隠すでしょう
    正面から戦うことはしなくていいの、その辺の車を使って生きてる軍事基地に行ってもいいんだし街中に隠れるという手も有る。台北一都市を虱潰しに探すのにだってかなり時間が掛かるはずだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:42:35
  266. 嘉手納の空軍(海兵隊のF-18含む)と、ヘリ等で即応性の優れた海兵隊の陸上投射戦力を
    組み合わせ多層化することが強力な抑止力と戦力になると理解してください……。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:42:38
  267. >>258
    大挙上陸となれば準備も時間がかかるし、事前に察知しやすい。
    斬首作戦を行わず大挙上陸しようとするなら、米軍もそれを察知して兵力を台湾海峡に進めるだけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:44:28
  268. つうか、縦深作戦や重点打撃を指向しない現代軍ってなんじゃらほい、と。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:45:02
  269. >>253
    アホはお前
    中国にミサイルを撃たせたり、軍事行動をさせない為に、台湾はミサイル開発を再開した
    相互確証破壊のミニチュア版みたいなもんだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:45:30
  270. >>260
    言わんとすることはわからんでもないですけど、
    言葉の定義からきちんとした方がよいかと。

    RMAはドクトリンじゃないし、
    重点打撃とエアランドバトルは連結して同一の文章で使えるものではないし。

    何か知っている言葉を適当に並べているようにしか見えないんですが。

    少なくとも米軍が指向する戦略方針は必ずQDRに現れますし、
    現役将校の論文がそれを示唆することはありますから原典の教示ぐらいしてくれませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:45:55
  271. >>263
    空母は幾ら欲しくても現物が無いから
    将来はともかく今日ただいま対処の訓練をする必要はないが、
    斬首戦は金持ちでなくても出来るからね。
    だから台湾も現に対応策を準備した訳で。

    米軍見れば分かるけど正規軍一杯持ってるから
    空挺や特殊部隊要らないって話にも繋がらないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:48:00
  272. >>268
    「作戦」を「指向」したり、「打撃」を「指向」するってどういう意味ですか?

    それに米軍の話をしているのに「現代軍」(これも造語ですよねぇ?)の一般的傾向の説明をされているのですか?

    話がミクロ・マクロの話を混同したり、造語だったり、ちょっといい加減すぎないですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:50:11
  273. >253
    そのためにPAC3の導入を台湾は検討していますが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:51:43
  274. >>229
    海兵隊のリーコンもいたはず。
    真っ先に出張ってくるのはこっちだと思う

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:51:56
  275. コソボでNATOは巡航ミサイル300発撃ったが
    通常爆弾は10000発だったか。

    NBCでも詰とかないと弾道・巡航ミサイルは
    シンボリックな意味合いにとどまる。

    あ、別にMD否定論ではないです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 00:55:21
  276. >>275
    巡航ミサイルに関しては湾岸戦争抜きにして語るのはいかがなものかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:02:26
  277. >>254
    >ヘリも戦車も装甲車もない地上戦とはご苦労様です。

    は? アフガンの奥地には空軍の戦略輸送機でヘリや装甲車を運んでいるよ。この記事の本文に書いてあるじゃないか。読めて無いのか? 何でもかんでも揚陸艦で運ぶものじゃないんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:04:11
  278. >>272
    あい、志向のが正しかったです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:04:23
  279. 弾道ミサイルを全力で撃ち込めば
    政・軍・民が相当混乱するんじゃね
    何時自分の頭上に降ってくるかわからんのだし
    戦争慣れしているイスラエルでさえ
    湾岸戦争ではかなり動揺したからなあ
    まあありゃC兵器が使われる可能性もあったが
    中国は核持っているし核が使われるかもという
    恐怖がパニックを引き起こすかも知れん
    そう言った意味合いでも弾道ミサイルは
    有効な希ガス

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:05:38
  280. 航空機から投下する爆弾との比較の問題だから湾岸でも似た話にしかならんよ。
    その飛行機も砲兵には投射量で負けるんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:06:09
  281. >>272
    んで米軍はそれに対する手段が他の国に比べてまじぱねえってだけです。金持ってるだけあって速度の優位や情報の優位の揺るぎなさが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:06:56
  282. なんかヘリコプターだけで突入してどうするのかと聞いている人がいるが・・・

    http://www.chinook-helicopter.com/sling_loads/CH-47F_M198_Sling_Afghanistan_Master.jpg

    ヘリコプターで大砲を運べますから。(知らないのかな・・・)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:07:14
  283. >>281
    そういうことですか。
    了解しました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:08:43
  284. 超絶秘技! ヘリコプター空中スリング155mm砲×6基同時吊り下げ移動の術!

    http://www.chinook-helicopter.com/sling_loads/CH-47_M102_6_Pack_500x579.jpg

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:09:30
  285. >>254みたいな人は、CH-54で戦車運んでたり、Mi-26でCH-47をぶら下げてる写真見たら驚くかもな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:10:03
  286. >>283
    こちらこそ勘違いさせてすみませんでした

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:12:41
  287. >204
    そこ読んでいてlenyというのがなんとも馬鹿っぽく思える。
    この件に関して、沖縄から海兵隊出て行けという論者でまともなのを見た記憶がないなあ。

    >どんな荒唐無稽な話も、「不可能」であることを証明するのは難しい。

    少なくとも斬首戦略は歴史上に事例があるしね。そこの宇宙人云々の比喩はまったく不適当。

    そういえば斬首戦略は台湾の親大陸派のクーデターにも備えた代物なんでしょうかね。


    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年04月29日 01:14:19
  288. >>285

    これだな。ヘリで戦車スリング輸送。
    http://www.militaryfactory.com/aircraft/imgs/sikorsky-ch54-skycrane_5.jpg

    戦車すらヘリコプターで運べる。下地島を集積所にすれば重強襲ヘリで台湾まで持って行けるね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:15:11
  289. 基本EFSSじゃなかったっけ? ヘリボーン部隊の砲は

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:16:13
  290. >>284
    雪の結晶みたいだなw

    >>287
    要人警護という意味でならどちらにも対応可能、可能性が0で無い以上想定はされているはず

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:17:02
  291. >>287
    まあ、斬首戦略の現実の可能性はともあれ、
    それへの対策をしていると言及すること自体は
    台湾国内の第五列に対する警告になるでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:22:48
  292. >>287
    それで思い出したが李登輝時代の軍の機構改革の
    主眼は党の軍隊から国の軍隊へだったよなぁ。
    多すぎる外省人の将官を退役させたり。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:26:41
  293. 孫崎先生に会える機会があったんだがフイにしてしまった
    この話直接聞きたかったなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 01:54:35
  294. CH-54が運んでたのは自重15tのシェリダンだろ
    M2ブラッドリーはおろかストライカーよりも軽いんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:06:47
  295. >294

    海兵隊が使っているのはストライカーではなくLAV-25だ。約13トン。ゴテゴテと追加装備を増やした陸軍のストライカーと違って軽いのだ。

    LAV-25
    http://ja.wikipedia.org/wiki/LAV-25

    強襲ヘリコプターCH-53Kはこいつを運べるように設計されているよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:20:05
  296. >>294
    揚げ足取りみたいで申し訳ないがシェリダンは空挺戦車だから戦車で一応合ってる、退役してるっぽいから台湾有事には使えるかどうか怪しいけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:20:55
  297. >294

    Light Armored Vehicle 25 (LAV-25)
    http://www.inetres.com/gp/military/cv/inf/LAV.html
    The U.S. Marine Corps CH-53E helicopter can transport one LAV-25 in the sling position.

    大型ヘリコプターCH-53EスーパースタリオンでLAV-25装甲車の空中輸送、出来ます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:24:15
  298. >>37
    貶める気はないが1960年代の外務省にはいわゆる「畑」を持つ専門家を作れるほどキャリア外交官の数がいなかった。

    だから他省庁から出向してきたキャリアを将来の「大使」ポストを保証してやるからといって引き抜きをやって人材のやりくりをしていたほど。
    キャリア外交官として採用した人間を一定の分野の専門家にするほどの余裕はなかった。したがって、肩書きはともかくこの人が情報の専門家であることはまずない。
    そもそも当時の我が国の情報機能については警察庁の人材がほとんどその中枢を占め、外務省はそうした現業を行う能力をほとんど持ち合わせていなかった(その結果、付いたあだ名が「霞ヶ関のJTB」)のが現実のところ。

    にも関わらずこの人の経歴は国際情報局長(通常は上がりポスト)以外には本省の目立った経歴はなく、官房・条約・北米の主要ポストの経験もない。つまり、行政官としてはあまり評価されていない。

    シビアな言い方をすると専門家としても行政官としてもあまり評価はされていない、肩書きで生きている人である可能性が非常に高い。天下り先として防衛省附属機関を示されたのもそれを裏書している気がする。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:24:58
  299. LAVシリーズには戦車駆逐型や自走迫撃砲型もあるので結構使えるね。ストライカーより軽いままなのはヘリでの輸送を考慮しているんだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:27:46
  300. PF-89やtype95一発で鉄クズにされそうなLAVを運べないとは言ってない。
    記事の要旨に即して「(台湾有事の際に米軍がヘリで)戦車を運べる」と言うのは間違いだし、「一応ヘリで『戦車』を運んだ例がある」と言いたいがためだけの>>288なら、それは言葉遊び以上の意味を持たない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:31:22
  301. >>300
    まぁ言葉遊び云々は良いけど
    で、中国はどうやって台湾に戦車を持ち込むんで?
    揚陸艦で運ぶとでも言うのかい?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:34:52
  302. >>272
    -oriented(〜への方向性を持った)、の対訳語として
    使ってるなら違和感ないけどなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:35:38
  303. >>32
    岡本行夫は経歴を見る限り、北米局のエースポストの
    北米第一課首席事務官(総括担当)
    在ワシントン日本大使館参事官
    北米第一課長
    を歴任している。

    事務次官や主要五カ国大使になれるかどうかは不明だが、主要局長及び主要国大使での上がりは確実に約束される立派な経歴。少なくとも行政官としては一流と外務省が評価していたのは明らか。

    学歴どうのというのはどう見ても下衆の勘繰りか、印象操作の類としか思えないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:35:46
  304. >300

    LAV-ATなら十分に対戦車戦闘が出来ると思うが? イラク戦争では陸軍のストライカーATGMがイラク戦車を多数撃破したものよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:38:16
  305. >300
    元々、沖縄の海兵隊は戦車を配備してない(M1戦車4両は数字上配備されてはいるが沖縄には無い)んで、LAV-25が運べればそれで十分よ。揚陸艦を持って来ようが来まいが、即応でならどっちみちそれだけなんだろ? だったら構わないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:40:45
  306. >>300
    PF89って対戦車ランチャーだっけ?
    仮に食らったらやばいとしても、それが撃てるところまで近付くのは厳しいとおもうよ?
    歩兵つきの装甲車に対して有効射程まで接近かけるのってかなり厳しいし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:41:36
  307. LAV-25装甲車を輸送するCH-53Eヘリコプター。
    http://www.aviationspectator.com/files/images/CH-53E-Super-Stallion-helicopter-257.preview.jpg

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:42:43
  308. 俺は>>288の「ヘリで戦車運べます」発言を正しただけで、予想される台北での市街戦でLAVがどの程度有効か、とかまでは問いてないし、ましてや中国軍側がLAVや海兵隊のヘリボーン戦力にどう対抗すべきか、なんて考えてすらいない。
    「装輪装甲車は戦車でないと無力化できない」と考えているのであろう>>301は大戦略かなんかをやりすぎた奴が電波を受信しちゃったようにしか見えない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:43:00
  309. >>301
    戦車を持ち込むなら揚陸艦しかないんじゃない?一応戦車揚陸艦持ってるし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:47:08
  310. >>308
    は?
    中国側はどうやって防御すんの?
    丸腰で米軍の戦闘車両と戦えってか?
    相手は歩兵も付いてるんだぞ?
    下手したら攻撃ヘリなんかもやってくるわけで
    最低でも歩兵戦闘車は欲しいよね
    で、どうやって運ぶんで?
    米軍が台湾に戦闘車両を運び込むような、これだけ戦闘が激化してたら、当然ながら海上封鎖とかされてるよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:48:34
  311. そりゃ装輪装甲車は戦車にいろんな面で劣るし、そんなのここの記事をこれまで読んでたら分かるがさ、
    「歩兵だけで」それを潰すのはやっぱ大変よ? 少なくとも台湾にLAVしか投入できないような事態、
    つまり斬首作戦なら中国側が投入できる戦力も限られてくるし、そういう状況ならLAVなんかだけでもそこまで不利じゃない
     
    中国が戦車とか持ち込んでくる事態なら、米軍もそれを持ち込めるだけの時間の余裕があるさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:49:01
  312. >308

    君の方が電波を発信しているようにしか見えないが。そもそもコメント294でストライカーとか言ってる時点で駄目だな。海兵隊はLAVなのに。シェリダンより軽いのよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:49:15
  313. 中国が水陸両用戦車を投入できる状況にあるなら、アメリカも揚陸艦を廻して来る余裕は生まれる罠。

    幸いにして中国はロシア空挺軍のような有力な空挺戦車は持って無いしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:51:20
  314. そもそも今回の想定だと装輪が不利になるほどに道路なんかを壊すのも難しいし、
    それを迎え撃つためにあちこちに兵力を配置するのもきつそうな気が………

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:54:50
  315. >>310
    まあ落ち着いて
    310で書いたことは多分正しいよ、アメリカはそれができるから中国は台湾に手を出しづらい状況になる訳で抑止力として十分に機能するじゃないか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 02:56:39
  316. 田岡俊次氏と孫崎享氏の大村案の背景にある
    事情は肯定しないが、
    九州地方ならオスプレイの配置は
    必ずしも非現実的ではない。
    CH-53Eスーパースタリオンで沖縄から台湾まで約3時間で
    九州からオスプレイを利用して
    台湾まで3時間と従来と変わらなければ
    搭乗員の負荷は変わらないはず。
    近ければ近い方が良いと言われればそれまでだが、
    3時間が許容されるなら問題はないはず。
    そもそも近ければ近いほどという反論をするなら、
    それは論点のすり替えだ。
    ただし、九州から向かうからには沖縄の米軍給油機と合流して
    給油を受けて到達しなければならないし、
    佐世保基地なら海軍型のHV−22を艦船に乗せ、
    ネイビーシールズを運用させるならば今以上に海軍型を
    増産しなければならなくなる。
    その点をクリアできれば沖縄よりは不便だが
    運用できないことはない。
    米軍佐世保基地にネイビーシールズを配属して
    米軍佐世保基地の施設を幾つか改良するとして、
    最後に残る問題は訓練地になる。
    もっとも、米軍は沖縄に拘っているので
    結局は九州案には興味を示さないだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:10:55
  317. >>316

    沖縄にオスプレイを置けば空中給油無しで台北まで往復できる。とても便利だ。だから君の提案は受け入れられない。残念だったな。あと君の改行はキモい。空白改行で目立たせる手法じゃないから許容範囲だけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:16:03
  318. >316
    >九州地方ならオスプレイの配置は必ずしも非現実的ではない。

    非現実的です。

    というのも、海兵隊はオスプレイのみで戦うのではない…と言う事です。オスプレイが配備される頃にはCH-53Kが登場しています。装甲車を空輸できるのはコイツだけです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:23:56
  319. >>316
    縦読み?

    とりあえず空中給油前提、途中中途立ち寄り出来る拠点無しor下地のみというリスクを背負うだけの見返りをアメリカ軍側に出せるのかな?出せないとアメリカ軍側はイエスとは言わないと思いますよ。
    幾ら「能力的に可能」な事でも出来るだけ労力に見合うコストは下げるべきでしょうし。

    後、貴方が「そもそも近ければ近いほどという反論をするなら、それは論点のすり替えだ。」と予防線張ったつもりだろうけど、全ての部隊をMV-22だけで輸送する必要のある場所より、MV-22とCH-53の双方で輸送できる状態な場所のほうが使い勝手が良いってのも判るよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:43:00
  320. ところでなんで装甲車両云々なんて話になってんの?
    小規模な部隊だけで実行できるのが斬首戦略のポイントじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:51:13
  321. >>320
    多分一番の原因は>>254だと思うw
    流れ的には
    丸腰の輸送ヘリだけで突っ込むのか?
    海兵隊は空海の支援無しで戦闘したことあるのか?
    の類いが発端だったかと

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 03:56:08
  322. >316
    海軍特殊部隊を使うのは難しいのでは?
    海兵隊の代わりができるような部隊じゃないと思うんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 04:15:52
  323. 3時間を2時間に縮めることが出来たら、それだけ台湾が非常時に助かる確率が上がるのに、「台湾への到達時間が同じなら別に日本が沖縄に基地を置かなくても良いだろ。台湾の連中の事なんてシラネ。米軍の兵隊なんて死ぬまでこき使え」という連中って台湾の人と米軍の人のことを何も考えてない人種差別者なんですね。
    そういう連中に限って「中国人と韓国人の人権がフンダララ」になるのはお約束か。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月29日 06:53:53
  324. >323
    台湾有事のときの海兵隊なんて、アメリカが宣戦布告するため鉄砲玉でしかないのに何を期待しているんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 06:58:53
  325. >322
    それは逆で、海兵隊が特殊部隊みたいな真似はできない。台湾有事に必要なのは特殊部隊なのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 07:03:48
  326. >>322
    特殊部隊ってのは、特殊な任務を割り当てられるから特殊部隊なの。
    今時の海兵隊は、イラクとかアフガンで特殊部隊が仕掛けてくるような都市ゲリラ戦術に対する実戦経験豊富な部隊。

    特殊部隊って一人で数百人なぎ払うようなランボーとか映画の主人公みたいな超人部隊じゃないのよ。映画の見過ぎ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月29日 07:22:52
  327. 間違えた。>>326のレス先は>>325で。

    アサルトライフルで武装した米軍兵士を忍者刀とクナイでばっさばっさとなぎ払うNINJA部隊はゲームかアニメの中にしか居ません。も追加かな?<特殊部隊

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月29日 07:25:55
  328. そういえば、NAVY SEALsに付いてはオハイオ級の核ミサイルの代わりにミサイル発射サイロ改造の兵員輸送庫に詰め込まれて移動。みたいな運用が検討されてるのは何かで見たな。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年04月29日 07:30:31
  329. >>326
    >今時の海兵隊は、イラクとかアフガンで特殊部隊が仕掛けてくるような都市ゲリラ戦術に対する実戦経験豊富な部隊。

    じゃあ普天間の海兵隊の戦歴を教えてくれ。

    >特殊部隊って一人で数百人なぎ払うようなランボーとか映画の主人公みたいな超人部隊じゃないのよ。

    中国軍の空挺部隊相手に海兵隊1000人が熾烈な戦いを繰り広げるんだろう?
    似たようなものだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 07:53:33
  330. >329

    お子様レベルのレスしか出来ないなら出て行ってくれ。つまらんよ本当に。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 08:05:23
  331. っていうかもう辺野古修正案で決着でしょ?

    政府案は辺野古修正案、首相4日沖縄訪問へ
    http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100428-OYS1T00716.htm

    はいはい基地反対派は民主党に投票してお馬鹿でしたねー。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 08:11:19
  332. マスコミや沖縄の団体の人達の誰かが「結局、自民党と同じじゃ嫌だ。だけで発言したのか」と突っ込んでくれないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 09:59:39
  333. 2、3年前に、孫崎氏と話したことがあるのですが、その時は防大の教官をしてました…
    防大で国際関係や国際政治を指導されてましたが、軍事的な話ではあきらかに一緒に来ていた防大生の方々に遅れをとっていた印象をうけたのを思い出しました

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 10:19:35
  334. 1.中国がそんなことする訳ないじゃないかと本気で思っている

    2.台湾(他国)なんてどうでもいいと思っている
    と言うか指摘されるまで考えた事すらない

    3.とにかく反米反日


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 10:30:31
  335. >325
    ここが参考になるかと
    Navy SEALs
    http://ja.wikipedia.org/wiki/Navy_SEALs
    水中・水上での任務が得意で上陸作戦は海兵隊に任せた方が良さそうです。
    上陸するにしても潜水艇による上陸でしょうから
    沖縄よりも近い位置に配備しないと。
    更に海軍は動かすのに議会の承認が必要なので、
    沖縄に配備されていても即時対応は不可能かと。
    海軍から切り離して大統領命令で動かせる様になれば別ですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 11:14:47
  336. >>333
    全部とは言わないが防衛大学校の教官のレベルなんてそんなものじゃないでしょうか???

    田岡某や鳥越某、孫崎某等については、他の肩書やバックで知名度・権威・箔をつければあとはいくら与太話、空理空論、「あたらない予言・予測」を吐いても「仕事」は続けられるといういい見本なのではないでしょうか?(それを羨ましいと感じるか感じないかは人それぞれでしょうが………。)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 11:31:08
  337. これで辺野古修正案だと、日本は脅して無視すればすぐに折れるヘタレ国家という印象を国際的にもたれるだろうな。
    アメリカにより従属的な国家として笑い者になる。
    アメリカの圧力をはじき返した中国とはえらい違いだ。

    しかし自民党時代すら工事が全く進まなかったのに、辺野古の工事が進むと思ってるのかね・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 13:34:20
  338. 地元が大村市の者です。
    紹介写真のグーグルマップを見て疑問に思ったんですが「長崎県大村基地(長崎空港)」とありますが、
    海上自衛隊大村基地は海上空港より少し右上の滑走路付近がそうであり、移設案の大村基地(長崎空港)とは海上空港も含まれているのでしょうか?
    まぁどっちにしろ大村に移転することは無さそうですしどう考えても隣の竹松駐屯地を合わせても
    狭すぎるという感じですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 13:42:50
  339. >204
    >斬首作戦は可能かどうかという話
    そこ読んだけどどうにもこうにも話にならんレベルと思えますね。

    >民主国家の最大の強みは、国民の忠誠の対象が個人や一部の血族ではなく「システム」そのものに向けられるところにある。

    民主主義だから斬首戦略が通じない、というのは楽観も過ぎるだろう。第二次大戦のデンマークなんかみりゃね。

    >総統や大臣を殺したところで、軍や警察は独自の指揮システムを有しており、上位の総統や大臣が死んだらむしろ権限が増えて嬉々として行動し始めるものである。

    シビリアンコントロールとか命令系統つぶすことの意味とか知らないんだろうか。相反する命令が出されればそれだけで混乱するしね。中国軍主力が同時進行する中でそんなになったらどうなるやら。

    >すなわち、斬首作戦に対応する王道は単に有事の命令系統をしっかり構築しておく事だけであって、いちいち海兵隊を持ってくる必要などどこにもないだろうと言える。

    その命令系統を破壊するのが斬首戦略。台湾内の第五列も同時蜂起や破壊工作をするだろうしね。
    そして海兵隊は米軍の侵攻の尖兵なんだから、少しでも早く台湾に行かねばならないのに。

    >補追:
    >ちなみにこの日本軍得意の斬首作戦に対して中国軍が取った作戦。
    >蒋介石=姿をくらまして逃げ回る
    >毛沢東=日本軍がやってこない山奥に逃げる
    >中国人の現実主義にはほとほと感心する次第である。

    台湾には逃げるような場所ありません。地図見ましょう。国外脱出なら亡命政権化で負け。

    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年04月29日 14:18:42
  340. >国外脱出なら亡命政権化で負け。

    これも狙いの一つだよな
    ダライ・ラマが良い例
    チベットでさえ、姿をくらまして逃げたり、中国共産軍がやってこない山奥に逃げる事なんて不可能だったのに
    台湾ならもっと無理でしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 14:24:10
  341. >>338
    陸上だけだったと思うけど、いざというときには海上の空港も使用できて便利!みたいな話があったような。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 14:25:25
  342. >シビリアンコントロールとか命令系統つぶすことの意味とか知らないんだろうか。

    その理屈で行くと、議会の決定があるまで海兵隊も動けないことになるが。

    >その命令系統を破壊するのが斬首戦略。

    命令系統潰すには何人殺さなきゃならないんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:14:43
  343. >その理屈で行くと、議会の決定があるまで海兵隊も動けないことになるが。

    海兵隊やUSSOCOMは大統領令で動けます。大統領がシビリアンですからね?

    >命令系統潰すには何人殺さなきゃならないんだ?

    ソ連のアフガン侵攻を参考にしたら?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:17:35
  344. 内閣支持20%に急落 83%が小沢幹事長辞任を‎
    http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042901000454.html

    ミンスオワタw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:19:11
  345. >>342
    >その理屈で行くと、議会の決定があるまで海兵隊も動けないことになるが
    海兵隊は大統領命令だけで数ヶ月間作戦を遂行する事が可能です。
    議会の承認を待つ必要はありません。

    >命令系統潰すには何人殺さなきゃならないんだ?
    何も殺す必要はありません
    捕らえれば良いだけです
    そりゃ中には抵抗しようとして戦死する人だって出てくるでしょうけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:19:51
  346. 普天間「辺野古」回帰 外務、防衛が首相を誘導
    http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20100429ddm003010084000c.html

    もう辺野古で決まりだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:21:17
  347. じゃあ台湾も海兵隊を持てばいいんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:22:22
  348. >>命令系統潰すには何人殺さなきゃならないんだ?
    殺害するよりも、現場が混乱するように要人達に命令させた方が効果あるだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:23:08
  349. >何も殺す必要はありません
    >捕らえれば良いだけです

    まあいいが、で、台湾のシビリアンコントロールと軍の命令系統をわずか数日で破壊するには、一体何人をとらえなきゃならないんだ?
    それに必要な中国軍の数はどれぐらい?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:25:59
  350. >>347
    まぁ百歩譲って持った所で、その部隊だけで防ぎきれなければ意味ないけど?
    そもそも指揮系統の意味解ってる?
    いくら大統領が無事でも、軍のトップ抑えられたら命令出せないんだけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:27:14
  351. >>349
    なにが「まあいいが」なの?
    よくないだろ
    お前は殺すと思ってたんだろ?

    まあいいが
    数日はかかるってお前も理解してるじゃん
    その間に海兵隊がそれを阻止する事になってます

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:30:32
  352. >343
    アフガンは民主国家じゃないからシビリアンコントロール関係なし。あと、元々軍閥を制御できてなくて政府の統制がぐちゃぐちゃ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:31:33
  353. >351
    その部隊だけで防げないものを、アメリカ海兵隊なら防げるって言いたいの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:35:23
  354. >353
    >351→>350

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:37:03
  355. >>353
    アメリカ海兵隊に手を出したら、アメリカに対して宣戦布告した事になります
    中国はそれを覚悟しなければならなくなります
    アメリカとの全面戦争か、台湾併合か
    これを天秤にかけなければならなくなります
    これだけでも抑止として、かなり効果があるわけですが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:38:11
  356. >>347
    台湾海軍所属の海兵隊がすでにいるよ

    >>349
    最高司令官の総統と総理大臣と国防大臣、できることなら参謀総長まで抑えれば命令は出せなくなりそうだ。
    さらに幕僚部を押さえれば作戦や情報まで止められるから全部合わせても10〜40人位捕らえればいいんじゃないかな?
    中国側は1個小隊30〜50人程度で収まりそう、Z-8が27人乗りらしいから2機分だね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:41:00
  357. >お前は殺すと思ってたんだろ?

    生け捕りにするほうが殺すより手間だからな。

    >数日はかかるってお前も理解してるじゃん
    >その間に海兵隊がそれを阻止する事になってます

    特殊部隊でもない海兵隊にそんな真似できるわけねーじゃん。海兵隊の役目は、海兵隊を攻撃させてアメリカが宣戦布告の口実を得ることだけだろ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:45:27
  358. >>357
    海兵隊は特殊部隊ですが?
    海兵遠征隊全てが特殊作戦能力を保持してるって事は、そういうですがね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:50:42
  359. >>357
    まあ必要ない人間は殺すこともあるかもしれん、全員生け捕りが正しいとも全員射殺が正しいとも言えないしな

    一般の海兵隊はパラシュート降下とか水中等での破壊工作や隠密偵察等の特殊作戦ができないだけであって戦闘は可能だよ、戦場に一番最初に殴りこんでいって戦うんだから一番被害が出やすい部隊でもある

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:53:27
  360. この流れ昨日も見た気がするんだが
    なんか堂々回りしてるね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:55:33
  361. >356
    2.26のときは、クーデター側は1500人の将兵を動員しても重臣の多数を取り逃がしているし、軍の命令系統も健在で、クーデター開始から1日後には戒厳令が施行されてるのだが。
    戦前の日本でさえこの程度の体制を持ってるのに、台湾貧弱すぎるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 17:57:44
  362. >358
    >359
    それっぽいのはないぞ。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%85%B5%E9%9A%8A%E9%81%A0%E5%BE%81%E9%9A%8A任務は以下を含む:

    従来型作戦(両用強襲と急襲)
    航空機と乗員の戦術的奪還(Tactical Recovery of Aircraft and Personnel、TRAP)
    非戦闘員の退避作戦(Non-Combatant Evacuation Operation、NEO)
    警備作戦
    人道援助作戦(Humanitarian Assistance Operations、HAO)


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:06:07
  363. >>362
    Wikiか・・・まぁいいが
    ところで、ここに引用してきた部分よりも上の方を見てみなよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:10:06
  364. >363
    この演習がそうだっていいたいわけ?

    特殊作戦能力認定演習(the Special Operations Capable Certification Exercise、CERTEX or SOCCEX)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:15:06
  365. >360
    それは無知な客(>342)の責任だろ。
    「海兵隊も議会の議決がいる(キリッ」とか言われてもね。

    …そもそも、何でそう突っ込んでるんだろうか。
    台湾の指揮系統が麻痺してもは米海兵隊の行動は何も影響無いのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:17:11
  366. >>364
    え?
    あの・・・意味がわからんw
    あんた、そのページを三回ほど読んで理解してこい
    自分にとって都合の良い部分だけ抜き出してきて、何言ってんだか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:18:23
  367. >>361
    アミン殺害の時のアルファ部隊は50人前後で約2500人が警護する宮殿を40分で制圧したいうよ

    >>362
    従来型作戦(両用強襲と急襲)と警備作戦、台湾首脳部が制圧されていたら航空機と乗員の戦術的奪還も組み合わせれば作戦遂行できないかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:18:33
  368. >361
     226のときの反乱部隊、いや将校たちは完全に目標を間違えた。第一指揮下の部隊は……いやスレ違いだな。なんにせよ比較の対象にならない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:19:11
  369. そもそも

    >海兵隊の役目は、海兵隊を攻撃させてアメリカが宣戦布告の口実を得ることだけだろ。

    こんな認識しか持ってないようじゃ、海兵隊による戦略を語るのは無理だろうと

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:21:44
  370. 中国はミャンマーで原油を陸揚げしてパイプラインで運びますから…
    着々と準備を進めてますねえ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:38:21
  371. また懲りないルーピーちゃんが来てるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 18:45:57
  372. 沖縄の沖、12カイリ以上のところに埋立地かメガフロートを作って、そこに移転してもらいましょう。
    いちおう国外でしょ。

    >367
    アミン殺害の時のアルファ部隊は50人前後で約2500人が警護する宮殿を40分で制圧したいうよ

    こりゃこりゃとうもない珍説ですね。ダルラマン宮殿にいたのは、アミンとその側近の民間人は何人いたか分からないが、大統領警護隊は150人。ソ連側は、アルファとスペツナズの混成部隊1500人に加え、戦車もいた。もっとも、大半はぐるりを囲んでいるだけで、突入したのは少数だったでしょうけど。戦闘には5時間かかって、アフガン人は皆殺し(ただ、ソ連で訓練を受けた士官が一人だけ脱出したと言うのを聞いたことがあるようなないような)。ソ連側は戦死25負傷225の損害だった。「人民の家」制圧のと勘違いしているのかなとも思ったが、そこでもソ連軍は1900人で、制圧には一時間半かかっているそうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 20:14:54
  373. 台湾海峡なんて日本の識者にも国民にもキョ-ミありませんから
    気付いた時には手遅れになるパターンかも

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 20:44:23
  374. >>373
    少なくとも今の民主党政権ならその可能性は十二分にある
    そもそも台湾の重要性が解ってたら、どう足掻いても九州だのグアムだの言わないわけだし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 20:48:55
  375. >>372
    適当に調べただけだったから多少の違いはあるかと思っていたら大嘘だったか、指摘ありがとう

    そういうわけで>>372は撤回します。適当なことを言ってすみませんでした

    Posted by 367 at 2010年04月29日 20:59:45
  376. 撤回は>>367でした、連投すみません

    Posted by 375 at 2010年04月29日 21:00:50
  377. 結局の所、九州でもグアムでもなく辺野古に戻ったのが鳩山の言う腹案だったらしいですね。
    今までの議論と混迷は何だったのでしょう。

    いっそのこと「日本は日本人の物ではない、友愛の島沖縄を米軍の為に使ってもらおう」位の斜め上の迷言を発してから辞任してくれないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 23:27:12
  378. 首相訪沖の混乱懸念、米はシュワブ視察に難色
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100429-00000695-yom-pol
    >首相が県内移設反対の大規模集会の直後に沖縄を訪問せざるを得なく
    >なったのは、これまで公言してきた「県外移設」の道が閉ざされ、現行
    >計画を修正して政府案とすることを、約束通り5月末までに決着させ
    >るにはこの時期に地元に説明することが必要だからだ。
    >
    >首相周辺は「『県外移設ではなく、申し訳ない』という気持ちから、
    >自分で説明したいという思いがあった」と首相の誠意を強調するが、
    >政府内では「先行きを見通せずに現行計画を破棄し、迷走したつけだ」
    >と冷ややかな声が出ている。

    我が首相はゴメンナサイをちゃんと出来るん?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月29日 23:31:32
  379. ま、エゴに狂った一部県民にはゴメンナサイしてほしい位だが。一国民としてはね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 01:11:09
  380. しかし岩上安身さんって、どうでもいい読者のマンセーなつぶやきにはいちいち反応しているのに、何度もJSFさんからがっちりと書いたブログのURLつきで
    「感想をお願いします」「ご覧ください」と言ってるのに何も反論ないのな。
    意見の違いとかかは別にして、ジャーナリストとしてどうかなこういうのって。
    http://twitter.com/iwakamiyasumi

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 07:24:19
  381. 仕組みの説明を言い忘れた。ツイッターは@をアカウントにつけて(@iwakamiyasumiとか)文章を書くと、相手はそのことがわかる仕組みになっている。だから岩上さんはほかの人には反応している。

    http://twitter.com/obiekt_JP
    http://twitter.com/iwakamiyasumi

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 07:27:14
  382. 岩上も岡田外相から直接グアム移設を否定されてショックは受けているみたいだけどねw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 13:36:14
  383. 田岡俊次氏と普天間基地問題といえば、今発売されている「通販生活」の中でも
    「沖縄に駐留する海兵隊(第4海兵連隊)は弱小な部隊なので抑止力にはならない」とか
    「揚陸艦が停泊する佐世保に海兵隊の機能を全部移転させた方が合理的」とか
    「MV-22は離着陸時の騒音が大きく、開発初期の墜落事故による危険なイメージも大きい」とか
    何を根拠に?的な記事を書いていましたね。
    雑誌自体通販雑誌なのにアレな方向にいっちゃってるので、ある意味適材適所なんでしょうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 14:21:36
  384. 書くところ間違えてた


    そもそも、アメリカは一度も「台湾有事の時にはヘリで海兵隊が駆けつける」なんていってねーぞ。
    JSFは英語が読めないのであろう。

    「中国軍特殊部隊による台湾攻撃」という愚、の補足編
    http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/7d79772814ba24140f739df02486c202

    >海兵隊の記述については、航空機や揚陸艦の一般的説明が長々となされているだけであり、別に沖縄海兵隊がヘリですっ飛んで行きますよ、というような説明は見当たりません。
    >
    >他の部分においても、沖縄の海兵隊がヘリで駆けつけるというような説明はなされていませんね。
    >端的に言えば、「中国側が恐れているのは米軍の航空戦力」であり、その作戦機としては、艦載機もあれば、岩国や沖縄等に配備されている航空機もある、ということが言われているだけです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 15:49:59
  385. >>384
    間違えた所でも言ったけどさ

    普天間中心にコンパスで約700kmの円を書いてみろ
    なぜヘリなのかをよく考えろ
    台湾が普天間基地問題を危惧してミサイル開発再開した理由を説明してみろ

    そもそも英語出来たって、軍事の知識がまるで駄目なら主張する意味ないだろw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 16:01:23
  386. 米軍が沖縄海兵隊は台湾用って言っていないと盲目的に信じ込む人ほど
    日本の再軍備には反対なのはなぜなんだろうか・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 20:36:30
  387. 実際に台湾有事は対岸の火事だし軽視して然りかと
    それより今現在基地によって苦しめられている沖縄県民の救済が最優先なのは当然のこと

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 22:39:59
  388. >>387
    あんたがどう思おうと勝手
    気付いた時には既に遅しって事にならん事を祈れ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年04月30日 22:43:49
  389. >>387
    まあ普通に座してれば対岸ではなく此岸の火事になる流れに見えるけどね 沖縄にとっては
    こちらに燃え広がらないうちに手を打っておくのが効率いいと思うよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 01:07:28
  390. >>387
    対岸の火事ならまだいいが台湾有事は隣家の火事なんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 01:32:33
  391. >387
    困っている対岸の住人を助ける義理は無いのですか?
    その火事が自宅の軒先に飛び火する可能性は極めて高いのですが、それまで放置するんですか?

    …こんな独善的で近視眼的な国家とは付き合いたくないなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 01:43:11
  392. >>387
    貴方がおっしゃるその論理で言えば、沖縄に住んでいない人間は“基地問題なんか対岸の火事だし軽視して然り"と考えるのが当然という事になりますが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 01:53:53
  393. 中国との有事発生でも米国の参戦求めず 台湾総統が発言
    http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005010004.html

    台湾の今までの発言とかなり違うんだが…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 14:34:03
  394. はてなサヨクってアメリカ相手だと突然「売国」だの言い出すねぇw
    http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20100430/1272634901
    「JSFその他1名がキイキイ」とか印象操作に必死w
    http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20100430/1272634901

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 16:17:10
  395. こうなったら、かねてより小沢一郎幹事長ご提案の自衛隊と別枠の国際貢献部隊。。。に名を借りた海上自衛隊陸戦群を創設し、中東以外やる気のない米軍にお帰りいただいて代わりに朝鮮と台湾をニラむ抑止力にすれば沖縄への公約も果たせるし、今のすごく中途半端な海自特警隊も立て直せて三方丸く収ま。。。らないか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 23:09:54
  396. >>393
    馬政権は基本的に親中政権って事を忘れちゃいかん

    ま、そんな政権がミサイル開発を再開したって事は、これまた重大な意味を持つ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月01日 23:16:01
  397. 斬首作戦が実行に移されようが移されまいが、
    最初の一撃で台湾の指揮系統が大きな打撃を受けることには全く変化がなく…

    対岸の火事と言いますが、関東大震災では川幅300mの隅田川を【火災がわたってきて】
    本所被服廠跡地の惨劇になったわけでしてね。
    まあ、台湾有事もそういうことになりかねんわけですよ。

    最初の一撃で台湾を屈服させられず、早期にアメリカが介入してくる
    という事実がまず抑止力になってるわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月04日 12:31:43
  398. 【首相訪沖】首相、沖縄県内移設の意向示す
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100504/plc1005041137009-n1.htm

    はいお終い。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月04日 12:45:55
  399. そこまで言って委員会で勝谷誠彦が
    「地図にコンパスでヘリの航続距離の円を描けばどこに基地をおけばいいかマスコミにもわかりそうなものなのに……」みたいなことを言ってたな(正確には覚えてないが)。
    まさかこのサイト見てたりするんだろうか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年05月29日 15:06:34
  400. 「まあ、台湾そのものが平和裡に中国のモノになるのが確実になっているから台湾有事がああだこうだで沖縄に負担を押しつけようとしてもう無駄なわけですよ。」
    と誰かが勝利宣言する。このカシオミニを以下略。

    中台が経済協力枠組み協定調印、台湾のGDP押し上げる見通し
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-16056020100629


    Posted by 名無しОбъект at 2010年07月01日 14:14:49
  401. 台湾が陥落したら沖縄が最前線になるだけの話。今より戦力を集中する必要がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年07月01日 15:02:11
  402. >孫崎氏
    最近は「小沢党」と組んでるようですね

    Posted by 名無しОбъект at 2012年10月28日 22:36:59
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。