2010年08月09日
アメリカは中国の東南アジア影響力拡大に歯止めを掛ける事を宣言し、その上で空母を用いた砲艦外交を行いました。


米空母がベトナム沖合に 南シナ海、中国を刺激 :共同通信
 【ハノイ共同】AP通信によると、米海軍横須賀基地配備の米原子力空母ジョージ・ワシントンが8日、ベトナム中部ダナン沖合の南シナ海に到着した。南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)、西沙(同パラセル)両諸島の領有権をめぐってベトナムと対立する中国を強く刺激しそうだ。

 また米国は同空母を米韓合同軍事演習の一環として、中国の「玄関先」である黄海に派遣する方針を既に表明しており、中国の反発が一段と高まる可能性もある。

 APによると、同空母の訪問は、米国とベトナムの国交正常化15年祝賀の一環とされる。ベトナム戦争を戦った両国だが、2003年には米軍艦船が戦後初めてベトナムに寄港、両国の軍事協力は活発化している。

 南シナ海での領有権をめぐっては中国とベトナム、フィリピンなどが対立。ベトナムで先月開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議でも討議の焦点となり、クリントン米国務長官は米国の南シナ海への関与を強化する考えを表明した。ベトナムと米国が、中国けん制で一致したとみられている。


この状況の解説は以下の記事を読むと良いでしょう。

我が国で報道されない海外事情って、文脈に対する理解の問題じゃないか:山本一郎
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2010/08/post-a554.html
Hillary Clinton Changes America's China Policy : Gordon G. Chang
http://www.forbes.com/2010/07/28/china-beijing-asia-hillary-clinton-opinions-columnists-gordon-g-chang.html
大失態演じた中国外交、米中対立どこまで:宮家邦彦
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4147

元外交官の宮家邦彦氏は軍事知識が素人レベルで安全保障の話に不安がありましたが、山本一郎氏に聞いて見ると 「外交状況に対する認識は極めて正確だと思います」と聞かされましたので、今回は外交に比重が置かれた話題なので分析に関しては大丈夫だと思います。


中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る :毎日新聞
青く、穏やかな南シナ海に緊張が走った。6月23日、インドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西57カイリ(約105キロ)。現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、中国の白い大型漁業監視船が、「拿捕(だほ)した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告。大口径の機銃が銃口を向け、インドネシア海軍艦も応戦準備に入った−−。


南シナ海での中国の振る舞いに東南アジア各国は我慢の限界に近づいて来ており、ベトナムと中国の間では海上で頻繁に発砲事件が発生していましたが、インドネシアとの間でも発砲寸前のトラブルを引き起こしています。

東南アジア各国は、中国が将来この海域に大規模な艦隊を送り込んでこれまで以上の振る舞いを行う事を警戒し、対抗としてこの地域で海軍軍拡競争が始まっており、特に潜水艦の大幅な増勢・新規取得が目立っています。ベトナムはロシアからキロ級潜水艦6隻を購入します。そして、アメリカ海軍を呼び寄せ、中国への牽制としたのです。アメリカは現在、シンガポールのチャンギ港を利用しており、この方面に睨みを聞かせていますが、今後はベトナムのカムラン湾にも頻繁に現れる事になるでしょう。カムラン湾は2002年までロシア海軍が租借していましたが今は撤退しており、それ以降ずっとアメリカは租借出来ないかと打診し続けていました。

ベトナムとしてはアメリカは仇敵です。しかしベトナムは中越戦争を経て中国が目の前の最大の脅威であると痛感しました。ソ連が健在の頃はソ連海軍艦隊のカムラン湾駐留で中国への海上での牽制は出来ていましたが、ソ連崩壊後に弱体化したロシア海軍の再建は途上であり、今はまだ頼る事が出来ません。そこで、アメリカ海軍を呼び寄せる方針を選択する、そういう事になるのでしょう。前述のようにアメリカは以前からカムラン湾の使用を求めており、ベトナムが許可を出せば成立します。

カムラン湾 - Wikipedia

本格的な根拠地(横須賀や佐世保のような)として使うのではなく、定期的に訪れる泊地となるでしょうが、米空母がカムラン湾に頻繁に現れるようになれば、中国海軍の行動は大きく抑制される筈です。
20時08分 | 固定リンク | Comment (727) | 政治 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 米民主党支持者から一言↓

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:10:05
  2. 1ゲット

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:10:14
  3. ベトナムとしては背を腹には変えられないと言う感じなのでしょうかね?


    Posted by 護衛艦あしがら at 2010年08月09日 20:12:34
  4. はたして敵の敵は味方となるのでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:14:19
  5. この様な情勢を日本政府も読めてるのか気になるところです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:16:02
  6. だが、中国が水上艦でも新鋭艦約20隻を含む空母部隊を持つ以上南シナ海を核心的利益と考えるのは自然だろう。空母の進撃路を日本の南西諸島に設定するわけにはいかないからだ。バシー海峡を通って西太平洋および日本列島・台湾を確保するのが軍事的には純粋に正解だろう。
    後は周辺諸国が冷静にすることだな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:16:48
  7. 中国脅威論を無駄に煽るなと主張されている方々は、ますます居場所が無くなりますな・・・w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:17:05
  8. アメリカ海軍「ついでにいっちょ、キロ型の音紋録っていい?就役してからでいいから」
    ベトナム海軍「流石にそれはちょっと・・・」
    アメリカ海軍「ですよね〜」

    なんてやり取りしてるさまが頭に浮かんだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:18:58
  9. どっちかっていうと、ベトナムとインドネシアがアメリカの尻を叩いたって所では?

    中国にしてみれば、現時点で一番介入されたくない国に出てこられた訳で、
    戦略の練り直しに迫られるでせう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:20:39
  10. 何が始まるんです?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:21:38
  11. >>7

    中国脅威論を日本政府だけでなくアメリカ政府もとってないぞ。それどころか、東南アジア諸国もとっていない。エンゲージメント政策であって、封じ込めはどこもやっていない。中国の発展は基本的に世界のほとんどの国の利益。ベトナムも例外ではない。ちなみに一番利益を得ているのは日本だ。貿易品目もほとんど競合していないし、日本が対中軍事強硬政策をとるのは馬鹿だよ。
    中国を別に擁護してるわけじゃない。自国のためだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:23:10
  12. 日本に寄港しているGWが南シナ海に行ったということは・・注意しなければいけない。中国はこう見るだろう。日本は南シナ海に介入するアメリカに支援したと。ジョージ・ブッシュの南シナ海派遣について日本政府は事前に同意したのか?おそらく何の連絡も無く蚊帳の外だったんだろうな。恥ずかしい限りだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:28:38
  13. >>11
    中国は核保有国であり、軍事費の透明性が低く、大国なのに何を考えているのか、いまいちよく掴めない
    そして政府は一党独裁政権
    このような国のどこが脅威じゃないのか、ご教授願いたいものです

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:29:40
  14. 日本がアメリコに非協力的だからアメリコが東アジアでプレゼンスを長期的に
    維持し続けることができなくなって、アメリコは中国に妥協して地域覇権国としての
    一定の地位を認めて、代わりにある程度のプレゼンスを維持する。
    日本の地位は米中の狭間でますます衰退していく。

    そんな絶望的な未来にならなくてよかった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:31:16
  15. >>11
    その風向きがもう変わったんだよ。
    ベトナムとインドネシアが ASEAN 前にアメリカに対して積極的に動き回り、
    公式の場で中国に釘を刺させる事に成功した。

    中国にしてみれば、足元を一気に崩されたのと同義で、ベトナム、インドネシアと
    アメリカが手を組んで抑え込みにかかられるなんて想定してなかった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:31:47
  16. リーマンショック後の消費牽引車として頼りにしていた中国経済も消費主導への転換を果たせず、元も明確には切り上げず、
    投資のほうもバブル崩壊が間近であることが鮮明になったことが、アメリカの政策転換に陰を落としている予感。

    働けなくなった牛馬は屠殺場行きに・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:31:53
  17. 仲良くはするけどいつ相手が軍事侵攻という手段を持ち出すかわからないから抑止力だけは置いておく、でいいんじゃね?
    どうせ軍事的に対立してても貿易して儲けたいのは双方とも同じだろうし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:33:05
  18. >>15
    中国が脅威だと感じているからこそ、ベトナムもインドネシアも、このような行動に出たんだよな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:33:57
  19. この記事を見て菅内閣は
    「どうして良いか分からないし、気付かなかった事にしよっと。」と言い出すか、
    「遠くの東南アジアより近くの中国についた方が得っぽいよな。なんたって大国だからな。どの国が勝ち組になるのかシッカリ見極めなきゃな。」と言い出すか。
    どっちだろう?

    Posted by 5963 at 2010年08月09日 20:35:14
  20. 決定的対立は望まないが、横暴な振る舞いは抑え込もう、という実に健全な戦略だろう。中国は調子に乗り過ぎていたんだ。出る杭は打たれる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:36:17
  21. >>17

    11だが、俺が言いたかったのはそういうことだ。何も自衛隊が完全に中国を敵視するなとかそんな意味で言ったのではない。南西諸島防衛はやりたければやればいいが、総合的な安保政策で軍事だけを強調しても、無意味。中国をルールに従わせるように仕向けることが重要。
    そのために粘り強い関与政策(場合によっては軍事的演習で意思表示するくらいの鞭もいるだろうが)で話し合いを通じて説得することだ。

    軍事だけで脅しても中国は逆に軍拡で反発するだけ。中国の国力を侮れば痛い目にあうぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:38:10
  22. >>12
    ブッシュはベトナムに行ってないと思うが?
    何か笑い話のネタか何かか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:38:49
  23. >>11
    中国を起点としたアジア・オセアニアでの軍拡について再三紹介されていますし、
    最近のエントリーでも、国家間の経済関係と安保が必ずしも連動してないことを、
    中米双方の専門家の主張とこれまでの事例を用いて紹介されますが読みました?
    http://obiekt.seesaa.net/article/158776311.html

    >>12
    ベトナムと合衆国との間のことに日本が同意する必要あるのか?そのため恥ずかしがる理由も不明。
    そもそもGWと書いた直後でジョージ・ブッシュ?
    まともにエントリーを読んでるのかすら疑わしいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:38:58
  24. >>23

    GWをGWブッシュと間違えた。紛らわしい名前だったんでね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:41:33
  25. >>21
    >中国をルールに従わせるように仕向けることが重要。

    そのルールを守りそうにないから、ベトナム、フィリピン、インドネシアはこの記事で紹介されている行動に出たわけだが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:43:10
  26. >>21
    だから、軍事にモノを言わせて東南アジア各国を甘く見ていた中国が
    痛いしっぺ返しを食らっただけだって。

    中国を甘くみるななんて検討違い、中国が他を舐めすぎていただけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:44:04
  27. >>21
    残念ながら、中国に味方はいないわけだが?

    アメリカが、今回の件で対立勢力の一角として立った。
    インドは水源問題で中国と対立中。
    ロシアは中国への軍事技術供与を停止する模様。
    中東は資源関係で中国と競争関係にある。

    むしろ、空気を読めてない国ばかりが中国によっているわけだ。
    中国がこのまま無茶しようとすると、50年前の日本と同じ立場に立たされる可能性があるが……。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:45:04
  28. >>24
    あなたは12の人?
    日本<GWの南シナ海派遣に反対します!
    米国<それで?
    で終わると思うぞ、日本にいるだけでアメリカの持ち物なんだから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:49:48
  29. かつて不安定の弧などと言って、アメリカの威を借りた日本は、対中、対北朝鮮強硬姿勢に傾いたものの、アメリカの親中政策への転換ではしごを外され孤立しました。
    ウクライナ、グルジアをめぐって米ロは対立しましたが今はどうでしょうか?
    アメリカの威を借りてロシアに強硬姿勢をとった、ウクライナ、グルジアは今どうなってるでしょうか?
    日本が自分自身軍事力も外交能力も無いくせに、
    アメリカの威を借りて中国に強硬姿勢をとると、
    アメリカにはしごを外されて時、中国にへつらい続けるという、みっともない結末になる事を考えておくべきでしょう。
    一連のアメリカの中国をめぐる騒動でも、
    日本は完全に消えていて、外交防衛両方で
    全く不必要な存在に没落している事がわかります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:50:11
  30. >>27

    だからだな、中国に日本が関与政策をやるが効果的だと言ってるだろ。天安門事件の時日本だけが、経済制裁に慎重で中国を孤立させるべきでないと言った。その後も天皇を送ってやっただろ。あれで中国に対する日本の影響力が増して、改革開放政策が維持された。中国が今曲がりなりにも平和発展できるようになったのは日本の功績。こういう日本外交をアメリカも評価してるの知らないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:50:19
  31. 問題は、北京はこの状況を受けて自重を選んだとしても、軍閥が北京の言う事を聞くかどうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:50:35
  32. >21
    >軍事だけで脅しても中国は逆に軍拡で反発するだけ。中国の国力を侮れば痛い目にあうぞ

    中国は孤立してるから皆で囲んでタコ殴りにすればいい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:50:58
  33. >>29

    それは何?軍拡しろって意見?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:51:08
  34. 仮に中国で戦争が起きたら大友か押井の漫画みたいに中国で転々としてみたい…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:52:04
  35. >>13
    >そして政府は一党独裁政権
    >このような国のどこが脅威じゃないのか、ご教授願いたいものです

    アメリカがイラク・アフガンでやってることを見ると、素直に同意できない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:52:11
  36. >>10
    東西対立時とは違った形の冷戦。
    おそらく貿易戦争の形になると思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:52:17
  37. >>29
    この記事ちゃんと読んでないでしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:52:45
  38. >>31

    軍閥なんていねえし。どの時代だよ?アホか?
    反中書き込みしたいなら余所でやれ。ここはそういう場ではない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:53:13
  39. はてな左翼が必死ですぅw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:53:28
  40. >>21
    >軍事だけで脅しても中国は逆に軍拡で反発するだけ
    逆もなにも、こちらが何もしてなくても、中国は二桁成長をしてるわけですが…

    それこそ正に「中国に手駒に取ろうと思えば痛い目にあうぞ」です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:53:38
  41. >38

    北京閥や上海閥の存在を知らないとは・・苦笑w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:55:01
  42. >>35
    イラクはまぁあれだが、アフガンは違うだろw
    NATOも参戦してるし
    アフガンをテロリストの聖域にする事だけは絶対に避けなければならない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:56:00
  43. >>38
    お前、北京と上海がお互いのバランスとる為にどれだけ苦労してると思ってんだ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:56:43
  44. >>29

    孤立してるのは中国の方でしょ? 中国の友好国ってパキスタンしか居ないし。あ、北朝鮮も居たかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 20:57:59
  45. 中国マンセー厨が劣勢だな。まさかヒラリーがあれほどズバリ言い切って中国をコケにするとはね、愉快痛快w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:00:29
  46. >>29
    はタモガミ=ボーガスシモツカレだろ。
    Lv,1勇者ごくろうさん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:04:37
  47. 超大国中国への冷静な姿勢を説いただけでレッテル貼りをされるとは・・・黄禍論吹き荒れた20世紀初頭の反日アメリカみたいに日本も落ちぶれたか。中国に嫉妬してねたみ続ける無様な国民に成り下がったとは本当に残念だ。等身大の中国を見よ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:05:47
  48. 道理で開港祭の時にジョージがいなかったわけだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:06:32
  49. 米空母がカムラン湾に頻繁に現れるようになっちゃうと、
    横須賀でフレンドシップデーのとき空母が居なくいことが多くなって寂しいずら。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:06:51
  50. >>47
    どこがどう冷静な姿勢なの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:09:04
  51. >>47
    冷静な姿勢を説いた笑い話か。自分の書き込みと無知さを振り返ってみろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:09:48
  52. >>47
    あなた、現状はけしからんって言ってるだけで、
    具体的にどういう方針を取るのが「冷静な姿勢」なのか一言も言ってないじゃない。
    それじゃただのアジだと思われても仕方ないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:10:26
  53. 中国の中の人は、なんでこう焦っているんだろうな?と。

    あと10年我慢して、周りの国に「うちの国は怖くないです」と笑顔を振りまいて、
    その裏で海軍力を強化していけばよいものを、中途半端に高圧的に出るから
    結果的に包囲される格好になるんだよね。

    ひょっとすると空母取得が夢のまた夢に終わりそうなんかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:10:39
  54. ≫47

    中共工作員の留学生は自分の国に帰れ。
    度を過ぎた中国賛美は逆効果になるぜ?
    不自然過ぎるものw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:11:22
  55. 米軍や自衛隊は一貫して軍縮姿勢なのに、その間も中国は一方的に軍拡路線。
    これだけで軍拡は軍拡を招くなんて理屈は論破できる訳だが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:12:08
  56. >>45
    米は共和より民主の方が対外では戦闘的ですよ、昔から。
    俺には「そりゃそういうわな」としか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:12:33
  57. 中国がアジアから孤立している・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:13:44
  58. 日本の一部のが中国を支持したりして

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:15:24
  59. >>53
    1886年の長崎事件と一緒だよ。
    身についていない借り物なのに、それを実力だと思い込んで増長しているってやつでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:15:57
  60. チャイメリカとかもてはやされて言葉遊びされてたのが懐かしいな
    ほんの数年前のことなのにな
    嬉しそうにG2とかいってたあの人たちは元気にしているかな( ´ー`)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:17:00
  61. >>52

    荒っぽく聞こえるかも知れんが、中国にアジアの盟主としての地位を与えることだ。それとバーターで国際ルール(海洋法等)を守るよう説得する。今はそういう働きかけが不十分だ。アメリカは日本を従属させつつ自国最大の利益を実現するべき対中妥協と強硬を混ぜている。日本も主体的にアジアのグランドデザインを描くべき。キャンバスが真っ白では国民は日本に不甲斐なさを感じる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:17:07
  62. >>47
    >等身大の中国を見よ
    3億の人民と10億の(略

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:18:30
  63. >>61
    そういう事は ASEAN 諸国を納得させてからほざけ。
    あと、盟主って地位は与えられるモノではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:19:18
  64. 鳩山グループ軽井沢研修会に小沢一郎氏を招待http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100805-OYT1T00890.htm

    鳩山氏は日中間の環境協力の重要性を訴えたほか、今月16〜18日の日程で訪中し、温家宝首相との会談に臨む考えを明らかにした。

    鳩山「行ってきます」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:19:21
  65. >>61
    バーターったって、中国がそれを反故にしない保証は?
    中国にルールを遵守させるための裏づけとなる力は?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:19:30
  66. >>55
    ならば論破してみせてください
    ちなみにアメリカは、余りありすぎる戦力を維持するのは大変って理由で削減中
    日本はGDP1%枠を死守(しかし潜水艦を増強するとのこと)
    それ以外の国で軍縮中の国を挙げてみせてください
    一つだけ挙げてみると、韓国は・・・現在軍拡中ですねw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:20:17
  67. いやぁ、これは中国、油断しましたねぇ。
    ASEAN地域フォーラムといっても、これまで旗ふり役立ったタイは政治的混乱が続いているし、日米韓は北の撃沈事案で北を引きずり出すのに手一杯。
    他のASEAN諸国も経済危機を引きずって思う様には動けないし、ましてや宗主国に歯向かう事はすまい、と我が世の春のつもりだったんでしょうけどねぇ。
    さらに、中国を名指しで牽制したのが、よりによって米民主党で最大のパンダハガー、大統領選ではチャイナロビーから選挙資金を受けてたとまで言われるクリントン(嫁)ですからねぇ。
    これは、飼い犬に噛まれた以上のショックでしょう。

    さて、この局面で日本がなすべきは…。
    ここはやはり、中国海軍の事例に倣い、今こそ「漁業監視船 はつゆき」や「救難/哨戒飛行艇 US-2」を、インドネシア政府に援助すべきではなかろうか?!(マテ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:20:35
  68. 中国は何もアメリカと世界戦争をやる気は無い。あくまで台湾が完全に中国から分離することを阻止(決して武力併合を本気で考えていない事に留意せよ)しつつ、中国周辺(日本・台湾・フィリピン)の優越権を確保して中国本土の緩衝地帯にしたいだけ。ロシアだって同じように中央アジアや東ヨーロッパでやってるでしょ。
    中国だけそれを認めないというのは差別として中国が反発するのは当然。ましてや南シナ海には中国の領土があるんだからね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:21:27
  69. >>42
    ご存知のとおりアメリカとアフガンは蜜月時代もありました。
    今のアメリカはイデオロギー云々テロリスト云々なんてどうでもいいんです。口実ですよ。
    アメリカ人(の富豪たち)が幸せになればいいの。

    ■米国:アフガンでリチウムなどの鉱床発見、約92兆円規模−NYT紙
    http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aqEIoPb4xds4

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:21:28
  70. >>47
    はぁ?みんな等身大の中国を見て議論してるのだが・・。南シナ海は我が国のシーレーンでもあるぞ!南シナ海で戦が起これば物価上昇等,自分の生活にも影響が出てくる可能性があるから騒ぎになるんだよ。
    現実を冷静に見られないあんたが落ちぶれているんだよ!


    Posted by 名無しT72神信者 at 2010年08月09日 21:22:41
  71. 騙されるな
    アジアを支配するために都合のいいように分裂させて争わせるいつもの手だ
    アジアの問題はアジアの中で解決しないとやつらにつけいられるぞ。
    領土問題だっていつまでも解決しないぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:23:59
  72. >>65

    覚悟かな?ちょっと精神論っぽく聞こえるけど。
    仮に中国が反故にしたら当然中国への包囲網の動きが強くなるよね。その時の強硬策までは否定してないぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:25:23
  73. >>68
    反発してるのは中国じゃなくて ASEAN だろw
    ASEAN すら納得させられる実力が無いうちから無茶するから失敗する訳で。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:25:34
  74. >>69
    あれー?リチウムってそんな必死こいてアフガンなんかで権益確保しなきゃいけないような資源だったっけ?
    リチウムイオン電池による需要の伸びを見越しても、南米の塩湖とかで明らかになってる分で十分供給できる量があるんでなかった?

    って、トピック違いだな!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:25:51
  75. >>69
    イギリスは?フランスは?ドイツは?カナダは?その他アフガンに参戦してる国は無視か?
    日本もある意味、給油って形で参戦してましたよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:26:07
  76. >>68
    >ましてや南シナ海には中国の領土があるんだからね

    後から侵略して領土主張ですかw
    覇権主義ですねwww

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:26:54
  77. 超大国中国wあと30年まてよwww

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:27:04
  78. >>68
    >それを認めないというのは差別

    "超大国"のくせに情け無いだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:27:42
  79. >>76
    海南島のことじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:28:09
  80. >71

    帝国主義の中国には騙されないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:28:40
  81. これによる日本の影響ってありますかね?

    Posted by 名無しA-10神信者 at 2010年08月09日 21:28:51
  82. >>47
    超大国、覇権国ってそんなにいいもんかね?
    人口あたりの犯罪発生率なんぞ、中国はおろかアメリカより日本の方が低く、暮らしやすいけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:29:26
  83. 鳩山内閣が余計なことをしないか心配です

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:29:26
  84. ますます孤立する中国。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:30:19
  85. >>81
    とりあえず現時点では直接的な影響は無い。
    ていうか、この問題では、アメリカ・中国・ASEAN いずれからも相手にされてない。
    (日本政府が不安定すぎて相談しようにも無理。)

    情報収集と分析に力を入れて、とりあえず静観するしか出来ないのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:31:32
  86. >>74
    リチウムの事についてあのニュースを例にだしたんじゃないのよ。
    アメリカはしっかりアフガンの資源調査をしてるってこと。
    テロとの戦争中なのにね。イラクもしかり。
    アメリカはしっかり押さえてますよ。それがアメリカの戦争なの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:31:53
  87. >>71
    ASEANに中国は含まれていない。侵略者は帰れ。

    >>81
    我が国のシーレーンどまんなかで軍事的綱引きが始まろうっていう状況で、なにをお気楽に…。

    >>82
    …いや、なんでもない。軽井沢にお帰り。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:32:57
  88. >68
    >中国周辺(日本・台湾・フィリピン)の優越権を確保して中国本土の緩衝地帯にしたいだけ。

    朝鮮半島と満州を確保した日本帝国と同じデスね。
    おめでとう! 今の中国=65年前の帝国主義と証明されました!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:33:07
  89. まぁ強権的に振舞うならば、まずヨーロッパ方面から中国製品の締め出しが始まるだけでしょ。
    ヨーロッパ諸国は保護貿易的な性質が強いから。
    だぶついた製品は南米や中央アジア、アフリカに流れるんだろうけど、そこでもじきに反発くらうようになるよ。
    (というか現状でもなあ)
    現地の産業まで潰すような、破壊的輸出されたんじゃたまらないからね。

    これで成長力も大幅に削られるし、人民の不満も上昇するねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:33:41
  90. >>69
    なんだ陰謀論者か・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:34:29
  91. アジアから嫌われ、孤立する中国。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:34:34
  92. >>86
    お前がどう思おうと、お前の勝手
    俺がどう思おうと、俺の勝手

    しかしだ、記事違いの話しをいつまで続けようというのかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:35:10
  93. >>69
    そのアフガンで中国が資源外交

    正直、アメさんにとっても資源目的で戦争するにはあまりに採算の合わない話かと

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:35:23
  94. >>88

    馬鹿馬鹿しい。アメリカのキューバ政策は?南米への干渉政策は?ロシアの中央アジア・東ヨーロッパ政策は?

    アメリカやロシアは帝国主義でも良いが、中国だけは駄目なんですね。わかりますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:36:07
  95. >>94
    それなりに実力があって、とにもかくにも安定が保てるならともかく、
    一斉に反旗を翻されるようじゃ、実力が足りない証拠。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:37:44
  96. >>90
    たぶんあなたのような人は「CIA」って名前だしただけで笑っちゃえるんでしょうね。
    最近のウィキリークスぐらいは読んでるんでしょうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:37:51
  97. >>94
    >中国だけは駄目なんですね。わかりますよ。

    だって日本にとって都合悪いじゃないですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:38:08
  98. 中国を敵としていてはいつまでたってもアジアでまとまることは出来ず、外部の勢力にいいようにされてしまう
    欧州はそれに気づいたから統合したのだ
    ここはフランスとドイツを見習ってはどうだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:39:22
  99. >>30
    天安門事件で日本が甘い顔した所為で反日教育に拍車がかかったんだがね。
    あれで連中にとって【日本は殴っても大丈夫な安全な敵】になった。

    日本の影響力が増した?
    あんたの目は節穴か?
    今じゃすっかり増長しきって大金抱えた中学生みたいになってるじゃんか。

    自分じゃ超大国のつもりかもしれんが小魚が群れて自らを大きく見せてるのに似てる。
    が、違うのは小魚の群れと違って中国は自分が本当に大物になったつもりでいるところ。
    あと30年大人しくしてれば本当の大物に成長したかもしれんが馬脚を現すのが早すぎたな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:41:04
  100. >>94
    おかしな平等妄想に取り憑かれてるね。

    そうだよ中国はダメなの。
    自由貿易体制を取っている国には都合が悪いから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:41:27
  101. >>94
    >アメリカのキューバ政策は?南米への干渉政策は?ロシアの中央アジア・東ヨーロッパ政策は?
    全部過去の話じゃん。それと現在進行形の帝国主義国家中国を同列視するとは本当に
    >馬鹿馬鹿しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:41:33
  102. >>98
    ヒントをあげよう。
    独仏両国はともにキリスト教国で、価値観や政治制度に共通点がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:41:39
  103. うん 駄目だよ

    俺らが困るから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:41:43
  104. >>98
    >外部の勢力にいいようにされてしまう
    あなたの言う外部の勢力とは、中国に反発する全ての勢力って意味ですよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:42:34
  105. >>98
    アジアでまとまるわけがないでしょう。
    文化、風習、モラル、政治体制、民度、法治レベル、社会体制、など違うのにまとまる意味がない。

    日本としては、まだ、アメリカ、カナダ、豪、あたりに仲間に入れてもらった方がマシ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:44:52
  106. 日本は日本の利益を追求するのみだよ
    米中で公平じゃないとかそんなことはどうでもいいんだ




    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:45:41
  107. >98
    立地から考えるとEUとイギリスを見習おうぜ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:46:05
  108. おみゃーさんたちが中国を敵視しても、わしにはどうしても中国は敵には見えない。商売やってればわかるが、経済的には今ではアメリカなんぞに比べようもないほど日本に利益をもたらしてるぞ。それに過去の歴史のアレもあるし、中国を敵視するのには反対させてもらう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:46:07
  109. >>105
    >アメリカ、カナダ、豪、あたりに仲間に入れてもらった方がマシ

    少なくともこれらの国と日本とは、モラル、政治体制、民度、法治レベル、社会体制は結構近いからな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:47:46
  110. 中国は中華圏でまとまっているのが自然っぽいな
    統一されてても分裂していてもだ
    中原で満足していてほしいわ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:47:55
  111. >>108
    国防あっての商売ですよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:48:19
  112. >>108
    お願いだから、貿易統計くらい確認してくれ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:48:24
  113. >>108
    こういう奴には、何度も繰り返し教えた所で無意味っぽいな・・・w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:49:14
  114. >>108
    中国を敵視するのと、脅威として認めるのはイコールじゃない。
    別に中国を敵視する必要は無くて、ただその能力に様々な手段を駆使して備えるだけ。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:50:10
  115. 横須賀のお祭りに空母が居なかったのはこれのせいですか。仕事だから仕方ないとは言え、残念なことです。

    >>108
    信用できない相手と商売する方が悪いです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:50:17
  116. >>109
    やだ、環太平洋民主同盟っぽい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:50:46
  117. >>108
    お金だけのドライな関係って素晴らしい!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:50:48
  118. >30
    >あれで中国に対する日本の影響力が増して(以下略)
    で、その後何が起きました?反日デモ、上海領事館への投石、上海総領事館員自殺事件、白樺ガス田問題、沖ノ鳥島・尖閣諸島など日本の主権を軽視した言動etc。これで日本の対中影響力が強まったと?中国国内の改革開放だってどこが進んでいるのやら。天安門事件で学生達の怒りを買った官倒、少数民族への弾圧、人権問題等々、日本の対中政策のお陰で進展があったとは到底思えない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:52:53
  119. >>108
    人の趣味にまで文句は付けないさ。これからも声を大にしてそう主張すればいい。
    俺らは聞き流すだけだけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:53:21
  120. 東南アジアからNoを突き付けられた中国。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:53:56
  121. >>108
    あなたは、商売相手にいいように騙されるタイプですね。
    連中から搾り取るだけ搾り取るぐらいの気概が無いと、ありとあらゆる意味で中国に飲み込まれますよ。

    そんな、確実にケツの毛まで中国にむしり取られるであろうあなたの十年後に、年金や生活保護を恵む気にはなりません。あなたの味方の中国政府から貰って下さい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:54:41
  122. >>118

    喫茶店に行って2時間くらい話し合おうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:55:11
  123. コピー大国とかいろいろ言われてるけど、結局、中国はすぐ騙して裏切る国って結論に帰結するからな

    要するに信用が低いんってことさ

    いっぱい金だして軍事力は上げられかもしれないけど、アメリカのような「信用と威厳」がない限り「世界の警察」たる地位にはなれないわ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:56:00
  124. 今こそアジアには坂本竜馬のような人物が必要なのかもしれない
    アジアをまとめていがみ合うアングロサクソンに対抗するために…
    アジア版薩長同盟を結ぶために…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:57:00
  125. 中国とアメリカはかつてのイギリスとドイツ帝国の関係に似てるって誰かが言っていたけど、
    それでいえば今どの段階に来ているのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:58:42
  126. >>124
    ごめん、俺はアングロサクソンの方がまだしも信用できるよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:58:49
  127. 君たち中国人と話したこと無いでしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:58:52
  128. >>123
    フランカーコピー事件なんて、それを象徴しているかのような出来事だからな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:59:04
  129. 台湾は政治と貿易を分離した外交を中国にし始めてるけど、日本も同じ路線を従来通り取るべきなのかな…?

    貿易規模は確かに大きいけど、市場の信頼性には問題があると聞くし…(文化の違い、契約不履行、バブル経済等)

    軍事面では脅威以外の何者でも無い…

    個人で友人になる分には中国人も悪くないけど、国家という単位になると完璧に別だと思うんだよねー。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 21:59:05
  130. >>126
    個人の意見よりまず政府の意図が重要なんだが・・・
    そりゃどこの国の人でもみんなそれなりにいい人さ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:00:08
  131. >>127
    話したらどうなるんだ?w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:00:30
  132. >>127
    あるよ、台湾人と香港人だけだが。
    あと俺は北京語も広東語も解さないので英語での会話だが

    実に良い奴らだった。
    が、それと安全保障問題はまた別だと思うが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:00:31
  133. >>127
    個人的な付き合いでは特に問題ないけど、国家はまた別。
    それはそれ。これはこれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:01:13
  134. >>131

    分かりあえるだろ。そうしたら中国を敵視しなくなるわな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:01:57
  135. >>123
    さすがに、ロシアから「エンジン供給止めるぞごるぁ!」とまでなるとは思わなかったなぁ。

    >>124
    アングロサクソン対抗は「攘夷」ですね。時代遅れですよ。
    アジアの薩長同盟は「倒幕」、古からの宗主国たる中華打倒という位置づけですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:02:07
  136. >>134
    個人と国とは別なんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:02:48
  137. また凄い粘着が化けて出たな
    お盆だからか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:03:12
  138. >>131
    むしろ中国人と一緒に飲むと、中国共産党への文句ばっかり出てくるような?w
    ああ、そういう意味で「分かりあえる」ってこと?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:04:27
  139. >>134
    一個人と解り合えただけで敵視しなくなるんなら、世の中戦争なんて起きませんぜw
    つかなんなんだこの頓珍漢な理論はw
    声に出して笑っちゃった

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:05:00
  140. あ、ごめん。138だが、宛先は134(127)ね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:05:36
  141. >127
    >君たち中国人と話したこと無いでしょ?

    今お前と話してるじゃん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:06:01
  142. 将来中国経済が失速しても
    まだ軍拡を続けるのなら
    こちらも完全に中国を
    敵と認識したほうが良いだろうな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:06:09
  143. >>127
    アメリカ人ともそんな頻繁に話す人は多くないんじゃないかね。ま、どっちも個人的につきあうだけなら「良い人」が沢山いるだろうな。

    そして全国民の利益代表としての国家はまた別。
    個人的に良い人がいたから米国が良い国かとか中国が良い国とか考えてはダメ。
    日本人にだって犯罪者もいるし良い人もいるし、政府はあんなですからな。総体としてどうよって話。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:06:16
  144. そもそもこのコメント欄でさえ解り合えてないのにw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:06:56
  145. 東南アジア諸国は華僑の力が強い。
    その関係から中国のスパイも多く中枢に入り込んでいる。

    対中国で緊張を高める策がどこまで続くだろうか。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:07:47
  146. 工場の手伝いに行ったときに留学生がバイトしてたなあ。
    日本語上手かったし返事は他の学生どもよりハキハキしてたし、
    かなり好印象だったわな。

    でも俺らの爺ちゃんたちが色んな国にケンカを売ってたこともあるわけだし、
    個人が良い人であることと戦争の可能性って別物じゃないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:07:51
  147. >127
    何度もあるますよ。日本に来た中国人だけど。一度彼らに共産党政府をどう思うか聞いたら「あんなの大嫌いだ」。なるほど、国外に移住したがる中国人が多いわけですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:08:05
  148. これからは中国の時代になるんだから。
    勝ち馬には早く乗っておいた方がいいよ。
    じゃないと近い未来に来る新秩序においてまた戦犯国家になるよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:08:55
  149. >>127
    アメさんも東南アジアの人も中東の人も、イスラエル人も話せばいい人よ。
    少なくとも外国人に絡まれて非難されたのは、中国人の留学生からしか経験がない…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:10:17
  150. アメリカからすれば、大日本帝国や第三帝国の反省もあるのかもね
    図に乗り出したのを放置していると、後で厄介なことになると

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:10:42
  151. >148
    「バスに乗り遅れるな」ですねわかります。
    破滅への第一歩ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:11:05
  152. そうかそうか。君たちは日中留学生協定や日中軍人交流も否定するんだ?毎日新聞でも海賊対処で日中が交流してる話が載ってたよね?
    そういう観点で127を主張したんだがな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:11:09
  153. >>148
    そりゃまぁ、中国とつるんだら犯罪国家になりますな
    首都にディズニーランドのパクリ遊園地があるほどの国ですからね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:11:32
  154. >148
    あかん、それ枢軸同盟フラグやw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:12:33
  155. >>152
    言っている事が支離滅裂だな・・・
    最初は個々個人同士
    そして次は国家政策においての交流ですか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:13:49
  156. >152

    だからなに? 冷戦中に米ソも軍人交流してたよ。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:14:42
  157. 米中を英独にたとえると今の日本はフランス?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:15:05
  158. ロシアとの関係もアレだし
    ホント大日本帝国並に調子に乗っているな


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:15:21
  159. >>152
    アホですか?
    否定してないし、日中がパイプを持つのは一向に構わない。冷戦中の米ソ首脳間にホットラインがあったのと同じ。
    ただ、それと
     「仲良くする」
     「敵だとは思わない」
    てのは同じじゃないんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:15:51
  160. 周辺地域から孤立する中国

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:16:38
  161. >>157
    下手するとポーランドに・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:17:29
  162. いったん転進する。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:18:13
  163. >152
    127の文面からそんなん読み取れるか!!


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:18:26
  164. >>149
    ごめん。僕は韓国人からも怒鳴り散らされたお。

    なんで「あなたはKoreanですか?」と聞いただけで、中国人と韓国人の留学生から怒られなくちゃならないんだ?それもスペインで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:18:33
  165. >>152がバカ過ぎてみてらんない
    冷戦期の記憶はもうオッサンの脳にしか残ってないのか?ある意味ソ連崩壊以降は、軍事面でのゆとり教育だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:19:41
  166. 馬鹿が逃亡しやがった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:19:43
  167. >>164
    「Coreanですか?」ときかなかったからだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:21:05
  168. >164
    どういう状況で聞いたかにもよるが、状況が悪い場合は
    「お前はナチか?」と聞いたに等しい場合があるぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:23:54
  169. 日本は昔、中国に酷いことをしたよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:24:16
  170. 核保有国同士が争う事は無いな。
    最近の米ロ関係見れば、最後は妥協して良い関係を築く。
    それを理解せずに調子に乗った国は孤立する。
    米中はプレイヤー、日本は操られる駒。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:24:54
  171. >>169
    歴史の時間に日中共同声明とか日中平和友好条約とか習わなかった?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:26:42
  172. >>164
    wwwそういう時は

    「あなたは中国人ですか?」
    「あなたは韓国人ですか?」
    「あなたは日本人ですか?」

    の順に聞けば波風立たないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:26:49
  173. >>170
    >それを理解せずに調子に乗った国は孤立する。
    つまり、この記事の通りってわけですかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:27:10
  174. 飲み会で中国人留学生に、とりあえず中国をほめたら、エライ勢いで共産党を罵倒しだしてびっくりしたよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:27:39
  175. >148
    >これからは中国の時代になるんだから。
    >勝ち馬には早く乗っておいた方がいいよ。
    >じゃないと近い未来に来る新秩序においてまた戦犯国家になるよ。

    ギャグで言ってるの? 前の大戦の時に、
    「勝ち馬ナチスドイツに乗れ!」「バスに乗り遅れるな!」
    とやって戦争に負けて戦犯国家になったんじゃねーか。

    あの時の教訓を活かすと「ナチス=中国」になるので、中国に与するのは滅亡フラグだろ、どう見ても。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:28:27
  176. というか
    中国
    中国人
    中国共産党
    漢民族

    この辺はしっかり定義して話さないと、会話が成立しないぜぇ
    因みに我が社に来た上海人(日本語ペラペラ)は、酒が入ると党員なのに共産党の悪口と如何にけいおんが面白いかしか言わない
    あとナニコレ珍百景が大好き

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:34:06
  177. >170
    >核保有国同士が争う事は無いな。

    米ソ冷戦を忘れたキチガイかテメーはw

    >それを理解せずに調子に乗った国は孤立する。

    今の中国自身の事だなw
    アジアから孤立してる中国www
    東南アジアからも嫌われた中国w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:34:45
  178. >>177
    冷戦はおろか、インドvsパキスタンも忘れちゃってるw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:37:31
  179. ネトウヨは基本的に中国が嫌いだからな
    ことあるごとに中国を叩く

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:37:42
  180. >>179

    転進したんじゃなかったのか?w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:39:08
  181. なんか書き込みペースが凄まじいぞ、君たち。

    >>169
    ごめん、どっちの中国について?

    >>170
    うん、確かに「直接」交戦することはないね。
    そのかわり相手国に親しい第三国に対して
    戦争仕掛けたり、その国の対立組織に軍事援助
    やら武器ばらまいたりしまくったけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:39:38
  182. >>27
    敵の敵は味方
    中国と敵対してる国の敵なら中国にとって味方と言える

    つまり、反米組織・国家とかパキスタンとか反ロシア勢力だな

    >>108
    >商売やってりゃわかる
    正直、その手の「商売」万能論は市場原理主義以上に胡散臭いんだよ。

    経済が重要ってのはそんなもの誰でも知ってる事だが、経済「だけ」が重要ってのとは違う

    と言うか、お得意さんだから文句言うなってのは結局いいように下請けとして顎でつかわれるだけじゃないの?
    それこそ、それは「共存」ではなく「屈従」じゃないか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:41:13
  183. >179

    記事本文は事実を伝えてるだけで特に中国叩きなんてしてねーよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:42:07
  184. 中国が叩かれているんじゃなくて、
    むしろ127とか152が叩かれてるだけのような気がするが…


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:43:27
  185. >>179
    ええと、つまりそれは

    「ASEANもアメリカも、みんあみんなネトウヨだったんだよっ!!11!」

    てことで?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:44:40
  186. >>179
    ならばネトウヨとやらは日本では弱小だな
    経営陣は揃って孫子の兵法を読み、オタクや801は三国志キャラで萌える。
    ってか、俺が知る限り日本人ほど中国大好きな外国人は居ないぞ?それこそ飛鳥時代からwww

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:45:25
  187. オマイラ妙に生き生きしてるなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:46:26
  188. >>152
    ヨーロッパなんか大昔から似たような交流があるけど二度の大戦を経験してるわけで

    つーか、政治(軍事)で対立して経済でそうではないなんて異常な事でもなんでもない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:50:32
  189. (古い)中国文化に好感を持つ日本人は多い
    中国人個人に好感を持つ日本人もそこそこいる
    だが、中華人民共和国という国家に好感を持つ日本人はほとんどいない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:51:51
  190. >>186
    でもそれって今の中国人じゃないよね。

    遺伝子レベルで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:52:09
  191. 南沙諸島を後から占領したりしているし、そもそもチベット侵攻など西方の異民族領域への軍事侵略、それに伴うインドとの軍事衝突、同じ社会主義国家であるベトナムへ軍事侵攻したりソ連と国境問題で殴りあったり、などなど帝国主義的と言える前科が多すぎるんだよね。中国。
    まあ、ソ連やインドも同じ穴の狢で原因の一翼でもあるけれど…。

    中華思想に裏打ちされた膨張志向は王朝時代と同じ、あるいはもっとひどくなりつつあるのかもね。教育の普及の影響か?

    以下、蛇足ながら。

    >88
    利益線についての意味合いは、状況として大日本帝国の朝鮮半島などに対する政策に似ているようだけど、幾分異なる。

    旧帝国では、明治期を主として明治維新の余波(その情熱や思想)から他の東アジアの国、朝鮮と清国の旧体制脱却・近代化を推進して欧米による侵略(軍事的にも経済的にも)に合作して防ぐ・対抗するという、ある意味お節介な熱狂があった。民間レベルでさえ。
    アジアの自発的な近代化を求めたけれど、
    朝鮮:「南蛮のサルまねしやがってこの倭が。伝統的な格好で出直せや!」
    清国:「我が国は広いし、本気で怒らせたら血の雨を見るぜ?ところで小日本人は我らの属国でなにうろちょろしてんの?」
    と、まあろくに相手にされず。
    それでも大国である清国が頑張ればマシなんだろうが、両国とも旧い体質で腐敗しとてもまともな近代化ができない状態だった。
    日本:「…使えねぇ。てかヤバい(焦)。ならば力ずくでも近代化させてやんよ!ついでに利益線として…。一石二鳥!」
    ⇒そして大陸へ…。
    (お節介の末に紆余曲折を経て大アジア主義とか貧相な理解力とかで滅亡。チーン)

    今の中共は、天狗となり自分の超大国化・覇権国家化を目指す為に、民主的で安定した周辺国を利益線として緩衝地帯化しようとしている。
    周りの国は話が通じる相手で、プレゼンス伸張にしても仲良くやってじわじわ浸透していく事ができるのに、調子に乗って不必要にアジア諸国を圧迫している。
    よって微妙に旧帝国のケースと違ったりします。

    まぁ、帝国主義的要素を含むのは同じなんですがね。長い蛇足失礼(汗!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:52:18
  192. 米中が友好的になると日本がはぶられるから、
    日本人は必死で米中対立を妄想の様に望むんだな。
    世界どころかアジアですら存在感の無い、
    愛玩犬程度の影響力しかない日本だから、
    ご主人様になる大国米中の動向は気になるだろうな。
    どっちにしても小国日本は右往左往しながら、
    どっちらにも米中の顔色伺いながら、
    へつらうしかない運命だけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:54:38
  193. >>175
    よく勘違いされてるけど、対米戦争を主導したのは大陸派国家社会主義の奴らなんだよな
    要するに今の反米派


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:55:17
  194. >>192
    しかしあんたのその改行、特徴あるよね
    昔っから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:55:53
  195. >>190
    うん、だから>>176になる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:56:19
  196. >148
    >これからは中国の時代になるんだから。

    パクス・シニカ(中国の覇権により形成される世界の平和という意味)ですね。わかります。
    しかし、中国と組んでも利用されるだけ利用されて後は捨てられるのがおちだ。昔のように「ソ連」という共通の敵が消えた今、ほとんどのアジア諸国から孤立してまで中国と組むのにメリットがあるのだろうか?
    むしろ台湾侵攻の手伝いなどをさせられることで世界から孤立する危険が高い。

    Posted by 90式改 at 2010年08月09日 22:57:07
  197. 一方日本の首相は日韓併合100年をむかえるに当たって痛烈な反省と心からのお詫びを表明するつもりらしい。
    文化財の返還も考えているそうな。
    これで日韓関係も改善され中国包囲網もより強固なものになりますね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:57:52
  198. >98
    頼まれもしないのにわざわざ敵対行動をとっているのだからしょうがない。

    >124
    フィリピン?ベトナム?何か色々揉めてるみたいだけど?
    「アジアをひとつに」とか言ってるけど
    地理的にみると日本からトルコ、イスラエルまで含めるんだか、いいのか?いいのか?

    後「ニッポンは孤立する!!1!(キリッ)」とか言って悦に入るのは勝手だが
    事あるごとに「あれもしたくな〜い」「これもしたくな〜い」とか
    ブチブチ言ってるんなら孤立して当然だわなぁ。
    ブチブチ文句を言うだけならチラシの裏に書いて欲しいのだが。

    (ボソッ)

    >因みに我が社に来た上海人(日本語ペラペラ)は、
    >酒が入ると党員なのに共産党の悪口と如何にけいおんが面白いかしか言わない

    >オタクや801は三国志キャラで萌える。

    よぉ……満足か…こんな世界で…俺は――

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2010年08月09日 22:57:52
  199. >>192
    だからさ
    句点使うならその後に文が続かないと意味ないわ、なんで改行するんだ?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 22:58:41
  200. しかし中国の記事になると擁護コメントの出ること出ることw日本よりもでかくて、何をしでかすかわからない国によくもそんなシンパシーを感じられるよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:01:48
  201. おわ
    句点じゃねぇ、読点だ!
    ボケはいってるなぁ、ゴメンナサイ。

    お詫びして訂正したします。

    Posted by 199 at 2010年08月09日 23:03:39
  202. 親大陸派で反米派と言ったら、小林よしのりみたいな怪しいのしか思いつかない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:04:31
  203. >>200
    まあ、13億の民を一党独裁支配できてるのだから、政治に関しては日本より上手だろうな。
    軍事力に関しても日本単独では対抗できないだろうし。

    でも、政治腐敗指数が低く、水資源に恵まれ、治安と衛生がよい日本の方が全然良いですけど。とても中国に住む気はしない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:06:28
  204. 中国広東省に建造中の対艦弾道弾基地
    http://www.defensenews.com/story.php?i=4735654&c=ASI&s=AIR

    >対地版東風21D(MRBM)の射程1700kmは、ベトナム・北部フィリピン・スービック湾などを射程に収めます
    >対艦版東風21D(ASBM)の射程1500km〜2000kmでは、1800kmあれば南沙諸島をカバーできる。
    これは、南シナ海の70%を射程に収めることになる

    第7艦隊が熱くなるな…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:06:41
  205. これは続報とも言える情報ですな

    http://twitter.com/obiekt_JP/status/20709920697
    http://twitter.com/obiekt_JP/status/20710156842

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:09:36
  206. >>192
    時給いくら?
    マジレスすると、歴史的にみると米国はオフショアバランシングを執るだろうね
    地域覇権国の出現を阻止するのが米国のやり方
    ドイツ然り、日本然り、イラク然り・・
    今は米民主政権だから、まだ経済優先なだけ
    米中友好とやらの根拠を示していただきたい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:10:16
  207. 弾道弾って、突入体制に入ってからは誘導利かないんでしょ?というか打ち上げ時に与えられるベクトルで落下地点がほぼ決まる。

    戦闘運動中の艦艇に当たるのかな?停泊中の艦には脅威だろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:10:20
  208. アメリカは最近ベトナムとウラン濃縮許可つきの原子力協定を結んだりして、政治的に近づきまくってるな。


    >>207
    つかMRBMの改良型だからSM-3で対応できると思う、この先どうなるか知らんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:11:31
  209. イージスMDの出番だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:12:52
  210. そういや、東アジアサミットの枠組み拡大で米露が入るんだっけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:14:01
  211. 日刊ベトナムニュース:越代表団、ダナン沖停泊の米原子力空母を訪問 http://bit.ly/9MyezX

    米越接近すげーな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:14:23
  212. >>208
    一度にたくさん打たれたら無理ぽ
    お手盛りの実験とは違うんだから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:14:54
  213. >110
    >中原で満足していてほしいわ

    激しく同意w
    これが(東・東南)アジア安定の鍵だよねw

    >189
    >(古い)中国文化に好感を持つ日本人は多い
    >中国人個人に好感を持つ日本人もそこそこいる
    >だが、中華人民共和国という国家に好感を持つ日>本人はほとんどいない

    私としても、中国人は中共で損していると思うなぁ。中国語の授業で中国人の先生が「台湾は私たちの国の領土ですから(キリッ」と言って、愛国的な音楽を布教して、映像を見せ、果ては中国の違法DLサイトを宣伝していた時には、さすがに引きましたよ。そして、感化されていた日本人生徒もいてテンションが下がった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:15:30
  214. >>212
    迎撃側もつるべ撃ちするんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:15:58
  215. >>212
    こちら側も一度に沢山撃って対抗するだけです
    イージスシステム舐めるなよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:16:53
  216. ロシアの大人気ぶりに比べると
    中国はあんま人気ないね。

    もしや中国には神がいないからか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:18:56
  217. MDはつるべ打ちできんのか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:19:59
  218. というか対艦飽和攻撃とかもう昔通った道だよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:20:18
  219. >212
    対艦弾道弾は多弾頭に出来ないから、飽和攻撃は無理ポ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:20:21
  220. >>200
    だからでは?
    そんな国に住んでみたいかってのは別だけどね


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:20:29
  221. >>216
    中国って(兵器の話しね)、ロシア製兵器の魔改造バージョンとして見たら魅力あるけど
    正直オリジナリティーが少な過ぎて、どうも面白味に欠ける・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:21:38
  222. 弾道ミサイルは着脱地点が近いほど迎撃が容易なわけで
    ミッドコース迎撃ならともかく終末どころか着弾地点が艦そのものなんて…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:22:47
  223. >212

    高価な対艦弾道弾でどうやって数を揃えるのよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:23:10
  224. EP-3衝突事件の時も、一時的にもめたけど穏便に解決したじゃん。
    今回が決定的な対立になる証拠でもあんの?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:23:39
  225. アメリカは衰退する
    西太平洋の海上覇権も維持できなくなる
    つかの間の勝利でしたね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:23:48
  226. >>215
    いや、弾道弾は速度は速いが、それに対して軌道偏向能力は低い。突入中の再突入体にシーカー付けられるとも思わないし。
    レーダーで弾道をよく見極めてよければよい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:23:59
  227. >越代表団、ダナン沖停泊の米原子力空母を訪問

    むひょー
    仇敵が立場を超え臨時タッグ結成の燃える展開キター
    ゾッドの上にガッツさん的な

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:24:12
  228. >>224
    事故を理由に、下手したら世界大戦に発展しそうな戦争をやろうっての?
    あれで戦争になってたら、アメリカと中国、双方の正気を疑うよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:25:18
  229. >>225
    そりゃ、どんな国でもいつかは衰退するさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:25:28
  230. >>216
    オリジナリティが無いからな
    某英国みたいにオリジナリティしか無く、戦闘自体がダメダメなのもダメだが・・・人気はあるよ・・・ね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:26:43
  231. 中国最強の兵器孔明の罠を侮ってはいかん

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:27:56
  232. >225

    アメリカが衰退するのは数百年先だろ。あの国は新興国だぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:30:55
  233. 考えてみたら四十年ぐらい前のヴェトナム戦争でガチ殴り合いやってたアメリカとヴェトナムが手を組むのかあ。当時の人たちに今の展開を話しても誰も信じなさそうだな。ホント、歴史って何が起こるかわからんな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:31:33
  234. >>225
    お前はblogになる前にJSF氏が書いた記事も読んで無いのか?

    http://obiekt.hp.infoseek.co.jp/peacemaker/draft_1.html

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:31:55
  235. >>233
    そう考えたら日本とアメリカだってそうだな
    本気で空母沈め合ってたわけだしw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:34:58
  236. この動きを受けて中国海軍が空母保有を考えなおして、ソビエト海軍みたいな戦略を採るようになったら中国海軍の株も上がるだろうけど、
    逆にムキになりそうな予感がする

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:35:09
  237. >>230
    パンジャンドラムでぃすってんのか


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:43:36
  238. >>233
    マケイン爺ちゃんがベトナムを訪れて、ベトナム戦争当時に収容所で”世話”になった人たちと堅い抱擁をすれば万事解決じゃないかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:46:34
  239. >>236
    中国ってこれまでも、ムキになって兵器開発とかしてきたけど、必ずどこかに無理が生じていたよな
    とくに技術的な壁にあたる事が多かったようだし
    空母を無理矢理作った所で、果たして使い物になるんだろうか?
    とりあえず艦載機をしっかりと開発(コピーw)しないとな
    ロシアはおそらく、もう中国には売らないだろうしw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:49:27
  240. はてなサヨクがまた十字砲火浴びるいつものパターンかw
    そんで「はてなブックマーク」で言いっぱなしの勝利宣言すんだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:50:26
  241. >>225
    はい、根拠をどうぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月09日 23:52:50
  242. >>200
    はてなサヨクなんざ「革命がおきたら幸せになる可能性100%」とか寝言抜かしてるが、
    自分で銃握って警察や自衛隊と対峙する覚悟も才覚もないから人民解放軍に一方的に期待してんだよ。
    ソ連に「解放」して貰おうと目論んだ向坂逸郎みたいな連中の焼き直し。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:09:28
  243. 意外にもまだ、はてサは押し黙ったまま。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:28:51
  244. アメリカが衰退って言っても、あの国が本格的に台頭したのは20世紀初頭なんだが。
    たった100年しか覇権を維持できなかった覇権国家なんて、歴史上有ったか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:29:12
  245. 中国のお友達 パキスタン、北朝鮮、ビルマ、スリランカ、アフリカの独裁国家、南米の左翼政権
    ごみばっかり
    中国は意気上がってるだけの張子の虎
    すぐへたるよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:34:02
  246. アメリカが没落したら日本も危ないから勘弁な

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:35:47
  247. >>245
    帝国時代の日本のお友達と比べても、正直言って格下ばかりだよなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:35:59
  248. >>212
    飽和攻撃以前に、MDでの迎撃が必要なくらいまで空母の近くに落ちるのかな?
    アメリカ製のMDは人工衛星の迎撃に成功してるけど、中国製の対艦弾道弾は標的艦に見事命中したことあるのかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:38:21
  249. >232
    中国四千年の歴史から見ればわずかな時間だ。
    没落するまであと500年くらい待っても中国人にとっては短いと言えるだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:38:22
  250. >>242
    普通、革命を求める層って貧困にある労働者階級なのに
    日本では大抵ワリとリッチな知識層だよなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:38:28
  251. アジアから孤立する中国の苦悩

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:38:36
  252. >>244
    ソ連、中国の王朝のいくつか、オランダ、英国、スペイン、とか?
    でも、どう見ても、現時点での覇権はアメリカでしょう。軍事的にも、通貨でも、政治でも、科学でも。
    中国の勢い(微分値)は大きいが、実力(積分値)はまだまだ。やっとGDPで日本を追い抜いた程度。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:39:21
  253. >249

    自分の世代に関係無いならどうでもいいな。日本はアメリカと組んだ方がいいね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:40:40
  254. >>252
    現時点どころか、ソビエトが存在していた冷戦時代においても、覇権はアメリカにあったと言えるな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:41:14
  255. アジアの孤児、中国の惨めさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:42:04
  256. >>249
    中国4千年の歴史ってあなた。異民族を含む、断絶した全ての王朝を1つながりとみなせるのかな。中華人民共和国なんて50年の歴史でしょうに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:42:06
  257. 中国の強みは為替操作で作り出された偽の競争力
    近隣窮乏化政策以外の何者でもない
    本来なら世界貿易から締め出されれるべきなんだが
    大きすぎて皆尻込みする国が多すぎる

    今こそ世界が連携して中国を潰すべきだ
    あれは悪の帝国だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:42:40
  258. 支那の内戦に引きずり込まれ
    ソ連の助言で毛沢東の支那共産党が漁夫の利を得る作戦で、蒋介石国民党軍と戦って国民党を弱体化させた功労者日本、米の覇権拡大、東アジアでそれの邪魔なんで真珠湾に引きずり込まれ
    白人に有色人種でも勝てるぞ、と世界に教訓示して人体実験の原爆落とされて焼け野原にされた日本、本当にお人好し、某元総理が友愛なんていうのはそのDNAにある???。
    戦前は日本が東アジア・東亜の防共防波堤を一国の意志で自主独立していたのだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:44:14
  259. >>249
    漢民族限定での時間の概念じゃあなあ…
    少なくとも日本人の感覚じゃ十二分に長いよ、その時間

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:44:33
  260. >>245
    やはり頼りになる味方が居ないってのが中国最大の弱点だな。
    まともな国が独裁国家の味方になろうなどと思うはずもないが・・・。

    さらにはインド&ロシアと国境を接してるのも地政学的にかなり厳しい。
    結局、北はロシアに西はインドに東は日米に抑えられて出口は南にしか無かったのだが東南アジア諸国も敵にまわった以上中国の孤立は明白。

    いかに強かろうと孤立した国がどうなるかは第二次大戦で日本が証明済みだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:48:38
  261. >>258
    で、日本国に何を求めるんだ? 現状の、左派と呼ばれる事の多い民主党政権でさえ、日米安保は死守すると断言しているんだが。

    それと、今時真珠湾陰謀論を言い出す奴がいたとは思わなかった。日米両軍の戦死者への冒涜だよ、それ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:48:49
  262. ここでひとつベトナムに自衛艦派遣をですね…!

    Posted by 御神楽 at 2010年08月10日 00:49:57
  263. いやいや、宮家邦彦氏は同シリーズの2010.07.16の記事で、「お粗末な米と韓、中国の肘鉄で一目散」というタイトルをつけたが為に、紹介されている2010.08.06の記事の冒頭、「もう当分、米中両海軍のせめぎ合いについて書くことはないと思っていたが、やはり甘かった。」と書かざるを得なかった、と見るべし。だから、「外交状況に対する認識は極めて正確だと思います。」と本当に言い切って良いのか疑問である。
    参考:
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3996

    Posted by Cab at 2010年08月10日 00:50:57
  264. 政治猛暑の夏:中国がレアメタル供給を抑制し南シナ海の領有権を主張)http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/d2a9a7168c144d707720605d7f66b78d

    http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/4daa78a1c1ab6f19867e22ec03adccf0

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:51:12
  265. >>245
    しかもこのお友達、中国の経済がヘタレばすぐに裏切るだろうしね。
    金の切れ目が縁の切れ目ってね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:54:22
  266. 「米国は新たな対中政策を見つける必要がある」 トーマス・ライト FT
    http://abetch.exblog.jp/11107299/


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:56:12
  267. 宮家ちゃんはやっぱり駄目な子なんじゃろうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 00:57:22
  268. >249

    中国四千年と言ってるってことは、日本人ですか。人民解放軍万歳の魂売り渡した人?

    中国人は五千年の伝統が云々とかいってくるけど、別に五千年継続した国家があったわけでもないし、一つの民族がずっと国をつくっていたわけでもない。(“異民族”といわれる人たちが建てた国も大きな割合を占めます。)

    というか、漢民族自体がさまざまな民族が交わったりして出来た農耕民族で、それは中華思想の発生で形を規定されたわけです。

    商(殷)、周、秦など、古代だけみても漢民族ではない“異民族”による王朝は、よく「中国」として語られる有名どころでもあります。
    漢朝の後の長い実質的統一の空白の後は、隋が建国されますが、それも異民族系です。

    歴史を知らないんですねぇ。

    「中国何千年の歴史!」というフレーズは、「メソポタミア何千年の歴史!」と同程度の話です。
    それを言ったら世界中でいろいろなフレーズが作れるんですよ。そこにいた人達が絶滅でもしない限り、文化は影響しあうのですから、どこまで遡れるのやら…。このやり口なら、「日本一万数千年の歴史」って言えるんですよw。殊に日本は断絶していないんでね。

    中華人民共和国の建国から考えなければ無意味です。ってか500年(+61年)維持した漢民族王朝が過去に例が無いというw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:06:05
  269. 失礼。

    268で、「漢民族王朝」⇒「漢民族政権」
    と改めます。この方がわかりやすいかな。

    Posted by 268です at 2010年08月10日 01:09:42
  270. 中国の都合で引いた第一列島線と違って、南西諸島〜台湾からカムラン湾までをまっすぐ結ぶと、西沙諸島はともかく南沙諸島は外側になるから南沙諸島から手を引くべしと言ってのると同然だよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:10:50
  271. 2001年末、WTOは15年来の希望を受けて中国の加入を認めました。
    経済発展著しい中国にWTOが門戸を開くことで、中国政府が責任感を持って世界的な貿易と通商のルールに取り組み従うことを期待したわけです。
    で、8年余り経ってどうなったでしょう。知財取引が改善されましたっけ?
    元相場はどうでしたっけ?
    変動相場制どころか、元の切り下げをアメリカへの交渉材料にする始末ですねぇ。

    61のコメント主はもう寝てるだろうけど、利益で釣ってそのバーターで国際ルールを守るように迫る、なんて言うのが有効かどうかなんて経済分野で既に結果出てることなんですけどねぇ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:14:47
  272. >266
    韓国推しだな、日本は名前すら出てこないのかorz

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:17:20
  273. 東南アジア諸国が情けないというのもありますな
    まずは自分たちで何とかすることを考えろ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:24:50
  274. >>273
    潜水艦を増強しようとしてますけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:26:46
  275. 今年の春先だったか、朝日新聞に紙面1ページ分使って
    シンガポールのリークアンユー氏へのインタビューが載ってたが、
    日本の政治家とは違った冷徹な現実主義の人ってのがよく分かる内容だったよ。
    鳩山(前)政権の幼稚な外交観+対米外交を手厳しく批判する内容だったが、
    経済的プラス要因としての対中観と共に
    一方で東南アジアの安全保障における現実的な対中観と米国の必要性も語ってた。
    中国が興隆してるから米国から離れて中国に歩み寄ろうとか、
    そういった日本にありがちな議論が随分と幼稚に思えたわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:27:42
  276. >>273
    ドイツとソ連に挟まれた東欧諸国に期待したり情けないと言うようなものだ

    そもそも国力が違いすぎる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:28:35
  277. さて、中国との対立路線に舵を切ったとなると、アメリカが正規軍と当たる可能性が高くなるわけですが、
    「テロとの戦いにF-22イラネ」という方針に何か変化が起きるのでしょうか?

    ・・・アレ、ラインもう閉まっちゃったんだっけ?<F-22

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:33:38
  278. >>277
    どうしてこの手の議論はいつも、
    米中蜜月と米中全面対立のどちらかしかないみたいな流れになっちゃうんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:36:38
  279. >275
    英語のインタヴュー記事は酷かったぞ。
    ただの日本馬鹿にした論にとしか感じなかった。
    日本語版ははしおられてたけど。
    元々あのおっさん好きじゃなかったけど、さらに嫌いになったw
    東南アジアもアメリカも勝手だよな。
    小泉政権〜麻生政権時に中国とうまくいかない時は、中国と仲良くしろと良いながら、自分がもめると日本はアメリカの言う事聞けよとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:37:02
  280. 日本人はいい加減、「A陣営とB陣営に分かれて何でもお互いに反対しあう」みたいな「冷戦的思考」で国際社会を捉えるのをやめろ。
    「ネオコン的二元論」と呼んでもいいが・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:41:44
  281. >>280
    とりあえず、このエントリでそんな二元論言ってる人は、中国万歳論者だけですな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:45:43
  282. >>279
    英語記事の方は読んでないから何とも言えんが、
    あなたのコメントの下三行から推測するに
    日本を馬鹿にしてるのではなく、
    日本の幼稚な外交を批判されたから
    あなたがそう感じただけのような気もするが。
    少なくとも中国と仲良くしろと言ったじゃないかとか
    今度はアメリカの言う事を聞けと言うのか的な単層的な捉え方そのものが、
    俺が感じた日本の議論の幼稚さなんだが、まあいいや。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:46:24
  283. インドと中国は領土問題やインド洋では対立しているが、
    貿易ルールの変更や温暖化対策の会議では協調する。

    これがまともな国の外交。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 01:49:43
  284. アジアから孤立した中国の行く末

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 12:00:54
  285. http://b.hatena.ne.jp/entry?eid=23984796

    南シナ海での米中対決で、はてな左翼が弱々しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 12:41:10
  286. アメリカさんが空母持ち出したら誰も逆らえませんわ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 13:09:43
  287. 第一列島線の内側に位置する、ベトナム沖への米空母展開と黄海での米韓軍事演習は中国にとっては、ものすごいプレッシャーでしょうね。

    Posted by 日比野庵 at 2010年08月10日 13:58:27
  288. >238
    ベトナムの地に行くための足はかつての愛機A-4ですねわかります
    はやくAMARCから複座型を引っ張り出して修復するんだー

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 13:59:11
  289. 国名がオレンジ色になっているんだけど仕様変更?
    >>278
    メディアでも「敵味方」みたいな極端から極端な議論しか出ないよな。
    そういうのを曖昧にした外交ってのは国民性からして日本は得意な気がするんだけどなぜだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:07:43
  290. >>289
    1.日本のメディアは煽る事しか能がない為
    2.煽る事で購買意欲を誘おうとしてるから
    3.メディアに潜む戦争主義者(笑)が両国の溝を深める為に陰謀工作をしてるから

    どれでも好きなものを選んでw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:16:42
  291. アメリカとベトナムが手を組むとか、すげーなー。
    「米越情勢は複雑怪奇」とか、中国が言いだしたら面白いんだがな―。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:30:53
  292. まあ、アメリカが衰退時期に入ったとして、それでも後100年以上は覇権の座から降りることはないでしょうね。
    中国は後50年もすれば成熟した大国になるでしょうが、代わりに今の日本や欧州のように覇権国になるという元気もなくなってる気がするなあ。(逆にいうと後十数年はやんちゃなままだろうけど)
    経済的な話ではアジアは大事だけどもうある程度発展した中国よりこれからの東南アジアの方が美味しい気がする。
    そういう意味で今回のことは喜ばしいことだよなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:35:23
  293. >国名がオレンジ色になっているんだけど仕様変更?

    Seesaメンテナンスで勝手に仕様が変わるトラブルが出ているみたい。その内に治るかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:37:32
  294. 世界的にはアメリカよりも日本の方が衰退国家、後退国家、ギリシャのような破綻国家と言われる事が多いんだけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:48:26
  295. >>294
    人口減少という意味では衰退というのも間違ってはいないでしょうね(まさか財政破綻が起こるなんて思っちゃいないでしょうね貴方?)。
    でも、我が国はいつ破綻国家になったんでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 14:54:29
  296. ギリシャは無いわw
    日本の国債は殆ど海外に出してないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:04:16
  297. 日本も豪韓に続いて印やタイなどとも協力を深化させていきましょう

    PPへの参加も今後も継続していくのが吉
    友愛ボート構想はあの人唯一の功績だな
    怪我の功名の匂いがプンプンだけどw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:06:06
  298. 親米派の岡本行夫曰く。
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100731/plc1007310331004-n1.htm
    アジア太平洋地域の専門家が地域の安全保障について議論する会議がシンガポールであった。会議で日本は退潮国家、後退国家として言及された。私は強く反論したが、どこまで届いたか。
    日本は外交・安全保障も、経済も、がけっぷちにある。海外の格付け機関は、日本国債のランク引き下げを検討中とか。現在はマネーの避難先として日本国債が買われているが、状況は予想以上に早く悪化する可能性がある。そうなれば日本経済に「サドンデス」が来る可能性だって排除できない。先日、フランスで開かれた経済会議に出席した。多数の経済専門家が集まったその会議では、ギリシャと日本を並置する議論さえあった。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:08:26
  299. >>298
    産経って時点で煽り記事の疑いが多分に…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:18:50
  300. >>297
    彼の妄想の一部が偶然現実に噛み合っただけって気がしますね、アレw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:20:18
  301. >>298

    日本国債の場合、海外の格付けは何の影響も無いよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:20:56
  302. アメリカ経済を復活させるために軍産複合体が動き始めたか


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:28:06
  303. >>286
    つ対艦弾道弾

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:29:18
  304. >>302
    アメリカの経済規模考えれば、軍需なんて吹けば飛ぶような規模ですぜ旦那
    そもそも軍産複合体って、そんな実体有るの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:30:49
  305. >301

    中国が日本の短期国債買ってるのは、暴落させるために買ってるんじゃないか?って意見もあるね。
    日本の国債も外国である程度買われてるし、
    国内で消化してるから大丈夫という意見もあるけど、国内でだんだん消化しきれなくなってるのも事実なんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:30:58
  306. 小森だか日高だったか
    「米中軍事同盟」とかいう本を出していたのは確か今年のことだった気がする
    黒歴史になりそうだな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:33:25
  307. >>303

    対艦弾道弾は特性上、MDで撃墜しやすい目標でしかない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:35:41
  308. >>305
    今はまだ何とかなってるけど、そろそろ対策を打つべきって事ですか…
    流石に景気も福祉も国防もいっぱいいっぱいの現状じゃ、歳出削減は危険ですしねえ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:38:02
  309. >>307
    米艦隊にSAMの消耗を強要する「だけ」のあまりにも非効率な兵器システムになりそうですねえ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:40:13
  310. 哨戒艦事件での非協力的態度、その後の米韓演習に対する反発姿勢も無関係じゃなさそうだ。
    ちょっと調子に乗っちゃった感は否めないねえ。
    まあ、米国の意図を読み違える程阿呆じゃないだろうし、少しは大人しくなるんじゃないの。
    腹いせ(正確には国内世論への配慮)に、日本領海にちょっかい出してくるかも知れんがw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:45:44
  311. >>306
    >「米中軍事同盟」とかいう本
    仮にも資本主義の代表というかリーダーというか、
    そういうものを自認だか標榜だかしてるような国が、
    相容れない社会主義国と同盟を組むかという疑問に
    ぶち当たるかと思うのだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:50:46
  312. >>285
    エントリーに反論できないんでコメ欄を腐す、っていつも手口の奴がいるなw
    何が「民度」だよ、バカ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 15:54:25
  313. >>311
    社会主義の皮を被った官僚専制主義の国家修正資本主義国家なんで、そこは別に問題ない。
    問題なのは政治目標がことごとくアメリカと対立しちゃってる点。
    せめてロシアが往時のごとく強大ならともかく、現時点で同盟なんて問題外という点は同意。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:01:13
  314. 日高とか小森は米中同盟云々という前は、米中衝突とか言ってぞ。
    つまり同盟とか衝突とか二元論で考えるなって事だろ。
    自国の国益を考えそれを基本に対立したり協力したりでいけって事だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:09:13
  315. この程度のカマかけは、米中にとっては平常運転という感じがする。
    強引にカード出して相手が反応してきたら、そこが交渉のスタートなんだろう。

    >人口減少
    一人っ子政策のおかげで、中国の少子高齢化と労働人口減少の
    速度は日本の比ではないよ。
    かと言って反中の人が喜ぶような中国滅亡のお知らせになるわけ
    ではないだろうけど、この面ではインドなどと比べると衰退確定
    ではある。もっとも日本や韓国も含めてフィリピン以外の
    東アジアはこの意味では軒並み衰退傾向だけど。

    >日米の国債
    他の人も書いてるけど、自国建てなのでギリシャと比べるのは飛躍しすぎ。
    外国が国債買って、ハイパーインフレで日本経済滅亡とかのシナリオは
    数十年前からマスコミで繰り返し言われてるんだけど、実際は金利
    下がってるし、短期の変動は別として長期で見ると日本国債の外国人
    保有率は下がってる。
    もっとも、だから無限に発行しろという話では決してないけど。

    >>305氏の理屈だけで言うと、90%強を国内で消費してる日本がヤバいなら
    国債の30〜40%以上を外国人が保有している独や仏とかは国家乗っ取られて
    滅亡とかのレベルになる。実際はそういう話にはならないいけれども。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:17:45
  316. 米国で広がる「在沖縄海兵隊不要論」−普天間問題で協力助っ人出現
    http://excite.co.jp/News/magazine/MAG1/20100810/62/
    普天間問題において、日本とアメリカで噛み合っていない様子。菅首相は幹事長時代は声高に海兵隊撤退を主張していましたが、鳩山前首相を引き継いだ際には「日米合意を遵守する」と<変節>。しかし、海を越え米民主党の議員さんは「沖縄海兵隊不必要論」を公に展開。これは一体?

    アメリカでは不要論が盛りがってるようですね。
    記事でCIAのアジア部門の人も、撤退論が今後アメリカの主流となると答えていますね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:31:17
  317. >>230
    英国をただの変態と思ってはいかんな
    タンクもドレッドノートも空母もアングルドデッキも、その後一般化したから普通に見えるけど、出現当時はどう見ても変態だったと思うぞ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:37:13
  318. >>316
    微妙に記事違いだと思うがそれ、「金がないから削減しろ」って主張だったはずだが
    しかも大規模戦闘はありえないとか書きながらなぜか陸軍とかでなく海兵隊を削減しろってワケワメ主張
    大規模戦闘がありえないならヘリと装輪装甲車の海兵隊でなくて陸軍とか空軍をサヨナラさせるだろ常考

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:40:35
  319. >>316
    週刊朝日、かあ………ここは笑うべき所なのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:42:44
  320. >>316
    その助っ人とやらの発言は
    「私にはいまだに海兵隊が沖縄にいる意味が分からない。 沖縄にいる米海兵隊1万5千人が中国本土に上陸して中国軍と戦うなんて考えられないし、将来的にも沖縄の海兵隊を活用できる機会はない」

    台湾切捨て論と受け取られても仕方ないな。
    それに、そのフランク議員は経済的、財政的な観点から、アメリカが自発的に覇権縮小すべきと主張しているけど。要するに安全保障の観点は完全に無視していて、とても向こうの主流な議論になれるとは思えないよ



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:44:20
  321. アジアでまとまって〜といっている人は、
    それで半世紀前に失敗して原爆落とされたっての
    忘れてないか?
    日本以外のアジア諸国なんて
    まとまったところでクソの役にもたたねぇよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:47:26
  322. どうでもよいが、この記事のコメント数を表す数字が狂ってないか?今320あるのに、なぜか10になってるぞ?お〜い管理人。しっかりせえや。ちゃんとカウントしろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 16:49:22
  323. >>322
    seesaa側の不具合で、今JSF氏もseesaa側に問い合わせてるみたいよ、ツイッター見てると。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:00:37
  324. >>98
    アジアなんてものは存在しない。
    極東地域にあるのは、中国と言う巨大大陸国家と、日本・台湾・フィリピン・インドネシア・インドシナ半島の海洋国群だけだ。
    >>152
    あんたみたいな「1か0か」、みたいな思考しかできない奴は大嫌いだね。
    >>189
    孫子で経営学ってあーた。
    警句として心にとどめておくならまだしも、あんな観念的なのが現実の経営の現場で役に立つかっての。
    >>244
    20世紀前半は、モンロー主義のヒキコモリでしたからね、基本的に。
    >>272
    “今の”日本じゃあ仕方ない。
    >>278
    ほんと、デジタル思考の人間ってのは度し難いですよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:01:12
  325. >322
    此処の管理人に言っても仕方無いだろう、Seesaaブログシステム上の表示不具合なんだから。常識の無いお子様だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:01:32
  326. 米中接近  →  日本は米に見捨てられた!
             日本も中国様に平伏してアジアに平和を!!

    米中対立  →  米は日本を利用してアジアを分断している!!
             日本は中国様に平伏してアジアに平和を!!
             

    Posted by ななしさん at 2010年08月10日 17:02:39
  327. >>322
    seesaaじゃよくあるバグだが、管理人が数えてコメント数記入してると思ってるとかどんだけアホなの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:05:04
  328. >>326
    「日本経済はおしまいです」のコピペと同じ構図ですよね。

    さて・・・全部のコメントを読んでみたけど、意外と誰も触れていないのが、中国の原潜聖域戦略との関係ですよね。
    海南島を拠点に、南シナ海全域を米海軍の立ち入りを拒否した原潜聖域にしたいと考えている中国にとって、ヴェトナムに米海軍の作戦拠点ができる事は、裏庭に土足で踏み込まれるに等しい、非常に頭の痛い事態でしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:08:58
  329. >>328
    もしかして、ベトナムに対潜哨戒機売却とかが今後検討される可能性もあったりとか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:14:12
  330. 日本オワル

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:15:29
  331. >>320
    >とても向こうの主流な議論になれるとは思えないよ

    傍流というか誰にも顧みられないような論をクローズアップして、
    さもアメリカの主流派であるかのように見せるかが

    反米系?記者の腕の見せ所ですからして。

    >>328
    小泉政権の時なんか

    専門家にお任せ→丸投げだ!リーダーシップがない!
    首相が先陣切る→独裁だ!議論が不足している!

    だったもんなぁ。>マスコミ
    煽ることしか考えてないんだろな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:15:29
  332. seesaa変だな
    さっきはIE8でクロスサイトスクリプトがどうこうとか警告が出て何やらブロックされたし
    いまも米数表示4になってるし...


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:21:07
  333. ソ連にも対処できたくらいだから、日米同盟は
    現状のままでも十分に機能をはたして安全だ。
    という考えは甘いのでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:21:20
  334. >>329
    ヴェトナムの海をP-1が飛び回るわけだな!
    まじめに武器輸出を緩和したら東南アジアにP-1売れないのかな?米帝様はP-8がえらいことになっているし・・・。ただヴェトナム空軍はロシア軍機だし、他の国もロシアの対潜哨戒機を買うか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:23:13
  335. >>334
    インドシナ諸国は軍備体系が見事なまでにばらばらですが・・・たぶん、買うとしたらP3オライオンの近代化改修型が主流になるのじゃないでしょうか。
    売れたらいいとは思いますけど、XP-1で市場に食い込むには、なかなか厳しいものがあると思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:27:25
  336. >>334
    P3Cの近代化改修型をぶつけられたら、ちょっと厳しいと思いますがねぇ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:29:31
  337. >>333
    現状では他の選択肢(日中同盟、日露同盟、対米自立)はデメリットがありすぎる。
    ただアメリカ側としてはそろそろ日本にいくらか負担してもらいたいことが出来てきた。今まではそれを憲法九条とか集団的自衛権とか(あっちにとっては)訳のわからない理屈でのらりくらりとかわしながら最低の代償(インド洋派遣など)だけで済ませてきた。まあ、今は政局が混乱しているのでその要請に答えることはできないが、何らかの負担は増えるんじゃないかな?
    とりあえず世界の覇者、アメリカにコバンザメのようにくっ付いていれば当分は安心して暮らせるってこと。プライドや誇りやらで飯が食えるかって言うと別の話だが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:36:32
  338. >元外交官の宮家邦彦氏は軍事知識が素人レベルで安全保障の話に不安がありましたが、山本一郎氏に聞いて見ると 「外交状況に対する認識は極めて正確だと思います」と聞かされましたので、今回は外交に比重が置かれた話題なので分析に関しては大丈夫だと思います。

    大丈夫もなにも、国際情勢が理解できずに言いがかりつけたのはJSFの方だろうがw

    米海軍公式発表すらチェックせずに勝手な妄想で煽り記事を書くJBpress宮家邦彦
    http://obiekt.seesaa.net/article/156232550.html
    こっちだって米軍の動きには一貫性がある。
    これくらい分からないで軍事は語ってはいけない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:51:09
  339. >>368
    ・・・その記事って原潜の寄港地っていう誰でも知っている情報をさも特別なリークって信じちゃっているのを批判しただけじゃん。あ、何かあの記事のコメント欄で大暴れして論破されまくってたやつがいたけど君?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:55:33
  340. ミスった。
    >>368は
    >>338ね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:56:52
  341. 大型飛行艇って救難機として買うのだと割高だけれど、哨戒機も兼ねるならけっこういけるかと。
    A-40Mはそこそこ売れると思うなあ。

    ところで東南アジア諸国と台湾、オーストラリアには、あわせて何機ぐらいの哨戒機需要があるんだろ?
    あと日本のP-3Cは退役までに機体寿命がほぼ尽きるだろうけど、機体のパーツ取りとしては輸出可能なんじゃ?
    輸出可能ならばだけれど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:59:02
  342. 産経報道しまくってますが何か?

    米原子力空母がベトナム沖の南シナ海に到着
    2010.8.8 16:47
    http://sankei.jp.msn.com/world/america/100808/amr1008081651010-n1.htm

    米原子力空母がベトナム沖に到着  中国への刺激は確実
    2010.8.9 13:36
    http://sankei.jp.msn.com/world/america/100809/amr1008091338002-n1.htm

    米イージス艦も訪問 ベトナム中部で軍事交流
    2010.8.10 00:02
    http://sankei.jp.msn.com/world/america/100810/amr1008100004000-n1.htm


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 17:59:25
  343. >>340
    落ち着けw

    それでなくても暑いんだからさww

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:01:39
  344. >336
    東南アジア全体で見ればP-3寿命延長型の需要自体は結構ありそうだから、P-1の就役に伴い用途廃止になるP-3Cを、F-104の時みたいにアメリカ経由で売ることは不可能ではないのでは、と
    問題は、需要と「実際にどれだけ売れるか」はイコールではない、ということだけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:02:57
  345. >>341
    かつて海自は哨戒飛行艇PS-1を開発させたが、様々な欠陥や事故が多数あって現在は海自の黒歴史になっている……
    潜水艦狩りの鬼の海自がUS-2の哨戒機版が開発しないってことは、哨戒飛行艇には未来がないってことなんだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:09:28
  346. 日高氏の「米中軍事同盟が始まる」っていう本なら立ち読みしたことがるけど
    肝心の米中軍事同盟の概要についてはついてはほとんど触れられていないという詐欺みたいな内容だったな
    中国の対艦弾道弾がどうこうとも言ってたし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:35:09
  347. >>320
    残念ながらアメリカにはフランク氏のような考えをもつ隠れ多極主義者とよばれるひとたちがいるんだよ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:44:10
  348. >345
    何もPS-1の運用をさせようというわけではないでしょ
    救難哨戒消防輸送飛行艇構想では?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:44:19
  349. アメリカは中国が地域覇権国となるのをいままで許容してきたが、アメリカの生命線である公海にまで中国が手をつけるならば許容できない。

    ごく当たり前の結果だわな、これに対して、中国がどのような対応を取るか?

    1 軍事的にエスカレートする
    2 表面的には強硬だが、実質的には後退する
    3 表面的には軟化するが、軍事的には後退しない
    4 様子見

    アメリカが軍事的に本気を出して、中国がシオシオになる例は、台湾総統選で一回やっていて、そのおかげでいろいろ中国の内部でメンツを潰された人が多数発生したから、今回はどうなるのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:44:25
  350. >>324
    ウリは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:45:21
  351. 中国は崩壊していくアメリカ帝国と日本をただ眺めているだけでよい
    米国が衰退すれば氏東南アジアなどまた自ら朝貢してくるだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:49:22
  352. >>338

    その記事はどう見ても宮家氏がアホなだけじゃんwそれリーク情報でも何でも無い物をリーク情報だと騒いだ恥ずかしい奴でしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:50:34
  353. >>341
    そんなマルチロールは無理でしょうよ…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 18:52:06
  354. >>350
    あー・・・ごめん。
    ナチュラルに中国の一部と考えてたわ。
    正確を期するなら、「中国・韓国・北朝鮮という大陸国家群」とでも言うべきでしたな。
    謝罪はするが賠償は受け付けない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:04:27
  355. P-1が売れるって夢見すぎだろw
    何が悲しくてろくに航空機で実績無い日本から買う国がいるんだよ。
    普通にP-3かP-8買うだろ。
    政治的にもアメリカと関係強化できるしな。
    10式も売れないと思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:05:55
  356. というか
    現行じゃ、P-1をP-1として売れないってばさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:17:53
  357. >>355
    P3はもうライン構築が無理だし無駄だろ
    普通にP8だな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:26:31
  358. ここのところニュースを見ている限り、中国は本当に頼りになる同盟国や友好国が居ない事が浮き彫りになってきたね。
    アメリカと冷戦関係に入るとしたらパキスタンだって流石についていかないだろうし、南米左翼政権だって本気でアメリカと冷戦をやれる自信があるとは思えない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:26:37
  359. >>358
    北の将軍様がいるだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:29:12
  360. 日高義樹というと、あのトンデモな日本国大統領 桜坂満太郎に名前があったくらいの人だからなあ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:30:29
  361. >>359
    節子、それ友好国やない。ただのお荷物や!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:32:57
  362. 将軍様はそれなりにアメリカを手玉に取ってきたからな
    韓国の前大統領や日本の前首相に比べればよっぽど・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:35:02
  363. >>359
    何というかすごく頼もしいですね。
    主に足を引っ張ってくれるという意味でですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:37:14
  364. >>355
    サウジ「是非欲しいなぁ。試作車両でもいいよ」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:45:22
  365. >>351
    正直アメリカが崩壊するより中国崩壊の方が速そう。
    人口問題とか…環境問題とか…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 19:51:43
  366. >>364
    あれほど砂漠に向かない戦車もなさそうですけどね。素人考えではエアコン強化の余剰スペースすら無いんじゃないですか?燃料タンクも小さそうだし。

    それでも欲しがりそうなのがサウジクォリティですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:06:27
  367. 中国のおいたが過ぎたって事ですねえ。


    Posted by yui at 2010年08月10日 20:06:42
  368. とりあえずコキントウは革命烈士廟への参拝をやめるべきだな。

    Posted by 名無しTNT火薬神信者 at 2010年08月10日 20:15:03
  369. ちょっと分からないんだが,カムラン湾に米軍が頻繁に立ち寄るようになった場合は南沙諸島と西沙諸島の近くを突っ切るルートをとるの?
    それとも南に大きく迂回するルートを取るの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:19:42
  370. >>369
    素人目ですまないが、おそらく日本からもハワイやグアムからも台湾とフィリピンの間を通って南沙諸島と西沙諸島の間を抜けると思う
    ソロモン海を通ってオーストラリア北を抜けるには遠いし、セレベス海をスールー海に抜けるには狭すぎる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:34:35
  371. だがちょっと待ってほしい
    南沙諸島や西沙諸島は中国とその周辺諸国の問題だ
    外国の介入には慎重になるべきではないだろうか。
    ましてや武力による介入は中国の反発を引き起こし平和を乱すかもしれない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:39:09
  372. 民主党や共産党や社民党やスパモニは中国の利益重視で日本の国益は考えてませんから…。この人たちは日本が激しく罵倒されれば正義だと信じている狂信者ですし、そのような事をすれば中国様が喜ぶと思っているマゾの人達でしからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:41:36
  373. 大国同士の駆け引きってだけの様な気がする。
    ロシアともグルジア、ウクライナで妥協したしな。
    小国が大国同士の駆け引き見て慌ててるだけだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 20:57:51
  374. それにしてもアメリカの砲艦外交はすごいなぁ。

    短時間に日本海、黄海、東シナ海と3カ所で空母を機動艦隊群を続けざまに展開するんだからな。

    中国玄関先の黄海なんていったん引っ込めてからやっぱり入れると明言する凄まじさ。

    まさにおめえの対応は気に入らん≠ニ玄関先ですごんでいるようなもの。

    この間になにがあったのかと勘ぐってしまうw
    で、実際に乗り込む前にわざわざ対立組に杯交わしに行くんだからナァ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:13:24
  375. >>374
    これで3軍のなかで一番冷遇されているという海軍だから恐れ入る。

    アメリカと対立なんていうけど、どう見てもアメリカが突出しているだろう。軍事力でも。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:17:13
  376. >>373
    しかし問題は、中国が果たしてアメリカを納得させられるような譲歩をするのかってことじゃないかと。
    中国があまりに強引に振舞いすぎたのが事の始まりで有る以上、アメリカが引き下がるとは考えにくいです。これまである程度大目に見てきたんだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:17:34
  377. >>366
    ダイキンなら・・・ダイキン工業なら、強力な冷房を付けてくれる・・・!(違
    >>370
    普通に突っ切るのじゃないかと思います。
    中国の主張を脇に置けば、現行の国際法には南シナ海を米海軍が通過してはいけないというような
    法的根拠は一切ありませんから。
    むしろ、下手に迂回などすれば、中国側は「アメリカは中国の南シナ海の権益を追認した」
    と勘違いしかねないですし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:18:38
  378. >>371
    記事をよく読め。

    >中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る

    >南シナ海での中国の振る舞いに東南アジア各国は我慢の限界に近づいて来ており、ベトナムと中国の間では海上で頻繁に発砲事件が発生していましたが、インドネシアとの間でも発砲寸前のトラブルを引き起こしています。

    武力による介入で東南アジア諸国を脅かし、南沙諸島や西沙諸島の平和を脅かしているのは中国だ。
    自分たちがさんざんやってきたのと同じことを、今度はアメリカにやられるんだから、よもや中国に文句を云う資格はあるまい?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:28:29
  379. >376
    中国国内ではアメリカとはもめるなって意見もかなり多くなってるらしいよ。
    中国はどっかで妥協するでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:34:20
  380. >374

    >短時間に日本海、黄海、東シナ海と3カ所で空母を機動艦隊群を続けざまに展開するんだからな。

    何が一番腹立ったかって、欧米マスコミがこのニュースを伝えるとき、そのほとんどが、日本海を東海と表記している事だ。
    逆に黄海を伝える表記は、ほとんどイエローシーと表記してる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:37:12
  381. >>370
    >>377

    サンクス。
    突っ切るルートとらないと中国の増長をアメリカが容認する事になるってこと見落としてた・・・・・・orz

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:42:38
  382. >>380
    ふーん。そんな嫌韓厨が大挙して飛びつきそうなネタ、聞いた事が無いな。

    >>379
    強行外交派を抑えられるかどうか、これから注目ですね。
    日本海や黄海の演習直後という事を考えると、極東で我が国相手に揉め事起こしてもアメリカは「そっちが良いとは言ってねえ」な反応でしょうし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:43:02
  383. >>377
    強力なエアコンって普通のエアコンは付いてるのかい?10式は。冷媒を高圧で循環させるような装備に継戦能力を賭けるとは思えない。戦闘行動に必要ないなら装備する必要ないし。

    >>380
    本当に「東海」というのが一般化したなら、東海に変更すればいいだけ。海の名前なんて共通認知されるかどうかが重要。
    しかし、東海なんて他の海と間違えやすい、センスのない名称が一般化するとはな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:46:37
  384. >>380
    東海で米韓合同演習をしていたからじゃないの?
    その間はプレスリリースでの表記も東海。
    で、演習終わった後、表記を日本海に戻したとかそんな話がなかったっけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:48:00
  385. 欧米のマスコミのこの前の演習の記事おっていれば、東海と表記される事が多かったです。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:55:30
  386. >>374
    まるでかつての大英帝国海軍ですね。
    しかしプリンスオブウェールズもレパルスも新興国の航空機という新たな兵器に海の藻屑と化しました。
    今現在威容を誇る米国空母打撃群だっていつかは…
    最近また新興国のASBMというものも登場してきたようですし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 21:57:57
  387. >>383
    中東に派遣された戦車にはエアコンが装備されていたはずだが現在国外に出られない10式には付かないだろうな…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:22:35
  388. >>383
    ごめん追加
    知っているかもしれないがNBC対策で装備されている防護装置を通した空気を車内に循環させるのをエアコンと呼ぶならそれが普通のエアコン

    Posted by 387 at 2010年08月10日 22:28:07
  389. >>385
    助詞の使い方を勉強してから書き込んでくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:31:04
  390. >>386
    空母の価値が激減するには、まず飛行機の軍事的価値が激減しなきゃならんのだが。
    後、対艦弾道弾は通常のIRBM以上にMDで対処し易いって、何度言えば解るんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:32:28
  391. >386
    >最近また新興国のASBMというものも登場してきたようですし

    MDと言う新兵器の登場を無視してアホかw
    ASBMなど脅威にはならんよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:37:36
  392. ASBMが役立たずとは言わんが、どっちかっていうとアメリカが海上航空戦力に優越することを前提にした奇策の類に思えるな。

    まぁ、空母も当初はそうだったかもしれないけどさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:38:58
  393. >347
    >残念ながらアメリカにはフランク氏のような考えをもつ隠れ多極主義者とよばれるひとたちがいるんだよ

    バーニー・フランクって「全米で最も頭のおかしな議員」に選ばれた事もある色物だぜ? ゲイだし。ゲイであること自体は責めないが、愛人を事務所で雇うは事務書をラブホテルにするわ、ハッチャケ過ぎだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:56:21
  394. >>390
    いや、陸上航空機の戦力価値が艦載機に比して相対的に高まれば、空母の価値は減ずる。
    事実、F-111は艦載できなかったし、離着陸における設計上の制約が陸上機より厳しい。
    F-35Cがどうなるかに注目だが、どのみち弾薬投射量では空軍基地に遥かに劣る存在。

    砲艦外交には有効だけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 22:58:30
  395. >316
    http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/af8b326e2e2ac5477e4ac1aad772607f?fm=rss
    注目! アメリカに広がる「在沖海兵隊不要論」
    「1万5千人の在沖海兵隊が中国に上陸し、何百万もの中国軍と戦うなんて誰も思っていない。彼らは65年前に終わった戦争の遺物だ。沖縄に海兵隊は要らない。超党派で協力し、この議論を提示していきたい」と訴えた。

    バーニー・フランクを検索してみた。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Barney_Frank

    Military spending
    As of the 111th Congress, Frank is advocating a 25 percent reduction in the overall Military budget of the United States. "The math is compelling: if we do not make reductions approximating 25 percent of the military budget starting fairly soon, it will be impossible to continue to fund an adequate level of domestic activity...," wrote Frank. He claimed that such a significant reduction would have no effect on the United States' ability to defend itself. "If," he said, "beginning one year from now, we were to cut military spending by 25 percent from its projected levels, we would still be immeasurably stronger than any combination of nations with whom we might be engaged."[49]

    第111議会にて連邦軍予算を「ただちに」25%削減をすることを主張。さらにこれだけ減らしても米軍の能力に影響はないと主張している人ですね。見る限り軍事を体系的に学んだ様子もないし。
    …政権とる前の日本民主党並の軍事音痴ですね。
    少なくともアメリカが覇権国で同盟の盟主である限り主流にはなり得ないでしょうね。

    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年08月10日 23:01:04
  396. >386
    ASBMの抱える問題点に関して、こちらで激論が交わされた経緯があるのでどうぞ。頭が痛くなるかも知れないけど(笑)
    http://obiekt.seesaa.net/article/121496396.html

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:01:54
  397.  >カムラン湾

     最初にこの名を知ったのは、「1stガンダム」のミライの元フィアンセの名前からだった(棒読み)。

    Posted by KY at 2010年08月10日 23:02:56
  398. つーかバーニー・フランク氏みたいな人が米議会に居るから何?って感じ。
    日本にも防衛費5000億削減や日米安保破棄を掲げる政党が居るよ、
    変な事を大声で喚く政治家って国籍を問わないのねえ、としか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:11:13
  399. KYの頭の悪さに泣いた。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:12:17
  400. 南シナ海でかのような覇権争いが繰り広げられていても、日本のマスコミやヘイワ勢力は我関せず
    今日も平和な日本なのでありましたとさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:13:13
  401. 中国バンザイ論者は対艦弾道弾を妙に高く評価する傾向があるよね。
    何度MDで対処が容易or避けられる、またはそもそもどうやって当てるんだ等と論破されても湧いてくるのはなんでだろー

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:21:25
  402. なんで中国は周りの国をたくさん敵にしまくってるの?
    廻りじゅう敵だらけにしたら身動きとれなくなるなんてわかりきったことなのに

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:22:30
  403. でも中距離、長距離弾道ミサイル、巡航ミサイルを飽和攻撃じゃMDなんてすぐに弾切れだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:41:47
  404. >>403
    通常のSSMはSM-2と戦闘機併せれば充分です。対中国戦ならCSGも通常編成ではなくて増援が付くでしょうし。
    ASBM? 移動目標の真上まで正確に誘導できる高精度な弾道弾を、数百発も集中できるとお思いで?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:49:43
  405. >403
    それならばミサイル防衛用のイージス艦を増やすまで。米海軍はCG-X計画を中止したが、アーレイ・バーク級の量産を継続するし、SM-3の量産とSM-6の開発は継続する。
    そして空母機動艦隊には三隻から五隻、もしくはそれ以上のイージス艦が配備される。
    ミサイル防衛を甘く見たらいけないよ。
    注・SM-3は対弾道ミサイル用、SM-6は対航空機及び対巡航ミサイル用。

    Posted by 90式改 at 2010年08月10日 23:57:16
  406. 長距離弾道ミサイルを空母に使うんですかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:57:26
  407. >406
    艦船、地上同時攻撃されたらどうにもならんでしょ。
    艦船だけ攻撃しますなんて戦争状態でありえんでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月10日 23:59:52
  408. そうえいばGCX開発するための日米共同研究ってどうなったんだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:02:39
  409. 間違えた、CGX

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:04:14
  410. >>407
    IRBM,ICBMを迎撃する艦隊と、攻撃を担当する艦隊は別個に用意されますよ? ASBMで狙うのは後者でしょ? 前者は当然ながら後衛だもの
    つーかね、弾道弾って移動目標に直撃させるにはあんまり向いてない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:04:54
  411. 対艦弾道ミサイルってどういう仕組みなの?
    途中まで固体燃料ミサイルで、弾頭部分が巡航ミサイルなの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:12:37
  412. イージスで弾道弾を迎撃できることをもって空母の有効性を認めさせることはできんだろ。将来の海戦の主役はASBMとイージスMDで空母は蚊帳の外と言ってるも同然だ。
    むしろ空母の有効性はMDとは全く別のところにあるのだということを強調すべき。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:13:47
  413. >407
    艦船、地上同時攻撃されたら、どちらにも対処すればいい。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:14:07
  414. >>407
    相手が飽和攻撃を意図しているなら、それ以上の護衛艦隊・ミサイルを用意する。それがアメリカという国だと思いますが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:15:20
  415. >>412
    そもそもASBMそのものが本当に有効なのか甚だ疑問なんですよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:27:58
  416. ICBMでどこを狙うのか知らんが・・・そんなものを撃って大丈夫なのか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:29:02
  417. なぜ中国はそんなに「覇権」国家と認知されたいのか?
    なぜ、無理やり「覇権」国家っぽい振る舞いをしたがるのか?
    その根底にある考えが見えない。
    ある日突然、隣人に、無理やり「おれがボスだと認知しろ、言う事を聞け!」と言われて「はいはい、言うことを聞きます」
    という人はいないと思う、ふつうの人間関係なら。
    国家間も一緒じゃない?

    Posted by 名無しT72神信者 at 2010年08月11日 00:29:32
  418. >>416
    ICBM撃つような状況なんてす既にマトモな状況とは言えんから今から心配しても意味が無い

    >>417
    >その根底にある考えが見えない。
    中華思想「ちゅうごくはアジア一ぃぃぃぃぃ!!1!」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:35:33
  419. >>396
    スマン、途中で挫折したw
    結局、ASBMって大気圏突入時にはレーダーでターゲットを捕捉できないはずだけど、移動目標にどうやって当てるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:50:01
  420. >>418
    現実が支配するPoliticの世界で、
    中華思想が思考の中心になぜ座るのかが理解できない。

    思想には”妥協”はないんだよね。
    だから皆が怖がるんだよ、たぶん。


    Posted by 名無しT72神信者 at 2010年08月11日 00:50:25
  421. >>419
    洋上の空母を捕捉して弾道弾を中間誘導する人工衛星を、軌道上に複数配置しておくんじゃないかなぁ。
    そんな衛星を作れる技術を、中国が持ってるかどうか知らんけど。

    ただ……
    確かに原子力空母はアメリカ海洋覇権の象徴だけど、空母沈められたぐらいでアメリカがへたれるなら昔の日本は苦労せんかったよ。
    あの頃も、アメリカに大量の出血を強いれば向こうが折れると思ってたんだよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 00:59:15
  422. 自分で書いておきながらだが、
    「現実が支配する」」という前提条件が、
    彼らに適用されないというなら話は単純か…?

    しかし、現実が吹き飛んだ状況での判断となると…。

    1930〜40年代の我が国より危ない状況ってことなので、さすがにそれはないと思うのですが…。

    歴史を科学するといっている連中が、過去の歴史を直視していないはずは…。

    ふ〜ん、理解できんな。

    Posted by 420 at 2010年08月11日 01:06:52
  423. >>422
     黄海海戦(日清戦争の方)を、
    「清国北洋艦隊の勝利」
    と歴史教科書に書いてる国だお。>中国

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 01:11:56
  424. >>423
    なるほど!
    歴史を科学的に分析するとそのような結論が得られるわけですな!
    よ〜く、わかりました。
    すごいな、唯物史観は。

    おっと、危ない。
    最後の一言で、エントリーと関係ない論争を巻き起こす気はありません。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2010年08月11日 01:16:32
  425. >>421
    その中間誘導衛星で、連続的に空母を索敵、認知、照準できたとしても、肝心の弾道弾の軌道を変更はどうやってやるんだろうか。
    弾頭の運動エネルギーの大半は打ち上げロケットにより与えられていて、
    終末時に秒速3-5km程度で赤熱しながら大気圏を突っ切っている弾頭の軌道を変更するにはそれなりの横力が必要だが、どうやって?
    AAMのような空力翼なんぞ、すぐ溶けるだろうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 01:33:05
  426. >>417
    中華思想+欧米コンプレックス+反日のなせる業。
    劣等感に裏打ちされた強硬姿勢ですわ。
    近世以前はもうすこし余裕があった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 01:46:19
  427. フツウのMaRVなら、ミッドコース以降、経路変更はできない筈。
    PBV在っての機動だし。
    それとも、中国は、大気圏突入中でも機動できるスーパーなRVでも開発したか?
    考えれるのは
    @RVにインフレータブルなバリュートを付けた。
    (バリュートの形状操作で機動)
    A衝撃波の影になる部分にDACSやRCSみたいな推進系を装備。
    BグラファイトやC/Cみたいな耐熱素材で操舵フィンを作った。メチャパワーのあるアクチュエーターいりそう。

    誘導は外部コマンドくらいしか思いつかないが、
    やっぱ、移動目標を狙えるBMってまだ無理じゃねぇ?核弾頭ならともかく。
    こんなのに米海軍はどういう脅威を覚えてんだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 02:20:05
  428. >>426
    そう?
    近世以前も、元はモンゴル人が建国したものじゃないとかチンギスハーンは中国人とか、かなりアレな気がするのですけど



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 02:38:40
  429. >>422
    >歴史を科学するといっている連中が、過去の歴史を直視していないはずは…。

    それどころか歴史を直視せよ、と言っている隣の国が直視してなかったりする世の中ですよw
    青山里とか…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 02:39:37
  430. 何にせよ、未だに中華思想が抜け切れてないんだよ
    “革命未だならず”だね

    Posted by 428 at 2010年08月11日 02:41:23
  431. またどっかのkokogikoみたいなこと言い出すのが現れた。
    その前にはてなの「民度の低い」タモガミボガスとかを批判してつるしあげろよカスww

    http://b.hatena.ne.jp/entry/obiekt.seesaa.net/article/158986929.html

    > ArtSalt 国防, 中国 週刊オブイェクトさんは素晴らしい評論を書く人だけど、この人のまわりに集まる金魚の糞たちってどうして民度が低いの? 2010/08/10
    スターつけてるのはkowyoshi。こいつもはてサ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 04:07:05
  432. >408
    まだ続けてるでしょ
    具体的な共同研究開発の覚書の中身は知らない(公開されることも無いだろうし)けど、別にCG(X)専用というわけでもないだろうし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 06:41:53
  433. 空母一隻でビビりまくる中国え

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 08:33:05
  434. >東南アジア各国は(中略)、特に潜水艦の大幅な増勢・新規取得が目立っています。
    >ベトナムはロシアからキロ級潜水艦6隻を購入します。

     中国艦隊の脅威増大に対処するには、潜水艦が最も効率的ということですね。また、台湾統一は、中共の党中央にとっていずれ達成しなければならない必須の政治課題ですから、武力統一は台湾にとって現実の脅威です。だから、台湾が新しい潜水艦を欲しがるのは、理屈に適っています。
     しかし、よく知られている通り、欧州各国は中国と関係悪化をおそれ、台湾に潜水艦を売ろうとしません。だったら、台湾もロシアから潜水艦を買えないものでしょうか?。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 09:33:50
  435. 其処までやっちゃうと完全な対決路線になってしまう。無理だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 09:41:24
  436. >>434
    軍事費を中国みたいに野放図に増やせない「マトモな国」は、少ない戦力で対抗する必要があるからね。
    「いるかいないか分からないだけでも怖い」という潜水艦は理想的なんだろう。
    台湾の潜水艦調達、アメリカがバイパスして売るって話もあったけど、潰れたみたいだしなぁ・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 09:42:25
  437. >433
    中国は、たった一隻の空母にビビってる訳じゃないよ。
    その一隻の空母に手を出して、大きな損害と引き換えに運良く撃退できたとしても、次は三隻か四隻かそれ以上の数の空母や、空軍主力を繰り出して反撃してくるであろう、米国の軍事力を怖れているんだ。そうした意味では、空母もフリゲートも共通だ。しかし、例えばフリゲート単艦なら、火器を実射しなくても体当たりを繰り返して追い払うことができる。それに比べて空母打撃群は、戦闘を覚悟しなければ追い払えないし、それと戦うには強力な兵力が要るという違いがある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 09:55:09
  438. まぁ、バックボーンにビビってるってのは確かだけど、
    空母1隻でも充分ビビるに値するよ。
    そこら辺の国1つの空軍の実働戦力に匹敵するんだよ、あの船。
    そりゃ怖いわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 09:59:55
  439. >>427
    弾道頂点での軌道修正にとどめて、後は移動地点予想と多弾頭化でどうだろうか?
    現代戦ならズルズル長引かないだろうから、空母の甲板に穴あけりゃ、その戦では沈めたのと同義って事で。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:06:44
  440. >439

    竹林一号じゃねーかw
    軍板では嘲笑された古いネタだよ、ソレw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:09:42
  441. 対艦弾道弾とは、もうヴェルヌ砲や霧島砲作っちまえよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:13:24
  442. >>435
    ロシアは、キロ級をベトナムに売りますが。ベトナムに売るんだから、台湾にだって売るでしょう。
    おそらく中共は、ベトナムに売る話が決まった時に比べて激しく非難するでしょう。でも、それは中共にすれば当然です。なぜなら中共にとって、台湾が国連から離脱したままで、兵器の輸入も思うにまかせないという、国際的に孤立した台湾の現状が都合がいいからです。もし台湾が国連再加盟することになれば、台湾統一が再び遠のきますから、予防線を張ろうと強烈に非難するでしょうね。
    しかし、かつて中共と交戦した経験があり、今も中国の支配に屈しないために軍備を必要としている点では、ベトナムと台湾は国際的に見て同じなんです。中共の剣幕がどんなにすごかったって、ロシアに対する非難を支持する国は少ないでしょう。結局、体裁を保つためだけに中国はロシアを非難するものの、ロシアに仕返しできないでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:18:45
  443. やはりアメリカだな
    経済がやばいときは都合よく擦り寄っておいて
    ほとぼりが冷めればこれだもんな
    厚顔無恥なやつ等め恥を知れ
    日本もいつか簡単に使い捨てにされるんだろう
    そうなる前に手を打たねばならんのではないか?
    真の敵が誰かをよく考えなければなるまい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:21:51
  444. >>442
    本邦の真の敵? 少なくとも合衆国じゃあないなあ。
    それとさ、アメリカがいつ安全保障面で日本と中国を同じような扱いした?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:35:31
  445. >>29
    亀だが、ウクライナはあまりに好景気でバブってるらしいよ。
    ちょうど今TVでやってた。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 10:36:35
  446. >>443
    手始めに六カ国協議脱退と戦略原潜の保有ですねわかります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 11:42:01
  447. 10年ぐらい前かなぁ。
    NHKかどっかでベトナム戦争当時の米越双方の司令官や政策立案担当者が同席して当時を振り返るって番組やってた。
    非難の応酬になる場面もあったけどお互いに相手の事を理解しようとする意思は強く持って場に臨んでいた感じだった。
    関係修復の努力してるんだなーって放送当時に思ったのを憶えてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 11:49:32
  448. 日本はこれに追従してはならない
    日本がアジアの隣人と争う理由はないのだから
    アメリカの戦争はアメリカだけでやってもらいたい
    いっそこれを機に日本と同盟関係を解消してみてはいかがかな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:33:08
  449. ふたたび冷戦が始まりそうな今こそ日本は平和憲法の精神を発揮して世界に平和を訴えるべき
    それこそが日本の国防だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:35:22
  450. 日本は中国米国ロシア東南アジアのちょうど中間点に位置している
    日本は各国の平和を調停するバランサーに慣れるのではないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:37:00
  451. >>450
    そう言っていた盧武鉉はただのコウモリになってしまったよ。
    日本は韓国よりはまだポジション的にマシだが、
    それでも無茶な夢は見ないほうがいい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:39:49
  452. >448

    アジアの隣人(東南アジア諸国)を侵略する非道な中華人民共和国を懲らしめよう。

    日本もベトナムに進出すべき。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:50:19
  453. いよいよ中国が持つ米国債が邪魔になってきたのかな
    戦争になれば踏み倒せるからな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:52:20
  454. >>453
    とりあえず、以前の記事を読み返すとその答えが有ると思うよ。
    もうそのネタは飽きたんだよ。もっと新鮮な釣りネタは無いの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 12:58:07
  455. うんざりするなあ、心に響かない演説というやつは

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 13:04:15
  456. 朝日新聞の一面に中国が空母艦載機用の訓練場建設の記事書いてるな。
    媚中も危機感感じてるんだろうか。
    しかしだったら日本もバランス上防衛力上げないとって結論にはいかないんだよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 14:46:32
  457. 日本はむかし中国にいっぱい悪いことをしたよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 16:28:18
  458. >434 >442
     良い考えだ。売る潜水艦は、新しいアムール型じゃなくキロ型でも構わない。とにかく、台湾に兵器輸出を自粛している欧州各国が、「中国の仕返しなんて大したことないな」と肩の力を抜く契機になれば良い。
     その後台湾は、欧州主要各国に広く散らして同時にオファーを出す。発注先の各国には、「赤信号もみんなで渡れば恐くない」と予め根回ししておく。つまり、どの国かが単独で台湾に兵器を売ると、中国がその国と取引を停止して別の国に取引を振り替えて仕返しする、だから一国だけでは台湾に兵器を売れない。しかし、主要国が一斉に台湾に売るなら、中国は個々の国に仕返しできない、そういう理屈だ。
     潜水艦も、仏西共同開発のスコルペヌ型を改めて買っても良いし、独の212A型でも良い。ロシアから買った潜水艦は、例えばインドネシアに魚雷・予備部品こみで転売すれば無駄にならない。もちろん、転売先と事前の了解が必要だが、台湾の防衛力が改善されれば東南アジアに対する中国の圧力が減る訳だから、関係国の協力が得やすいだろう。
     中国は、台湾併合という課題を絶対に放棄できない。中国にとって台湾は、自宅の敷地内にありながら他人が占拠している一角である。これを成るべく早く取り戻せなければ、中国の主である共産党中央の威信が保てない。共産党中央が、もし台湾併合に失敗したり諦めたりすれば、共産党中央の威信が傷つく。地方政府および軍閥は、共産党中央の威勢を怖れて表向きは従っているものの
    、実態はそれぞれ地方に割拠している。地方政府および軍閥は、共産党中央の威信が下がれば、それを軽んじ隙あらば取って代わろうとするだろうし、内戦の危険が高まってくるだろう。それゆえ、台湾併合の難度を高めること、できれば事実上不可能にすることは、東南アジア諸国の利益に適う訳だ。
     そうした観点から、東南アジア諸国を台湾のシンパに抱きこみ、台湾の国連再加盟を推進していけば良かろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 17:02:53
  459. >>456
    「小日本人共、抵抗は無意味だ」って言いたいんじゃないのw
    まぁ、朝日も商売だから世間の風向き次第で反中に舵を取ることもあるんだろうけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 17:03:42
  460. >>457
    そうでしたね、すみませんでした。とでも言って欲しいの?毎度毎度こういう書き逃げみたいな投稿をするやつの目的が知りたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 17:35:57
  461.  >399

     消坊の時だったからなあ。
     ザンジバルも、オデッサも、ベルファストも(以下略)。

    Posted by KY at 2010年08月11日 18:32:50
  462. >>457
    眠れる豚を蹂躙したことはあったかもしれないけど、中華人民共和国になんか悪いことしたっけ?
    中華人民共和国は、日本国に現在進行形で悪いことしてるよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 19:28:27
  463. >442
    ベトナムは、ソ連時代にも各種艦艇を同国から購入していたし、この10年間にロシアから新型フリゲートやミサイル艇を計10隻ほど購入している。
    しかし台湾は、ロシア製の艦艇を全く購入した事が無い。もちろん運用した事も無い。
    そこへロシア製の潜水艦を導入するのは非現実的だ。
    >458
    アムール級は、10年前から海外への売り込みが積極的に行われて居るが、ロシア本国ですら未だに1番艦が就役しておらず、運用実績ゼロの為、何処の国も買おうとしていない。台湾だって要らないでしょ。
    そもそも、ロシアにしてみれば、中国との関係が冷えてきたからと言って、じゃあ台湾と仲良くしようと言う事にはならないよ。
    というか、なんでここのブログの連中って、ロシアが日本に都合良く動いてくれると思っているんだろうね。
    そんなの、アンタらの「片思い」ですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 19:38:10
  464. >>457
    「悪いこと」というのは満州国建設のこと?
    だったら今の中国がチベットやウイグルでやっていることは「良いこと」?

    満州国建設によって満州の経済成長に貢献したし、のちに中華人民共和国のインフラにもなったんだから、
    大日本帝国がやったことも、きっと「良いこと」だよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 19:47:28
  465. >ロシアが日本に都合良く動いてくれると思っているんだろうね。
    むしろここの読者ならロシアが日本に都合良く動いてくれると思っている人は一人もいないんじゃないかな?
    ロシアに詳しければ詳しいほど、そんなの有り得ないって知っているわけでして

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 20:16:47
  466. 悲観ぶってれば良識派を気取れるってものでもないでしょ。
    ロシアが日本に都合よく動いてくれないと予想するのでしないのであれ、その根拠を示さないと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 20:31:02
  467. >>457
    ウイグル人を核兵器で焼き殺した中国人は、核兵器を打ち込まれても文句言えないよね
    こういえば気が済みますか?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 21:06:05
  468. 三国志演技をエロゲ化したこととか
    諸葛亮にビーム打たせたりしたことじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 21:14:51
  469. >457
    そうだね。日本は昔、中国人を大量に殺害したね。ならば軍事力と外交で中国に戦争で残酷な殺し合いを阻止することは良いことだよね。
    日本の国益を守るというのもあるが、これも中国に対する一種の愛。(えっ)

    Posted by 90式改 at 2010年08月11日 21:39:21
  470. >>457
    そうだね。中華民国には悪ことをした
    お詫びに中古の潜水艦でも格安で譲ってあげようか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 22:15:21
  471. アジアの隣人(東南アジア諸国)を侵略する非道な中華人民共和国を懲らしめよう。南沙諸島を中国の侵略から守れ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 23:28:56
  472. >>457
    ホモサピエンスはアウストラロピテクスに酷い事したよね!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 23:41:02
  473. >>457
    中華民国と戦争したことか?戦争=悪いこと が一般的な解釈ならば、確かに悪いことしたな。

    当時わるいことした仲間、日本、中国、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランス、ソ連、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、ギリシャ、トルコ、ハンガリー、オーストリア、その他、書ききれないや。
    わるくない国ってあるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月11日 23:59:15
  474. >>457
    そうだね、日本は中華民国に悪い事をしたよね
    だから、日本はその償いに、中華民国を全力で支援して当然だよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 00:36:02
  475. 台湾に兵器をあげようってのはネタなのか本気なのかがわからない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 01:03:59
  476. >>463
    >そこへロシア製の潜水艦を導入するのは非現実的だ。

    新しい潜水艦を全く買えないよりはマシでしょう。それに、>>457氏のお考え通り早々に転売する肚積もりなら、多少異質でも問題ありません。
    発注さえすれば、ロシアはなんでも売りますよ。相手が台湾であれどこであれ、中国のように直接的な対立国じゃない限り。もし出したくない技術が含まれていれば、それを削ったモンキーモデルにしてくるってだけです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 01:19:16
  477. >>476
    >ロシアが日本に都合良く動いてくれると思っているんだろうね。

    違います。ロシアが台湾に潜水艦を売る時は、それはロシアの利益のためです。
    潜水艦だけでも大きなビジネスですが、それを手始めにロシア製の艦艇や航空機を台湾に売りこめます。また、ロシア製の兵器が元々米欧に似た兵器体系の国にも適応できることを台湾で実証できれば、販路を拡げやすくなります。だから、台湾が潜水艦の購入をロシアに申し入れれば、ロシアは有望なビジネスチャンスと思うはずです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 01:41:44
  478. 中国国内で急速に穏健派が台頭してるそうで、
    以外と早期に関係改善するかもな。
    北、韓国が戦争状態になんてここで言ってたひといたけど、普通に落ち着き取り戻してるしな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 01:59:30
  479. >>478
    落ち着いてるかぁ?
    漁船拿捕ったり砲撃かましたりしてるじゃん

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 02:18:25
  480. 北の場合、拿捕も砲撃もミサイル発射も日常だろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 02:52:57
  481. >>478
    向こうで穏健派が力を握るのは日本としても好ましい事ではあります。
    でも、もしそうなっても強行外交派が何かのきっかけで復権する可能性は十二分に有る以上、これから先はアメリカも以前ほど無警戒って事は無くなるのでは? 何しろ中国は実績が沢山有るんだから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 09:51:59
  482. >478
    >普通に落ち着き取り戻してるしな。

    これから黄海に米空母が乗り込んで行くのに、何が落ち着いたとかアホかよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 09:55:51
  483. >478
    >中国国内で急速に穏健派が台頭してるそうで、以外と早期に関係改善するかもな。

    何処が?

    中国軍、第1列島線突破を断言 海上摩擦増加も
    http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010080701000720.html

    今後確実に米中は海で衝突するよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:02:14
  484. 今や中国は世界第二位の経済大国です。
    いかにアメリカといえどもそんな経済的に大きな国を本気で潰せるわけがない。
    結局お互いに妥協できる範囲で落ち着くところに落ち着いて終わるんでしょう
    ある程度の中国の周辺海域への影響力は認められて終わるんでしょう。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:23:32
  485. >484

    経済的な相互関係では戦争は止められませんと、毎日新聞の岸本さんも認める所ですが何か?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:35:46
  486. ご近所が喧嘩しそうなときは仲裁に入るのが大人の行動ってもんだ
    どちらかに加担するなんてもってのほかだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:42:06
  487. か弱い東南アジアはゴロツキ中国から身を守るために用心棒アメリカを頼りにしただけさね。

    全ては中国の覇権主義の結果だぁね。

    つまりは中国はアジアの嫌われ者って事。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:49:22
  488. >どちらかに加担するなんてもってのほかだ

    弱者を守る事は絶対の正義だ。中国は南沙諸島での侵略主義を即刻止めろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 10:52:57
  489. >>487
    かつて日本がそうであったように

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 11:03:45
  490. かつて太平洋戦争を戦った日米が今や手を取り合い・・・かつてベトナム戦争を戦った越米が組もうとしている。これが国際関係だよ。

    米中も一度戦争を経験すれば仲良くなれるかもな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 11:14:31
  491. 候補選のときに「ヒラリーはシナの犬!日本の敵!」だとか
    大統領選のときに「米民主党は親中!日本の敵!」だとか叫んでた酷士様方もお元気なのでしょうか


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 11:28:42
  492. >>478
    革命の定石は「バカを尊重し、穏健派を殺すこと」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:07:57
  493. >491

    ブサヨと酷使が両方涙目で軍オタ的に凄く美味しいです。

    ・・・と思ったけど、酷使的には「嬉しい誤算」でラッキーってな感じだわな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:11:25
  494. >>484
    アメリカが中国を潰すなんて誰も言ってないけど?

    中国の領土的野望を押さえつけるって言ってるだけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:20:24
  495. 中国はアメリカからシーレーンを確保するために領土を欲しているだけです。
    ですからアメリカが中国のシーレーンの安全を保障しさえすればこの対立は収まります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:24:23
  496. >>478
    実は、その発言自体が中国の危うさを象徴している。
    「穏健派の台頭」は憶測なんだよね。
    外交安保の方針が不規則に揺れ動く。誰がイニシアチブか、どこに転がるか判らない。そのプロセスすら明らかになっていない。

    こんな危なっかしい大国と相互信頼、という発想自体が困難になってしまう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:28:41
  497. >>495
    実際には航行の自由を主張するアメリカに対し中国が反発していますが。
    それに、シーレーン確保にはこんな小島何の役にも立たないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 12:47:48
  498. >>495
    白燐弾で大恥かいた模型ブロガーが「はてな陰口」で抜かしてた理屈だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 13:04:40
  499. やっぱりあのアホ模型ブロガーは中国の手先だったのか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 19:14:27
  500. >495
    >中国はアメリカからシーレーンを確保するために領土を欲しているだけです。

    どう見ても侵略主義じゃねーか。この21世紀に領土を求めて拡張主義とか中国はアホなんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 19:17:25
  501. 自国の正当な権益や安全を確保するために
    ××を確保する・○○に進出する
    ってのは、侵略の常套句だよなぁ。
    いつもそこら辺から始まる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:03:38
  502. >>380
     日本から見るとなんでもない「日本海」という名将も、確かに中国や韓国からしたら、「日本」海のように国の名前が入ると嫌だろうと思う。
     別に左ではないが、日本海にこだわるのもどうかと思う。それが国益と言うわけではないし、ヨーロッパ人から見れば弱い韓国と強い日本という判官びいきも入るだろうし、だから「黄海」のように「蒼海」とか、適当な色のをつけて、国の名称をつけないようにしたらどうだろうか?
     全然関係のないヨーロッパ・アメリカ人からすればどちらでもいいし、「日本海」「東海」のようなナショナリステックな命名よりは日韓中どちらにとってもいいとおもう。
    もちろん国益がからみ大義名分が有る件については徹底的に国連に上げてでも戦わなければいけない(北方領土・竹島関連とか)が。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:09:17
  503. >>502
    東/南シナ海とかインド洋とか無視か

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:16:04
  504. >>503
    逆にいえば、韓国や中国が「東海」にしたがるのなら、まずそちら(東・南シナ海、インド洋)を変えたら変えて良いと言ってみるのも一考だろう。

     余談だが、実際に中国に実質GDPで今年か来年抜かれ、勧告や台湾に一人当たりGDPで6-10 年後に抜かれることを考えると「日本」にこだわるのは「中華思想」とあまり変わらんぞと言いたくもなる。これも全てリフレをしない政府と日銀が悪いのだが。
    まあ、スレ違いでスマン。

    Posted by 502 at 2010年08月12日 21:31:32
  505. >>502

    中国は日本海の呼称を認めてくれている国だぞ?

    だって中国海(東シナ海、南シナ海)ってのが有るじゃん?

    中国が日本海を非難する筈が無い。自分に返って来るからな、当然だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:33:05
  506. >502
    インド洋やメキシコ湾を無視か。
    アホじゃねーの?

    つか、チャイナ海を無視かよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:36:54
  507. >>502
    欧米からすれば「蒼海?それどこら辺にあるの」という反応だと思うが。
    というか歴史やら地理やらを無視して「蒼海」と名付けられても不自然過ぎる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:46:55
  508. 中国は日本海に賛成、というか他の名称を認めてないんだが…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:50:26
  509. >490
    米中が戦争した後に中国が中国として残っているかどうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:57:34
  510. >>486
    どっかの誰かは「卵の側に付く」って言ってたがなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 21:59:49
  511. >504
    おかしいのはお前さんだよ
    たかが経済でよそに追い抜かれる程度のことで、地理的に日本列島と分けて考えることのできない日本海の呼称を変えるなんて発想にどうして行きつくことができる?
    根無し草じゃあるまいによ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 22:11:02
  512. 中国は日本海を認めてるし北方領土も日本領と認めているし竹島も日本領と認めている。尖閣諸島だけだ、認めてないのは。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 22:17:54
  513. >>502
    日本海名称問題に関し、そもそも国益として何の意味もないのに、ただひたすらナショナリスティックなだけな争いに持ち込んだのは、日本ではなく韓国の方です。
    この問題で日本が妥協したところで、韓国が恩に着るようなことは絶対にないし、国際的にも日本が負けたような印象操作がなされて、それこそ日本にとっては何の国益にもなりません。

    不当なことは不当だと毅然と主張するのが真の友好というものです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 22:31:26
  514. >>511
     たかが、経済と言うが、それは認識が甘いと思う。経済で劣勢になれば軍事でも同様になる可能性が高くなる。また「地理的に日本列島と分けて考えることのできない」という理屈なら、韓国側からみればユーラシア大陸の東の海という理屈も理解できないこともない。

     政治の延長として軍事はあり、軍事は経済の余力から賄われる。
     今回アメリカは軍事的威圧をして中国を抑えるのが、政治的に国益になると決定したのだろう。
     アメリカは功利的で基本的に合理的な国であると思う。
     国益追求は当たり前だが、日本の経済運営は国益に反しており、世界の常識からもかけ離れていて、その結果日本経済は衰退してきており、そのことは日本にとってもほかの国にとっても、良い事など何も産まない。
     アメリカも同じで衰退はしてきているが、日本よりは対応策等で合理的に行動している。

     話題がそれるが、靖国問題にしても国内的にも政教分離の法則からおかしく、国益にもなっていないと思う。あれは神社神道と決別し、国立追悼場を作るべきだ。欧米は確かにキリスト教式で国立墓地を作っているが、あれは曲がりなりにも反対が少ないから問題にもならない。日本のように仏教・神道・キリスト教・その他というように多宗教混在の国に、神社という神道の施設に作るのは間違っている。また靖国は軍国主義にも利用されていてそれが神風と言う思考停止的な非合理的行動を助長した。(ある意味日本中華思想)
     中国や韓国の国家主義を批判するのなら日本もそれに陥ってはいけないと思う。
     スレ違い申し訳ナス。

    Posted by 504 at 2010年08月12日 22:47:55
  515. >>504
    経済と海の名称との関係性を論理的に説明して下さい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 22:48:42
  516. >ユーラシア大陸の東の海

    シナ海も太平洋も全部東海ですね分かります。
    日本列島がなければ存在しない海だと何度言えば……

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 22:59:49
  517. >514
    >経済で劣勢になれば軍事でも同様になる可能性が高くなる。
    この文章に筋の通った説明をしないまま話を逸らしていくのは感心しないな。
    その上靖国にまで話を飛躍させるに至っては支離滅裂と言わざるをえない。
    詫びさえ述べれば関係の無い話をしても許されるとでも思ってるのかい?

    俺からはこれ以上は何も言わない。

    Posted by 511 at 2010年08月12日 23:17:13
  518. 戦車配備定数が削られたり、戦闘機が減数になるかもしれないのに、それでも経済=国家財政が軍事に影響を与えないというのかい?

    それこそ「神風」で特攻でもするのか?
    アメリカも勝手に自滅していく日本は迷惑だよ。

    Posted by 504 at 2010年08月12日 23:21:46
  519. >>518
    誰も経済と軍事が無関係だとは言ってない。
    経済と海の名前は無関係だろと言ってるんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:28:49
  520.  経済が豊かであれば、すくなくとも韓国の主張を他の国が聞く可能性が減る。そうしないと援助や取引が減るかもしれないからね。
    軍事大国でも同じ。
    なんで一から十まで言わなければいけないんだ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:34:07
  521. そもそも名前変えろなんて言ってるの韓国だけだし。
    504は韓国経済が日本+中国を上回る状況を想定しているんだろうか。

    せっかくだからフィリピン海を南日本海にしようぜw
    経済で劣ることはまず無いだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:36:30
  522. >>520
    その経済とやらで海の名前が変わった例を教えてくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:38:54
  523. では、経済的に二流国になって、アメリカに愛想を尽くされ見放されるがよかろう。

    海の名前は変わらなかったが、アメリカからは口実を作られて同盟は解除され、中国はアメリカの友好国となり、日本は中国に攻められてなくなってしまったとさ。
     いかにも日本らしい笑える終わりかただよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:51:08
  524. だから、なんで海の名前にそんな「地理的要因以外」を持ち出すんだよ・・・
    そっちの方がよっぽどナショナリスティックだろうがよ。
    月の呼び名に自分の名前を使わせたどこぞの皇帝かよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:56:59
  525. >523
    つ3.自分に有利な将来像を予想する
    つ6.一見、関係がありそうで関係のない話を始める

    ガイドライン通りの行動ワロタ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:57:24
  526. すげーな、海の名前を変えなければ日本は滅びるのかw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月12日 23:57:54
  527. >523
    すごい妄想だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 00:01:12
  528. >>523
    日本が経済二流国家ならそれ以下の国って何なの?
    例えば、東京一個分ぐらいの経済力しかない韓国なんて五流以下になるんだけどw


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 00:26:52
  529. 遠い昔に中国に抜かれたドイツのこと、たまには思い出してください。
    というか日本が経済二流国家になるって言う人は多いけどドイツが経済三流国家になったって言う人少ないのはなんでだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 00:44:12
  530. っていうか、なんで日本海表記の話をしてるんだ?
    日本海表記を止めないと、日本が終るとか、>>523はVANKか何かか?

    VANKはサイバーテロリストな分だけ、中国の憤青よりも性質が悪いな、ホント

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 01:08:30
  531. ≫523
    中国の経済力が鼻糞みたいだったころから『南シナ海』は存在していたわけだが…チャンピオンベルトじゃあるまいし、その時々の経済大国の名前が冠される海とか何なんだよ。

    そもそも過去の事から考えて、そんな理由で譲った瞬間、それで手打ちどころかさらに要求がエスカレートするのが外交の御約束だろjk

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 01:22:21
  532. ≫523
    じゃあ、アメリカに拠点を置くPETAが主張したから、ハンブルク市はベジブルク市に名称変更すべきなんですねわかりますw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 01:32:20
  533. 大抵日本を経済二流って罵る人はドイツはEUという巨大な経済体の中核になったし、韓国や中国は右肩上がりの高度成長しているから、それに比べて日本オワタっていうのが多いんでしょうが、中身を見ずに言ってる人が多いですよねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 03:10:28
  534. 日本は昔中国と韓国に悪いことを沢山したよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 08:51:41
  535. >>533
    中身を見ずにというか、その時々の瞬間値(微分)しか見えない人なんだろう。
    冷静に累積値(積分)でみれば、全く印象が違うんだがな。

    ただ、日本のように高位安定していると、そのすごさの実感がわかなくなるのは人間の感覚として理解できる。
    韓国のように乱高下していると、上昇時の喜びもそりゃ大きいだろうよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 09:44:41
  536. >>534
    なぜそこで韓国がでてくる???しかもスレチだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 10:05:34
  537.  円対ドルが年々高くなって、国内産業の衰退、流出が増えている現状がわからない軍オタばっかりだからな。戦闘機の技術継承も危うくなっている現状があってもそれの原因が認識できない。

     国益なんてことはこれっぽっちも考えてない。

    誰も海の名前を今すぐ変えろとは言っていない。
    そういう柔軟さがあっても良いんじゃないかと言っているだけだ。海の名前に日本が残っても、経済がだめならどうしようもない。
    海の名前にこだわるより経済を立て直すことのほうが何十倍も大事だ。
    金がないからとか、あれば・・・うんぬんはこのHomepageに腐るほど書いてあるじゃないか。

    また、基地外韓国の言うとおりにして、その経過を記録し世界に流布して韓国の評判を落とす高等戦術になると思う。(既にわかっているとは思うが。)

    >>535
    累積値が永遠である保証はない。
    イギリスは18世紀に覇権を持っていて、経済力も当時最大だったが今はどうか?
    日本も対応を誤るとそうなる。

    ドイツは危険な中国と国境を接していないし、別にEUの盟主でもあり、集団防衛体制で守られている。
    日本はアメリカに愛想をつかされたら、どうなる。
     近代戦争は兵器のみでやるんじゃないんだぞ。
    スピード化されて、総力戦の時代とは異なっているが、平時より技術力・情報力を維持しておかないといざ有事に負けることになる。
    そのためには防衛費が必要だし、税金が多くなければそれを捻出できない。税金を多くするためには経済活動が活発でなくてはならない。

    税収が大幅減になっている現実を見ていないところが、軍オタの限界だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 10:52:38
  538. >>537
    >誰も海の名前を今すぐ変えろとは言っていない。
    そういう柔軟さがあっても良いんじゃないかと言っているだけだ。海の名前に日本が残っても、経済がだめならどうしようもない。
    海の名前にこだわるより経済を立て直すことのほうが何十倍も大事だ。
    金がないからとか、あれば・・・うんぬんはこのHomepageに腐るほど書いてあるじゃないか。


    あれ言ってる事が変わってね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:04:03
  539. >534

    だから?

    今やベトナムがアメリカと組む時代だぞw

    過去はただの過去に過ぎんよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:04:18
  540. 海の名前変えたら経済が良くなる理由を理論的に教えてくれ。

    たぶん他の記事にも涌いている、記事内容と関係ないことを書き殴っている円高太郎と同一人物なんだろう。
    中学生がどこかのブログに影響されたのかい?
    しっかりした経済学の理論に基づいて説明してくれよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:08:19
  541. 海の名前が変わったら経済がよくなると言うことを誰も主張していないことについて。

    所詮、軍オタなんてその程度。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:15:01
  542. クルーグマンやバーナンキーと言えばわかるだろ。
    彼らはもう10年も前から日本はこうしたほうが良いよと、言ってくれてるのにやらないから、こうなった。
    1930年代の大恐慌の時も2000年と同じような議論があり、今に至っているわけだが。「根本病」に陥っている日本を草葉の陰から見ている石橋湛山はさぞや嘆いていることだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:30:05
  543. >537
    >国益なんてことはこれっぽっちも考えてない。
    誰も海の名前を今すぐ変えろとは言っていない。
    そういう柔軟さがあっても良いんじゃないかと言っているだけだ。

    一歩譲歩したところで、際限なく一方的な譲歩を迫る国に、合理的な理由もなく譲歩する事が、どうして国益になるのか具体的に説明して下さい。

    >ドイツは危険な中国と国境を接していないし、別にEUの盟主でもあり、集団防衛体制で守られている。
    日本はアメリカに愛想をつかされたら、どうなる。

    中国が危険であればあるほど、米にとって日本の地理的重要性は増すのですが。
    言ってる事が矛盾してますよ。

    >そのためには防衛費が必要だし、税金が多くなければそれを捻出できない。税金を多くするためには経済活動が活発でなくてはならない。

    では経済活動を活発にする為にどうすれば良いのか、現実的かつ具体的な方策を示して下さい。
    >税収が大幅減になっている現実を見ていないところが、軍オタの限界だろう。
    などとおっしゃるのですから、当然具体的なシナリオをお持ちですよね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:39:49
  544. >>541
    >>523
    経済が良くなるどころか、変えないと日本が滅亡するんだよ!!!!とまで言ってますが…
    で、良くならないんなら変える必要もないよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:43:31
  545. >>537
    >海の名前にこだわるより経済を立て直すことのほうが何十倍も大事だ。


    海の名前にこだわってる日本人なんてどこにいるの?

    逆に、第三者が決める公海の呼称にこだわってる韓国を、理解できないなーと思ってる人しかいないでしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:43:47
  546. なんかスレチの上にヘンなのが沸いてるナァ。

    平日の朝から昼までというカキコ時間。
    その上に数分では書けぬ文章量

    夏真っ盛りだし仕方がないか……
    盆休みなら涼しい内に墓参りしてこい。
    (おっとまだ時間内だった・・・・)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 11:48:44
  547. >539
    だからこそ日中が手を組んで世界の覇権をナンタラカンタラとか言ってみるテスト。

    >546
    アホウは放っておくもの、何言っても聴きやしねぇんだから。

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2010年08月13日 11:59:02
  548. >円対ドルが年々高くなって、国内産業の衰退、流出が増えている現状がわからない軍オタばっかりだからな。戦闘機の技術継承も危うくなっている現状があってもそれの原因が認識できない。

    >国益なんてことはこれっぽっちも考えてない。

    >誰も海の名前を今すぐ変えろとは言っていない

    言っている事が支離滅裂すぎてわけわからん。
    円高の問題と日本海・東海呼称の問題と何か関係あるの?
    東海に改名すれば経済が何かよくなるの?
    単に組し易しと見られてさらに譲歩を強いられるのがオチじゃない?
    というか日本が貧乏でソ連が世界第2の大国だったころから日米安保は存在するんですけどね。
    そこらへん論理的に説明してね。


    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年08月13日 12:21:57
  549. >>543
    >>542

    >>545
    >>380

    小学生レベルの韓国と、大人の日本が同じことをするのは幼稚だといっているだけだ。(日本海の件)
    直接国益に結びつかないし、どっちでもいいじゃないか。

    まず支離滅裂というのならよく読むことだ。
    同時に別の問題を話していることがわかるだろう。韓国のような国家主義に付き合う必要はない。
    日米安保はアメリカの国益にもなるから続いているが、アメリカの国力も衰退しているし、日本が経済的に没落し中国が台頭して日本の代わりをしたら、アメリカの利益にならなくなる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:02:36
  550. いい加減、記事違いの話が鬱陶しいんだけど
    米中の対立と日本海表記がどう関係してるだよ
    記事と関係ない話は止めろといわれているのに、続けるのは、マナー違反だろ

    とりあえず、
    1.注意されても、記事と関係ない話の続行
    2.他人の話を聞かず、自分の言葉を省みようともしない、反省のない態度
    3.支離滅裂な言動の数々

    以上の三つの事から、日本海表記太郎への処罰願いをJSF氏にだしてくるわ
    最近、似たような奴が他の記事にも湧いているから、ID晒しでもしてくれと頼んでくる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:11:34
  551. >>549
    間違い箇所:アメリカの国力も衰退しているし
    現時点で軍事力、機軸通貨、経済規模で群を抜いています。

    仮定箇所:日本が経済的に没落し中国が台頭して日本の代わりをしたら
    そんな大きな仮定を2つも導入したら妥当な結論には至らないでしょうよ。

    現実をみよ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:11:35
  552. >548
    支離滅裂!同感ですね。
    日本の場合、税収の問題だけじゃなくて『武器輸出3原則』ってヤツがあるのを御存知ないようですよ。
    10式なりレーダーなり共同開発の兵器なりを輸出すれば税金を上げなくたって良いのが判らないようですね。
    税金を多くするしか考えられないのが「限界」ですかね。

    中国との対立路線に舵をきったアメリカ--を援助するためにも、3原則を廃止して台湾に10式や潜水艦を輸出しようぜ。

    Posted by みやとん at 2010年08月13日 13:29:17
  553. >549

    「子供」の理に適わぬ我侭を嗜めるのも「大人」の役割です。
    一般論として中高生は子供ですが、状況次第で大人を殺害するだけの能力を持っています。
    上から目線で侮っていると足元すくわれますよ。
    あなたの「得意」な経済においても、造船や家電などの国際的なシェアでは既に「小学生レベルの韓国」に抜かれています。
    そもそも「大人」や「子供」といった認識自体が既に的外れです。


    根本的に覇権主義である中国の台頭は米の利益と相容れぬものです。
    中国の体制が大きく変わらない限り米にとって「日本の代わり」になる事は有り得ないでしょう。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:33:11
  554. >>552
    10式戦車は武器輸出三原則以前に機密の塊だから輸出不可だろう。
    せっかくの技術的優位を手放してどうするんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:44:51
  555. http://www29.atwiki.jp/j-economy

    このページがあるところを見ると、このスレの連中より、消印所沢さんのほうがわかってると思う。

    管理人さん、どうぞ私のレスは削除しても結構です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 13:53:45
  556. >>555
    http://www29.atwiki.jp/j-economy
    リンク先の内容は
    こんなのばっかじゃないか
    虚構の勝ち宣言してスレ消して逃走でも目論んでるのかな




    【質問】 21世紀は輸出相手国としては,アメリカよりも中国を重視すべきなのでは?


     【回答】
    http://www.bk1.jp/review/0000431000
    によれば,中国への輸出なるものの3分の1以上は,中国を迂回したアメリカへの輸出に過ぎず,中国そのものを最終需要地とした輸出なんてほとんどなく,中国は実はあんまり儲からない貿易相手なのだという.
     中国はその意味で「世界の工場」というよりは「世界の下請け工場」と呼んだほうが,実態を正確に表しているという.


     ただし東南アジアもそうだが,もちろん彼らの成長に従い、徐々に徐々にその重要性は増しつつあるので,完全に無視しろといっているのではないので念のため.


     そもそも
    http://www.bk1.jp/review/0000433934
    によれば,スマイルカーブで見ると,忙しい割には最も儲からない部門だけを中国人が担わされていることが分かるという.
     スマイルカーブとは横軸に開発・製造・販売というヴァリューチェーンをおき、縦軸に付加価値をとった統計.
     付加価値(もうけ)がでかいのは上流の開発と下流の販売であって、真ん中の製造は付加価値がもっとも低い.
     その真ん中の部分を担わされているのが中国なのだという.


     ちなみに
    http://www.bk1.jp/review/0000445992
    によれば,トヨタ自動車の全利益の70%,ホンダや日産の全利益の90%以上が,アメリカ合衆国のビジネスからつむぎだされているが,中国とのビジネスではほとんど利益が出せないままであるという.


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 14:11:39
  557. 消されることを覚悟して、日本の将来のために。

    http://econdays.net/
    海外の経済学者の最新のブログやエッセー等を
    手弁当の有志が翻訳して掲載しているサイト。

    経済に興味があったら読んでみるといいと思う。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 15:08:24
  558. http://econdays.net/
    これと日本海の名前の変更にどんな関係あるんだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 15:20:40
  559. >>558
    >>523

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 15:25:22
  560. >>523
    >>559
    アメリカが日本と同盟を結んでるのは
    日本の位置が中国が太平洋に進出するときに
    蓋をする形になってる地理的要因よる所が大きいからであって
    経済が落ちぶれても見捨てられはしないだろう。

    523の理屈なら韓国がアメリカに見捨てられてないとおかしいだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 15:40:54
  561. これ以上日本海の呼称を云々言い出す奴は荒らし確定な。
    経済についても、中国との安全保障に絡めて論ずるべきで、ましてや日本のデフレがどうのなんて、このエントリには微塵も関係ない。どうしても言いたければ因果関係をちゃんと書け


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 16:42:51
  562. >>549
    >日本が経済的に没落し中国が台頭して日本の代わりをしたら

    日本の代わりをする、ということは、中国が華麗なる方針転換をして覇権主義をひっこめ、
    アジアにおける旧西側・民主主義陣営の尖兵となってくれる状況ということでしょうか。

    そうしたら、極東情勢は飛躍的に安定し、日本も憂いなく軍縮ができて万々歳ですね^^

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 18:48:03
  563. ※この投稿は無意味な文字列だったので削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 19:00:08
  564. ※この投稿は記事と無関係な宣伝を行った為に削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 19:48:32
  565. 誰か>>564を止めてくれ

    >>564
    経済と軍事が密接に関係してる事なんかここにいる誰もが理解している事だ
    問題なのは、この記事とどう関係があるのかだ

    アメリカとベトナムと中国の話題をしているのに、なんで日米安保や日本経済の話になるんだ? 
    記事の内容と無関係だろうが、止めろといわれているのが理解できないのか?

    記事の内容とこれらをよく読め、全く
    『記事題材とは無関係な書き込みについて』
    http://obiekt.seesaa.net/article/120144841.html
    『コメント欄について(特に変更なし)』
    http://obiekt.seesaa.net/article/133736708.html

    お前はコメント・ルールを逸脱し過ぎなんだよ
    何が分かりやすくしてみただ
    3:自分に有利な将来像を予想する
    4:主観で決め付ける
    5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
    6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
    詭弁のガイドラインの行動そのまんまじゃねえか

    だいたい、経済うんぬんで日米安保が切られるのなら、アジア通貨危機や韓国通貨危機を起こした韓国や日本よりも経済規模で遥かに劣るフィリピンなどはとっくの昔に切り捨てられてないとおかしいだろうが

    それはともかく、記事と関係ない話はいい加減にしやがれ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 20:51:11
  566. >>564
    >日本ができること(デフレ解消、景気回復)をやっておくべき

    誰もがその方向で努力しているけれども、なかなか目に見えて効果が上がらないってだけだ。w
    エロい人たちの誰も気付かないなんて不思議なんだが、人口全体に占める若年人口の比率は、国内消費の謂ば『基礎代謝』みたいなもの。若年人口が増えれば、嫌でも国内消費は伸びる。反面、高齢化が進めば進むほど、一人当たりの消費が減る。
    つまり、少子化対策は紛うことなき景気浮揚効果があり、当然ながらデフレを止めてインフレに向かわせるように働く。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:04:58
  567. デフレインフレの話は他所でやれ。
    管理人に連絡しておく。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:07:50
  568. >566

    お前はルール違反だ。出て行け。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:09:41
  569. ※この投稿は記事と無関係な宣伝を行った為に削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:14:44
  570. 日本海呼称も記事違いだ。話を続けるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:17:45
  571. ・自分だけはスレ違いな書き込みも許される
    ・自分が今から書くことはルール違反を超えてでも書く必要がある「大儀」だからOK

    結構本気でこんな考えを持ってる奴がたまにいるからな。
    ある程度注意したら放置して管理人がキレるまでやらせとけばいいんでない?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:23:55
  572. もう管理人は切れとるよ。この記事米欄で脱線話続けた連中はログ取って有るから永久追放やね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:40:15
  573. ベトナムとアメリカの間にこうして平和が築かれるとは今はなき小田実氏も草葉の陰で喜んでおられるに違いない
    彼らの平和運動に意味はあったのだから

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:46:01
  574. ※この投稿は記事と無関係な宣伝を行った為に削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:51:45
  575. ※この投稿は記事と無関係な宣伝を行った為に削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:53:43
  576. 中国が米国と対決したいのならゴビ砂漠かタクラマカン砂漠のどこかで
    アメリカが中国と対決したいのならネバダ砂漠かハワイ近海にでもお招きしてやればいい
    よその国のそばや天下のシーレーンでやるのはやめてくれ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 21:56:22
  577. >>576
    アメリカも中国もお互いが憎くて戦ってるわけでなく
    自分達が儲けるために進出すると相手側にとっては損だから牽制しあってるんだぜ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:04:45
  578. >>577
    あぁ、また軍産複合体ってやつか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:06:19
  579. とうとう管理人が怒って脱線野郎を排除したよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:33:46
  580. ベトナムは歴史的に苦労してるな。
    中世中国、フランス、アメリカ、いろんな国に侵略されてる。何とか跳ね返す粘り強さは民族性だろうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:35:47
  581. モンゴルをわすれるでない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:38:43
  582. >>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100813-00000080-jij-int

    やっぱり、中国も大分ピリピリしてるっぽいね。
    まぁ、懲罰戦争はもうやらないと思うけどw

    そういえば、軍産複合体は戦争を欲してるなんて論まだ一般的なのかね?
    個人的に戦争で儲けを出すのは兵器が高度化しすぎてもうほとんど不可能に近いと思うんだが…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:40:00
  583. >>582
    イラク戦争のときあれだけマスコミが言ってたし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 22:41:10
  584. >>582
    そういや戦費増大で火の車だから統合戦力軍司令部を解体するってニュースがこないだあったな。
    ヤフーニュースに普通に掲載されてたくらいだから、
    軍オタ以外の目にも触れてる筈なんだけど・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 23:36:41
  585. >>582
    はたしてただの負け惜しみなのか
    それともなにかしてくる気なのか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月13日 23:41:12
  586. >582
    >ベトナムが米中を競わせることで利益を得ようとする「危険なゲーム」をしていると指摘。
    これって発展を目指す途上国にとって常套手段だし、「都合によって自国の立場を使い分ける」って意味では、中国だって途上国装ったり大国気取ったりしてる点で同じ穴の何とやらだよなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:19:06
  587. 対ロシアでもウクライナ、グルジア、東欧をアメリカは裏切ったからなぁ・・
    ゲームを有利に進める道具としてアメリカを考えるなら得策だけど、戦力として考えてるなら裏切られるだろうな。
    アメリカは領土問題にはかかわらないと伏線を何度も引いてるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:23:24
  588. 夷をもって夷を制するですな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:40:28
  589. >>586
    北朝鮮も、金日成は冷戦中ソ連と中国の両方を行ったり来たりして双方から援助を引き出してましたね。やりすぎると両方から信用失いかねないから普通はやらないけど。

    アメリカも中国も、この大事な時期にそういう事をさせないように、アジア各国にはどちらに付くか二者択一を迫るでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:43:01
  590. 日本は当然アジアにつくんだよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:49:43
  591. アジアにつくでしょ。
    アジア各国はほとんどアメリカ側につくだろうから、そっち側に。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:54:46
  592. >>591
    中国がぼっちでかわいそう
    せめて日本は一緒にいてあげて
    古い付き合いじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 00:58:56
  593. >592
    二人仲良くぼっちとかドMかよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:01:12
  594. 中国には心強い味方、北の将軍様がいるから寂しくないでしょ
    後イランとかミャンマーとか…

    古いつきあいだからこそ死に水をとってあげないとね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:02:44
  595. >>592
    アメリカとは開国以来だけど、中華人民共和国とは戦後何年も経ってからの付き合いです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:03:47
  596. >日本は当然アジアにつくんだよね

    そりゃ東南アジア側に付くだろうな。
    中国は一人寂しくご苦労さん。
    アジアの嫌われ者、中国。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:04:09
  597. 中国1国で中国以外の全アジア地域の人口くらい人いそうじゃん
    全然寂しくなんかないだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:09:31
  598. 日本は昔中国に悪いことを沢山したよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:13:47
  599. 日本が一番アメリカに裏切られやすい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:17:10
  600. >>599
    その根拠を箇条書きで述べてください。当然出来るよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:19:20
  601. >>594
    パキスたんのこともたまには思い出してあげて下さい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:30:10
  602. >598
    またツィートですか?

    あなたには
    460と462と464と467と468と469と470と472と473と474と536と539に対する、
    誠意ある回答を求めます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:32:28
  603. もうバカサヨはこの記事の事実に発狂するしか無いようだねえ。598とか599みたいなコピペ荒らし行為しか出来ないというw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:34:35
  604. ん・・・アレ?
    現在の中国様のお友達勢力って、WW2時の日本とトントンか、それよりひどくねえ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:52:55
  605. >>594
    君の住んでる地球には人口12億人のインドがないらしいなw

    それを除いて、日韓朝台蒙とASEANと、パキスタン、バングラ、ネパール、スリランカを足すと、
    確かに中国と同じくらいの人口になる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 01:57:00
  606. 中国、北朝鮮、パキスタンは核兵器保有国でビルマは核兵器保有を目指している。
    アメリカも容易に手出しできないでしょ。
    あちこちに建設している港が完成するまで手をこまねいていたら、シーレーンに中国漁政xxxを何隻も浮かべて領海を主張、日本等の商船や漁船を追い出しにかかる。
    数年後にそんな未来がくるかもしれないのが怖い。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 03:21:57
  607. >>604
    >>現在の中国様のお友達勢力って、WW2時の日本とトントンか、それよりひどくねえ?

    ……当時の日米以外の5大国(英仏独伊ソ)のうち、
    独仏伊が同盟国ないし準同盟国でソが敵対的中立の大日本帝国とトントンってことはないだろう。
    一方アメリカには同盟国はイギリスしかいない。ソ連は(対日では)友好的中立国に過ぎない。

    今の米中対立と見たときには、中国には大国には敵対的中立国しかない。
    一方アメリカから見れば、ロシアが敵対的中立、それ以外は同盟国か準同盟国だ。

    今の中国の外交は大東亜戦時の大日本帝国の数倍下手だし、孤立しているよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 03:34:14
  608. 敵対的中立ってなに?
    消極的中立みたいな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 06:41:39
  609. >敵対的中立ってなに?

    厨房がこの夏考えたアホな造語だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 07:41:13
  610. バカでも分かる全面対決・全面戦争な展開より、
    ちまちまとした小競り合いと外交戦が延々と続く可能性のほうが遥かに高い。

    その限りにおいては、中国は随分上手くやっているのではないか。
    逆に米国はここ10年ほど失敗続きに見える。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 08:56:06
  611. >その限りにおいては、中国は随分上手くやっているのではないか。

    何処が? ロシアとの兵器売買関係が完全に悪化してしまったよ。中国は対露外交を失敗しつつある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 09:34:52
  612. >>610
    隣国であり共産国であるベトナムがアメリカと接近し、
    インドネシアとは密漁がらみで武力事態寸前にまでなり、
    インドとの潜在的対立も解決せず、
    ロシアとの兵器生産がらみの関係は断交し、
    韓国とは歴史認識をめぐって双方の国民感情は悪化し・・・。
    どこがよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 09:44:10
  613. オバマ外交は可もなく不可もないように見えるが、(というか内政が忙しくてそれどころじゃなさそう)
    問題は現時点で最有力の次期大統領候補はサラ・ペイリンだということだ

    3年後、ロシア、イスラム諸国、中南米との関係は決定的に悪化するだろう。
    多分欧州との関係も悪くなるだろう・・・。
    もちろん中国との関係も。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 09:56:23
  614. >>611
    スホイなんかは怒ってるけど、輸出公社のロスオボロンや国防省高官は違う態度。

    >>612
    ベトナムとの関係は悪化したが、ラオス、カンボジア、タイ、ミャンマー、マレーシアとの関係は良好だと言える。

    インドネシアとは、兵器の共同開発で合意しているし、スンダ海峡に中国の援助で橋をかける話が進んでいる。
    マラッカ海峡に橋をかける話もあって、メコン南北回廊と接続しジャカルタから北京まで高速道路で繋がり、中国は強い経済的影響力を持つようになる。

    また言うまでもなくバングラデシュ、スリランカ、パキスタンとは関係良好で真珠の首飾り戦略を進めているし、
    中央アジアや中南米とも投資と資源のバーターで良好な関係にある。
    アフリカ諸国からは、中国の「人権侵害に文句をつけない」態度が非常に好感されている。少なくとも政府レベルでは。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 10:20:25
  615. 親中派の国王が退位というか王政崩壊したネパールも、新政府はあっさりチベット人の越境阻止に協力し、北京に青蔵鉄道のカトマンズ延伸計画を進めてくれと頼みに行った。

    (民主化が足りないと欧米に叩かれている)トンガの国王が、自ら国家主席に貢物を献上して援助を請うという時代錯誤なことをやってるが、
    オセアニア地域でも中国の影響力は強まっている。


    ブラジルとかトルコとか南アフリカとかインドネシアとかナイジェリアとか、
    いわゆる新興国と呼ばれるグループは、アメリカやヨーロッパの言いなりの時代は終わったという態度を取ることが多くなってる。
    そこに中国やイランがうまく入り込んでかき回している。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 10:36:01
  616. なんだ
    中国の孤立はネトウヨの妄想だったか

    むしろ欧米が新興国にハブられてきてるんだね


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 12:10:19
  617. 14日付 朝鮮日報「中国、「空母キラー」対艦弾道ミサイルを試験発射へ」
    http://www.chosunonline.com/news/20100814000006

    13日付 香港紙文匯報「中国が東風21Dで米空母を攻撃すれば、米国は核兵器での反撃も辞さない」
    http://paper.wenweipo.com/2010/08/13/YO1008130007.htm

    Defense Tech 「New Satellites Build Out China’s Reconnaissance Strike Network」
    http://defensetech.org/2010/08/12/new-satellites-build-out-chinas-reconnaissance-strike-network/#more-8657

    アメリカ、空母を核の傘に入れた。w
    上海から呉までの距離は1090km、沖縄はもちろん佐世保にも届く。
    http://www.benricho.org/map_straightdistance/
    海南島からだとフィリピンまで届く。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 12:52:58
  618. アメリカは中国との関係を重視して最後は適当にお茶を濁すよ。
    偵察機事件の時だってうやむやになったじゃん。
    元国防長官のペリーだってもし中国と衝突があれば外交的な大失態と言ってる。
    何度も米中緊張になったけど、問題なく解決してます。
    今回も同じだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 12:57:30
  619. アメリカはホワイトハウスは、国防費を5年間で1000億ドル減らす予定。
    だが議会超党派の作業部会は、10年間で1兆ドル減らせと要求している。

    調達プランを次々葬ったゲーツ長官だが、今では軍と国防産業の守護者とすら見なされている。


    富裕層減税(ブッシュ減税)をやめないと10年間で7000億ドルの減収になる。
    しかし共和党・民主党の殆どの議員は、減税の廃止に強く反対している。

    もしオバマがブッシュ減税廃止に失敗すれば、さらなる軍縮を余儀なくされる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 12:59:23
  620. 停泊中の海上自衛隊の艦船は無防備状態になるね。
    最大射程だと横須賀まで届く。
    脅威に晒されないのは潜水中の潜水艦のみ。
    原子力潜水艦と巡航ミサイルが必要だよ。

    Posted by 連投スマン at 2010年08月14日 13:02:07
  621. 通常平気に対して核で反撃とか
    アメリカが一番キチガイ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 13:09:23
  622. バカサヨが発狂中。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 14:10:27
  623. コメ欄が閑散としてきたところを狙ってはてなサヨクが浸透中。
    タモガミ=ボーガス・シモツカレも空き巣狙いとは情けないw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 14:22:14
  624. 皆がコミケに出払っている真っ最中を狙う空き巣か・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 14:41:37
  625. >617,620
    対艦弾道ミサイルなんて怖くもなんともない代物ですぞ。
    過去にオブイェクトで散々言われてることですがね。
    過去ログくらいは参照して。

    対艦弾道ミサイルという使えない兵器よりも超音速巡航ミサイルを!
    http://obiekt.seesaa.net/article/121430076.html
    中国の対艦弾道ミサイルは空母破壊兵器ではない?
    http://obiekt.seesaa.net/article/121496396.html

    >621
    対艦弾道ミサイルってIRBMの転用ですよ。
    下手すると核戦争の引き金になりかねない火遊びしているのは中国なんだが…

    そういえば中国って実はミャンマー以外の隣国全てと対立してんですよね。
    …WWTのドイツ帝国?

    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年08月14日 16:10:08
  626. やっぱり、ASBMは核弾頭でもない限り、効果は無いっていうこと?
    レーダー終末誘導でもべースとなるDF-21のCEPは
    700mというし。
    でも、陽動や時間稼ぎには使うだろうね。
    もしくは、イージス艦や空母の電子機器類をチープキルする目的で、子弾薬散布型にするか。

    それしか、空母打撃群に届く兵器が無いのだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 16:37:05
  627. >>614〜620
    今日は夏コミ2日目。
    釣りしようにも、昼間はここの常連も多くが修羅場の真っ最中でここには来れない&それどころじゃないと思いますよ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 16:52:19
  628. >>625
    費用対効果を考えると、飽和攻撃してきても全然おかしくない。
    空母1隻で数千億円、それに人員が数千人、建造期間が数年間必要でしょ。
    弾道ミサイルなんか数十億円、建造期間が数ヶ月だよ。

    加えて、100パーセント打ち落とせる保障が無い。
    相手は空母だけじゃなく艦隊全ての艦を複数のミサイルで狙ってくる。
    巡航ミサイルが相手ならば複数のバリアで対処できるけど、弾道ミサイル相手ではMDのバリアを抜けられてしまうと次のバリアが存在しない。
    それに相手だって対応策を考える。
    弾頭を縮小して多弾頭化、威力減でも空母の甲板を破壊すれば十分。
    随時、改良を加えてくるのは間違いない。
    100パーセント打ち落とせる自信はどこから湧いてくるの?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 16:52:28
  629. >費用対効果を考えると、飽和攻撃してきても全然おかしくない。
    >空母1隻で数千億円、それに人員が数千人、建造期間が数年間必要でしょ。
    >弾道ミサイルなんか数十億円、建造期間が数ヶ月だよ。

    対艦弾道ミサイルの場合、通常の対艦ミサイルに比べて命中率は低いわ、現代だとSM-2あたりで普通に迎撃されるわ、でとても有効な兵器ではありません。価格にしても弾道ミサイル1発で対艦ミサイルが何本生産できるやら。

    >弾道ミサイル相手ではMDのバリアを抜けられてしまうと次のバリアが存在しない。
    http://obiekt.seesaa.net/article/121430076.html
    の本文から引用。

    しかし前述のようにMD能力を備えた艦隊ならば、特に気にする必要が無い兵器でしかありません。艦載MDについては対弾道ミサイル迎撃専用のSM-3の他に、対艦ミサイル迎撃用のSM-2系列をMDにも使えるように改良したSM-2Block4、そしてSM-2系列の後継SM-6、更にはPAC-3艦載型の提案もあります。つまりイージスMDだけで多層防御網を構築可能で、空母自体の近接防御用にPAC-3を搭載しても良いですし、既にアメリカ海軍は対艦弾道ミサイルに十分対応できる体制を構築する事が出来ます。

    >弾頭を縮小して多弾頭化、威力減でも空母の甲板を破壊すれば十分。

    …竹林1号ですか?
    http://obiekt.seesaa.net/article/121496396.html
    の447、450あたりで説明があるから読んできてください。

    >100パーセント打ち落とせる自信はどこから湧いてくるの?
    …怖くない、がなぜ100パーセント打ち落とせる、に変換されるんだろう。少なくとも対艦弾道ミサイルなんて色物より普通の対艦ミサイルの方が私は怖いですね。

    これ以上はスレ違いですので、私は論議するならhttp://obiekt.seesaa.net/article/121496396.html
    でやります。

    Posted by 名無し岩手県民 at 2010年08月14日 17:10:33
  630. >>628
    これほどASBMをプッシュしているのは、過去のエントリは勿論読んだ上での主張ですよね?
    本来想定していたMDは、自艦隊の頭上を飛んでいく弾道弾を迎撃するものです。
    しかしながら、ASBMは通過ではなく自艦隊に向けて突っ込んできます。100%では無くとも、通常の迎撃よりも容易な筈です。
    それと、弾道弾って移動目標に直撃させられるモノなんでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 17:16:17
  631. >>628
    1.5386平方キロメートルに半数が落ちる弾道ミサイルで0.0231平方キロメートルの空母の甲板(単純に77×300mの長方形として計算)に当てるのに何発必要だと思っているんだ?
    CEP内に全弾満遍なく着弾したとして67発、着弾は1発だけだぞ
    しかもCEPは50%の確立円だぞ、単純に倍にすれば134発だ。空母より高くつくだろ…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 17:22:40
  632. すれ違いになるのは目に見えているからこれ以上議論する気はないです。
    ただ、
    対艦ミサイルでは到達できないだろうから弾道ミサイルを使ったわけで。

    「怖くない、がなぜ100パーセント打ち落とせる、に変換されるんだろう」
    1%でも打ち落とせない可能性があるならば、それは脅威になるわけで。
    と言い残しておきます。w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 17:24:52
  633. >>630
    「容易な筈」
    その予測が的中するとイイよね。
    >>631
    相手の力を見くびる行為ほど愚かな行為は無い。
    兵器は改良を積み重ねて実用化される。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 17:28:29
  634. >>633
    で?対艦ミサイル並みの命中率と値段になる弾道ミサイルはいつできるの?そこまで言うからにはロードマップがあるんだろ

    Posted by 631 at 2010年08月14日 17:35:45
  635. >>633
    現在の中米の力関係を話してるのに、
    なんであなたの世界だけ、改良を重ねた未来が条件になってるの?

    そりゃ、数年先には中国の攻撃兵器に進化はあるだろうが、防御側の兵器の進歩もあるわけだし、フェアな理屈とは思えない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:14:09
  636. >>625
    簡単にASBMの弾着までのシュミレーションですが、DF-21系だとすると、RVが終末誘導能力があるMaRVタイプでも大気圏突入後は誘導不能となる。
    IRBMのRVの大気圏突入速度は大体、2km/sだから突入から弾着まで約50秒。
    その間、空母は単純に30ノットとしても750メートル移動する。むろん、回避行動するから、変針や変速は当たり前。
    たとえ全長330mで甲板幅77mだとしても、50秒間に空母というHVUの存在するエリアはどれだけ拡がるかです。631氏の条件より遥かに厳しくなります。
    しかも、そもそもBMの類は、固定目標に対する半数命中界CEPをCMと比べても大きいです。精密打撃用と言われるDF-21Cでも30〜40mと言われます。
    例え弾頭がサブミニションでも速度が速すぎるため、CMなんかに比べ散布範囲は狭くなりますがユニタリー弾頭よりはマシでこれによるチープキルはありでしょう。

    これから、想定される飽和攻撃数は幾らでしょうか?中国版オケアン演習でもしてみないと分かりませんが、容易いことでないことはお分かりだと思います。

    まあ、実際はリアルタイムで広い海洋から空母を確実に捕捉できる技術、それをミサイルの誘導に反映する技術は旧ソ連でも完成には至りませんでした。
    あとはヘッドオンで飛んでくるBMは飛翔経路が読みやすいので、正直、PBVでの機動が無ければ、理論上は誘導無しでもヒットできることになります。
    まあ、他の不確定要素もありますので一概に言えませんが、もっと詳しい説明は下記のURLのサイトを参照して下さい。

    http://homepage3.nifty.com/kubota01/ 

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:14:38
  637. 君たちがなんと言おうと当のアメリカの本音は>>617のとおり
    アメリカは明らかに焦っている
    だから核核恫喝までやっちゃってる始末

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:15:28
  638. >>633
    むしろお前がASBMを過大評価しすぎなだけだろ。命中率が低く迎撃も容易な現状で
    何故そんなに脅威となるか理解できない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:18:37
  639. >>636
    さらに条件を追加させてもらうとしたら、よける空母側は、弾道弾の軌跡を観測した上で回避行動がとれる。確率論的な回避ではなく、確信的に回避可能。
    攻撃側の弾頭は、大気圏に突入したら数千度の熱に包まれ、シーカーはおろか、衛星を中継した誘導指令すら受け取ることは困難。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:19:33
  640. 歴史から学んでみれば

    アメリカは第2次大戦の大英帝国
    空母はレパルスかプリンスオブウェールズ
    対艦弾道弾は航空機による雷撃戦法

    となるんじゃないかな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:19:38
  641. 「1.5386平方キロメートルに半数が落ちる」
    631氏のレスから今思いついたアイデアだけど、
    弾道弾の弾頭を魚雷化するって面白くない?
    弾道ミサイルへの搭載や海面突入時の衝撃緩和が難しいかもしれないけど、夢想兵器かもしらんけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:21:13
  642. >>640
    なんでだよ。全く違うじゃないか。
    雷撃機が脅威となったのは、戦艦の主砲弾を遥かにこえる、運動体への時間当たりに命中する炸薬量が証明されたためでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:22:40
  643. コミックマーケットってアニメオタクやゲーオタの大きなイベントだろ?
    2次創作のエロ本を売ってるやつ
    げんしけんとかゆう漫画で見たぞ

    軍事オタクは行ってやることあんの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:22:53
  644. 探知から回避行動が可能と考えるのは、
    弾頭が一つで点でのみしか打撃力が無いと考えるからだよね。
    ならば攻撃側は複数で、面でと考えるわけですよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:25:32
  645. >>644
    回避が不可能なほどの面を確実に展開するとかASBMがどれだけ同時発射されるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:29:08
  646. >643
     アニメもゲームも一部分にすぎない。マンガだけでも幾つも部門がある。ミリタリーも一部門として小さい方ではない。コミケのHPでも覗いてみてください。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:29:11
  647. はやぶさを開発した日本なら641のような兵器を実用化できると思うんだけど。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:29:13
  648. >>643
    規模はそれほど大きくないとはいえ軍事物もありますよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:31:34
  649. >>641
    ちょっとかわったアスロックでつね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:31:45
  650. 対艦弾道弾って、超長距離の戦艦の主砲弾と同じなのでは?むしろ先祖帰りかと。
    落下速度は終末でMach3程度だろうし、炸薬は1トン以内程度、弾道飛翔経路、斉射で確率論的に成果を狙う。
    空母をアウトレンジできる点は新しいが、膨大な投射量に対して命中が期待できる量は小さいという欠点は受け継いでいる。
    米中関係を劇的に変化させる要因にはならないのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:31:57
  651. >>650
    そもそも肝心の中国海軍自身は、ASBMにそこまで期待しているんですか? 
    いや、仮にも覇権国家目指してる連中が、たかだか一つのウェポンシステムに多大な期待なんかするんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:38:35
  652. 金融攻撃もあるじゃまいか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:40:10
  653. >>650
    それは弾道弾を点でのみ打撃を与えうる兵器と仮定しての話だよね。
    でも攻撃側も641のようにイロイロと試行錯誤を加えてくるわけだ。
    空母機動艦隊を無力化するだけなら、それが気化爆弾でもいいし、機雷散布でもイイ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:41:16
  654. もしくは強烈な電磁波を照射して電子機器を無力化するだけでもイイ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:45:25
  655. 米空母オワタ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:47:31
  656. 要は打撃を与えうる手段を打撃できる距離に到達させる事、たったそれだけの行為には弾道弾は効果的な手法だと言う事だよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:47:33
  657. >>653
    防御側も当然ながら進歩しますわな。
    FAEが構造物には効果が極めて薄いのは知ってますよね?
    >機雷散布や多弾頭化
    分離前に撃墜すれば無問題っす。そういう新型弾頭が出現すれば、防御側はSAMの長射程化も当然目指すでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:47:45
  658. >>657
    そうなってくると探知妨害、ダミー、その他もろもろの手法を編みこんでくるわけですよ。
    なので、むやみに過小評価はよろしくないと思うわけです、はい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 18:52:09
  659. >ダミー

    機動(するであろう)弾頭に囮弾頭詰め込む余裕ってあるのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 19:30:10
  660. >>659
    中国が所有している弾道ミサイルは東風21だけじゃないよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 19:32:41
  661. >>658
    >そうなってくると探知妨害、ダミー、その他もろもろの手法を編みこんでくるわけですよ。
    なので、むやみに過小評価はよろしくないと思うわけです、はい。

    攻撃対象が面では無く点だから防御側は自分に向かって来ない弾は無視できるから
    ダミーつかうよりもその分沢山撃った方がいいと思うの

    探知妨害って簡単に言ってるけどさ、具体的にどう妨害すんの?それを言わずに妨害出来ますって言ってもね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 19:57:20
  662. 中国が探知妨害可能ならアメリカ側はしない設定なのはおかしいと思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:03:41
  663. 攻撃側が圧倒的に有利なのはワカル?
    守備するしかない側が圧倒的に不利なのはワカル?
    ほんの少しでも当るかもしれない。
    そう思わせるだけで意味がある兵器なんだよ。
    本気で全面戦争を考えているわけじゃないからね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:17:06
  664. アメリカ向けの核搭載弾道弾が不足してるのに、
    そんなにアメリカを長時間困らせるほど沢山対艦用弾道弾を中国が用意できるのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:27:03
  665. っていうか、攻撃側は一歩間違えれば、防御側と全面戦争するだけの覚悟を持たないといけないのに、本気で全面戦争を考えているわけではないとかバカかと
    満州事変を起こした関東軍並みに、後先を考慮しない奴だなw


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:32:20
  666. つーか、移動目標を狙える程の高精度の弾道弾を、飽和攻撃が成立するほど集中できるんですか?
    そんな大量の移動発射台が動けば、確実に敵側の耳目を集めると思うんですが…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:37:13
  667. 別に核攻撃するわけでもないんだしさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:45:33
  668. >>663
    全面戦争を覚悟するほどでは無くて、
    アメリカの空母を沈めなきゃならん状況ってどんな状況なのか、
    説明して頂けますか?

    弾道弾は精度が悪いから狙って当てるのも難しいけど、
    脅しになる程度に近くに撃つのも難しいと思うぞ、
    当たっちゃったらどうすんの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:47:36
  669. 地域紛争レベルなら空母は沈めないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:49:34
  670. >別に核攻撃するわけでもないんだしさ

    アメリカの空母を沈めて戦争が無いって考える方が変だろ、
    アメリカに9条教なんてあったっけか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:53:23
  671. いや、戦争になったから空母を沈めるンだと思うが
    ASBMって通常弾頭なんだろ?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 20:55:41
  672. しかし一連の米中騒動で完全に日本は消えてるな。
    自称アジアの安全保障に需要な国と思ってた日本だけど、全く不必要な存在に成り下がったな。
    逆に対北朝鮮のみならず、中国との関係でも韓国の存在感は格段に上がった。
    欧米マスコミも韓国のリーダーシップを賞賛し、期待する報道や論文が目立つ様になってる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:00:38
  673. 中国はアメリカの空母を複数沈めるほど大量のASBM用意できるのかな。

    本当に日本に価値が無ければ鳩ぽっぽの時に沖縄から米軍が撤退してんじゃね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:04:28
  674. >>672
    なんでもかんでも日本オワタに結びつけるの、もう止めたら?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:04:38
  675. >673
    ゲーツが海兵隊見直し論打ち出してるし、その中で海兵隊の組織も直しもあれば、沖縄の海兵隊削減される可能性はは十分あるだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:16:11
  676. 軍事行動の選択肢は
    政治(外交)の世界で使えるオプションになる。
    何が何でも彼我の戦力を計算して全面戦争したらDotchiというのは思考硬直。
    現実に北朝鮮はあるか無いかもワカラナイ、たった一発の核ミサイルでうまく立ち回っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:16:47
  677. >>675
    その場合、台湾政策も見直さなきゃなりませんよ。海兵隊撤退なんて、じゃあ普天間はなんだったんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:20:49
  678. 台湾と中国が何時までも対立していると、考えるのは古いんじゃないかな?
    FTAの様な経済協定も結んだし、中台一体化は確実に進んでいる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:27:18
  679. 台湾は巡航ミサイルだったか弾道ミサイルだったか忘れたけど、北京を射程に収めるミサイルの開発を再開している。
    経済の結びつきが必ずしも戦争回避とは結びつかないことは過去の歴史が証明している。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:31:01
  680. >>678
    今年春の台湾の明確な対中強硬路線がもうすぐ頓挫するというなら、その根拠をどうぞ。
    台湾世論の大勢は中台関係の現状維持を望んでいるのに「一体化」ですか。貴方の主張からすると、政治統合すら進んでいると考えていると解釈できますけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:32:33
  681. >>675

    ゲーツの演説はEFVを念頭に置いたものだぞ? 普天間のヘリ部隊は関係無いよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 21:51:59
  682. 台湾のミサイルが日本向けでないという保証はない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:10:40
  683. 「韓国の存在感は格段に上がった」
    「中台一体化は確実に進んでいる」

    米国が撤退し日本が中国の勢力圏に組み込まれれば韓国は文字通りの四面楚歌に陥る。
    台湾が中共の勢力圏に組み込まれれば、韓国の生命線でもあるシーレーンが脅かされる。

    日本オワタと言いながら結局は韓国オワタになってるあたり完成度の高いギャグと言えよう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:15:31
  684. >>682
    何を当たり前の事を言っているんだ?
    国防とはそういうもんだ。
    いつどの国と戦争になっても対処できるように努力するのが正しい。
    台湾にくらべたら日本の姿勢は酷いもんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:17:19
  685. >>672
    紛争に関わることがうれしいんですか?韓国。
    そんなもん、関わらずに済むなら関わりたくないでしょ。普通。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:17:36
  686. そんなに対艦弾道弾が好きならエスコン5に出てきた対艦散弾ミサイルを実用化しちゃえよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:34:42
  687. >682

    台湾のは巡航ミサイルだから怖くない。仮に撃たれても平気。叩き落とせる。そんなものより北朝鮮と中国の弾道ミサイルだろ? 核弾頭だし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:37:56
  688. >>686
    シンファクシのアレは空中爆発じゃないですかw
    …あれって5面で空母2隻を一発で沈めたんだよなあ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:46:00
  689. >>686
    あれどんだけでかいミサイルなんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:47:15
  690. 6つか8つくらいに分裂した弾頭それぞれの単発で半径数百m〜kmクラスの範囲の艦船及び航空機が行動不能になる程度の通常弾頭兵器

    どうみても核です本当に(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:53:50
  691. >>690
    あの爆発を至近距離で涼しい顔して掻い潜ってたウォードッグ隊っていったい…

    まあ弾道弾で対艦攻撃を本気でやろうとするなら、あれくらいトンデモじゃないと駄目なんだろうなあ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月14日 22:57:24
  692. ECFAは台湾の今後を左右するターニングポイントと見られていた。
    経済面で台湾の中国との一体化は一段と進むよ

    なんだ経済かとか言われそうだが、
    既に100万人の台商が大陸に長期滞在しているのが、大幅に増える。
    台湾の人口は2000万オーダーだから国民の1-2割が人質状態におかれる。
    例えば医療分野が解禁されたので、台湾の医者は上海で開業出来るようになる。
    研究開発部門の解放で、台湾企業は税金の安い大陸に研究施設を移転させるだろう。

    農産物と労働市場はアーリーハーベストから除外された。
    しかし段階的に自由化されることに変わりはない。
    台湾の食糧自給率は日本より低いが、10年後には全面的に中国産に依存するようになる。
    (その代わり台湾産高級果物が大陸で自由に売れる)
    また台湾の出生率は日韓よりもっと低いため、
    大陸から大量の単純労働者を受け入れることになるだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 01:39:06
  693. 飴「空母への攻撃に対して核兵器での反撃もじさない。」
    支那「やたー!東風21に核搭載ケテーイ!これで余計な心配は無用。確実に空母機動艦隊を無力化できる。」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 01:48:07
  694. ゲーツ長官の路線(国防費を5年で8.5兆円削減)では在沖海兵隊撤退は無いと思う。

    ただ議会タスクフォースの提言(国防費を10年で85兆円削減)では、
    空母機動艦隊を2つ廃止し、
    海軍艦船を230隻まで削減、
    オスプレイやEFVや次期給油機の調達中止
    欧州とアジアの米軍戦力は1/3に削減、
    陸軍と海兵隊を20万人リストラ、
    などとなっている。

    全てはオバマとゲーツが議会の歳出削減圧力をどこまで押さえられるかだ。
    中間選挙で負けるだろうから難しいだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 02:10:51
  695. >692
    詭弁のガイドライン:自分に有利な将来像を設定する

    経済的に融和が進んだからと言って、なぜそれが=中国に全面的に依存
    になるのかが意味不明です。

    台湾としては、いくら経済的に近くなったとしても、敵対関係にあってこちらを攻撃してくるかも知れない、あるいは政治的取り込みを狙っていることが明らかな相手に対して、そう易々と依存状態になれるわけがないでしょうが。

    経済的に近くなったからと言って
    ・人口の1〜2割を人質状態にする
    ・重要な研究開発施設を移す
    ・食糧全面依存
    ・労働者大量受け入れ
    などと、国家の中枢を脅かすようなことが易々と起こりますか? 経済と軍事的・政治的対立の方向は必ずしも一致しないことは何度も言われているでしょうに。

    〜だろう、を多用していますが、それは君の勝手な妄想にすぎませんよ。
    最初から「台湾は中国に依存しなくてはならない」という前提を作って考えるからそんな極端な話になるのです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 02:12:53
  696. そもそも米議会はグァム代替施設の予算を止めてしまった。

    理由は米環境保護局が下水の能力が足りないのでグァムのサンゴ礁を破壊する恐れがあると工事計画を差し止めたからだが。


    これには保守派から「散々予定通りにやれと日本に言ってきたのに面子が立たない」と批判が出ているが。

    予定通り辺野古に代替施設が完成しても、
    司令部機能のグァム移転は棚上げで、
    本島南部の6施設の返還も見通しは立たないのが現状

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 02:17:47
  697. >>695
    大陸に半移住状態でビジネスするのも、研究機能を移転するのも、個人あるいは企業の合理的選択と自由意思によるものです。

    政府がやれといったり、やるなといったりしてそうなるわけではない。
    ただ経済界はそのためにECFAを推進してきたのだから、そうしない理由は無い。


    後者に関しては、ECFAは政治的自殺行為だと反対してきた民進党よりの人たちの主張ですよ。
    少なくとも経済的合理性はある。
    例えば台湾企業が中国で農地を取得し、そこでつくった安い米を大量輸入したら、
    台湾の零細農家は自殺か離農するでしょう。
    ただ農産物自由化はアーリーから除外したので今後数年にこうなるというわけではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 02:28:06
  698. >697
    確かに、移住するのも個人の自由ですよね。ちょっと間違えられやすい書き方でした。

    まあ、いくら経済的に融和が進むといっても693のような方がおっしゃる無茶苦茶な変化が起きるかと考えると、当然違いますよね。
    文化的には近いとはいえ、政治体制が異なる国に対して、そんなに多くの人や企業が「税金が安い=即移住、研究機関も移す」「農産物自由化=全面依存」となるというのはかなり短絡的思考なのは違いないかと。

    それに、台湾の世論が中国との関係で現状維持を望んでおり、政府はアメリカから兵器を買って大陸を警戒しているのに、経済関係で融和が進んだ=大陸と同化だ! などというのは、よくいる中国マンセーな方の妄言にすぎないと思いますよ、いくらなんでも。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 03:02:12
  699. >台湾の零細農家は自殺か離農するでしょう。
    日本にも通じる問題だが、零細すぎる農家が多数いると言う状況は効率的ではないわけで、自殺は論外としても離農は一概に悪いとは言えん。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 07:51:24
  700. >>693
    意味がわからないんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 08:09:33
  701. >>700
    ヴェルタースオリジナルと支那蕎麦の会話です。人間が理解できぬのも仕方なし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 09:01:03
  702. >>700
    続きはこうじゃね?

    支那「核搭載したら自由に撃てないじゃないすか!」

    支那「やだー!」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 10:35:53
  703. 某ウヨク漫画のようにお互いの姿が直接目視できる範囲に展開した空母打撃群が沈められて黒人大統領がキレて核基地に核攻撃するのかしら
    でもってなぜか台湾から今はないはずの某ミサイルが某巨大ダムに…

    でも最新の原子力潜水艦で体当たりしまくるあの漫画では何隻も撃沈されてたけど核攻撃は来なかったよね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月15日 11:11:46
  704. 地対艦弾道弾が実用化された影響でズムヲルト級の配備数増えたりしないかな

    ほんとにあの船型なのか気になる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月16日 22:00:35
  705. こうゆう時に野次馬になったり勝ち馬に乗ろうとするんじゃなくて
    進んで仲裁にまわれるような
    そんなひとにわたしはなりたい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月17日 18:42:03
  706. >705

    日本にとって中国は、領土問題とか東シナ海資源問題とか独裁国家の癖に大軍拡とかで迷惑な国なんで、別に勝ち馬に乗るとかそんな話じゃあない。
    仲裁も何も、「日本+東・東南アジア+米国」が密接になることは、日本の平和にとってとても良い事です。戦争は嫌なんで、平和のために帝国主義の中共が押さえ込まれるのはありがたい話。

    アジアの嫌われ者の中国は自業自得。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月17日 20:31:23
  707. >705
    その仲裁って自分一人なら美談になるかもしれないけど、守るべき家族(国民)がいる中でその家族の利益や安全を犠牲にしてまでやる事か?
    悪いけど勝ち馬に乗ることで家族の為になるならそっちを俺は選ぶね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 12:58:29
  708. >>705
    武器突きつけてにっこり「お話聞いて(はぁと)」ですねわかります。
    それ以外に実効性のある仲裁の方法なんてないんですが、正気です?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 13:04:59
  709. 中国はアメリカが求めたResponsible Stakeholderにはなれなかった、と理解していいのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 14:09:29
  710. >>708
    正確にはその方法は「実効性のある"もっとも穏便な"仲裁方法」であって、より過激な手段なら実効性のある手段もないこともないけどね。
    相手の一部をパフォーマンスとしてぶち殺すとか飢死寸前にまで追い詰めるとか、一度武器を使った後で交渉する奴。

    普通それは「戦争」と呼ばれる手段なんだけどな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 14:13:27
  711. >706
    東南アジアも日本や日本の再軍備に警戒している様だぞ。
    中国の南シナ海進出に警戒はしているものの、
    日本を信用しているわけではないみたいだな。
    http://www.eastasiaforum.org/2010/08/17/how-the-us-plays-into-the-east-asia-summit-for-asean/

    タイの著名な人みたいだけど、アメリカが東アジアサミットに参加する事は中国と日本の脅威からASEANを救ってくれるかいてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 19:17:04
  712. >>711
    でもそれは当たり前の事だと思うよ?
    自国以外の国は全て仮想敵国だという認識は一国の政治に携わる人間なら常に念頭に置いておかねば。

    Posted by yui at 2010年08月18日 19:26:14
  713. >712
    だったらなぜアメリカをすぐに信用してしまう連中が多いんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 19:40:56
  714. >>713
    どうあがいても、軍事的にアメリカに対抗するのは不可能。アメリカを仮想敵と考えるだけ無駄だからじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 19:54:32
  715. >>713
    信用するしないじゃなく、それ以外の外交オプションに全く魅力が無いだけだが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月18日 20:11:44
  716. つい最近発表になった中国軍に関するレポート見ても、中国と対立に舵を切ったとは到底思えないですね。
    どっちかというと交流したくてしかたがないと言う感じで、これほど中国に気を使ったレポートは無かったんじゃないでしょうか?
    台湾についてもほとんど触れられてませんしね。
    アジアの安全保障でも語られるのは中国インド、韓国が少々で日本はほぼ0ですよね。
    日米同盟って国防総省で気にかけてる人いるんですね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 06:11:41
  717. >>716
    そりゃ相手の情報を戦わずして手に入れることができたら、めっけもの。
    日本は交流しまくって、そんなことわざわざ書く必要ないし。

    >アジアの安全保障でも語られるのは中国インド、韓国が少々で日本はほぼ0ですよね。
    ソースプリーズ。
    まぁ中国は仮想敵、インドはパキスタンや中国と国境を接する核保有国、韓国は北朝鮮の前線という感じで、注目される要素があるわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 07:18:29
  718. >>716
    いや、レポートを主題に話すなら、レポートそのものの提示か、せめて何所の誰のレポートか書いてくれないと確認のしようが無いんですが。
    貴方コレじゃ最近まで来てた、脳内防衛省君と変わらないですぜ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 07:37:35
  719. >716

    あの80ページ以上ある報告書をどう読んだらそんな感想になるのか不思議だわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 07:40:38
  720. http://www.defense.gov/pubs/pdfs/2010_CMPR_Final.pdf

    中国軍に関するレポート。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 12:53:10
  721. 中国は世界最大の米国債保有国です。あほか、未だにアメリカが中国と戦争とか、ましてや、国益の違う他の国のために戦うかよ。

    所詮は八方美人の軍事外交パフォーマンスだよ。そんなことも、読みとれんで、よく軍事を語れるね。軍事は外交や政治・経済と深くリンクしているものなの。

    Posted by マサガタ at 2010年09月02日 12:33:55
  722. >>721
    なにをいきり立ってるのかしらないけど、書きこむ前に他のコメントぐらい読みなよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月02日 12:47:56
  723. >>721
    そんなもん「最大の貿易額を誇ったアメリカと
    第二次世界対戦でやりあった日本」という実例が
    転がってる以上なんの説得力もありません。
    偉そうなこと語る前に半年ROMってなさい。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2010年09月02日 12:50:05
  724. >>721
    2週間も遅れて書き込むなら、せめて上にある720コメくらいは読んでからにして下さいよ。
    久方ぶりの書き込みに何事かと見てみれば…とんだ時間の無駄使いだよ。はぁ…。
    貴方ごときが考えることは、既に上で散々議論されて論破されてます。何度も同じこと書かせないでください。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月02日 13:03:48
  725. ロが越の海軍基地使用再開へ 米中にらみアジア重視
    http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010100701000678.html

    この地域もいろいろ複雑

    Posted by 名無しОбъект at 2010年10月07日 21:23:14
  726. ●小向美奈子また薬物に・・・ストリップ緊縛調教動画!!


    http://komkaiminako.cocolog-nifty.com/blog/


    再び薬物に手を染めた小向美奈子の話題になった浅草ストリップと『花と蛇3』での緊縛調教動画!


    http://komkaiminako.cocolog-nifty.com/blog/

    Posted by ●小向美奈子また薬物に・・・ストリップ緊縛調教動画!! at 2011年02月09日 16:42:02
  727. 日本の軍事的強化「歓迎」=「中国の対抗勢力に」と要望−比外相
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012121000131
     フィリピンのデルロサリオ外相は10日付の英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、軍事的に台頭する中国の対抗勢力として、日本が戦後の平和憲法から解き放たれ、軍事的強化に進むことを歓迎すると表明した。同紙は、中国の高圧姿勢に懸念を強めるアジアの国々が日本の軍事的強化を支持することによって、自衛隊を「国防軍」に格上げする憲法改正を目指す自民党の安倍晋三総裁に勢いづける可能性があると指摘している。
     インタビューの中でデルロサリオ外相は、「われわれはアジア地域でバランス形成の要因を求めており、日本はそのための重要な存在になり得る」と述べ、中国に対抗するための日本の「再軍備」を「強く歓迎する」と語った。 
     同紙によれば、今回の外相発言は、日本の軍国主義復活に警鐘を鳴らし続けてきた中国を刺激するリスクがある。しかし、中国の脅威にさらされているフィリピンなどは今、「第2次世界大戦時の旧日本軍の侵略の記憶以上に、現在の中国の圧迫により大きな懸念を持ち始めていることが示されている」と同紙は解説している。(時事)(2012/12/10-09:56)

    Posted by 名無しОбъект at 2012年12月10日 10:54:28
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/158986929
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

米中摩擦はまにふぇすと・ですてぃにー
Excerpt: 中国との対立路線に舵を切ったアメリカ(オブイェクト氏) http://obiekt.seesaa.net/article/158986929.html 黄海でアメリカと対立する中国(暁先生) http..
Weblog: 無名天地
Tracked: 2010-08-11 00:10