2010年08月19日
尖閣諸島に関する共同通信の報道に対して、アメリカ政府が説明を行いました。


米国:国務次官補「尖閣諸島は日米安保対象」 - 毎日新聞
 【ワシントン草野和彦】中国が領有権を主張する沖縄県の尖閣諸島について、クローリー米国務次官補(広報担当)は16日の記者会見で、過去の米政権同様、日米安全保障条約の適用対象になるとの認識を改めて示した。

 次官補は「尖閣諸島の領有権についての米国の立場は示さない」とする一方、(1)尖閣諸島は日本の施政下にある(2)安保条約5条は日本の施政下にある領域に適用される−−と指摘。その上で、「条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、そうだ」と語った。

 次官補の発言は、尖閣諸島を巡る共同通信の報道に関するもの。報道は、オバマ政権が中国に配慮してブッシュ前政権の政策を変更し、安保条約の適用対象と直接的に言及しないことにしたという内容だった。


日本政府は以下の説明を行いました。


外務省「尖閣は日米安保の適用対象」:産経新聞
 外務省の児玉和夫報道官は18日の記者会見で、日本固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)について、日米安全保障条約の適用対象との見解を強調した。児玉氏は「米政府から(安保条約適用の)方針変更が伝達されたことはない」と強調した。尖閣諸島が他国から攻撃された場合について児玉氏は「日米一緒に対応するのも当然だろう」と述べた。

 尖閣諸島をめぐっては中国と台湾が領有権を主張している。共同通信などが、オバマ政権が尖閣諸島を安保条約の適用対象とする直接的な言及を控え、対外的には間接的な言い回しにとどめる方針を決めた−と報じていたが、児玉氏の発言はこれを明確に否定したものだ。


そして宣言した以上はその意思を実力を持って示す必要があります。


自衛隊が離島奪還訓練、南西諸島想定し12月:読売新聞
 防衛省が今年12月、新たに策定した沖縄・南西諸島の防衛警備計画に基づき、陸海空自衛隊による初の本格的な離島奪回訓練を、大分・日出生台演習場などで実施することが、18日、明らかになった。

 東シナ海における中国海軍の勢力拡大をけん制するのが狙いとみられる。訓練は日米共同統合演習の一環として行われ、米海軍第7艦隊が支援する。


訓練は大分県の日出生台演習場のほか、沖縄の訓練海域も使って行われます。現状の情報ではまだ分かりませんが、米軍の訓練参加艦艇に強襲揚陸艦が居る場合は、在沖縄の米海兵隊も同乗する事になるでしょう。日本自衛隊は西部方面普通科連隊(離島防衛用逆上陸部隊。実質上は特殊部隊)を中心に陸海空の部隊が参加します。

アメリカ政府は尖閣諸島を日米安全保障条約の適用対象であると示し、日米は合同で離島奪還訓練を行います。つまりそれは尖閣諸島の奪還訓練を意味します。仮想敵国は必ずそう受け取ります。

アメリカのクローリー国務次官補は「領土問題についての立場は示さないが、日本の施政下にある尖閣諸島は安全保障条約の適用対象である」という表現を使いました。これはアメリカの基本政策として「同盟国の領土問題に介入しない」というものがあるので、こういった表現にならざるを得ないのです。同盟国(及び準同盟国)が勝手に仕掛けた領土紛争にアメリカが巻き込まれる事を避ける為です。例えば2年前のグルジア戦争の様な巻き込まれ方は避けなければなりません。結局アメリカとNATOは積極介入は行わず、勝手にロシア相手に仕掛けたグルジアを見捨てています。一方、尖閣諸島の場合は既に日本の施政下にあるので、日本から勝手に仕掛ける事は有り得ません。


21時19分 | 固定リンク | Comment (510) | オスプレイ |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 海自のひゅうがに陸自のヘリを載せるようなオペレーションはあるんでしょうかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:27:04
  2. 放送してほしい


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:27:25
  3. ごく当たり前だよなあ

    外国人のストレートさは
    こういうとき良いもんですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:28:06
  4. 青山繁晴氏は水曜アンカーで「領土問題についての立場は示さないが」の部分に噛み付いて
    オバマが対日政策の変更を行った!
    尖閣にはタッチしないと言ってるも同然で、大変なことだ!
    とか言っとったね・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:28:12
  5. >>4
    あの人は何事にも大げさだからねえ。陰謀論っぽいこともよく言ってるし。
    ワイドショー的には受けるのかもしれないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:30:57
  6. ここ数年の防衛白書では、島嶼防衛はトレンドだったので、
    今回の陸海空自衛隊による本格的な離島奪回訓練が「初」とは思いませんでした。びっくり。
    準備はしていたんでしょうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:33:04
  7. >>4
    何も変わってないのに変化とはなぁ
    アホなんじゃないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:33:16
  8. もし曖昧にするのなら尖閣の名は一切出さずに「日本の施政下にある領域への攻撃は日米安保の対象である」としか言わないはずなんだよね。「尖閣は日本の施政下」と発言した上で、安保条約第5条に言及している以上、中身は明らか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:34:20
  9. しかしJ.ワシントンの黄海突入といいこれといい、中国との対決路線が明確になってきたなぁ
    オバマ民主党政権だから親中って言ってた奴ら息してる?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:37:05
  10. http://youtu.be/6mCBKZVGIgA
    1:50〜

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:37:54
  11. 辺野古問題で揉めたでしょ、この前。
    そういうのがこういうところに撥ね返ってくるんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:40:22
  12. 尖閣諸島が昔から日本の領土なのは当たり前で、議論にすらならないでしょうね。
    あとは、どうやって効率的に維持するか?
    というか、維持する気なら逆上陸作戦能力を誇示して抑止するしかないんだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:41:52
  13. 産経だからまた期待したのに正しく報道しやがって。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:44:13
  14. 朝のワイドショーでみのもんたが「日本には憲法9条があるのに訓練が無駄じゃないか」と言うニュアンスのことを言ってました(無駄という言葉は使ってない)。意志を見せるのが重要なんでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:46:03
  15. >9

    おい、JじゃなくてGだぞ? G・ワシントン。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:48:45
  16. >>15
    俺涙目
    恥ずかしすぎる・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:49:53
  17. 尖閣諸島は日米安全保障条約の適用対象という報道に対して、中国の宣伝番組であるスパモニはどうするのでしょうか? 日本政府のデマとして露骨な情報操作報道しない自由もあるという事で完全無視

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:50:33
  18. そこで陸自海兵隊ですよネタ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:50:51
  19. >>12
    支那は白を黒と「自然に」言い換えるのは得意だからなぁ、
    色々と注意しておくに越したことはないだろな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:53:50
  20. >>14
    いや、日本の憲法は領土紛争を武力で解決することは禁じているが、
    日本が施政を行っている地域への武力侵攻を跳ね除けることは禁じていない(という解釈でしょ)

    上陸といっても、侵攻ではなく自国領土への上陸だしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:58:42
  21. いつだったか誰かさんが陸自を半減して海兵隊創設構想をぶってましたかねえ。

    まあ石破茂氏なんかは海兵隊創設には賛成でも、陸自を削ってまでやる気は無いようですが。

    Posted by yui at 2010年08月19日 21:58:54
  22. 土地に足を踏み入れるという意味で、海兵隊の参加はどうかなぁ?政治的に

    ・・・と、考えたが、訓練で実際に尖閣諸島使う訳じゃないなら別に忌諱する必要も無い事に気付いたw
    アメリカってこの辺上手いよなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 21:59:27
  23. >>20
    その解釈についてワイドショーでは言いませんでした。みのもんたも悪意があるのじゃなく、素朴な疑問として言っていました。もっとも報道がそう言う解釈を知らないのも問題か。
    でも、あの人は中国が領土と主張している尖閣諸島の話だったか、海底ガス田の話だったかで「話し合いで解決」とか言っていた記憶があり、変なことを言いそうです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:09:49
  24. 尖閣諸島どころの、話では、ないような・・・正気か?中国。
    http://mainichi.jp/select/world/news/20100818ddm001030020000c.html

    Posted by M.N at 2010年08月19日 22:12:42
  25. 銀座の飲み代中国人に領収切って貰ってんじゃないの?>みの

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:13:02
  26. Chinese Claims to Okinawa
    http://www.militaryphotos.net/forums/showthread.php?184662-Chinese-Claims-to-Okinawa

    尖閣どころじゃないんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:14:10
  27. こりゃ中共に「刺激的」な訓練だな。
    どんどん刺激しろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:16:05
  28. ああ、戦場になる危険を感じたからあんな馬鹿な社説を書いたのか琉球新報は。
    最初に犠牲になるのは本島人では無いとでも思ったのかな。だとすると伝統的な離島差別の琴線にも響くよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:17:02
  29. >>24
    ずっと前からネットでもそう言う意見を見ますよ>>中国
    力をつけてきたのと、民主とアメリカのゴタゴタ、更に菅首相が沖縄独立論を以前ぶったことでおおっぴらに言うようになったのでしょう。

    >>25
    単にお花畑かと思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:18:18
  30. まどろっこしいなぁ
    取りあえず、国が魚釣り島にでも恒久施設造れよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:20:16
  31. 「アメリカ大陸は中国人が発見した」まで言ってるからなア

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:21:32
  32. >>24,26
    ああ、確かに中国政府は否定していないが論自体はむかーしから言ってる事だわ。
    ってか、俺が知る限り日本政府が文句言った事無いし、中国政府が追認した記憶もないが?

    両政府だんまりなんて話なら、そんな気にする必要もないのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:21:35
  33. 確か北海道でも大規模訓練やったんじゃなかったっけ?
    自衛隊は北に南に忙しいな
    だが首相はこれでは心もとない
    菅首相知らなかった?「大臣は自衛官じゃないんですよ」
    http://www.asahi.com/politics/update/0819/TKY201008190397.html


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:24:10
  34. >>32
    ただ、気に入らないことがあると弾圧する中国政府が規制しないのがキナ臭い。日本が騒がないのは賢明です。

    >>33
    反戦を言うなら軍隊に詳しくないといけないのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:27:47
  35. そろそろいつもの日本オワタ馬鹿が来ますかね?

    >>24
    今の日本人って、対中感情は90年代に比べると明らかに悪化してますからねえ。
    今こんな日本への敵対宣言同然の論がこれ以上大きくなったら、日本の世論も対中感情がますます悪化しますよ多分。
    中国政府が解ってて野放しにしてるのか、単にガス抜きのつもりなのか、抑えきれずにこの有様なのか、どうなんでしょ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:28:20
  36. >>33
    どうでもいいけどとりあえず自衛官並みには働いてほしいわ。

    ・・・いや、働かないほうが国をまもれるのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:29:34
  37. >>36
    無能な働き者は(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:31:02
  38. >>34
    だって論自体気に入らなくないでしょ?中国政府は。
    日本政府が何も言わないなら、取り合えず言わせておいて損はないしw
    後で何かに使えるかも知れないし、ダメなら改めて否定すればいいだけの話、なにも意味無く自分のカードを捨てる必要はないでしょが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:31:08
  39. >>38
    ただ向こうの反日バカがどう反応するか…。あと彼らは沖縄の人間が日本から独立したいと思っているようで、妙な事にならないかと思いますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:32:48
  40. >>36
    菅やぽっぽに働いてもらいたいとな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:34:31
  41. 中国より朝鮮半島国家が問題だと思いますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:36:30
  42. >>6
    19年度にも日出生台演習場で第1混成団と西部方面普通科連隊が
    島嶼侵攻対処訓練を行ってるけどその時は空海は輸送をしただけらしいから
    初と言うのは空海も攻撃に参加する訓練が初めてという意味だと思う

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:38:52
  43. 民主は沖縄一国二制度とか提唱してるからなぁ。
    沖縄の人達はどういう意見なんだろうね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:39:06
  44. >>39
    その手の話って、反日デモあたりでやたら聞いたが、結局何も起らないよね?
    俺が思うに中国人は、強かだしちゃんと損得勘定できるんだと思うぜ?

    ってか、そんなバカばかりなら、それこそ中国政府が統制できないのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:39:20
  45. >>43
    「ここは日本だ」直接沖縄の人から聞きました。

    >>44
    でも、あの長野のデモとか見ていると相手を信じすぎるのも困るんですよ。しかも外国で妙な宣伝を個人レベルでもしますしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:42:22
  46. 日本の領土である〜

    とはいえないけど

    日本の施政下にある〜

    とはいえるのか。日本語だと意味合いの違いが微妙なように思えるのだけど、英語だと違いがはっきりするのかな。

    それとも「ジェノサイド的行為」みたいな婉曲表現だったってだけのこと?




    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:43:29
  47. >>46
    いや、日本語でも英語でも明確に違うだろ。
    全然微妙じゃない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:46:24
  48. 菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100615/plc1006152358024-n1.htm
    こんなこと言うんだもんな
    それにしても菅直人のグーグル予測変換がひどいw


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:47:07
  49. >>45
    なにも信じろと言っているんじゃいです
    相手の意図を正確に捕らえろと言っているだけですよ
    信じる信じない論なら、某英国人の言うように(アメリカも含めて)日本以外は全部仮想敵です

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:47:24
  50. >>22.24

    尖閣どころやない・・・確かに中共の沖縄本島を視野に入れた発言は要注意ではあるけど、いきなり本当に手を突っ込む事は考えにくいんでは?

    そんな荒唐無稽な話が表面化するのも、尖閣や竹島、北方領土などの領有権問題に弱腰だったからだよね。
    来年民間人を装った中共の漁船郡が大挙して尖閣に押し寄せるらしいし、断固として国境線の小さい島々まで守る準備が必要でしょう。

    尖閣や竹島はほっといて、沖縄本島だけ守るというのは絵空事でしかないと思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:47:58
  51. >>45
    あ、信じるというのは相手を信頼するという意味じゃなくて、そこまで日本人が考えるほど現実的に動くかという意味です。かれらも予想外の行動をしますので。

    >>仮想敵
    そう言う発想が日本にはなくて(ため息)。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:49:38
  52. あのヒラリーもいる親中のオバマ政権下で
    ここ最近「太平洋の覇権は渡さない」という姿勢がしっかりと見られて心強い限りです。
    日本の与野党にも見習って欲しいものです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:51:17
  53. >>48
    ネタ元が喜納庄吉ってのがいまいち信用が…
    まあ、菅氏なら言ってもおかしくはないですけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:51:24
  54. >>53
    首相は否定しましたか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:52:37
  55. >>48
    この人もやはり安全保障オンチだね。
    これだもん。↓

    「改めて法律を調べたら首相は自衛隊の最高の指揮監督権を有すると規定されている」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000017-maip-pol

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 22:53:20
  56. >>51
    大丈夫です、日本人が何も考えず沖縄は中国とか言い出したら、アメリカ軍が再占領しますよw
    なにせ台湾〜沖縄の列島線に穴があいたらグアムは最前線(ってか孤立)ハワイ以東の太平洋は中国軍の庭になりますわな。

    ってか、その条件だと日米同盟は破棄されていると考えるのが妥当かと。
    それくらい大変な事なんですよ?中国政府や軍首脳部がそんなアホとは思えませんね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:00:41
  57. アメリカの立場で考えれば、極東に確固とした橋頭堡を築きつつ複数の紛争地帯を設けて複数の国家を争わせつつ、効率的に覇権を確保したいだろうね。
    要するに他国の領土紛争は大歓迎しつつも、どちらか一方が力を付けすぎて脅威となるのは望まない。w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:01:05
  58. おわ
    ハワイ以東→×
    ハワイ以西→○

    どんな間違いだ・・・

    Posted by 56 at 2010年08月19日 23:02:25
  59. >>55
    >「改めて法律を調べたら首相は自衛隊の最高の指揮監督権を有すると規定されている」

    誰かシビリアンコントロールくらい教えてやれよ、とw

    しかし一国の首相くらいに偉くなっちゃうと、他人から気さくにあれこれ教えてもらうのも難しくなるのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:05:24
  60. >>57
    >どちらか一方が力を付けすぎて脅威となるのは望まない

    現に中華人民共和国がそうなりつつあるから、自ら中心になって封じ込め戦略に傾いたでしょうが。
    それに、実際に殴り合いしているわけじゃないのに、双方疲弊なんてするわけないでしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:05:35
  61. >>60
    アジアは世界の火薬庫です。
    いつでも導火線に火をつけられる。
    ICBMを所有する国家間で戦争する可能性は低いですが、代理戦争ならいつでも可能。
    間接的に国力を疲弊させる事ができます。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:09:28
  62. >>9
    10兆円もの米国債を中国が処分(償還後、再購入せず?)したりしてるし、政経軍各分野で変な雰囲気が・・・・。

    一度、現状を確認した方がいいかも。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:11:31
  63. >>55
    総理の地位にある人間として信じがたい無知を晒してるなあ。これは冗談では済まない。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:11:59
  64. >>60
    例えば、中国のシーレーン上で紛争が勃発したらどうでしょうか?
    日本にも大打撃でしょうが...。w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:14:39
  65. >>61
    代理戦争なんていつの発想だ。戦争なんてそれぞれの国がそれぞれの都合で始めるものだ。朝鮮戦争のごとく。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:15:03
  66. >島内に対空ミサイルなどを備え付けるとともに
    空挺降下するなら事前にSAMを破壊しないといけないはずだけど
    どうやって破壊するんだろう?空自ってARMは保有してなかったよね?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:15:11
  67. 鳩山、菅がこんなじゃ他の民主議員も推して知るべしだな。

    しかし鳩山は大したもんだよな、アメの怖さがわかってないとはいえ半年ぐらい歯向かい続けたもんな。まぁオバマがハト派っていうのもあるんだろうけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:17:05
  68. >>65
    経済支援、武器供与など方法はイロイロ。
    代理戦争は冷戦時代から現代に続き継続中です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:18:40
  69. >>66
    ARMでなくても、無誘導爆弾でも航空機からの機銃でも破壊できるでしょ?ジャマーがいなけりゃリスクは高まるが。
    偵察で位置さえつかんでいれば、艦砲なりハープーンなりの遠距離間接攻撃でも良いし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:19:22
  70. >>69
    エスコンじゃ簡単なんだけどねぇソレ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:20:34
  71. >>57
    >アメリカの立場で考えれば、極東に確固とした橋頭堡を築きつつ複数の紛争地帯を設けて複数の国家を争わせつつ、効率的に覇権を確保したいだろうね。

    確固とした橋頭保が欲しければ、周辺に求めるのは「安定」でしょう。
    アメリカがわざわざ種撒かなくとも、極東に紛争はもう十分に間に合ってます。

    ところで、アメリカが覇権維持のために極東に仕組んだという紛争の具体例と、その紛争がアメリカによって仕掛けられたというソースが挙げられていないようですが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:24:22
  72. >>67
    彼の場合、何も考えてなかったか、誰かが何とかすると本気で思い込んでただけな気もしますけどね…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:24:51
  73. だけどなんで米国務省は今回、尖閣諸島をフィーチャーしたんだろ?
    最近、牽制しなくちゃいけない中国側発言ってあったのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:27:15
  74. >>71
    日本周辺に限ってですが、
    このエントリーの尖閣諸島に対するアメリカのスタンスを見れば明らかです。
    そして北方領土と竹島を見れば、アメリカが領土紛争を大歓迎している事は明らかです。
    自国以外を争わせて疲弊させる事は太古から存在する戦略で常識です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:30:35
  75. >>74
    北方領土と竹島の問題で日本の国力のどこが消耗したのか?
    両問題とも日本国の再独立以前の問題だし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:34:16
  76. >>72
    それはあるかもしれないですね。
    しかし、あんなルーピーでもPh.D.持ってるってんだから驚き。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:34:50
  77. >55
    こんなの、小学校か中学校の授業で教えるレベルじゃないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:35:52
  78. >>74
    記事本文ちゃんと読みました? 合衆国政府は「尖閣は日本の統治下であり、安保条約の対象である」と断言したんですけど。
    紛争を煽るつもりなら、わざわざ一方を牽制したりはしませんよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:36:01
  79. >>75
    疲弊はしていませんが、団結を妨げる(韓国はそれ以前ですが)目的を疑われても仕方ない。

    >>76
    それもスタンフォードの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:36:27
  80. 立場を明確にしないというのは逃げ道をつくる方針なんでもし中国が尖閣を占領しても、
    アメリカは動かないような気がするな。
    領土問題には関与しないの一言ですむからね。
    北方領土も竹島も関与しなかったしな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:38:31
  81. 尖閣諸島で有事が勃発すれば、
    世界有数の日本の戦力を中国の国力を削ぐために使う事ができます。
    日米安保が存在するので、アメリカも戦力を投入するでしょうが、
    日本の領土が戦場になるのですから、日本は全力を尽くして戦力を投入する事になるでしょう。
    「アメリカは尖閣諸島を日本の領土と認めてはいません。」
    ですが、戦力を投入する口実を作り上げました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:39:07
  82. >73
    共同が(飛ばし)記事を書いたから、日例ブリーフィングで質問した記者がいた。聞かれたから答えた、それだけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:40:49
  83. >>77
    中学公民の教科書にはしっかり書かれていますw

    >>80
    >気がする
    そうであって欲しいの間違いでしょ。記事本文読みました? 国務次官補は断言しましたよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:41:19
  84. >>74
    横ですまんが
    >北方領土と竹島を見れば、アメリカが領土紛争を大歓迎している事は明らか
    馬鹿な俺にもっと詳しく教えてくれ

    米側からみれば
    竹島は同盟国同士でのけんかで
    北方領土は終戦前のできごと
    という認識でいたんだが違うのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:41:20
  85. >>84
    ヤルタ会談、アメリカ支配下である日本と韓国間での紛争勃発(竹島)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:44:22
  86. アメリカは日本が周辺国と領土紛争抱え、ロシア中国に脅えてアメリカを頼れば、日本をコントロールしやすいと考えているのだろ。
    だから立場を明確にしなければ、中ロとも対立せずにすむ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:44:23
  87. >78
    エントリの内容も理解できない連中は、根拠なく自分がそう思っているだけで幸せな連中だから、聴く耳持たないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:45:25
  88. >>32
    >両政府だんまりなんて話なら、そんな気にする必要もないのでは?

    問題は純粋くんとか反米くんとかに吹きこんで、
    沖縄を日本から切り離させようとか奔走する
    可能性が多いに考えられること。
    多分、沖縄の平和団体とかマスコミの幹部とか
    抱き込んで、沖縄の社会運動にしようとするん
    じゃないかな、と愚考する。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:46:58
  89. >>87
    一つの事象からは幾つもの予測が産まれてくる。
    いかなる状況になっても、対応する方策を練るのが戦略というものと俺は認識してる。
    なので、様々な意見があることは大歓迎なんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:48:04
  90. 怒られるかもしれんが、北方領土のクリル諸島に属する、国後、択捉については微妙だなと思ってたりする。
    SFトリーティで日本はクリルの放棄を認めてるからね。ソ連は批准してないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:49:33
  91. もし中国が尖閣を軍事占領して、それに対し日本が自衛権を行使するならアメリカも口出しせざるを得ないでしょう
    もちろんそうならないのが一番ですが、アメリカの介入の可能性が少しでもあるというのはかなり心強い

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:56:54
  92. 陰謀論者キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
    とりあえず、日本をアメリカに頼らすため、と
    地域の不安定化のため、とどっちなんだw
    日米同盟は地域の安定化をもたらすんだが


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:56:59
  93. 日本と中国が戦えば、経済力第二位と第三位の国家を疲弊させる事ができる。
    アメリカとロシアは武器商人として大儲け間違いなし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月19日 23:57:30
  94. 中国が尖閣を奪還したいと考える理由についてだが、当初は資源目的だったと思われる。現在は東シナ海の領域確保及び太平洋へのアクセス権確保という安全保障目的であると判断できる。
    これらは中国側に立って見れば、自国防衛のための防御戦力と言い換えることができる。中国の政治経済の中枢は沿海地域に集中しており、これらを防衛しようとすれば彼らの言うところの第一列島線は必ず確保する必要がある。これは中国の立場に立てば至極真っ当な判断である。中国はアメリカとの全面対決を避けつつ東・南シナ海、日本、台湾、フィリピンを確保しなければならない。これらのアジア諸国との摩擦は過渡的段階としてはやむを得ないだろう。いずれは既成事実として認められるだろうから。
    別に中国を擁護する気は無いが、中国の立場に立てば自国防衛的な戦略であるのは明白だ。私が中国の指導者であれば同じ戦略を採用するだろう。中国側の事情も踏まえたうえで妥結点を探す、現実主義的なアプローチが必要ではないだろうか?そういう意味ではガス田の条約化は極めて良い外交判断だ。

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:01:53
  95. >>93
    日本にそこまでの軍事力も国力もない。
    それに、日中は米国債の保有世界第1、2位。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:02:13
  96. >>94
    >いずれは既成事実として認められるだろうから。
    日本が中国の勢力圏になる状況を具体的にどうぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:04:13
  97. >>94
    奪還したい?侵攻の間違いでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:05:30
  98. >>94
    「中国が尖閣を奪還」
    中国が尖閣を強奪に訂正する事を要求します。w

    >>95
    経済関係は戦争の可能性に影響しない事は過去の歴史が証明しています。
    日本に国力と軍事力がないならば、外部から注入すればすむ話です。
    それが代理戦争の姿です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:05:51
  99. >94
    無駄な長文で自分に酔った演説をする奴はロクでも無いという典型。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:06:23
  100. 対日だの対中だのって書くコメンテータやら新聞やらが多いんだが、ああいう子供じみた
    短絡的な思考なんとかならんかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:06:47
  101. >>94
    どこの伍長さんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:07:25
  102. ロシア問題の専門家である木村凡氏の日露国境交渉史という中公新書に書いてあることを思い出した。日本の戦後の領土問題には常にアメリカの影がある。アメリカは日ソ間の国交樹立を歓迎しておらず、鳩山内閣が二島で妥結しようとした際、ならばアメリカは沖縄を併合すると日本を脅した。(SF条約で未加盟国に利益を与えた場合加盟国も同様の権利を主張できると書いてあった=ソ連に国後択捉を与えるならアメリカは沖縄を奪うと恫喝)
    我々はアメリカに注意する必要がある。常に日本を孤立させ以てアメリカにすり寄る、従属するように差し向けているアメリカのいやらしさを考える必要がある。翻って日中間の対立もアメリカの影響を考えた上で、日中友好を求め続けるべきだ。日中友好は日本の国益に絶対に資する。

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:10:19
  103. >>74
    >このエントリーの尖閣諸島に対するアメリカのスタンスを見れば明らかです。
    >そして北方領土と竹島を見れば、アメリカが領土紛争を大歓迎している事は明らかです。

    尖閣でも竹島でも、「領土問題の解決をアメリカが潰した」などという事例はありません。
    領土問題に不干渉なだけでは、アメリカが領土紛争を大歓迎しているという、明らかな証拠にはなりません。

    それに既出ですが、この記事では尖閣諸島は日米安保の適用対象だと、アメリカの高官が断言していますが、これについては如何に?

    Posted by 71 at 2010年08月20日 00:10:43
  104. >>94
    >中国側の事情も踏まえたうえで妥結点を探す

    そんな「配慮」なんていらねーよ。
    向こうもないからこそ、尖閣と沖縄よこせってくるんだろが。

    てーか、落しどころを勝手に事前に決めた交渉は、
    交渉じゃない。
    「予想外の条件」突きつけられたら、その時点で相手のペースにハマる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:14:03
  105. >>102
    戦略的には同意しますが、イデオロギーや国民感情的には中国よりも圧倒的にアメリカなんですよね。
    日本の未来の為にはアメリカから自立する必要があるとは思いますが、現在の中国と手を結ぶ事には拒絶反応を起こします。
    [ウイグル人狩り]
    http://www.youtube.com/watch?v=Hq2doTYumlQ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:15:18
  106. >>102
    本性見せるの早いッスよ。HNが僧侶だからって「袈裟の下から鎧」を地で行く必要は無いですよ
    日中同盟とアメリカへの対決路線が日本国の国益にどう合致するのか箇条書きでお願いします

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:15:20
  107. >>102
    冗談はよそでやってくれ。何が悲しゅうてアメリカ以上にいやらしい中国にすり寄らにゃならんの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:16:07
  108. ソ連との平和条約締結を妨害された鳩山一郎。沖縄の民意に最後まで耳を傾けようとした鳩山由紀夫。鳩山家の外交は恒にアメリカに妨害されているな。歴史とは因果なものだ。恐ろしい

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:16:25
  109. >>102
    正直「陰謀論乙」としか言いようがない。
    あと、ダラダラと改行もせず文章続けるのは、
    読みにくい外の何ものでもない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:18:01
  110. >>102
    >>91書いたものだけど、書いといてなんだけど、アメリカよりもむしろ民主党に注意を要すると思うけどね。
    それに日中で対等な友好関係を持てるってのはないと思うよ。アメより酷いと思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:19:45
  111. >>105

    別に中国の属国になれ等と誰も主張していませんよ。勝手に妄想しないでください。領土問題は単に日本対中国などと言う短絡的な問題ではないということを言っているだけです

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:19:48
  112. >>108
    それだと「アメリカ最強無敵伝説」が成立するだけだ。
    あとHNを「恥的」にでも変えたらどうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:20:17
  113. >>103
    「日米安保の適用対象」であるにも関わらず、「領土問題には関与しない」。
    俺様の子分の陣地に中国が侵攻してきたら痛い目にあわせてやる。
    だけど、俺様の子分との言い争い程度なら見逃してやる。
    つまり、領土紛争については否定していません。
    他国同士が牽制しあうのは結構。

    つかさ、自国以外が潰しあうのは戦略の常識だっつーの。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:20:52
  114. >>108
    一郎はともかく、ルーピーのアレがアメリカの陰謀とか言われたら
    もはや笑うしかないんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:21:45
  115. >>111
    勝手に妄想して話を進めないでください。
    誰も中国の属国になるだろうとは発言していません。w
    後半の領土問題についての文章は同意します。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:22:24
  116. >>111
    意味不明。
    2ちゃんねるの政治板にでもスレたてて、
    詳しく説明してくれんかね。

    読むかどうかは別問題だが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:22:37
  117. >>113
    >自国以外が潰しあうのは戦略の常識
    それが同盟国でなければ、ですけどね
    自分の庇護の対象が疲弊したら、結局自国の出費が増えますよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:23:35
  118. アメリカ良くぞ言ってくれた。まぁ同盟組んでるし当たり前なんだが、
    隣の国が阿呆な事を繰り返しやって調子に乗ってるからね。
    ここいらでの発言は釘を刺す上でよかったわ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:23:40
  119. >>113
    そしたら領土問題には安保は関与しない、といえばいいじゃない。
    そしたら中国様も勇んでやってきて日中激突がすぐ適うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:25:26
  120. >>102
    日中友好は大事ですね。アメリカを牽制するのに一定程度役立つでしょう。
    たしかにアメリカは老獪な覇権国家であることでしょう
    でも今回のエントリは、尖閣諸島で事を起こすならその相手はアメリカを向こうに回す覚悟が必要だ、ってアメリカの高官が言ったってもの。なんか反応が斜め上気味だと思うの

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:26:22
  121. 日本単独で離島奪還する能力ってないの?

    あるけど米軍と連携とる練習をするってだけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:26:49
  122. 拙僧は中国が現実に日本に武力行使するとは考えない。武装警察が尖閣に上陸することはあり得るかもしれないが、本格的武力攻撃には至らないと考える。中国側に立てば分かるが、海自やアメリカ空母打撃群(戦時には最大4〜5隻は持ってこれるだろう)とやり合うには余りにも中国の軍事力は小さすぎる。現行の中国は自国の立場を一番よく理解していると考えられる。
    諸氏のような憂慮はまさに杞憂である。そんなくだらない杞憂をするよりも信頼構築の枠組み作りを考えるべきだろう。軍当局間のホットラインや相互通報制度などね

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:29:58
  123. >>121
    >>日本単独で離島奪還する能力ってないの?
    相手がゲバ棒を振るう暴力学生やへっぴり腰のチンピラヤクザだったら警察でも十分可能だろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:30:09
  124. >>117
    国家間において友情などという生ぬるい言葉は存在しません。
    同盟国でも同じ。
    絶えず相手国を蹴落とす事は国家として健全で正常な姿です。
    そして日本は多額の借金が存在しようとも世界的な経済大国である事は間違いありません。
    経済的に脅威となりうる国で、かついくらでも懐から搾り取れる存在です。
    戦争に勝つためならば、多額の借金をこしらえながら武器を購入するなんて第二次世界大戦でもやってる事ですしね。
    ところで、何でそこまでして中国と手を結びたがるの?
    アメリカ離れがしたいならば、ロシアがあるし、インドでもオーストラリアでも良くない?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:30:34
  125. >>121
    まず第一に「誰から?」
    第二に「どこを?」
    第三に「いつ?」



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:31:37
  126. 第一列島線って、なんか日本が満州やらに進出したのと似たような匂いを感じるのは何故だろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:33:45
  127. >>122
    「現行の中国は自国の立場を一番よく理解していると考えられる。」
    中国共産党が完全に中国を支配していれば、貴方の意見は間違いない。
    でも、現実的にはいつ軍部が暴走しないとも限らない。
    軍国主義に走る可能性を否定できない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:34:10
  128. >>124
    >何でそこまでして中国と手を結びたがるの?

    はて? 私を「知的僧侶」氏とごっちゃにしていませんか? 今回の記事は日本にとって間違いなく朗報だと思いますが…
    貴方こそ、「アメリカは領土紛争を煽って日本を疲弊させる気だ」と主張してるじゃないですか

    Posted by 117 at 2010年08月20日 00:35:20
  129. >>122
    言っておくが、当然分かっていることだと思うが、
    ここはあんたの独演会場でも何でもなくて、
    ブログ主の記事に対するツッコミと、それに対する
    議論(という名の再突っ込み)の場なんだが・・・

    黙々と自己の意見を書くのなら、どこかの掲示板
    でやってくれ、としか言いようがないぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:36:16
  130. >>122
    「武装警察が尖閣に上陸」って武力侵攻じゃん。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:37:07
  131. >>126
    だって同じだもん。覇権主義の発露。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:37:11
  132. >>128
    いつだってアメリカは日本の経済力を奪うことに関しては全力を傾けています。
    スーパーxxx条を忘れていませんか?
    最近ではトヨタリコール問題を忘れていませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:38:08
  133. アメリカの同盟国がアメリカの大使館を占拠するなんて革命前日まで誰も予想してなかったし、
    イラク軍がクウェーに侵攻するなんてCIAも予想してなかったが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:38:39
  134. >>132
    トヨタリコールって・・・
    一時期落ちたけど、すぐに復活してニュー速ですらアメリカをおちょくる爆笑ネタになったはずですが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:40:12
  135. >>130
    35ミリ積んだ装甲車配備しておいて、しかも戦闘地域に送り込めばそりゃ軍事力と看做されますわな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:40:15
  136. >>132
    じゃ、アメリカ産米の輸入規制をしてる日本はアメリカの経済力を奪おうとしてるわけだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:40:46
  137. >>113
    >俺様の子分の陣地に中国が侵攻してきたら痛い目にあわせてやる。

    上記の一文からすると、アメリカはごく真っ当に日米安保を履行しているように見えますが、
    あなたが主張する「自国以外を争わせて疲弊させる」ことにより自国の覇権を維持する
    こととは矛盾しませんか?

    「他国同士が牽制しあう」位では、いわば外交の平常運転。どちらも疲弊にはつながりませんが。

    Posted by 103 at 2010年08月20日 00:40:59
  138. >>127

    第二次世界大戦のように数年も戦争が続くなら中国が賭けに出る可能性はわずかにもあるかもしれないね。しかしね、現代の戦争はそんな長々と続かない。日米中の戦争が長期間にならない以上、勝敗はだれの目にも明らかだ。日本が真珠湾でやったような一か八かのような博打戦争は現代の超大国間の想定戦争には当てはまらない。
    よって中国軍部の影響が強まっても本格的戦争にはならないと言える。

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:42:02
  139. >>132
    あそこまで自国経済がヤバくならないと保護しない米国って、器でかいよね
    日本のもの買いまくってさ
    おかげで世界二位のGDPになれたね
    逆に日本がどれだけ保護貿易してるかご存知?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:42:43
  140. >>132
    それよりも為替相場で抑えられてると思うのは気のせい?
    ここ最近の円高なんて酷いもんだと思うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:42:49
  141. >>128
    私は貴方の米国離れの意見は同意しています。
    しかし中国とは手を結ぶ気が起きません。
    アメリカ離れしたいならばロシア、インド、ブラジル、オーストラリアで十分じゃん。
    ロシアからは石油、天然ガス、インドはシーレーン確保、ブラジルからは穀物、オーストラリアから鉱物資源。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:43:04
  142. >94

    自国防衛とか言ってるけど、第一列島線のほうが防衛線として広がるんだよね。莫大な常備軍と予備役を持つ陸軍があり、2000機にもなる巨大な空軍があれば、中国大陸(支那本土)で濃密な防空網を張り、着上陸してきた敵陸戦力を追い落とす方が地の利があって適している。本土沿岸より広域に亘る離島拠点のほうが守りにくい。

    中国はICBMをはじめ核戦力を強力に保有しているというのに、米軍が一方的に中国に対して、本土の大軍の中国軍を駆逐するだけの巨大な戦力を(最低数百万レベル)送り込む状況って、本気で対策するほどの可能性があるの?そんな無茶な状況に対抗するってかつての全盛期ソ連でもギリだって。

    っていうか、周辺の独立した主権国家のアジア諸国を侵略的に圧して、「やむを得ない、いずれ既成事実となる」とか、何言ってるの?

    ただの帝国主義じゃねぇか。
    中国様がアメリカを追い落として世界覇権を握るために必要なだけだろ。どこが自己防衛だよ。羊の皮をかぶることすらできてない。

    それが通るなら、日本が核武装してASEAN各国と軍事同盟を結び核兵器を分配して中国に対抗しても「自己防衛」の範疇だね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:43:44
  143. >>125
    曖昧ですいませんでした
    誰→中国人民解放軍
    どこ→尖閣諸島
    いつ→10年以内



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:43:54
  144. すみません教えてください。

    このような訓練の許可は、政府が与えているのでしょうか。
    それとも予算の範囲内なら自衛隊内部で実施できるのでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:44:53
  145. >>130
    >中国人民武装警察部隊(ちゅうごくじんみんぶそうけいさつぶたい)は、
    >国内の治安維持や国境防衛などを担う中華人民共和国の準軍事組織である。
    (from wikipedia)

    準軍事組織じゃなぁ・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:46:54
  146. >>138
    短期決戦だったら、なおさら劣勢な側が勝ち逃げできる可能性が生まれますよ。
    実例? 貴方が言ったように日本帝国海軍の真珠湾+南方電撃侵攻ですよ。湾岸戦争のイラクもそうだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:47:14
  147. >>137
    確かに矛盾している文章ですね。
    ですが、日本は完全にアメリカの支配下にあります。
    日本が非核を貫き、アメリカに従属しているならば、現状を維持したいと思うのは当然かと思います。
    そしてアメリカは領土問題を放置して国家間の争いを助長している事は疑いないと考えます。
    疲弊せずとも、牽制させることができています。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:47:24
  148. >>141
    あの、なんか誤解されてるようですけど、私は貴方と違ってアメリカ離れ論者じゃないですよ。
    私は、日米同盟は維持、より強化して中国を牽制すべきと言ってきたつもりでしたが…
    私が中国に接近すべきだといつレスしました?

    Posted by 117 at 2010年08月20日 00:51:11
  149. >145

    そもそも人民解放軍から分かれてできた組織では?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:51:40
  150. >>94
    >これらのアジア諸国との摩擦は過渡的段階としてはやむを得ないだろう。いずれは既成事実として認められるだろうから。

    ないないw なにより中国は「気前が悪すぎる」&「下心が透けて見える」
    既成事実が認められるとすれば、圧倒的な軍事力でそれらの地域を制圧占領するときくらいじゃないのかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:52:17
  151. >>143
    ういさ
    前提として既に揚陸された!という事からスタートだね、本当はそれだけでも中国は大変なんだが・・・

    結果としてゴールを何処に持っていくかかな?
    補給線で言えば中国は有利だから、その条件だと中国有利なんじゃね?
    いずれにしても米軍の関与が無いのが前提だね、そもそも自衛隊って組織自体が米軍前提で出来ているし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:53:19
  152. すいません
    間違えました

    どこ→尖閣諸島じゃなくて南西諸島です

    Posted by 143 at 2010年08月20日 00:53:23
  153. >>145
    貴方は武警を誤解してるよ。
    異民族鎮圧部隊で沖縄への侵略に一番適した組織です。
    戦闘機や軍艦を排除する第一線をはれる武装はありませんが、異民族を排除する事にかけてはプロフェッショナル、百戦錬磨の精鋭部隊です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:53:27
  154. >>147
    尖閣については米国は日本支持を表明しているんですよ。これは間違いない。
    尖閣がアメリカにとって奇貨であるのは確かだけれども(日本をアメ陣営に拘束できる一要素)。ここを紛争地帯としたいとはアメは思わない。
    なぜならば中国を沿海に閉じ込めておく方がアメの利益はずっと大きいから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:54:40
  155. 「勝手に起こした戦に介入する義理はない」ということね>メリケンからグルジアへ

    >108
    鳩山氏に何ドリーム見てんスカ?

    >沖縄の民意に最後まで耳を傾けようとした鳩山由紀夫

    根拠がない事を宣い出来もしない事をチラつかせ相手をその気にさせた事の重大さは重い。



    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2010年08月20日 00:54:53
  156. >>148
    おっワリー人違いか?
    匿名だから紛らわしいんだよね。
    似たような意見だと同一人物として誤解しちゃう。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:55:49
  157. >>142

    簡単に話しましょう。日本が台湾の中共からの離脱状態の維持を望むのはなぜでしょう?同じ民主主義国としての同情などという生易しいものではありません。台湾が中国の手に渡れば直に中国と接するから、それが安全保障上許容できないからです。ですがこのような態度は中国の台湾に対する主権を損なうものです。しかし日本側からすればそんなことは関係ねえ!です。
    同様なんですよ。ハッキリ言えばね。中国にだってそれは当てはまる。第一列島線内部の諸国を確保するのはアメリカとの間に戦略的緩衝空間をつくりだす必要があるからです。自国防衛のためにね。それを侵略だと言うなら日本は台湾を中国の手に渡して日本本土で決戦やりますか?できない相談ですよね。
    中国の立場を擁護してるんじゃないんです。彼らにも彼らの立場があって、それを考慮して現実的な妥協点を探るのが安全保障であり外交です。相手が気にくわないだけでは安保政策はただの願望表明にしかなりませんよ。責任ある当局はそんな馬鹿な次元で終始しません。

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 00:57:35
  158. >>154
    南シナ海が紛争地帯になれば、
    中国を封じ込めつつ、経済大国同士を疲弊させる事が可能ではありませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:58:10
  159. 武警「異民族の鎮圧はウィグルで慣れています!俺にやらせてください!」

    こんなの送り込んできたらそりゃ侵略だろう……
    それにしても最近、やたらと日米離間を主張する人増えた気がするなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 00:59:34
  160. >>156
    >似たような意見だと同一人物として誤解しちゃう。
    どのレスと似ているのか言って貰いましょうか。少なくとも反米的なレスをした覚えは全くありませんよ

    Posted by 117 at 2010年08月20日 01:00:02
  161. そろそろイイ子は寝る時間だ。
    悪い子の時間の始まりだ。
    俺はイイ子だからそろそろ寝るわ。w
    今日も楽しかった。
    おやすみなさい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:00:20
  162. >>152
    それは無理
    ってか、そんな広域に揚陸しようなんて、大量兵力を揃えた60年前の連合軍だって無理。
    大体沖縄本島が近づいた時点で、米軍不関与っていう100歩譲った前提すら崩れるわ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:00:31
  163. >>158
    紛争を許容するというのは中国の尖閣所有の可能性を許容することになる訳です。
    (しかもアメが日本に加勢しなければ、ほぼ中国のもの。)
    それは現状のシャットアウト状況よりもアメ的には評価できない状況です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:05:58
  164. >>157
    「中国の台湾に対する主権」って、有るのそんなもの?
    それと緩衝地帯を作りたいのなら台湾独立を認めても良くね?


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:08:23
  165. バカサヨ涙目w

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:16:54
  166. 陰謀論者に公式見解を提示しても「裏では・・・!」と考え、その事実を受け入れない。
    だから、その手の人間には、公式資料を提示して「間違い」と客観的に指摘して、その後はスルーするのが最善手。

    だって、頭の悪い陰謀論者は、いくら事実を言っても、その人の中の陰謀論と違う事は真実として認められないのだから。

    ・・・ほんと、困り者だよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:18:48
  167. >157

    妥協点だが、なぜ中国の要求を全部聞いて、日本などが身を切る、という事が最適と考えるのかね。なに、中国って神なの?

    >第一列島線内部の諸国を確保するのはアメリカとの間に戦略的緩衝空間をつくりだす必要があるからです。それを侵略だと言うなら

    侵略です。東南アジア諸国はみんな中国に迷惑しているんですよ。それを、彼らの事を考えないずに、しかもまるで中国の領土の一部ように扱うなんて・・・。あなた、世界地図すら見たこと無いんですね。

    台湾は少なくとも一度も中共の領土になったことはない。
    また、日本が安全保障のために前進基地を配備しているわけじゃない。むしろ台湾とは尖閣諸島で領土問題があります。

    あなたはあまりに中華人民共和国万歳で、他の国の視点が無いんです。まあ、WW2終了後も各地に帝国主義的侵攻を行ってきた前科がある中華人民共和国の信奉者らしいですね。



    Posted by 142 at 2010年08月20日 01:22:34
  168. >>147
    >そしてアメリカは領土問題を放置して国家間の争いを助長している事は疑いないと考えます。

    「領土問題を放置」することが、何故「国家間の争いを助長」している事になるのでしょうか?

    他国の紛争に首を突っ込まないのは当然のことで、※103で述べたとおり、
    >尖閣でも竹島でも、「領土問題の解決をアメリカが潰した」などという事例はありません。
    >領土問題に不干渉なだけでは、アメリカが領土紛争を大歓迎しているという、明らかな証拠
    >にはなりません。

    それに、これも申し上げるのは二度目ですが、この記事では、日米安保の適用対象だと
    アメリカの高官が断言しています。アメリカはこの問題を「放置」しているわけではなく、
    ごく真っ当に日米安保を履行し、アメリカは自ら中国を牽制しています。
    日本を嗾けて中国を牽制させているという事例ではありません。



    Posted by 137 at 2010年08月20日 01:23:31
  169. 共同通信はどうかしてる。ブッシュ政権→オバマ政権で発言変わってないのに「前政権の政策を変更」って…

    16日の発端記事→「安保条約の対象と明言せず オバマ政権、尖閣諸島で」
    http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081601000585.html
    >オバマ米政権がブッシュ前政権の政策を変更、「尖閣諸島は日米安全保障条約の適用対象」と直接的に言及するのではなく、対外的に間接的な言い回しにとどめる方針を決め、日本政府にもこれを伝えていたことが16日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。
    >ブッシュ前政権時の2004年3月、米国務省のエアリー副報道官は記者会見で(1)尖閣諸島は1972年の沖縄の施政権返還以来、日本の施政権下にある(2)日米安保条約第5条は、条約が日本の施政下にある領域に適用されると明記している(3)従って、安保条約は尖閣諸島に適用される―と公言した。

    同じ日の続報→「安保条約対象との直接言及せず 尖閣諸島で米国務省」
    http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081701000375.html
    >クローリー氏は(1)尖閣諸島は1972年の沖縄の施政権返還以来、日本の施政権下にある(2)日米安保条約第5条は、条約が日本の施政下にある領域に適用されると明記している―と指摘。米国の立場は「変わっていない」と強調した。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:29:07
  170. 政治屋が何を考えて騒ぐのか。
    政治家がどう受け止めるのか、、
    もうちょっと考えてほしいとの。。
    このての記事を垂れ流すやからはネーム入りでだしてほしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:47:50
  171. >>162
    ありがとうございました

    週刊護衛空母でもむりでしたか・・・

    Posted by 143 at 2010年08月20日 01:52:34
  172. 将来の資源エネルギー問題への対抗策の一環も含むだろうな。
    15億の人口を持つ自国のレーベンスラウムのため、他国とのコンフリクトを辞さない。
    グローバリズムか帝国主義か、それとも別の道があるのか、彼の国の将来戦略がそろそろ明確になるのかもね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 01:52:44
  173. JSFは何を寝ぼけたことを言っている。
    尖閣諸島の領有権についての領土問題は存在しない。
    尖閣諸島は揺ぎ無く歴史的に日本の領土で
    中国の領有権は捏造で存在しない。
    例えば中国が日本全土の領有権を主張したら、
    それは日米安保の成立を否定する。
    従って米国には尖閣諸島に対する義務は発生する。
    また、尖閣諸島を奪われることは
    沖縄在日米軍と台湾に対する軍事力の投射を
    容易にするものであり、
    米国の国家的利益を阻害するものである以上、
    尖閣諸島に対する侵略行為は
    米国政府として断固無視できない。
    尖閣諸島とグルジア問題は別次元の問題であり、
    比較するのは不当で場違いだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:00:57
  174. 国際的な政治経済の影響力が中国>>>日本だから、中国が難癖つけるとそれはまかり通って、日本の主張は無視されるんだよな。
    国益を考えれば中国の主張に乗った方が良いって計算が働く。
    ウクライナもグルジアも、欧米が散々後押ししたけど、ロシアとの関係の方が国益に適うと思った瞬間ロシア側に各国ともついたからな。
    北方領土もロシア名で表示してる国がほとんどだし。
    政治的にも軍事的に影響力なし、経済は崩壊中の日本なんて誰も気にしない。
    アメリカも日本より中国の方が国益に適うと考えた時点で、尖閣なんてどうでも良くなるよ。
    実際尖閣を中国名でも読んでるしな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:24:36
  175. >>157
    横レスだが、随分幼稚で矛盾した論理だなぁ。
    中国が自国の防衛戦略として
    周辺諸国及び海域を確保するのは“真っ当な判断”と述べておきながら、
    そこで言うところの周辺諸国、及び海域に関わる国々は
    中国に対して妥協すべしと言わんばかり。
    つまりそれらの国々だけは、
    あなたが言う“その国々にとっての真っ当な判断”としての安全保障政策ではなく、
    「譲歩」政策を採りなさいと。
    あなたは中国の立場を想像すれば云々と書いてるが、
    中国の周辺国の立場は想像出来ない
    変わった脳の持ち主なんだろうか?
    あえてあなたの幼稚な論理に乗れば、
    中国は周辺国の立場を考慮した上で現実的な観点から
    是非とも妥協して欲しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:26:11
  176. 現状維持の手助けはするけど、それ以上のことには巻き込んでくれるなってことだわな。
    例えば竹島や北方領土に進軍するのは、同盟って契約のサポート外であるので、
    もし協力を求めるなら、アメリカにどのようなメリットがあるかを
    説明して新たな契約が必要になると。例え話なので進軍する必要性はどうでもいいがw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:42:18
  177. >>173
    少し頭冷やそうか?
    >「領土問題についての立場は示さないが、日本の施政下にある尖閣諸島は安全保障条約の適用対象である」
    と国務次官補は言っている。
    つまり、現時点において尖閣諸島を日本が実効支配しているからこそ、
    もし同地域で何かが起きた場合はアメリカが日本を支援するという解釈になる。
    逆に、尖閣諸島がグルジアの南オセチアのように他国の支配下にあり、
    日本が尖閣にいきなり侵攻して戦闘状態に陥った場合、支援を得られるかと言うと多分ムリ。
    だってアメリカは同盟国の領土問題には極力介入しない上、地域間の安定を阻害するような行動は嫌っているから。
    その一番の例がグルジアであり、これを同盟国(準同盟国)による領土問題として比較するのには、適当だと思うのですが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:48:22
  178. >175
    強者が弱者に妥協しろって理論だろ。
    残念だが国際的に日本は中国より格下の国だと認識されている。
    だから中国に格下の国は妥協しろという国際世論が形成されやすい。自国の国益のために。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:49:19
  179. 逆に考えると、米韓相互防衛条約の場合には竹島は在韓米軍が守るべき領域になるの? 韓国に侵略されて不法占拠されている日本の領土とはいえ、一応は韓国の施政下に入っているとみなされる?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:50:28
  180. >>174
    そういう観点でいうと最早日本は蚊帳の外だと思うな。
    極言すれば、アメリカの尖閣防衛は日本なんか関係ない。
    今後将来を考慮したとき、国力上位を占めるのは、アメリカ、中国、インド、EUあたりになってくる訳でこの中でアメリカと対立するのは中国、また最も有力な国も中国なので、中国はアメリカの一番の脅威。安全保障関連でアメリカが中国に便宜を図ることはない。おやすみ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 02:54:26
  181. >179
    フォークランド紛争と同じ扱いだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 03:08:52
  182. >>157
    現実的な立場での妥協点ってのは状況によって変わる


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 03:09:11
  183. >173
    馬鹿右翼乙。

    >174
    馬鹿左翼乙。

    夏休みって酷いねぇ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 03:23:36
  184. >>174
    すげえなぁ。
    中国の国際的な政治経済の影響力が大きくなったら日本の主張は無視されるの?

    南沙諸島や西沙諸島、中国の領有って認められてないよね。
    領有権を主張して中国と争っている国、国際的な政治経済の影響は日本よりも小さいのにさ。

    パレスチナのイスラエル人入植地なんかも認められてないよね。イスラエルの方が遙かに国際的な政治経済の影響力があるのに。
    ゴラン高原なんかもそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 04:27:58
  185. ついに日米安保が本気を出すときが来たのか。

    経済力が停滞しているアメリカは一人でも友人を失いたくないハズだしな

    あれだよアレ、個人的には日米両国による大規模演習をして欲しいぜ、きっと絵になる。

    過去の大戦争で殴りあった2カ国が云々カンヌンってな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 05:22:55
  186. アメリカと尖閣といえば、モンデールを思い出す

    オバマ大統領も民主党だけに、共同通信報道をやはりと思って読んだ人も多かろうな。
    共同通信報道を受けてのコメントを多くの人が知ればいいが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 06:00:47
  187. >>173にしても>>174にしても、妄想たくましくして要るだけに過ぎないのに、
    何を裏読みしてるつもりになって要るのかが理解出来ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 06:02:44
  188. 173と174は方向性は違うがキチガイ度は同じくらいだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 06:56:52
  189. >>169
    中の赤い記者が涙目なんだよ、察してやれよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 07:38:30
  190. >尖閣を中国名でも読んでるしな。
    国務省会見では、Senkakuと日本語読みだけで発言しているけど?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 08:15:34
  191. >89
    その異論に明確な根拠があるならな。
    何を言ったのかの理解もなく、自分の脳内妄想だけで発言する輩が多すぎる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 08:18:25
  192. んーと・・
    何となく「知的僧侶」さんの立ち位置が分かった気がする。

    本人、図上演習の「対抗勢力側の状況説明」「政治・軍事的基本行動の想定」をやっているつもりなんじゃないかな?

    いずれにしろこのコメント欄にはじゃまで不必要でしかも内容が稚拙、というのが私の感想。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 09:12:04
  193. >そして宣言した以上はその意思を実力を持って示す必要があります。
    >自衛隊が離島奪還訓練、南西諸島想定し12月:読売新聞

    これが大事ですね、中国が頻繁に日本の領海に侵入したりするのは日本が本気で尖閣諸島を守る気があるのか探るという意味合いがある。
    日本が東シナ海の経済水域の資源を、命をかけて守る気はないとの感触を得てから、中国も日本の海底資源の盗掘をはじめて既成事実化してしまった。
    これは昔の自民党政権時代の失政も大きく、話し合いで解決しようなどというニュアンスの発言もあって、中国側も俄然としてこれなら奪えそうだという気にさせてしまった。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 09:43:07
  194. 中途半端な宥和政策が一番危険だってことを決して認めない日本のバカ左翼が根絶されない限り、こういう不必要な【対立】はずっと続くんだろうなあ。(嘆息)



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 09:54:14
  195. ここまで、
    「台湾も尖閣諸島の領有権を主張している」
    という視点の指摘無し。
    尖閣諸島に上陸しようと企てる連中は、本土より台湾からの方が多い位なのにな。

    なので、本件については、いつも通りの北京よりも台北の反応が知りたい。
    まぁ、南沙も似たような話にはなってるが。

    沖縄本島については「自主自立!」と叫ぶ方は本島でも結構いらっしゃいますが、独立まで喚く方は少ないですね。
    あの面積であの人口では、油田か金融センターでも持ってこない限り無理だな、とは思いますが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 10:09:41
  196. 根本的に日本人の対中観を変えない限りこの問題の解決は難しい。中国を支那と馬鹿にして、とりわけ20年ぐらい前までは発展途上国と認識してた連中は、今の彼我の差を受け止められないのだろう。中国の発展に嫉妬して、日本の凋落した現実を見れないようではいつまでも幼稚な反中論でしか語れない。超大国中国を認めて日本よりも格上であることを受け入れるべきだ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 10:27:04
  197. >>196
    最近の中国の振る舞いは、どう見たって覇権国のそれとは思えませんね。
    多くの国々は中国を信用してないんですよ。で、中国は信用を得る為には何をするべきでしょうねえ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 10:35:34
  198. >>196

    アメリカの方がもっともっと超大国って現実みとめなよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 10:43:32
  199. 中国を超大国と呼べるなら、今の日本だってそう呼べますな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 10:52:39
  200. >196
    >日本人の対中観

    って言われても、少なくても

    ・異民族弾圧
    ・ひたすら軍拡
    ・周り(主に東南アジア)に我が物顔で威嚇を仕掛ける

    とりあえずこんなところだがアンタどう思う?

    >中国を支那と馬鹿にして、とりわけ20年ぐらい前までは発展途上国と認識してた連中は、今の彼我の差を受け止められないのだろう。

    20年前ってェと馬鹿にする人よりもむしろ揉み手とバンザイで礼讃する人ばかりのような、朝日新聞とかナントカ文化人とか。

    >超大国中国を認めて日本よりも格上であることを受け入れるべきだ

    ああ認めてやんよ、「もっともっと欲しい」と超ヤル気MANMANだという事は。

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2010年08月20日 10:59:14
  201. >>196
    格上になったのは構いませんよ。
    あちらさんは元から安保理常任理事国なんですから。

    むしろ、格上になったからには、それだけの責任と義務を履行し、「下々への配慮」を示してもらいませんとねぇ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 11:02:28
  202. 格上だろうが超大国だろうが、利害や価値観で対立するなら
    おいそれと軍門に下る訳にはいかないなぁ。
    格下なら格下なりの我の通し方って物もあるだろうし。
    で、もう一方の超大国、まだお話が通じそうな方と結ぶ訳だ。
    なんて自然なお話なんでしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 11:13:09
  203. 人民解放軍が皇居前広場を行進する図、をズリネタ
    にしてる奴がここんとこコメ欄に常駐してるな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 11:21:13
  204. インドはジャベリンミサイル購入するのも決めたし
    陸軍の焦燥感が感じ取れるなあ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 11:49:12
  205. >>196
    格上、格下でお付き合いを決めてないし。
    ヨーロッパの先進国には東京都以下の経済の国もあるが、まともなお付合いが出来ている。
    法治、国民モラル、市場経済、契約社会、人権保護などの基本的な事柄が確立しているから。

    もちろん、本当に中国が上記を改善できたら、日中は同盟国になってもおかしくない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 12:16:18
  206. 米韓演習にワシントンの派遣を断念、らしい。
    へたれたのか、元から本気じゃなかったのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 12:33:56
  207. 米国債の前には日米安保なんて無力

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 12:54:19
  208. アメリカが同盟国の都合での戦争に巻き込まれるつもりがないのなら
    日本がイラクアフガンに巻き込まれてやる必要もなかったのではないか?



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:00:17
  209. >>196
    その先進国は、西暦何年まで
    ODA受け取るんだっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:00:34
  210. アメリカと中国はお互い核武装国家
    戦争などで絹だろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:01:14
  211. >>208
    お前文章読めないの?
    アメリカは
    「日中で話し合いしてる間は口は出さないけど、ケンカになったら俺もやるぜ」
    つってんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:10:41
  212. 中国が嫌いな人たちは、そういう連中だけで中国と戦争すればいい。私は戦争の恐ろしさを知っているからこそ戦争は絶対に嫌です。ある程度中国の言うことに従ってでも平和を維持したい。これは大多数の日本人の本音です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:16:09
  213. >>212
    それ、根本的な事見落としてるよ。
    日本が中国についたら、今度はアメリカと日本が敵対する事になる。
    「中国よりも反平和的で暴力的で世界の紛争の黒幕で、
    軍産複合とユダヤに牛耳られるの悪の権化の軍事大国アメリカ(笑)」とだよ!?
    戦争の恐ろしさを知ってる貴方は、こういう構図になった時にどう行動するの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:22:33
  214. >>212

    勝手に日本人の代弁すんなよ。

    戦争の恐ろしさを知ってるだって?
    戦争で負け、降伏することの恐さって、想像できない?


    ・・・そんだけGHQは紳士だったのかなぁ??

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:35:28
  215. >212
    >私は戦争の恐ろしさを知っているからこそ戦争は絶対に嫌です。

    単語が抜けていますよ。
    「『祖国が負ける』戦争は絶対に嫌です。」でしょ?ご安心下さい。ここにコメント残していく方々は皆そうですから。

    で、あなたの祖国はどこですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:38:04
  216. 黄海での訓練にジョージワシントン参加しないのか、やっぱり中国に気を使ってるんですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:43:35
  217. ぶっちゃけ米中が睨み合う太平洋の端にある日本としては、
    どっちかに付くしか無いわけよ。
    下手に独自性を打ち出そうとしたら、韓国流に言う所の
    「二匹の大鯨に挟まれたエビ」になっちゃう。
    で、どうせなら強い方に付いた方が痛い目見なくて済むよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:44:29
  218. 島嶼防衛、奪還のための新しい装備は思いつかない。 何か目玉装備が欲しい。

    せいぜい、無人監視機くらいか。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 13:56:36
  219. >>216
    だねぇ
    まあ仕方なかろう、海域が海域だし、モノがモノだしね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:17:27
  220. 対先進国コンプレックスから「我々はもう大国だ!」
    といいつつ、大国の責任や負担を求められると「中国はまだ途上国だ」では、そりゃ尊敬はされない

    なぜ、そこに気付けない中国人が多いのか?
    少しでも自国や自国民に批判的だと自尊心云々と猛反発しつつ、他(国)人のことは平気で貶すメンタリティ

    >>212
    そういう「所詮他人事」精神がここまで日本をだめにした原因
    防衛に限らずね



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:30:47
  221. 人様のblogで演説するおとこのひとって・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:33:06
  222. 素人の解釈で申し訳ないが。
    :尖閣諸島=実質日本が支配
    なら米軍は加勢できる。

    :竹島/北方領土=実質他国が支配
    なら米軍は加勢できない(or難しい)。

    と言う事をJSF氏は明言してると思ってOK?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:34:12
  223. どうしてもアメリカがティターンズに見えてしまう。中国はエウーゴとは言わないでも、ティターンズではないよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:37:18
  224. ねーわ。ティターンズのような国軍とも私設軍ともつかない武力集団を準えるならそれこそ人民解放軍だろ。隊の内規が法に優先するような所や先軍的な考え方とかそっくりだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:42:23
  225. >>222

    JSF氏の見解を聞くまで、その手の推測による判断は避けた方がいいんじゃね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 14:46:21
  226. 人民解放軍「我々人民解放軍は人殺しの集団ではない」

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:08:31
  227. >>1
    人様のブログだが。
    http://dybrristol.exblog.jp/12701732/
    チヌークを乗せてる。
    陸自ヘリを搭載する訓練とかはしてたと思った。

    >>225
    そうだね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:09:30
  228. >200
    >>196
    >>日本人の対中観
    >って言われても、少なくても
    >・異民族弾圧
    >・ひたすら軍拡
    >・周り(主に東南アジア)に我が物顔で威嚇を仕掛ける
    >とりあえずこんなところだがアンタどう思う?

    196じゃないんだけど・・・昔の某国との共通点があるのに気がついた。
    ・異民族族弾圧⇒同化政策(改名・言語強要)
    ・ひたすら軍拡⇒流石に財政破綻前に海軍は軍縮条約に調印
    ・周り(主に東南アジア)に我が物顔で威嚇を仕掛ける⇒自分はアジアの盟主として我が物顔でいた

    その道はいつか来た道〜♪
    ま、某国は今の中国ほど弾圧したり強権発動したりしてなかったとは思うけどねw


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:21:57
  229. >>195
    何かの間違いでフォークランドみたいになったら不幸だねえ。
    最悪、さっちゃんみたいな人が居れば、結果もフォークランド同様にできるが。

    >>208
    日本はあるいは他の国々が支持しないと言ったところで、
    アメリカ一国の判断で状況が維持されないのは決定的だし、
    なら加勢してさっさと収拾付けて、その後の実利や貸しを付けることを考えるでしょ。

    つか日米安保条約で日本の国土(尖閣含む)を防衛する義務を米国が負ってても、
    その逆は無いわけで、今回のとアフガン・イラクを同列に並べるのはなあ…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:30:52
  230. 昔は海上のヘリポートだってあったのに
    抗議受けてそのまま撤去しちまった。
    結果的に中華側の進入を許してしまったんだ。

    バカな政府だ。土地の問題は決まって強気の姿勢じゃなきゃ相手の言うがままに進むんだよ

    >>212
    戦争が嫌だからってあなたは自分の財産を差し上げるんですか?あなたの存在意義って何ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:42:25
  231. 読売ソースだと上陸兵力は空挺のみなのな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:43:21
  232. >>212
    だがちょっと待って欲しい
    戦争が好きな人の日本人の方が多かったら
    どうするのだろうか

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:52:19
  233. アメリカは尖閣も守ると言った。
    日本は離島奪還訓練を行った。
    ここんところ中国がやってた事に対する反応としちゃ普通だし充分だろ。
    それによって各国の事情や立場が変わったわけでもあるまい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:54:12
  234. >>212
    それは日本人の本音ではなく、
    アカ連中の本音だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:55:06
  235. >>212
    まず、あなたの私達の代弁者に選んだ覚えはないので出直して来てください。

    中国についてもあるのは世界最大の超大国アメリカと周辺アジア諸国からの孤立。
    己の財産を差し出して更には孤立し、再び敗戦国の辱めを会うなんて嫌ですよ。
    第一、チベットやウイグル、その他の少数民族の惨劇。周辺諸国への中国の威圧的行動、武力行使。これら全てをみてもあなたの意見と同じことを言える人は少ないでしょうね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 15:58:36
  236. アカ連中は、昔は「貧しくても心は豊か」式の見下し目線やファンタジーとしての共産主義にうっとりして、「可哀想だから援助してあげるべき」ってな無茶苦茶失礼な事を言っていた
    で、アジアも豊かになってきたらアメリカ様を倒してアメリカに変わる宗主国様になってもらうとする

    なんつーかハッキリ言って下衆だ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:10:29
  237. 西沙諸島や南沙諸島でのベトナムのようにはなりたくないね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:30:01
  238. 平和主義者をアカと言って罵るのですか?そもそも共産主義を支持して何が悪いのだ?思想良心の自由を否定する君らのほうが『垢』だろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:30:26
  239. >>223
    少なくとも今のアメリカは
    基地を放棄する時に核で何もかも吹き飛ばしたり、
    非戦闘員(しかも法的には自国民)の都市に毒ガス攻撃したり、
    数千万都市を人質にしたり壊滅させたりしようとはしない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:33:04
  240. >238

    時代遅れの「バカ」は帰れよw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:35:19
  241. >>238
    共産主義がいいなら日本から出てってください


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:40:42
  242. >>238
    本当に「平和」につながる主張なら拝聴するが
    それこそ軍靴(人民解放軍の)の足音が聞こえてくるような意見だからね
    相手にされないのも仕方ない

    それに、コメ欄で誰もあなたの思想・良心の「自由」を否定してはいないし
    >>212 が「大多数の日本人の本音」と言ったことのほうが
    その他の人々の思想・良心の自由を侵害したように思えるが?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:43:16
  243. >>241
    それはアウトだよ。ここでは口にしない方がいい。
    ちょうど昨日だったか、ツイッターでJSF氏が
    「そんなに親米ならアメリカにいけばいいのに」
    的な事を言われてね。
    ソレに対して、
    「ちょっと親中的な事を言ったら中国に移住しろと言ってるのと立場は逆だがメンタルは同じ、
    外国人排斥運動より及ぶ範囲が広い、レイシスト以下の発言だ」
    と大層ご立腹だったよ。
    JSF氏はゲスな発言はどっち陣営だろうが怒る人だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:47:27
  244. >>241


    >>243参照。君がこの掲示板から今すぐ出ていけ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:50:35
  245. >>212
    >私は戦争の恐ろしさを知っているからこそ戦争は絶対に嫌です。
    >ある程度中国の言うことに従ってでも平和を維持したい。

     このブログを冷静に見てる人の多くは、戦争の恐ろしさを理解してるので戦争にならないためにはどうすべきかを現実的に考えています。そして現状では日本が日本の国土・領土は絶対妥協しないという態度を示すことが無用な戦争を起さないための現実的考え方です。
     あなたのような人が増えれば、日本は圧力をかければ尖閣諸島を放棄するだろう、そして次には沖縄、九州と野心は拡大していくものです。イギリスのチェンバレンが、ヒトラーに次々と譲歩していけばおとなしくなるだろう、と考えたのと同じことを引き起こします。
     あなたの考えはむしろ戦争を引き起こす可能性を著しく増大させるだけですよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 16:57:11
  246. >>245
    人の欲とは際限ないもので、
    踏み込む余地を与えればどんどん入り込んで来るんだよな。
    そうさせないためには、最初の一歩を踏み込ませない事。
    相手の鼻先・つま先とこちらのそれが突き合わされていれば、無傷でそれ以上踏み込む事はできない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 17:00:43
  247. >212
    >ある程度中国の言うことに従ってでも平和を維持したい。

    この考え方は、実は戦後憲法の精神を踏みにじっているのです。「平和憲法」の言わんとすることは、軍事力による威嚇、脅迫、恫喝を認めないと言うことです。彼我ともに認めないということです。
    自国が攻撃されたとき反撃するのは自己防衛です。自国が攻撃されそうになっている時、それに対して(恫喝に反発してではなく)防衛的手段に訴えることは、防衛戦争の範疇です。
    「ある程度中国の言うことを聞く」ということは、中国の軍事的恫喝を認めるということです。
    これは「平和憲法」の精神に反します。それを認めないというのが「平和憲法」の精神です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 17:28:29
  248. >>247
    そう言うとなかなかカッコイイな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 17:31:17
  249. >>212
    『平和』と『戦争』を対義語、ないしは相反する概念だと思っている時点で度し難いなあ。

    人民解放軍に蹂躙されているチベットの方々は、『戦争』をしているわけではないから『平和』ですか?
    飢え細る北朝鮮の一般国民の方々は、『戦争』をしているわけではない(休戦中)から『平和』ですか?
    クメール・ルージュに虐殺されたカンボジアの方々は、『戦争(内戦)』はしていないから『平和』でしたか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 17:42:24
  250. >>249
    そいうや普通に交流していた国同士が、前の戦争の終結を忘れてて慌てて平和条約を結んだなんて呑気な話もあったなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 17:56:19
  251. 自衛隊のぼったくり給料をアメリカ海兵隊以下にしてAAV7を買いましょう。
    韓国軍に劣る上陸能力の向上に役立てましょう。

    Posted by 正しい軍事知識を広めよう at 2010年08月20日 18:00:00
  252. >>223
    米が地球連邦軍特殊部隊ティターンズですか。
    中国はさしずめジオン公国ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:02:37
  253. >>251
    貴方はその前に、正しい日本語の使い方から始めなさい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:13:12
  254. ちょっと前に自称平和主義者がナイフで誰かを刺した事件があったっけ?
    自分の意見が正しいと思うなら徹底しなきゃ
    無防備だかなんだか意味不明なこと言ってるけど、そういう人は戦争になったら誰に助けてもらうんだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:30:18
  255. アメリカは黄海での訓練に空母派遣を取り止めた
    からな、中国の覇権主義は何も変化がないのに。
    おそらく、イランあたりの問題での取引が成立したんだろう。
    一方、台湾の馬は中国人留学生の受け入れで、中国の覇権主義を支援して、中国包囲網の打破に貢献しようとしている。
    その馬を支援してきたのがアメリカ政府。
    中国の覇権主義は順調すぎるな。
    尖閣のことが問題になることぐらい、アメリカは
    尖閣に関心が無いのだろう。
    米海軍艦船は尖閣周辺には殆どいかないのかもね。
    米空軍機は、尖閣でまだ、射撃訓練をしてるのかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:41:34
  256. >>254
    そういう人は、戦争状態になった場合を前提とすること自体を否定してます

    戦争にならないことが大事なので
    戦争になったときのことは考える必要がないそうです
    戦争になったときのことを考えること自体が戦争につながるそうです

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:43:57
  257. しかしアメリカにすがるしか自国の領土すら守れない日本って情けないな。
    自国の領土を自国の防衛力で守れない、守る意思の無い国って独立国じゃないなw
    アメリカに必死で「尖閣は日本の領土だよね?守ってくれるよね?」恥ずかしげも無く言える日本って惨めすぎだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:45:50
  258. >>256
    自分達が戦争に繋がる全ての事象を制御できると考えてるわけか。
    どんだけ傲慢なんだろうね。
    自分の力の及ばない、埒外の部分で戦争の引き金が引かれること想定してないのね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:50:32
  259. >>257
    んじゃNATO諸国も独立してないんだ

    へー

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:51:19
  260. NATO諸国に憲法九条あるのかい???

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:52:56
  261. >>256
    こういう人に対していつも思うんだけど、
    自分達が善良でありさえすれば戦火に巻き込まれることは無いって考えは、
    彼らの言う所の「善良な」朝鮮や中国、ホロコーストの被害者、アメリカに「蹂躙された」ベトナムその他の国々、
    などの立ち位置がよくわかんないんだよね。
    敵が「悪辣な侵略者」であれば、こちらがどれだけ平和を望んでも関係ないんじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:57:02
  262. >>260
    ドイツ憲法には侵略戦争を否認する条項が有りますな。高校の政治経済では教えますよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:57:03
  263. 憲法九条関係ないだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:57:31
  264. >>255
    公的なソースを見ずに勝手な願望ばかり書き込むのって楽しい?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:59:37
  265. >>260
    お前は突然何を言っているんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 18:59:47
  266. >>262
    そんな規定は世界中の殆どにあるが、だから何?
     憲法9条と同質の条項だと思ってるわけ?
     九条を変えようとしてる目的なんだけど、それらが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:00:55
  267. >>260
    お前は突然何を言って(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:02:43
  268. >>264
     間違っていたらどこか教えてくれよ。 
      全ての公式発表、報道に目を向けるわけには行かないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:03:46
  269. >>266
    ほほう
    では差異を解説願おうか?
    言い切れるなら、両方に精通しているんだよな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:04:39
  270. >260
    引用がないからようわからんが
    「アメリカ抜きでは成り立たないNATO」から
    話が飛びすぎなんじゃねの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:07:13
  271. >>269
     侵略だけを否定してるのが世界中の憲法。
      防衛のための集団的自衛権や交戦権を否定し、字義的には軍隊の保有自体を否定してるのが
    九条だけど。
     だから、それではまずいから、最高裁は統治行為論で実質的に修正したが。
     

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:08:44
  272. >>258
    間違えてるつーか、君の分を読んだ感想は
    「風が吹いたら桶屋が儲かる」

    こんな感じ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:08:49
  273. >>271
    誰がお前の感想文書けと言った?
    日本の憲法とドイツとの違いを、体系的に解説しろよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:13:38
  274. >>262
    高校では、憲法9条とドイツの憲法は同じだと
    教えてるのか?

     尖閣についてアメリカが消極的なのは事実だろうな、日米安保の条文に尖閣の防衛を明記すべきだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:15:47
  275. >>272
    ん?俺?
    ちょっとよくわからん。どこら辺が飛躍してる?
    自分で気持ち悪いから変な所あったら教えて。
    俺は
    彼らが
    ・戦争にならない事を考えるのが重要で
    ・戦争について考える事が戦争につながる
    と言う事は、自分達が戦争になった後の事を考えなければ、
    戦争を抑止できる(制御できる)と考えている・・・。
    と理解して、「それって傲慢じゃない?」という感想を持ったんだけど。
    どこか変かね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:15:53
  276. >>273
    それで十分だろうが。体系的な違いは関係ないだろうが。条文の違いだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:18:12
  277. >>274
    条文に個別の件について盛り込むのはどうかな?
    全ての懸案を網羅的に記載しなきゃならなくなるし、
    記載変更が間に合わないような突発事態が発生した時にも困る。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:18:41
  278. >>275
    違う違う
    風か吹けば〜ってのは、理論の飛躍を指す事じゃないだろ?
    一つ一つの可能性から、好きな選択を繰り返すと、変な結論になるコトを指す諺

    つまりそう言うこと

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:24:34
  279. ドイツの憲法がどんな内容だろうと、単独では自国の領土すら守れないよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:27:41
  280. >>276
    ハイハイ、お前のもう要らないや
    役立たず

    元々スレ違いだし、バイバイ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:27:58
  281. >>278
    俺が自分の都合のいい選択をしていると。
    そうかも知れん・・・けど、そういうのって自分じゃ分かんないんだよね。
    「自分で関知できる範囲で戦争状態を想定する事を否定しさえすれば、戦争にならないと考えている」
    っていう部分のどこら辺が「好きな選択」に相当するか、教えてもらえるとありがたい。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:31:13
  282. 自作自演大杉

    何も、2ちゃんの外でやらんでも・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:35:34
  283. >>280
    自分で少しは勉強しろよ。


    >>277
    日米安保の付属文書でもいいから、尖閣の防衛の記述を入れるべきだろう。
     

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:40:39
  284. >>261
    大いなる矛盾だけれども、誰も答えないよね
    そこに触れると発狂しちゃう人ばかりで

    「自分(達)が良い事をすれば良い結果がついてくる」式の理屈を盲信してしまうと「良い事さえやってれば悪い結果は起こりようが無い。だから悪い結果への備えなんて無駄」に変質してしまう

    自己啓発的道徳論としてはともかく、この手の理屈には限界があるような気がしてならない


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:42:03
  285. >>281
    うーん
    例えば君は空母の話から、尖閣まで書いてるじゃん?
    それって直接的な関係って、無いでしょ?
    要はその間を君が補完してるんだよね
    それ自体は別に悪いコトじゃないんだけど、その補完が余りにも多いと、まず結論ありきになり易いんだ
    んで君の書いた羅列群からは、そんな感じがしたってことさ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:46:10
  286. >>285
    ちょっとまって。
    俺空母とか尖閣とかそんなの書いてないよ。
    俺256を読んで、
    「ああ、そういう考えしてる人いるんだな。でもそれって・・・?」
    と思って258を書いたの。それ以前にもちょいちょい書き込んでるけど、
    この流れの部分では258から後だけだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:50:02
  287. >>279
    ドイツやドイツ以外の国々が集団安保体制を選択した理由として、「単独では守れないから」だけじゃ不完全だよ。
    そりゃね、自国の自主独立が守る可き最大の価値に違いないけれども、まだ戦争に至ってない平時に於いて、それを優先する余り自国経済の振興すなわち自国民の生活水準を犠牲に良いか?つったら、そうじゃない訳だ。
    要するに、戦争のリスクの増減に合わせて国防費を増減するし、また集団安保体制に参加すれば平時の国防費を節減できるなら、集団安保体制は非同盟=単独安保体制よりも得な選択肢になるって事なんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:52:00
  288. >>286
    ゴメン
    出先でiPhoneからチマチマした画面でやってるから、なんかアンカーの読み違えかなんかしてるかも


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 19:58:17
  289. >>288
    モバイルはそうなる事あるよね。
    まぁ分かってしまえばなんて事はない。キニシナイ!

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 20:00:29
  290. >262 そりゃドイツの憲法はナチスの反省から侵略戦争は否定していますけど、ドイツが侵略を受けた場合は国土防衛するという条文もありますよ、自分で調べず教師の言う事を信じすぎるのも残念な頭ですね…。 香港や台湾の尖閣諸島団体は資金繰りが悪化して活動できない状態できないという共同の記事が掲載されてました。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 20:49:16
  291. >>259
    イギリスは独力でもフォークランドを防衛する意思を見せて実際に戦争になったよね。

    そもそも、同盟国同士の紛争ってのもあるわけで
    >>287
    メリットはそうだがデメリットも考えなきゃ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 21:15:29
  292. 中国を刺激するような演習はいかがなものか?

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 21:26:23
  293. 民主政権になったら中国・朝鮮に妥協するばかりだ、と思ってましたが、意外と現実的に対応してて、
    おまけに離島奪還訓練までやるとは、逆に踏み込んでるくらいかもしれませんな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 21:31:27
  294. >292

    また涌いたか、恥的僧侶。

    はいはい、中華人民共和国万歳主義者はもっと物事を俯瞰的に見ましょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 21:34:03
  295. >>293
    ちょっと前に大チョンボやらかしたばかりですが
    ぶっちゃけ、むしろ官僚主導が進んでいるって言うか…
    政治の側に防衛の細かい所にケチ付ける余裕と関心が無いんじゃないか

    自民党=政府だった時は野党は反発したけれども、民主党政権になったら野党になった自民党は反発しない、反発しそうな左勢力は沖縄問題で騒いだ後はもう力残ってないし


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 21:43:49
  296. >>295
    防衛と言うか政治全般について余裕と関心ではなく能力がないとしか思えないなぁ。
    何が問題なのか分かってなさそうだし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 21:50:28
  297. 欧米リベラルの間に根強くあった中国幻想が
    もはや崩れつつある事を指摘する記事やらレポートが増えてる。
    日本でも政権交代したことで
    それまでの安全保障議論に必ず纏わり付いていた理想論が
    一つずつ打ち消されていく過程に入ったと言えるのかも。
    某友愛理想主義者が結局は海兵隊の重要性を認識するに至った過程と同じようなもんでさ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:03:53
  298. >>293
    日本に限らないんだけど、保守の長期政権から左派政権に切り替わった国って
    左派政権だと批判されると厳しいって意識が働く場合があったりして、
    国防とかの一部分野がそれまでと方針転換して妙に保守っぽくなったりするんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:05:40
  299. >>292
    この前に日本を刺激する演習を行った中国に言われても…
    それに、昔は弾道ミサイルを台湾近海に発射してたよなw
    刺激ってレベルじゃねーぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:06:58
  300. >292

    馬鹿かお前。これは奪還演習なのだから 、これを避難したら「ふーん中国は侵攻の意思があるのかい?」と藪蛇になるぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:11:12
  301. 反論出来無いからって、これまでの議論の経緯を無視した一行レスか・・・
    やっぱり自ら知的と称する輩に碌なのはいないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:12:28
  302. >>欧米リベラルの間に根強くあった中国幻想が
    >>もはや崩れつつある
    文革を見ても今の中国の行動を見ても、幻想を
    持ち続けていたことが驚異です。日本の場合は
    反日思想の支えして(これも異常)ですがね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:18:45
  303. >中国を刺激するような演習はいかがなものか?

    仮に中国が日本本土上陸作戦をやったら「中国を刺激するような抵抗はいかがなものか?」って言い出しそうな悪寒

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:19:14
  304. >>292
    アメリカと組んでアメリカに中国の領土的野心を非難させたベトナムは刺激どころの話じゃありません。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:21:10
  305. >>296
    では言い直そう
    関心も能力も無いと
    >>297
    それでも政権に直接参加してるわけではないこれまでの反権力はいまだ旧態依然な訳で

    まあ、今までの政権が親米だからなんとか違う主張をいないと埋もれるってこともあるけどさ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:22:11
  306. >逆に踏み込んでるくらいかもしれませんな。

    油断していると防衛予算一割削減で泣くハメになるんじゃないかと心配です。
    もっとも油断していなくても削減されるかもしれませんが(泣)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:25:37
  307. 拙僧は日本の死命を制する国は中国だとみている。戦前の日本もつまるところ対中政策の失敗が滅亡につながった。原敬や幣原のようなリベラルな対中政策を基本にするべきだったのだ。昨今の日本の対中世論は暴支膺懲を叫んだ当時の強硬論ににかよりすぎている。それを心配しているだけです。中国外交を誤れば日本は確実にまた不幸な目にあうだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:29:28
  308. >>295
    むしろ297氏の言うように、関心を深めてよく勉強してみたら、自分たちがおこちゃま理論をわめいてたと気づいた、というところが本当のように思うです。
    あとはオザワ氏が何考えてるのかだけがよくわからんところです。

    Posted by 293 at 2010年08月20日 22:30:47
  309. 思いやり予算丸ごと認めなかったらどうしようか

    防衛省には特定財源とかないからな
    道路特定財源だけで5兆円以上ある国交省が羨ましい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:31:20
  310. >>307
    妙な思い入れで中国に深入りしたから滅んだのですよ。欧米のように単なる利害で見ていたらそうはならなかった。それに、今のあの国は日本の領土を狙い、東南アジアにも警戒嫌悪されてますね。中国に抗議しなければ東南アジアから浮きますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:32:39
  311. >>308
    小沢氏は朝鮮人とか言う噂がありますが、どの程度信ぴょう性があるのでしょうね。でも、外国人参政権とか正気の沙汰じゃない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:34:18
  312. 小沢さんは政局と選挙担当でしょ

    むしろ今からでも気付いてるのか?という言動ばっかりだけども。
    と言うか気付いたとしても早々に忘れるんじゃないかって言う

    軍オタとは別の意味で右からも左からも嫌われてるだけよのうな…

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:39:04
  313. >>310

    日本の領土(ランドそのもの)は狙っていませんよ。現代は獲った獲られたの時代じゃありません。軍が動けばすぐにわかる。隙を見て奪うとか無理ですから(日米の情報収集能力を侮るなかれ)。中国はあくまで排他的水域や公海に戦略空間(中国軍の自由通行権)を広げたいだけです。
    冷静に中国を理解してください

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 22:41:33
  314. >>313
    尖閣諸島が日本領土でないとは知りませんでしたw 沖縄も出来れば領土にしたがってますし。大体陸の中国が何故そこまで水域を広げたり、東南アジアで領土問題で総スカンを食うんでしょうね。大体、中国に制海権を握られたらこちらが困ります。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:43:55
  315. もはや中国は大きくなりすぎた。今までのように中国本土及びその沿海に封じ込めるのは現実的に不可能。中国の第一列島線内部での一定程度の優越権を認めた(ただし明示的には無理。あくまで暗黙上)うえで、大国としての責任を追及するのが現実的にも筋道的にも良いだろう。他国との合意なしに一方的に資源を開発したり、軍事的あからさまな挑発はしないようお願いする。こういう粘り強い外交をしながら日米安保体制を維持するのが現実なんだろうな

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 22:45:44
  316. >313
    尖閣諸島は日本の領土だ。中国軍が上陸したら日米連合軍で叩き潰す。中国は永久に沿岸部を這いつくばっていればいい。貴様らに外洋に出る資格は無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:46:49
  317. >>313
    日本のEEZに重なるような中国の戦略空間を認めるわけにはいきません。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:48:07
  318. >>314

    中国は本気で尖閣を奪還する気はありません。あくまであの海域の自由通行権が目的です。資源などちっぽけなものです。もっと遠い目的があるのです。太平洋へのアクセス権です。その目的の前では尖閣そのものの価値なんて無きに等しい。
    それから一点注意しときます。中国の行動を好きだ嫌いだで語るのは全くナンセンスです。向こうだって日米安保を苦々しく思っています。ですがこっちからすれば、だから何?でしかないでしょう?そんなことを言いっぱなしで終わるのは建設的な安保政策の議論としては不適当です。現実論を話し合いましょう

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 22:50:57
  319. >315
    アメリカは既に南沙諸島で中国の侵略行為に立ち塞がる事を宣言している。現実を見据えなよ。それに加えて尖閣諸島は日米安保の対象となる事も宣言。これで東シナ海と南シナ海で中国はアメリカ海軍に封じ込められる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:51:13
  320. 「海洋領土」という中国の言い分を聞けば、海上も陸地の延長線上の感覚で捉えてるのがわかる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:51:20
  321. >>318
    尖閣諸島海域には大量にスマート機雷を仕込んであるので、どうぞご自由に通航して下さい。ま、無事には出られませんがw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:53:51
  322. >>313
    >現代は獲った獲られたの時代じゃありません。軍
    >が動けばすぐにわかる。
    似たようなことを仁川上陸後マッカーサーも言っていたが、その後30万の「義勇軍」の待ち伏せにあってたような...
    どんなに現場の情報収集能力が優れていてもそれを受け取る方がダメな場合宝の持ち腐れになる。
    冷静に観察するのは良いとしても「理解」はどうかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:54:18
  323. 台湾、離島奪回訓練で声明…「尖閣は固有領土」
    ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100820-OYT1T00917.htm

    中国:台湾に南シナ海の共同防衛打診
    ttp://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100819k0000m030131000c.html

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:54:21
  324. >>318
    価値がないなら。領有権を主張しないで下さい。
    日本にとっては貴重な固有の国土です

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:56:13
  325. 中国海軍の実力じゃ、太平洋に出るのは早過ぎる。お子様が背伸びしない事だ。忠告しておくよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:56:56
  326. >>318
    尖閣諸島を「奪還」?もともとあれは中国も日本領土と認めていたものです(1950年代の人民日報が沖縄県所属としている)。石油が出るようになってから領土と言い出したものですけど。それが自由航行権だけ?ガス田もその一環でしょうよ。
    私は好き嫌いで言っているのじゃありません。ロシアも嫌いです。でも、現実的には中国側がおかしいから警戒している。そして、東南アジアの話には一切触れませんね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:57:03
  327. >>315
    >94でいってた第一列島戦の確保、から意見が後退してませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:57:13
  328. >318
    >中国は本気で尖閣を奪還する気はありません。

    奪還? 侵略の間違いだろう、野蛮国が。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 22:59:09
  329. >>313
    言いたい事はわからんでも無いが、領海/EEZが単独では存在せず、あくまで領土周辺域にしか認められない、
    つまり領土と領海EEZが不可分である以上、陸と海を分けるその区別は無意味と言う他ないだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:00:29
  330. 今は中国政府としては黙っているが、墳青レベルだとロシア沿海地方もわが領土とか言ってるんだがねぇ。
    ちなみにこの戯言はあちらの検閲システムじゃ狩らないのな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:00:31
  331. >>318
    >中国は本気で尖閣を奪還する気はありません。
    どうかなあ。まあ、我々の常識からするとそうなのかもしれないけど、本当に彼らを「理解」できてるかどうかはわからないしねえ。
    朝鮮戦争のときも「中国は介入しない」って「常識」にしたがってえらい目にあってたし、ベトナムに侵攻するなんて「常識」じゃ考えられなかったし。
    いったんことが起きたら不可逆的に振興してしまう可能性もあるわけで、やはりしっかり警告し、監視し、保持しておくに越したことはないと思うけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:01:12
  332. もはや日米安保は中国の米国債カードが発動するまでの幻でしかない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:01:23
  333. 日米は尖閣を安保対象とし、この地に侵攻する敵は全て叩き潰すと宣言した。中国は尻尾を巻いて逃げ帰る事しか出来無い。これが抑止力だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:02:26
  334. ううむ。拙僧は中国人ではありません。中国のエージェントでもありません。中国政府の代弁を私に求めないでください。
    私は中国の現実的な大国化を率直に認識したうえで、現実可能な政策を主張しているだけです。安保政策を考える上で、相手がいくら憎たらしくても客観的に考察するべきです。中国海空軍を沿海だけに閉じ込めるのは物理的にも政治的にも不可能です。ロシア軍機が日本本土のすぐ目の前を毎日うろちょろしてますが、貴方達はそのたびにキャーキャー叫びますか?なぜ中国の活動拡大に過剰反応するのですか?

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 23:03:37
  335. >>318
    >中国は本気で尖閣を奪還する気はありません。
    一応聞いておこうか。貴方、もしかして尖閣を中国領だと主張するつもり? 中国側の主張を正当だと言うつもりか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:03:48
  336. >332
    米国債なら中国が放出した分を全て日本が買い取れば問題無し。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:04:16
  337. >>332
    米国債を売ったとして、それに換わる確かな通貨って何?
    ユーロ?
    東と南のヨーロッパに爆弾抱えている欠陥通貨
    日本円?
    BOJが金融緩和しないために独歩高になってるだけ

    市場のブローカーたちは喜ぶかもしれないけど、ブラフだと思うよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:06:26
  338. >>328

    くだらない言葉尻に拘らないでください。私は日中双方の行動を客観的に表現してるだけです。個人的には尖閣は日本のものかなあという気はしますよ。

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 23:06:28
  339. >>332
    何言ってるの?突然。
    幻ではなく、現在も毎年自動更新がなされている国家間契約だよ?一年以上前に破棄通告をしなければ、無効にならないでしょ。
    あなたのお国では、日付とサインの入った契約書が有効な手続きをとらずに幻になってしまうのかい?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:07:19
  340. >334
    ああ、物理的に封じ込めは可能と思ってるからさ。
    全盛期のソ連海軍太平洋艦隊の封じ込めに比べれば、
    中国海軍など赤子同然。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:07:26
  341. こんなに親米ポチが多いだなんて坂本龍馬が草葉の陰で泣いているぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:08:48
  342. >338

    頭の弱いアカは出て行け。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:09:06
  343. >>334
    物理的に封じ込めるために、南西諸島が重要なんじゃないの。だから尖閣を意識してるんだよ。
    海洋は封じられないが、海峡は封鎖できる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:10:17
  344. >>341
    先人を侮辱するなクズ。坂本竜馬が反米だった史料を出してみろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:12:13
  345. なぜ日本がそんなにアジアを軽視しようとするのかわからない
    福沢諭吉はとんでもない思想を日本人に植え付けたものだ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:12:59
  346. >>331

    ええ。ですから私は何も尖閣を放棄しろなどと一度も主張していませんよ

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 23:13:35
  347. >>345
    お前「学問ノススメ」をまともに読んだ事ないだろ。
    仮に読んでいたとしも、意味を理解できていないのは鉄板だな。
    ちゃんと内容を理解してから出直してこい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:16:20
  348. >>334
    不可能じゃないよ。ソ連だってデンマークやトルコや日本を通過しないとキューバやベトナムにいけなかったじゃない(北極海経由って手もあるかもしれないけど)
    素人考えでも航空機や艦船は無制限に移動できるわけじゃなく補給・整備・休養のために根拠地が必要でそれに縛られるのは分かる。
    南シナ海で国外に新たな根拠地を築く企図があったとしてもアメリカに傾きつつあるASEANが認めちゃくれないでしょ。
    むしろ、「無理だー」で投げちゃうほうが危険だよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:17:45
  349. 領土だの国家の主権だの、そんなものにいつまでこだわっているのですか?
    そんなものに縛られているから世界から戦争がなくならないのです。
    そろそろ国家や政府などという金持ちが労働者から搾取するためのシステムから離れて
    人民の未来のために進む道をよくかんがえてみませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:18:07
  350. 脱亜論では、まともな統治のできないアジアを見限れと言っているだけで、アジアを軽視しているわけではない。
    将来、アジア各国が先進国としての常識とモラルを身につければ、重要視するでしょう。
    でも、その条件はGDPや軍事力ではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:19:03
  351. >>334
    >中国海空軍を沿海だけに閉じ込めるのは物理的にも政治的にも不可能です。

    いいえ、沖縄本島〜南西諸島〜台湾のラインによって十二分に可能です。そしてアメリカ、台湾両政府は既に対中封じ込め政策に傾きました。
    中華人民共和国は、建国以来の対外膨張主義を捨てる以外に、アジア各国と共存する道は有りません

    >ええ。ですから私は何も尖閣を放棄しろなどと一度も主張していませんよ

    その割には、中国の主張に正当性を認めているのどういうことですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:19:11
  352. 皆さん多分に中国に対して恐怖心と嫌悪感を抱きすぎなんですよ。歴史的に見ればロシアのほうが日本に悪辣な事をしましたよね。どさくさにまぎれて北方領土を奪い、たくさんの日本人を抑留した。ですがロシアに対しては心の深い部分では大国として十分すぎるほど認めているから、いたしかたないかなという一種の諦めもあると思うんですね。しかし、中国に対しては今までの伝統的蔑視観が未だ払しょくできていないから恐怖と同時に、むしろそれゆえに蔑視観に根差した嫌悪感を露骨にあらわにしている。そういう歪んだ対中観をそろそろやめましょう。中国は明らかにロシア以上の超大国になりますよ。そういう中での現実的なアプローチを考えるべきです。中国の主張はある程度容認せざるを得ない

    Posted by 知的僧侶 at 2010年08月20日 23:19:36
  353. >>352
    だから、適度に改行してくれっつーのに・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:20:51
  354. >>349
    「現実をみれば?」
    国家による社会福祉や治安や衛生維持機能がなくなって一番困るのは非金持ちの庶民でしょ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:21:16
  355. 学問の進めは平等をうたった素晴らしい書ですね。
    その点は同意しますが、脱亜論はアジアに差別的で宜しくない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:21:32
  356. >>349
    いまじんーふぉーざぴーぽー
    ひまじんーおなーびんぽー

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:21:33
  357. >>352
    >中国の主張はある程度容認せざるを得ない

    「強いから仕方がない」が通用するには、その強国が覇権国としての責務を果たさなければいけません。で、我が国始め各国は中国にそれは「無理」と既に判断したんですよ。
    早い話が、もうアジアから信用されてないんです。中国って

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:24:20
  358. >>357
    「もう信用されてない」と言うためには、
    かつて信用されていたことが必須なわけだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:26:36
  359. >>352
    ま、それはあるよね。ロシアンはガチで野蛮人かつポエマーだって「知ってる」けど、中国人がガチで権力志向の策謀家って「知ってる」人少ないし。

    でも、夢があったときは生暖かい気持ちで居られたかもしれないけど、情け容赦のない現実の前に恐怖を感じずにおれない、ていうのがホントのところじゃあるまいか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:27:27
  360. >>358
    大唐帝国の最盛期頃の話じゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:28:11
  361. >>358
    確かにそうでした。訂正させていただきますw

    Posted by 357 at 2010年08月20日 23:28:26
  362. >>358
    いや、ヨーロッパの政府関係者(中国?よくしらない)は、あれほどの大国があんなに無責任だと思ってなかったらしい。COPでびっくりしたってさ。
    日本からすれば、今さら?だけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:29:23
  363. >>360
    いやいや大明帝国の最盛期の話では?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:29:47
  364. 中国に対する伝統的蔑視感ってなに?
    中国については最近が特にひどいだけで
    昔はすごい先進国だったっていうイメージがあるけど。
    中華帝国は東アジアの大国だったし。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:31:10
  365. 皆様に申し上げます。

    どうやら熱中症にやられたような残念な方々も見受けられます。
    良識ある紳士諸兄におかれましては広い心と生暖かい眼差しでスルーされることをを強く推奨致します。

    そして残念な方に申し上げます。
    ここは個人の開設したブログであり2chのような掲示板ではありません。
    ご自身の持論をブちたいのでしたら2chやYahooにスレッドやトピックを立てるなり、ご自身のブログを開設するなりして頂きますようお願い致します。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:31:53
  366. >>363
    いや大清帝国の最盛期こそガチでしょう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:32:28
  367. >>362
    20世紀初頭のアメリカを忠実に再現しようとしているのかもね。あの国も責任感に目覚めたのは1950年代に入ってからだし。それまでは権利を心置きなく主張していこうと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:32:38
  368. >>352

    矛盾してるよ
    346で「ええ。ですから私は何も尖閣を放棄しろなどと一度も主張していませんよ」と言っておきながら「中国の主張はある程度容認せざるを得ない」ときてる。
    ではそのある程度の主張が【尖角の割譲】だったらどうするつもり?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:33:53
  369. >>364
    今までの誰も、昔の中国を蔑視していないんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:34:30
  370. >>355
    あなた学問ノススメを読んだことないですね。
    学問ノススメで書かれているのは国際社会は弱肉強食、生き残るためにがんばって勉強しようって話ですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:38:18
  371. >>367
    問題は、中国がかつての合衆国に根付いていたような欧米流良識を持っているのか大変怪しいって事ですね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:38:41
  372. >>243
    はい?
    >そもそも共産主義を支持して何が悪いのだ?
    これは日本の社会システムを根本から否定しているだろ。日本に住んでいながらそのルールが気にいらねぇなら出て行けというのは当然の話。
    これは親米だとか親中だとかのレベルじゃないだろ。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:41:00
  373. 僕は日本にどこかのくにをおどすような国になってほしくない
    外国をこわがらせるようなぐんじえんしゅうなんてやめて
    もっとなかよしになれるようなことをしてほしい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:41:14
  374. >>352
    感情や主観で中国に対する嫌悪感を抱いているわけではないんだよ。
    客観的に信用できない材料がそろいつつある。
    それに目を瞑って、新しい世界とやらのために中国の思い通りにさせるというのは無責任。
    我々は良くても次の世代、その次の世代に対して私たちは責任を持たなきゃいけないんだよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:43:00
  375. 戦争でいつも犠牲になるのはよわい女性と子どもだ
    そんな戦争の練習なんかしてほしくない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:43:25
  376. >>370
    トーマス・ジェファーソンの宣誓だっけ?天は人の上に〜の下りは。
    現実は格差差別超酷い、その克服のために皆で勉強しようぜって本だよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:43:59
  377. >>375
    真っ先に犠牲になるのは現場の将兵です。軍人への差別はやめなさい

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:45:20
  378. >「中国の主張はある程度容認せざるを得ない」
    「知的僧侶」氏も要するに拡大の意図あるって認めてるわけか。
    あくまで非暴力不服従による抵抗や対話ではなくて、
    大国になるという理由でけっきょく覇権主義を容認して
    服従を強制してるわけだね。
    本当の僧侶や知的な人なら、こんなことは書かないだろう。

    >「中国が尖閣諸島に攻めてくることなどありえない」
    このエントリでのコメントはお花畑を装ったネタっぽいけど
    他のblogとかを流し読みしてるとガチな意見もポツポツあるね。

    でもけっきょく現実を見ると、中国は1980年代以降も
    ベトナムやフィリピン相手に実際に離島に侵攻して
    永楽紛争や赤瓜礁海戦を起こして、多くの人を殺めてる。

    海軍発展戦略での第一列島線とかでも、拡大戦略を普通に
    公式に発表しているし、最近も領海法や海島保護法とか
    整備して侵攻のための言い訳作りの下準備も着々とやっている。

    つまり過去の実績も現在の準備を見ても、やる気は満々なので
    「中国は何もする気ないよ」と考えるのは、そもそもかなり
    無理な話なので、普通に想定するべきことだろう。

    >ベトナムに侵攻するなんて「常識」じゃ考えられなかったし。
    中越戦争やカンボジア侵攻の時も、べ平連の小田某とかも
    マスコミにツッこまれて「こっちが理由を知りたいんだよ!」
    みたいな感じで逆ギレしてなかったけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:45:46
  379. >>371
    米国に根付いたとされる欧州流常識は一部の米国人から「お高く」とまっていて「腐り」はてていると思われていたりして、その後もマッカーシズムなどの紆余曲折を経て未だに「根付い」たかどうか分からない代物だからねえ。

    ましてや「四千年」の歴史をもつ誇り高く香ばしい中国人エリートに根付くかどうか...
    たとえ根付くとしても時間がかかると思うよ。

    それまで周辺諸国が中国人たちの独善と傲慢に我慢できるかといえば、ま、無理だね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:47:06
  380. 女子供の犠牲を減らすために戦争を抑止しようっつう話だろうが。
    ちなみに歴史上、占領されてからの方が犠牲が多い事例も事欠かないのだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:47:15
  381. >>355
    ちがう。
    「皆平等だとは言うけれど、現実には賢愚貴賎あるよね」→「勉強するしかねーな」
    http://www.slis.keio.ac.jp/~ueda/gakumon.html

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:47:38
  382. >>381
    意図的だかどうだかしらんが、天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らずと「いえり」を無視してるよな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:50:51
  383. >>378

    ハンドルネームにマジ突っ込みは良くない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:53:27
  384. >>382
    ってか、なんで「学問のすゝめ」というタイトルなのかを
    疑問に思わない355はどうかと思う・・・
    釣りだとしても、ここで出すにはあまりにも頭が悪いと言わざるをえない。

    #話がそれたのでここらで打ち止めにしたいなぁw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:54:23
  385. 331のコメント書いたものですけども
    >>378
    >中越戦争やカンボジア侵攻の時も、べ平連の小田某とかも
    >マスコミにツッこまれて「こっちが理由を知りたいんだよ!」
    >みたいな感じで逆ギレしてなかったけ。
    そうそう、だから「常識」って怖いんだよね。
    あなたみたいに冷静に事実を収集して判断した結果が「常識」と重なるなら問題ないんだけど、その時々の「流れ」とかに押された「常識」って後代から眺めると「先入観」と同義語だったりするからねえ。
    318氏の「理解」がおぼろげに危うげに思えたものですから少し長いコメントになってしまったんですけども、318氏が何らかの確かな事実なり分析なりに棹差してるのなら、それを提示されないとやはり危ういなと思いますね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月20日 23:57:57
  386. >>352
    中国に対してのみ嫌悪感があって、ロシアは大国だからしかたがないと思っているというのはユニークな視点ですがそれはあなただけの思い込みのように思います。
    少なくともロシアは北海道はロシア領だとか主張してないので、現在以上に領土を拡大するような動きはまだありません。しかし中国は地下資源の存在が明らかになると急に尖閣諸島は中国領だと言い始めたり、日本の経済水域で軍事力を背景に掘削を始めたりして領土的野心満々のため自国の領土・資源を保全するために警戒せざるおえない状況になっています。このような帝国主義的国家に譲歩すれば際限なく要求を増やしていくだけで国家として自殺行為になります。
    中国がこのような拡張政策を取らなければアジアももう少し平和なのですが、現実はフィリピンから米軍が出たらスプラトリー諸島を奪うとか現在の国境線を守る気はまったくないことが分かります。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:03:31
  387. 近代日本の対アジア観がアジアと連帯して教導すんぞー! ってのと、アジア捨てて欧米の仲間いりするもんね! の間を振幅したっつー話を(ry

    しかし、こんだけ国力が斜陽化してくると
    日本型ゴーリストなんてのも辛いご時世ですな。

    アメリカの国力の変遷と共に対外コミットメントをどの程度整理するかってのも議論になるんだろうねえ。

    地政学的にも米軍がコミットメント縮小する時の第一候補たる半島南部は今の政権になってからそのあたり賢明につなぎとめやってますな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:04:21
  388. 207

    中国が持っている米国債は短期債であって売ってもドルにはほとんど影響ないよ。
    日本が持っている米国債は長期国債だから、売られると円高が進みまくるよ

    その程度 はてサヨ以外は理解できると思うんだけど…


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:05:57
  389. >>387
    李承晩と盧武鉉で懲りたんでしょう。

    発表されたドクトリンの防衛範囲に入っていなかったがために北に進攻された歴史がありますから、そこのところは敏感なんだと思います。

    それにしてもわが祖国は...

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:08:36
  390. >こんだけ国力が斜陽化してくると >それにしてもわが祖国は...

    日本はまさに今が絶頂でしょ。
    最低級の労働者が、東京都の最低賃金781円で1時間働けば、安全な水と牛丼3杯食える。こんな時代が今まであったかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:15:37
  391. >>390
    お若いの、最低級の労働者が引く手あまたで、忙し
    くて精をつけたいからと焼肉屋にわんさかきていた
    そんな昔もあったのじゃよ。
    ああ、もう少し早く生まれていればなあ...

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:24:40
  392. >353
    >だから、適度に改行してくれっつーのに・・・

    そんな事したら中身が薄いのがバレるじゃないですかw
    ここまで頑なに改行を拒むってことは、読みづらくすることで誤読を誘ってるんでしょう。
    「意図的に曲解された。」とか被害者面出来ますし。

    >352
    >そういう中での現実的なアプローチを考えるべきです。
    >中国の主張はある程度容認せざるを得ない

    大国なら何をしても良いと言うものではないし、「現実的なアプローチ」と言うのならば、何が「現実的」だと考えているのか自分の考えを述べれば良かろう。
    日本人であるなしに関わらず、まともな人間なら到底受け入れられる筈がない内容だから言い出せないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:25:13
  393. ロシアを引き合いに出して何か面白いことを言ってるつもりになってる奴がいるが、ゴルバチョフ時代より前のソ連に対するイメージって今の対中感情なんて比較にならないほどの恐怖に満ちていたのを知らないのか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:25:52
  394. >>390
    ごく普通の子供が自分の小遣いでそこらのコンビニで肉まんやフライドチキンを気軽に買って頬張れる世の中。
    語弊を恐れずに言うと、有史以来屈指の社会と文化ですよね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:28:55
  395. 最低賃金とかそれでも○○よりはとか言い出したら本格的に終わってると思うよ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:52:06
  396. >>391
    そらバブルだったときでしょ。
    そっちのが異常だよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:54:51
  397. そもそも、今の時代、子供を養っていける経済力のある家庭はそれだけで勝ち組の時代

    いや、本当に素晴らしい時代ですなあw

    中越戦争やカンボジア侵攻の時も、べ平連の小田某とかも
    マスコミにツッこまれて「こっちが理由を知りたいんだよ!」
    みたいな感じで逆ギレしてなかったけ。

    連中はちっとも進歩してないな

    結局、実際にコトが始まったらこういう醜態を晒すんだろうなあ

    拉致問題の時もそうだったしな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 00:58:28
  398. >>396
    それが異常だと切り捨てられる事が、不況が長引いたせいだな

    景気が悪い時も良い時もあるけど、日本はバブル意向「良い時」なんて無かったからな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:00:44
  399. どう考えてもバブルのときが絶頂だったな

    って何の話してるんだよ

    >>398
    景気自体は良いときもあった。広く波及しないだけで。
    米国やEUも、今後は「雇用なき景気回復」「実感のない経済成長」になるだろうと戦々恐々しているようだな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:06:55
  400. >>394
    ブラジルで作ったチキンが地球半周を旅してなお安定して安価にコンビニに並ぶのも、
    海洋覇権国家日本の物流と決済が世界的信用を得ている証拠ですかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:30:47
  401. >>398
    バブルの最後の頃だけど、朝7時にはもう家に居なくて、退社するのが24時過ぎだったよ。
    ほとんどサービス残業でな。
    それが良い頃だったっていうのかい?
    確かに給料は良かったのかもなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:32:12
  402. 一人当たりGDPの高さといわゆる幸福度調査の結果は比例しない。
    それどころか3万ドルを越えたあたりからは減り始めるとすら言われる。


    初めてテレビを見たときの感動や、白黒からカラーに変わったときの感動は、
    いくら薄型テレビの厚さを薄くしても得ることは出来ないが、
    テレビの厚さを1mm薄くするほうが遥かにコストがかかってるし、GDPに貢献しているのだ。

    だいたい穴を掘って埋めるだけでもGDPは増やせるし、
    金融工学のマジックで巨額の利益を上げればGDPは一気に増えるけど、
    これじゃ生活水準は何も変わらない。
    「穴を掘って埋めたことにして」お金を配っても実は同じだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:35:13
  403. >>401
    失業して分かるよ。それが良い頃だったって。
    再就職しても給料3分の2が御の字。
    正社員で残業してちゃんとお手当てついてた頃
    が懐かしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:36:56
  404. 長労働時間が同じなら給料はよいほうがマシに決まってるわな
    身分が安定しているかでも違うし、
    クビになってもすぐ仕事が見つかるかどうかでも違うだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:40:53
  405. >>399
    その数字の上ですら「悪い時よりマシ」というだけで、元からのびしろがある途上国はもとより他の先進国よりも明らかに劣っているがね


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:51:18
  406. まあ、仮にも世界有数の経済大国になったんだから
    衰退してもほどほどのレベルは保つでしょうけどね
    人口バランスが酷すぎて社会的閉塞感がひどいけど


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:54:13
  407. 別に30年前でも子供の小遣いで駄菓子くらい買えたわい

    先進国は、そのうち医療費抑制のためにフライドチキンに税金かかるかもしれんぞw

    つーか、インドなどの途上国では、ファストフードしか食えない低所得層で肥満が急増しているという現実

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:56:15
  408. >>402
    ソ連崩壊後のロシアみたいな事をみればそういうことも言ってられんよ


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:56:39
  409. でも仕掛けられない為にもアメリカの立場、後ろ盾がやっぱり欲しい気が この塩梅だと台湾はかなり危ういのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:57:01
  410. >>406
    甘いよ…本当に甘い


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 01:58:38
  411. 401ですが
    バブルの頃どうだったかとかはスレ違いでした
    すみません


    Posted by アシュラ王 at 2010年08月21日 02:02:45
  412. >>409
    台湾の現実は未来の日本の現実かな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:04:39
  413. >>387
    アメリカが海外コミットメントを減らすなら第一候補はヨーロッパだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:15:26
  414. >>410
    日本人って勤勉で教育の質も均質かつ堅実だから
    実質年2%位効率が上がる。
    でも名目がこれを上回らない場合、貨幣で見た収
    入は企業も家計もトン。
    給料が全面的かつ均質に下がらない限り、どこかで
    必ず失業者が生まれちゃう。
    失業者=需給ギャップだから、産業設備が常に余剰
    というろくでもない状態になる。
    余剰な産業設備は廃棄されちゃうから長期的に衰退トレンドが加速する。
    したがって甘いという理解でいいの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:15:50
  415. 中国が経済成長しているうちは別に問題ないんだよ、大きな戦争はないって意味でな
    問題なのはバブルはじけて一気に経済が停滞し始めた時。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:17:05
  416. >>お坊さん
    あなたは122で、中国が日米とやりあうには軍事力が小さすぎる。中国自身もそれを判っている。だから日本に対して武力行使はしない。と主張していますね?
    一方334と352では、中国空海軍を沿岸に閉じ込めることは物理的に無理。中国はロシアを超える超大国になる。と主張しているわけですが・・・

    日米で沿岸に閉じ込めることができない、ロシアを超える超大国が、日本に対して武力行使をしないと考える根拠をぜひ伺いたいですね。

    中国を脅威と捉えるな、共存しろ。
    といいながら
    中国は強大だ(あるいは強大になろうとしている)、妥協せざるを得ない。
    と主張されても理解不能としか言えません。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:23:04
  417. ウルグアイって昔は福祉国家と呼ばれてたんだぞ
    アルゼンチンも世界一豊かな国だと思われていた

    どっちも没落して、1割の富裕層の生活はあまり変わってないが、6割ぐらいいた中産層は貧困層に化けた

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:23:58
  418. 日本インド化計画だな。
    まあ、インドがずいぶん変わってきたけど。

    幸福度だったら、バヌアツ化すればいいさ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:25:36
  419. 90式で砲口内破裂の過早発事故があったようだ。
    これで総火演習で90式の射撃はなしだな・・・。
    スレ違いですんません。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:26:25
  420. 記事と何の関係のない話をしている者は等しくシベリアに送られ、T-72神の素晴らしさを噛み締め、妥協無く自己批判すべきではないでしょうか。
    Объект

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:31:12
  421. 上の方で台北の反応って話が出たけどまあこんなもんか。
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100820-OYT1T00917.htm


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:33:03
  422. >>413
    つい最近のアジアとヨーロッパの基地削減の記事で一番多く記事で指摘されたのは日本の基地削減しろだったぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:43:32
  423. 潜在成長率が高いうちはバブル崩壊は問題にならない
    公共投資や企業の投資が引き続き積極的に行われ、適度のインフレで債務は時間と共に軽減されるからだ。

    過去15年間に経済が破綻した国の殆どは、1-2年ほどマイナス成長を記録したあとV字回復し成長軌道に復している。

    中国の不動産バブルや株価バブルは、一度崩壊済み。
    当時ぬか喜びしていた人たちはどこへ行ったのか…

    中国は、人口動態から見てあと20年はこの状態を保てるだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:47:07
  424. 中国バブル崩壊論は妄想希望的観測。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 02:49:13
  425. 経済の話は反応した俺もバカだった

    希望的観測や精神論とかやられるともう何も言えないからもうやめたい
    話題違いもいいところだし

    ただ、相対的国力の差がつけられるに従って防衛的にもやりにくくはなるだろうな
    >>422
    ソースくれ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:01:07
  426. 台湾は完全に中国に自ら組み込まれると考えていいな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:01:25
  427. >>426
    馬は親中派と言われているがそこまでの事はやってないよ

    防衛に苦しんでる事は確かだが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:03:37
  428. >>425

    Panel Looks at Closing U.S. Air Force Overseas Installations
    http://www.defensenews.com/story.php?i=4746319&c=AME&s=TOP

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:13:26
  429. >>427

    >上の方で台北の反応って話が出たけどまあこんなもんか。
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100820-OYT1T00917.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:14:20
  430. 中国:台湾に南シナ海の共同防衛打診
    http://mainichi.jp/select/today/news/20100819k0000m030131000c.html

    >一方、中台関係の改善は、日本、中国、台湾が領有権を主張する東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)に関しても状況を変化させる可能性を秘めている。
    >総統府直属のシンクタンク・中央研究院欧米研究所の林正義研究員は、馬政権が尖閣諸島は日米安保条約の適用対象であるため、中国との協力は避けていると指摘。
    >しかし「中台関係の改善によって、過去には考えられなかった中台の防衛協力の可能性が排除できなくなった」と指摘する。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 03:20:10
  431. ソースは毎日…
    って言うか本当にそうなると日本との関係が悪化する事位台湾もわかってるからその記事みたいな反応なんだろ

    >>425
    記事が指摘してるのは本当みたいだけど実際に提案されてはいないんじゃないか?

    まあ、本当に削減されるならいよいよ「その時」が来るかもね

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 04:21:49
  432. 三沢の飛行隊は撤退すると何度も記事が出てるし、アメリカも撤退したがってるんじゃない?
    基地は残るだろうけど、航空基地としては自衛隊だけになる可能性は高いんじゃないか?
    イラク、アフガンに出っ放しで日本にほとんどいないんじゃないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 04:37:24
  433. 日本の基地は中国に近すぎるからグアム、ハワイ、アラスカ辺りまで引き上げたいって希望はあらゆる所で意見として出てるしね。
    閉鎖出来るなら閉鎖したいだろうし、閉鎖しなくても飛行隊や部隊は出来るだけ中国より遠い位置に逃げたいんじゃないかな?
    ついこの間も日本が攻撃されたときを想定して、インドネシアに横田の輸送機を避難させる訓練をやったという記事が出てたよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 04:40:56
  434. 日本はソ連に近すぎるわけですが、それで撤退したとか聞いたことないな…


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 04:44:35
  435. まあ、上の方で中国は大国、日本はしがない小国だから米国にすがるしかないみたいな論調がでるにつけ失われた20年っていかに大きいかってのがわかる

    当時の日本が例え行き過ぎた好景気はいつかは終わって不況が来るとわかっていても、これ程酷い国に落ちぶれてしまうとは誰が本気で考えたか

    つーか今の世代はもう知らないか

    こりゃナンバー3の座もいつまでもつかわからないな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 05:37:26
  436. 中国に近すぎるのは日本ではなく沖縄だ

    北海道はソ連に近すぎたので三沢に米軍がいる

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 07:06:46
  437. 一応、ゴールドマン・サックスの予想だと2050年までにブラジル、インド、メキシコ、ロシア、インドネシアに抜かれることになってるな。

    人口は9000万くらいで高齢者が4000万くらいだっけか
    凄まじいなw
    俺は生きてはいないだろうが

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 07:29:25
  438. 高齢者が人口の半分になる前に平均寿命が下がるだろ、常識的に考えて。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 08:32:49
  439. インドが成長するんでナンバー4はほぼ確定。
    それ以外の国はよく分からない。

    つーか、日本が世界最大の経済大国だった時期があったてのが信じられん。
    大して努力しなくても、特別なな能力がなくても誰もが金を稼げた幸せな時代。
    そういう時代に生きた、生きてしまったことが、いわゆる団塊世代の国際認識が甘い傾向にある理由なのかもな。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 08:41:49
  440. 管理人より警告。


    >軍事記事で完全に無関係な経済ネタを他人に説教している馬鹿もいるし・・・
    >気付いた時にはコメント数が多過ぎて削除処理するには遅過ぎたし(面倒)。
    http://twitter.com/obiekt_JP/status/21528299882

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 09:07:28
  441. >>439
    いちおうバブル絶頂期でもアメリカのGDPを超えたことはないんで世界最大の経済大国だった時期があったってのは間違いだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 09:19:45
  442. 黄海での韓米合同対潜演習、米原子力空母は参加せず
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2010/08/20/0200000000AJP20100820000700882.HTML

    ヘタレめ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 09:38:21
  443. >442
    演習の目的や事態の緊急度を考えれば妥当。
    1996年の台湾危機並に緊迫している状況じゃないし、そもそも「すごい兵器」を持ち出してきたかどうかだけを気にするのは発想として歪んでる。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 10:03:53
  444. >>435
    ここは日本オワタ論者の演説会場じゃない。これ以上自分の願望を喚き散らすな
    悲観論者=現実主義者だと思ったら大間違いだぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 10:15:11
  445. >>443
    先の日本海演習の前もそうだったけど、一回「黄海に空母出すよ。国際法上の権利があるんだから」って報道官が言っておきながら、やめますってのはどうかと思う

    ホワイトハウス内で穏健派と強硬派が鞘当してるのか、
    最初から計算ずくの外交演出なのか知らんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 10:16:13
  446. 中国と冷戦になる事は無いでしょう。
    ソ連と経済関係はほとんど無かったですしね。
    黄海での訓練にジョージワシントンを派遣出来ないのは、中国の意見を聞かざるを得ないという今の力関係なのでしょう。
    アメリカが何時までも尖閣諸島を明言を避けつつ、一応安全保障範囲内と、言い続けるとは考える無い方が良いでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 11:08:17
  447. >>446
    >中国と冷戦になる事は無いでしょう。
    軍拡や情報工作などなど・・・
    既に冷戦(というか準冷戦)は始まってる気がするけど?
    中国が衛星を勝手に破壊したり、新型の戦略原潜建造を急ピッチで進めたり、空母保有を目指したり・・・
    少なくとも軍拡は始まってるな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 11:15:48
  448. て言うか極東の冷戦構造がソ連から中国に移っただけじゃない。中国は今も相変わらず軍拡してるし、それに合わせて殆どの東〜東南アジアの国が軍備拡張を余儀なくされているんだが

    >>442
    黄海の演習は対潜水艦訓練が中心で、空母が出張る意味がないんじゃない?対潜哨戒機を出す為だけに出張るのもどーかと思うし

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 11:20:58
  449. >>446
    誤字には気を付けた方がいいですよ

    >ソ連と経済関係はほとんど無かったですしね。
    ご冗談をw 冷戦中の米ソは食糧や軽工業品を中心に密接な経済関係がありましたよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 11:27:07
  450. >445
    いざ本番って時に黄海に原子力空母をすんなり入れられるかどうか分からないと考えれば、演習も原子力空母抜きでやっておいた方が効果が高いと思うのでこのニュースはあまり奇異に思わなかったのです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 11:47:38
  451. >>446
    冷戦中のソ連といえど、米中対立中の中国といえど、米国からの穀物輸入なしにはやっていけない。
    中国もソ連も非常に高コストで自給を目指した時期もあったがあきらめた。
    それだけ米国の穀物生産性がよい。破壊的に。フランスぐらいか?アメの穀物に依存してないのは。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 12:31:28
  452. もう戦争はたくさんだ
    対立しているアメリカと中国を巻き込んだ東アジア共同体を作って一体化すれば解決するんじゃね?
    場合によってはロシアも巻き込んで

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 13:31:07
  453. >>452
    戦争もイヤだが、価値観や常識の違う連中と同じ制度を運営するのもイヤだ。というのが大半の人間だから。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 13:54:17
  454. この手の話題で、いつも経済の話に脱線するのは
    日本の比較優位が経済だけしかないと思ってるから
    政治や外交に脱線しても、いつもの空想平和主義だ自主国防だのテンプレくらいしか話す事が無い


    悲観論者は勿論、悲観論者批判派も
    防衛予算も、結局は経済が良くないと税収が上がらずつかないから

    それでもまだ要素技術レベルでは優位にある事もある
    >>447
    戦争になる事も、所謂冷戦状態であることもないが常に「戦っている」ような

    スパイとかそういう意味じゃなく、いろんな国の動向について調べてるからな。

    まあ、日本人も一緒だけど調べた情報を自分物差しでしか測れないって気質はあるな。(どこも一緒かもしれないけど)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 14:26:06
  455. >>452
    東アジア共同体を作るのは構わんが、加盟国のどこかの国が攻撃を受けたら日本も参戦しなきゃいけないんだがわかってるのか?
    日本は量はともかく質ならアジアトップクラスなんだぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 14:38:43
  456. >>454
    日本の比較優位が経済だけしかない
    他に何があるんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 15:14:06
  457. http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-oe-bosco-china-20100820,0,2337539.story
    LAタイムズの台湾防衛を曖昧にするなという記事で、台湾人書き込みがある。
    実際台湾人かどうかわからんが。
    I am a Taiwanese originally, I am not taking sides. I thanks you for your paying concern of Taiwan. However, I can guarantee you that China unlikely will attach Taiwan as long as Taiwan does not make deliberately willful provocation. Now, the real matter, such as attack or territory aggression, concerns Taiwan that will more likely come from Japan than China. As Japan is using America’s desperate desires to contain and control China to build for itself a ground of legitimacy for its secretly harbored goals of military, political and further economic expansion as well as territorial aggression, as driven by its traditional phobia about its own deficiencies as a nation.

    かなりがっかりですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 16:34:47
  458. >>452
    そして、その中でどこが共同体の主導権を握るのかをめぐって覇権争いが始まるわけですね。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 16:39:23
  459. コメント数の所がバグってないですか?
     Comment(3) になってるんだけど、
    俺のパソの方がおかしいのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 16:47:20
  460. 台湾を中国と共に尖閣諸島強奪に動く勢力と見るべきではないか?
    中国と台湾は尖閣諸島付近の油田ガス田の共同開発をおきなうなどと、勝手に取り決め交わしてるんで、今後共闘して開発に着手する可能性もある。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 18:33:51
  461. 演習管個蛋用?釣魚島本來就是中国的領土,真不要臉。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 18:35:08
  462. 演習管個蛋用?釣魚島本來就是中国的領土,真不要臉。

    と運動制御の卵?釣魚島は中国の領土をされている、私は考えている

    後ろの方はまあ分かるけども、最初の?までは何て訳すのが正しいんだろうね

    Posted by 機械翻訳 at 2010年08月21日 18:46:01
  463. 462樓翻訳的好搞笑。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 18:52:56
  464. >>459
    稀によくある事なんであんまし気にしなくていいかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 18:56:23
  465. >457
    そりゃ、色んな考えの人がいるだろう。自国のことを振り返ってみればよいw
    外省人なら、尚更のこと。
    あと、極論すれば台湾防衛は日米の利益のためであって、台湾人自身の意思すら無関係だったり。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 18:57:47
  466. >>311
    ウワサの類いをいちいち考慮していたら、メディアを鵜呑みにするより遥かにタチの悪い阿呆に成り果ててしまいます。
    今のうちに考えを落ち着かせた方が・・エラそうでスミマセンが。
    とりあえず、
    彼が日本国籍をもつ日本人である事、
    その他の日本人議員でも外国人参政権を推進する人は少なくない事、
    を事実として認識し、粛々と反対し、理論武装するのが良いと思います。
    オザワ氏は自民党の中心に居た頃、当時まだ3%だった消費税を「即座に10%にして、所得税を排除すべき」と述べてとんでもないバッシングを受けた人。今となってはその卓見恐るべしとも言えるのですが。
    その人が今回は「消費税を上げるなんて言うから選挙に負けた」と発言。なんとも不気味です。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 19:08:15
  467. >>457
    どうも、北京在住の「自称台湾人」のような気がしてなりませんがw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 19:15:09

  468. >>456
    軍事で言えば、要素の技術(複合材の技術とか)後はアジアで言えば量はともかく質は高い
    (今は相対的層でもなくなりつつあるが、それでも比較して優位であるとはいえる)

    後、生きていくうえで必要のないものは比較的安い
    (東京や大阪のレストランのレベルは世界的に見ても高いが生鮮食料品などは高価)

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 20:03:10
  469. >>467

    そう思い込みたくなるんだろうな、日本としては。



    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 20:11:28
  470. >>469
    えーと、どこの国からカキコですか?ご苦労様ww
    韓国人と中国人は、世界中でこの手のなりすましカキコをするってんで有名になってますよ。
    キーワードが共通してるからすぐわかるって。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 20:56:13
  471. 海洋権益保全のため、25の離島を国有化 北方4島、竹島、尖閣諸島は既に所有者が居るため除外

    http://logsoku.com/thread/kamome.2ch.net/news/1282365823/

    これって竹島、北方領土放棄か?
    もしそうならとんでもない事だぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 23:23:28
  472. >>471
    どこかの馬の骨に買われる前に国有化ってだけでしょ。
    別に今までの国としての方針が変わるわけじゃない

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 23:31:15
  473. >>466
    噂で動けないのは分かっていますが、ネットをしないうちの母までが「朝鮮人の顔」と言い出したんですよ。子供の頃近くに朝鮮人が住んでいたんです。
    確かに日本人でも推進する人が居ますから、慌てずに理論武装したほうがよさそうですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月21日 23:32:09
  474. >>473
    明治初期の人物の写真などを見ても、朝鮮顔と言えなくもない人がいたりします。
    古代以来、ある程度人の行き来があったのですし、当然の事です。
    日本国籍をもっているか否かが日本人であるかどうかの判断基準であり、それを揺るがすのは、アメリカインディアン以外のアメリカ人を認めないのと同じくらい、現代においては良くない事です。
    そこを踏まえた上で、理論武装です。
    「売国奴」だの「異民族の横暴」だのと叫んで、誰が耳を貸すでしょうか?ほとんどの人は離れて行きますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 00:38:24
  475. 日本のために働いてくれるなら大歓迎ですが、日本を蔑みたいだけなら日本からでて蔑んでくださいと言いたいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 01:37:44
  476. それと外国人参政権は必要ないし、投票したいなら日本人として生きる覚悟のある人に投票して欲しいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 01:39:05
  477. 心配しなくても小沢は嫌われている

    売国奴だからじゃなくて、政治手法が古い自民党政治家そのものだからだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 01:50:44
  478. >>476
    基本的に、推進派の言い分は
    1. 日本国に税金を払っているし、それはすなわち日本のために働いているということ。また日本に生まれ育っているし、日本を蔑もうなんてとんでもない。ただ民族のアイデンテティを保ちたいだけである。
    2. 日本人として生きる覚悟は無いので国政には投票しない。

    といったところでしょう。また、韓国での外国人参政権の存在を引き合いに出し、「相互主義の観点から」日本在住の外国人にも参政権を、と言っています。これはつまり、日本に永住資格をもつ外国人全てが対象であるというタテマエになっています。

    あなたの「外国人参政権は必要ないし」ではダメで、なぜ必要ないのか、彼らの論理の矛盾点はどこなのか、きちんと論破できないといけないのです。
    「ゆくゆくは国政に広げるつもりなのは明らか」という反論は、現段階で彼らが国政への参政権を掲げていない以上、意味がありません。

    理論をきちんと整える事を、面倒がってはいけません。

    >>477
    その割に民主党代表選挙は党を二分する勢いですが。
    どうも私には、彼が不気味でならないです。
    明らかにただのボンボンだった鳩山前首相と違って、どうも・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 02:18:30
  479. エントリーから話がハズレすぎました。もうやめます失礼しました。

    Posted by 478 at 2010年08月22日 02:20:57
  480. >>478
    民主党内では人気がある
    政党内部の力学と、世論の支持とは全く違う。
    自民党とか他の党でもこういうことは良くある。
    組織には付き物の病というか、代議制の弱点というか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 02:23:51
  481. >>455
    EUに共同防衛義務(集団安全保障)なんかないぞ。
    オーストリア、スウェーデン、フィンランド、アイルランドはEU加盟国だがNATOには参加していない。
    セルビアはEU加盟を希望しているが、NATOについては曖昧。
    スイスにも経済危機を受けてEU加盟の話があるが、中立をやめる気は無い。

    共通防衛政策はあるが、人道支援や平和維持活動、テロ対策のためのもの
    これも最近のリスボン条約で出来たものに過ぎない。
    その際には、条約を一度否決したアイルランドで、中立政策を損なうものではないことが強調された。


    個人的には、日本や米国の足場を築いておかないと、東南アジアも中華経済圏になし崩しに飲み込まれるのではと危惧している。
    元々東アジア共同体は、そういう懸念からマハティールが言い出した構想だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 02:26:18
  482. > 次官補は「尖閣諸島の領有権についての米国の立場は示さない」とする一方、
    >(1)尖閣諸島は日本の施政下にある
    >(2)安保条約5条は日本の施政下にある領域に適用される
    >−−と指摘。その上で、「条約が尖閣諸島に適用されるかと問われれば、そうだ」と語った。

    これは、たとえ日本が北方領土と竹島の奪還をしようとしても米軍は協力をしないという事だな。
    まあ日本自身がそんな事はしないだろうから、これはいいのだが…
    例えば、尖閣諸島を中国が占領、その後、施政を行うとの宣言があった場合はどうなるんだろううか?
    基本的には日本に協力してくれるだろうが、情勢によっては、「いや、米国、米軍は中立だよ」と言い出さないかな。


    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 20:15:49
  483. >482
    ごめん。
    (中国侵攻を開始して)それ(占領)までに日本が何もしないという前提が理解に苦しむ。

    何もしなけりゃ米軍は腰をあげない''かも''しれないけど
    自衛隊と中国軍がぶつかれば記事にあるように手出しさざる得ないでしょ。
    各国に基地をおいてる米軍側の信頼問題としても。

    日本側が手をださない理由に竹島や北方領土を根拠にあげる人がいるけど
    日本が本当に領土に対して執着がなかったら、竹島や北方領土に関して協議は一切行わないだろうし
    (実力行使しないのはそれらを失うわけにはいかないけど、
    血を流してまで得るものが少ないからからでしょう)
    外務省の報道官が18日の記者会見で尖閣諸島は〜なんて言わないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月22日 21:38:17
  484. ちょうど西普連を取材した杉山隆男氏の「兵士に告ぐ」を読んでる途中だったので感慨深いニュースだ。
    しかし、冒頭で政治的理由で着上陸訓練ができないことを危惧していたら、そのすぐ後に米軍との合同訓練が決まって、その自衛隊(日本政府?)の米軍依存を危惧した記事が載っていてちょっとモヤモヤした。
    今回の訓練実施も米政府の対中対決姿勢表明のあと電光石火に決まったし(もっと前から決まってたのかもしれないし、関係あるもかも知らないけど)日米軍の協調体制が強化されるのはいい事だと思うんだが、ちょっとモヤモヤした。

    関係ないけど杉山隆男の文章って情緒的過ぎてちょっと読みにくい。ルポタージュってこんなもんだっけか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年08月23日 14:05:59
  485. http://obiekt.seesaa.net/article/162482629.htmlのコメント欄の200に対して、

    このNYTのコラムに関して
    http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/10/look-out-for-the-diaoyu-islands/

    >今回の尖閣問題は中国側の主張が正しい。安保条約があってもアメリカはこの問題で日本の味方をするな。と。

    そんな結論めいたことは書いてない。あえてポイントをまとめると、

    ・日米安保条約上の義務としては、アメリカはこの(筆者の見解では)日本のものとは限らない島々を巡る戦いで日本を助けなければならない。
    ・アメリカはこの島々を巡って中国と核による対決をするリスクを冒さないだろう。一方、日本を助けなければ日本との安全保障関係が危機に瀕するだろう。
    ・筆者の感触としては、この島々の領有権は中国にあるが、明確な答えはない。一番いいのは日本と中国がICJに行くことだが、それはなさそうだ。

    >世界で影響力大のアメリカの新聞の著名な記者が、尖閣問題は日本が間違っている、中国の主張全面支持すると言ってる様な状況でアメリカが日本を支持して、仮に紛争になった場合、日本を助ける可能性なんてあるのかな?

    所詮はジャーナリストの意見で、現在の国務省の立場はこの記事のとおりだし、この筆者も中国の主張を全面支持はしていない。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月14日 10:10:56
  486. というか今回の騒動程度で手を出したら、米軍は幾ら予算があっても足りんし
    竹島や北方領土は言うまでもなく、韓国領海での北朝鮮との小競り合いが、それこそ大事になってしまう罠。
    (露と一戦交える?何のジョークだよ)

    そんなにドンパチやって白黒つけたいのかね。
    いやつけるのは悪くないんだが、血を流すのは誰で傷つくのは何でry

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月14日 11:21:51
  487. >>486
    無駄なドンパチをしないがために「手を出したらタダじゃ済まさんよ?」と睨みを利かせてるんでしょうに。

    何者かが尖閣諸島を奪取しようと考えた時、最大の障害となるのが日米同盟でしょう。日本単独ならともかく
    現時点で世界最強の軍事国家が応援に来る可能性は、攻撃側にとっては頭痛の種。
    できれば米国が沈黙してくれると助かるんだけどな〜と思っていた矢先にこれです。攻撃側は、日米両国を
    相手にする作戦計画を立てざるを得ず、ハードルは一気に上がります。
    結果、攻撃側は尖閣諸島に簡単には手が出せなくなり、結果的には日本と米国も無駄な人命・戦費の消費を
    抑えることができるわけです。

    実際に前線に立つ者、あるいは前線に兵を送りだす身になって考えると、「米軍来襲の可能性あり」ってのは
    結構大きな壁になると思いますが、どうですかね?クローリー国務次官補の表明によって、その可能性はより
    大きくなったわけです。それでも尚、ドンパチが起こると思いますか?いや、起こすと思いますか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月14日 21:52:03
  488. 今は隅金の話に集中すべき時
    戦力の分散は控えてください

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月14日 22:04:59
  489. >>487
    自分の書き方が拙かったですね申し訳ありません。
    考えはあなたと全く同じです。

    記事違い先の>200や某匿名掲示板にあったように今回の件で「米軍は動かない」と決め付けたり、
    やたら武に動け、尖閣諸島が、竹島がフンダララというノイズに対して毒を吐いただけなのです。

    勘違いするような文章をうってしまい申し訳ありません。


    >488
    戦力の分散?意味不明です。andante215氏
    偶々個人たちがスミキンの考えに異論をもっているだけであって、彼を叩き潰すため「だけ」にこのblogにきてるわけではありません。
    何より記事移動しての話題であって、blogのローカルルールにちゃんと沿った行動です。

    Posted by 486 at 2010年09月15日 00:34:09
  490. >>488
    この記事と隅金は何の関係もないぞ?
    あと、勘違いするな

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月15日 01:01:29
  491. >> 485

    代わりに指摘してくれてありがとう。

    あのコラムを読んだ限りだと記者は中国支持ってわけじゃなくて、日中間で領土紛争が起きたときにアメリカが巻き込まれる危険性を懸念あるいは啓発しているだけのように見えるんだよね。

    尖閣に直接の利害がない、アメリカ人としては至極当たり前の感性だわな。

    もっともそういう観点があるからアメリカを過度に当てにするのは良くない、って意見であれば一考の価値は十分にあるけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月15日 12:37:15
  492. >480
    そういや週金が小沢支持の論評書いててビックリしたな。自分的には今更この男に期待してもなといった気分ですが。ただの政党クラッシャーじゃないかいこの人。鳩山政権時にこの人がやったの何よってな事皆忘れてるんすかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月15日 13:45:19
  493. アメリカは戦争すると武器輸出で大儲けw

    しかし米も戦力投入しなければいけないけどw中に攻める口実ができるからウハウハなんだろうがw 皆さん 核 国連 忘れてないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月20日 14:29:07
  494. >>493
    会計的にはアメリカが自分でやる戦争は
    少なくとも軍装備関連では儲からないよ?

    それに策源地攻撃はともかく北京や奥地を
    攻撃する口実になんかならないだろ

    何を言っているの?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月20日 15:28:02
  495. >>493
    イラクもアフガンも儲かるどころか損してますが何か?

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月20日 17:12:36
  496. >493
    F-22が恨めしそうに草葉の陰から…
    …いやぁAチ−ムは面白かったですね。

    (ボソリ)
    しかし「戦争が起これば兵器がたくさん売れてウッハウッハ」
    なんてどこから湧いた話なんだろうと。
    かなりの数が出回る代物のイメージってAK-47とか人が持てる系の火器の類なんじゃなかろうかと。

    Posted by 名無し杭打ち機道見習い at 2010年09月20日 17:35:11
  497. >>496
    >しかし「戦争が起これば兵器がたくさん売れてウッハウッハ」
    なんてどこから湧いた話なんだろうと。

    アイゼンハワーの演説からじゃね?
    それをソ連が利用して、そして現在に至ると・・・



    それよりも、クリントン国務長官も宣言しましたね
    「尖閣諸島は日米安保適用対象」って
    大切な事だから2回言いましたって感じだなw

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 02:59:29
  498. 中国人船長釈放するようです。

    尖閣沖衝突、中国人船長を処分保留で釈放
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100924-OYT1T00677.htm?from=top

    アメリカだけじゃなく韓国や東南アジア諸国も対中で固まってきたところで、日本だけ一抜けとかほんと空気読めてないというかなんというか。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 15:02:24
  499. しかしわざわざ自分の頭の悪さを誇示しに来なくたって良いのに……

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 17:03:26
  500. とはいえ落としどころとしては常識の範囲内だな
    まあ、こんなもんだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 17:10:58
  501. >>498
    やれやれ、この程度の外圧で処分もしないで釈放しちゃうならそもそも拘束しなきゃいいのに。根性の無いことだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 17:13:40
  502. >>500
    あれが「常識の範囲内」なのか……嫌な常識だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 17:15:20
  503. 秋霜烈日
    秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)とは、
    1.四字熟語の一つ。秋の冷たい霜や夏の激しい日差しのような気候の厳しさのことで、刑罰・権威などが極めてきびしく、また厳かであることのたとえ。
    2.日本における検察官記章(バッジ)のデザインに対する呼称。
    …Wikiより。

    なんかモヤモヤする。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月24日 19:38:54
  504. 元外交官の孫崎さんがいうには、もし尖閣が中国に占領されたら、適用の範囲から除外されるそうです。でもって、アメリカは領土紛争には介入しない国だそうで。これ、どういう意味か分かる?
     
    田母神さん曰く、安保が発動されるのは大統領と米議会の承認が得られた時だって。つまり、安保があるから必ず守ってくれる訳じゃあないのよね。そんなのを頼りにしていいの?

    Posted by マサガタ at 2010年09月28日 18:19:36
  505. >>504
    逆に、適用の範囲外から除外されないかもしれないじゃないか
    アメリカは基本領土紛争には介入しないが、同盟国が言われなき理由で侵略された場合は話しが違うよ
    そしてアメリカは、そうなった場合、同盟国を見捨てた事は一度も無いって実績があるんですけど

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月28日 18:23:21
  506. >>504
    だから、日本オワタ論者やアメリカは裏切る論者は、具体的で実現可能な意見を持ってから反米をやってくれ。
    正直、あんたらは破滅願望が有るとしか思えんよ。脅威を煽るだけで建設的なことが言えないんじゃ、無関心の方が余程マシだっての

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月28日 18:50:39
  507. >504
    その二人の意見じゃ信憑性ってやつに欠けるんですが。
    普天間問題の鳩山のブレインと「あの」空幕長じゃね…。

    Posted by 名無しОбъект at 2010年09月28日 18:53:01
  508. IPvvnc , [url=http://doriuyxiadly.com/]doriuyxiadly[/url], [link=http://dveevqufyaop.com/]dveevqufyaop[/link], http://qbqlafaqlydz.com/

    Posted by SaUkxUWDLVWSUXBoYd at 2011年07月28日 23:15:58
  509. 2wmwYw vjdoapacexod

    Posted by ugsabcMHJvD at 2011年07月30日 02:11:26
  510. puPEqS , [url=http://zrlwzgcqhxff.com/]zrlwzgcqhxff[/url], [link=http://oyyrusooroem.com/]oyyrusooroem[/link], http://mnndtbmwuvry.com/

    Posted by MepmaTyEeMKsC at 2011年07月31日 00:30:05
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

意志を示すだけでも重要
Excerpt: ちょっと過ぎた話ですが、共同通信のこんなニュース。 「アメリカは尖閣を日米安保の対象と明言せず」 それが早速アメリカ側から否定され
Weblog: 沖縄発・何でもあり
Tracked: 2010-08-23 14:10
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。