前の記事 TOP 次の記事

2010年08月23日

お話にならない朝日Web論座の「戦車不要論」

朝日新聞社の「Web論座」で戦車不要論の記事が上がっています。ただし全てを見るには有料になるので、最初の公開されている部分だけ紹介します。その短い部分だけでも決定的な間違いを指摘出来ます。


自衛隊は「冷戦思考」を超えられるか:Web論座
 防衛大綱は、年末の改定が迫る。21世紀に入っても相変わらず戦闘機、大砲、護衛艦など「冷戦型」の重装備に偏る自衛隊の今後を考える。


確かにヨーロッパ方面では冷戦が終わりました。しかしアジア方面では今まさに中国の軍事力拡大に端を発する軍拡競争が始まっています。既に東南アジア各国とオーストラリアは潜水艦を倍増する方針を打ち出しており、日本もこれに続きます。我々は既に中国の軍拡に巻き込まれました。アジアでは冷戦構造が形を変えて今も残っているのです。

21世紀に入っても相変わらず戦闘機、ミサイル、空母に潜水艦など「冷戦型」の重装備に偏る中国人民解放軍の事を考えて下さい。

周辺国はこれに対抗する上で、重装備を調達しなければならないのです。


冷戦思考から抜け出せぬ自衛隊に大ナタを 谷田邦一:Web論座
 その一方で、乗員の安全性に不安がささやかれている。各国の戦車の重量が、対戦車火器の威力の大型化に伴い増える傾向にあるのに、日本の戦車だけが逆に軽量になったからだ。なぜ対戦車火器から十分に防護できるのか理由が何一つ説明されていない。・・・・・


いいえ、前の型よりも軽量になるのは日本の戦車だけではありません。アジアの大国は全て新型戦車を調達する計画なのですが、以下の様に前の型から重量が変化します。

日本・・・90式(50トン)→ 10式(44トン)
中国・・・99G式(55トン)→ 0910工程(50トン)
印度・・・アージュン(58トン)→ FMBT(50トン)
韓国・・・K1A1(53トン)→ XK2(55トン)

アジアは日中印と軒並み軽量化路線です。日本はその最先端であり、中印を一歩リードしているのです。韓国の新型戦車は前の型より重量が微増していますが、これはまだ韓国が自力で戦車を開発する事が出来ず、ヨーロッパから技術を導入した為です。

これらアジアの新型戦車は50トン前後です。欧米の戦車が70トン近くまで重量化したのに比べて軽いのは、アジアの貧弱な道路インフラ事情に合わせてあるからです。重くて装甲が厚くても戦場まで辿り着けないと意味が無いですし、戦場で擱座して動けなくなっても意味が無いからです。

つまりアジアでは敵も味方も50トン前後の戦車を装備しているので、遠い西ヨーロッパの70トン近い戦車がどうだろうとあまり気にしなくても構いません。谷田邦一記者は「各国の戦車の傾向」と言いながらアジアを全く見ておらず、分析を間違えています。

また谷田邦一記者は「なぜ対戦車火器から十分に防護できるのか理由が何一つ説明されていない」と言っていますが、防衛省の発表を全く見ていないのでしょう、実に不勉強です。

(PDF) 防衛省技術研究本部50年史 第1研究所 P204〜238
第一研究所 P213

TRDI(防衛省技術研究本部)は既に90式戦車に使われていた複合装甲や防弾鋼よりも性能の良いものを開発し終えており、10式戦車にも採用されています。また10式戦車は90式戦車より小型化している為、体積が小さく装甲の面積も少なくて済む為、軽量化しつつ装甲を同等以上にする事が出来たのです。

第二次大戦の戦車でも68トンのキングタイガーと46トンのJS-3で装甲防御力はほぼ同等でした。これはキングタイガーに比べてJS-3は非常にコンパクトだったからです。

また10式戦車には砲塔側面にモジュール装甲が装着されています。これは90式戦車には無かったもので、見た目も分かり易い装甲強化ポイントです。

10式戦車

さて、Web論座のページで「関連情報 ブログ一覧」の箇所に隅田金属ぼるじひ社さんの「10式戦車なんて要らないだろう」という記事がリンクされているのが分かると思います。そこで先にこれに反論しておきました。

(2010/08/21)隅田金属ぼるじひ社の「戦車不要論」に反論する

そしてWeb論座側の説明によると、隅田金属ぼるじひ社さんの記事を手動で選んでリンクしたのだそうです。


手動で抽出した、というのが真実に近いかも。 @dragoner_JP //あれ単純にシステム的に直近で戦車に言及しているブログを抽出しただけじゃ… @obiekt_JP //論座の記事紹介で関連ブログとしてリンク貼られてる隅田金属さんにも言及する必要がどうしても出て来る。less than a minute ago via web



そうなるとWeb論座側には責任が生じます。間違いだらけの記事を紹介して読者を惑わせた事になるからです。Web論座の記事自体も戦車に関する基本認識が根本的に間違っており、お話になりません。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by JSF at 23:11 | 報道

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa