2006年06月21日
最前線の国境の町で行われた無防備宣言条例化運動は、否決されました。(この運動についての問題点はカテゴリー:無防備を参照)


町平和条例案を否決/6月竹富町議会最終本会議[6/20 八重山毎日新聞]
6月定例竹富町議会(川満栄長議長)は19日の本会議で、無防備地区宣言を盛り込んだ竹富町平和条例案の表決を行い、賛成少数で否決した。


しかし、これが最後の無防備宣言運動キャンペーンとは思えない・・・第二、第三の無防備宣言地域条例化を狙う市民運動家達は、まだ蠢いているのだ・・・(何故か怪獣映画ラストシーンのノリで)。

実際、「数撃ちゃ当たる」方式で数十の地域で運動が為されていますから、何処かでまかり間違って条例化されてしまうことも否定できません。その中で国境最前線の町・竹富町で順当に否決されたのは今後の流れを決定付けるものとなるでしょう。

さて、竹富町に限らずこの運動に賛成していた人達へ。是非とも意見交換がしたいので、ここか八重山毎日新聞のコメント欄へおいで願えると幸いです。八重山毎日のコメント欄には、既に何名か運動員の方が書き込まれているようですが・・・。


21時24分 | 固定リンク | Comment (57) | 平和 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 今回は、少なくとも、まともな人が多かったと言うことで良かったですが、この運動は更に活発になっていくと思われます。

    その時に、どうなるのやら・・・

    Posted by ヨッチ at 2006年06月22日 00:02:16
  2. 世の中、まともな人間よりもまともでない人間のほうが常に多い、という非常に嘆かわしい経験則があるのですよ。
    こんなに馬鹿が多いんじゃ、第三次大戦も近いな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 01:41:00
  3. >まともな人間よりもまともでない人間のほうが常に多い

    ん、んー?「声が大きい」なら聞いたことがありますが。。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 08:51:41
  4. >反対派は国際法上の有効性への疑問や占領容認が前提などと言っていますが、住民自治の意志を明確に表明することこそ重要です。

    もはや何が目的なのか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 12:41:37
  5. これでも60年前は地上でドンパチしてたんだ
    本土の平和ボケしたアマちゃんとは違うわぁ!!
    本土も空爆されたという突っ込みは無しで(ぇ
    これを機に沖縄は
    真の安全保障を考えるべきではないだろうか
    by名護市民(住民票は那覇

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 13:58:57
  6. 竹富町の人たちは以外と冷静だったみたいですね
    よかった、よかった

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 15:59:46
  7. むしろ、少数とはいえ賛成した議員がいた事に驚き

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 19:36:17
  8. 土地柄、戦争や戦場といったキーワードに正面から抗し難いのだろうね。

    しかし小規模な自治体ですから、オ○ムの様に徒党を組んで住民登録を仕掛ければ、決して無理ぽでも無さそうな感はありますな…。(´・ω・`)

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 21:32:33
  9. >本土の平和ボケしたアマちゃんとは違うわぁ!!
    うちのママ(現在71歳)大阪空襲で焼き殺されそうになって、その後満州に渡ってから終戦直後の暴動に殺されかけたりしてるよ。
    そのせいか、いつも何か見えない敵と戦い続けている。(本人も何と戦っているのか、よく分かっていない。「人生は戦いだ」と思っている様子。)
    そんなママの口癖が
    「私が死ぬときが、私の終戦記念日」


    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月22日 23:46:05
  10. >住民自治の意志を明確に

    その行き着くところは

     民 兵

    ですがの。

    Posted by タケトミ・ミリシア at 2006年06月23日 01:08:01
  11. 例の「半島の難民を無制限に日本に迎え入れる法案」が通ったらこういう無防備宣言出した離島に放り込めばいいんじゃね、って思ったけどだめだよねそれは

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月23日 01:25:08
  12. >無防備宣言出した離島に放り込む
    いつぞやかの「親日派、済州島に収監される」シナリオを思い出した。
    ってか、ウチ(枚方市)もヤバかったし、ヤバい・・・来月九日にもプロ市民集会があるし、覗いてきまつノシ

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月23日 12:19:56
  13. ある意味「昔は良かった、昔を取り戻したい」みたいなそんな感傷に働きかけて居るんでしょうかね?

    まあ昔は鍵を付けるのが一般的ではなかったかも知れません。
    でも高い鍵を付けるコストを払え(払う気が)ないから、
    大事な物は床下とか天井裏とか見つかりにくい所に隠したとか、
    そしてそこに家の者が居る限りは彼が番人になるという簡易なシステムだったって話じゃないだろうか。
    つまりまあ、窃盗みたいなのにもそれなりに備えてたんじゃないかと。
    世知辛いといえば世知辛いですが、憤慨した所で今の盗賊は人の隠す所のクセみたいな物を先読みするし、家に番を付けるのも(核家族化など)難しくなったし、時間の流れだけはいかんともしがたいのではないかとそう思います。

    だからって何の防備もなく庭に大事な物を晒しっぱなしにするようなのは困るんじゃないかと思うのです。
    ジュネーブ条約は覆いにもならないようですし。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月23日 18:03:37
  14. 八重山毎日の該当記事にこのエントリーのトラックバックが送れません。古い記事には送れたのに・・・システム上の規制ですかね?

    Posted by JSF at 2006年06月23日 18:30:44
  15. うちの地元(千葉のほう)でも結構やばかった……
    たださすがにこの件に関しては共産党も賛成派していないようで
    署名が集まるだけでも問題だよな。つーか署名のシステムは見直すべきだと思う。
    あれ嘘(に近い事)いって署名させてるようなものだと思うんだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月23日 22:44:51
  16. ちなみに竹富町で無防備宣言が否決された頃・・・隣の石垣市では、尖閣諸島上陸作戦が決議されています。

    ■市長、議員の「尖閣上陸」を決議
    http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=1316
    >賛成者の起立による採決の結果、賛成10人、反対9人、退席2人の賛成多数で可決した。

    ちなみに竹富町は石垣市との合併を強行に拒み続けています。
    理由は、何となく分かりますよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月23日 23:42:53
  17. ■市長、議員の「尖閣上陸」を決議
    http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=1316
    >「尖閣上陸」と「路上寝込み防止宣言」とを同じ
    >感覚で決議しているのではないかとしばし考え込
    >んでしまいました。

    こういう人こそ「無防備地域宣言」と「路上寝込み防止宣言」とを同じ感覚で署名しているのではないかとしばし考え込んでしまいました。

    私はこの記事と竹富町の無防備条例案否決の記事を読んだときにraraさんとcicadoideaさんの書き込みを見て「プロ市民は相当悔しいのだろうな」と憐れに思いました。yoshinoyaさんが無防備記事に比べ落ちついた冷静な意見をレスしている事に驚きを感じました。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月24日 00:00:57
  18. 竹富町議員は13名だから、賛成3、反対6、棄権4か。
    棄権票が賛成に回っていたら可決していたな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月24日 04:13:00
  19. 無防備都市運動で”戦争には協力しない”ってフレーズ使ってみるみたいだけど・・・・
    侵略者への戦争協力だよね、これ

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月26日 08:51:31
  20. うーん、イマイチ盛り上がらないね・・・

    Posted by ヨッチ at 2006年06月27日 13:18:12
  21. 面白い続報が無いしね
    どこかで無防備宣言して実際に占領されてみればいいのに

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月27日 18:33:15
  22. 面白い情報といえば、共産党はMDSが関わっている事を知って、この運動から手を引いたらしいぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月28日 02:51:22
  23. 八重山毎日新聞のコメント欄の、無防備宣言推進派の人は、常套手段といえば常套手段ですが、ジュネーブ条約追加第1議定書59条第二項の『敵対する紛争当事国による占領のために開放されているものを無防備地区と宣言することができる』という部分を無視しているようですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月28日 04:37:09
  24. 箕輪町と言うところでも審議されていたようですが、先日、見なし不採択となりました。
    ttp://inamai.com/news.php?c=seiji&i=200606261406360000011372

    貴方の町でも何時の間にか審議されているかもしれませんよ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2006年06月30日 12:01:26
  25. 賛成派の人たちは、どういう根拠で無防備宣言なるものに同調したのでしょうか?まさか、武器を持たなければ攻められることはないなんて思ってるんじゃないでしょうね?それじゃあ、平和ボケじゃなくてただのボケです。いや、むしろキ○○イかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月01日 02:17:47
  26. 運動推進派との熱い論争が始まりました。

    http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=5086
    >hirashoさん
    >住民運動を認めようとせず、国や赤十字が認めない、
    >ジュネーブ条約に違反している、式の話は本末転倒です。

    本末転倒なのは運動推進派でしょう。

    「無防備宣言運動はジュネーブ条約を根拠としているのに、ジュネーブ条約に違反している」

    ほうら、本末転倒です。

    ジュネーブ条約は赤十字が提唱して生まれた条約であり、赤十字国際委員会は今もジュネーブ条約の番人である。その条約の番人が「宣言するにあたっては軍当局の許可が必要」と言っている以上、地方自治体が勝手に条例として宣言する事は条約違反であり、無効。

    >ジュネーブ条約のことをことさら強調しているのですが

    強調しているのは運動推進派だろう?国際条約で保障されていると、市民を騙そうとしていたわけだ。

    >国際法と日本憲法の関わりを説明しないで、
    >相手を負かしたような文章を書くのは論争に
    >なっていません。

    2本国憲法に書かれている国際法との関りは以下の通り。

     日本国憲法98条第2項
     日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、
     これを誠実に遵守することを必要とする。

    よってジュネーブ条約違反の無防備宣言運動は憲法的にも無効です。

    >批判ではなく

    批判です。ガンジーは占領にNo!と言ったのです。しかし無防備宣言は「占領のために開放されている地域」と条約にある以上、占領を肯定しています。

    >論争でもなく

    論争になっていないのは、只単に未だに運動推進派がマトモな反論を繰り出せていないから。

    >読者に判断してもらう客観性も乏しく

    客観性はありまくりですよ?

    ■ICRCコメンタールPARA2283
    http://www.icrc.org/IHL.nsf/1a13044f3bbb5b8ec12563fb0066f226/5a6536aad5df70cfc12563cd00435243?OpenDocument
    ' Who must send the declaration? '

    2283 In principle the declaration must be sent by the authority capable of ensuring compliance with the terms of the declaration. In general this will be the government itself, but it may happen that in difficult circumstances the declaration could come from a local military commander, or even from a local [p.704] civil authority such as a mayor, burgomaster or prefect. Of course, if the declaration comes from a local civil authority, it must be made in full agreement with the military authorities who alone have the means of ensuring that the terms of the declaration are complied with.

    宣言を出すにあたっては、軍当局との完全な合意を得る事、そんな事は当たり前。

    「オフコース」って書かれているのが見えますか。国際常識なんですよ。

    >相手を力でねじ伏せるようなやり方は別のサイトでやっていただければいいのです。

    力ってなんです? 私は根拠を証拠付きで出しながら相手を論破しているだけですが。最近では論理的に打ち負かす事を、力で捻じ伏せるという表現を使うのですか?

    >反無防備宣言運動の狂信的な方々に相当荒らされてしまいましたね。

    狂信的なのは運動推進派の方でしょう。どうしてジュネーブ条約に違反する行為なのに「ジュネーブ条約で保障されています」と一般市民に嘘を付いてキャンペーンを行うのです?確信犯ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月01日 20:21:08
  27. >運動推進派との熱い論争が始まりました。

    あの、始まったどころかどう見ても瞬殺ですよこれwww

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月01日 23:41:55
  28.  推進派は、「無防備宣言はジュネーブ条約の協定に“名前が似ているだけ”の別物だ。だからジュネーブ条約違反だって言ってもムダだ」という方向にひっぱりたいんでしょうかね。
     推進派の書き込みを読んでいると、そうとしか受け取れません。根が詐欺なのでしょうか。

    Posted by 名無し迷ひ家のT-72神信者 at 2006年07月01日 23:58:07
  29. 次に来るのは、火病とレッテル貼りかな

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 00:15:41
  30. ちゃちゃ入れるようで恐縮ながら
    むぼうび君も反対派も法律や条約の力を
    ナイーブに信じ過ぎなのではと危惧しております。

    無防備君がナイーブなのはまあ、そういうのを
    是とする環境で学習して来たからではないかと
    推察できますが、、、

    Posted by 名無し鉄牛 at 2006年07月02日 00:20:02
  31. >むぼうび君も反対派も法律や条約の力を
    >ナイーブに信じ過ぎなのではと危惧しております。

    反対派は条約の力なんぞ信じとらんよ。「無防備都市」なんていう概念は100年以上前からある。実際に使われてきた歴史がある。そして殆どが踏み躙られた。その程度の歴史は軍ヲタなら誰でも知っている。

    鉄牛さん、アンタ・・・ここを何処だと思ってるんだい?

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 00:36:24
  32. ならいいんだけど…

    国防のあり方議論のはずが、気がつくと9条条文解釈の
    コンニャク問答に堕している 式の罠に落ちませぬようお祈りしてます。

    Posted by 名無し鉄牛 at 2006年07月02日 00:52:51
  33. ・・・あのね、鉄牛さん。何処をどう読めば「反対派は条約をナイーブに信じ過ぎ」と解釈できるんです?

    八重山毎日のコメント欄で行われている反対派のレスは、「条約を根拠としている運動なのに条約違反であり、おかしい」という物でしょう? つまり、条約の実効性以前の問題であり、運動推進派の自己矛盾を突いているに過ぎません。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 00:59:29
  34. 勘違いしたら困るな
    反対派は何も平和運動に反対している訳じゃない、ただ単に「嘘つくな!」と言っているだけ。

    小学生にも通じる理屈が、なぜ大人に通じないのかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 01:50:59
  35.  国際条約は、発動するための条件を全て満たさないと、何の効力ももたらさないというくらいには、ナイーブに信じております。

    Posted by 名無し迷ひ家のT72神信者 at 2006年07月02日 02:47:56
  36. 貴方は少しナイーブ過ぎる。これからは大胆に責めてみる事。これが貴方に出来る善行よ。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 03:16:39
  37. そういえば、東京大田区でも署名運動してるんですけど、
    「大田区に平和のための条例を作る署名をしています」
    って口上なんですよねー。
    大事なことを一つも説明してないですけど、これでもある程度署名する人がいるらしいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 10:25:23
  38. 前から疑問なんだけど、ジュネーヴ条約第一追加議定書の第59条第5項にこうある。

    >5 紛争当事者は、2に定める条件を満たしていない地区であっても、当該地区を無防備地区とすることについて合意することができる。
    >その合意は、できる限り正確に無防備地区の境界を定め及び記述したものとすべきであり、また、必要な場合には監視の方法を定めたものとすることができる。
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty159_11a.pdf (P75参照)

    この条文に則り、かつ、百億兆歩譲って地方自治体が無防備宣言できるとして、
    自治体「4条件満たしてないけど、ウチゃ区域を決めて無防備地域宣言すっからヨロシク」
    相手国「うん、いーよ。そんじゃ近々お邪魔させてもらうね」
    ってなれば、そこは無防備地域じゃないのかな。

    なのに、各運動団体は4条件の確保に固執&その確保を国に求めるってのは何なんだろ?
    議定書条文に従うなら(※)、宣言を認められるかどうかは相手との交渉次第じゃねえの?

    ※:「自治体でも宣言できる」つってる時点でそーゆー気は更々無さそうだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 13:46:26
  39. その相手(敵軍)との交渉前に自国軍との交渉を成立させないといけないんだよね。


    http://www.wikihouse.com/kansokujyo/index.php?%CC%B5%CB%C9%C8%F7%C5%D4%BB%D4%C0%EB%B8%C0
    パラグラフ4 2283 原則として、宣言はその内容の遵守を保証し得る当局者が行なう必要がある。一般にこれに該当するのは国家政府であるが、それが困難な状況下では地域の軍指令、あるいは場合によっては市町長、または自治体首長をはじめとする地域の[p.704]文民当局者によって発せられる可能性さえ存在する。当然ながら、地域の文民当局者がかかる宣言を発するにあたっては、宣言の要件遵守を保証し得る唯一の存在である、軍事当局の全面的な了承を必要とする。《In principle the declaration must be sent by the authority capable of ensuring compliance with the terms of the declaration. In general this will be the government itself, but it may happen that in difficult circumstances the declaration could come from a local military commander, or even from a local [p.704] civil authority such as a mayor, burgomaster or prefect. Of course, if the declaration comes from a local civil authority, it must be made in full agreement with the military authorities who alone have the means of ensuring that the terms of the declaration are complied with.》

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 14:04:04
  40. >その相手(敵軍)との交渉前に自国軍との交渉を成立させないといけないんだよね。

    結局、問題はそこに戻ってくるわけですやね。
    しかし無防備信者どもってば頑迷つーか「必死だな」の一言ですな。
    先月アップされたばかりのほやほやの見解がコレ。

    http://peace.cside.to/ronten_kenkai.htm
    >ジュネーブ条約の解釈は赤十字国際員会の条約コメンタールが正しいもので、日本政府の見解は誤りです。赤十字国際員会は地方自治体も宣言ができるとしています(コメンタールpara2283)。さらに赤十字国際委員会は「4条件が満たされたときに、ある地区が無防備地域となる。一方的な宣言や合意だけによって、この状況を確定する」(コメンタールpara2263)としています。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 14:49:15
  41. >日本政府の見解は誤りです。赤十字国際員会は地方自治体も
    >宣言ができるとしています(コメンタールpara2283)。

    「軍事当局の全面的な了承を必要とする」という部分は無視か。読んでいながら触れないという事か。

    >「4条件が満たされたときに、ある地区が無防備地域となる。
    >一方的な宣言や合意だけによって、この状況を確定する」
    >(コメンタールpara2263)

    「宣言の要件遵守を保証し得る唯一の存在である、軍事当局」という部分は無視か。

    なんともはや・・・4条件を満たし保証する事が出来るのは軍事当局だけだというのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 15:43:08
  42. 運動に都合の悪いところはわざと消して詐欺行為を働くのは、いつものことなのでもはや驚きもしませんが

    >「占領に開放された地域。占領されることを容認するもの」
    > これはジュネーブ条約・国際人道法の無理解です。
    > 品川区議会における当局答弁ですら、「占領されるということではなくて、そこで通常どおり生活してもいいという、そのまま保護するという内容でございます」と簡潔明瞭に述べました。

     という部分がよく分かりません。
     この発言の、主語は誰なんでしょう。
     区議会が、「政府の見解」として、無防備地域宣言を行ってもそこで通常どおり生活してもいいというような内容の発言をしたとしないと、“無防備宣言は占領を容認するものだというのは誤りだ”というこのトピックの趣旨に合致しませんが、そもそも無防備地域宣言が行われるような状態というのは、すでに最前線になり直接射撃を受けているような状態ですから「そこで通常どおり生活してもいい」というのは非戦闘員の戦闘地域から退避義務違反ですよねえ。
     議事録を手に入れてませんので、私には断言することはできませんが、なにか別の答弁の回答か、あるいは運動推進側が述べた発言を、さも「品川区議会すらそのまま生活していいと認めた」と誤読させようとしているように見えます。
     どなたか分かりやすく説明お願いします。

    Posted by 名無し迷ひ家のT72神信者 at 2006年07月02日 16:10:24
  43. >この発言の、主語は誰なんでしょう。

    これでしょうね。

    http://asm.city.shinagawa.tokyo.jp/dsweb.exe/curdocument!1!guest01!!1284!1!0!1,-1,1!1428!81291!1,-1,1!1428!81291!4,0,4!166!9462!97349!1!4?Template=DocPrintWindow&DocumentType=html&DocumentSelect=All&VoiceCheckList=
    ◯宮地総務課長
     占領されるということではなくて、そこで通常どおり生活していてもいいという、そのまま保護するという内容でございます。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 16:44:32
  44. 宮地総務課長に質問をした「原委員」は、自民党の原雅美議員ですな。
    http://www.db-search.com/shinagawa/meibo/hara-masami.html
    ぶっちゃけ所属政党から判断して(w)、この質問の主旨は単なる確認じゃないかと。

    「通常どおり生活してもいい」の根拠は、全国ネットワークの主張を参考にすれば、赤十字コンメンタールの2269、2296になるのかなと。
    http://www.icrc.org/IHL.nsf/1a13044f3bbb5b8ec12563fb0066f226/5a6536aad5df70cfc12563cd00435243?OpenDocument

    「ガイジンさんに座ってもれえてえときァ「知らん振り!」って言やアいいんだ」
    を持論とする、私の高度な英語力を駆使してみたところ、
    「占領されないこともあるよ」
    「敵対的な軍事力でもって占領されることが一番よくあるよね」
    「敵軍は、占領するとしても統治体制を整えるだけにしなくちゃダメだよ?」
    とかゆーよーな雰囲気がそこはかとなく匂ってきたような気がするのですが、どなたか真っ当な翻訳をおながいします_| ̄|〇


    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月02日 17:18:08
  45. ここが主要策源地の一つであると考えておりますので、僭越ながら告知させていただきます。
    ジュネーブ諸条約第一追加議定書、第58・59条、ならびに同コメンタリー2263・2269・2283・2295・2296、対訳形式で訳出の上、ニュース極東板『市民運動観測所スレ』まとめWikiに掲載いたしました。
    http://www.wikihouse.com/kansokujyo/index.php?%CC%B5%CB%C9%C8%F7%C5%D4%BB%D4%C0%EB%B8%C0
    兵站基地への搬入含め、随時ご活用いただければ幸いです。

    なお、無防備地域という一般的な用語が非防守地区と表記されておりますが、これは日赤の採用している用語に基づく表記ですのでご承知おきください。

    Posted by 監視所の名無し at 2006年07月02日 21:13:32
  46. おお、こんな素晴らしいwikiがあったのですね。
    いろいろと助かります。ご紹介感謝します。




    (密かに「迷言・小ネタ集」の小ネタに最も感心してしまったのは内緒だ)

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月03日 00:26:01
  47. 次はこのあたりでこの手の運動が盛り上がるのでしょうか?w
    http://www.asahi.com/politics/update/0702/008.html

    Posted by Baatarism at 2006年07月03日 10:44:36
  48. 竹富町の場合条例を作らなくても、着上陸されるような事態になったら国が積極的に宣言(民間人保護の放棄)してくれるから、否決されても問題ないべ?あんなところに陸自展開しても意味ないし。

    こういう突っ込みしたら奴らはどういう反応すっかな?


    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月04日 10:27:56
  49. そして敵が竹富を占領した時点で無防備状態は崩れるので、おもむろに反撃、逆上陸すると・・・平時から孤島に陸自を貼り付ける意味は無いから、元々「奪わせてから奪い返す」のが離島防衛の基本だからね。

    小さな島に部隊を駐留させたら、敵は必ずそれを上回る兵力で攻めて来る。先制奇襲を受けたら増援なんか間に合わないから。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月04日 11:20:18
  50. 【赤十字国際委員会(ICRC):APTコメンタリー翻訳】

    http://www.icrc.org/IHL.nsf/1a13044f3bbb5b8ec12563fb0066f226/5a6536aad5df70cfc12563cd00435243?OpenDocument
    (英文は、ICRC国際人道法データベース内より抜粋)

    2269 It may happen that the circumstances of combat change and that in the end the locality is not occupied by the adversary. However, it will retain its status as long as the declaration is not withdrawn or the adversary does not object.

    [パラ2269 戦闘の状況の変化により、最終的に、当該(無防備地区と宣言された)地区が敵対勢力により占領されない場合も起こりうる。この場合においても、(無防備地区)宣言が撤回されずかつ敵対勢力が異議をとなえない限り、当該(無防備地区と宣言された)地区は、無防備地区としての地位を維持する。]

    2296 The most frequent case is, of course, that in which the locality is occupied by adverse forces; it may be that the adversary decides to allow the locality to retain its character of a non-defended locality. In this situation the adversary's own armed forces should obviously not be installed in the locality, and the adversary should confine itself to setting up a system of administration. It remains to be seen whether the national government will accept the extension of the non-defended locality status. Its decision will no doubt depend on the strict observation by the Occupying Power of the conditions laid down in paragraph 2.

    [パラ2296:、最も普通に(起こりうる)場合は、当然のことであるが、(無防備地区と宣言された)地区の敵対勢力の軍隊による占領である。(ただし、)敵対勢力が、当該地区を無防備地区としての地位を保持することを決定することもありうる。このような(決定がなされた)場合、敵対勢力の軍隊は、もちろん、当該地区に配備されるべきではなく、敵対勢力は、(占領)行政的制度の設置に留まるべきである。(さらに、)無防備地区としての地位の延長を、国家政府が認めるかどうかについては、未定の問題である。(国家政府による無防備地区としての地位の延長を認めるかどうかの)決定は、(58条)2項に定める条件を、占領勢力が厳格に遵守するかどうかにかかっていることは、疑いがないであろう。]

    (括弧)内は、投稿者による補足です。

    ま、パラ2269で書かれていることを簡単にまとめれば、「占領されないこともあるよ。」
    パラ2296は、「占領されんのが普通だけど、敵さんが無防備地区をそのままにすることを決定する場合もあるよね。そういう決定がある場合に限り、軍隊の進駐はないよ」ってことですかね。
    ということで、軍隊による占領があるかどうかは、敵さん次第ってことです(原則軍による占領あり・例外として、占領なし)。

    ですので、無防備地域運動ネットワークの見解(http://peace.cside.to/ronten_kenkai.htm)は(原則軍による占領なしと考えてる)、ちょっと違うような気がします(パラ2296の引用のしかたは、非常に意図的です。)。

    (長文失礼しました。)

    Posted by 通りすがり at 2006年07月04日 15:38:13
  51. 【訳文訂正】

    数箇所訳にミスがありましたので訂正いたします。なお、「鍵括弧」部分が訂正部分です。
    お手数おかけしてすいません。

    [パラ2296:、最も普通に(起こりうる)場合は、当然のことであるが、(無防備地区と宣言された)地区の敵対勢力の軍隊による占領である。(ただし、)敵対勢力が、当該地区を無防備地区としての地位を保持することを「許すことを」決定することもありうる。このような(決定がなされた)場合、敵対勢力の軍隊は、もちろん、当該地区に配備されるべきではなく、敵対勢力は、(占領)行政的制度の設置に留まるべきである。(さらに、)無防備地区としての地位の延長を、国家政府が認めるかどうかについては、未定の問題である。(国家政府による無防備地区としての地位の延長を認めるかどうかの)決定は、「(59条)」2項に定める条件を、占領勢力が厳格に遵守するかどうかにかかっていることは、疑いがないであろう。]

    Posted by 通りすがり at 2006年07月04日 15:52:32
  52. 要するに無防備宣言しても、敵軍が「お前のところは戦略的価値が無いから素通りするわ」と通り過ぎていってしまう場合を想定しているわけか。

    あるいは、そもそも「通り道」であるからその町に攻め込んだ場合だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月04日 18:31:29
  53. まあ、通り道なら補給基地くらいつくりそうなもんですけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月05日 12:11:49
  54. http://www.y-mainichi.co.jp/article.php?id=5086
    がまた面白いことになってますね

    Posted by 名無しОбъект at 2006年07月09日 08:40:09
  55. 週刊MDSの8/4付の記事より
    【無防備条例に反対した共産党 ジュネーブ条約を冒涜】
    http://www.mdsweb.jp/doc/947/0947_02a.html

    ジュネーブ条約を曲解しつつ、相手を「誤った認識をしている」とする、いつもの内容ですけど('A`)

    記事より
    >無防備運動の前提にあるのは、日本が武力攻撃を「受ける」のではなく「仕掛ける」側であるという認識だ。

    おいおい…('A`)

    Posted by 名無しОбъект at 2006年08月26日 23:53:30
  56. ttp://list.jca.apc.org/public/aml/2006-December/010731.html

    > また議会論議を通じて、ジュネーブ諸条約に基づく住民保護施策は国の責務で
    >あり、同条約に基づく自治体の条例化は当然であることなど、条例反対の意見に
    >正当性がないことが明らかにされました。

    一体どんな論議をしたのやら・・・
    ちなみに関連サイト
    ttp://peace-muko.com/yotei.html

    Posted by 名無しОбъект at 2006年12月26日 20:34:27
  57. 自衛隊反対してるのは沖縄のごく一部の偏った組織だけです。殆どの沖縄県民は自衛隊の存在をありがたく思い感謝しております。
    自衛隊のみなさま本当にありがとうございます!


    糸満市議会議長のインタビュー
    http://www.youtube.com/watch?v=dX8gC_M8ksk&feature=channel

    Posted by 彩雲倶楽部沖縄支部 at 2009年07月31日 00:06:45
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。