2005年03月24日
団藤記者が新たなエントリーを起こしたようですが、やはり幾つもの疑問点・矛盾点にはもう答えてくれそうにありません。そしていつも通りの主張をされています。


ブログの現状はそれほど素晴らしいかブログ時評
キーワード検索が引き出してくれるリストは、その市民社会の知のレベルが現れているとも言える。はっきり言ってGoogleが返してくれる検索結果の質は、落ちている。言論は自由。だからこそ、ネットの書き手は考えねばならない。プロだと言っている人なら、もっと考えねばなるまい。

団藤記者は2週間前にも同様の主張をされており、私は旧ブログの検索の達人編でこう書きました。よく読まれ、よくリンクされたページは検索結果で上位に来ると。ならばブログの隆盛で雑音が幾ら増えようとも気にする必要はない。Page Rankというシステムがあるからです。

本当にブログの隆盛でインターネットの質は落ちたか? ひたすら無題

ページランクからBlogを読む音極道茶室

では、団藤記者が言う「質が落ちた」とはどういうことなのか。それは団藤記者が自分自身で仰られている事に答えがありました。


ブログの現状はそれほど素晴らしいかブログ時評
インターンネットの情報の99%はゴミであるというのは、生まれた当初から言われていることだ。もちろん、情報のやり取りをしている当事者にとっては、世間話であっても意味がある会話であり、ゴミかどうかは情報を探している人の立場による。

『ゴミかどうかは情報を探している人の立場による』

はい、これが答えの全てです。団藤記者の言う「質が落ちた」とは、団藤記者にとって質が落ちたという意味です。団藤記者が正しいと信じている意見を記したサイトが多くの賛同を得られず、検索結果の下位に埋もれ、気に入らない意見を記したサイトが検索結果の上位に来ている。ですが上位に来ている以上、それは多くの人が見て、リンクして、知れ渡っているサイトであることには間違いがない。

その状況が気に入らないと団藤記者は言っているのです。



少しタイトルと外れますが、幻影随想さんの意見を紹介。


ここが変だよブログ時評(1)幻影随想
私はむしろ、左翼的観点から「ネット右翼」という言葉の安易な使用を戒める声があまり出ないことに驚いている。
「ネット右翼」という言葉が使われる時、大抵は対象に対する否定的な意味合いが込められている。
そしてその言葉が向けられる先は本来の意味での右翼ではなく、状況次第でどちらにも流れる流動層だ。
本来の意味での右翼は少数しか混じっていない。
戦う必要のない人間まで悪し様に罵って敵に回してどうするのか。
敵戦力の分断と中間勢力の取り込みはどんな局面だろうと当たり前の戦術だというのに、
自ら好んで中間層まで敵に回していては世話はない。
あえて言おう、ろくに考えもせずに「ネット右翼」などという言葉を使うのは馬鹿のやることだと。

・・・迂闊だった、普段から戦略的思考を心掛けようとしているのに、何故この指摘を私がもっと早く出来なかったのか。


03時30分 | 固定リンク | Comment (12) | 議論 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 今のままでは ネット右翼=左翼にとって「ネット上で自分の意見に同意しない人」を指す言葉
    という定義が成立してしまいますね(笑)

    日に日に自分が同意できる意見が検索結果の下のほうに沈んでいく・・・それは団藤記者に
    とって悪夢のような現実なのでしょう。

    自分の意見が多くの人の支持を得られない場合、普通は「自分の意見のどこがおかしいの
    だろうか?」と考えるものですが、団藤記者は「日本の市民社会の知のレベルが落ちている」
    と考えているわけですね。

    落ちているのは「市民社会の知のレベル」ではなく、悪夢のような現実を受け入れることが
    できない「団藤記者の知のレベル」であることに早く気づいてほしいものです(笑)

    Posted by ラッキーマン。 at 2005年03月24日 06:40:46
  2. なんというか、社民党と共産党の凋落に対して「日本国民は民度が低くなった!」とおっしゃる方々を連想させられますね。
    両党を支持する =民度が高い
    両党を支持しない=民度が低い
    自分の意見に同調的=質が高い
    自分の意見に批判的=質が低い

    もし仮に彼の言い分を認めたとしても、それは検索エンジンのアルゴリズムの問題ではなかろうか、と思います。
    彼がinfoseekからgoogleに乗り換えたのは何故なのか。ソニーで検索してもアダルトサイトがトップページに出てくるような時代を知らないわけはない。
    ノイズが増したならそれを打ち消しシグナルだけを探し出す検索エンジンが出てこないことこそ文句を言うべきだと思います。

    例えて言うなら、新聞記事を書く上での取材対象(=インターネット上に無数にあるサイト群)に取材して記事にする記者(=無数のサイトにアクセスし重要なモノを探し出し表示する検索エンジン)と読者(=価値のあるサイトを見たい閲覧者)のような感じというか。

    皮肉すぎますかね。

    まぁ、実際左右問わず見るに耐えない記事ってのも、絶対数自体は確実に増えてる気はしますがそれはそれとして。

    Posted by シャイロック at 2005年03月24日 07:36:41
  3. ラッキーマンさん

    >団藤記者は「日本の市民社会の知のレベルが落ちている」
    >と考えているわけですね。

    そういった勘違いが炎上の原因になったと言うことでしょう
    なあ。こんな考え方だと旗旗に出入りしているリベラリスト
    の反感をも買う。こんな勘違い野郎はご免だと大抵の人
    は考えてしまうわけですね┐(´ー`)┌

    尤も、拙blogが見る人によってはゴミblog
    だと言うことは否定しませんが(w
    少なくとも筑紫哲也や辛椒玉みたいな連中にとっては
    見るに耐えないものである事だけは確かですのでwww

    Posted by abusan at 2005年03月24日 11:00:33
  4. 蛇足

    只、ググッた時にキーワード=abusan以外で
    拙blogが上位に出てきた時は一寸恐い気が
    しますね。

    Posted by abusan at 2005年03月24日 11:05:12
  5. JSFさん、はじめまして。うぼしと申します。

    何というか、団藤さんという人は自分のサイトの読者を一個の集合体としか見れない人なんだろうな、と思いますね。その集合体には自分の思想を支持してくれる「善玉」(この場合は左派)とその逆の「悪玉」(この場合は右派)がいて、Googleに引っかかるサイトが悉く「悪玉」側だからネットはゴミだらけだと思ってると。
    でも(当たり前ですけど)ネットにはいろんなヒトがいて、個々人のブログを読み込んでいけば単純な「みぎ/ひだり」では区別できない複雑な個性があるわけで、その総体としてネット言論の世界があるんだってことは自ずと分かりそうなものなんですけど。
    僕は思想的には右派ですけど、はっきりいって同じ右派系のブロガーでも「こいつとは意見が合わない」「気に入らない」と思うヒトは一人や二人じゃないですし(誰とは言いませんが(笑))、逆に左派の人が運営してても個人的に大ファンで毎日読ませていただいているようなブログもあります。右の人だろうが左の人だろうが面白いものを書く人はいますし、それは思想信条に関係無くインディヴィデュアルな才能として評価されるべきだと思うのですが。
    単純な二項対立図式で世界を勝手に色分けして、本当は素晴らしいものでも自分で掛けた色眼鏡のせいでその素晴らしさがわからなくなってしまうとしたら、それ以上に不毛なことは無いと思うんですけどねぇ・・・。

    Posted by うぼし at 2005年03月24日 12:22:01
  6. ところで団藤記者は、勝手に妄想で敵を作り上げてそれを攻撃するクセをなんとかしてほしいですね・・・ブログがマスコミを殺すとでも思ってるのでしょうか?

    Posted by JSF at 2005年03月24日 21:42:09
  7. 『ブログの現状はそれほど素晴らしいか』より抜粋
    >一つひとつの書き込みの意欲は大いに買ってよい。しかし、「もっと勉強しようよ」と言わざるを得ない。書き出す前にGoogleで検索するだけでも随分違うと、前に書いたと思う。

    Google検索の質は落ちてるんじゃなかったでしたっけ??

    Posted by J2 at 2005年03月25日 03:27:06
  8. > ところで団藤記者は、勝手に妄想で敵を作り上げてそれを攻撃するクセをなんとかしてほしいですね

    ところで朝日新聞は、勝手に妄想で敵を作り上げてそれを攻撃するクセをなんとかしてほしいですね
    ところでマスコミは、勝手に妄想で敵を作り上げてそれを攻撃するクセをなんとかしてほしいですね
    ところで反戦市民は、勝手に妄想で敵を作り上げてそれを攻撃するクセをなんとかしてほしいですね

    違和感がありませんね。

    クセというより本質でしょう。目的があって戦っているのではなく、戦うために目的を設定するのです。「ニュース」の報道を無限に行うために。次の「ニュース」のために、次の次の「ニュース」のために。


    Posted by 岩魚 at 2005年03月25日 13:39:49
  9.  幻影随想さんのご指摘では「あまり出ない」ですが、実際には皆無に近いでしょう。ネット上というのは、忌憚なく意見を書けるはずなのですが、そうした声をあげる人を見かけることはありません。何かを「悪」と糾弾するときは結束できるのですが、それが自省の方向に向かわないのが不思議です。
     ある意味で、実社会と同じ「横の繋がり」「世間体」というものを非常に気にしているのかもしれません。

     国家や共同体を否定する代わりに、そうした思想面でのコミュニティを心の拠り所にしている場合、そこから排除される恐れのある苦言や忠告はやりにくいでしょう。

     逆に、自分達がそうした結束をしているからこそ、「ネット右翼」という一枚岩の集団があるように錯覚するのかもしれません。これは、「こちらが非武装なら向こうも襲わないに違いない!」という非武装中立の考え方とも似ています。将棋や囲碁をやるだけでも、自分と他者の思惑が異なることは解るはずなんですけれどね。
     プロの記者さんはそういう思い込みに陥らないで、流石だと思わせる記事を書いて欲しいものです。


    Posted by 野良猫 at 2005年03月26日 00:48:11
  10. ポリティカルコンパスの日本版が出ていますね。
    http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html

    Posted by 名無しの猫 at 2005年03月26日 02:08:00
  11. 名無しの猫さん

    abusanの結果
    保守・リベラル度 2.29
    (経済的な)右・左度 -1.82

    予想通りの結果でしたな。
    政治的には右翼であるけど経済的には左翼と。
    アンチ朝日だったら保守的になる筈だと思いますね。

    Posted by abusan at 2005年03月27日 11:30:00
  12. >敵戦力の分断と中間勢力の取り込みはどんな局面だろうと当たり前の戦術なのに

    某国みたいに、"国内向け"宣伝ぽい。
    既に本来の敵や自分になびかない世論なんかどうでも良くなってたりして。
    ちなみにツッコミ="内政干渉"

    Posted by 永遠の14歳 at 2005年03月29日 03:12:41
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

ここが変だよブログ時評(2)
Excerpt: 前回のエントリの続き。 今回触れる部分はこちら。 ・ネット右翼的な思考回路は限界〜若隠居さんへのお答え 若隠居氏によるブログ時評のネット右翼論への疑問に対する返答となっているが、 中身はなぜか途中で..
Weblog: 幻影随想
Tracked: 2005-03-24 19:28

本当にブログの隆盛で検索結果の質は落ちたか?その2
Excerpt: (本当にブログの隆盛で検索結果の質は落ちたか?)さて、前回の「本当にブログの隆盛で検索結果の質は落ちたか?」ではブログのせいで検索結果の質が落ちているとは言えないと結論付け、ydando氏の主張が間違..
Weblog: ひたすら無題
Tracked: 2005-03-25 00:53

ブログにより検索結果の質は下がっているか
Excerpt: 私の正直な印象ではかなり下がっていると思う。ブログが流行る前は、それこそGoogleの"I'mFeelingLucky"だけでも、真面目で有意義な解説のページに跳べていたようなものが、ただの個人の感想..
Weblog: du@docozo
Tracked: 2005-03-25 08:48

ミサイル着弾を遠くに眺め
Excerpt:  『ガ島通信』様の3月24日付エントリー「大人になったホリエモン」のコメント欄がなんだかボヤっぽい。  六本木・台場戦争に関しては、立場は心情消極的堀江支持といったあたりに分類されるだろうが、正直ど..
Weblog: Parsleyの「添え物は添え物らしく」
Tracked: 2005-03-25 12:13

保守、リベラル、そして中間層
Excerpt: 目から鱗が落ち、かつ、自分でもドキッ(◎-◎;)とした意見が黒影様の 「幻影随想」でエントリーされてました。
Weblog: Absenteの酔いどれBlog
Tracked: 2005-03-25 13:06
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。