2007年02月28日
SNSの書評からの転載を、もう一人の方からも許可が得られましたので紹介します。(なるべく早く私自身の書評もUPしますので…)今回の書評紹介はHN「東部戦線」さんからです。


『反戦軍事学』レビュー 書いた人:東部戦線
 これはダメでしょう。
 「学」と銘打った本ではありますが、実際は筋道だった主張ではなく情に訴える本といえます。内容的にもエッセイの域を越えるものではなく、軍事学には程遠いです。

 最初の「入門編」の部分。まず、ここからいけません。
 架空の軍隊生活を描くドラマと初歩的な軍隊知識が書かれているのですが、このドラマ仕立てというのはわかりやすいけれども、それだけにズルイやり方です。
 筆者は「あり得うべき未来図」などと言っていますが、読者は蓋然性の高い予想と解釈する可能性があります。しかし、決してそうではありません。例えば、このドラマはいきなり主人公が上官に殴られるシーンからはじまりますが、日本に軍が復活したときにこういう体罰が復活すると考える根拠は示されていません。こういう印象的な習慣については復活すべき理由が示されてしかるべきでしょう。
 ようするに小説形式で軍隊の不快な側面を読者に印象づけ、感覚的に軍隊への反感を植え付ける形になっているのです。
 これは人に知識を解説する本としてはやってはいけない手法でしょう。

 次の「中級編」がまたひどい。
 内容は初歩的な兵器の薀蓄にすぎず、おおよそテーマ順に並んではいますが雑文の域を越えていません。たったの六行の解説で潜水艦について何か意味のある知識が得られるはずないでしょ。というか、雑学的な内容しか書いてないし。
 薀蓄の内容も半可通としか言いようがありません。典型的なミリタリーマニア初心者のレベルで、薀蓄としてもかなり水準が低いです。読者をうんと舐めているのでなければ、筆者はマニアとしても非常に薄いです。
 またマニアにありがちなことですが、筆者は日本の兵器を軽蔑しているらしく、滅っ茶苦っ茶にけなしまくっています。内容は許すとしても自説を強調する演出が多すぎる。
 イージス艦をけなしている部分がありますが、その直前に長々と旧海軍の戦艦大和の悪口を書いてある。大和のイメージをイージス艦にダブらせて、イージス艦が無能であることを感覚的に印象付けようとする姑息な手口としか言いようがありません。

 そのあとの「上級編」「応用編」は論外としか言いようがないです。いろいろな人の発言をあげつらって、ひたすら否定しまくるだけ。
 有名人を派手に非難しているので変な爽快感を覚える読者もいるかもしれませんが、この部分は中身がないです。
 自説は他人の論ばかり借りずに、事実と自分で組み立てた論理を中心に主張すべきでしょう。

 この本の内容は知識としても理論としてもレベルが低いです。クラウゼヴィッツの引用など間違ってるところもいくつもあります。さらに筆者の偏見が濃厚に入ってます。一番良くないのは読者をだますような策を凝らしていること。
 こんな本を読んで軍事についていくらか知識が身についたなどと思っちゃいけません。
 格言にも「生兵法は大怪我のもと」と言いますから。


作成日時 2007年01月21日 15:56
満足度 ★☆☆☆☆

要するにこの本は「問題外」だという評価でしょうか。

>「学」と銘打った本ではありますが、実際は筋道だった主張ではなく情に訴える本といえます。
>内容的にもエッセイの域を越えるものではなく、軍事学には程遠いです。

この解説で何もかも説明されている気がします。
また、冒頭部分の仮想小説の部分ですが、

>ようするに小説形式で軍隊の不快な側面を読者に印象づけ、感覚的に軍隊への反感を植え付ける形になっているのです。
>これは人に知識を解説する本としてはやってはいけない手法でしょう。

著者による印象操作が行われていると東部戦線氏は指摘しています。
実際に消印所沢氏がこれを引用し、こう問われました。

「ところで,自衛隊は上官から殴られたりします? 本書にはそういう「妄想小説」が含まれているとの,他のレビューの記述がありますが.」

これに対し現役自衛官と退官した方から返答は以下の通り。

「昭和末期入隊の私ですらそういう記憶はありませんねぇ」by Cpt.hige
「俺も昭和末期入隊でしたが、上官はおろか、同期同士でも殆どありません」by EF63-24

もちろん、自衛隊は閉鎖的な生活を強いられますから、苛めが全く無い、だなんてことはないですし、実際にあります。しかし旧軍のような体罰が横行する組織ではもう無い事も、確かです。


>次の「中級編」がまたひどい。
>内容は初歩的な兵器の薀蓄にすぎず、おおよそテーマ順に並んではいますが雑文の域を越えていません。

そうなるとその部分では私も雑学的なツッコミをする事になりそうですね。(それをやると「枝葉瑣末な事を指摘してるだけ」と反論を受けそうですが、ある意味ここが一番面白い)


>そのあとの「上級編」「応用編」は論外としか言いようがないです。
>いろいろな人の発言をあげつらって、ひたすら否定しまくるだけ。
>有名人を派手に非難しているので変な爽快感を覚える読者もいるかもしれませんが、この部分は中身がないです。
>自説は他人の論ばかり借りずに、事実と自分で組み立てた論理を中心に主張すべきでしょう。

これはその通りだと思います。本として、しかも「○○学」として出す以上は自分自身の論説を主論として主張すべきで、それが出来ないのであれば批評本として出すべきです。決して「○○学」という名前で出すべきではありません。(ただ、他人の発言を取り上げて否定するという作業は私もブログでよくやっていることではあります。以前雑誌社の方に「週刊オブイェクトを書籍化しないか?」と誘われた事もありましたが、本として出す自信が無いので断ってしまいました)

「東部戦線」氏のみならず、「早稲田の論客だった人」氏もこの本をこう評しています。

「救済ノート」(不当逮捕された時にどう行動するか書かれた本)的書籍

ただしそういった書籍でも内容さえ正しければ反戦運動家にとって有効活用できる筈です。軍事分野で反論を受けた時に対処できればよいのですから。しかし山田朗教授の「護憲派の為の軍事入門」は救済ノートにすらなれませんでした。内容が悉く間違っていた為です。そして、林信吾氏の「反戦軍事学」は・・・それは私がこれから行う書評と、消印所沢氏の纏めを見た後で各自で評価してもらいたいと思います。

論旨の主要部も、雑学的な枝葉瑣末部も、何もかも取り上げて行きますので。


00時49分 | 固定リンク | Comment (89) | 議論 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 駄本いじりに労力を使うよりも
    JSF氏自身が納得できるような軍事学本を書いてほしい俺ガイル

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 01:07:22
  2.  本日の拙作サイトのトップ画像,例によって1日毎の更新ゆえ,トップ画像としては本日のみになりますので,保存なされたい方はお早めに.

     いずれどこかのページに投入するかと存じますが.

     ちなみに,その後,2ちゃんの過去ログから発掘した記述では,

    ----------------------------------------
    http://mltr.e-city.tv/faq05k.html#07966

     俺,知り合いに元自がいるんだけど,「最近の自衛隊はなってない.若造を殴ることすらできない.こんなことでは・・・」と嘆いていた.
     殴ると今の若者すぐ辞めちゃうから.
     新人を殴って教育することすらできない自衛隊で,あのマンガみたいなことあり得ないよね.

    ----------------------------------------

     …それもなんだかなあ,という記述ですが,まず殴られることはなさそうです.

    Posted by 消印所沢 at 2007年02月28日 01:12:38
  3. >JSF氏自身が納得できるような軍事学本を書いてほしい俺ガイル

    ミリタリー系同人誌に参加しないか?との誘いを受けています。前向きに検討中です。

    そういえば消印所沢氏は太田述正氏のメルマガでコラムを書いていたような。

    Posted by JSF at 2007年02月28日 01:26:20
  4. http://mltr.e-city.tv/index02.html

    TOP画像バロス!!! 林【神】吾ですか! 新たなる神の誕生ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 01:34:30
  5. あ、すいません
    私が「予備役」になっていますが、「退役」もしくは「退官」にしていただけますでしょうか?

    予備自衛官でも無いので、それこそ徴兵でも無い限り復活の可能性は無いので・・・念のため
    まあ、徴兵が復活しても、こんな爺はイラネって言われそうですがw

    更に精査するとhige氏は幹部自衛官(陸自)、私は一般入隊の士(空自)で同じような見解ですから、暴力に関しては、上下部隊問わずある程度の規則(暗黙の了解)が働いているものと推測できます。
    無論こんな大所帯では例外が出るのは、仕方ありませんが・・・

    Posted by EF63-24 at 2007年02月28日 01:50:26
  6. >本として、しかも「○○学」として出す以上は自分自身の論説を主論として主張すべきで、それが出来ないのであれば批評本として出すべきです。

    とありますが、なんかこう、偏見ですけれども、「これがおれの主張だ文句あっか、あ?」とか言いに来そうで怖いです。

    >Posted by 消印所沢 at 2007年02月28日 01:12
    神速で保存したwwwww

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 01:56:33
  7. >EF63-24氏

    了解しました。すぐ修正します。

    Posted by JSF at 2007年02月28日 01:59:35
  8. 「徴兵制」「体罰が横行」って、どこかで聞いたような話だと思ったら、韓国軍?
    お隣の国の事例を挙げて危険性を指摘するとは、林信吾氏やるな!
    って違いますか。嫌韓厨と言われそうですな。

    実際のところ、学校で普通レベルの体罰ですらやった教師が散々に叩かれるこのご時世で、そんな体罰があったら自衛隊叩きの格好のネタなんですが・・・。
    ただでさえ手足縛られて苦労してる自衛隊の方々が、自分から手足を縛る縄を増やす意味がないと思うんだけどねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 07:29:24
  9. JSF氏の記事をすごく期待しています。
    がんばってください!!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 08:49:30
  10. 書評だけでみるのはあれだけど
    本当の意味でのタイトルは「反戦的論争学」じゃね?
    入門編では仮想小説などを使う初歩的なテクニックで現実が悲惨に見えるようにする
    中級編では一般人が知らないような兵器をあげて性能をけなす事により濃厚な軍事マニアと見せかける
    上級編や応用編では評論家などの発言を取り上げてそれを批判する事により他の意見を排除&自分の意見を信じ込ませる

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 09:40:43
  11. うーん、この書評でのぐだぐだっぷり、実に読んで見たくなってきた。
    だが買うべきか図書館に入るのを待つかそれとも立ち読みか、それが問題だ(ぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 09:52:00
  12. 軍事学って何でしょうね?戦略学もしくは地政学とどう違うのでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 10:57:46
  13. 軍事組織の運用・運営に関わることをすべて大将とする学問とか?w<軍事学

    ところで、せっかくここまで話題にしてやってるんだから、先制攻撃とかないですかねw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 11:09:14
  14. 楽しみにしております。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 11:15:41
  15. ハートマン軍曹も殴ったり蹴ったりは意外にしてないんですよね。ひたすら怒鳴るだけ。あとはみんなで腕立て伏せとか。

    Posted by Q at 2007年02月28日 11:29:04
  16. 「単行本オブイェクト」には期待が膨らみます。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 12:02:05
  17. 魔王の極大魔法発動からの連続コンボによる
    一方的な虐殺開始をワクテカして待ってますww
    しかし・・・まともな勇者はいないのかよ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 13:14:26
  18. いっそディアゴスティーニから週刊誌で。
    おまけの部品を1年集めて組み立てるとT-72が完成。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 13:26:56
  19. >ハートマン軍曹も殴ったり蹴ったりは意外にしてないんですよね。

    なんか、それが海兵隊の教育のキモだって聞いたことがある。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 13:39:30
  20. >海兵隊の教育のキモ

    PT(phisical training)?
    まぁ溺死するやつが出るくらい泳がせるし食事もなにも制限時間ありでオーバーするとしごかれるが。
    殴る以前に訓練それ自体のしごき度が半端じゃないし

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 14:05:17
  21. >>Posted by 名無しT72神信者 at 2007年02月28日 09:52

    図書館とて購入する本を選ぶ権利はあります。
    ……まあ、お花畑な司書が購入する可能性はあるんだけど。
    図書館9条の会なんてのがあるしなあ……

    Posted by 図書館の中の人 at 2007年02月28日 14:50:34
  22. >Posted by 名無しT72神信者 at 2007年02月28日 01:34

    うまいなぁ…ちょっと思ったけど、首から上を将軍様にコラしてもわからないんじゃ…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 15:14:08
  23. http://www.jca.apc.org/gi-heisi/news/no.007/007-02.html
    上官が暴行で有罪判決になったと
    書いてあるがデマでしょうか。
    自衛隊内での(上官による)暴行なんて
    たくさんあるんじゃないですか?
    というか自衛隊だけじゃなくて
    軍隊には普遍的にある
    現象のような気がしますが。
    自分の隊で暴行がなかったからって、
    他の隊でいじめがないという証拠には
    当然のことながら、ならんですね。

    自衛隊 暴行 上官 訴訟 などで
    検索すると出てきますよ。

    もっとも、問題の本は読んでないので
    本の内容がどうこう言うつもりはありません。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:07:49
  24. 林信吾氏は、終わりですな。敵に回してはいけない人達を敵に回してしまいましたね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:18:58
  25. 暴行、というほどじゃないですけど、隊員をひっぱたいたりなんてのは割りと聞きます。以前海自の幹部候補生の人に会ったときも上官に叩かれると言ってました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:20:13
  26. http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-04-07/2006040715_01_0.html
    同じ件。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:20:43
  27. >上官が暴行で有罪判決になったと
    >書いてあるがデマでしょうか。

    自衛官何十万人いると思ってるのさ、0なんてありえないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:22:58
  28. >俺,知り合いに元自がいるんだけど,「最近の自衛
    >隊はなってない.若造を殴ることすらできない.こ
    >んなことでは・・・」と嘆いていた.
    >殴ると今の若者すぐ辞めちゃうから.

    フランスの外人部隊では、訓練中でへばるとリンチを喰らうとか。フランス外人部隊は一味違うなと関心。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:27:20
  29. 存在する -> たくさんある
    上記の間に飛躍がありますね。
    例えば、○○(国民でも職業でもなんでも良い)の誰かが
    ××という事件を起こしたので○○は犯罪者集団だ。

    こういうの印象操作の一つの典型だよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:50:56
  30. 稀な事例を取り上げ、それがさも一般的であるかのように語る。
    人、それを「詭弁」と言う!

    Posted by GLOCK at 2007年02月28日 17:51:11
  31. 裁判所は「氷山の一角」と
    指摘したんだよ。
    雉嫁。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 17:56:56
  32. 常識的に考えて、「まったく0」というのは有り得んと思うんだが・・・。
    何だろう、突如「全か無か」を適用する人達に、警察・自衛隊を目の敵にする連中が多いのは気のせい?





    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 18:03:18
  33. 「全か無か」を適用する人達に限って、特ア犯罪に関しては
    「ごく一部をまるで全体であるかのように言うなっ」
    と、言っている気が……

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 19:03:24
  34. 少なくとも旧軍のように「文化」として私的制裁が定着しているわけではないんだろうし。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 19:12:45
  35. 私的制裁があったとしても、
    それを減らすように組織を改革・調整していけば良い訳で、
    自衛隊の存在自体を悪しきものとして否定する理由にはなりませんよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 19:26:39
  36. 裁判所は全知全能の神なのか

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 19:26:43
  37. ソースがjca…

    せめて判決文原文を引用するようにしようね

    >Posted by 名無しT72神信者 at 2007年02月28日 17:20

    割と聞くって誰に聞いたの?
    ソースはその幹部候補生だけ?
    そいつがトロいだけじゃなくて普遍的な現象?
    「殴ると厄介なことになるからやらないだろ」という指摘についてはどう?


    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 19:50:37
  38. 恐縮ですが、その人から聞いただけです。でも年がら年中ひっぱたかれてるとはその人も言ってませんし、特に厳しいと言われる海自なら少しくらいあるんじゃないかなと思って信じ込んじゃいました。どう?って言われても自分は海自の中のひとじゃないんでわからないです。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2007年02月28日 17:20 at 2007年02月28日 20:00:35
  39. つまり根拠無しかよ。

    ・・・話にならんな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 20:11:32
  40. >上官が暴行で有罪判決になった

    このこと自体が自衛隊内で暴力が容認されていないことの証拠ですね
    終了

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 20:14:23
  41. はあ…すんません。

    Posted by 17:20に書いた人 at 2007年02月28日 20:48:27
  42. 上官(指揮官)が教育として暴力振るうってことはないだろうな。
    ただ、DQNな先輩が暴力振るうってのはよくあるだろ。上の赤旗記事もそうだが。
    それはそいつの個人的な犯罪。もちろん指揮者はそうゆうことが起こらないようにする監督責任があると思うがね。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 21:05:41
  43. 自衛隊ったって、つまるところ「お役所のひとつ」ですからね。
    いじめと言ったっていかにも軍隊的なものよりもっとこー「官僚的」な感じのがメインになってる気がするよ。

    あ… そういえば県とか市とかお役所は最近労働環境が酷いらしいですね。
    給料こそいいものの、中間管理職の人ばっかたくさんいて基本的に手となり足となって働く人手が足りないもんだから新入りはサービス残業当たり前の激務続き。
    そこへもってきて人格がアレな人の下に配属されると、それこそ「こんな仕事なんかほっぽり出して自殺できたらどんなにいいことか」って毎日思わされるハメになるらしい。

    さてそこでだ。
    「若造の自衛官がいじめで自殺した」って報道がはたして「自衛隊は非人道的な組織だ」と主張する根拠となり得るだろうか?

    Posted by ハインフェッツ at 2007年02月28日 21:20:23
  44.  自衛隊の話にずれているようなので、念のために申し上げておきます。
     『反戦軍事学』の入門編の小説部分の中に自衛隊時代には体罰がなかったことを示唆する部分があります。
     それでもなおかつ新しい日本軍に上官や先輩による制裁が復活する根拠が示されていないことは変わりませんが、とにかく自衛隊内で制裁があることは否定しています。
     ひょっとして、今、ここで出ているような自衛隊にはビンタや鉄拳制裁はないといったツッコミから逃れるためではないかという疑いは残ります。『反戦軍事学』はどこの部分をみても、なんらかの批判を避けるためではないかと思われる逃げがうってある部分が多々みられるからです。
     むしろ、そういうズルイ書き方が気になる本です。


    Posted by 東部戦線 at 2007年02月28日 22:25:53
  45. >ひょっとして、今、ここで出ているような自衛隊にはビンタや鉄拳制裁はないといったツッコミから逃れるためではないかという疑いは残ります。
    -----

    ナルホド。色々と仕込まれているんですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 22:31:43
  46. JSF氏の書く同人ないし商業誌は非常に興味がありますが、軍事板常見問題の辞典化なども、もし可能であれば協力したい所です。
    著作権等の問題が多そうですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 22:54:53
  47. 旧軍の鉄拳制裁も「殴ってその場で済ましてしまった方が、上に報告せずに済み丸く納まる」という面もあったそうで。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年02月28日 23:56:02
  48. 俺は電電公社に入隊したが上官にヘルメットの上からペンチでがんがんひっぱたかれることは毎日だった。
    (俺がヘタレだったんだが)
    のでNTTは体罰を容認する軍国主義社なのだよ!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 00:11:12
  49. 自衛隊の「体罰」って腕立てだと聞いたことがあります。ただし命じた本人も一緒にやらないといけないとも。(自分ができないことを強制してはいけない、というのが建前だとか)

    確かにいじめや暴行が全くないのはどこも同じでしょうけどね。(虐めが元で船内で首吊ったとか江田島で自殺未遂おこしたとか、訓練中に風で寝込んでいるのをズル休みだと思って蹴ったとか、駐在防衛官が部下を殴打して現地警察に逮捕されたとか、この辺は確か新聞に出たはず)

    もっともこの手の話はどこにでもある話で(教材のセールスマンが成績が悪くて上司にサソリ固めで殺された、ってのもあったな…)それを自衛隊特有のもののように描写するのは酷い印象操作ですね。(警察なんか部下にロシアンルーレットやらせたっつうのもあったような。弾は抜いてあったそうだけど…)

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 00:21:05
  50. 派遣なんかもっと酷いと思うが。

    でも、大学時代の実験系研究室の体罰の話はさらに酷かった…

    ・レンチで側頭部を殴打する。
    ・安定化電源からの直流電流に感電させる。
    ・液体窒素をかける。
    ・何の防毒措置もとらずに化合物半導体の装置を暴露修理させる。
    ・パルスレーザーの出力を肌で覚えさせる。
    etc


    ひぃぃぃぃ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 00:28:34
  51. >でも、大学時代の実験系研究室の体罰の話はさらに酷かった…

    ちょwwwww、そこまで行くと殺人未遂


    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 04:05:13
  52. うちの大学の教授、注射器投げつけたこと合ったらしい。針つき発がん物質入り。

    おそらく自衛隊より性質の悪い組織や殴りあいやってる組織は多数あるでしょ。
    マスコミとかに無茶苦茶監視されてますから、他の組織よりまともじゃないかと思います。
    大体朝◎新聞でも上司と部下が殴り愛してた事件ありましたがな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 04:10:10
  53. パルスレーザー=体罰というのは、その研究室で毒されすぎwww

    朝日あたりに売れば全国ネットで大学が有名になれるよw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 04:58:26
  54. >上司と部下が殴り愛してた事件
    激しいプレイですな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 08:37:49
  55. 殴り愛というと、朝日新聞も社内でやらかしてまして警察ざたにしてましたな。

    まぁそんなことより、書評みるとこの「反戦軍事学」は
    トンデモ本好き向けに書いたんじゃないかと思うこのごろです。



    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 08:52:25
  56. 「まず、買って読め」って言ってるけど、
    買ったら買ったで(売上が上がれば)自分の考えは正しい、とか勘違いしたりして・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 09:57:53
  57. もう辞めた身なんですが、昔反省としていわゆるレンジャー跳びを300回やらされたとき、
    最初は隣で一緒になってやってた上官がいつの間にか見えなくなってて
    足が生まれたての子鹿になってふと気づいたら後ろで腕組んでたことが。
    暴力は絶対にふるうなとのお達しは来るんですがそれを逆手に舐めてる奴や根性無いのがいるんでなかなか難しいんですよね。
    今の時代、殴るといっても乾燥室でビンタやボディーブローを軽くってのが限度だと思います。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 11:44:47
  58. >今の時代、殴るといっても乾燥室でビンタやボディーブローを軽くってのが限度だと思います。

    現場で堂々と殴るよりそっちのほうがタチ悪い気もするけどな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 12:03:09
  59. >ボディーブローを軽くってのが限度だと思います。

    顔だとばれるからということですか?
    旧軍では下っ端も飯にフケをいれるとか、お茶に唾を入れるという仕返しができたけど、今の自衛隊じゃできないだろうな。


    兵庫県警で表に出る前の機動隊なんかは旧軍並みの酷さだった(ミンミン蝉とか橋渡りなんかまんまそう)が、自殺したりしそうな奴には隊長が奢りでソープに連れて行ったりしてなだめたもんだ。
    訓練の終わりの日は、統括県の部長がポケットマネー(機密費?)で出してくれる宴会の終わりには、みんな総出で風俗街(やっぱりソープが多い)に繰り出し上下なく俺お前の関係になって憂さを晴らすというのが恒例だった。

    坊主頭にスーツ姿の男が固まった集団で行動するさまはかなり異様だったが。


    海自も外国の港に入ると、艦長の奢りで連れ立って風俗に行き上下間の「親睦」を深めるというのは、嘘なんですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 14:22:42
  60. 猪木マニアの間で「気合注入ごっこ」してたら、それも第三者から見たら体罰だよな・・・

    俺も気をつけようw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 15:41:12
  61. >自衛隊時代には体罰がなかったことを示唆する部分

    東部戦線氏の当該発言を結論としてそろそろこの脱線に終止符を打とうじゃないか(´・ω・`)

    もちろん軍になったからといって殴り放題蹴り放題にならないぞ、って話ならおkだと思うが

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 17:08:15
  62. つまり、東部戦線氏の当該発言を要約するならば、
    問題の漫画の部分は大ゴマの部分に漏れなくゴチック体の薄い文字で「イメージ映像」って入れといたほうがよほど親切だ。
    今の姑息な書き方では肝心要の部分ばかりが3ミリのフォントで書かれてる保険屋のチラシと変わりない…

    てな認識でいいのかな?

    ところで…「パルスレーザーの出力を肌で覚えさせる」って、もしか小官を釣る為のネタ?

    Posted by ハインフェッツ at 2007年03月01日 20:09:34
  63. パルスじゃないがうちの研究室でもチタサファイアの「味」は覚えさせられましたよ。(結構ヒリヒリする。発癌性…)散乱光があたった時にわかるようにって。(どう聞いても嘘だよなぁ)

    ちなみにパルス…の話は最初は本当に「教育」っだったらしいです。ある時食らった奴が気絶して装置に倒れこみ大怪我したので、あらかじめ「慣れとけ」といことだったらしい。それが後年助手の折檻の手段になろうとは…。
    あと電気は「漏電部に触った時云々」とかさらにうそ臭い理由付けがなされていました。
    液体窒素は、液ヘリウム蒸発させた奴が食らってたなあ。(戦時中のような標語が貼ってあったけど。)

    うちの大学だけかも知らんけど、こういう伝統があるのって企業帰りじゃない、純粋アカデミック教授の所が多かったですね。

    まあ、体罰って言うものはどこでも「愛の鞭」で誤魔化されているということで。自衛隊だけ色眼鏡で見るのは明らかにおかしい。
    ちなみに体罰でうちの大学新聞に出たはず。これとは別件ので。


    あ、半導体製造装置の件は体罰ではなく、単に金をケチっただけらしいです。「お前らの健康より装置サマの方が大事なんだ」ってまんま「連合艦隊」byなべおさみ、ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 21:08:34
  64. >ところで…「パルスレーザーの出力を肌で覚えさせる」って、もしか小官を釣る為のネタ?
    自意識過剰にも程があるかと

    そろそろ放置安定かな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 21:34:38
  65. >ところで…「パルスレーザーの出力を肌で覚えさせる」って、もしか小官を釣る為のネタ?

    あのな、ハインフェッツ。

    ここはJSFの日記帳であってお前の日記帳じゃないうんだ。

    何でお前は自分が主役だと勘違いしてるわけ? 場違いだ消えろ。大学すら出ていないくせに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 22:20:00
  66. >Posted by 名無しT72神信者 at 2007年03月01日 22:20

    おちつけ
    >場違いだ消えろ。大学すら出ていないくせに。
    この台詞は格好悪すぎる。



    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月01日 23:12:11
  67. 軽いジョークだと思いますよ?
    そのくらい、いいじゃないですか・・・。不愉快になったとして
    >場違いだ消えろ。大学すら出ていないくせに。
    なんて言うほどのことじゃないでしょう。

    Posted by 旅するさかな at 2007年03月01日 23:21:17
  68. そろそろ神が来るころですかね…このブログもおそらくチェックしてるでしょうし

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 00:07:46
  69. >軽いジョークだと思いますよ?
    >そのくらい、いいじゃないですか・・・。不愉快になったとして
    甘いですね。
    色々と勘違いをしている御仁のようですから、下手に甘やかすと調子に乗って、直ぐに手が付けられなくなります。
    あの手の人間には、厳し過ぎるくらいの対応で丁度いい。

    まあ、
    >場違いだ消えろ。大学すら出ていないくせに。
    という台詞は別の意味でイタイ発言ですがね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 00:51:05
  70. 序章における発言をうけてじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 01:00:40
  71. >大学すら出ていないくせに。

    流石にこれは看過できん発言だと思うが…。
    大学卒業しないと会話や議論する資格も無いわけ…?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 01:05:37
  72. 大学すら出ていない人間が「パルスレーザーの実験」に立ち会えるとは思えない、そういった単純な意味での皮肉でしょ。しかしハインフェッツ氏は「小官を釣る為の〜」とか書いている。このセリフは本来、レーザー実験に携わった事のある人間以外では口にできない類の物だ。

    あと本人は意図していないかもしれないが、林氏を挑発する効果を狙ったものかも。w

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 02:03:37
  73. >大学卒業しないと会話や議論する資格も無いわけ…?

    最低限、理系の大学を出ていないと「レーザー実験の体験談」は語れないし議論が出来る筈もない。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 02:05:06
  74. えーっと・・・

    ここはいつから「レーザー実験の体験談」を語る場になったの?
    林氏のトンデモ本の内容に「レーザーによる体罰」があるのか?

    関係のないコメントは、主催者にも閲覧者にも不快なんで、理系の人は消えてくれる?
    理系の人とレーザーに関する議論する場ではないし、レーザーでの体罰を自慢する場でもない

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 02:29:11
  75. >>Posted by 名無しT72神信者 at 2007年03月02日 02:29

    揚げ足を取るようだが一つだけ。

    批判してる相手と同じ事をしてどうする。
    それこそブーメランですがな。気付いてないのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 02:53:35
  76. >最低限、理系の大学を出ていないと「レーザー実験の体験談」は語れないし議論が出来る筈もない。
    レーザーなら工業高校の実習棟にもあったような。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 05:38:56
  77. まあみんな落ち着け。
    著者本人の光臨前に身内でフレンドリーファイアしあってどうする。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 12:19:29
  78. 訓練中に公然と殴られた事はないけど、DQN先輩に連れられて影でこっそりとボコられた事はあるよ!
    と除隊した友人の経験談です。

    話それるけど、風俗街へ行くと無意識に隊列組んで行進してしまうらしいw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 13:11:39
  79. >話それるけど、風俗街へ行くと無意識に隊列組んで行進してしまうらしいw

    いや、そっちの方がむしろ本題に近いです。
    小官が触らせて頂いたのはパルスレーザーじゃなくてHFSの一種だったんですがね、ちょっと前に
    http://obiekt.seesaa.net/article/33657427.html
    この記事のコメント欄で変に突っかかって来た人がいたことをぼんやりと覚えてて、「それは釣り?」と、余計な一言を付け加えてしまったまでのこと。

    それがまさかこんなおもろ…もとい、賑々しい状況を発生させるなどまったく想定外でして。

    あー…それじゃ、ええと、「荒らしはやめましょう。総務省からのお願いです」

    Posted by ハインフェッツ at 2007年03月02日 19:52:39
  80. ハインフェッツ氏、ここは貴方が主役なのでは無い事を、胆に命じるべきだと思う。自分に言われたのだと思い込むだなんて、勘違いも甚だしい。以前にもブログ主宛てのコメントを自分宛てと勘違いして、ゴメンナサイしたばかりでしょう?

    >それがまさかこんなおもろ…

    またチャカす気ですか? 原因は貴方なのに。
    暫く自分のチラシの裏にでも書いてなさいな。
    そしてトラックバックを送ってきなさい。
    貴方の利用しているサービスでのトラックバックの送り方は、既に他の方が懇切丁寧に教えている筈ですよ。新たな機能の実装が必要になります。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 22:11:20
  81. >>Posted by 名無しT72神信者 at 2007年03月02日 22:11
    以前に何があったかは知らんが、「この記事中での原因」はお前だ。
    以前一度だけ書いたことだが、置いておくよ。

    >毎回思うんだが、違憲君然りこういった輩にはコテハン付けてもらわんと、レスに対するレスでゴチャゴチャになって困る。その場で自分にコテハンが必要か否かすら判断出来ない、ということならある意味納得。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 22:36:46
  82. >「この記事中での原因」はお前だ。

    いえ、その方とは別人です。

    >こういった輩にはコテハン付けてもらわんと

    その方とは違うので、特に必要だと考えていません。



    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 22:48:48
  83.  自意識過剰な人が生息するコメント欄はこちらですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月02日 23:32:47
  84. そろそろ本題にもどりませう。
    本の批判および批評は?

    Posted by 74式 at 2007年03月03日 05:46:35
  85. >74式

    とっくに新エントリでやってるだろ。何処を見ているんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月03日 15:47:57
  86. うん、だけどそれは「ここでのカオスを容認する」理由にゃなんないよね?
    それ以前に「内輪もめは打ち切りにして本題へ戻りませう」というコメントを何故叩くの?

    Posted by ハインフェッツ at 2007年03月05日 21:51:26
  87. 自分がカオスを深めている事に気付かない馬鹿が着たか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月05日 23:41:05
  88. だからなして本題に戻らんかな。
    そういうのを「目くそ鼻くそを笑う」って言うんですよ?

    Posted by ハインフェッツ at 2007年03月06日 20:20:04
  89. もういいよ。
    どっちがどっちでもいいからさ、
    JSFさんの家でグダグダすんなよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年03月07日 04:40:43
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

反戦軍事学
Excerpt: が面白いらしいんです。 週間オブイェクトで最近取り上げられてるんですが。 恐ろしくひどい出来だとか。 たたかれ方があまりにもひどいため、逆に見てみたくなってきました。 まぁでも、私みたいな..
Weblog: 最速の中のBlog
Tracked: 2007-02-28 15:41
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。