2013年06月18日
防衛省統合幕僚監部の公式ページが更新され、ドーンブリッツ演習の写真が新たにUPされました。ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」でもオスプレイ用コロ付き耐熱板を使用していることが明記されています。←写真の説明文が間違っていたことが判明。実際には「しもきた」です。※画像比較(2013年6月19日追記)

米国における統合訓練(ドーン・ブリッツ13)- 防衛省統合幕僚監部
 └ 活動風景(写真)

日本側は「甲板保護のためヒートシールド」と呼称しています。アメリカ側は「ポータブル・ヒートシールド」という表記が海軍航空システム軍団の記事で見受けられます。


2 Ospreys land on Japanese helicopter destroyer Hyuga. Joint exercise in California 06 14 2013

※アメリカ側で公開したビデオでは「ひゅうが」甲板上で耐熱板は見当たらず。


20時05分 | 固定リンク | Comment (21) | オスプレイ |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. これはいいニュースですね。
    そもそも無理して自衛艦で運用すべきではないのですよ。
    特別な装備を必要とさせるオスプレイ、これも欠陥の一つと言えるでしょうね。
    しかし、コロ付き耐熱板とはなんですか。
    変な名前ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:16:30
  2. なんで、わざわざ明記するんでしょうね?

    別にわざわざ明記しなくても、謎のままでもいいように思うのですが。

    このタイミングで明記する事にある種の欺瞞を感じます。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:36:21
  3. >1

    何時もの中国大好きキチガイ君の的外れ感想文きたー

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:36:36
  4. >2

    海上自衛隊としてはオスプレイの導入に反対だからじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:37:32
  5. >1
    >特別な装備を必要とさせるオスプレイ、これも欠陥の一つと言えるでしょうね。

    こういうのは欠陥とは言わないばかりか、耐熱板さえあればどんな艦船にでも使える、アスファルト道路の上でだって使えるという話なのだが。

    >しかし、コロ付き耐熱板とはなんですか。
    >変な名前ですね。

    コロ=車輪という意味だよ。



    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:39:54
  6. >2
    >このタイミングで明記する事にある種の欺瞞を感じます。

    右翼の機体を裏切りたかったからじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:40:37
  7. おっと機体じゃなく期待ね

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:41:19
  8. ヒートシールドとオスプレイで調べると2009年頃にヒートシールドが開発されたようですね。
    http://ww2.dcmilitary.com/stories/070209/tester_28169.shtml
    とすると、アメリカの艦船もヒートシールド使っているのでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:49:10
  9. アメリカ軍の発表したビデオにも動画にも「ひゅうが」では耐熱板は写って無いんだよな。まさか自衛隊は「しもきた」での写真を「ひゅうが」と称している可能性は有り得る。

    http://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Exercise/dawn_blitz2013/20130614_08.jpg

    これは本当に「ひゅうが」甲板なのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:49:30
  10. >8
    ワスプ型の改修が済むまで応急的に使ってたんじゃね? 全部の揚陸艦をいっぺんに改修できるわけじゃないから。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 21:51:00
  11. 日米同盟の深化した姿だなと思いました。弱すぎて困るとアメリカに言われないような日本と自衛隊になってほしいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 22:13:33
  12. >>9
    前の記事のリンクたどってみたが、確かにその写真はしもきたかもしれない。
    ひゅうがに着艦したオスプレイが何機か不明だけど、掲載された写真を見る限りでは前輪の所のペイントが二重になっていたり、後部エレベーター?の縁があるけど、ヒートシールド設置訓練の写真にはそれが無い。
    ひゅうがの側面、艦橋の横なら甲板端までペイントが延びていないといけないけど無いし、写真左に海と甲板端が見えるけど角度が変なのが理由。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月18日 22:31:05
  13. 同じ00のナンバーがついてる機体だけどねえ

    思うに、着陸から物資搬入等、機体の収容までの間は出力や時間からヒートシールドが必要じゃなくて、離陸時に使ったんじゃないかな

    防衛省の写真が時系列的に並んでいるとすると、機体が格納された後にもう一度甲板上に出て、そのときにヒートシールドを敷いている

    米軍の映像では格納してもう一度甲板に上げる所で終わってるから映ってないんじゃないの

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 00:16:00
  14. 確かに飛行甲板上の塗装パターンは「ひゅうが」のものではなく、「しもきた」の可能性が高い
    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4283976.jpg

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 00:33:40
  15. じゃ「ひゅうきた」ってことで

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 00:54:51
  16. >>13
    そしたら写真が変なのよ。
    訓練中の写真をよく見ると、後ろの海上に航跡らしきものがうっすら見える。だけどひゅうがには該当する箇所が無い。

    ひゅうがでも使われた可能性を否定する訳じゃないけどこの写真は違うよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 02:37:50
  17. 写真は「ひゅうが」ではなく「しもきた」の甲板なのに、統幕は「ひゅうが」の甲板で耐熱板を使ったとキャプションを付けたって事? なんだか作為的なものを感じるな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 11:05:46
  18. 飛行甲板の後端に左舷側に斜めに倒した棒が見えるけど、これは「しもきた」の旗竿で、「ひゅうが」の旗竿は右舷側に水平に倒れるものなので、この写真が「しもきた」のものであることは確定。

    「しもきた」の旗竿は、この写真のオリジナルを見るとはっきり分かる。
    http://www.flickr.com/photos/compacflt/9046863142/

    「ひゅうが」の旗竿は、この写真のオリジナルで分かる。
    http://www.flickr.com/photos/compacflt/9046791446/

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 11:08:47
  19. 日テレNEWS24の動画(タイトル:「夜明けの電撃作戦」日米で離島防衛訓練 最前線取材)に着艦時、発艦時のシーンがそれぞれ極僅かの時間映っているが、いずれもヒートシールドは使っていないように見える。映像の流れから見て「ひゅうが」での撮影だと思うのだけど・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 11:36:09
  20. 【画像比較検証】やっぱり護衛艦「ひゅうが」ではオスプレイ用コロ付き耐熱板を使っていない?:週刊オブイェクト(2013年06月19日)
    http://obiekt.seesaa.net/article/366829738.html

    さっそく検証記事が出来てる。早い

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月19日 12:25:59
  21. 「ひゅうが」でも「しもきた」でもない極秘練習用空母

    Posted by 名無しОбъект at 2013年06月20日 23:45:36
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。