2005年05月26日
22日にドイツで行われたノルトライン・ヴェストファーレン州議会選挙でSPD(ドイツ社会民主党)は敗北。昨年からSPDの連戦連敗が続く州議会選挙の流れは、SPDが39年間守ってきた地盤ですら止められませんでした。そこでシュレーダー首相は驚くべき作戦に出ました。連邦議会総選挙の1年前倒し実施を発表したのです。

『ジリ貧に陥る前に撃って出る!』

もはや気分は太平洋戦争開戦前夜の日本と同じノリでしょうか。確かにこのまま1年半後を迎えても総選挙で勝てる見込みは無いのでしょうが、だからといって半年後に早めれば勝てるという保障はありません。野党側は驚きつつも歓迎しており、十分に勝てると踏んでいる様です。SPDは、単純に勝率の高い方を選んだのか(20%の確率が30%くらいに上がる程度だとしても)或いは同じ負けるにしても大敗を避ける方向に出たのか・・・

しかしドイツの解散総選挙手続きはややこしいですね。与党が自分達に不信任票を投じるとは。参照:「ドイツ政局」アルタクセルクセスの王宮


ただ仮に半年後に政権交代が起こり、イラク戦争でアメリカを支持していたCDUが政権を握っても今更イラクにドイツ軍を派遣する気は無いでしょうし、対外政策で劇的な変化はないでしょう。

ただ、日本には少し影響があるかも分かりませんが。郵政解散をチラつかせて抵抗勢力への脅しに使っている小泉首相に、今回のドイツのシュレーダー首相が行おうとしている捨て身の解散総選挙を照らし合わせれば・・・「小泉首相もやってしまうかも?」と思わせる効果があります。つまり脅しの効果が高まります。

私見ですが、シュレーダー首相のやろうとしている博打は、小泉首相が郵政解散総選挙に撃って出る場合よりもギャンブル性が高いのではないでしょうか。
00時17分 | 固定リンク | Comment (6) | 政治 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. SPD左派が離党するそうです(笑)
    http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050525AT2M2500325052005.html

    シュレーダー首相大ピンチですね。でも左派が離党
    したことにより保守層の一部の支持を取り込んで
    SPD逆転もありうるかも・・・

    サッカーW杯の開会式に現れるのは誰でしょうね。
    今から総選挙の結果が楽しみです。

    Posted by ラッキーマン。 at 2005年05月26日 06:58:17
  2. ゴミレス申し訳ないですが。
    「ノルトライン・ヴェストファーレン」ってすごくカッコイイ地名ですね。

    Posted by 唯野 at 2005年05月26日 10:07:50
  3. >サッカーW杯の開会式に現れるのは誰でしょうね。
    >今から総選挙の結果が楽しみです。
    そのためにも、日本代表には、次の試合にはなんとしても勝ってもらわないとなぁ

    >「ノルトライン・ヴェストファーレン」ってすごくカッコイイ地名ですね。
    ドイツの地名・人名って、なんか心に響くんですよねぇ〜(銀英伝大好きw)日本人の波長にあってるんだろうか?

    小泉首相は、反対派に追い詰められたら、解散するんじゃないですかねぇ、少なくとも本気で脅しはかけると思う。
    そして、選挙の勝率も悪くない気がする。
    んで、本当に解散すると小泉首相が言ったら、反対派はヒヨリそうな気もするけどw

    Posted by ふにふに at 2005年05月26日 16:08:19
  4. 小泉総理は解散するなら情け容赦なく造反議員に非公認・対立候補出すんじゃないですか。
    あのひとは、そーいう人だと思う。

    Posted by ルフナマが読みたい人 at 2005年05月27日 00:59:56
  5. 毎度お世話になります。若隠居でございます。

    前回の総選挙では、当初「CDU圧勝」の形勢だったのに、選挙前一ヶ月、テレビ討論を何回かやってるうちに、じりじりとSPDがあげてきて、ついに両者五分五分になり、ついに逆転かという感じになって、蓋を開けてみたらSPD勝利になってました。だから、やってみないと分からないみたいなところはあります。(総選挙の開票日の当日、フランクフルトの駅で選挙速報を見ながらビールを飲んでいると、隣のあんちゃんが乾杯してきて、「SPDが勝ったで、これでええんやで、これで」みたいなことを言うてはりましたな。)

    ラ=フォンテーヌの離党ってのは結構なんじゃないでしょうか?最近はちょっと知りませんが、去年の夏から、シュレーダーの政策(失業保険などは日本よりずっと手厚いから、そこに手をつけた財政・年金改革)に労働者が抵抗して、それこそ東独時代のライプツィヒ以来といわれるデモを毎週やってました(いまはどうなんやろ)。ラ=フォンテーヌってのは、ザール=ブリュッケン(たしか)の遠方からこのデモを煽ってた人です。今更この人の出番は来ないだろうと思うのですが、「ラ=フォンテーヌ待望論」みたいなのもあるみたいでしたから、ひょっとするとひょっとするかもしれません。ま、でもごく一部でしょう。

    さあ、シュレーダー首相のばくちはどうでますでしょうね。

    Posted by 若隠居 at 2005年05月27日 02:34:21
  6. ご隠居はドイチェに行ってたのか...もしかして、テンマ!? Σ(゚д゚lll)

    博打に出る政治家。惹かれますねー。それも含めて資質というか。

    Posted by J2 at 2005年05月27日 12:35:29
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3901558
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。