2014年06月12日
中国国防部は「6月11日10時17分〜28分、東シナ海の中国空軍防空識別空域で定期パトロール中のTu-154型機が、日本のF-15J戦闘機2機に30mの距離に異常接近された」として証拠のビデオを公開しました。

国防部新闻发言人耿雁生 就日方炒作中日军机“异常接近”发表谈话 - 中华人民共和国国防部

中国空軍のTu-154電子情報収集偵察機から、アラートに上がって来た航空自衛隊のF-15J戦闘機が撮影されています。


JASDF F-15Js intercepting PLAAF Tu-154


JASDF F-15Js intercepting PLAAF Tu-154 Part 2

動画を見る限りは異常接近という距離には見えませんが、動画を中国に先に出されたという事が対外宣伝として先手を打たれた感があります。


19時04分 | 固定リンク | Comment (114) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 空幕が無能だから先に動画を公開されちゃった・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 19:27:51
  2. ベトナムにやられた事を日本にやり返して来た感じだね

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 19:55:29
  3. う〜〜ん、
    珍しい機体だったので機体を隈なく撮影するために近寄ったのか
    あるいは、日本領空近くだったので強めの警告行動にでたのか

    たた、小野寺大臣も自衛隊機側がこうした行動をしているのを踏まえての中国側への抗議で、
    中国側がこうした映像を公表することは十分、想定内では?


    SU27とかは、
    自衛隊機の近くでアフターファイアとか掛けて、かなり危険なことをしてたという話もありますし、
    日本側は、防衛機密に属するもんで出し渋ってたんでしょうけど、ならばと、
    その映像を出してくるのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:06:35
  4. これ30mどころか100mは普通に離れてるように見えるんだけど気のせいか?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:20:27
  5. 先に公開されても内容次第では逆効果なのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:21:37
  6. 個人的に、このやり口は知ってますよ。
    揉め事を個人対個人の問題であるかのようにするために、
    あの手この手で周囲に喚き立てるやり方。
    迂闊にも中国人の多い地域に引っ越してしまった時、
    そりゃもう大変な目に会いました。
    日本人なら露見した時に恥ずかし過ぎて出来ないか、
    そもそも考え付かない様な事でも、その場しのぎでなんでもやってきますから。
    アタリ屋が隣近所に居るようなモンでした。
    日本人同士の常識は通用しない。
    せめて、国内だけでもこのままの穏やかな社会を
    保ってほしいものです。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:22:39
  7. 望遠レンズなんか付けてると見た目の距離感はめちゃくちゃだろうしね
    正確な距離を類推するには、中国機の翼の実際の大きさとF-15の実際の大きさと映像中での大きを比較すれば
    それなりに正確な距離は導けるか

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:28:58
  8. 動画の中で何て喋っているのかが気になる

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:28:59
  9. Tu-154M/D電子情報収集/偵察機 - 日本周辺国の軍事兵器
    http://seesaawiki.jp/w/namacha2/d/Tu-154M/D%c5%c5%bb%d2%be%f0%ca%f3%bc%fd%bd%b8/%c4%e5%bb%a1%b5%a1

    こいつか。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:33:25
  10. 異常接近の証拠にはなってないけど、公開してよかったのかねぇ。音声も30mに接近された等は言ってないから、何か意味あるのかが解らない。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:34:58
  11. >10

    ベトナムに衝突動画を公開されてヤラレちゃったので、何でもいいからとりあえず動画を公開すれば優位に立てると思い込んだ中国国防部・・・なのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:42:31
  12. ただ、よう知らんけど、自衛隊内の規定では、近寄るのは900mまでとかってなかった?
    ならば、それ以下に近づいているとするなら、日本の国内、政府内で問題にされて、
    野党からは、場合によっては、シビリアンコントロールの問題とか、
    引いては、集団的自衛権の可否の話まで及ぶ可能性も

    あと、今後は、自衛隊機は、絶対に900mだかまでしか近づけないようなことになるんじゃないのか?

    ま、この辺、日本政府、防衛省はどう対応していくか

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:44:28
  13. よう知らんのにネットに適当ぶっこまれても困るんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:51:11
  14. じゃあ、どれくらいまで近づいていい、って規定になってんの?
    そうした規定がないはずないし、
    ないならないで、それは問題ってことになるよね

    実際問題として、そうしたことが、今後、日本の国会で問題にされても不思議じゃないでしょ

    中国側の今回の狙いのひとつとしては、
    集団的自衛権潰しと安倍政権叩き、潰しの可能性もあるんじゃないのかってこと


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:57:27
  15. 先に全世界向けに視覚情報の動画を公開したという点が大きいんだよ
    これで後から日本側が動画公開してもインパクトは薄れる

    宣伝戦は中国の圧勝かな
    少なくとも日本は証拠も出さずに嘘を叫んでいたと世界からは認識される

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 20:59:49
  16. SU27は、
    アフターバーナーを掛けながら、自衛隊機の前を斜行していた可能性もあるしね
    そうならば、映像のインパクトが全然違うだろ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 21:05:15
  17. まさか、カメラのズームを「接近」などと言っているのか?
    大して近づいていないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 21:13:43
  18. >>14
    ないはずないしって主張するならあるとする根拠を提示するべきはキミでしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 21:43:00
  19. 両機が近づいているとして、むしろ24秒あたりで日本側が回避しようとしてる証拠にしかならない気がするんだが

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 21:45:19
  20. >>18
    いや、だって、小野寺大臣は、中国機が30mだかまで近づいたことを批判してるのに、
    自衛隊機が相手機に30m以下まで近づくことを許容してるとは考えがたいでしょ( そう類推するの妥当では? )
    少なくとも、中国側を批判、抗議するなら、自衛隊機側はそんな飛行をしてないことが前提なんだから、その前提を保障するのは、そうした内部規定なのでは?

    更に、オレは、仮にそうした規定がないとした場合には、それはそれで国会などで問題にされるんじゃないのか、って主張な訳で



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 21:53:38
  21. >>20
    ないものは証明ができないのに、あるあると喚きたてて場を荒らすのはいかがなものかな?

    あるならあるとキミが証明するべきで、早い話ソースもってこい、とね。
    あるはずだ、ないのはおかしい、というだけでは何の生産性もないことにそろそろ気がつくべきだね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 22:00:40
  22. >>21
    「領空侵犯に対する措置に関する訓令」や「領空侵犯に対する措置に関する達」には、何らかの記述があるっぽいが、いずれも反戦団体の公開請求に対して防衛上の秘密を理由に不開示決定がなされているので、詳細はワカンナイネ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 22:19:59
  23. ※12
    さっき、メシ食いながらテレビながら見してたら
    200mとか言ってたぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 22:37:46
  24. この中国のTu-154MかDの機体の窓が相当に曇っているか汚れたものでなければ撮影した空自F-15Jの画像のクリアさが近距離にしては悪過ぎる感じ。
    雲の上の比較的高い高度で大気の透明度はそれなりに高い状態と思うが。
    つまりF-15Jまでの距離はかなりあるように思える。

    撮影画像のパースペクティブの感じでは広角側ではなく、かなり望遠側にズーミングしていて望遠レンズの圧縮効果で近いように見えるのではないか。なによりも近距離撮影としたらこの画像の鮮鋭度の無さは何だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 22:50:16
  25. そもそもOP3C、YS11EBの件とは無関係
    「やられたからやり返した」「向こうも同じ事やってる」ってのはガキの理屈で、危険行為を正当化する理由にゃならないんだが…
    そこまでオツムの弱い民族とも思えないが、本当に大丈夫かこの国

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 23:06:58
  26. 動画2の最初と最後に映ってる下の白い部分、胴体か窓枠辺りかなと思ったけど
    調べたらそんな手前じゃなく主翼1/4辺りにある着陸脚収納カバーなんだな。
    やっぱ結構ズームしてるっぽい?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 23:16:39
  27. ざっくりと、
    Tu-154の翼の長さ〜40m  翼の先の幅〜5m
    F-15の全長〜20m
    とすると、

    最初の動画の最初の部分で中国機の翼のさっきちょの幅の約半分がF-15の長さに映っているので、
    F-15までの距離は、

    (20×2)/5×40=360m

    って感じか、、、上の方のレスにもある200mとも、ざっくりとは、矛盾はないね
    せいぜい100mのオーダーの距離ってところ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 23:34:36
  28.  >15

     しかし、それと同時に「日本側のでっかい遅い偵察機に追い回される中国軍戦闘機」と言う醜態を世界に晒す事にもなるんじゃない?
     中国の「先手」がどのような結果になるかはまだ未知数なのが現在かな?


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 23:42:29
  29. >27
    カメラ(撮影場所)−翼端の距離に機体全幅使ったら算出距離が倍になっちまうぞ
    &翼端幅は適当に3面図ググッたら2mちょいだったから5mは長すぎ、算出距離半分くらいになっちゃうぞ

    ・・・・結果的に大まかな値としてはそんなにずれてないんだろうけどw一応指摘を。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月12日 23:52:00
  30. 1本目の動画、
    17.76m先のTu-154の翼端2.00mが790ピクセルで映っているとき
    Xm先のF-15Jの全長19.4mが410ピクセルで映っているから
    大体333m先を撮影していることになるはず

    その後カメラがズームアップされ、F-15Jが右旋回する前は機体も若干接近していると思うけれど
    200mは切っていないんじゃないかな

    Posted by p at 2014年06月13日 00:00:15
  31. 横から撮ってるって時点で普通のスクランブルに過ぎないんだよなあ
    真後ろから火器管制レーダー当ててるとかならまだしも

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 00:51:30
  32. >>15
    はいはい日本オワタ日本オワタ。
    アンタらは何度同じ事書き込めば気が済むんだ?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 01:25:04
  33. これをドヤ顔で公開する中共ってw

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 01:43:56
  34. 色々と気になったので3Dソフトと拾い物のモデルを使って映像を再現したみたよ。
    拾い物&突貫工事なので突っ込みどころ満載だけど、それ以上に映像があまりにもあからさまだってんでなんだかな〜

    けど「嘘も100回言えば本当になる」って話もあるし、宣伝戦については本邦も大概だから、相手のミスからオウンゴールしそうで怖い(´・ω・`)

    http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4069359

    Posted by W_L_G at 2014年06月13日 02:23:28
  35.  フォトショップで加工もしてたのか。
     確かに「嘘も100回」かもしれないけど、これで「先手を打ったアル!」と中国が思っているなら何処まで脳天気なのかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 02:34:30
  36. 自衛隊機と中国機との間の距離が段々詰まってきてるのは、中国機が自衛隊機側に旋回してる(自衛隊機の前を塞ごうとしている)ってことないですかね

    二つ目の動画の雲の流れは右下から左上に(中国機の翼の方向(中国機の進行方向)を基準にしても)流れていて、そのことが間違いないのであれば、これは、中国機が左に旋回してないと説明できないのでは?

    また、一つ目の動画も、これはちょっと分かりづらいけど、雲の流れは、これは逆に、左下から右上で、中国機が右旋回してないと説明できないのでは?

    ま、カメラの向きをタイミングによって変えているようなので断言しかねるところはあるけど、どうも怪しい

    そう考えると、映像が鮮明じゃないのも、そうした辺りを分かりづらくする目的も含まれてるのかも

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 05:05:43
  37. みなさんGJですな。

    南京と同じだね。大量虐殺だと言い張るなら証拠だせって言われて出してきたのが嘘画像と。

    本当なら嘘画像出す必要ないもんね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 05:37:56
  38. ※15
    それならば中国のおかしな部分をyoutubeのコメント欄に書いたりと行動すべき
    例えば※27や※30のような事を英訳や中国語訳して書き込むだけでも
    動画を鵜呑みにする人は少なくなるだろうし
    ブログのコメント欄や2ちゃんねるで文句言ってるだけじゃ大して意味がない

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 09:18:05
  39.  その後も中国政府は,新しい映像を続々と発表しているようです.
    http://togetter.com/li/679710

    Posted by 消印所沢 at 2014年06月13日 19:47:38
  40. そのうち1000回異常接近されたとか言い出すんだろうな、このアホの国は(汗

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 20:41:39
  41. 湾岸戦争のナイラ証言や「戦争広告代理店」で詳しく書かれた
    有名なユーゴの情報戦でも、まともに真実の検証とかされたのは
    空爆とか終わった後でニュースなどで使いやすい映像を
    出した方の勝ちだったからなあ

    日本川はSu-27 2機がYS11とOP3Cに接近で
    中国側はTu-154にF-15Jが接近と言ってるけど
    飛行記録とか映像出して公的に反論はしないのかな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 20:43:45
  42. 空自は早くGO PROを大量購入し尖閣周辺で活動する航空機に取り付けるべし。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月13日 21:52:06
  43. 映像を見る限り空自のF-15は普通のスクランブル時の行動をしているのだが。海南島事件(2001年におきた海南島沖の公海上で米海軍のEP-3E電子戦機に接近してきた中国軍のJ-8U戦闘機が衝突して戦闘機が墜落した事故)みたいな事故は起こさないって。

    Posted by 90式改 at 2014年06月13日 23:10:09
  44. >>39
    シドニアがないなぁ(ぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 00:49:52
  45. あれこれと中国側が証拠だと言い張るものを出してきているけれど、日本側が主張している中国軍機の日本機への接近について否定する証拠は一切出さないんですよね。
    出してきている証拠自称しているもの自体、主張と内容が違うものだから繰り返すほど信頼性がなくなって行くというのはどうする気なんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 00:55:53
  46. 隊長!志村二等兵が戻りません!

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 02:16:19
  47. 中国機はどの程度接近したのか - Togetterまとめ
    http://togetter.com/li/679792

    これが分かりやすい。



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 02:42:27
  48. ただ、他国の一般国民に中国ヤバい、中国マジ異常というのを明確に認識してもらう為にも日本側からの映像公開も必要なんじゃないかな?とも思うな。
    何せ今回中国が公開した映像は僕らから見ればただのスクランブル映像でしかないんだが、何の予備知識もない人間がこれは危険ですと言われて鵜呑みにする事はあるからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 06:31:02
  49. >>48
    マジ、それ狙いでしょ。というかもっと正確に言えば、中国国内用。国際的にはちょっとでも誤魔化せればいいか、レベルだと思われ。

    本気で国際的にも誤魔化そうとするならもうちょっとまし(無ければフォトショ)なもん出してくるでそ。

    国内相当ヤバゲだと思われ。近衛内閣が支離滅裂だったのと同じような国内状態なんじゃないかなぁ、と。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 10:26:16
  50. > 45

    異常接近している証拠を示すのは写真一枚で済むけど、異常接近していない証拠を求めるのは、悪魔の証明に似て筋が悪いと思うけど。管轄区域の全迎撃機の当日の全飛行記録でも求める?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 10:40:25
  51. この上なく極めて客観的にこの映像を見た場合
    日本側に非があると捉えられうるかどうかが問題だろう

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 11:48:20
  52. また日本がしてやられたのか

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 12:25:53
  53. 日本はあいかわらずのび太よのぅ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 12:27:42
  54. >52、>53
    周囲を駄々っ子に囲まれてる状況では、ある程度は仕方ないよ。
    今回の件でもあまり中国を不利にすると逆ギレする可能性があるので、及び腰にならざるを得ない事情もあるし。
    今の中国は下手をすると北朝鮮より早まった真似をしかねないので。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 14:25:09
  55. >>54
    そろそろ早まった真似を実際にしでかして頂いて、物理的に足腰起たなくすることも選択肢に入ってくる時期が来るかのも…

    まあ、東風を完封出来るレベルまでMD網を整えてからの方が良いんですけど

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 14:57:42
  56. >>54
    ベトナムが中国に対して取ってる対応と同じようなものだよね。
    明らかに非が中国にあっても、非難と抗議はしても決定的な対立にならないよう、自制を効かせて交渉の余地を残しておくってやり方。

    歯がゆいって言う人は多いだろうけど、面子を失うと引けなくなるっていうのが中国だから、実利を確保した上で対面だけ国内向けに繕わせる位でないと問題が解決できない。
    もっとも、自分から退路を断ちに来て引けないっていうのが、中国のめんどくさいところだけれどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 15:04:24
  57. >>56
    そこら辺のさじ加減が難しいですよね。うまーくやらないと。

    ところでYahooにまた「海自艦にレーダー照射か?」って記事が出ましたが、中身を見るとデータ解析したがはっきりしないため防衛庁は公表していないってありますね。確たる証拠がないならリークしない方がいいのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 15:48:59
  58. ↓もしやと思って検索してみたらこんなのあったので参考にどうぞ。

    中国国防省が公開した、6/11に中国の哨戒機に接近したとされる"日本の戦闘機"の画像、なんと5/12にPhotoshop CS5で更新されていた!!
    http://blog.livedoor.jp/honmo_takeshi/archives/39332382.html

    動画の日付も
    http://ameblo.jp/bangkokoyaji/entry-11877648472.html



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 20:09:17
  59. >>55
    >>東風を完封出来るレベルまでMD網を整えて

    無茶言うな。相手は核だぞ。1発通り抜けられただけで被害甚大だ。
    MD網を整えるのは当然だが、どれだけ整えても本気でぶん殴ったら数発は食らう覚悟をしないといけない。これは中共を徹底的には追い詰められないと言うことでもある。

    まぁ、アメの核もある&有効なポイントに核攻撃したら確実に米軍を巻き込むんでよほどトチ狂わない限り核どころか通常の弾道弾すら使わんとは思うけどね。

    中共の核はアメどころか他の常任理事国と比べたらオモチャ同然だからな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月14日 21:51:56
  60. ふたつ目の動画、
    左主翼のエルロンが結構映ってますけど、
    ピクリとも動きませんね。
    こんなもんなんでしょうかね?

    どんな操縦をしていたのか分からなくするために映像を加工した?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月15日 01:43:17
  61. >>55
    世の中に、敵ミサイルや戦闘機を100%、迎撃できるシステムは存在しない。
    うち漏らしは必ず発生する。
    それをどの程度許容するか、が、問題。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月15日 14:41:22
  62. 早まった行動をとか言う人は、当然冗談で
    言っていると理解したいけど、言って良い
    冗談と悪い冗談くらいはあるよ?

    そもそも、もし本当に事が起きてしまったとして、現状では現地法人救出する手立てだって殆どないじゃないか。

    ならばこそ、相手がどんなにトンデモ説を吐いても、地道に検証・(できるなら)公表する以外にないのでは。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月15日 21:26:57
  63. > 60

    エルロンが写ってる時間が短すぎて判断できん。そもそも高空を巡航中にエルロンをぱかぱか動かすものでもなかろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 08:03:20
  64. 「宣伝戦」で後れを取ったのは確かだし、
    一般人はドンパチがないと戦争だとは思わないだろうけど、
    実際にはすでに戦争は始まっているのも確かだろうな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 11:27:03
  65. やはりMDより核武装やな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 12:32:32
  66. そうそう、イスラエルや旧西ドイツみたいにベルカ式国防術かます覚悟なら核も有効だよね。

    ・・コスパや政治面無視の戯言は兎も角、対中国は今後も難しい舵取りを迫られるね。
    追い詰めすぎると自称窮鼠と化して仕掛けて来る。
    かと言って妥協が過ぎるとミュンヘン会談の再来で調子に乗る。
    体面にこだわる見栄っ張りの相手は本当に大変だよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 16:42:21
  67. >>66
    核抑止論を夢想しているばかりで、ご指摘のような覚悟のある核武装論者は日本にはいないのではないでしょうか。

    ##ある意味、金王朝と同レベル。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 20:54:52
  68. >66
    なぜ面子や体面に過剰にこだわる国があるか?
    実態がプライドに追いついていないゆえ。
    つまり、過剰な面子云々いう国は、民度が低く前近代的な国家である事実を直視したく無いと自ら宣伝している。
    その滑稽さを他国から笑われているのに気付かない。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月16日 21:29:13
  69. >>68
    >>なぜ面子や体面に過剰にこだわる国があるか?
    >>実態がプライドに追いついていないゆえ

    そうとばかりは言えないんじゃないかな。
    国として、体面はある程度必要だろ。
    押されればすぐに謝っちゃう国は、主要国としてまとに相手にしてもらえない。
    よく、「中国や韓国は面子を大切にするから外交にきをてけよう」
    だなんて言う人がいるけれど、あれを聞くたびに
    「じゃ日本には面目はいらないの?」
    と思ってしまう。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月17日 08:10:24
  70. シナ事変の時の話を書いた本でも、「シナ人の「面子」は日本人には理解しずらいところがある」って書いてあったな。
    荷物検査の時に欧米人は高い金を払えば検査をスルーさせてくれるけど、日本人は金を受け取らない代わりに絶対に検査をする。彼らには欧米式の方はオッケーだけど、日本式は面子を傷つけられるから受け入れられなかったんだそうな。こんな感じで彼らの「面子」は実利をはるかに上回ることが多く、この辺が日本人には理解できずに失敗したところなんだと。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月17日 19:02:18
  71. さて中国機による異常接近は日本の出任せだと軍#2まで吹聴したそうで。
    主席が公的に口にした所で証拠映像を公開するという展開の目が出てかなあ。
    それをするとそれこそ面子を潰すことになるか。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月18日 09:33:25
  72. AAM-5だ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月18日 23:46:33
  73. Pre-MSIPにAAM-5が搭載できるのは知ってましたが、もうアラート任務に使ってるんですね〜。

    いつも新型ミサイル(実弾)は温存するのに。

    それだけ緊迫しているってことか?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 01:50:30
  74. >>55
    費用効率として破綻していると思う。

    中国はGDPが日本の1.8倍で、経済成長力は日本の4〜8倍だ。軍事費支出も同率で伸びるから中国側の軍拡にバランス出来ない。ミサイル防衛で鉄壁の防護を築くいうけど、中華製の弾道ミサイルに比較して、MDはシステム一式で少なくとも数倍のコストを要する筈だ。

    軍事費で負け、迎撃システムの費用効率も負けているんだから、軍拡競争の行き着く先にMDは必ず飽和される。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 11:04:01
  75. 一個大隊のTELから投射される弾道ミサイルを迎撃するのに、迎撃側の自衛隊は弾道ミサイル1発にSM-3を2発投射して、さらに撃ち漏らした場合に備えて、SM-2とPAC-3の多層的な防護が必要。それにはイージス艦を中核とした護衛艦隊を編成して、予備を含め、複数アセットが必要。大隊単位のPAC-3も主要都市と自衛隊の基地全部に配置する必要がある。+レーダー、衛星、無線中継のISRアセットが必要。

    MDのみを担うわけではないにしても、弾道ミサイル防護のみで比較すれば、費用効率は数倍どころじゃなく、数百倍とか数千倍のレベルだわ。



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 11:34:14
  76. けど中国がやる気なら飽和や破綻承知で付き合わなければならなくなってくるんだろうね。
    結局はアメリカ頼みになっちゃう訳だけど、今の大統領はフラフラしてるからあまり頼りにならないというね・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 13:04:12
  77. >>74
    人口ボーナスに裏付けられた去年までの分析ならそれで正しいけど、中国は(統計が正しければ)2014年から人口オーナス期に突入してる。現在の経済成長は維持できないし、軍事予算もそこまで伸ばせないよ。バブル崩壊があろうがなかろうがね。
    予算効率自体が違いすぎるのは事実だけど、中国の人口オーナスは日本以上に深刻だから、向こうが先に飽和点を迎える可能性すらある。気の長い話だから、現実的にはその前に状況が動くだろうけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 13:50:52
  78. 中国経済が崩壊するとかどこまで夢みてんの? お花畑を夢想している間にアメリカ抜いて世界1位になっているんだが?

    経済規模、中国が米抜き年内にも1位 購買力平価換算で世銀
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM3004C_Q4A430C1FF1000/
    日本経済新聞 2014/5/1 0:01

    日本は少子高齢化と政府債務の膨張で絶望的な状況。そいつを覆せる妙案が出る可能性は限りなく低い。 歴史上経験したことのない衰退と弱体化は確実である。こいつを必ず頭に入れて行動する必要がある。 国防戦略は自己の欠点を直視して、日本衰退は確定しているということを頭に入れるべき。

    この20年間で他の先進国は約2倍にGDPが伸びた。中国は20年間で12倍に伸びた。日本だけは全く成長しなかった。現在、日本は475兆円のGDP。これは1992年と同水準。もし、日本も他の先進国と同等に成長していれば今頃は950兆円前後だったはずだ。失業率も3%前半だっただろう。衰退国であるのは、中国じゃなく、日本なのであり、 客観的なあらゆるデータが証明している。

    日本はもうすぐ国民の3人に1人が高齢者になって健康保険と公的年金が破綻する。高齢者を支える働き盛りの2人のうち片方は非正規雇用で、年収300万以下のワープア。健康保険も破綻するから中流層は下層に転落し、貯蓄がなく、 子供にも面倒をみて貰えない高齢者はリアルに餓死する国になる。2030年を過ぎると日本人の生活水準は中国人の平均を下回る生活しか送れないようになる。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 15:58:56
  79. >現在の経済成長は維持できないし、軍事予算もそこまで伸ばせないよ。バブル崩壊があろうがなかろうがね。

    CIA、IMF、OECD、世界銀行の予測によると中国は2030年まで平均経済成長率6%を維持する。購買力平価換算では2014年にアメリカのGDPを越えることが確定したが、名目GDPも早ければ2020年にアメリカを追い抜くと公式見解で表明している。軍事力についても、CIAとNSAは2030年代に人民解放軍はアメリカと互角の戦力を保持するようになると、公式に発表している

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 16:10:54
  80. >>78
    >>79
    いやだから、気が長い話だって言ってるでしょう。人口オーナスが本格的に問題になるのはそんなに短期の話じゃないって。

    たとえば日本の場合、人口オーナス期への転換点になった1995年から影響の深刻化まで、10年以上かかってる。中国では影響は既に出ているという人もいるけど、本格的に問題になるのは日本の例に従えば2025年頃。
    中国でそれ以前に問題になるのはGDP成長率の鈍化くらいで、それでも当面GDPの伸びは7%行くでしょ。でも現在みたいに軍事費2桁成長を維持し続けられるのはそんなに長くないと思うよ。
    そしてこの時期は、ご指摘どおり日本の衰退も激しいだろうけど、知ってる範囲で最悪の考え方でもある程度の対応能力は残ってる時期だから、MD破綻にまで追い込まれるかってーとちょっと考えづらい。
    そのあたりまでしのげば、中国は日本以上のペースで勝手に衰退してくれる。試算は先生によって差があるけど、2020年から2030年頃には経済成長が困難になるとされているから、そこから一定期間過ぎればまあ何とかなるんじゃないかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 18:19:41
  81. 更に言うなら、中国の相手は日本だけじゃなく
    アメリカやロシア、インドや東南アジアへの対処も考えないといけないから
    日本に全力投球してくる訳でもないんだよね。
    そこら辺をちゃんと考えて拡張策や強硬策をやってるのか、見てて心配になるんだけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 19:42:06
  82. 中国の少子化はウソ。

    中国はひとりっ子政策で罰金が科せられるので、貧困層は長男だけ戸籍に登録して女の子と次男は戸籍に登録しない。戸籍統計上で少子化が進展しているように見えるだけで、実際は戸籍に登録されてない闇子が中国全体で、推定数千万〜数億人いる。戸籍がないだけで、闇子も、結婚はするし、子供も産む。戸籍も買える。なので中国では少子化も人口減少も起こらない。

    下の人が力説している通り、少子化が進展している日本は、衰退と弱体化が避けられない。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 20:02:30
  83. >82
    けどそれだと今以上に人口が多いからその維持に金が割かれて成長を妨げる要因にならないか?

    違法な子だからまっとうな職にも就けず、浮浪者や犯罪者化する可能性も高い。
    結果、それへの対処で治安関連に予算が割かれてそれも不安要素になる件。
    実際、今現在の中国では軍事予算以上に治安関連予算が伸びていて、将来を不安視されてる現実もある。
    何せ、中国の人口は公表されてるものだけでも13億人と
    日本の十倍以上、アメリカの四倍以上の数なのでどうしてもそこら辺の問題が持ち上がって来る。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 20:12:37
  84. 中国に対するロシア、インドの脅威とか。

    無問題と思われる。中国の国防ドクトリンはインドやロシアを脅威として重視してない。ベトナムや台湾、マレーシアに至っては核大国である中国とガチにやりあえる国力も経済力も保有していない。インドとロシアは両国間に核抑止が成立しているし、北京・上海・香港などの中国の主要都市は沿岸部に存在し、内陸側の辺境は広大な人口希薄地帯が続き、中国は国土の縦深性がある。脅威に晒されるような重要都市や高価値拠点そのものが外周部に存在しない上、インド軍に至っては、中印国境間に5000メートル級の山岳地帯が横たわっており、インド軍は戦力投射できない。

    ちなみにカシミール地方ってどこにあるか知ってるか?

    こんなとこ機甲化部隊はおろか歩兵化部隊も国境を越えられない。
      ↓
    http://maps.google.com/maps?q=35.160337,79.074097&hl=ja&ll=34.51561,79.315796&spn=3.471231,8.432007&num=1&t=m&z=8

    インドが中国を脅威に感じているのは、カシミールのインド領有地が、インド人ではないイスラム教徒の居住地域であり、独立ゲリラへの中国の浸透を恐れているから

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 20:17:32
  85. >>84
    ロシアと中国間は核抑止なんて成立してませんぜ、旦那?
    中国やロシアを焼き払える核を持っていない。
    対するロシアは中国を焼き払ってアメリカに対する備えもある。
    これでどうやって成立するので?
    大体手持ちの核戦力が貧弱なインドと核抑止が成立してると言う時点でもうね・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 20:28:19
  86. >>85
    そう思ってるのは君だけだと思う

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 20:56:58
  87. スレ違いで申し訳ないですが、少しコメントさせてください。中国のGDPは総固定資本形成が40%以上というきわめていびつな構造です。そのうえこの比率はリーマンショック後増えている。
    http://www.brics-jp.com/china/gdp_utiwake.html
    生産設備、鉄道、高速道路、マンションばかりつくっていて、肝心の消費の比率は増えていない。かってのソ連と同じでこれは早晩行き詰まります。
    また中国人と話しても、人口オーナスのはなしになると必ず出てくる戸籍の無い人口ですが、これも中国の少子高齢化を止められるほどの数はいないというのが定説です。男性が女性の1.3倍といういびつな人口構成になっているのも問題です。
    上のほうのかたも書かれていたように、あと10年たつと中国はかなり厳しい局面を迎えると思います。中国は年金の積み立てもないし、医療保険も全国民をカバーするのはありません。高齢化問題も一度深刻化すると、医療、介護ともに数が多いだけに大変です。また移民で埋め合わせられるような規模ではないです。そのうえこれから原子力空母を含む3つの空母機動部隊を持とうというのです。いまものすごい勢いで建造している海軍艦船も20年後におおきな負担になっているでしょう。いろいろの予測の中で人口動態予測はもっとも正確です。ソ連の崩壊を乳児死亡率から70年代に予測したフランスの人口学者トッドも中国の未来については厳しい見方をしています。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月19日 22:48:59
  88. 中国、最低賃金17%上昇 13年
    1/24 20:51
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGM24028_U4A120C1FF2000/

     中国人事社会保障省は24日、2013年は北京市、上海市、広東省など27の主な地方政府が法定最低賃金を引き上げ、平均上昇率が17%だったと発表した。25地方政府の平均で20.2%上昇だった12年に比べ伸びは鈍ったものの、人件費の高騰は続いている。

    中国人は所得増加により生活水準が向上し続けている。2020年までに国民の40%が中流層になる。

    ◎2013年の中国新車販売2000万台突破=5年連続世界一
    http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_china-car-newsales

    【北京時事】中国自動車工業協会が9日発表した2013年の同国新車販売台数は、前年比13.9%増の2198万台と、初めて2000万台を突破した。米国の1560万台を大きく上回り、5年連続の世界一となった。 


    アメリカからの輸出額

             2012年       2013年   前年比
    米国→日本  699.55億ドル  651.45億ドル  6.9%減
    米国→中国 1104.84億ドル  1220.16億ドル 10.4%増

    昨年12月単月だと
    米国→日本  52.77億ドル
    米国→中国 130.83億ドル (日本の2.48倍)

    http://www.census.gov/foreign-trade/Press-Release/current_press_release/ft900.pdf


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 00:02:56
  89. 2013年の中国の輸出入の貿易総額(物品)は、米国を抜き世界一に―WTO貿易統計―(WTO)
    http://www.kanzei.or.jp/topic/international/2014/for20140430.htm

    ●WTO

    4月14日に発表された世界貿易機関(WTO)の2013年の貿易統計によれば、2013年の物品の貿易額は、輸出入額を併せた総額で中国が4兆1600億ドル、米国が3兆9100億ドルとなり、中国が米国を抜き世界一にランクされました。日本は、1兆5480億ドルで、中国、米国、ドイツ(2兆6400億ドル)に続き第4位となっています。上位10か国についての2013年の輸出額と輸入額は次の通りです。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 00:10:34
  90. >>87
    >生産設備、鉄道、高速道路、マンションばかりつくっていて、肝心の消費の比率は増えていない。

    おまえは妄想ばかりだな。中国は実態経済がめちゃくちゃ強いんだよ。自動車発売台数の推移、WTOの貿易統計を観れば中国の経済成長が紛れもない本物であることは自明。

    バブルの時の日本でさえ追い抜けなかった工業生産高も2013年にアメリカを抜いて中国が世界一位になった。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 00:21:09
  91.  何でも爆発する製品、有毒物質塗れの食品、すぐに倒壊するビル・・・
     これが世界一の工業生産力(棒)。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 03:10:57
  92. >>90
    質問。その工業生産高、どの数字を使って比較した?
    ソースによって「2011年にはもう抜いていた」から「まだ日本すら抜いてないよ」まであったりするのだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 08:48:27
  93. 必死な「中国age」を見ていると、
    「あぁ。あの国もやばいんだな」って実感ができる。
    郊外での「ゴーストタウン」話もそうだし、
    「見かけだけの実体経済」の発展がいつまで続くのかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 11:14:27
  94. >>93
    しかも議論が粗雑なんだよね。
    中国ageの人が挙げてる類のデータのみを参考になるなら、大恐慌前もバブル崩壊直前もリーマンショック前も、全部超健全で実体経済が滅茶苦茶強いってことになってしまう。
    いくらなんでもそりゃないでしょうよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 11:27:38
  95. >>86
    「君だけ」じゃなくて「実際にそう」なのですが何か?
    ロシア相手に核抑止が成立する程核戦力が充実してるならアメリカ相手にも成立している訳だから日本や台湾にももっと積極的に進出して来てる筈なんですが
    実際は手を出してはアメリカやロシアの横槍が入って手を引っ込めるという真似を繰り返してるんですよ。
    核抑止が成立してるなら米露が出張って来てもそんなに及び腰になる必要はない筈なんですけどねえ・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月20日 17:43:50
  96. 中国ageの人が言いたい事って要するに
    「中国様には一切逆らわずに領土を明け渡して属国になれ」
    って事でしょ? 誰が耳貸すかそんなもん。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 01:36:54
  97. 米95
    0か1しかないような理論、その理屈はそっくり米露にも当てはまるという矛盾、
    中国が五大国と認識され且つその他核保有国と渡り合えているという事実、など
    を無視して脳内妄想を事実だ!と強弁されても説得力皆無。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 07:07:08
  98. ×0か1しかないような理論
    〇0か1しかないような極論

    Posted by ※97 at 2014年06月21日 07:10:48
  99. >>95
    手持ちの核兵器が米露とそれ以外では段違いなのは無視でしょうか?
    米露(旧ソ連)が軍事力や核戦力で数十年間鎬を削っていて、その他核保有国がそれに翻弄されていたのは無視でしょうか?
    正直、0か1しかないような極論で結論ありきの論をぶっているのは貴方ではありませんか?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 08:28:27
  100. ×>>95
    ○>>97
    訂正まで重なっちゃいましたね。
    他の方々にも謹んでお詫び致します。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 08:30:08
  101. >>97
    はいはい、皆さん、エントリに関しての何の知見を持たないのは判りましたから、そろそろ落書きを止めて2chに帰って下さいね。

    詫びれば何書いても良い訳ではないのですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 11:53:48
  102. 今度は中国の核抑止力を持ってないとか言い出しちゃったの?

    相変わらずお花畑な妄想が炸裂だな

    米安全保障委員会が6月に議会に提出した最新の報告書によれば、少なくとも3隻の094型潜水艦とJL-2SLBMが運用段階に入り、中国軍が海上配備型の核戦力を保持したことを公式に認めた。報告では10年以内の5隻の094型潜水艦の就役が指摘されている他、095型潜水艦の配備も確認されたことが指摘されている。2030年代に中国海軍全体で少なくとも4〜5個空母打撃群を編成、パキスタンのグダワル、スリランカのハンバントータ、ミャンマーのチッタゴンを艦隊寄港地とし、8隻の094型潜水艦と、095型潜水艦の外洋パトロール展開を常態化するようになると予測している。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 12:00:26
  103. いや、乗ってしまったのは申し訳ないです。
    で、話を戻すと、中国の出して来たこの映像の信憑性と与える影響についての話ですが
    前者は映像の日時や詳細が中国側主張と食い違っていたりして信憑性が甚だ疑問。
    後者は政治や宣伝の話になって軍事的見地からずれるから慎むべきと言った所でしょうかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 12:02:36
  104. >>102
    アンタ、某まとめサイトの解放軍ネタで暴れまわってる荒らしだろ。幼稚な煽りと中華メディアのコピペを組み合わせるところがそっくりだ。

    それで、何が言いたいんだ? 今東シナ海でやってる睨み合いと何か関係があるのかそれは

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 13:04:04
  105. >>102
    というかですな。コレ、ただの単語の定義の食い違いではないですかね。

    中国の核抑止の思想が(少なくとも数年前までは)失うものの少ない立場を利用した最小限抑止であった以上、相互確証破壊を前提とした旧時代の定義による核抑止は確かに成立していません。今後も当分成立せんでしょう。
    しかし単純な政治力維持のための最小限抑止、まあこれも核抑止に入りますが、こっちは充分に成立しているんですな。
    この意味の違いを認識していないだけじゃないかと。

    あとですね。
    相手を罵倒する中身の無い悪口と、無関係ではないが関係の薄い情報を載せるだけの書き込み手法では誰も納得させられませんぜ。ただ議論の妨げになるだけです。
    意図的に場を荒らしてるとしか思われないので、議論したければ芸風を改められた方がよろしいかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月21日 13:16:34
  106. >>102
    ではF-15の映像と核抑止の関連について、落語的ではなく、自分の言葉で論理的に説明して下さい。

    でなけりゃ、でてうせろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月22日 16:54:32
  107. そろそろコメントにID表示させてほしいなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 02:14:15
  108. そろそろGBI実験成功のネタで更新がくると見た

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 17:53:11
  109. >>71
    航空自衛隊:接近の中国軍機、動画撮影を検討
    http://mainichi.jp/select/news/20140628k0000m040062000c.html

    空自はのんびりしていることが暴露されました。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月28日 17:18:45
  110.  のんびり?意味不明。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月28日 19:04:42
  111. >>110
    緊張感なんてなーんもないってことだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月28日 22:54:12
  112. >109
    動画撮影の記事でなんで『のんびりしている』となるのがわからない?
    ところで、F-15DJのような複座機の後部席の人が動画撮影をするとかできないだろうか?


    Posted by 90式改 at 2014年06月29日 10:56:12
  113. 撮影機材がよくわからないんだけど
    カメラの方で自動追尾してくれるようなものなら
    単座の機体でも飛行に影響しづらくなるのかな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月29日 14:40:34
  114. >>112
    複座なら後席が動画撮影できるかもしれないけど数が全然少ないですだよ。

    F-15DJは48機中3機喪失。更に飛行教導隊も使ってる。
    F-2Bは34機中試作機が2機、浜松の教材用に少なくとも1機、東日本大震災の津波で18機が使用不能になり13機の再生予算が組まれてる。配線ミスで墜落したのもF-2Bだったはずだがどうなったんだっけか。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月29日 21:03:53
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。