2014年06月23日
アメリカミサイル防衛局は22日、本土防衛用対弾道ミサイル迎撃システムの地上配備迎撃ミサイル「GBI」に搭載される大気圏外迎撃弾頭を改良、新設計した「EKV-CE2」の迎撃試験を行い、成功させました。

14-NEWS-0005 June 22, 2014 - Missile Defense Agency
Target Missile Intercepted Over the Pacific Ocean During Missile Defense Exercise

20140622

マーシャル諸島クェジェリン環礁にあるレーガン射撃試験場から発射された中距離弾道ミサイル標的は、前方展開されたイージス駆逐艦「ホッパー」が追跡。更に海上配備Xバンドレーダーが追跡を継続し、標的発射から6分後にカリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地から迎撃ミサイルGBIを発射。ミサイルは順調に飛行し、新設計された第二世代の大気圏外迎撃体「EKV-CE2」が目標に命中、破壊しました。

迎撃方法は「ローンチ・オン・リモートとエンゲージ・オン・リモート」で紹介したリモート射撃によります。今回のGBIの実験で詳しい説明はまだリリースされていませんが、エンゲージ・オン・リモートで射撃していると思われます。

GBIはこれまで迎撃試験が失敗続きで、「EKV-CE2」弾頭の設計をやり直しての試験はこれが初めてでした。もし失敗していれば去年決定されたGBIの追加配備計画に大きく影響するところでしたが、今回の迎撃試験成功で関門はクリアされた事になります。また最近ではカナダがアメリカの弾道ミサイル防衛網に参加するかどうか再考しており、これにも影響を与える事になりそうです。


2014 FTG-06b
12時47分 | 固定リンク | Comment (26) | ミサイル防衛 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 開発がわりと順調に進んだPAC-3やSM-3、計画立て直し以降は順調なTHAADと比較すると、GBIは苦戦してますね。(計画自体見直しになったABLやKEIに比べればましですが)
    北朝鮮やイランのミサイル開発が予想以上に進んでいるということで、GBIの開発を加速する、という話もあった気もしますが、今後どうなるのかな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 19:52:38
  2. しかしMIRVは阻止できませんよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 20:48:51
  3. >2

    北朝鮮の弾道ミサイル相手なら十分
    MIRVへの対応はまだまだこれから



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 21:57:39
  4. 駆逐艦ホッパーってどっかで聞いたなーと思ったら、COBOLの母グレース・ホッパーから名前取った船か。
    アーレイ・バーク級だったのな。知らんかった。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月23日 22:45:53
  5. >>2
    その01思考、そろそろ賞味期限切れですね。何の面白みもない。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 07:46:24
  6. そもそも本格的にロシアの報復核戦力に対するミサイル防衛を確立しちゃうのは
    核のアンバランスを生み出すからアメリカとしても熱心じゃないでしょ
    一番の目的はロシアその他の真っ当な国ではなく、北朝鮮やテロ組織みたいな
    米国の核抑止力を尊重しない暴発の可能性がある相手だし

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 08:44:17
  7. >>2
    少数のMIRVなら数打てば良いだけでしょう。USA本土に届くMIRVミサイルをごっそり配備している国は英露仏しかありませんし、英仏が撃つのは非常に考えにくい。

    つまり事実上ロシア以外の全てのミサイルを防御できるようになるわけで、非常に意義のあることかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 08:52:44
  8. 高速高高度のICBMを、ミッドコース(正対ではない)で撃墜すると言うのだから、
    迎撃誘導弾の誘導精度は相当シビアだろうなあ。

    迎撃弾が直撃方式だった場合、
    MIRVが分離する前に直撃させた場合、弾頭の1個か2個は生き残りそうだけど、
    大丈夫なのかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 10:31:45
  9. >2

    北朝鮮もイランもMIRVを持ってないだろ。お前の頭の悪い投稿はそろそろうんざり。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 10:55:35
  10. >8

    MIRVの話はスレ違いだから、ここにレスしよう。


    運動エネルギーロッド弾頭散開システム:週刊オブイェクト(2012年05月01日)
    http://obiekt.seesaa.net/article/267998136.html



    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 11:07:02
  11. >7

    お前はお前で中国の新型ICBMを忘れてるし、いい加減にしてくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 11:08:10
  12. >>9
    この記事を見る限りでは、GBIがどの国のどの弾道弾を想定してるか分からないのだから、
    いきなり、それは酷いのではないか?
    GBIについて解説したリンクに飛ばすとかならまだしも。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 13:41:23
  13. >>9
    イランの弾道弾対策は、この間のここの記事では、
    GBIではなく、地上設置型SM-3を計画しているんじゃなかったっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 13:44:34
  14. *11
    *7をよく読め。脊髄反射するな。
    中国がごっそり配置するには時間がかかる。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 14:02:27
  15. 中国は核ミサイルの実戦配備さえしていない
    実に意外なのだが

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 16:05:22
  16. >>13
    それって欧州じゃなかったっけ?
    米本土はGBIになるんじゃないかと思う

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月24日 17:46:05
  17. >15
    公式には「撃たれたら撃ち返す」とのことですからね。
    核弾頭はミサイルとは別の場所に保管されているらしいですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月25日 00:05:19
  18. >>16
    イランから米本土への弾道弾攻撃を想定してないのでは?
    アラスカのGBIどころか、北極点を通りそうだけど。

    >>10
    GBI用の新しい弾頭の話題だから、この弾頭形式に関しては話しても良いのでは?
    で、これは単発の直撃方式と考えてよいのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月25日 09:54:07
  19. 迎撃高度についてはまだ非公開?
    標的の発射時刻については事前告知あったのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月25日 19:55:31
  20. GBIの1段目を削除してIRBM辺りの迎撃にも使えるようにする…、といった設計は可能なのかな
    いや、THAADとかSM-3とか別のミサイルシステム使えばいい話なんだろうけど

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月26日 20:59:17
  21. >>20
    当初アメリカが対イランのIRBM用に欧州に配備しようとしたのはGBIを2段式に縮小したものだったような・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月26日 21:26:35
  22. イギリスのミサイルはアメリカには打ち込めません

    あれはアメリカ製です

    きっとなにか仕込んであります

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月28日 07:50:32
  23. >>22
    ソース希望。なければお前はサイコパス。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年06月28日 17:13:14
  24.  もう一週間もコメントなしか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2014年07月05日 13:20:16
  25. >24

    そりゃ新しい記事が来なきゃコメントも途絶えて当然だろ。

    http://obiekt.seesaa.net/article/401299302.html

    そして新記事が投下されたらコメントばんばんあるじゃろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年07月10日 23:17:49
  26. >>15
    中国の場合は技術的もしくは内政的問題による所が考えられるんだよ

    中国共産党の首脳部が一番恐れているのがクーデターなんで…
    其の中でも一番警戒されてるのが中国共産党の手兵である人民軍を巻き込んだ騒動
    大会議中に味方にぶち込まれるのが一番困る

    実際の所、先制して核を打つ場合は即時体制でなくても十分だし、
    現状は中国を優先して全面核攻撃するという状況でもないんで、米露みたいなガチ体制は必要ない
    まあ、そもそもガチ体制を安全に維持し続けられるのか?という問題でもあるが…

    Posted by 名無しОбъект at 2014年07月20日 20:53:56
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。