2014年08月02日
リムパック2014では機動揚陸プラットフォーム、MLP-1「モントフォード・ポイント」も参加しました。注排水機構を備えた自走浮桟橋であり、Ro-Ro船を港湾施設の無い場所で揚陸作戦に投入できる装備です。

BsgNzoZCQAAF_8c.jpg-large

BsgNzpTCUAENIAB.jpg-large

BsgNzoqCIAAnuiH.jpg-large
※アメリカ海軍公式より。


USNS Montford Point

【関連記事】揚陸作戦での民間輸送船の活用と機動揚陸プラットフォーム
 
MLPについての詳しい解説は上記の過去記事をご覧ください。


Interface Ramp Technologies

アメリカ海軍は機動揚陸プラットフォーム(MLP)や浮桟橋システム(INLS)を用いてRo-Ro船やコンテナ船を揚陸作戦に投入する予定で、それを支援する装備として波の動揺に対応したクレーンやランプを開発しています。





揚陸作戦は海軍の揚陸艦で砂浜に上がりますが、港湾で民間輸送船を用いた方が大量に物資を陸揚げ出来るので、砂浜に上陸後に港湾を確保に行きます。しかし確保するまでに時間が掛かる場合がある為、その隙間となる期間をMLPで埋めます。MLPは民間の輸送船を活用できるので、効率は港湾での陸揚げには劣りますが、揚陸艦よりも多くの物資を上げる事が出来ます。
20時54分 | 固定リンク | Comment (40) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. このランプは面白いというか色々使い手がありそうだなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 21:27:37
  2. いろんなアイデアを実証実験で試せるのは良いね。
    初期段階では、民生品流用で完成度は低くても、とりあえず試作して試してみるのは有効。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 21:30:25
  3. 二番目の動画、戦車とランプを乗っけたままグワングワン動かしててワロタw
    よくもまぁこんな実験措置作るわw

    そしてこれって極地や災害時の物資揚陸が革新的に変わりそうだね、一つ前の記事じゃないけど、離島振興とかにも生かせそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 21:40:43
  4. でっかい船首とその後ろの大胆に切り欠かれたスペースを見ると、カットモデルというか書割感がハンパないなw


    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 21:42:21
  5. すごい どんな戦争を描いてるんだか

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 23:26:50
  6. うぉーぉぉ、漠然と思っていた事を実験してるのが何だか嬉しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月02日 23:55:54
  7. >>4
    元々が船を運ぶための船だから、ホバークラフトが載っても不思議ではない……けれど、
    プラットフォームとして使うのは本来の使用目的から拡張されてると言えるかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 00:47:12
  8. SF映画のセットのようだ;

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 02:25:43
  9. LCACだけかと思ったらAAV7も載せてるんだな。

    https://www.flickr.com/photos/124989722@N06/14764076342

    https://www.flickr.com/photos/26522500@N03/14708202062

    https://www.flickr.com/photos/26522500@N03/14728286693


    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 03:35:21
  10. >>5
    アメリカは、地球の裏側にまで行って作戦展開できることを要求してるからなあ。洋上拠点も必要だろう。
    日本は、自国領の防衛と条件が違うので、同じ答えにはならないと思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 09:29:39
  11. 3枚目の写真、中央部だけ灰色に塗られてるのかと思ったら、そこだけ凹←こうなってるのね。
    正面から大きな波が来たら、ぽっきり逝きそうで怖い……。

    >>10
    こういうのを見てると、そのうち「洋上に港湾施設を展開する船」とか作りそうな予感が。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 10:57:34
  12. 3番艦からMLPからヘリ甲板も付けたAFSB艦に成るんだよな。
    次世代は海上移動可能なメガフロートだと萌える。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 13:33:55
  13. >>11
    海中要塞 鳴門「呼びましたか!」

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 14:02:19
  14. ちょっとした疑問なんだけども、有事の時は、このような民間船は勿論、軍艦扱い(国際法上)なのだろうけど。
    攻撃する側が「区別がつかない」といって、関係ない民間船まで撃沈するって展開がありそうな気がしてならないけども。
    航路が全然違うから問題ないといえばそうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 15:11:37
  15. >>14
    まあ、国際航路上での事ならともかく。明らかな戦闘海域で不自然にウロチョロしている民間船なんざ、それこそ怪しまれても撃たれても仕方が無いでしょう

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 17:49:08
  16. 逆に、中共がこういうの作った場合を考えると、
    海と陸から力押しされる可能性が少し高くなる気がするね。
    数日でも海上で不利になったら、九州が
    人民解放軍であふれかえる可能性もあるわけだ。




    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 20:13:30
  17. >>16
    逆に逆に、米軍は(自衛隊も?)浮き桟橋・仮港湾施設の撃破方法を既に研究しているだろうね。

    ・・・揚陸地点をフツーに爆撃すれば良いのか。
    ロマンも知恵も努力も友情も無く、結局はただの軍拡か orz
    災害救助だけで使われてくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月03日 22:33:04
  18. >>16

    今まで以上に制空権・制海権(航空優勢・海上優勢、海上拒否か)が重要になる という当然の結論になるだろうね。

    まともに戦うとかつてのソロモン海の戦いのように被害にかまわず戦力投入を、しかし平和国家であるわが国は初動まで時間がどれほどかかるやら?
    こんなもんが持ち出されるような力押しの戦いになると、自衛隊の方面隊なんて数日で擦り潰されちまうような戦いになるんでないか?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 00:11:44
  19. 実際の作戦では何隻投入するんだろうか。
    1隻でもかなりの能力がありそうだけど、その場合利用不能にされたら揚陸能力激減してしまうので、それは避けるだろう。
    LCACで往復することを考えると、あまり安全を確保できる距離は取れないのではないかと不安。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 02:25:57
  20. 敵が居ない所を探すんだろう

    LCACが揚陸可能な海岸全部に防衛部隊置ける国も無いだろうしな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 05:11:14
  21. 海で押されても、海上輸送力の限界から敵に枷をはめられる地勢があったのが日本列島だからなあ。
    まあでも、目標が少数の揚陸艦から、
    これもやはり少数の機動プラットフォームに変わるだけかな?




    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 14:52:53
  22. ※19
    航空・海上、両優勢がとれた場所でしか運用しないのでは?
    速度だってさほど早くないだろうし、
    本当に戦闘地域に突貫させても、
    誰一人として得をしない結果になりそう。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 17:25:40
  23. >>19
    >> こんなもんが持ち出されるような力押しの戦いになると、
    >> 自衛隊の方面隊なんて数日で擦り潰されちまうような戦いになるんでないか?

    そりゃ、こんなモン持ち出すような軍隊(=米軍)と持ち出す様な事態(=本気)で事を構えればそうなる罠w
    で、今のところこんなもん持ち出しそうな軍隊は米軍以外に無いんだが?

    中露が持ち出すには相当の時間があるよ。むしろ日本が持ち出す方がまだ可能性がある。
    その時は九条だの平和憲法だのは歴史上の神学論争になってるだろうけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月04日 19:27:39
  24. 解放軍が「こんなものを日本海に持ち出して」くる事態は、海自空自が全滅かつ地対艦ミサイル部隊も壊滅した、いわば今のフィリピン、北朝鮮なみになることで正規戦では考えにくい。中共が無謀にソウリュウが潜む海、F2がASM4発下げて警戒している日本海にこいつを出したら、空自と海自のジャンケン合戦で、勝ったら迎撃(負けたら迎撃の相手もいる)
    ミストラルをウラジオから出航させるのも同様か。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月05日 09:51:22
  25. ノルマンディーの砂浜の沖に老朽艦とかを沈めて作った桟橋の自走可能版的なもんかな

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月05日 18:34:03
  26. 日本が導入する場合のネックは、ホバークラフトの整備能力かな?
    現状の整備能力ってどれくらい余裕あるのか?もしかして、わりと逼迫してる?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月06日 02:32:20
  27. >>23

    中露がこういうの持ち出すには相当の時間があるというけども、中国はそろそろGDPでアメリカを抜いて世界一になるって話ですぜ。

    たしかにまだまだ相手は脆弱だけど、今世紀中頃にはこんなモンを持ち出せる軍隊がすぐお隣にいることになりそうで怖いんだ。

    まぁ早く無益な神学論争は切り上げて、しっかりとした国防論争をして欲しいもんですわ

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月06日 12:06:41
  28. もし北京が殴り込みで大軍を揚陸させられても、
    一時的制海権しか確保できないんじゃ、
    その大軍が陸戦で短期決定力を持ってないと立ち枯れて終了だよね。
    「パッと見、大規模な地上戦になれば日本は降伏する。」
    なんてあっちが思い込むと、双方に血の教訓が残ることになるか。
    陸を増強するのか、あくまで海と空で防ぐのか、どれが一番少ない犠牲で済むかっていつもの話ですかね。
    個人的には、分厚くても壁が一枚だけだと、敵に工夫次第で出来そうな気分を与えてしまいそうな気がするけど。
    あと、北京対台湾だとどうなのかな。





    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月06日 12:46:38
  29. >>28
    こんなのは港を出た瞬間に米軍に察知されて、台湾に近付く前に鉄屑にされるのがオチでは
    一撃を加えるのが潜水艦か艦上機かそれ以外かは状況によるにしても

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月08日 09:37:22
  30. 揚陸作戦で民間輸送船の存在を無視して語っていた奴はファミコンの大戦略脳だな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月08日 09:47:05
  31. >>28
    たとえ維持出来る期間がそう長くないと見積もったところで、「その期間内に政治的に屈服しうる」と思えばやる可能性はある。
    しかもあの国は、大した理由もなく中越戦争をおっぱじめたことでもわかるように、その辺の判断が非常に甘い。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月12日 07:39:06
  32. こういう方法1つでも、防壁としての海が少し価値を下げるとするなら、
    やはり陸自に十分な戦力と移動力は必要だな。
    もし陸がスカスカになっていたら、
    敵は数年でこういう物をでっち上げれば、脅せる、
    あわよくば勝てると考えてしまうからな。
    あと、海空自と米軍が容易に束縛されない状況を確保する上でも。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月12日 18:09:07
  33. 今だと、ベトナムフィリピンあたりに実力行使の材料として使いそうだよな。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月16日 15:48:10
  34. この船の価値がいま一つわからない。、
    LCACを同時に大量に出発させることができるのがメリット?
    本隊を送り出せるというけれど、乗せられる貨物は少なそうに思えるのだが。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月19日 08:52:02
  35. >>28,29
    中国は味方の護衛も日本への攻撃も全くしないという前提?
    対艦ミサイル4発積んだF-2に中国が全く対抗策をとらないというのはかなり都合のよい設定では?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月19日 08:57:27
  36. >>35
    制海権って言葉がすでに出ているので、そんな前提はないこと位わかりそうなものですが、いかがでしょう。


    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月19日 12:05:07
  37. >34
    これは「自走できる港」なんじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月19日 15:29:20
  38. >>35
    こういうものを持ち出すってことは攻撃を受けないような対策や状況を作り出してあるのが前提。
    いくら浮力が大きくても、戦闘艦より速力は劣るし自衛装備も殆ど無いんだぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月19日 20:22:30
  39. なんというか、第一陣が揚陸艦で、第二陣がこのMLPで、第三陣が港湾確保という流れを理解できずに馬鹿なことを口走ってるやつがいるなぁ。

    なーにが出港した直後に撃沈だよ、幼稚園児か。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年08月26日 23:28:08
  40. 妙に楽観論多いけど、

    ・(当然敵はありったけの防空戦力を用意するだろうが)こちら側の対艦ミサイルはそもそも敵防空網を突破できるのか
    ・対艦ミサイルを投射するために出撃した母機は何割基地に戻れるのか
    ・仮に首尾よく撃破出来たところで、交戦に伴う彼我の戦力バランスの変化は許容可能なレベルなのか、弾薬の損耗はどの程度なのか

    とかって考慮の上の楽観論なんですかね。
    潜水艦にしても、絶対数が少ない海自がどの程度投入できて、存在曝露後にどの程度生き残れるかは疑問符だし。

    Posted by 名無しОбъект at 2014年11月25日 04:39:23
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。