2015年10月01日
9月30日から始まったロシア軍によるシリア空爆は10月1日になっても続いています。そしてロシア国防省が2つ目の空爆動画を公開しました。


Ночью российская авиация нанесла удары по 4 объектам ≪Исламского государства≫ на территории Сирии

動画のタイトルと説明文では夜間爆撃で4つの目標を撃破したとあります。また爆撃目標は前日より拡大し、シリア西部のホムスに加えてシリア北西部イドリブを爆撃しています。しかしホムスもイドリブもイスラム国の支配地域とは離れています。ロシアはイスラム国に攻撃を加えていると主張しつつ、全く無関係なところを爆撃していることを自ら公表しています。ロシアはアサド政権の延命を第一に考えて、イスラム国以外の、アサド政権軍との前線で相対している他の反政府組織を集中的に叩いています。その上で「ロシアはイスラム国を攻撃している」と言い張っています。


20時24分 | 固定リンク | Comment (11) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 本当にソ連時代とやることが変わらんね熊さんたちは

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月02日 05:38:10
  2. まあロシアもアメリカの欧州各国も中東各国も大して変わらんw

    シリアとイラクとイエメンで何ヵ国が戦闘に参加してるのやら

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月02日 05:41:27
  3. ロシアでは「シリア国内での武装過激化組織をISと認識している」って声明を出す前のマイルストーンでしょう


    Posted by 雪男 at 2015年10月02日 06:00:33
  4. トルコが対ISと言いながらクルド勢力攻撃してるし、アメリカも強くは出られんのではないかな。



    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月02日 11:35:17
  5.  米国の「誤爆」を声高に糾弾してた「市民団体」の皆さんもロシアが絡むと大人しいですね(棒)。

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月02日 12:13:07
  6. IS駆逐後を見据えて掃除してるだけじゃないの。
    とりあえず独裁だろうがなんだろうが、
    再現なく広がる黒死病みたいなISを抑え込めるなら、
    アサドだろうが使える奴は使うしかないよ。


    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月04日 19:38:54
  7. >6

    シリアで一番多くの人を殺してるのはイスラム国ではなくアサドなので無理。アサドは毒ガスも使ったしもう駄目。

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月06日 19:33:15
  8. FSAとシリア国内のISはどっちが殺した数多いんだろ?

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月07日 06:18:40
  9. >8
    今FSAは勢力自体が小さいでしょ。比べるならJaF。

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月09日 00:34:23
  10. >7

    そりゃ反乱に組するなら殺すだろ。味方じゃないなら殺す状態になったのは、国際社会が望んでシリアに出現させたのだし。

    ていうか一番殺したからダメって論法は、中国共産党って実例があるからあんま説得力ないねー。
    我等がグルジアのおじさんもさんざん自国民殺したが駄目じゃなかったろ。
    毒ガスも結局、碌な証拠なかったと認識してるけど、オバマがプレスで提示してから以降新たな証拠って出てきた?


    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月10日 12:16:19
  11. IS駆逐は厳しいイラクに侵攻する訳にもいかんし基礎兵力は外にある
    イラクの町を住民ごと焼き払う訳にもいかん

    元々IS掃討の名目で反アサド勢力を叩くのが狙いって程度だよ
    まあこれも諸外国に一時分散するからいたちごっこだが、アサドは領域的には一時復帰するだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2015年10月13日 04:19:38
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。