2016年06月09日
6月7日と8日に、内戦中のシリアのアレッポ周辺でロシア軍/シリア軍の航空機からロシア製クラスター・テルミット焼夷爆弾「RBK-250 ZAB-2.5」が使用されました。着弾の様子が似ているために大手メディアも含めて白燐弾と誤解されていますが、航空機用の爆弾にクラスター型の白燐弾は何処の国にも存在しません。シリア内戦ではテルミット焼夷弾「RBK-250 ZAB-2.5」は以前から使用されており、着弾地点での残骸を見た限りでも、ZAB-2.5子弾で間違いないでしょう。





現地からの報告者やトルコ・アナドル通信のツイートには燐(phosphorus)とありますが間違いです。これはテルミット焼夷弾です。以前に大々的に報道された白燐弾の影響で、焼夷兵器は何でも白燐弾だと誤解される風潮が広まってるのですが、クラスター・テルミット焼夷爆弾「RBK-250 ZAB-2.5」は攻撃用に専用設計された焼夷兵器(子弾は焼夷剤だけでなく炸薬も内蔵)であり、発煙弾として設計された白燐弾(アメリカ軍やイスラエル軍が使用したM825A1)よりもはるかに殺傷力が高い兵器です。

また、数日前にアレッポでの市街戦でロシア軍/シリア軍のTOS-1A重火炎放射システム(多連装サーモバリック・ロケット弾発射機)が対戦車ミサイルで撃破されています。TOS-1Aはサーモバリック弾薬に誘爆、大爆発となっています。


(着弾は45秒から)

TOS-1A重火炎放射システムは誘爆の様子を見ても分かる通り非常に強力な威力を持つ兵器です。そして多連装ロケットという兵器の性格上、目標へのピンポイント精密攻撃は不可能であり、本来は市街戦に投入していいものではありません。
05時10分 | 固定リンク | Comment (20) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. あっ!乙。久しぶりに見たら更新されてるw
    でもいつになったら終わるんだろうね。この泥沼…


    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月09日 16:42:21
  2. TOS-1Aやべーな

    弾薬補給車も大爆発するのかな

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月10日 06:23:09
  3.  白リン弾を「焼夷兵器」だと盲説を広めた「自称平和団体」の皆さんはこの「真の焼夷兵器」についてはまたもやスルーですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月10日 11:54:07
  4. 何を狙って、あるいはどんな効果が得たくて焼夷弾攻撃したんだろうか?


    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月11日 07:39:17
  5. ここまで派手に誘爆するとは・・・・・・
    所詮は火炎放射器の系譜、自信も火炙りになるリスクから逃れられるわけでは無いのか

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月11日 15:45:16
  6. TOS-1Aやべー
    これの近くには居たくない。。。

    てかこんな脆弱な兵器を何で丘のてっぺんにほっといたんだろう

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月12日 10:22:39
  7. メチスやTOWの射程外と思って油断したんじゃない?
    映像だと射程が長いコルネット撃ってるみたいだし

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月12日 11:31:19
  8. おやこのサイトはまだ生きていたのですね

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月18日 19:13:56
  9. >7
    コルネットだとしたら、捕獲かイランあたりから流れてきた?
    それにしてもTOS-1Aの爆発はすごく恐ろしい。まるで花木工場の爆発みたいだ。

    Posted by 90式改 at 2016年06月18日 22:05:09
  10. >まるで花木工場の爆発みたいだ。
    花火工場の間違えです。

    それにしても焼夷クラスター爆弾のことを白燐弾という(海外での)報道があって少しとまどっています。本当はテルミットなのに。


    Posted by 90式改 at 2016年06月18日 22:14:38
  11. ザ・ロックを思い出した。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月20日 00:23:14
  12. 外交の延長としての戦争であれば、
    周辺被害を局限して攻撃という需要があるのかもしれないけど、
    内戦や民族浄化などの目的だったら、寧ろ適するんじゃないの?虐殺兵器は。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月21日 07:28:30
  13. シリアがロシアの新たなベトナムになりつつあるね。
    こうした映像でロシア兵の死体がロシアで放送されたり目に触れたら
    大規模な撤退デモに発展しそう。
    対戦車ミサイルは欧米からのものか?
    冷戦を連想させる代理戦争そのものだ。
    考えてみればサーモバリック弾を大量に積載していれば
    攻撃された時に周辺の味方まで巻き込まれるから
    友軍は近くに居たくないわな。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月22日 00:01:52
  14. >対戦車ミサイルは欧米からのものか?

    ミサイルはロシアが1994年に開発した9M133 コルネット。
    シリア軍も使っているし、ヒズボラやハマスといった武装組織も運用している。中東ではよく使われているし、アフリカや南米でも採用している国がある。
    シリア軍から鹵獲したか、協力関係にあるイスラム過激派武装組織から入手したかのどちらか。
    欧米全然関係ない。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月22日 01:36:54
  15. サーモバリック弾が住宅街の中野隙間に有効なんじゃ?

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月24日 02:12:55
  16. 目がいいなー

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月29日 01:04:55
  17. 何人のロシア兵が死んだのかね、敵に奪われたら大変なことになるから無人なわけないし


    Posted by 名無しОбъект at 2016年07月03日 12:25:22
  18. ロシアって地上部隊派遣してたっけ?このTOS-1ってシリア軍のじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2016年07月15日 23:19:40
  19. TOS-1、市街地でも使えてるんじゃない?アメリカとは戦い方が違うし、問答無用で戦ってるんだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年09月15日 22:03:24
  20. 兵器に(倫理的に)投入して良い場所・悪い場所の区別など無いと思いますが。
    配置する場所が戦術的に適する・適さないはもちろんあるとして、ですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年11月28日 14:27:47
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。