2016年06月21日
6月18日にシリアを電撃訪問したロシアのショイグ国防相の様子を伝えるRT(ロシアトゥデイ)の動画ニュースに、シリアのフメイミム基地でSu-34攻撃機にクラスター・テルミット焼夷爆弾が搭載されている決定的な証拠が写っていました。



RBK500ZAB25SM.PNG

ZAB25SM.PNG
「РБК-500 ЗАБ-2,5СМ」と書かれている爆弾

Su-34攻撃機に搭載されているРБК-500 ЗАБ-2,5СМ(RBK-500 ZAB-2.5SM)と書かれている爆弾は、大型のクラスター・テルミット焼夷爆弾です。RBK-250 ZAB-2.5の大型版になります。誤解されることも多いのですが、これは白燐弾ではありません。それよりも遥かに強力な焼夷兵器です。



00時41分 | 固定リンク | Comment (6) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. “RBK-500”最近どっかで見たなと思ったらシンガーの「ゴーストフリート」(あの正式タイトル書くのはこっぱずかしい)で出てきたんだよなあ。

    ロシア海軍航空隊が嘉手納基地を爆撃するときに使ってた。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月21日 01:11:56
  2. P・W・シンガー&オーガスト・コール「中国軍を駆逐せよ!ゴースト・フリート出撃す」かな?

    RBK-500だけだと親爆弾部分を指すんだっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月22日 14:32:36
  3. 白燐弾で騒いでいた日本の反戦運動家はロシアの使うテルミット焼夷弾は一切無視。反戦ではなく反米だったってことがはっきりわかんだね。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月22日 21:15:59
  4. 流石ロシア。遠慮ないな。
    そこにシビれる憧れるぅ!

    Posted by 名無しОбъект at 2016年06月24日 02:16:43
  5. 白燐の燃焼よりもテルミット反応の方が強烈なのは知っているが、燃焼温度の比較データを知りたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年09月22日 01:55:23
  6. テルミット反応 2200〜3000度
    (アルミの燃焼温度かそれ以上)
    リン(マッチの燃焼材)の燃焼 1200度前後

    テルミットの方は金属製の物を溶かして破壊するためにも使われる強力な物。
    さらに強力になるように、アルミを超微細粉末にしたナノテルミットや、テルミット反応を使用したロケット推進剤の「ALICE」なども開発中。

    爆薬にも使われるアルミニウムの粉末が燃える温度と、マッチの燃焼温度の差と考えればいいかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2016年09月22日 15:15:48
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。