2017年04月16日
4月15日の北朝鮮軍事パレードに登場した新兵器に付いて。

今回初登場の新兵器。装軌型の自走発射機に搭載された地対艦ミサイル。ソ連が開発した亜音速対艦ミサイルKh-35の北朝鮮版を4連装ランチャーに収めてると推定される。北朝鮮はシルクワーム系の地対艦ミサイルも装軌型の自走発射機に搭載しており、上陸直前の敵を射程に収めるべく沿岸部で移動を行い待ち構える必要上、野外機動力を重視している。

今回初登場の新兵器。スカッドないしノドンの改良型? ミサイル先端側の翼は1点のピボットで装着されており、操舵翼であることが分かる。終末誘導能力を持つと思われる。対地型なのか対艦型なのかは不明。対艦型の場合は短距離弾道ミサイルであると思われる。(対艦用で中距離弾道ミサイルでは索敵も誘導も困難になる為)

パレードでは初登場の北極星1号SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)。モックアップなのかそれともカバーで覆われているのか、ノズル部分は機密扱いとして隠されている。

パレードでは初登場の北極星2号(KN-15)。SLBMの北極星1号(KN-11)を地上発射型に改良した中距離弾道ミサイル。コールドランチ式の固体燃料型弾道ミサイルで、ミサイルはキャニスターの中に収納されている。

KN-08長距離弾道ミサイル。従来は16輪TELに搭載されていたが、今回のパレードはムスダン中距離弾道ミサイル用の12輪TELに搭載されている(そのため、ミサイルの先端が車両より飛び出ている)。タイヤカバーはホットランチ時の膨大な熱からタイヤを守るためで、ムスダン発射試験の際にも装着されていた実用的なもの。

今回初登場の新型ICBM。16輪重野戦機動トラック型TELとトレーラー型TELの2種類。コールドランチの固体燃料型と推定される。

韓国の最新鋭複合型ライフルK11にそっくりなライフルを持つ北朝鮮軍特殊部隊の兵士。複合型ライフルとはライフルとグレネードランチャーを一体化したコンセプトの銃で、グレネードは小型軽量のものを使う代わりに高度なスマート時限信管を用いて最適な位置で起爆させる。
21時56分 | 固定リンク | Comment (20) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 北朝鮮も、頑張ってるなー

    トレーラー型のタイヤは普通に見えるけど、空気圧特殊仕様なんだろうか?
    または、張りぼてなんかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月17日 07:36:48
  2. うわ。ハリボテでなければ中国より先進的かも。アメリカが怒り狂うのも判りますね。


    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月17日 19:15:59
  3. 空母は平時の威圧用か、航空基地を確保できない場合に止む無くの用途で、戦時にわざわざ沿岸付近まで行かないだろうな。脆弱だし。

    THAADに守られた韓国の空軍基地から、艦上機なぞより余程強力な空軍機を繰り出せるのだから。
    固定目標なら改オハイオ級のトマホークで足りるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月17日 19:56:56
  4. この16輪車どうやって曲がるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月18日 08:05:06
  5. >>4
    小泉悠氏のブログに同じ16軸のトーポリMのTLEの写真があったが、前後2軸づつが操舵輪になってた。

    http://blog.goo.ne.jp/interstate/e/d0a906f2d7bfca48297e8733addacc03

    軸数違うけどクレーン車が通常時は前軸のみ操舵、小回りきかせる時は前後軸で操舵なんてことをやってるからTLEも同様なんじゃないかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月18日 17:50:48
  6. で、北韓国内のどの道路で走れるか、
    試してみたのかな???(笑)

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月18日 19:53:36
  7. >6
    16輪野戦機動トラック型TELは道路以外でも走れるんやで?

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月18日 20:50:18
  8. 操舵翼はPAC3の迎撃回避を意図してるって可能性もあるかな?
    多数のノドンに少数の終末機動タイプを混ぜて撃たれるとPAC3の迎撃が信頼できず全弾SM-3で迎撃せざるを得なくなり、迎撃能力が飽和しやすくなる

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月19日 12:50:02
  9. >北極星1号のノズル
    「水中から、ガスの圧力で」発射するモノなので、ガスや水が内部に侵入しないようにするためのカバーだと思います。
    2016年8月の潜水艦からの発射実験での、潜水艦に積み込む場面の写真でも同様のカバーが見えます。
    潜水艦からの発射後、水中から空中に飛び出してからカバーが外れるはずです。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月20日 11:08:07
  10. >>8
    PAC3って宇宙空間が戦闘領域だろ?
    空力操縦舵など役に立たないのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月22日 13:52:54
  11. >> 10
    PAC-3は大気圏内、宇宙空間はSM-3の方。
    といっても、PAC-3弾はサイドスラスター操舵付きだから空力操舵には頼らないと思うけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月22日 15:38:06
  12. Kh-35系の地対艦ミサイルを開発していることに驚き。
    海軍力が貧弱な分、沿岸防衛力を上げようとしているのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月28日 01:00:11
  13. >仮にKN17が対艦弾道ミサイルだった場合、
    >実射試験では洋上に標的が無いと意味が無いけど、
    >そういうものは確認されていないので、違うと思う。
    確かに過去二度、
    KN-17と推定される飛翔体が東海岸の新浦周辺から発射されたが、
    その時に標的となるものがあったかといえば、
    現時点で確認されていない。
    だからといってKN-17ではないということを証明したことにはならない。
    更に対艦弾道ミサイルは平均誤差半径の誘導性について
    KN-17には姿勢制御装置が搭載されているという観測があるにせよ、
    中国が開発していた時代から懐疑的な見方もあった。
    高速性を追求すれば誘導性が犠牲になり、
    誘導性を追求すれば高速性が犠牲になり撃墜されやすくなる。
    それでは誘導性を犠牲にしてまで空母に打撃を加える手段としては何がある?
    そこに気づくことができるかどうかだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月30日 14:03:57
  14. ↑引用はツイートから

    Posted by 名無しОбъект at 2017年04月30日 14:04:41
  15. わが共和国の北極星SLBMの底部にあるのは
    コールド・ローンチのためのガス・ジェネレータ

    米帝や日帝の心臓部に無慈悲壊滅的決定的打撃を与える北極星SLBMは、わが共和国の高度卓越した独自の朝鮮式技術により当初の液体燃料より固体燃料に大進化してるニダ。

    Posted by おっさん at 2017年05月02日 12:46:33
  16. K-11複合型小銃が出ていたとは驚き、(どこかで張りぼてだとツィートした人がいたような?)更に天馬号、暴風号といった戦車やM-2010装甲車にSA-16対空ミサイルが搭載しているのを見て、航空優勢を得るのに自信のない軍隊がいかに哀れか感じた。
    それにしても2010年の軍事パレードに出てきた(雷5)KN-06という長距離SAMがまた登場したけど、まとまった数があるのか?どれほどの性能なのか?気になる。

    Posted by 90式改 at 2017年05月04日 20:45:45
  17. >>11
    ありがとう。
    ただ、空力操舵のミサイルを空力操舵+サイドスラスタで撃ち落とせない理由がわからない。
    空力操舵の航空機を空力操舵のAAMで迎撃できるし。
    普通は弾頭が小さく小型の迎撃側の方が機動性が高いのでは?

    Posted by 名無しОбъект at 2017年05月06日 07:28:59
  18. 届く武器があるかどうかというのを独裁系の為政者は気にする
    命中率がどうこうではなく0%で脅せない事が気に入らないという奴
    だから対艦弾道弾は届かないといけないし、可能性が低くても彼らの欲求自体は満たす
    この政治的欲求を理解しない層が対艦弾道弾は短距離とか速さがどうこうとかで決め付けに嵌り易い
    彼らの発想は相手が万が一を警戒して作戦行動を制限する脅しにでもなればいい&数撃てばなんらかの影響を期待出来るかもという淡い期待なので、
    当たる可能性が低いだの速さがどうの言ってる「次の段階の話」をしてるのがそもそもおかしかったりする
    また、仮に本気でぶち込む場合は対艦弾道弾だけじゃなくてあらゆる手段を同時に試す事にもなるので迎撃出来るから無効化出来る云々はお門違いになる
    迎撃させる行為をさせられる事自体に意味があるので迎撃すら必要すらないというのが本来彼らが気にするところ
    迎撃したという事は相手側の手がかかるということで雷撃爆撃や特攻等の余地が生まれる発想にもなる
    ああいうえらいさんは軍事マニアみたいな考えで物事を見ることはないので、中国や北朝鮮が大金をかけて作っちゃうの

    Posted by 名無しОбъект at 2017年05月06日 08:07:34
  19. 13&18様
    つまり、彼らは本気だし、間違いなく開発を完了させる気であり、その為にリソースを割いていると判断できると仰っておられるのですね。
    う〜ん、その意気込みは感じるのですが、核実験を伴わないところをみると、どうなんでしょうか?
    実射&核実験 同時実施ならインパクトあるでしょうが、そのような事例はないですね…。

    Posted by 名無しОбъект at 2017年05月18日 00:48:48
  20. >>19
    対艦弾道弾の話と核の話はそれぞれ別口で進めるもんだからね
    対艦弾道弾自体は核弾頭関係なく進めるだろう
    米軍が距離を取るとか気にしてるかも知れない
    中国は作ってるじゃないか
    という純軍人ではない政治トップの反応のせい
    そして対艦弾道弾に核弾頭を使うかどうかも偉い人の気分次第
    当たる可能性が上がるじゃないかとか、電磁攻撃になるじゃないかとか言い出したらやる可能性は否定出来ない
    かの国は常識的な国ではないんで…
    電磁攻撃兵器化もすすめているそうだが、空母にそれが通用するかどうかを考慮してくれるかもわからん相手

    Posted by 名無しОбъект at 2017年05月26日 20:45:21
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。