2007年06月17日
太田述正掲示板は、管理人しまだ氏の忠告を太田氏が聞き入れず、とうとう閉鎖web魚拓)することになったようです。

そこで掲示板閉鎖前にログを取って置く事にしたのですが、掲示板での太田氏とのやりとりの中で、一番不思議だったものを纏めてここに置いておく事にします。それは「老旧」なる言葉を巡るものなのですが・・・発端は太田氏のブログ記事の「なお、ホークは老旧機であるから戦闘機の中にはカウントされるべきでなかった、という批判も出ていますが」という記述からで、その後に掲示板で論争になりました。

掲示板の該当ツリーは閉鎖前の今なら閲覧できます。そして以下はコメントを個別に保存したweb魚拓と、その纏めです。



JSF 「誰が「老朽機だから」と言ったのですか? 「練習機だから」ではありませんか?」

太田 「「老朽」と「老旧」とは意味が全く違います、新品でも「老旧」でありうるのです。お分かりですね」

注:質問の主題「練習機だから」が無視されているような気がするのですが・・・。

名無し三等兵 「妙な造語作り出さんでください。大辞泉にも載ってませんよ>老旧」

太田 「これは失敬。防衛庁の職場用語でした。だけど、一般用語として普及させたいですね」

注:「老朽」と紛らわしいので止めてください。

hige 「現役幹部ですが聞いたことがありません」

太田 「「老旧」という言葉は、確か30年ほど前、陸海空幕僚監部の自衛官のどなたかから初めて、「老朽」と対比する形で教わった言葉だったと思います。現在使われていないとすると、昔使われていた言葉が廃れてしまったか、あるいはもともとその自衛官の方の冗談だったのかもしれませんね。私は、便利な言葉だと感心した記憶があります」

注:気になった部分を太字で強調してみました。

JSF 「私は「練習機だから」と言っていた筈です。「老旧機だから」などということは一言も言っていない。貴方の勝手な解釈で私の発言を改竄されるのは、許せません。ああ、ところで、私の知り合いの自衛官に聞いてもそのような防衛庁用語など存在しないと言われました。それと調べて見ましたが、「老旧」とは日本語ではなく中国語です」

注:Googleで検索してみたら「老旧」は漢文しかhitしなかったです。

太田 「あなたが、ホークを私の言う「老旧機」と考えているためではないか、と忖度してさしあげただけですよ」「差別用語と言われるかもしれないけど、女々しいぞ」

注:忖度(そんたく)と読みます。

JSF 「私が言っても居ないことを捏造したのだから、その点は謝罪し訂正してください」

hige 「OBの父に確認いたしましたが、そのような言葉はないそうです」

注:以下、太田氏からの返事はありませんでした。



結局、太田氏の言う「老旧」とは一体なんだったのか分からず終いでした。その具体的な用法、正しい日本語である「老朽」との意味の違い、出典元、今は何処で使われているのか・・・何も判明しておりません。私も初めて聞く用語です。もしかしたらごく狭い範囲内で使われている言葉かもしれませんので、ご存知の方はご一報ください。


17時37分 | 固定リンク | Comment (193) | 議論 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. えーっと・・・

    つまり、太田氏は中国人だった、ということカナ? カナ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 17:59:49
  2. こんな小さな間違い、大局にも全く関係ありませんし一言ごめんなさいですむ問題じゃないですか。
    この人、第三者が自分の言動を見てどう感じるか、なんて全く考えてないんでしょうね。
    ついでに言えば閲覧者とアクティブな反応をする人の比率も。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:08:40
  3. 議論において用いる言葉の定義は重要だと思うのですが…。
    造語を使いたいならせめて意味を教えて欲しいものです。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:13:31
  4. >「老朽」と「老旧」とは意味が全く違います、
    >新品でも「老旧」でありうるのです。

    意味を推測できるのはここだけですね。

    老朽は作られてから時間が立ってガタがきてること。
    でも「老旧」は全く違う…?
    「新品でも「老旧」でありうる」ということは、
    要は現代戦にそぐわない時代遅れのものってことでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:19:49
  5. 新製品だけど市場に出てきたときには時代遅れ

    みたいな感じじゃろか
    結局本題には答えてないところがワロス

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:29:18
  6. 「老旧」=設計が古い
    といった意味で使っているのかなとは思いますが、聞いたことはないですね。
     「老旧」で検索したら日本語でもいくらかひっかかりますが、「老朽」の誤字としてるところもありますね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:30:02
  7. 旧型機って意味なんだろうけど、なら「旧型」とか「旧式」の方が正しいだろうしな。
    「老」の字が入ってる時点で、「新品」ってのと矛盾してると思うんだが・・・

    Posted by のぅ at 2007年06月17日 18:36:10
  8. もともとホークは練習機として設計され、その性能は十分満たしているが、戦闘機としては能力が足りないとJSF氏らは言っているわけで、この回答は
    ・何も理解していない(ホークが練習機である事も)

    ・議論を拡散させてごまかそうとしている
    のどっちか、あるいはどっちにも当てはまるのではないかと疑ってます。
    ホークはミリバラがFighterにカウントしているのだから練習機ではない。彼は他の権威にすがる傾向が非常に強いようですから、ミリバラという自分が信仰する権威を否定する事など思いもよらないのかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:36:18
  9. 頑固な性格なんだろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:39:00
  10. 要は、古い設計の機械を改修・新造した
    旧世代機と言うことでしょうか。
    元露のホテル目的だった筈の改修空母とか。
    うん、ますます中国寄り。

    しかし、自分的には勉強の種が次から次に現れるのは
    大変有り難いのですが、相手が相手なだけに
    日本の安全がちょっぴり不安になったり

    Posted by hazy at 2007年06月17日 18:45:39
  11. 小学生かよ…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 18:53:06
  12. >あなたが、ホークを私の言う「老旧機」と考えているためではないか、と忖度してさしあげただけですよ

    忖度=(漢語的表現)他人の気持ちを考えること。

    ははは誰がそんなコト忖度してくれと言ったのかねw
    旧式機、旧型機、性能が足りない、色んな言い換えがあると思うけど、そのまま練習機と書いておけばいいのにね。
    練習機では何か不都合なコトでもあったのかな?

    Posted by 名無し西川魯介信者 at 2007年06月17日 18:59:39
  13. こういう議論の拡散方法は、記録が残らない面と向かっての論争の時は有効だけど、記録が残りギャラリーみんながじっくりと読む事ができるネット論争では通用しないんだよねえ。

    >ははは誰がそんなコト忖度してくれと言ったのかねw
    JSF氏の言っている事を理解できていないという風に解釈されるんだよねw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:07:43
  14. 老旧【ろうきゅう】
    1970年代に「老朽」と対比する形で生まれた防衛庁の職場用語

    民明書房「声に出して叫びたい日本語」より抜粋

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:13:05
  15. 機械を貶める時に「新品だけど設計が古い」ってのは良く聞きますね。
    昭和60年代の「新装備」は皆、原型初飛行が二十年近く前で古いから、と批判されてました。
    軍事だけでなく、当時の国鉄民営化問題でも製造期間が二十年以上の形式がいくつかあったため、
    鉄道車両に対してそういう批判を積極的に用いたことがありました。

    でも、防衛庁がこの論法を内部で展開していたとは驚きです。
    可能性としては、機種選定の際のダミーを落す際に「設計の古い機体なので変化に対応(
    略)」
    って話をしていたことも考えられますが、自分たちへの批判として
    殆ど奇弁に近い話に眉をひそめてたであろう組織が、用いるとはねえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:28:56
  16. 俺も自衛隊に10年以上いたけれど、「老旧」なんて言葉初めて聞いたよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:33:07
  17. こんな無知無能な役人ばかりだから日本の役所は駄目なんだと実感してしまいます。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:48:40
  18. 手元に空自の用語集があるけれど、「老旧」なんて言葉はどこにも載ってないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:48:51
  19. 些細な点でも間違いを認めると自らの「権威」の魔法が雲散霧消してしまうと考えてるかのようですね。
    小学生の頃に見たドラクエごっこの光景を思い出しました。
    A「イオゾーマ!」
    B「そんな呪文あらへん。イオの最強魔法はイオナズンやろ」
    A「ドラクエYに出てくるもん」
    B「ドラクエXまでしか出てへんやん」(この会話は93年ごろでした)
    A「兄ちゃんエニックスの社員やからオレ次のできるねん」
    B「マジで〜。ちょっとやらせてや」
    A「よその人にやらせたらアカンねん。発売したら買いーや」
    後日発売されたYにイオゾーマなる魔法はありませんでした。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 19:54:16
  20. >あるいはもともとその自衛官の方の冗談だったのかもしれませんね。

    小学生レベルの言い訳なんですけど・・・orz.

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 20:34:37
  21. ホホイ語みたいに、このまま勝利宣言→逃亡になったりして。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:12:50
  22. お疲れ様です。日本語の通じない相手と論争するのは大変ですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:25:29
  23. コミュニケーションが取れてないな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:31:14
  24. 間違ってたら
    素直に間違ってましたって言えば
    良いだけなんじゃないかなぁ

    正しく軌道修正しないから
    どんどん不利になっていくんですね
    不思議ですね

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:43:48
  25. >>21
    ひょっとしてこの人、ホホイ語族の太田村の村長じゃね?


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:45:18
  26. 老朽も老旧も発音は「ろうきゅう」なんだから、
    口語としては区別がつきにくく、使用が困難なのではないかと。
    それとも、「ろうきゅう」のイントネーションが
    老朽のそれとまるで違うのかしら。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:54:10
  27. うちのIMEはお馬鹿さんだから、
    「老旧」が一発変換出来ません><

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:56:04
  28. hige氏に装備に関しての用語のことを聞いて「聞いたことが無い」と言われたら終了だわなw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 21:57:03
  29. まぁ、日本の政治家はそれが戦闘機なのか、
    練習機なのかなんて気にしませんからね、
    自衛隊や軍事一般に非常に強い関心を寄せている党の党首が、
    空母でB52を運用すると信じている様で、
    政治家がそのレベルなら役人はこのレベルで通用するのでしょう。

    実際に新しい装備を開発したりする際に一番厄介なのは、
    無知な大蔵役人を説得することだとは聞きましたが、
    身内の背広もこれではさぞかし現場や、防衛産業の技術者は大変なんでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 22:04:06
  30. hige 「現役幹部ですが聞いたことがありません」
    太田 「昔使われていた言葉が廃れてしまったか、あるいはもともとその自衛官の方の冗談だったのかもしれませんね」
    hige 「OBの父に確認いたしましたが、そのような言葉はないそうです」


    これにより、「昔使われていた言葉が廃れてしまった説」は消えてしまった。残るは「太田に教えた自衛官の方の冗談」説となります。

    ですが私はこれに異論を唱えたい。

    「最初から最期まで太田述正の口からデマカセ」説です。太田氏がそうした理由は、ホークが練習機であることをメルマガ読者に隠す為、話をはぐらかしている内にどんどんド壷に嵌っていった、と見るのが妥当です。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 22:10:27
  31. 設計が古い=信頼性が低いではないんだけどね。
    単に変換ミスならそう謝っておけばここまで拗れてないのに。

    個人的に車で「新古」という言葉は聞きますけど、老旧という言葉は初めてだなあ。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2007年06月17日 22:11:13
  32. 嘘を隠し通すために嘘を付き続けたら首が回らなくなったってことでしょう。
    こんな間違いすら認められないとは…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 22:44:40
  33. 「老旧」ねぇ。最大限好意的にみても、
    太田氏の周りでのみ使われたマイブームなんですかねぇ

    >29
    >自衛隊や軍事一般に非常に強い関心を
    >寄せている党の党首が、空母でB52を
    >運用すると信じている様

    そんな認識でどうやって文民統制ができるのか
    問い詰めたい・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 22:47:05
  34. ……私の投稿とJSFさんの投稿、消えてない?


    Posted by 通りすがりの逸般人 at 2007年06月17日 22:52:35
  35. >正しい日本語である「老朽」との意味の違い、出展元、

    「出展元」とは「出典」のことでしょうか?

    Posted by じゃん at 2007年06月17日 22:53:23
  36. >老旧
    hige殿は陸、当方は海でそれぞれそのような造語が存在しない事を確認しているので、あとは空の方が確認取ってくれれば完璧ですな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:02:10
  37. >>33
    >そんな認識でどうやって文民統制ができるのか

    「舞台はミスキャストで一杯。
     誰もその役を望んじゃいないのにな。
     素敵な話じゃないか。
     これが俺達のシビリアンコントロールってやつさ」



    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:02:23
  38. >「舞台はミスキャストで一杯。
    誰もその役を望んじゃいないのにな。
    素敵な話じゃないか。
    これが俺達のシビリアンコントロールってやつ さ」

    ああ、ここにもパト2がw



    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:05:10
  39. もと海自の中の人だったけど、そんな言葉は一切聞いたことがないよ。
    型落ちの意味なのかなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:23:34
  40. >>34
    失語症云々の書き込みも消されてますね。
    …閉鎖は援護か。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:31:51
  41.  >次期の会費を既に納入されている読者は、15日1200前後までにわずか
     >39名にとどまっています。会費の納入は28日までにお早めに!

    見切りを付けた読者が相当いると見た


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:38:38
  42. とりあえず、太田氏のブログのトップページの重さをどうにかして欲しい。
    あれでは読む気も失せる。

    あと、有料会員がお金出し渋ってるみたいだね。

     >次期の会費を既に納入されている読者は、15日1200前後までにわずか
     >39名にとどまっています。会費の納入は28日までにお早めに!


    必死だなw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:39:47
  43. 単にミリバラの記述に固執してるところと
    ミリバラをスルーしてるところのダブルスタンダードを問えばいいだけの話じゃないの?
    なんで脱線にわざわざ付き合ってるの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:46:27
  44. しかし、このエントリーを見ているやも知れぬ、現職の内局の中の人はどう思って居るのやら?討ち死に覚悟でも、助け舟を出す方はおらんものかねぇww

    Posted by いっこう at 2007年06月17日 23:52:02
  45. つべこべつべこべと、何でごめんなさいと言えんのだ!
    byウォン・リー

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:55:54
  46. >>26
    > それとも、「ろうきゅう」のイントネーションが
    > 老朽のそれとまるで違うのかしら。

    つ[四声]


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月17日 23:59:35
  47. >なんで脱線にわざわざ付き合ってるの?

    発言を捏造されてメーリングリストで流されたからだろ。メーリングリストで訂正するよう求めたら拒否されたわけだから、名誉の回復が為されていない。

    そうなればここで宣伝する以外に、名誉の回復方法が無い。しかしどう見ても太田MLの登録者数よりも、ここの読者の方が圧倒的に多いわけだが・・・傷口を広げたのは太田の自己責任。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:00:24
  48. >>43
    あれ?

    以前「もう脱退します!」って言った人に

    「MLの会員は沢山います。ありがとうございますm9(^Д^)プギャー」

    って感じのレスしてなかったっけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:21:04
  49. >>33
    >そんな認識でどうやって文民統制ができるのか
    >問い詰めたい・・・
    その認識で文民統制の舵を取っちゃった馬鹿が、国内最大級の有事にどう対処したか。

    我々は既に阪神淡路大震災で経験しちゃったのよね。
    そしてその反省もなく阿部知子という馬鹿女が(以下略

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2007年06月18日 00:22:03
  50. >次期の会費を既に納入されている読者は、15日1200前後までにわずか
    >39名にとどまっています。会費の納入は28日までにお早めに!

    10日前にはこんな対応だったのに・・・

    http://sol.la.coocan.jp/wforum/wforum.cgi?mode=allread&pastlog=0001&no=446&page=0&act=past#514
    タイトル : Re^14: ガゼルについて
    記事No : 514
    投稿日 : 2007/06/07(Thu) 01:02
    投稿者 : 購読者

    自らの誤りを認める能力も無かったのですか

    呆れました、メルマガ購読も中止します。

    所詮一般的な官僚だったんですね。

    せいぜいもと官僚様でございと鼻高々で生きてください

    タイトル : Re^15: ガゼルについて
    記事No : 516
    投稿日 : 2007/06/07(Thu) 07:55
    投稿者 : 太田 述正

    > 呆れました、メルマガ購読も中止します。

     幸い、この掲示板への訪問者数はもちろんですが、このところ、購読者数が増えています。
     これも皆さんが熱心に議論をしてくださったおかげだと感謝しています。

    タイトル : Re^16: ガゼルについて
    記事No : 618
    投稿日 : 2007/06/11(Mon) 09:58
    投稿者 : JSF

    >  幸い、この掲示板への訪問者数はもちろんですが、このところ、購読者数が増えています。
    >  これも皆さんが熱心に議論をしてくださったおかげだと感謝しています。

    そうですか、では遠慮は要りませんね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:22:17
  51. なんか、プロの作家や評論家のサイトが炎上する黄金パターンの一つですね。
    センセイセンセイと持ち上げられているうちに自分の書くことに誤りはないと思い上がり、本だけなら直接反論されないんだからやめておけば良いのにウェブに書いて市井のアマチュアに撃破される、と。
    プロとアマチュアの違いは原稿料をもらって書いているかどうかだけで、書いている内容の信憑性とは関係ないのにね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:24:55
  52. いまさらだけど自衛官の息子である私もパパンに「老旧機」について訊いてみた。

    「少なくとも、俺はちゃんとした書類に書いた事はない単語だ。どういう意味?」

    みたいな返答でした。
    パパンは陸の人で、航空機には関わってないですが。もうすぐ定年を迎えるくらいには長く勤めた人。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:33:58
  53. >>50
    ああ、じゃあ何の問題も無いな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:44:54
  54. なんか某弁護士と似たような角度にズレてる気がする

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 00:56:37
  55. 現役空の幹部(実際は患部ですが)でも聞いたことがありません。



    こんな些細なこと、ちょっと謝ればすむことなのに・・・

    Posted by けろ at 2007年06月18日 00:58:39
  56. 己の過ちを認められず次第にど壷に嵌り
    醜態をさらし、仕舞いに怪物と成り果てる病

    命名:イオゾーマ症候群

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:03:09
  57. >>40

    ・・・本当に消されてますね。呆れ果てました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:05:17
  58. >50、51
    チョイ前の記者ブログ炎上騒ぎを彷彿とさせる
    展開ですなぁ。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:06:00
  59. とうとう現役空自幹部からすらも否定されてしまいましたか。

    >こんな些細なこと、ちょっと謝ればすむことなのに・・・

    というより、太田氏がメルマガで「練習機だから〜」ではなく「老旧機だから〜」と書いたのは意図的だと思うんです。「練習機」の部分を改竄した事が、です。メルマガ読者にホークが練習機だと知られてしまうとマズイから。だからその後の指摘にも練習機であるという指摘からは逃げ回り、無関係な「老朽じゃなくて老旧だ」とか言い張っているわけです。

    恐らく、「老旧」自体が太田氏の変換ミスかなにかで、防衛庁用語でもなんでもないが、相手がレスで「老朽機」と返してきたので、本題から逃げ回り誤魔化す手段として「老朽じゃなくて老旧だ」と意味不明なことを口走っているのだと思います。

    そしてそれをマジ突っ込みされて余計に事態を悪化させてしまい、墓穴を掘る羽目になり、小学生レベルの言い訳に終始し、進退窮まっています。最初は軽い気持ちで話題逸らしのつもりだったんでしょうね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:12:27
  60. 謝れば良いのに謝らない 嫌われたり叩かれる人って基本的に謝らないよね

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:29:43
  61. >ああ、ここにもパト2がw

    では太田氏にはもう一度戦後から…ってまだ戦中か。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 01:32:05
  62. 手元の中国語辞書を引いてみたのですが...

    現代中日辞典 増訂版(香坂順一 太田辰夫共著、光生館 1986)では、P336〜P340にかけて「老(lio)」と「老」の字を含む200を超える熟語について解説しています。しかし、「老旧」はその中に含まれていません。

    辞典にも載っていない以上、「老旧」は中国語でも一般的に使用されている言葉では無いと思われます。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 02:01:17
  63. 東京大学法学部卒
    防衛庁長官官房防衛審議官
    仙台防衛施設局長
    防衛庁再生宣言

    こんだけの履歴の人が、こんなことになるとはね。

    Posted by   at 2007年06月18日 02:31:24
  64. >「出展元」とは「出典」のことでしょうか?

    あ、変換ミスしていました。直しておきますね。御指摘ありがとうございます。

    >なんで脱線にわざわざ付き合ってるの?

    太田さんのMLで、私が言ってもいない事を言った事にされて垂れ流されて、その訂正をMLで行う気が無いと言われましたので、こちらで記事にする以外に私の対処手段が無いからです。やらなければML読者に誤解されたままです。

    それにこの脱線に付き合う事は、むしろ効果的だと判断しました。脱線先の話題の方が脱線前よりも致命的だからです。

    >辞典にも載っていない以上、「老旧」は中国語でも
    >一般的に使用されている言葉では無いと思われます。

    ということは、検索で出てくるのは単に語の並び方がそうであるだけ、ということなのでしょうね。

    Posted by JSF at 2007年06月18日 03:08:11
  65. ああホントだ、失語云々の私の投稿消されてらw
    おかしいなぁ、オオタンは確か
    「ネット上での発言はむしろ永久に残しておきたい」
    とか言ってなかったかなぁ。
    因みに送ったのはこんな感じの文章でした。

    「はじめまして、今まで書き込みを控えてきましたが掲示板が閉鎖されるという事なので、あえて投稿します。
    >>失語症かなあ
    太田氏を心配している(であろう)人に対し、この発言は失礼ではないでしょうか。
    ネットは開かれた場です。
    不特定多数の人が見ている場でこのような発言をするのは、太田氏にとってマイナスにしかならないと思います。

    私は介護福祉士ですが、病気により言葉を失い、自分の意思を伝えるのにとても苦労しているご老人を何人も知っています。
    また学生時代、大切な人を亡くし、一時的に失語になった友人もいます。
    そのような方々がこの発言を見てどう思うでしょうか?
    果たして太田氏に良い印象を持つでしょうか?
    一度良く考えてみてください。」

    まさか消されるとは思ってなかったので、文章保存してなかったw
    細かい所は違うかもしれませんが大体こんな感じです。
    よく考えた結果が、掲示板からの削除だったのか喃。

    Posted by 名無し西川魯介信者(ONEEYE) at 2007年06月18日 06:41:42
  66. また消されてますね。
    なんだろう、そんなに不都合な文章かな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 06:57:17
  67. 追記。
    これから書き込みがある度に保存した方がいいかもしれませんね。
    書き込んだ人は書き込みを取っておくべきかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 06:59:13
  68. こういうとこでもダブスタ発揮ですか。
    失語症云々に関する発言はやすがに拙いと思ったんでしょうね。
    ソレに対する反応も含めて、無かった事にしたいんでしょう。
    購読費の振込みの様子を見るに、しっかり皆の目には入ってるようですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 07:11:04
  69. 「身内に失語症がいる人(名前間違えていたら申し訳ないです)」
    さんの書き込みが削除されたため書き込んできました。

    「何故何度も書き込みを削除されるのでしょうか。
    書き込み内容に問題があるのでしょうか?
    私には太田氏の書き込みの方が問題があるように思うのですが如何でしょうか。

    批判されたなら何らかの反応を示すのが筋でしょう。
    削除しているだけでは逃げにしかなりません。
    掲示板を閉鎖するのも逃げだと思います。」

    以上が書き込みの内容です。
    07/06/18-07:11 No.812

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 07:15:43
  70. 早いですね。もう書き込みが消されてしまいました。
    リアルタイムで見ている気がします。

    Posted by 69 at 2007年06月18日 07:20:12
  71. Re: sol.lacoocan閉鎖します。 - 太田 述正 07/06/16-23:15 No.801 new以降の書き込みが全て削除されているので、オオタンとしては
    「掲示板閉鎖するって言ってんだろあとはブログのコメント欄に書きなさいキー!」
    と言いたいのでは?

    あと私が書いた
    >今まで書き込みを控えてきましたが掲示板が閉鎖されるという事なので、あえて投稿します。
    この発言がまずかったのかもしれません。
    (閉鎖されるなら名に書き込んでもいいだろ的に捉えられたかも)
    だとしたら消された方には大変申し訳ありません。

    Posted by 名無し西川魯介信者 at 2007年06月18日 08:08:29
  72. 是非太田さんにはこの言葉を贈りたいです。

    「過ちて改めざる、之を過ちと謂う」
    「小人の過ちは、必ず文る」
    「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」



    Posted by GLOCK at 2007年06月18日 08:22:43
  73. 本当に掲示板閉鎖しましたか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 08:44:12
  74. 「小さな嘘を繰り返してにっちもさっちもいかなくなった」
    っていう好例ですかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 10:12:13
  75. この手の人達は何故こうも退却戦が苦手なのだろうか
    総崩れ壊乱>本拠炎上 以外の結論を見た事がない
    追撃する気も失せる

    Posted by 名無し無名世界信者 at 2007年06月18日 10:19:20
  76. 「ウンコ」は綺麗に拭いておかないと「痔」になるのに、、、


    Posted by 謎の爆撃機 at 2007年06月18日 10:44:06
  77. グダグダだなこの人

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 11:32:07
  78. 笑学生なんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 12:07:10
  79. メルマガ読者もこの件で結構見切りつける人が出てくるんじゃないかなぁ?
    だって本気でしょーもない人間だってのが露呈しちゃってきてるし。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 12:11:49
  80. 10分持つの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 14:05:19
  81. ホホイ語さんと討論してほしいなぁ
    10分経ったら本筋から外れてそうだけど

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 14:07:28
  82. ここの住人が自衛隊関係者に「老旧は自衛隊用語ですか?」と聞くから、自衛隊内で老旧という言葉が飛び交っているんじゃないのかな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 14:41:45
  83. き・・聞いた事ないなあ
    そもそもやたら正確さにこだわる軍事関連で、読みが同じで竟味がちがう・・なんて造語があるとは思えませんが・・・

    Posted by EF63-24(修理中) at 2007年06月18日 15:38:24
  84. メルマガ来たけど、また勝手な解釈してるなあ・・・・


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 15:59:40
  85. 今来たメルマガ(コラム#1819)も相変わらず最悪。

    > D:日本国は専守防衛国家であり、侵攻用戦力は特に必要が無い。・・自衛隊
    >は・・侵攻型軍隊ではない。(JSF)(
     (中略)
    > また、Dでも吉田ドクトリンの堅持が当然視されているように見受けられます
    >が、ほとんど存在意義がなく、絶対に実戦で血を流すことのない自衛隊におい
    >て、高度で高価なオモチャ(武器)を使ったお遊び(訓練)を楽しみながら、そ
    >こそこ給料もよくてしかも安定したサラリーマン生活を送りたい、だから吉田ド
    >クトリンを堅持して欲しい、という大半の自衛官の無理からぬ心情がDには投影
    >されている、と私は見ています。

    まったく、言いたい放題ですな。頭に血管ブチ切れそう。

    しかしあれだ、こーいう風に他者をおとしめる言説をまき散らす人って
    たいていコンプレックスのカタマリなんだよね。
    太田もと審議官カワイソス(wwwww

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:13:45
  86. 自衛隊はシビリアンコントロールされている以上、国家の方針が専守防衛である以上、専守防衛用の装備を配備するのは当たり前だ。まさか太田はスイスに対しても、侵攻用装備が無いから意味の無い軍隊だと言うのだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:26:57
  87. >ほとんど存在意義がなく、絶対に実戦で血を流すことのない自衛隊

     この太田って人はこれが言いたいだけなんじゃないのかと。
     唐突に吉田ドクトリンとか無関係のこと言い出すあたりもそうだけど、彼はもう「自衛隊は役立たず」「自衛隊に存在意義無し」という結論の中でしか生きられなくなっちゃったんだろうね。
     太田氏、ぶっちゃけ他人を病気扱いしてる場合じゃないと思ふ。

      資料もまともに読解・比較できず
      専門知識もなく、用語の使用は不正確&オレ流で
      間違いの指摘への対応ひとつまともに出来ず
      反論はいちいち的外れ&差別的表現満載

     こんなのに税金払ってた時期があるというだけでも腹立たしいねえ……

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:33:52
  88. >>81
    軍オタにつけられた傷を舐め合うだけです。
    じゅるるるっ!!ずちゅるるるっ!れろれろれろ!(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:36:25
  89. 専守防衛に異議を唱えるのであれば、なぜ専守防衛ではダメなのかを論じなければならないはずだが、相変わらず何も論じることができない馬鹿さを全力でぶちまけてますな。

    そもそも誰も専守防衛が絶対の真理だなんて言っておらず、現状の自衛隊装備は専守防衛という縛りの中での常識的な装備であるということを指摘しただけ。
    専守防衛を捨てて日本が外征型の装備を持つことの必要性をおーた氏は論証しなければならないはずだが、そういうことは何もやっていないんだよねえ。

    sigh…しかし、こんなのが防衛庁キャリアやってたんだぜ…orz

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:50:46
  90. ちょいと調べてみたのですが
    確かに「老旧」という語は、『広辞苑』や『日本語大辞典』など、代表的な日本語の辞書には存在しません。googleで幾つか引っかかりますが、「老朽」の誤用と断じて良いと思います。
    中国語の方では、62氏の挙げるとおり、中型の中日辞典には載っていませんが、『中国語大辞典』(角川書店,1994)には、「時代遅れである」といった意味で挙げられており、「機器老旧」(器械が古びている)といった用例を掲載しています(より大型の中国語辞典には他の意味も掲載されていますが、割愛します)。
    「老旧」をgoogleで検索してみると、幾つか中国語のサイトを見かけます。以下はその一例。
    http://news.xinhuanet.com/mil/2007-06/04/content_6194086.htm
    これはインド空軍の旧式機アップデートに、人員の訓練が追いついていないという主旨の記事です。
    なお、中国語では老朽lao3xiu3と老旧lao3jiu4は発音も異なるので、中国人の誤用は考えられません。意味も老朽は「老いさらばえている」となります。

    以上から、太田氏の「新品でも「老旧」でありうるのです」という発言のみについて述べるなら、間違いとはいえないと考えます。

    もっとも、老朽/老旧はともかく、練習機だからカウントされないのだろ、とは思うわけですし、氏の議論には好意を抱けませんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:54:17
  91. >90

    本当に中国語だったんだ・・・太田さんは中国人ってことでFA? つーかスパイ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:57:56
  92. 自衛隊の戦力で発生する抑止力等の効果等を全て無視して
    存在意義が殆ど無いと言い切る放漫さ
    そして自衛官をバカにしまくっているこれらの言葉
    防衛庁の審議官云々より人としてかなりどうかと

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 16:58:04
  93. 太田って名前をみたとき、爆笑問題のヒステリックな方かと思ったよ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 17:26:44
  94. >65
    それにしてもなんて酷いことを…。このような愚かなことを書く人間は将来、酷い目にあうに決まっている。太田氏は年寄りになったとき、
    姑には「いつまでご飯を食べているの。片付けますよ。」孫には「じじい、死ね」といじめられるね。

    Posted by 90式改 at 2007年06月18日 18:28:19
  95. 『おっ、軍オタがきたぞ。ちょっと話してやったらコラムのネタにでもなるかな?』
    とか思われたのでしょうか…。
    その結果はずいぶん高い買い物になってしまったようですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 18:36:32
  96. どう見ても誤字ったようにしか見えないんだがなぁw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 19:36:58
  97. もしかして太田って人は原稿用紙に手書きで原稿書いて、他人にそれを打ち込んでもらってるんじゃない?w
    それならIME使って一発で変換できないような変な単語が出現する事にある程度納得が行くけど。

    でもそうすると、著書でグループウェアが云々と偉そうに語ってたのは何?って話になるけどw
    まあ、現状でもネットの特性が理解できず恥を晒している時点で、何も知らない人間と比べれば詳しいだけって感じもするけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 20:20:23
  98. >91
    ハニトラに引っかかって、その時の娘っ子に教えてもらったんじゃないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 20:51:45
  99. >じゅるるるっ!!ずちゅるるるっ!れろれろれろ!(ry
    おえぇ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 21:10:21
  100. このレベルの人間が日本の防衛の中枢にいることができたという事実は、確かに脅威ですなぁw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 21:21:54
  101. まあ中央で審議官やった後外局の地方局長に飛ばされているってことは、ちゃんと防衛庁も見限ったってことだからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 22:19:33
  102. あの穏やかな笑顔で
    あのような書き込みをなさっている姿を想像すると・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 22:37:24
  103. >>101
    本庁から追放されちゃって、自衛隊に復讐してやる〜と思いながら
    「自衛隊に存在意義がない」とか書いてるんじゃないか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 22:58:44
  104. ……皆さん、国会議員の先生が偉い偉いと思ってらっしゃる……かもしれないが、実際のところ偉くない。
    官僚のうち、動機で一番偉く”なれない”ことに気づいた人が、国会議員の道に逃げるわけで。
    故に国会議員の先生は、同期の官僚に馬鹿にされるわけ。
    そんな先生でも、後輩に当たる官僚からすれば先輩な訳で……。

    官僚上がりの代議士先生って、何でこんなのが多いのだろう……全部がそうだ、という訳じゃないけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月18日 23:38:20
  105. その代議士にもなれなかったんだしなあ。
    じゃあ評論家、アナリストとして著作が評価されているかと言うと6年前の1冊しかないわけで。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 00:38:28
  106. 以前、「来月のメルマガの購読者が100名超えなかったら、サイト更新を中止する」と言っていて、100名超えれなかったのに、そのまま更新を続けたことがあった。
    それ以後、私は彼を信用しなくなったね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 01:55:39
  107. 老旧化した太田さんに合いの手を(w


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 02:55:11
  108. >>17
    すまん、公務員がみんなこういう人だとは思わないでくれ……。
    私の周りではこういうものの言い方する人見たことないよ……。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 04:09:17
  109. >97
    ここでアクセル全開、インド人を右に!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 08:00:03
  110. 間違いを間違いと認められない御仁なんでしょ。
    ホントに小学生レベルだけど

    Posted by 三毛招き at 2007年06月19日 10:19:35
  111. > インド人を右に

    解説します。昔、ゲーメストという雑誌のゲームの解説記事にこのような表現がありました。
    これは手書きで書いた「ハンドルを右に」を読み取れず、このように誤植されたものです。
    校正作業はこの編集部ではほとんど行われなかったようです。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 18:00:22
  112. >111
    ・元になった手書きが汚すぎた(ライタの問題)
    ・当時ゲーメストは月刊当時のボリュームのまま隔週化。
     その為校正する時間的人員的余裕が全く無かった。

    という点を知らないと>97と「インド人云々」の繋がりがさっぱりですがな。
    「書いた本人はきったねー手書きを放り投げっぱなし」「解読する人(=打ち込む人)が校正できない(答えてくれないor時間が無い)」と言う点で共通してるんじゃないの?って事でおkでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 20:50:15
  113. いや。
    あれは誤植ではなくて本当にジャンプ大ピンチザンギュラの
    ダブルラリアッ上で正しいというのが日本の常識の筈ニダ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 21:10:52
  114. ジョジョの奇妙な花嫁とかあったなw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 21:24:59
  115. >109-
    太田氏は字が汚いってことでFAニカ?



    115は ぼうえいちょうさいせいせんげん を てにいれた

    まだ少ししか読んでないけど、人間を疑うような記述があります。読む気減退(д)
    なので、引用してほしい箇所があったら言ってください。


    >67
    > 唐突に吉田ドクトリンとか無関係のこと言い出すあたりもそうだけど、
    俺もそうおもた。
    ただ、著書でこれでもかってほど吉田ドクトリン吉田ドクトリン吉田ドクトリン連呼しているから、その絡みのつもりで出したんじゃないだろうか。
    それでも、この件とは無関係なんだが。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月19日 23:40:27
  116. >115
    ウリは持ってないので、気が向く範囲で紹介してくれたら有難い。

    amazonで古本最安93円だけどなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 01:08:58
  117. ああっ、やっぱタダのバカだったんじゃね?
    http://blog.mag2.com/m/log/0000101909/108668504.html
    より引用


     D:日本国は専守防衛国家であり、侵攻用戦力は特に必要が無い。・・自衛隊は
    ・・侵攻型軍隊ではない。(JSF)(太田述正コラム#1817)
    (引用者略)
     Dの筆者は誰かって?
     このところ、日本の軍事愛好家の皆さんと、愉快な議論を交わしているのです
    が、彼らの代表格の人です。
     ハンドルネームがSDFと自衛隊の略称であることからも想像できますが、私は、
    彼は自衛官であるか自衛官の多くと同様のメンタリティーを持った人物であると
    受け止めています。
    以上引用

    あーあー、
    JSFとSDFを読みちがえてます
    ちゅーか、脚韻以外踏んでねぇだろ
    どうもアルファベットが読めない人のようですね・・・

    なお、JSFで検索すると
    定禅寺ジャズフェスティバル、
    日本スケート連盟
    Java-Server-Faces
    日本科学技術振興財団広報誌
    Joint Strike Fighter
    などの略語であることは分かるのですが

    JSDF(Japan Self-Defense Forces)をこうつづめることがあるとは、寡聞にして存じあげませんでした。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 05:40:14
  118. >>117
    JSFとSDFを間違えないだろう。普通。
    それに2001年にイギリスと日本の戦力比較をやっていた人がJSF計画というか、後のF-35を知らないってあり得ないよね?
    太田さんって、軍事関係の評論家を自称してるんですよね?そこだけで死ぬほどツッコミどころだなあ。

    自衛隊を三文字で縮める場合は、SDFよりもJDFになると思うんですけどね。Self-Defenceって英語の運用からしておかしい(Defenceだけで自衛の意味はある)と言われてますし。

    それに自衛隊の略称がSDFになったら、日本が超時空要塞(Super Demention Fortress)マク○スというか、VF-1ヴァルキリーを開発・配備したみたいに思われそうだな。世界中の軍事関係者にオタ多いし。
    まあ、SDFの略称になっただけで世界中のオタが騒ぎそうな気がする。(自衛隊→SDF→VF-1のネタ元は世界史コンテンツ補習授業だったかと思いますが、ネタを無断拝借)

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2007年06月20日 07:01:44
  119. >ハンドルネームがSDFと自衛隊の略称である
    あれだけやりあって単純な3文字のアルファベットも読めてないとは、やっぱりどこかがすっぽり抜け落ちているんじゃないの?
    こんなんじゃミリバラなぞ読めないわけですなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 07:22:14
  120. ちょっと遅きに失したけど、「老旧」が普通の日本語にないでFAするまえに一応調べてみましたよ。

    そのへんにある小型の辞書は、「新明解」「明鏡」といった独特なのも含めて全滅、「広辞苑」や「大辞林」の中型辞書も「大言海」のような古い辞書も記載なし。

    ならばと小学館「日本国語大辞典」、平凡社「大辞典」、大修館書店「大漢和辞典」といった10巻以上を誇る大型辞書も調べてみたけど……載ってませんなあ。

    やっぱり一般的な日本語としては影も形も存在しない、と言い切ってよさそうかと。90氏の言うとおり中国語かな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 08:18:46
  121. 太田先生メルマガ、新着(太田述正コラム#1823)きました。

    > 米国の保護国日本が、宗主国にいかに「搾取」されているか挙げてみましょう。
    > まず、日本の首都圏は、米国の他の同盟国では考えられないことですが、
    >米軍の基地だらけです(注2)。しかも、首都圏の空域の航空管制権は米軍が
    >ほぼ全面的に握っています(http://www.bund.org/opinion/20050215-1.htm
    >。6月19日アクセス)。
    >
    > (注2)米国の同盟国であるドイツの首都ベルリン圏にも、同じく同盟国
    >である英国の首都ロンドン圏にも米軍基地はない(

    太田先生、ベルリンは旧東独地域内だったと思いますが。
    また、ロンドンは東西冷戦の最前線ってわけじゃありませんし。

    ニッポンとはかなーり事情が違うんじゃ、あーりませんかぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 09:14:22
  122.  ベルリンやロンドンはGHQに占領統治された事ないもんなあ。
     たったか60年程度の歴史も遡って思考する能力が無いのか、仮にも元官僚が……あーあ。

      英語資料読めない、軍事知識皆無、ありもしない用語を作るのだけは得意
      指摘への反論は冷笑と差別表現満載、常に自爆ブーメラン状態
      アルファベットのJやFを見ただけで自衛隊を連想しファビョるほど骨の髄まで反自衛隊
     (彼にとってすべての知識・情報は自衛隊の存在意義を否定するために存在する)


     太田述正\(^o^)/オワタ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 09:43:39
  123. >米国の他の同盟国では考えられないことですが、米軍の基地だらけです。
    http://www.globalsecurity.org/military/facility/images/korea2.jpg

    彼の経歴見ると、仙台防衛施設局局長になる前までは、何をやったかが誇らしげに書いてあるけど、仙台防衛施設局局長時代についてはな〜んにも書いてない。本庁局長になれず、次官レースから脱落した落胆ぶりが伺えて興味深い。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 11:08:05
  124. 現在、「防衛庁再生宣言」における海軍の記述に対する反論用の資料を揃えている最中です。ここでも太田氏の主張する数値に間違いがあるようで・・・

    海の次は再び陸に戻り、纏めてみようかと思います。

    ところで、

    http://blog.mag2.com/m/log/0000101909/108668504.html
    >ハンドルネームがSDFと自衛隊の略称であること
    >からも想像できますが、私は、彼は自衛官である
    >か自衛官の多くと同様のメンタリティーを持った
    >人物であると受け止めています。

    SDFなんて名乗っている人、居たっけ?

    と思ってブログの方を見たら・・・

    http://blog.ohtan.net/archives/50894178.html
    >ハンドルネームがJSFと自衛隊の略称であることからも想像できますが

    あらら、修正してますね。

    Posted by JSF at 2007年06月20日 12:23:47
  125. こういう人たちは変換ミスや打ち間違いをしてもこっそりと直すからなぁ。
    そして人のそういうミスには鬼の首を取ったような態度に出る。

    その辺りが人間性の違いなんでしょうなぁ。
    そのくらいのミスは普通に訂正すればいいだけなのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 12:44:56
  126. >ハンドルネームがJSFと自衛隊の略称であることからも想像できますが

    >あらら、修正してますね。


    それでも「自衛隊の略称」にはなってない罠。
    Japan Self Forcesってなんぞやw




    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 12:46:18
  127. >>124
    HNのJSFってF-35"Joint Strike Fighter"の方ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 12:49:10
  128. 太田さんの反論纏めです。太田ブログのTOPページはやたらと重いので、チェックするが大変です。

    防衛庁再生宣言の記述をめぐって
    http://blog.ohtan.net/archives/50886193.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続)
    http://blog.ohtan.net/archives/50887419.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続々)
    http://blog.ohtan.net/archives/50888660.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x3)
    http://blog.ohtan.net/archives/50890025.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x4)
    http://blog.ohtan.net/archives/50890227.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x5)
    http://blog.ohtan.net/archives/50891283.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x6)
    http://blog.ohtan.net/archives/50891592.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x7)
    http://blog.ohtan.net/archives/50892539.html
    防衛庁再生宣言の記述をめぐって(続x8)
    http://blog.ohtan.net/archives/50892609.html

    12日から17日の5日間で8エントリも投下されてたんですね。幾つかチェックしてなかったですよ。

    吉田ドクトリンいまだ健在
    http://blog.ohtan.net/archives/50894178.html

    これも関連エントリです。

    Posted by JSF at 2007年06月20日 13:00:39
  129. ザ・デストロイヤーという往年の名覆面レスラーが、
    日本のバラエティ番組に出るようになってからの話なんですが、
    清水国明が相方にフィジカルに突っ込んだら、
    変なとこ入っちゃって、相方動けなくなっちゃった。
    慌てて面白げなことを思いつきで口にしたら、泥沼化してしまった。
    収録後に、共演者のデストロイヤーからもらった忠告が、
    「ハンドルで逃げるな。まずブレーキで止まれ」

    太田市の一連のネット言動は、
    ハンドルで逃げてより深みにはまり込む
    実例ですな。

    Posted by 英国面のパダワン at 2007年06月20日 13:04:28
  130. >HNのJSFってF-35"Joint Strike Fighter"の方ですか?

    いえ、ジャパン・スポーツ・フィッシングの略です。

    Posted by JSF at 2007年06月20日 13:10:11
  131. 次の掲示板ができるまで
    http://blog.ohtan.net/archives/50895527.html
    >次の掲示板を準備中ですが、それまでの間、読者から
    >私にメールで寄せられたご意見を適宜選んでコラムと
    >して転載させていただきます。

    太田さん・・・もう、しまだ氏やバグってハニー氏は助けてくれなくなるぞ。状況、分かってるのかな・・・

    >もう一つ、「専門家」に求められるものがあります。
    >それは、木を見てかつ森が見える、ということです。

    太田さん、貴方は木も見えていないんです。勿論、森も見えていない。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 13:11:30
  132. >126
    はい、うぇぶぎょたく〜(ド○えもん風に)

    http://megalodon.jp/plus/?url=http://blog.mag2.com/m/log/0000101909/108668504.html&date=20070620054143

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 14:40:24
  133. >>132
    ここしばらくこれなかったが、味方無くしたのか?
    この人



    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 21:38:55
  134. >133
    自称一番弟子のバグってハニー氏は掲示板で太田氏援護から説得モードになり、
    掲示板管理者のしまだ氏は太田氏へ乱暴なやり取りはしないように訴えたが聞き入れてもらえなかった様子。

    >安全保障問題に全く関心がない日本の大半の国民、とりわけ女性の心情が投影されており、理屈で説得するのは容易ではありません。

    もう少し言葉を選ぼうよオオタン…
    世の女性を敵に回して勝てるわけないじゃない…

    Posted by 名無し西川魯介信者 at 2007年06月20日 21:57:53
  135. >133

    太田掲示板の管理人をしていた人が太田の厨房的言動を諌めるも聞き入れて貰えず、運営する気力を無くした結果、掲示板は廃止されてしまいました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 22:10:36
  136. >カンパは22名29口、15万円に達しています。
    >引き続きカンパのお申し出をお待ちしております。

    15万もカンパが集まるのね。ちょっと驚き。

    >昨日1200頃までに次期会費納入済みの方はわずか44名にとどまっています。
    >会費の納入は28日までにお早めに!!(数字の誤りを再び訂正しました。)

    多少増えたらしいがこれも驚きだな。こんな奴の駄文を読むために金を払う位なら、もっとマシな本でも買うね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 23:09:38
  137. >>134
    >>135
    諫言に耳を貸さなくなったら尾張ですわ…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月20日 23:41:18
  138. 元々、太田さんは炎上体質ですから。何年も前から毎年のように炎上しているんです。掲示板閉鎖まで至ったのは今回が初めてですけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 01:33:02
  139. まずは心の再生と頭髪の再生に注力するべきでは・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 01:46:40
  140. ↓を狙ってたんだけど誰も突っ込んでくれなかったんで
    そそくさと戻したのかも知れないぞ。

    「JSFだ…2度と間違えるな!
     私の名はJSFというんだ!SDFでもJDFでもない!」
    「すまんね」

    ニヤリ!さらにわざと名前を間違えて怒りを誘っているぜ
    このじじい……根っっからのギャンブラーだぜ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 02:12:53
  141. http://blog.ohtan.net/archives/50897020.html
    より
    > 防衛省キャリア一般の能力・志の低さは私が保
    >証しますし、外務省キャリア、農水省キャリア、
    >国土交通省キャリア一般の能力・志の低さも、
    >様々な不祥事等を通じ皆さんの常識になりつつあ
    >ります。

    生きた見本だな・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 02:44:21
  142. キャリアさん達の労働環境って閉鎖された状態なんですかね?
    どうにも独自の言語体系を持ってる気がするんですが。
    ガラパゴス的な。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 03:55:38
  143. わからん。だが「老旧」が中国語であることがハッキリした今、防衛庁に中国人スパイが侵食している可能性を憂慮せねばなるまい。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月21日 05:27:11
  144. 太田さん、最新エントリーで馬鹿なことを言っていますね。

    ■安全保障をめぐる読者とのやりとり
    http://blog.ohtan.net/archives/50897949.html
    >私は「軍事愛好家」の皆さんとの邂逅は生まれて初めての体験だったけれど、「大方の自衛官」の皆さんとは30年近くお付き合いして、それが「どういう人達か理解しているつもりです」。
    議論の途中で「軍事愛好家」の多くの皆さんとは「手打ち」が成立したことにお気づきでしょうか。
    にもかかわらず、その後も執拗に同じ話をむしかえして議論を続けた皆さんは、大方の自衛官または大方の自衛官的メンタリティーを持った人々です。
    -----

    「手打ち」だって? 馬鹿を言っちゃいけない。太田さんが勝手に悲鳴を上げて「この辺で勘弁して!」と言っていただけだろう。冗談じゃない。

    >このように、日本の「軍事愛好家」にも、「単なる軍事愛好家」と「自衛隊愛に燃える人」の二種類あることを浮き彫りにできたこと、更にその後の後者の「自衛隊愛に燃える」皆さんとの議論を通じて、彼らの「自衛隊愛」が、エゴイズムと、無知に由来する専守防衛信奉に基づいていることを白日の下に晒すことができた、という成果が得られたのですから、私の「ソクラテス的議論」は成功したのです。
    すなわち、「戦術にこだわ」ったおかげで、私はこのような「戦略目標」を達成することができたわけです。
    -----

    ・・・何言ってるんですかこの人は。

    その後、「バグってハニー」氏が、ガゼルは非武装機だ、ホークは練習機ですと説得を試みるも、太田さんは頑強にミリバラのせいにして自己の責任を回避。

    しかし・・・

    http://society6.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1077943689/794
    794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 16:50:26 ID:PU6bXEgQ
    太田さんのカンパ呼びかけって、乞食みたいで卑しい。
    しかも裁判で負けた理由も理解していないみたいだし。

    引用したらね、引用した人は、引用元のその部分の主張を全肯定している場合は、
    引用元と同じだけの発言リスクを負うんだよ。

    「東村山の闇」という本の引用だから俺は悪くない、という理屈は通らない。引用した上で批判するとか、
    そういうのなら良いが、引用した上で全肯定している以上、同じ主張をしたことになるんだ。
    同様にね、ミリタリーバランスの記述を引用しただけ、俺は悪くないという理屈は通らないんだ太田さん。

    同じ様な件で裁判に負けたばっかりだってのに、軍オタ相手の論戦でも全く同じ負け犬の論理を主張しても駄目だよ。
    貴方は裁判で負けたんだ、太田さん。同じ様に軍オタ相手の論戦でも負けたんだ。

    いい加減に敗北を認めなさい。負けを認めないというなら、裁判を控訴なさい。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 00:59:49
  145. なんかもう、イタイを通り越してイタイタシイになってきました。。。
    ここまで救いのない人も珍し
    ・・・くもないか。お花畑サヨクにも良くいるタイプやね。ムダにインテリなだけで(笑)

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 01:30:40
  146. >議論の途中で「軍事愛好家」の多くの皆さんとは
    >「手打ち」が成立したことにお気づきでしょうか。

    あんな高圧的態度で「手打ち」が「成立」?

    ・・・何度読み返しても、分からない。

    >彼らの「自衛隊愛」が、エゴイズムと、無知に由来する
    >専守防衛信奉に基づいていることを白日の下に晒すことができた

    誰も専守防衛なんて信奉していないって。

    ただ、専守防衛が与えられた方針なのだからその範囲内で最大限の努力を尽くすのが軍人と文官の役目だろうに。

    専守防衛を変えろ? それは政治家の仕事だ。太田さん、国会議員に当選してから言ってね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 01:39:26
  147. 「手打ち」が成立したというよりも
    「JSF氏に『手打ちにいたす斬り捨て御免』」とされたような

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 01:53:07
  148. 安全保障をめぐる読者とのやりとり
    http://blog.ohtan.net/archives/50897949.html
    >議論の途中で「軍事愛好家」の多くの皆さんとは
    >「手打ち」が成立したことにお気づきでしょうか。
    >にもかかわらず、その後も執拗に同じ話をむし
    >かえして議論を続けた皆さんは、大方の自衛官
    >または大方の自衛官的メンタリティーを持った
    >人々です。

    えー? 私はイギリス軍マニアなので、イギリス軍のデータが間違って伝えられているのが我慢ならないだけなのですが。

    非武装のガゼルを対戦車ヘリ扱いとか、練習機のホークを戦闘機扱いとか・・・そんな馬鹿なことをする太田さんのことを馬鹿にしていただけですよ。

    その点、同時期に出版した本の中で、ホークを戦闘機戦力から外して戦力計算している江畑謙介氏は、やはり素晴らしい軍事評論家だと思いました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 02:07:36
  149. もう何が正しいとかじゃなくて、
    一瞬一部でもJSFさんより優位な状況に持ってってソレを最後に逃げ!
    としたいのがアリアリだなぁ。
    さもしいよ太田さん。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 03:11:51
  150. あんな強情で高圧的で攻撃的な方が防衛省の高官だったわけですか…「自衛隊で最も怖いのは背広官僚の暴走」…なんだか、全然笑えないorz

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 08:42:16
  151. >同時期に出版した本
    それも実は改訂版で、ほぼ同様の内容はそれより数年前に出版してたりする。
    内容的にも時期的にもエヴァのはるか後方にいるのが本当のところ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 09:21:24
  152. >議論の途中で「軍事愛好家」の多くの皆さんとは「手打ち」が成立したことにお気づきでしょうか。

    太田氏が「軍事愛好家」の多くの皆さんに「完膚無きまでに論破され、反証もできなかった」ことには気付いてますが。

    >その後も執拗に同じ話をむしかえして議論を続けた皆さん

    太田氏が間違いに間違いを重ねて、いつまで経っても基本分析部分の誤りを認めなかったゆえの必然ですな。
    幼稚園児(太田氏)に根気強くしつけをする教師(軍ヲタ)の心境?

    >自衛官的メンタリティー

    この人これが言いたいだけちゃうんかと。

    >日本の「軍事愛好家」にも、「単なる軍事愛好家」と「自衛隊愛に燃える人」の二種類あることを浮き彫りにできた

    「ミリバラの読み込みがいい加減、比較に使う兵器分類の計数が明らかに間違ってる」つーだけの指摘に、自衛隊愛も何も無いんジャマイカ。
    要は「練習機・保管機を含むデータと含まないデータで戦力比較」やら、素人目にもヴァカな事やらかしてるわけで。

    >彼らの「自衛隊愛」が、エゴイズムと、無知に由来する専守防衛信奉に基づいていることを白日の下に晒すことができた、という成果

    「太田氏の「反自衛隊イズム」が、エゴイズムと、無知に由来する自衛隊無能説に基づいていることを白日の下に晒すことができた、という成果」なら十分得られましたが何か?


    …旧日本軍も軍事官僚の無能で破滅したわけだが。
    防衛省の官僚がもしこんなんばっかりだとしたら、何か将来同じ歴史を歩む気配がせんでもない。
    おー寒む寒む。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 10:57:06
  153. つーかこーいう人間が背広組の中枢にいるって日本もう終わってるな。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 15:16:22
  154. 太田先生は「頭がよい」をどのように定義しているのだろう。。。。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 21:30:03
  155. 太田氏は、戦争になったら後方で無駄な作戦立てて戦力を消耗させ、
    戦後には自分の『正しさ』を臆面もなく言い放つことの出来る
    何処かの国の参謀達のような人とお見受けしました。

    兵力分析もまともに読めないなんて自衛隊の中でもバリバリの事務方だったんでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 22:24:04
  156. 「俺は物知りなのさへっへっへー」と自慢タラタラな奴にあえてものを教えてあげようとする気にはなれませんからな・・・・
    文献読むしか能がなかったんじゃない?
    その文献さえまともに読めてなかったことが明らかになりましたが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月22日 22:44:40
  157. >自衛隊の中でもバリバリの事務方
    http://www.ohtan.net/profile/career.html
    見ると会計、人事、教育、防大総務、庶務畑をやってきてたみたいで、防衛政策局とか運用企画局のような防衛政策そのものに関わる部署には居たようには見えない。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月23日 01:04:29
  158. 太田氏は「ブログ上の掲示板(米欄?)」で論議の続きをすると言っていた割に、コメントの削除に必死ですな。ちょっとでも都合の悪いコメントは速攻で削除。

    誰かまとめサイトでも作ってないかなぁw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月23日 19:28:14
  159. http://blog.ohtan.net/archives/50901261.html

    >自民党の方が民主党よりまだマシだとお考えなら、なおさら、当分の間民主党に投票すべきです。そうして、とにもかくにも、少なくとも数年間の政権交代を実現しましょう。
     
    アホか、その政権任せてる『当分の間』にもっと国が傾くのが目に見えてるのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月24日 11:55:50
  160. 連投失敬、あまりに馬鹿げた発言だったので、思わず向こうのブログに以下の文章を書き込んできました。
    多分あっという間に削除されると思うので、コピペをこちらにも掲載しておきます。
     

    http://blog.ohtan.net/archives/50901261.html?1182654515

     
    沖縄の希少動物を救え!:消印所沢通信18へのコメント
    大田氏、あなたは他者の意見を歪曲して捉えたり、自分に都合の悪い発言を削除したりしてずいぶんと不誠実な人ですね。
    同じ国防に携わった者として、あなたの存在はとても恥ずかしいです。
     
    それとJSFさんや他の方が言うように『練習機』とは言っていても『老旧機』とは一言も言ってない。
    その『老旧』という発言も元々あなたが言い出したことで、あなた自身の造語としか思えません。
    少なくとも陸海空、いずれの現場でもそのような言葉が使われているのは聞いたことが無いし、またどのような文書に載っているのも見たことが無い。
    ご自身の妄想だけで変な言葉を広めないで下さい。
     
    あなたみたいな人が国防に携わっているから、いつまでたっても自衛隊や国防に対する偏見が解けないのです。
    自分の息子を有名中学に入れるような余裕があるのなら、50万円くらい独力で払いなさい。
    今のあなたは、乞食よりも卑しい存在です。
    Posted by 国防に携わる者 at 2007年06月24日 12:08


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月24日 12:13:14
  161. この人のブログアフィ張りすぎで重い。
    そんなまでしてお金が欲しいのかこのハゲ!

    というと名誉毀損なんでしょうね。自分は失語症とか発言するのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月24日 12:45:29
  162. 旧日本軍の暴走の直接的な原因は、当時の日本軍の他制度と体質にあったわけですが。

    もしも今の自衛隊が暴走するなら、こうゆう視野の狭い背広組の暴走が原因になると思う。

    そんな訳で私は、防衛省のなりゆきに一抹の不安を持っている。

    Posted by 星と踊る銀猫 at 2007年06月25日 01:49:31
  163. >>161
    今、裁判の判決のおかげで集金に必死ですからん。
    会費督促の文がもれなく入ってるメルマガなんてとりたくねぇ。
    このメルマガって金払ってまで読んでもいいメルマガなのかなぁ・・・。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 02:57:34
  164. >>159
    以前その論理で社会党に政権渡したことがあったよね…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 10:06:45
  165. 新コラム来てましたが、かなり必死のようで。
    http://blog.ohtan.net/archives/50903350.html

    >次期会費納入済みの方は、新規の方5名を含む60名
    >会費を納入された方がこんなに少ないのは一体どうしたのでしょうか。
    >2期連続して120名以上の有料会員を確保してきたというのに、残念でなりません。

    まだ60名もいた事に驚きました。

    >太田述正という日本の稀少動物が滅びようとしています。

    赤福噴いたw
    あと今回の件について

    >いささか「挑発」が過ぎて彼らを本気で怒らせてしまったらしいことでしょうね。

    あれ?「手打ち」は済んだんじゃなかったのかw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 19:00:53
  166. 連投すいません。
    上記コメントは名無し西川魯介信者が書いたものです。

    Posted by 名無し西川魯介信者 at 2007年06月25日 19:02:55
  167. ああ、メルマガ読者が半減したんですか。まぁそんなものでしょうね。


    >タイトル : Re^15: ガゼルについて
    >記事No : 516
    >投稿日 : 2007/06/07(Thu) 07:55
    >投稿者 : 太田 述正
    >
    >> 呆れました、メルマガ購読も中止します。
    >
    > 幸い、この掲示板への訪問者数はもちろんですが、このところ、購読者数が増えています。
    > これも皆さんが熱心に議論をしてくださったおかげだと感謝しています。


    こんな子供じみた強がりを言わなければ良かったのに・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 19:11:20
  168.  まだそんな認識なのか……
     誰が見ても「彼らを本気で呆れさせてしまった」と言うべきなわけで。
     ちなみに呆れさせたその内容は「元防衛官僚・太田氏が極めつけに軍事音痴である」という事実(著作の不備とそれに関する大小様々な指摘、及びそれへの太田氏側反論のあまりの稚拙・不誠実・傲慢により立証)。

     この人(太田氏)はもう駄目かもわからんねー

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 19:16:14
  169. >>167
    増えたはずなのに減っているとはこれいかに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 19:45:39
  170. >169

    5人も新規の読者が増えたんですよ。
    古参の60人からが居なくなっちゃいましたが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 19:46:10
  171. >2期連続して120名以上の有料会員を確保してきたというのに、

    60人とあと少し消えたのが居そうだな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 20:23:20
  172. >会費を納入された方がこんなに少ないのは一体どうしたのでしょうか。
    どうしたのでしょうか・・・って、オイオイ。
    自分のファイトスタイルがギャラリーの目にどう映ったか全く自覚がないのかな?
    もしかして。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 21:40:19
  173. >自分のファイトスタイル

    〜/   ´ω)ミ<なんとなく大仁田政治家引退の勘違い発言を思い出してしまったw

    Posted by 名無し鰭脚類神信者 at 2007年06月25日 21:50:32
  174. >「不用意に他人や属性を貶めない」という大原則」(98頁)に違背したわけではなく、
    失語症だとか反論を噛み砕きもせずに意味不明だとか言い放つのは・・・。
    反省って単語を持ち出してる事を考えれば、ある程度自分のやり方の拙さは自覚できたんだろうけど、最後の
    > ま、しかし、いずれ彼らが分かってくれる時が来ると信じています。
    上から目線に変化は無しか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 22:04:24
  175. パブリックコミットメントとブーメラン効果
    http://d.hatena.ne.jp/D_Amon/20061130

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月25日 22:44:58
  176. あれ?次期会費納入済みの有料会員が50名に減ったぞ。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 00:12:26
  177. >176
    mjk?

    どうしたんだろう?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 01:23:25
  178. >>153,157
    キャリア官僚の中にもエリートコースとそうでないのがありまして、制服組のCGS/TACと似たようなところがあると思いますが、偉くなるのは大臣官房で組織としての省庁の運用に関わる人=予算・人事・法令を握ってる人です。彼らが「背広組の中枢」で、太田氏はこの中には入りません。
    防衛の場合、本省(庁)の予算やキャリアの人事をいじっているところと、現場である自衛隊の会計・人事制度を扱っているところが違っており、太田氏は後者に属していたようです。現在の体制でいう人事教育局の範囲に経歴のほとんどが収まるんじゃないですかね。最後も人事教育局担当の審議官(おおむね部長級)ということはおそらく指定職に上がっていないので、幹部にたとえるとTACから一佐で退官という感じかなと。
    なので、おそらく妥当な表現としては《自衛官の教育・人事制度の専門家》であって、防衛政策とか部隊運用とか装備・施設などは畑違いということになるかなと――氏の著作は読んでいませんが経歴だけからは――思いました。当たってるかな?

    Posted by おおや at 2007年06月26日 02:03:29
  179. >《自衛官の教育・人事制度の専門家》
    なるほど…と思いつつも、こんな人間が教育してたのかと思うと
    背筋が寒くなってきた感じも

    妙に上から見た発言とかに納得はいくんですけどね…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 17:09:34
  180. >彼らが「背広組の中枢」で、太田氏はこの中には入りません。

    出世コースから外れた人だったんですね。まぁ、あの程度の知識では・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 18:05:24
  181. >いささか「挑発」が過ぎて彼らを本気で怒らせてしまったらしいことでしょうね。

    太田さんは掲示板が炎上した後に「ワザと煽って挑発してみました。狙い通りです」と強がりを言っているわけですけど、大嘘ですよ。

    あの「挑発」は、太田述正という人物の有りのままの姿です。太田さんはああいう応対しか出来ない人なんです。狙ってやったなんて後付の言い訳に過ぎません。2ch辺りの掲示板で厨房がよくやる、「大失敗した後の釣り宣言」と、同じ事です。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 21:17:37
  182. 経歴だけ見てると典型的なハズレ官僚コースですもんね。
    日本の官僚制度って、上り詰めたヤツが優秀とは限らないけど、50過ぎて外れたヤツは間違いなく無能なんですよ。

    防衛庁もその程度の見識はある…ということかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 22:43:26
  183. そういえばこの人、天下りも出来ずに退庁しているんですよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 22:59:44
  184. ある日、太田述正氏は防衛庁の上司(しかも年下)に呼ばれた。
    「大田君、君のような無能な部下は私には要らないのだよ。(と冷たい目で見る)地方に飛ばしてあげるからそこで自分の無能を反省するが良い。」
    と言われて左遷されたのでは?と想像してしまう。



    Posted by 90式改 at 2007年06月26日 23:34:05
  185. キャリア入庁

    能力無いので、主流からハズれる

    天下り出来ず退庁

    元キャリアって事で仕事開始

    自民でなく民主から声かけられ立候補

    落選

    掲示板で何度か炎上

    魔王に腐った檜の棒で殴りかかる

    あまりの惨状に飯の種(有料メルマガ会員)が逃げる

    無能なので状況に気づかず、いつもの通り(今ココ


    ってとこでしょうか

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 23:36:55
  186. いやいや無能なキャリアでも、試験頭だけはいいから、地方の局長(これも一種の天下り)なんかで割り切ってハンコつく仕事してれば、なんとかやっていけるんです。実務は部下のノンキャリにまかせとけばいいし。
    地方に行っても給与額保証で本庁勤務時と同額以上もらえるし、地方とは言え局長ともなれば名士様でもあるしね。キャリア制度ってのは文句さえ言わなければいろいろと守ってくれるシステム。実はキャリアの忠誠心を支えているのはこのシステムのおかげなんだよね…orz

    それが不服で飛び出したところまではまあいいんだけど、無能が顕在化しなかったのは、キャリア制度に守られていたからことに本人が気付いていない…ということかと。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年06月26日 23:46:59
  187. >>179
    教育自体はしていないと思います。教育制度の策定とか予算管理とか教育方針の決定とか、「教育行政」ですね。「上から見た」は多分にご本人のパーソナリティだと思いますが(笑)、現場を抱えた省庁のキャリアってのは勘違いしやすいのかなと思うところはあります。入庁直後でもカウンターパートは三佐だって言われましたねえ。

    >>180,182
    50過ぎに部長級で退官というのは「普通」だと思います。局長(指定職)になるのが大変なんですが、必要なのは専門能力というより政治家対応とか国会対策とかそういうあたりじゃないかな〜という気も。逆に言うと、それ以前に課長級(40台)で退官した人は、自分から出たのでなければ「失格」なんですね。

    Posted by おおや at 2007年06月27日 00:42:41
  188. >>183,185
    天下りは「できない」ことはありません。あったら身分保障としての意味がないです。キャリアの人事管理は入省から天下り後まで続いていて、現役時代に命令に従って転勤しないといけないのと同様、65歳くらいまで本省の指示で外郭団体や関連企業を転々とします。この人事を握っているのが大臣官房で、だから強い。
    ただ、本人の意志でこのキャリアパスを「降りる」ことは可能です。政治家を目指すケースが多いですが、学界への転身や地元の役所に残る、弁護士になるというようなパターンもあります。降りた場合、もう役所はそのあとの人事の面倒を見てはくれないと聞きます。
    地方部局の長は典型的な「上がり」ポスト=これで現役引退、次は天下りというポストです。太田氏はおそらく、選挙に出るのでそこで人事パスから降りたのでしょう。

    >>184
    些末なことですが(笑)、霞ヶ関では基本的に後輩の部下になることはありません。ただし序列は年齢ではなく入庁年次なので「年下の先輩」はあり得ますが、先輩→後輩の序列は滅多なことがない限り崩れないそうです。後輩が出世して下に付かなくてはならない状況になれば辞職するというのがキャリアの身の処し方で、なので同期から次官が出ると残りの全員が現役を退きます。

    Posted by おおや at 2007年06月27日 00:47:01
  189. >90,91
    今更ですが、「老旧」は中国語としても誤字のような気が。それでもググって出て来るのは、中国人とて訛りがあるとピンイン(入力はピンインでします)が分らない事がよくあるからで。公のサイトでも校正甘いし。事実、中国のGoogleでは「老酒か老九とちゃうんか?」と怒られますよね。
    言われるような所謂型遅れ、技術的に古い物を指したいなら、旧態とか旧套とか既存の単語で足りるわけで、隠語とも言えない「老旧」でニュアンスを表現してるって言い訳は如何にも苦しい。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年07月06日 03:44:02
  190. >太田先生メルマガ、新着(太田述正コラム#1823)きました。
    >
    >> 米国の保護国日本が、宗主国にいかに「搾取」されているか挙げてみましょう。
    >> まず、日本の首都圏は、米国の他の同盟国では考えられないことですが、
    >>米軍の基地だらけです(注2)。しかも、首都圏の空域の航空管制権は米軍が
    >>ほぼ全面的に握っています。
    >>
    >> (注2)米国の同盟国であるドイツの首都ベルリン圏にも、同じく同盟国
    >>である英国の首都ロンドン圏にも米軍基地はない

    ベルリンは東ドイツだったのだから当たり前。統一前はベルリン圏内にソ連軍が駐屯していたんですが、太田さんはそんな事も知らないのですね。

    ちなみにロンドン圏内にもアメリカの基地はありました。

    ■英誌、「80年代の米核ミサイル配備で英国民被爆の脅威」
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2252510/1775313
    >米軍は冷戦中の1983年から1991年、旧ソ連の中距離核ミサイルに
    >対する防衛対策として、ロンドン近郊のバークシャー(Berkshire)州
    >Greenham Commonに巡航ミサイル96基を配置していた。

    >しかし、情報開示法に基づいて開示された英国防省の機密書類によると、
    >AWREは当時、核ミサイルを配備するには同地が最悪の場所であると警告していた。

    >このほかにも、AWREはGreenham Commonに配備された核弾頭が事故などで
    >爆破した場合の「プルトニウム分散危険度」を1980年に試算、報告している。
    >これによると、ロンドンを含む英南部の住民1000万人あまりがプルトニウムに
    >よる人体汚染の被害を受ける危険性があったという。

    >しかし、「ニュー・サイエンティスト」によれば、AWREはこのレベルの
    >危険性は「受容範囲」と結論づけている。

    よりにもよってトマホークG型(核弾頭)だった。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年07月14日 00:53:25
  191. 太田氏が一世一代の大勝負に打って出たらしい。

    http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007112033_all.html
    >喚問を見ていて、同期の守屋氏が『太田、話していいよ』と言っているように感じた。
    >あれで腹をくくった」と話した。

    http://blog.ohtan.net/archives/51074347.html
    >それにしても額賀さん。
    >守屋以上にあなたが好きです。

    ・・・何言ってるんだろう、この人。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年11月21日 02:22:43
  192. 民主党、元施設局長から聞き取り=「情景よみがえるが、文言記憶せず」
    http://news.www.infoseek.co.jp/politics/story/071122jijiX590/

    額賀氏口利き疑惑 太田元局長「具体的に覚えていない」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000905-san-pol

    駄目だこりゃ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年11月23日 23:28:40
  193. 額賀氏宴会同席「民主調査は誤りの可能性」…自民幹事長
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071127i204.htm?from=main2


    ・・これさぁ、絶対最初から知ってたよね?永田メールもう一回起こす気か (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

    Posted by 名無しОбъект at 2007年11月27日 16:39:05
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

やっちゃった。
Excerpt: いやMSN産経ニュースで名古屋市長選関係のニュース(【名古屋あのね話】元経産エリ...
Weblog: おおやにき
Tracked: 2009-02-25 01:24
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。