2005年06月27日
フロッピーのニックネームを持つ麻生太郎大臣の率いる総務省が、興味深いIT戦略を計画しています。


子どもはみなブログを持て! [6/14 読売新聞]
報告書はこうした現状を打開し、IT社会で日本が優位に立つには、義務教育段階からネットワークで個人が発言する作法を身につけさせることが必要だと主張。あらゆる子どもが自分のブログを持つのが効果的だ、と力説した。

これは・・・子供がブログを持ったらストーカーに狙われる危険が増すとか考えないのでしょうか。ブログを書くとしたら、特に何も書く事が無い場合には身の回りの事を日記的に書く事になるでしょう。簡単に個人を特定されてしまう気がします。

それと大量に子供が流入してくれば、団藤記者でなくても雑音が増える事への懸念が出ますし、モラル・・・いいえレベルの低下は避け様が無く、当然のように反発を受けています。


子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング [6/23 読売新聞]
小中高生にブログ(日記風の簡易ホームページ)を持たせ、国のIT(情報技術)力向上を目指そうとする総務省に、ブロガー(ブログの執筆者)たちが猛反発している。

そして遂に小倉先生に追い風が吹いた!?


実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止 [6/27 共同通信]
総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。

今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。

今やアメリカでは匿名を推奨しているのに、それとは正反対の方向性を打ち出しています。それにしても総務省が「ブログは匿名性が低い」と考えているのがどうも引っ掛かるのですが、これは比較対象が匿名掲示板という意味なのでしょうか?


21時31分 | 固定リンク | Comment (18) | 議論 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 名無しさん匿名以外は匿名でないと思ってるとか、ブログでそれらしい名前を名乗ってる人は皆実名だと思い込んでるとか。

    今度小泉純一郎って名前に改名してみましょうかね。

    Posted by Мышкин at 2005年06月27日 22:01:05
  2. もしかして総務省は、HNを使っていれば匿名じゃないとでも・・・するとターゲットは2chか。

    ところでここも名前欄に入力せず書き込むと自動的にデフォルト名無しが設定されるわけですが、総務省的には粛清対象なんでしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年06月27日 22:13:12
  3. >>2005年06月27日 22:13
    名無しチハタソ信者と使うひとがぽつぽついるけれど。それは特定のハンドルなのか否かとか考えさせられた。

    Posted by 名無しチハタソ信者 at 2005年06月27日 22:39:53
  4. オブイェクト信者やチハ信者の方々が匿名で我らが違うなどという差別はないでしょうな?w

     しかし、実際にブログやらHPやらに実名を義務づけたとしても…現実的にどのように規制する気なんだろ。
    どこかの組織が運営しているブログならば認証で仕組み作ったりもできそうですけれども、個人鯖などのブログとか、他のHPとかどう管理する気だ?
    仮に管理できたとしても、どうしても匿名でやりたいユーザは外国の鯖でやるだけ。


     私は匿名(というかHN)でWebページ公開できないなら止めますよ。趣味のページで自分が納得できる以上の時間を取られなくないから。
    Webページで飯食っているわけじゃないし、Webページによる実名宣伝が自分の収入に繋がることもない。ましてや、回避できるトラブルを背負い込んで、自分の生活を削ってまでやらなければいけないものではないから。

     小学生からブログ?
    品質の悪い駄ブログの山に、燦然と輝く品質の高いブログを生み出す一部の「お子様プロブロガー」が生まれる様が見える。
    ブログのスペシャリストを国が主導で養成してどうするの?その様なブロガーの需要量はそれほど要求されているとは思えない。
    そんなものより理工系技術者を多く養成する方が
    「IT社会で日本が優位に立つ」
    のに役立つと思います。

    Posted by 名無し90式神信者 at 2005年06月27日 23:34:51
  5. >今度小泉純一郎って名前に改名してみましょうかね。

     じゃあ,当方は紀貫之という名前に改名しちゃおっかなー.

    Posted by 所沢のT-72神信者 at 2005年06月28日 00:03:28
  6.  追伸.
     ちなみに,某国の元やんごとなきお方もブロガーだったり.

    http://www.norodomsihanouk.info/

    Posted by 所沢のT-72神信者 at 2005年06月28日 00:07:57
  7. 電話で総務省に聞いてみた人によると、マスコミが変に歪曲しているそうな。

    今週中に出る最終報告書そのものを見てみない事には、にんともかんとも。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年06月28日 00:42:16
  8. ん〜
    私が匿名なのは、別にコテハン名乗るほど大した事言ってないからだがな〜
    2ちゃんねるでも、識別必要な場合はトリップつけるだけだしねぇ

    blogやサイトなんて趣味の範囲でみんなでワイワイやるから楽しいのであって、それが実生活に影響が出てしまうならば誰もやらないですよねぇ。
    まして保護すべきblog主を実名で危険に晒して、匿名人間は逃げ回る、なんかCCCDとかと同じで浅知恵だけで動いてる悪寒w
    総務省はオグタンと同じで、何がしたいかサッパリ分かりません。

    Posted by 名無しОбъект at 2005年06月28日 01:02:41
  9. つか、文部科学省は匿名推奨を子供たちに指導してた記憶が…


    インターネット活用のための情報モラル指導事例集
    http://sweb.nctd.go.jp/support/list_link.html

    中山VS麻生ですか?

    Posted by サスケット at 2005年06月28日 01:17:36
  10. ここで遇えて陰謀論を唱える試み。

    1)実は民主擁護っていうか自民下しの共同歩調なんだよ!
    2)実は人権団体による自民(ry
    3)実はコス帝がくぁwせdrftgyふじこlp;

    Posted by 名無しОбъект at 2005年06月28日 01:50:14
  11. 最終報告書はまだ出ていませんが、情報フロンティア研究会のテキストを見て、あれこれ言っている人は多いみたいですが、ちゃんと見た(読んだ)人は「子供にもブログ」なんてどこにも書いてないやん、ということになっているみたいです。

    ここからいろいろ見られます。

    http://deztec.jp/design/05/06/24_blog.html


    Posted by 愛・蔵太 at 2005年06月28日 02:58:27
  12. お久しぶりです。

    良く考えたら私はコテハン名乗るのも恥ずかしい
    文章を書くことありますし、匿名で書く方が
    楽だと思うことがありますね(^◇^;)

    自分でも露骨に無責任放言と思われるものは
    2ちゃんねる辺りで「と書いてみるテスト」
    てなノリで書いてますね。

    Posted by abusan at 2005年06月28日 06:17:38
  13. 匿名うんぬんの前に少し前の児童が児童を殺傷した事件についてどう思ってるんでしょうかね。

    程度の差こそあれこういう事件が続発すると予想できないのでしょうか。

    Posted by チハたんはあはあ at 2005年06月28日 12:53:22
  14. で、麻生タンや中山タンは2ちゃんやブログを覗いて見たこと有るんだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2005年06月28日 20:44:58
  15. きっと彼らの一流のギャグなんですよ、多分。



    …………多分

    Posted by MIB at 2005年06月28日 23:47:32
  16. おいどんは、ゴミ取り権助でごわす。

    Posted by 名無しSU-100信者 at 2005年06月29日 17:16:29
  17. 二ちゃんに麻生スレッド立ててあげれば
    最悪版か電波のお花畑

    Posted by 風船屋 at 2005年06月29日 21:15:01
  18. えっと原文読んでみたけど、これ、本文
    >私たちは、今後の教育現場における取組に期待したい。学校とは人と人の間のコミュニケーション手法を学び、他人と交流する能力を養う場でもある。ICTを活用したコミュニケーション能力は学校で学ぶことが望ましい。いわゆる情報検索・探索技術やネットを介した互学互習のやり方の習得といったこと
    に加え、ICTにより実現されるバーチャルな環境を、現実社会と同じ感覚で活用すること、すなわち、サイバースペース上で実名又は特定の仮名で他人と安全に交流することを自然の術として身につけるための教育が必要である。
     具体的には、ブログやSNSの仕組みを学校に導入することを提案する。学校の中でセキュアなネットワークを整備した上で、児童・生徒が自らのアカウントを持ち、実名でブログやSNSを用いて他の児童・生徒と交流することでネットワークへの親近感を養うとともに、ネット上での誹謗中傷やプライバシー侵害等に対する実地的な安全の守り方も同時並行的に学ぶことが重要である。

     意図しているところは、『教育目的』で実名で、ネット交流することによって、ネットマナーを学ばせ、かつ、ネットワークへの壁を取っ払うと理解しましたが…。
     しかし、何でお役所ってわけの分からん外来語を使いたがるのか…、セキュアって何?

    Posted by 74式 at 2006年12月15日 10:48:18
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。