2007年10月04日
中村哲医師のペシャワール会がパキスタンから撤退する事になりました。ペシャワール(Peshawar)はパキスタンの都市名ですから、其処から撤退してしまった場合は組織の名称も変更してしまうのでしょうか。


ペシャワール会:パキスタンでの難民医療支援から撤退 [10/4 毎日新聞]
パキスタンを拠点に、隣国アフガニスタンからの難民の医療支援などを続けているNGO「ペシャワール会」(福岡市)が、パキスタンから11月にも撤退する方針を固めた。アフガン、パキスタン両国間の関係悪化が背景にあり、今後はアフガンに拠点を移す方針。会の活動はパキスタンで始まり、会の名前の「ペシャワール」はパキスタンの地名に由来するが、そのパキスタンから活動開始24年目に撤退を余儀なくされることとなった。


どうしてこうなったかというと、記事の後半にこうあります。



アフガン難民はパキスタン国内に約215万人とされるが、同国政府が今年5月、09年までに全員を帰還させることを決定。アフガン難民の救済活動を続けてきた会に対しても今春からパキスタン政府の態度が硬化した。さらに、今まで黙認してきた、病院のアフガン人スタッフの資格の有無も問題視し、日本人スタッフのビザの滞在許可期間も短縮した。同会は「改善命令は事実上の閉鎖要求で、難民強制帰還に伴う国家方針」と受け止め、撤退を決めた。


パキスタンはアフガン難民を強制退去させるので、ペシャワール会にも一緒に出て行って貰おうというのが、パキスタン政府の意向です。

【追記】ペシャワール会について詳しい消印所沢氏によると、ペシャワール会の撤退理由は公式発表とは別に、何か裏の理由がある可能性が高いそうです。



37. このペシャワール会の撤退理由が,「アフガーン難民を帰国させるため」というのは,理由としてはこれまでの会の活動と整合性がありません.

 なぜならばPSMは難民のための病院なのではなく,ペシャワールにおける貧困な医療全般を支援するためのものだったはずだからです.

 事実,アフガーン難民が初めて出現するのはソ連侵攻後からですが,中村医師の本の記述に寄れば,それに対してぺ会が行ったことは,
「疲弊したアフガーンの農村の支援」
であり(それが「医者,井戸を掘る」),
「難民救済」
ではありません.

 むしろ本当の撤退理由は,
>今まで黙認してきた、病院のアフガン人スタッフの資格の有無も問題視
といったところにあるのではないかと愚考いたします.
 また,これまであからさまに他の援助団体を批判してきましたから,逆襲を受けた可能性もありますね.
 さらに(憶測半分で言えば),公表されているペ会の会計と,中村医師との記述との間に矛盾点がありますので,これまでのターリバーンとの結びつきから考えて,何かやらかしたのではないかという可能性もあります.
 ちなみに現在,反ムシャラフ・テロが激しくなっているのは,周知の通りです.

 まあ,真相はこれから調べてみるとして,記事は中村医師の言い分をそのまま伝達しているに過ぎず,信頼できるものとはあまり言えないようです.

Posted by 消印所沢 at 2007年10月05日 02:49:34


元々、アフガニスタンのターリバーンはパキスタンが育て上げた組織です。インドと対峙する時に備え安全な後背地を確保する為に、後方の隣国を事実上の支配化に置く必要があったからです。そしてそれは成功し、パキスタン子飼いのターリバーンはアフガニスタンの政権を掌握したわけですが・・・911テロ後のアメリカによるアフガン対テロ戦争でターリバーンは潰されました。そしてパキスタンはアメリカの半ば脅迫に近い要請で対テロ戦争に協力させられ、ターリバーンの掃討作戦に協力する羽目になりました。パキスタンは自ら育て上げたターリバーンを、捨て去らねばならなくなったのです。そうしなければパキスタン自体がテロ支援国家としてアメリカに潰され、そしてインドが漁夫の利を得る事になるのです。

そんな中、ペシャワール会の中村哲医師は対テロ戦争以前、その後も、ターリバーンを擁護する発言を繰り返していました。確かにそうすればターリバーンに襲われる心配は無くなるでしょう。しかし中村哲医師のターリバーンに対する擁護はあまりにも度を越したものとなっています。

現地に居た専門家の情報が正しいとは限らない

最早、中村哲医師はまるでターリバーンのスポークスマンと化しています。そんな中村哲医師とペシャワール会は、ムシャラフに疎まれパキスタンでの居場所を失ってしまいました。しかし活動拠点をアフガンに移しても、カルザイから好かれるとはとても思えません。彼等はターリバーンの手先と見られてしまうからです。今までが今までですから、ずっと目を付けられてしまいます。しかし、それはしょうがない事でしょう。

そんなペシャワール会ですが、最近、日本の民主党の小沢代表と何やら連絡を取り合っている様子。


国会:代表質問スタート 攻める民主、かわす首相 [10/4 毎日新聞]
このころ、小沢氏は国会内の控室。アフガニスタンで活動する福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」に電話していたという。


恐らく、以下の件について話し合いです。

アフガンに調査団派遣へ 給油継続問題で民主党 [9/28 朝日新聞]

誰が行かされるのか知りませんが、ペシャワール会に現地案内を頼む気なんですね。それなら確かにターリバーンから襲われる心配は少ないです。現地アフガニスタン政府とISAFからは疎まれてしまうでしょうが。


小沢民主党代表:アフガン部隊参加に意欲…海自給油代替案 [10/3 毎日新聞]
小沢氏は国連決議に基づく国連の活動であれば、海外での武力行使でも憲法に違反しないという立場。2日の記者会見でも「ISAFは国連の活動で、参加は憲法に抵触しない。派遣するかしないかは時の政府の判断だ」と語っていた。党幹部は「小沢代表の持論から言えば、武力行使を含むISAFへの参加は当然だ」と指摘した。


ターリバーンと関係が深いペシャワール会と関わりがある、日本の民主党をISAFが快く思うとはとても思えないのですが。ISAFに参加したければペシャワール会との繋がりは切るべきです。そうしないと情報漏洩の可能性が有り得ます。ISAFはターリバーンの残党を相手に掃討戦をしていることを、忘れないで下さい。

そして、日本政府の海上給油活動に反対する為の代替案(政権奪取後の条件付としても)がISAFに参加する事であるならば、その任務はサマワ派遣などよりも遥かに危険である事を、民主党は国民に説明して下さい。例えば、アフガンに展開しているドイツ連邦軍はこの数年間で20人以上の戦死者を出しているのです。

民主党はそれだけの覚悟を踏まえた上で、言っているのですか?


21時56分 | 固定リンク | Comment (201) | 平和 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. ふと思ったんだが、今の選挙で民主に投票した人は(党のカラーや党首の素性もそうだけど)民主が
    与党になることで「国や国民がどんな影響を受けるか」、考えた上で票を入れたんだろうか…。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:11:30
  2. >>1
    とりあえず自民が嫌とかマスコミに扇動されたとかその程度かと
    政党を並べてみてまともに見えるのが自民だけというのも問題なのですが

    しかし小沢氏は後方支援活動の給油はだめで実際に犠牲者がでかねないISAFはOKとか私の愚脳では理解できないのですが

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:20:51
  3. いきなり延期だよ

    民主党、アフガン調査団派遣を延期
    ttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071004/stt0710041947007-n1.htm

    こいつらやる気ナッシングなんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:25:03
  4. >3

    「やるやる詐欺」は民主党の十八番じゃん。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:27:48
  5. >元々、アフガニスタンのターリバーンはパキスタンが育て上げた組織

    なんでそんな国に給油しなくちゃいけないの?
    とっととそんな国つぶれちゃって、インドと仲良くしてけばいいじゃん。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:28:23
  6. >元々、アフガニスタンのターリバーンはパキスタンが育て上げた組織

    なんでこんな国に給油しなくちゃいけないの?
    とっととつぶれてしまえばいいじゃん。
    日本はインドと仲良くしときましょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:34:18
  7. >>1
    つか国民が民主に望んだのは(あるいは自民にお灸をすえたかった理由は)年金問題を善処することで、国や国民が云々などというたいそうな事は考えていなかったはず。
    なぜこんな事がいまさら争点になっているのか、年金問題はどうなったの?とクビを傾げている人が大半じゃないですかね。

    >>2
    >しかし小沢氏は後方支援活動の給油はだめで実際に犠牲者がでかねないISAFはOKとか私の愚脳では理解できないのですが
    国際協力に関する国民の認識が現状のままで自衛隊から犠牲者が出れば、日本の軍事的国際協力態勢は大きく後退する事でしょう。 それが目的じゃないかと邪推してしまいます。

    Posted by 名無し三等兵 at 2007年10月04日 22:34:46
  8.  サマワよりアフガニスタンが危険かどうかは別として(そりゃ命令されれば陸幕は可能な限り安全な場所を探し出すでしょうから。国単位で見た場合はイラクの方が死傷者多いでしょうし。)、今は海で安全にクルーズしてれば良いとソ連を除く国際社会が言ってくれているのに何故、茨の道を突き進もうとするのかが分かりません。

     ザワワは国連絶対主義であるから待機部隊構想ぶち上げたりしているはずなのに、事務総長の談話やら何やらは無視するし。てか、国連決議の何が良いのか…。

     ゲル長官の「それは逆に言うと(国連安保理で)拒否権を持つ5カ国のどれか1カ国でも(決議に)反対したら日本は自衛隊は出しませんということだ。本当にそれで主権独立国家と言えるのか」という言葉が心に染みてきます。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:36:00
  9. >>1
    だから自民にお灸をすえるつもりで民主に投票したんだけど、
    素人が見よう見まねでやったお灸だったからさあ大変、
    ツボの場所は間違えるわ、もぐさの量は多過ぎるわで
    その上火が服に燃えうつって、今は全身火傷でエライ事になってる状態ですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:39:30
  10. >7
    >それが目的じゃないかと邪推してしまいます
    ザワワは本来はリアリスト。
    だからそんな屑なことはしていない、と信じている。というか本当だったらクーデタをおこさなきゃ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:39:40
  11. >>5
    パキスタンが核持ってるの忘れてないか?
    反タリバン=反アルカイダ体制に引き留めることで、イランやテロリストへの核流出をさせないのが第一。
    それならば、少しくらいのコストを払ってもパキスタンは味方にしておいた方が良い。

    あの辺が不安定になって海賊が出ると日本の原油戦略上非常に困るんだよ。それに、インドとパキスタンを表面上でも仲良くさせておけば中国へのかなりのプレッシャーになるしな。
    パキスタンを潰して喜ぶのはインドと中国くらいだよ。

    と自分は理解してるんだが。

    Posted by 五分倫 at 2007年10月04日 22:43:04
  12. 前の選挙で民主に入れた俺様が来ますたよ。

    自民にお灸を据えたかっただけなんだけど
    まさか、まさか民主がここまでデムパとは


    いまは禿しく反省している、正直スマンカッタ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:48:51
  13. http://www.higashi-nagasaki.com/c2007/C2007_38_1.html

    なんか痛いので張ってしまいましたよ。
    ペルシャ湾と関係無いけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:52:32
  14. あれはお灸じゃありません、根性焼きです。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 22:53:21
  15. > 民主党はそれだけの覚悟を踏まえた上で、言っているのですか?

    あるわけが無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:02:08
  16. 今日の参議院での輿石東の代表質問での「米軍アフガニスタン攻撃は日本のため」は流石にビックリだった…そりゃそんな認識ならミンスは国際社会から置いてかれるわ…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:13:38
  17. 参議院の議席があるから民主の地位は暫く安泰。多少ヘタ撃ってもどうせ次の選挙で自民の議席が増えるアテは無い。
    その辺に立った上で、弱腰と批判する人たちにエサ撒きかな?

    ……でも予算どっから出るんだろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:16:27
  18. 自民にお灸を据えたいのだったら、白紙で投票すれば良かったんだよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:18:50
  19. >>7
    確かに年金問題は大切なんですけどね。
    後先考えなかった、とまでは言わないけど、オダワがこれまでやってきたことを省みると「票入れたやつは何考えてんだよ〜」と思わずにはいられなかったのでした。

    >>12
    まっとうな政党、政治家を選ぶのは国民の責務ですw

    とはいえ、小泉総理のときはミンスに入れたこともあったけどね。仲間じゃないかw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:18:59
  20. あ、上のは私の発言です。スレ汚しスマソ

    Posted by 1 at 2007年10月04日 23:21:39
  21. 安全で評価もされてる給油を拒否してISAFに参加する意向と言う記事を見た時は、さすがに我が目を疑いました。

    ISAFの方が集団的自衛権とか、隊員の戦死といったより厄介な問題が起こりそうな気がするのに、一体何を考えているのかと。

    やはりISAF参加云々は、反対のための反対をしたら引っ込みがつかなくなって、子供の喧嘩みたいに意固地になってるのかな?

    Posted by たそがれ at 2007年10月04日 23:25:29
  22. >……でも予算どっから出るんだろ。
    さあ?
    でもこういう事ばかりやってるのも
    借金が減らない理由の一つだよな。

    Posted by ハインフェッツ at 2007年10月04日 23:33:25
  23. >>18
    それだと「無効票が多かった」もしくは「投票率が悪かった」ってニュースが流れて終わるだけ・・・・

    コレが共産党なら全体的にはまだマシだったんじゃないかと思ってる・・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:35:00
  24. 国連=正義とは全く思えないんだけど

    所詮 自国の利権でしか動かない一機関としか
    思えないんだけど


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:52:06
  25. >>12
    民主党云々よりも、選挙は「よりマシな方を選ぶ」のが目的ですので、批判のためとは言え「明らかに劣る方」へ投票するという行動そのそものが間違いなのですよ。

    有権者が貴重な一票を「お灸をすえる」という意味不明の理由によりモグサの如く軽く扱ったツケを野党の暴走による国政の混乱と世界秩序に対する重大な裏切り、という結果で支払おうとしているのが今の日本です。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月04日 23:52:53
  26. 仮に今の勢いで民主党が政権取っても、外交で熱湯浴びせられるのが落ちですな。

    「どうも、日本国首相のオザワです」
    「オザワ?駄々で世界を裏切った鼻糞野郎ね」

    鼻糞野郎扱いで済めば良いですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:05:02
  27. もぐさだと思ったらニトロセルロースだった・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:28:47
  28. >>25

     よりましな政治状況を作るためと考えれば「お灸」もあり。
     「よりマシな方」が勝てばいいというもんでもないし。
     9.11選挙とかその典型。
     あのときはいくらなんでもやばすぎるんで、とうの昔に愛想尽かしてたミンスに投票したよ。

     
     

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:35:31
  29. >>26
    短命内閣なのを悟って任期のうちに好き放題やるだけやって辞任とかは勘弁して欲しいところですね
    若手議員とかが分裂して新党でも作ってくれたらそのまま空中分解してくれますかね?


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:38:13
  30. 民主党に投票したことになっている俺が来ましたよ
    挙げる理由はだいたい9と同じだが実はその通りには投票してない

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:41:58
  31. >>14
    誰がうまい事言えと。。。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 00:53:33
  32. >>27
    ヒートアップして自然発火…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 01:27:45
  33. >>29
    すでに野党であるという立場を存分に活用して、無責任極まりない事を好き放題やってますが、何か?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 01:28:28
  34. >>1
    >>2
    そうやってかばうから、「何やらかしても国民は自民に投票せざるをえないのさwwwwww」とタカをくくられて、赤城みたいな醜態が起こるんじゃないかと。

    逆に、衆議院で惨敗→政権交代コースとなる前の警鐘で良かったと考えるが吉。


    なお私は自民に投票したけど迷った末での嫌々だったし、民主にいれた人を馬鹿だとは思わない。
    メディアに影響されて云々とかいう人は、やはり前の衆院(つまり自民の大勝)も、同様に見ているのですかね?
    あと「ある政党に投票=唱える政策に賛成」ではないのは、自民も同じはず。
    オジャーワの政策がアホすぎるからといって、別にそれは投票した人の責任ではない。
    なぜなら投票は白紙委任ではないのだから。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 01:53:10
  35.  まさに小沢は「三歩歩いた鶏」w。

    Posted by KY at 2007年10月05日 02:27:15
  36. 共産に入れた私が来ましたよっと。
    一般市民に対するマスコミの影響力は未だに強いと思います。
    全ての人が踊らされた訳ではないと思いますが、それでも多くの人は踊らされていたように見えて仕方がありません。
    以上、私の周囲から得られた感想です。

    ・・・まぁ、私の周囲にろくな人が居なかったのかもしれませんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 02:37:31
  37.  このペシャワール会の撤退理由が,「アフガーン難民を帰国させるため」というのは,理由としてはこれまでの会の活動と整合性がありません.

     なぜならばPSMは難民のための病院なのではなく,ペシャワールにおける貧困な医療全般を支援するためのものだったはずだからです.

     事実,アフガーン難民が初めて出現するのはソ連侵攻後からですが,中村医師の本の記述に寄れば,それに対してぺ会が行ったことは,
    「疲弊したアフガーンの農村の支援」
    であり(それが「医者,井戸を掘る」),
    「難民救済」
    ではありません.

     むしろ本当の撤退理由は,
    >今まで黙認してきた、病院のアフガン人スタッフの資格の有無も問題視
    といったところにあるのではないかと愚考いたします.
     また,これまであからさまに他の援助団体を批判してきましたから,逆襲を受けた可能性もありますね.
     さらに(憶測半分で言えば),公表されているペ会の会計と,中村医師との記述との間に矛盾点がありますので,これまでのターリバーンとの結びつきから考えて,何かやらかしたのではないかという可能性もあります.
     ちなみに現在,反ムシャラフ・テロが激しくなっているのは,周知の通りです.

     まあ,真相はこれから調べてみるとして,記事は中村医師の言い分をそのまま伝達しているに過ぎず,信頼できるものとはあまり言えないようです.

    Posted by 消印所沢 at 2007年10月05日 02:49:34
  38. そもそも民主党なんて

    ア ホ し か い な い 

    んだから、何言い出しても不思議じゃないんだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 05:57:23
  39. ISAFに参加するくらいなら、アラビア海で給油しながら、国際貢献をしている方がマシじゃないか。
    ISAFだと死者が出るぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 06:21:06
  40. 本当に、前原が永田メールに引っかかったのが残念でならない。
    少なくとも安全保障関連は民主ではかなりまともだし

    あの程度のに引っかかるのは政治家としてどうよ?ってのは確かにあるが

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 07:02:15
  41. >13

    佐藤隊長は「自衛隊の戦車には何と方向指示器が有る!」と、たかじんの番組で言っていたけど、ドイツ軍のレオパルト戦車にも普通にあるよ。つか、あるのが普通。

    あの人、化学戦の専門家だから機甲も歩兵も何にも分かっていない。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 07:23:56
  42. >>11に同意
    あとインドに幻想抱きすぎな人多すぎ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 07:40:54
  43. しょうがなく民主党に投票してるのに、当の民主党が
    自分たちが支持されてると勘違いしてるような…
    参院で過半数を得たくらいで、天下を取った態度になる志の低さにがっかりというか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 08:24:58
  44.  昔オヤジ雑誌で小沢一郎は「飲み屋でくだを巻くオヤジ」と書かれていた。構想は立派?(もしくは本人は立派だと思っている)でもそれを実現する能力がなく、国会の外でぐたぐた言っている程度の人物ということらしい。
     よくいるでしょう「俺が社長なら…。」って言う酔っぱらったオヤジ。話を聞くと結構おいおいということを言っている人、そういう人たちと同類ということだそうだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 08:46:22
  45. >41

    いいんじゃね?普通の人相手の番組なら。
    普通の人はウインカーどころか 戦車の名前さえもしらないっしょ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 09:17:28
  46. 自衛隊から銃弾で戦死者が出るかも知れないね。

    Posted by G at 2007年10月05日 09:23:49
  47. 今朝の西日本新聞にインタビューがあった。
    「タリバンは神学生で、青白い顔でひょろっとしている。国際的な活動をするようには思えない」とかなんとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 09:52:53
  48. やっぱり中村医師とミンスは繋がりがあったか
    アフガンで支援をすると言い始めた頃から
    胡散臭いと思ってたんだよなあ
    オザワはISAFと言ったりまったくこの党は何が
    したいのか理解出来ない
    郵政選挙も参院選も勝ちすぎるとロクな事が無いね

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 12:04:56
  49. >45

    良くないよ。素人が間違えるのは許されても、佐藤隊長はプロだぞ? 政治家にさせたのは間違いだったかも知れん。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 12:15:20
  50. ペシャワール会 パキスタンから撤退 アフガンに拠点両国情勢悪化で
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/fukuoka/20071005/20071005_001.shtml
    >拠点をペシャワルから国境を越えたアフガニスタン東部のジャララバードに移す

    今後は「ジャララバード会」に名称変更という事で。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 12:23:09
  51. はっきり言ってISAFに地上部隊送るより,国会への報告を厳正にしながら給油活動のほうがよっぽど良いとは思う.
    小沢は元から「国連主導による国際貢献」主義だからISAFならおkなんだろう.ただどうせなら新法にしたうえで給油活動貢献に持っていって欲しい.


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 12:35:34
  52. 民主党はISAFに地上部隊を派遣する場合、どのようなROEを定めるつもりなんだろ?
    すでに試案はあるんだろうか?それとも何も考えていないのだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 13:25:21
  53. みんすがそんな事考えてるわけが無いじゃないですか

    つうかISAFで戦死者がいるという事を把握してるのかどうか・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 15:44:31
  54. http://www.kamiura.com/new.html

     神によるとペシャワール会の護衛や後方支援を自衛隊がするのだと。

     いちNPOの専属護衛に自衛隊を使うのはいかがかと思うが、その後方支援まで自衛隊が請け負うことになったら、ペルシャ湾の給油活動よりも問題だと思うが…。

     そういう意味で書いたのではないと信じたいところだが…。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 16:04:50
  55. 給油活動は武力行使で憲法違反だけどISAFは国連活動だから合憲などというわけのわからん人たちですから

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 16:29:40
  56. 小澤さんは立派なひとだよ。
    ここで彼を冒涜してるひとは地獄に落ちるよ。

    Posted by   at 2007年10月05日 17:10:33
  57. 小澤さんはリッパなひとアルよ。
    ここで彼をボトクしてるひとは地獄落ちるアルよ。(ぉ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 17:33:34
  58. 多分、民主党は死人が出てほしいんじゃ無いかな?
    もちろん、責任は与党持ちで。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 18:27:06
  59. >56

    小沢治三郎提督は、確かに立派な人だった。

    >54

    逆神・神浦の誤神託か。

    http://www.kamiura.com/new.html
    >小沢氏が描くのは「ペシャワールの会」の護衛や後方支援を自衛隊が担うことではないか。ISAFが推進するPRT(地方復興チーム)に自衛隊を派遣することである。PRTとは軍人及び文民復興支援要員から構成され、治安環境と復興事業に従事させる小部隊のことである。
    ----

    タリバンの手先を自衛隊が護衛か。ISAFが聞いたら怒り狂うぞ。

    >※ペシャワールの会の現地代表である中村哲医師(61)の名前を中村均と
    >間違えていました。訂正してお詫びします。(10月5日)

    ・・・逆神、もしかして田中均とゴッチャにしてた?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 19:08:34
  60. まぁ、逆神の御神託が出たという事は、
    現実にそれが起こらないということだからOK



    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 19:37:32
  61. 逆に考えるんだ。

    「ペシャワール会はタリバンと仲良しだから襲われない」
     ↓
    「実はペシャワール会こそが護衛役だったんだよ!!」

    ・・・本末転倒のような気が。ISAFってタリバンを駆逐掃討する為に来てるんだよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 20:11:23
  62. 知れば知るほど政権を任せられない党

    …それが民主党


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 20:28:20
  63.  「後方支援」の主語がペシャワール会にかかっているのなら、自衛隊がタリバンの後方支援の片棒を間接的に担わされるってことじゃねぇの?
     だったら下手すりゃISAFから攻撃を受けそうなんですが…。

     まぁ逆神のご神託だから我々がこれ以上心配する必要もないか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 21:01:16
  64. >>34
    >別にそれは投票した人の責任ではない

    北朝鮮や中国の選挙じゃあるまいし、そりゃなかろう。
    普通の民主主義国家では失政の責は全て国民に帰するのだ。というか、国民以外の誰が責任を取るのよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月05日 23:53:59
  65. ISAFに参加すれば、陸自も世界標準の装甲車が買える。
    汎用ヘリのガンシップ化が進む。
    小沢が財務省を説得出来るならねwww

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 00:51:05
  66. パキスタン撤退インドすり寄りコメントがあるけど、民間はどっちともうまくやってるとこはあるんだよね。
    http://response.jp/issue/2006/0809/article84880_1.html
    別にスズキ関係者じゃないんだが。
    まあ、いろんな側面があるってことで。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 01:06:14
  67. >41
    方向指示器の件をぐぐって見たら早速信じてblogに書いてる奴もいるし。
    デマって無くならないものですね・・・。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Leopard_2_A6M.JPG
    ↑ドイツの戦車レオパルドII。方向指示器が付いてることから、日本向けの輸出仕様であることがわかる。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 03:39:46
  68. 「自衛隊の戦車には方向指示器がついてる」って言うのは間違いじゃないべ。「自衛隊の戦車にだけついてて、他国の戦車にはついてない」っていったら間違いだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 04:59:19
  69. 最後の小沢のコメントって国連決議が日本憲法に優越するって言いたいの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 06:45:44
  70. >>65
    軽装甲機動車は割合、世界標準で頑張っていると思うが。>>13の記事ではなぜかオランダ軍を絶賛して幌なしパジェロ使えと言ってるし、あとキヨ氏はケブラー内張りしてなくて5.56mm(徹甲弾?小銃弾にそんなのあるの?)が貫通するからもうダメポとか仰ってたけど。

    思うのは、高機動車と新73式(パジェロ)と軽装甲機動車とを少しでも共通化できなかったのか、という点。
    特になぜ軽装甲機動車はパジェロをベースにしなかったのか、だれかエロイ人教えてください。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 08:57:10
  71. >特になぜ軽装甲機動車はパジェロをベースにしなかったのか、だれかエロイ人教えてください。

    パジェロベースはどう見ても無理だろ。
    高機動車と軽装甲機動車を共通化させるなともかく。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 09:29:50
  72. >68
    >「自衛隊の戦車にだけついてて、他国の戦車にはついてない」っていったら間違いだけど。

    佐藤隊長はたかじんの番組でそんな風に日本の戦車を批判してた。

    あの人、ゴラン高原で何を見てきたんだ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 09:32:41
  73. 佐藤一佐「自衛隊の戦車にだけついてて、他国の戦車にはついてないんです。でも、各国共、化学防護車にはウィンカー付けてるんですよねぇ」

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 09:42:09
  74. 爆走!ルクレール戦車
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm407929

    ウィンカー点きまくりですけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 09:56:45
  75. オマケ。

    素人でも分かる日本と中国の軍事技術格差〜両国の最新鋭戦車 比較動画
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1185468

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 10:05:15
  76. 高機動車ベースとして、米軍もハンヴィーの装甲を強化したけどいろいろ問題がでてきて結局新型を作ることになったんでないの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 10:12:47
  77. >>72
    旧ソ連の戦車が多いからほとんど付いてなかったんじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 11:33:11
  78. >小沢氏は国連決議に基づく国連の活動であれば、海外での武力行使でも憲法に違反しないという立場。

    これは恐ろしいほどの爆弾発言なのに、なんでマスコミはこれを突かないんだろう。
    9条の国際紛争の解決の手段として武力は使わないっていう条文を回避しようと、国際支援活動としてどこまでできるかってとこで今まで四苦八苦してきたのに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 11:33:36
  79. まぁ、海上給油が違憲でISAFが合憲ですって(合憲というか国連の活動だから憲法問題にならんと言ってる)


    山本草二先生も泣くぞ
    ちなみにおれは笑った

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 13:13:21
  80. 護憲派はここぞとばかりにオザワに牙を剥くはずだが社民も共産もスルーだな。
    自民の給油はキタナイ憲法違反
    民主のISAFはキレイな憲法違反とでも思っているのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 13:22:06
  81. そもそも年金問題でさえ、民主党案って実現不能な詐欺に近いものだったけど、それでもまだ食い物にしてたのが国内問題で留まってた分ましだったと思われ。沖縄売却構想とかあったけど。
    果たして民主党にとって外交とはなんなのか一度聞いてみたいな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 14:45:08
  82. というか日本が海軍国で貿易の要も海運だって事は常識だと思ったのですけど、意外と知られてないのでしょうか?
    海軍国の、しかも防衛専門の国家の、経験も浅い陸軍を海外派遣して、民主党はどれだけのメリットを想定しているのか、正直な話全く分からないんですよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 15:32:58
  83. そうだよな…日本はやはりシーパワー国家なんだよな…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 16:40:06
  84. >>82
    >民主党はどれだけのメリットを想定しているのか

    米国同様に陸戦部隊を第一線に送り出す事でこそ、米国に伍する対等な関係となれるのです11!1!

    とか本気で考えていそうで嫌だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 16:58:26
  85. >80
    社民や共産が、民主を担ぐマスゴミからスルーされている予感。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 18:08:40
  86. >意外と知られてないのでしょうか?
    実際にアンケートを取ったら、空輸すれば良いって答えが
    多数を占めそうで怖い・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 18:10:57
  87. 専守防衛でいる限り日本はシーパワーにはなれんと思うのですが

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 19:04:27
  88. > 護憲派はここぞとばかりにオザワに牙を剥くはずだが社民も共産もスルーだな。

    そもそも民主党自体が割れてもおかしくないはずなんだよなぁ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 19:44:55
  89. >佐藤隊長

    まあ専門は化学学校の人だから…
    元制服組議員は希少だから勉強してもらわんといかんが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 20:18:45
  90. ISAFに参加して死傷者が出たら全責任をオザワにぶっ掛けて逃げる算段でも考えてるんだろう。


    アフガンに行かされる人の命と、小沢の政治生命が対等ですか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 20:29:12
  91. >90
    まぁそれが政治家というものですから。
    正直、海もエンドレスに続くOEFには少ない補給艦取られてウンザリしてたみたいだから、撤退できてよろしいでしょう。
    結局、ISAFなんて出せるわけが無いし。衆院自民党がしっかりしていれば大丈夫。(自民党がしっかりしているかどうかは検討外ではあるgは)

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 20:37:43
  92. http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-10-06/2007100602_05_0.html
    赤旗でこの扱い

    まだ共産党が動いてないのは
    「ISAFに参加して何をするか」
    を小沢氏が言ってないからだろう

    参加する事自体を批判すると
    国連中心主義の看板を掲げる共産党としても都合が悪かろう

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 20:42:00
  93. 日本人はなんでこう国連に夢をみたがるんでしょうね。
    国際関係に正義や理想を持ち出したり、相手国を勝手なイメージで善悪に色分けしたり、利益基準や価値観の違いを無視したり。
    これって外交を根本的に理解してないと同義だと思うんですけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 22:48:28
  94. 小沢民主席は法案よりもドサ回りで忙しいそうです。
    http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007100601000325.html

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月06日 23:32:47
  95. こちらはペルシャ湾と関係あるはなし。

    http://www.higashi-nagasaki.com/c2007/C2007_39.html
    (東長崎機関より)


    Posted by qy at 2007年10月07日 03:42:14
  96. >国際関係に正義や理想を持ち出したり、相手国を勝手なイメージで善悪に色分けしたり、利益基準や価値観の違いを無視
    これはやってない国の方が圧倒的に少ないよ。何でも言えばいいってもんじゃない典型。
    今までもアメが与太ってくれたおかげで大迷惑してる。それでも力もジャイアンだからついてってるだけ。

    日本は多神系である限り宗教には拘らないけど(あからさまに非世俗的、排他的なのは批判されるけど)政治的にはそれが無定見として現れるということ。

    目的意識がはっきりしてるが宗教面でアレなせいでいかれた目標ばっかりでしかも日常が制約だらけの連中とどちらがマシか、結論は永久に出ない。

    今日の1000円より明日の一万円の寓話に習うなら、
    国政選挙で小沢の党に入れたのは間違いだったろう。政治家に必要以上にクリーンさを求める奴こそ
    「国際関係に〜無視」なのが多くて困る。不祥事に限ってはマスゴミのバイアス無視な奴も相変わらずいるみたいだし。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 09:18:56
  97. >95

    サクラメント級やシマロン級は既に退役している。
    情報が遅いな、そこ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 09:31:18
  98. >95

    こうしてみるとサプライ級は空母機動部隊に随伴できる唯一の艦種?

    空母の恒常展開の無い第6艦隊の分を除いてもローテーションが成り立ってない。ドライカーゴを持つ艦がこれほど少ないとは思わなかった。どうやってやりくりしてるんだろうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 10:26:21
  99. >98

    アンタ、給糧艦や給兵艦を忘れてるだろ?

    ルイス・アンド・クラーク級やマーズ級でググってみそ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 10:43:02
  100. >>5-6
    なんでって・・・アフガンを安定させるためだろ
    韓国人みたいな事言うなよ
    パキがぶっ倒れたらどうなるか想像できない?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 11:03:57
  101. >95

    基準排水量と満載排水量をきちんと揃えずに比較した上に、退役してもう居ないサクラメント級やシマロン級を加えてるんですか・・・

    東長崎機関はカトケン以外は阿呆ばかりだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 12:52:21
  102. >99

    なるほど納得。

    米海軍では補給艦はヘンリー・J・カイザー級とルイス・アンド・クラーク級の二本立てになりつつあるわけか。しかも両級とも運用はPMCに任せ、というか補給艦の類が全部PMC任せ。

    速力が20ktという事は高速戦闘支援艦と違い空母機動部隊に常時随伴という考えで作られたのではないですね。
    事が起きた時におっとり刀で駆けつけた空母機動部隊でも事態に対処できる、補給艦は後追いでも十分という考え、どうしてもという時はサプライ級の出番という事か。

    PMCが艦艇の運用にまでに手を出してるのは新しい発見だった。99に感謝する。





    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 13:12:33
  103. AO 177 Cimarron

    シマロン級は1999年までに全艦退役してるよ。サクラメント級は言うに及ばず。それ以前に海自の補給艦は基準排水量で計算して、米軍のは満載排水量で研鑚して比較だなんてズル過ぎるだろ。

    >>95

    東長崎機関、久々の大ポカですな。フセイン像の誤報の時も酷かったが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 15:00:26
  104. これ、事実と違うことが書かれているんですけど。
    ttp://www.geocities.jp/devildive2000/KOUNYUU.htm

    皆さん、どう思いますか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 17:24:20
  105. >104

    スレ違いだ、どっか行け。

    まるで関係無い話すんな。すっこんでろ!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 17:37:34
  106. >>105
    2chじゃないんだからスレ違いとかすっこんでろ!とか言うのは如何なものかね。品性が分かっちゃうし。
    華麗にスルー汁(ぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 18:17:44
  107. 2chといえば今日は調子が悪いみたいですな。
    軍事板のスレが軒並み消滅している。

    Posted by ヨッチ at 2007年10月07日 18:26:25
  108. >>107
    土曜の夕方からhobby9がダウンしているそうです。
    復旧には数日掛かるとか。

    Posted by 名無し三等兵 at 2007年10月07日 21:01:14
  109. ああ、それでずっとエラーだったのか

    専ブラ使ってると気づきにくくて困る。
    ただ単に私が物臭なだけですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 21:32:32
  110. というか、22:00あたりから全サーバー全滅してますよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月07日 23:03:10
  111. 定見問題さんも繋がらないですね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 03:00:21
  112. オザハはISAFに部隊出して
    「自民党ができなかったことをやりますた!!!1!」
    とか宣伝ぶつ気じゃないだろな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 04:25:56
  113. >定見問題さんも繋がらないですね。

     現在,問い合わせ中につき,ミラー・サイト
    http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/index02.html
    で御閲覧ください.


    Posted by 消印所沢 at 2007年10月08日 07:08:25
  114. >>112
    当たったよw
    現在TBSの朝生で民主議員と自民議員がやりあってますw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 08:10:54
  115. 朝ズバに出演した田中康夫議員が、自分がペシャワール会と小沢代表を引き合わせたと発言していました。
    議論が入り乱れており、なぜあわせたのかの理由までははっきりわかりませんでしたが、自衛隊派遣より貧困の救済という中村医師の言葉を紹介していましたので、その線での路線変更を期待してのことかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 08:29:23
  116. どう考えても、ISAFに参加するよりも海上給油を続けた方が周りからも喜ばれるし、国益のためになると思うのは俺だけでしょうか?
    あと、万が一民主党が政権を取ってISAFに参加してその結果、戦死者が出ようものなら民主党にとってもダメージになるとは思うのですが…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 09:31:05
  117. >116
    >民主党にとってもダメージになるとは思うのですが…

    いやぁ、どうだかねぇ。
    自衛隊が無能だったから悪いとか言い出しかねないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 09:38:25
  118. >>116
    ご心配なく。超理論を駆使して自民党に責任転嫁します。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 10:15:28
  119. その時は小沢はなんのかんの理由をつけて逃げて、
    泥を被るのは結局他人って落ちにするんじゃないかね

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 10:40:48
  120. >>116
    「やっぱり軍隊を無くそう!!!1」

    と言い出しそうで怖い

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 11:11:28
  121. いや、実現不可能な対案を出して
    衆院強制可決>参院即差し戻し>強制採決
    の流れを作り出した後、こっちは対案出してるのにというパフォーマンスを作り出す狙いかと。
    内容云々より、具体的な対案があるという事実を作り出しておくという作戦にシフトしたのではないかと思います。
    最近年金や少子化対策に明らかに不可能な対案を発表している(見た目の受けだけはよい)所から考えて、どーもそんな感じがひしひしと。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 11:57:44
  122. 長島昭久 WeBLOG 『翔ぶが如く』: ようやく議論の土俵ができつつある
    http://blog.goo.ne.jp/nagashima21/e/f0864593d8b3dc002898682f49f045a1
    >ようやく議論が高まってきたので、そろそろ封印してきた具体的な代案を明らかにしたいと思う。ヒントは、引用した冒頭の産経新聞の記事にある。ISAFといっても、その下で復興支援活動に従事するPRT(地域復興支援チーム)に注目していただきたい。また、ISAFといっても、輸送や補給など後方地域支援が不可欠であることにも目を向けて欲しい。イメージとしては、皮肉にも、イラクで陸空の自衛隊が担ってきた活動だ。「皮肉にも」と言ったのは、イラクの人道復興支援には自衛隊を派遣して、アフガニスタンの人道復興支援には派遣できない、と政府が言い張っているからだ。論理が破綻していると言わざるを得ない。
    -----

    か・・・神浦さんの予想と同じだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 12:23:04
  123. テロ特措法延長反対で陸自の危険度が増す
    http://blogs.yahoo.co.jp/foresightblog/50993559.html
     アフガンは北大西洋条約機構(NATO)主力の部隊でイラク同様多数の戦死者が出ている危険地域。「インド洋撤収の代償は危険ゾーンへの陸自派遣。このままでは過去十五年以上続いた海外での犠牲者ゼロの記録は途絶える」と自衛隊は危機感を強める。

    (フォーサイト2007年9月号)

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 12:28:30
  124. http://www.ngo-jvc.net/php/jvcphp_epdisp.php?ThreadName=a01&ArticleNo=8
    >PRT(ISAFとは指揮系統をことにする連合軍の民生支援部隊で国連の管轄の外にある)

    あれ? 国連の管轄外?

    http://www.unforum.org/lectures/32qa.html
    >イラクやアフガニスタンでは、国連の活動が全面展開されているわけではなく、アメリカが中心となり、軍と文民が一体となって治安維持と復興支援を同時並行的に進める地方復興チーム(Provincial Reconstruction Team、PRT)による活動が行われている。

    ・・・じゃあ、民主党の主張には沿わないんじゃ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 13:03:10
  125. >124

    大丈夫b
    知らぬ存ぜぬで通すから
    ほら、法は不知を許さずって言うし

    ・・・あれ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 14:04:18
  126. 俺は中村哲医師の左翼的な臭いが嫌いだ。しかし、擁護するつもりもないが、タリバンとの関係が誇張されすぎていると思う。中村医師は、NHK教育の番組の中で、タリバンと行動した頃、拘束された北部同盟と思われる敵民兵をタリバンが惨殺しようとした時、彼は尊厳死を提案した。理由がどうあれ、医者でありながら一人の人命を犠牲にしてしまった部分は許されないが、タリバンとは思想が一致するわけではない。彼の行動基準は、あくまでも彼自身の思想であり、喜んでタリバンに協力したという考えがあるのであれば、それは違うと思う。

    彼と民主党との会話の内容は知らないが、いかなる理由でも外国の軍隊は占領軍として見られているという考え方を持っていたはず。そうであるならば、民主党の小沢の国連部隊の参加にも反対するはずである。

    追記であるが、彼とアフガニスタン政府、及び米軍との関係は確かに悪い。彼自身、アフガニスタンからの他の地域への移転命令(NGO活動はアフガン政府が指揮する立場にある)に不満であった。こうしたこアフガニスタン政府との軋轢も背景にあると私は考える。しかし、これまで他のNGOの身勝手な撤退を批判していただけに、政治思想は別として、彼の復興への努力を賞賛していただけに、今回の撤退でやはり、他の身勝手なNGOと同じであったのかと失望している。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 16:20:35
  127. >124
    http://www.nato.int/isaf/topics/recon_dev/prts.html
    >the military components of PRTs come under the command of the ISAF Commander.

    って感じで微妙

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 16:41:01
  128. >擁護するつもりもないが、タリバンとの関係が誇張されすぎていると思う。

    これを見てそう言えるか?

    http://obiekt.seesaa.net/article/51349680.html

    右とか左とかそういう括りじゃない。やってることがタリバンの広報と化している。そういうのは「手先」と呼ばれるんだ。

    http://natto.2ch.net/mass/kako/1002/10025/1002564048.html
    5 名前: ななしー 投稿日: 01/10/09 07:33 ID:cYaIo/3c
    あと、フランス人が隠し撮りした公開処刑のビデオを見 せられたときも、

    「死刑の数自体は現政権になってから減っていると思う目立つ方法でやるようになっただけで批判するのはおかしい」

    とか言っていたな。不倫しただけで処刑されていた人もいたのに。この人はタリバン政権から金貰ってるのか?
    それともこういう発言しないとあそこでは活動できないのだろうか・・・。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 17:51:19
  129. >>126
    >いかなる理由でも外国の軍隊は占領軍として見られているという考え方を持っていたはず。

    ・タリバーンを外国の軍隊、占領軍として見なさない
    ・かつ、現アフガニスタン政府と関係が悪い

    という彼のスタンスは、タリバーンシンパと見なすに十分な根拠だと思うけれどなあ。
    まあ、中村医師はご自分の考える「アフガンの人々」「それ以外の外国人」という二分法で、タリバーンはアフガンの人々などと決めつけているのかもしれませんが(そして現アフガン政府は外国勢力の傀儡政府だと)。こんな手前勝手な発想で良いならば"外国の軍隊か否か"なんて定義次第で何とでも言えますよ。

    彼は彼の思想の結果からタリバーンに協力している。つまりはタリバーン派ですよ。少なくとも公平中立を(できるかできないかはともかく)志向している医師とは言えますまい。
    北部同盟兵の処遇の話も、タリバーン協力者か否かの話とは関係ないでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 17:57:06
  130. そういえば、中村医師を小沢に紹介したのは横路だとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 17:57:29
  131. >中村医師を小沢に紹介したのは横路だとか
    「自衛隊を危険地帯に引き出し犠牲を強いる」=「自衛隊志願者急減→自衛隊滅亡」という社会党崩れの捨て身作戦と見た。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 18:13:27
  132. なるほどそれなら民主内の社会党残党や
    社民共産もガタガタ鳴いてない事の理由も解る(笑)

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 19:24:49
  133. 紹介もなにも、横路氏自身がペシャワール会の会員でした。
    http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000704/activity/index3.html


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 19:41:31
  134. なんというオチ。

    つまり民主党は既にタリバンと繋がっていた?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 19:51:07
  135. 結局社会党の看板の架け替えに過ぎなかったな。
    いや、社会党からの合流組や支持団体考えりゃ分かるんだが、予想以上にね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月08日 21:43:46
  136. >132
    >社民共産もガタガタ鳴いてない事の理由も解る(笑)

    共産党の新聞赤旗より、
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-10-08/2007100802_03_0.html
    >日本共産党の小池晃政策委員長は七日、テレビ朝日系番組で、(略)民主党の小沢一郎代表が武力行使を伴うアフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)への参加の実現を主張していることについて、反対の考えを表明しました。

    http://www.abetomoko.jp/taidan/13/13.html
    >中村哲さんと私は、以前、同じグループ病院に勤めていた時期がありました。
    >中村さんに国会でお話いただいた後、 私と辻元清美さんと北川れん子さんの三人の議員で、 ペシャワールにお邪魔させていただいたのが二年前の秋のことでした。

    社民党の衆議院議員の阿部知子氏はかなり中村医師と親しいみたい。

    Posted by 90式改 at 2007年10月08日 23:14:58
  137. 中村さんは西南学院高校卒、九州大学医学部で学んだ精神科・内科の医師で、確かJOCSのワーカーとして
    当初パキスタンに派遣されたはずです。当初はアフガン難民の流入していたペシャワルでのらい病撲滅のためにJCMAといった
    宣教団体に近いところから資金を得ていたと記憶してますが、対象がムスリムなので宗教的中立を保つために
    ペシャワール会を結成して独自に資金を集めるようになります。(無論キリスト教関連団体からの義捐金も受け取っていた)

    ところが911以降、最大の資金源だったSBC(南部バプテスト教会)が急激に原理保守化してどちらかというと社会派な
    日本バプテスト同盟との関係がこじれ、日本に派遣されていた宣教師が引揚げられたり、資金を止められたりされています。
    西南学院のシィート院長が引退された時期あたりでしたか。
    以来資金が一般寄付がメインのペシャワール会に偏って紅いプロ市民の資金が流入したこと、
    戦時中の教会合同に端を発する日基・プロテスタント各教派の社会派と教学派・合同派と分会派に極左思想も混じった
    今に至る深刻な路線対立があったりで、安保の時代の終了と同時に傍流になった社会派の牧師や信徒が開発伝道や慈善団体に
    大量に転出した時期が70-80年代。彼もその時代の人でした。

    日本におけるキリスト教の関係は非常にややこしいので割愛しますが、
    結論としてはキリスト教からプロ市民に資金源が異動したことと、パシュトゥン人との共依存関係をずるずると引っ張らざるを得ない状況下に置かれたこと、彼自身がおそらく日基社会派であろうと推定されることからアカにオルグされた。あたりでしょう。
    目的のための手段から手段のための目的に。極左極右が辿ったまさに同じ道を辿ろうとしていますな。組織全般がそうなんでしょうが、彼も老いたな、という感想です。

    #右派の牧師や神父も少数ですが存在します。ルーテル教会で日本聖書協会主事な某師とか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 00:39:14
  138.  FAQ,昼ごろ復旧しました.

    >>137
     大変お詳しいようで感服しました.

     ところでお尋ねしたいのですが,ペシャワール会結成までの経緯として中村医師自身は,それまでいた病院の中での軋轢を理由にしていますが,この軋轢を客観的立場から観た情報がありません.
     何かご存知ないでしょうか?

    Posted by 消印所沢 at 2007年10月09日 00:58:56
  139. 「ISAFでも後方支援をすれば良いんだよ」と言うのは勝手なんですが、果たしてアフガンで求められているのは輸送部隊なのか治安維持の地上部隊なのか、ミンスの人はリサーチしたのでしょうか?
    お客様のニーズに合わせたモノを提供せずに、自分の都合でモノを押し付けるのは非常に心象を害するうえ、顧客を失う恐れがありますな。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 09:08:00
  140. アメリカ軍は昨年、輸送ヘリ部隊を要求してきた。
    政府は断わったが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 14:26:59
  141. >140
    完全にBHD連発になりそうだが。
    まぁ輸送ヘリというのはチヌタンのことなのであろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 16:33:53
  142. http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/071009/stt0710091230003-n1.htm

    とりあえず、政府としては「論外」の立場のようで

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 20:01:17
  143. >・タリバーンを外国の軍隊、占領軍として見なさない
    タリバンは正規軍と言えるのかどうか。少なくても、イスラムの同胞としてアフガンに義勇軍が集まり、現地の原理主義者と合流して戦った、それが中村医師の視点かも知れない。つまり、事実かどうかは別として、彼の中ではムスリムという連帯から、アフガンの人々に受け入れられたと考えているのだと思う(ムスリムは外国人であっても別格でISAF等とは区別している)。

    >・かつ、現アフガニスタン政府と関係が悪い

    タリバンとの結びつきだけですべて説明するのはどうかと思う。中村医師は、アフガン政府から自由に活動をさせてもらえなかったことに苛立ちを覚えていた。そうした事情もある。

    >これを見てそう言えるか?

    結果的にタリバンを擁護する発言があったとしても、全面的に支持しているというわけでもなく(反米的、反現代文明では思想的に一致するが)、価値観が異なる部分もあると言っている。タリバンを美化したいのなら、彼が出演したNHK総合の番組の中でタリバンの非道な敵民兵の殺害には触れない。また、タリバンの悲惨の食料事情も紹介し、タリバンに都合の悪いことも言うことがあった。

    こういう推論は好きではないが、私が中村医師が撤収する結果になったのは、別の要因が絡んでいる可能性も否定できないと思う。それは、現地住民のケシの栽培に絡む問題。水路建設の目的のひとつは、飲料水の確保だけでなく、農業用水の確保もあった。ケシ栽培が深刻なアフガンで中村医師が建設した水路等で住民達が畑を耕せるようになったのは良かったが、住民の一部がケシ栽培を行うようになった。そのつもりがなかったとしても、結果的に犯罪に加担したこと判断されると問題になる。

    Posted by 126 at 2007年10月09日 20:45:27
  144. >143

    貴方は非常に詳しいようだ。

    >タリバンを美化したいのなら、彼が出演したNHK総合の番組の中でタリバンの
    >非道な敵民兵の殺害には触れない。

    中村医師はそれすらを「死刑の数自体は現政権になってから減っていると思う。目立つ方法でやるようになっただけで批判するのはおかしい」と擁護した。

    減ってると思う?思うだけで根拠無しか。
    目立つ方法? フランス人ジャーナリストは「隠し撮り」したんだぞ?
    あと、「公開処刑」が何を意味するのか、分からないでもあるまい。見せしめだよ。

    >また、タリバンの悲惨の食料事情も紹介し、タリバンに都合の悪いことも言うことがあった。

    「経済制裁を受けているタリバン可哀想。西側の横暴!アメリカを許すな!」・・・って言いたいんでしょう?違いますか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月09日 20:53:43
  145. タリバンって、14世紀のイスラムの力が強力な時代に戻したいと考えている人たちだから、見せしめのための死刑を積極的にやって、一種の恐怖政治を強いたんだよ。それに国際テロ組織のアル・カーイダを擁護すれば経済制裁を受けるのは当たり前ではないのでしょうか?

    ドイツ人のノルベルト・フォラツェン医師は北朝鮮で医療活動をして北朝鮮当局からVIP扱いされたりしていたが、北朝鮮のあまりにも酷い実態を知ったがため、北朝鮮当局に国外追放されました。現在、韓国で脱北者支援をしています。
    http://www.asahi.com/international/update/1002/TKY200710020486.html
    >ノルベルト・フォラツェン氏が2日、ソウル市内のホテルに設けられている南北首脳会談プレスセンターに入り込み、「北朝鮮に人権はない。子どもたちが飢え死んでいる。人権侵害の実態を知って欲しい」と叫んだ。

    このことをニュースで見たとき、フォラツェン医師は真実をしっかりと見る人間だと思いました。(その前にびっくりした。)比べてはいけないかもしれませんが、中村哲医師と大違いですね。中村医師は真実を見ていない気がします。

    Posted by 90式改 at 2007年10月09日 23:02:41
  146. つまり、アフガンに陸自を派遣した日には、スパイナカムラの暗躍で死者が出るのは間違いないと。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2007年10月09日 23:27:19
  147. >>139
     例えばドイツ軍の主な活動であるPRTは,
    「現在のアフガーンで最も危険の少ない」
    部類の任務です
    http://mltr.free100.tv/faq06h.html#04304
    が,それでも20人の死者を出しています.

     国益のためなら,あえて兵士を死地に送り出すことも政治家としては必要でしょうが,小沢一郎の政争の道具とされた挙句に死傷者を出すなど,許されることではありません.

     小沢一郎にとって,自衛隊員の命は虫けら同然なのでしょうか?

    >>143
     論拠が「思う」では…….

    >タリバンに都合の悪いことも言うことがあった。

     すみませんが,そのような事例を当方は存じません.
     具体的に挙げていただけると幸いです.

    Posted by 消印所沢 at 2007年10月10日 00:13:09
  148. >>消印所沢氏

    常見問題FAQの編纂お疲れ様であります(敬礼)

    まずは訂正。西南学院中学校-県立福岡高校卒。です。今では中高一貫共学ですが私の年代までは個別の男子校でした。
    きわめてリベラルな校風で、宗教とは相容れない共産党員(通称アカハタ)がいましたよ。校長は一応信徒前提ですが。

    閑話休題
    私が大昔に聞いた宗教週間での講話ではバプテスマ(浸礼)の用語を用いなかったことと、内村師の著書を耽読されていたことからバプテストのような会衆派ではなくどちらかといえば合同主義の社会派か無教会主義な教会にいらしたかと思います。バプテスト派ではなかったと思います。

    国立肥前療養所や大牟田労災勤務-八女郡広川町の馬場病院で副院長をされていたそうですが、そのあたりの経歴詳細は残念ながら存じ上げません。
    しかし、馬場病院の院長が先輩だったという話がありますから、宗教的対立というよりは経営側と彼のともすれば理想主義的な思想での人的軋轢であろうと推察されます。出向という形で籍がしばらくあったようです。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 00:53:08
  149. 残念ながら彼の著書を所有してませんので詳細についてはわかりかねます。彼の所属教会がどこかがわかればある程度の傾向診断は可能ですが、少なくとも宗教路線的な対立ではなく、病院経営と現実の壁にぶつかった、あたりが最有力かと。
    八女郡一帯は典型的な過疎地域で、自治医大卒業者は大抵矢部村や星野村に配置されます。医療報酬基準でトリアージやってるようなもんですよ。

    ところで彼の内科免許取得には例によって福岡徳洲会病院が噛んでます。普通出身校や三次機関でやるらしいのですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 01:02:57
  150. >>143
    >それが中村医師の視点かも知れない。つまり、事実かどうかは別として、彼の中ではムスリムという連帯から、アフガンの人々に受け入れられたと考えているのだと思う(ムスリムは外国人であっても別格でISAF等とは区別している)。

    だからタリバーンシンパでしょ?と言っているのですが。
    大陸国家において外国勢力か否かなんて容易に決められるものじゃない。正規軍かどうかもね。だから"外国の軍隊か否か"なんて定義次第で何とでも言えますよ、と。

    >タリバンとの結びつきだけですべて説明するのはどうかと思う。

    そもそもそれだけですべてを説明してなんかいない。タリバーンとの結びつきの面についてシンパだと評価しているって話。

    で、そういった団体と深い繋がりを持っている政党主導でISAF参加が周りからどう見られるか?ということが論点なのでは。

    つまりは本エントリーの↓
    >ターリバーンと関係が深いペシャワール会と関わりがある、日本の民主党をISAFが快く思うとはとても思えないのですが。ISAFに参加したければペシャワール会との繋がりは切るべきです。

    Posted by 129 at 2007年10月10日 08:21:51
  151. >彼の内科免許取得

     日本の医療制度には医師免許はあっても内科医の免許はありませんのでご報告まで。

     内科の専門医という意味では多分内科系の学会が症例数や試験などで内科の専門医や指導医の認定をしているはずです。ただし内科系の学会は無数にあるので内科の特定領域の専門医ということになります。

     福岡徳洲会病院や普通出身校が専門医の認定は出来ないはずなので、これらで内科医としての研修を行ったか、これらに所属している間に専門医の資格を取ったか、内科系の教室で学位を取ったかじゃないですか?学位の場合は別に出身大学で取らなくてもいいし、市中病院に勤めていても医科大に研究に行けば取ることは可能です。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 08:43:30
  152. http://mltr.free100.tv/faq06c.html#massoud-crime
    >奇妙なことに,複数ある中村医師の著作物のどれにも,マスードの責任問題が出てくる
    >ことはあっても,ヘクマチァールの責任の問題については一切出てこない.それは,
    >ヘクマチァール派が後にターリバーンに味方するようになったことと,全く無関係だろうか? 
    >「ターリバーン以前からアフ【ガ】ーニスタンにいるアフ【ガ】ーニスタン事情通」
    >を自認するにしては不思議な話だ.

    中村医師はタリバン擁護という点だけに一貫性がある。だからタリバン派であると認識される。

    >また,長倉氏は,講演会(1月14日,札幌教育文化会館)の中で次のように証言している.

    >マスードが残虐な行為を行ったという中傷報道があるが,自分が知る限り事実無根である.
    >新聞記者に電話をかけて,何を根拠に言っているのかを確認したところ,『ある日本人が
    >言ったことを又聞きして書いただけで,長倉さんに言われると返す言葉がありません』
    >という返事だった.

    >この「日本人」,いったい誰なんだろうねぇ,中村さん?

    酷い話だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 08:48:00
  153. スレ違いなら済まん。
    最近、「かみぽこ政治学」なるブログの主張をそのまま持ってきて民主擁護をする奴が周囲に多くて困っている。でもざっと読んでみたけど、このブログの中の人政局の話はするけど政策の是非についての話は避けるのよね。インド洋派遣中止を何故民主が求めるのか、このあたりの話もスルーしてる。
    政治学者ってこういうもんな訳?これだと、結果論でしかモノ言えない経済学者と同じで存在価値が無いような気がするんだが。

    Posted by 名無しT72神信者 at 2007年10月10日 12:04:26
  154. >153

    そんな事は此処で書くことじゃないでしょう。
    かみぽこさんの所に直接、貴方が書けばいい。
    メールでもなんでも。楽天にはメールフォームがある筈。

    たとえ、此処とかみぽこさんの所に4年来の因縁があるにしても・・・

    http://plaza.rakuten.co.jp/kingofartscentre/diary/200304060000/
    http://plaza.rakuten.co.jp/kingofartscentre/diary/200505200000/

    貴方の疑問には、かみぽこさん自身にしか答えられません。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 13:44:30
  155. >153

    右サイドバーの新着を見る限り、名前欄を一々打ち込んでるのか?

    デフォルト名無し設定なんだから、何も書かなくても自動生成されるよ。
    http://obiekt.seesaa.net/article/3100107.html

    まぁいいや。153、アンタ何処の板から来た? 議員板? どっちにしろ常連じゃないよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月10日 16:18:16
  156. かみぽこさん所は衝突した後、リンクに加えて、その後リンクから消したんだよね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月11日 00:28:18
  157. >153
    政治学者が政局のみに的を絞って分析するってのは別に価値がないってことはないでしょ。
    軍事も政治は無関係ではないが、なるべくそのことを排して論じることに意味がないわけでは無い。

    だいたい政局の扱いの評価と政策の評価は別であることはそこのブログ主も言っている。そこに文句言うのは的はずれ。

    >156
    リンクは他のサイトに関しても結構出たり消えたりしているからさほど深い意味はないんじゃないかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月11日 02:39:34
  158. そんなことより、小沢さんが大暴走しているようで…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月11日 17:46:59
  159. >156

    実は楽天時代から、ずっと消してない。

    http://plaza.rakuten.co.jp/obiekt/headline/
    http://plaza.rakuten.co.jp/obiekt/linklist/

    二人は仲が悪いわけじゃないよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月11日 19:49:56
  160.     ./\___/ヽ 
       / ⌒ |||| ⌒ \
      /  ( ●)三(●)  \ ペシャワル会の会報が届いたお!
      | 三 ⌒(__人__)⌒三 |  10/3号なのに,今日はもう12日だお!
      \     r┬-|     /
           `ー'´


        ./\___/ヽ 
       /  _ノ||||ヽ、_  \  でも今日はもう力尽きたお……
      /  o゚⌒   ⌒゚o  \
      | 三  (__人__) 三  |
      \     ` ⌒´     /


    Posted by 消印所沢 at 2007年10月12日 20:27:38
  161. みなさん、お疲れさま!
    民主党の批判は楽しいやね!

    >アフガンに調査団派遣へ 給油継続問題で民主党
    ところで、JSFさん、みなさん、最初にアフガン本土派遣を
    考えていたのは、政府・与党だってことは当然ご承知なんですよね!
    だれかがやるやる詐欺とかいってたけど、最初に調査団送るっていって
    送らなかったのは政府・与党の専売特許なんだよね・・・。

    いやー石破ちゃんも、そのことほっかむりして、小沢批判とは、鉄面皮
    というか、希代の詐欺師というか、こうじゃなきゃ閣僚は務められないよね!
    ここに畏敬の念を込めて、「大嘘つき」との敬称を送らせていただきます。

    後になって、小沢はISAF参加で憲法違反だけど、PRT参加は憲法OK
    とか言い訳したら、菅や鳩山じゃないんだから、笑われちゃうよ!

    で、ソースを一つだけ出しとくけど、君たちの大大大大大好きな産経新聞の
    6月22日の記事だよ、チェックよろしく!


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月12日 23:52:54
  162. >161

    hagakurekakugo乙。

    >君たちの大大大大大好きな産経新聞

    残念だけど、軍オタ連中の間じゃ産経新聞と日経新聞は嫌われてるんだ。軍事記事の誤報が凄く多いんでね。このブログでも産経叩き記事は山ほどあるよ。

    相変わらずオルタナンは学習能力が無いんだね。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 01:25:26
  163. >161
    >民主党の批判は楽しいやね!

    というか、「民主党による防衛費5000億円削減案」がある限り、軍オタからの支持は絶対に有り得ないよ、民主党は。

    ■民主党の国防政策と長島昭久議員を評価しない理由
    http://obiekt.seesaa.net/article/57349855.html

    民主党は、軍事屋から叩かれて当然だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 01:30:13
  164. >162
    そっか、産経新聞なんて糞だよね、まさに国家の恥辱新聞だよね、こんな記事出してごめんね。
    じゃあ、Jiji top confidential(2007.5.22)の記事とか佐瀬先生の海外事情9月号の論文読んでみてよ、ホントにごめんね!

    >163
    あら、民主党なんてどうでもいいのよ。ほっときゃ分裂してなくなるんだから・・・。
    私はただ、「大嘘つき」石破ちゃんの鉄面皮がかわいいってはなしがしたかっただけ!
    じゃあ、おやすみ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 02:17:52
  165. >>164
    hagakurekakugo乙。

    時事も記者の主観を記事に入れるの好きだからな。
    自分で「読む」行為をしてないから判らないんだ
    ろうけどな。

    ゲル長官も嫌われてるんだがな。本当に碌にモノ
    を読んでないんだな。

    ついでに言えば、自分のハンドルも掛けないような香具師はゲル以下のクズかもしれんな。個人的にはそう思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 02:41:51
  166. そもそもここで今回の小沢の提案が叩かれているのは
    憲法違反だからでも現地視察をドタキャンする恐れがあるからでも
    なかろうなのであるが...

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 06:01:40
  167.         ,..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..  
          /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)     
          |::::::::::/        ヽヽ   
         .|::::::::::ヽ ........    ..... |:|  
          |::::::::/     )  (.  .||    
         i⌒ヽ;;|.  -=・=‐  .‐=・-.|    ISAF参加の何がおかしい!
         |.(    'ー-‐'  ヽ. ー' |    
         ヽ.      /(_,、_,)ヽ  |   平和を乱す悪者には、
          |.    / ___    .|   武力を使ってでも制裁すべきだろ!
           ヽ    ノエェェエ>   |  
            ヽ    ー--‐   /|:\_       (・ω・)
            / \  ___/ /:::::::::::::      ノ( ノ)
          /::::::::|\   /  /:::::::::::::::::       く く

            ‐‐‐‐‐‐‐‐---.
           (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::\   
           //        ヽ::::::::::|  
         . // ...     ........ /::::::::::::|  
          ||   .)  (     \::::::::| 
          .|.-=・‐.  ‐=・=-  |;;/⌒i  でも、給油活動はダメ。 
          .| 'ー .ノ  'ー-‐'    ).|  
          |  ノ(、_,、_)\      ノ  理由は、戦争する船に給油することは
          |.   ___  \    |_   .戦闘行為と一緒だから。
          .|  くェェュュゝ     /|:\_
           ヽ  ー--‐     //::::::::::::         ズコー
           /\___  / /:::::::::::::::       ヽ(・ω・)/
         ./::::::::|\   /  /:::::::::::::::::       \(.\ ノ


    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 10:40:48
  168. ああ、本当に軍オタの間での評価を知らないんだね。

    石破は「アリアドネ厨」として軍オタの間では嫌われている。産経新聞は軍事記事で誤報ばかりなので嫌われている。

    だからね、どうってことないよ。

    そして民主党は「防衛費5000億円削減案」の件があるので最も嫌われている。

    それだけの話。

    >みなさん、お疲れさま!
    >民主党の批判は楽しいやね!

    ああ、殲滅しなきゃな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 10:52:33
  169. >すみませんが,そのような事例を当方は存じません.
    >具体的に挙げていただけると幸いです.

    http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200607/monday.html

    2006年6〜7月にNHK教育で放送された「この人この世界・アフガニスタン命の水を求めて−ある日本人医師の苦悩」で対話形式という形で中村医師が過去を振り返り、タリバンと一緒に行動した頃のことも語る場面があった。この場面で中村医師がタリバンの敵対勢力(北部同盟)民兵の残虐な殺害方法を仲裁し安楽死的な方法での殺害を提案した。タリバンの野蛮な殺し方を語り(一字一句、覚えているわけじゃないが)、タリバンの負の部分も語った。食事には冷めたチキン等、タリバンの食糧事情の悪さも語った。タリバンを擁護するなら、こんなことは言わないだろう。

    彼の思想は別として、アフガニスタンで飲料水確保の為に井戸堀や水路建設の努力、その延長で現地住民に暫定的であれ雇用を創出した点は評価されるべきだと思う。批判される部分は批判されて当然の部分もあるが、この記事は、テーマが絞られているということが理由でアレ、終始中村医師の一面的な部分しか触れていないのはフェアではないと思う(林信吾のような終始批判されても仕方がないような奴がいるのも確かだが)。

    Posted by 143 at 2007年10月13日 17:08:38
  170. ×食事には冷めたチキン等、
    ○食事には冷めたフライドチキン等

    Posted by 143 at 2007年10月13日 17:11:01
  171. >この場面で中村医師がタリバンの敵対勢力(北部同盟)民兵の残虐な殺害方法を
    >仲裁し安楽死的な方法での殺害を提案した。

    医者が安楽死を推薦したわけですか。それで?

    >タリバンの野蛮な殺し方を語り(一字一句、覚えているわけじゃないが)、
    >タリバンの負の部分も語った。

    肝心の部分が曖昧ですね。

    >食事には冷めたチキン等、タリバンの食糧事情の悪さも語った。
    >タリバンを擁護するなら、こんなことは言わないだろう。

    どうでもいい部分は妙に詳しいですね。食糧事情の悪さは「国連の経済封鎖のせいだ」とアピールする為では? イラクでも同じ手は使われましたよ。あっちは医薬品でしたか。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 17:22:58
  172. >医者が安楽死を推薦したわけですか。それで?

    健康な人間を安楽死させたのですか?ある意味医師失格ですよ。
    末期がん患者が地獄の苦しみを味わっていたならば安楽死も認めてもいいが、(ただし、本人及び家族が同意したらだけど)例え安楽死にしたとしても健康でそのうえ生きる意志を持った人間の命を奪うことには変わりがない。
    ちなみにフライドチキンはアメリカ南部の郷土料理なんですけど。
    中村医師のおかげで救われた人間も大勢いるということは評価しなければいけないが、問題は旧ソ連やタリバンを評価しすぎているということなんだ。

    Posted by 90式改 at 2007年10月13日 19:21:14
  173. >食事には冷めたフライドチキン等
    おれアフガンの食料事情とかよくわかんないんだけど
    冷めてるとは言えフライドチキンってけっこう贅沢じゃね?

    おれらみたいに徒歩でちょっと歩けばアツアツで脂ギットギトのフライドチキンが安価で簡単に買えるような恵まれた国でもない限りは

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 21:36:40
  174. 日本のアフガニスタン料理店
    http://members3.jcom.home.ne.jp/kanda-kabul/menu.html
    あんまり油を使った料理はないですね。
    一番近いモルグタンドリはアフガン風のタンドリーチキンでしょうかね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月13日 22:23:59
  175. 2007/10/14-12:10 給油反対「テロリストだけ」=自民・中谷氏
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007101400027

    民主党、テロリスト認定

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月14日 14:15:05
  176. >あんまり油を使った料理はないですね。

     それは日本人向けだからだろうと愚考いたします.
     本場のアフガーン料理では,羊脂がふんだんに使われています.

    >>169
     その番組は当方もチェックしたはずですが,そういうニュアンスには受け取れませんでしたね.

     まあ,印象論で語っても仕方ないのですが,しかし講演会に何度か行き,著書を何冊か読んだりすれば分かるのですが,中村医師の話というのはたいていいつも殆ど同じです.

     そして,何冊かの本の中には,ターリバーンの食事の事情についても記述がありますが,それは他の方も指摘されておられるように,
    「ターリバーンも食うや食わずで,民衆のために頑張っているんだ」
    という文脈の中でのものです.

     そしてまた,実際にはターリバーンの食糧事情はどうだったかといえば,どうも彼らは飢えている難民をよそに,飽食していたようなのです.
     ターリバーンに捕らえられていたカメラマンの柳田大元は,「タリバン拘束日記」の中で次のように述べています.

    ------------------------------------------------
    「幅1m強,長さ約7mのプラスチック・シートにドーディ(平たく丸いパン)がフリスビーのように投げ置かれ,次々と小皿に入った料理が並べられた.白身魚の揚げ物,干しブドウ入りプラウ(香辛料入りの焚き込み御飯),肉入り鉄板ディッシュ,ブドウ,ラッシー(飲むヨーグルト),1杯のコーラ.20人は超えていたが,それでも量はじゅうぶんにあった」

    「食物が残された皿も多くあった.あまりにも余裕があり過ぎる.
     豊かな食卓に,ある種のエゴイズムも漂っていた.腹が減っては戦はできぬの一言では済まされない何かが,ここにはある.食えない人間が山ほどいる中で兵士達は食らい,国のため,民衆のために戦うという.貧しい人間が自ら穀物を差し出すようでなければ,民衆との一体感は得られないのではないか.もし彼らの食事に,持たざる者の汗が染みていれば,こんな残し方はしないはずである」
    ------------------------------------------------------
     内陸国で魚ですよ,魚.
     アフ【ガ】ーニスタン紛争前のダウド独裁時代,カーブル大学講師をしていた松浪健四郎は,日本大使館が特別に魚を入手して食していることに対する,アフ【ガ】ーンン邦人会の恨みぶりを「アフ【ガ】ーン褐色の日々」の中に書いていたが,そのくらいの贅沢なのです.


    Posted by 消印所沢 at 2007年10月14日 23:51:31
  177. (つづき)

     安楽死云々については,本当に記憶がないので,コメントできません.
     申し訳ありませんが.
     ながら視聴だったからなあ….

     できましたら,該当部分の文字起こしなどしていただけると,嬉しく存じます.

    >>ペシャワール会撤退の件

     ペシャワール会の最新の会報では,中村哲医師のほかに同会の看護部長,藤田千代子氏の執筆記事も載っているのですが,どうもあからさまなペシャワール会追い出しであるようです(彼らの言葉を信じるなら)

     日本人へのNGOビザも下りなくなっているとか.

     最新の情報が見つからなくて,2003年の情報なのですが,のべ人数でPMS病院の患者数は
    一般外来 49437
    ハンセン病 110
    てんかん 656
    結核 36
    マラリア/リーシュマニア 298

    であり,これだけの大規模な医療サービスを,ただでさえ福祉サービスが不足しているパキスタンで打ち切るというのは,地方医療にとっては大きな打撃でしょう.

     何らかの政治腐敗の結果でないとすれば,これはこの大打撃を上回るメリットが,会の追放にはあると政府は判断したことになり,それは難民帰還問題や資格問題程度の話とは,どうしても考えにくいものがあります.

    Posted by 消印所沢 at 2007年10月15日 00:09:05
  178. >>148〜

     ご返事いただき,ありがとうございます.
     ペシャワール会会報のバックナンバーを漁ってみました.

     まず訂正です.
     ペシャワール会は,中村医師がアフガーンに派遣されると決まった際に,彼の知り合いなどで結成された,いわば「中村医師後援会」として誕生しています.
     ペシャワール・ミッション病院との仲たがいが原因で作られたものではありませんでした.
     PMS病院が建設されたのは,たしかにミッション病院との確執が原因のようですが.
     中村医師自身の主張では,
    ・ハンセン病根絶計画(1982年〜)への不満(巨額の空費)
    ・カラチのコントロール本部,マリー・アデレイド・レプロシー・センターは「現地を甘く見すぎ,無謀な計画を押し付けてくる」
    ・ハンセン病棟(半数がアフガーン難民)の党派対立.パシュトゥンvsタジクみたいな対立が,ここでもあったらしい.

     ただ,自己正当化の傾向の強い彼の主張ですので,どこまで信用していいかは分かりません.

     さて,中村医師の経歴ですが,極めて大雑把に
    ・香住ヶ丘パプテスト教会教会員
    ・九大医学部卒
    ・邑久光明園でハンセン病研修
    ・韓国・麗水市のウィルソン・レプロシー・センターにて再建外科研修
    ・現地へ
    とのこと.

     ただしこれも「大本営発表」であって,どこまで信頼できるかは不明です.

     と言いますのも,何年か前に「週刊金曜日」からインタビューされた際,彼は,中国の文革にかぶれたのか,医師資格取得後に土方をしていた旨述べていますが,こんなことは会報のどこにも書かれていないからです.
     つまり,都合の悪い事実は隠している可能性が大きいと思われます.

    Posted by 消印所沢・その3 at 2007年10月15日 00:25:09
  179. 若干トピックからずれる気もするんですが、関係しそうなトピが見つからないので、個々で質問させてください。

     給油に関して質問。ご存知の方教えてください。

    ぐぐると時折、英仏は有償給油、日本は無償給油と言う話が出てくるのですが、本当でしょうか?
    本当なら、なぜ日本は貧しいわけでもない国の給油まで無償で行ってるのでしょうか?





    Posted by ぽてとぱい at 2007年10月15日 01:04:23
  180. 無関係と思っているなら質問はこちらで。

    ●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 413
    http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1192368355/l50
    軍事板常見問題
    http://mltr.free100.tv/index02.html
    阿修羅マン掲示板
    http://www3.ezbbs.net/37/jokai/

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月15日 08:13:35
  181. 誘導感謝♪

    Posted by ぽてとぱい at 2007年10月15日 10:36:35
  182. わぁ、すでに転載されてるやん(・・;)

    Posted by ぽてとぱい at 2007年10月15日 10:40:08
  183. 今朝の「ウエークアップ」、中村哲医師が出てた。
    「純朴な青年たち」「心は農民と一緒」「テロなんかしない」とタリバンを擁護する中村医師。

    それを胡散臭そうに見る塩爺は言ったね、「あんな盗賊みたいな連中」と。

    朝から吹いた。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月20日 10:10:37
  184. 中村医師は、韓国人を23人誘拐して2人殺害した集団を、タリバンとは思っていないのだろうか。アルカイダじゃ無くてタリバンだぞ、アレ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月20日 10:17:27
  185. 今日の北海道新聞の朝刊1面社説は中村哲マンセー。
    見事にタリバンとの繋がりを隠してたな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年10月28日 23:36:32
  186. 小沢自滅で中村医師オワタ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年11月04日 22:31:06
  187. http://www.jca.apc.org/~altmedka/akuukan-01-12-116.html
    こっちはCIAだと。お前ら適とーな事いいすぎ

    Posted by doaho at 2008年02月14日 00:35:02
  188. >187

    はぁ、CIA陰謀論ですか。阿呆ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年02月14日 02:53:30
  189. クソウヨがアフガン逝って
    助けてこいよ木瓜

    Posted by 通りすがり at 2008年08月27日 21:58:42
  190. http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080827-OYT1T00617.htm
    ペシャワール会のスタッフが一人犠牲になったようです。ご冥福をお祈りします。
    なお、タリバン残党がスタッフを誘拐したという一部報道があります。

    Posted by 90式改 at 2008年08月27日 22:35:51
  191. >189

    憲法9条の精神があれば、丸腰でも襲われないって、ペシャワール会の中村哲医師は言っていた。

    それは間違いだと、認めるんだね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月27日 22:49:32
  192. >189
    それは間違いだったと、今まさに答えてるのを見たよ、ニュースで。
    邦人への親日感情に頼っていた、現状認識が足りなかった、みたいな事。

    Posted by 通りすがり at 2008年08月27日 23:45:39
  193. 「通りすがり」を自称する奴は大抵、通りすがりじゃないんだな。(苦笑

    2回以上書くならもっと堂々としたコテハンを名乗れ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月28日 00:07:00
  194.  【ジャララバード(アフガニスタン東部)27日共同】アフガニスタンで日本の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(本部・福岡市)の伊藤和也さん(31)が拉致され死亡した事件で、関与を認めていた反政府武装勢力タリバンのムジャヒド報道官は27日、遺体発見後に共同通信の電話取材に応じ「日本人を殺害した。すべての外国人がアフガンを出るまで殺し続ける」と述べた。

     報道官は「このNGOが住民の役に立っていたことは知っている。だが、住民に西洋文化を植え付けようとするスパイだ」と主張。「日本のように部隊を駐留していない国の援助団体でも、われわれは殺害する」と訴えた。

     報道官は伊藤さんの拉致後、「日本人は政府側との戦闘に巻き込まれて死んだ。政府側の流れ弾に当たった」と責任を回避する発言をしていたが、一転して意図的に殺害したことを認めた。

    http://sankei.jp.msn.com/world/asia/080827/asi0808272332005-n1.htm



    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月28日 06:48:34
  195. >193
    上の人と別人だよ私。
    ペシャワール会で検索してここ来た本当の通りすがりだったので…では

    Posted by 192 at 2008年08月28日 15:53:46
  196. 189と192は同じ「通りすがり」で別人かい。

    >ペシャワール会で検索してここ来た本当の通りすがりだったので…では

    確かにググルとこの記事が上位に来るが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年08月28日 16:55:16
  197.  最後のコメントから11年。中村医師が射殺された。
     もう「用済み」と看做されたのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2019年12月04日 20:06:33
  198. 11年で一方は正常化バイアスに身を落として信頼喪失して軍事評論家としても実績も成せず、軍オタに袋叩きにされた一方はアフガンの緑化成功させてるんだから皮肉な話ではある

    Posted by 名無しОбъект at 2019年12月05日 09:33:21
  199.  ※198
     何処の隔離病棟を脱走してきたの?

    Posted by 名無しОбъект at 2019年12月12日 03:28:13
  200. 今となってはどっちが隔離病棟ないし病院廃墟か判らなくなったけどな(笑)

    「実績」で比較されたくらいで隔離病棟から出てきたお客様扱いするノリ自体がもう古いんだよ

    Posted by 名無しОбъект at 2019年12月14日 07:11:34
  201.  JSF氏は今も健在と言う現実から何時まで目をそらすつもり?

    Posted by 名無しОбъект at 2020年08月13日 01:26:16
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

アフガンでの武力行使部隊に参加意欲?
Excerpt: 週刊オブィエクトさん経由。 毎日:小沢民主党代表:アフガン部隊参加に意欲…海自給油代替案民主党の小沢一郎代表が5日付の党機関誌で、インド洋での海上自衛隊の給油活動に代わる国際貢献をめぐり、民生支援の..
Weblog: worldNote
Tracked: 2007-10-05 01:17

ペシャワール伯爵は語る【20080830】
Excerpt:   アフガンで日本人のNGOの人が誘拐され、殺害された。 今日はこの事について説明しよう。 ヒューマニズムを理解してる人間にとって「無償援助」やNGOという言葉自体が眉唾な話で...
Weblog: 虚空と君のあいだに
Tracked: 2008-08-30 00:12
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。