2007年12月17日
去る12月6日、フランス空軍のラファール戦闘機がコレーズ県で墜落事故を起こしました。Rafale comes down to earth」-AFP

10月2日、米国ミズーリ州でF-15C戦闘機が墜落。
10月31日、名古屋空港でF-2B支援戦闘機が墜落。
11月21日、中国の安徽省蕪湖基地でSu-30戦闘機が墜落。
11月26日、イランのコナーラク港近くでF-4戦闘機が墜落。
12月6日、仏蘭西コレーズ県でラファール戦闘機が墜落。

最近、軍の戦闘機墜落事故が各地で連続発生しています。アメリカ、日本、中国での事故は何れもパイロットは脱出に成功していますが、フランスでの事故はパイロットの死亡が確認されました。(イランの件は詳細不明)

そんな重苦しい状況の中、10日にラファールが初めて対外販売に成功しました。売却先はリビアです。とはいえまだ正式調印する前のMOU(覚書)に調印した段階です。




しかしなんでAFP日本語版は、ラファール販売のニュースを流していながらラファール墜落のニュースを流していないのでしょう。折角フランス通信社なのだから、フランスの報道に偏っていても良いくらいなのですが。
01時16分 | 固定リンク | Comment (79) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 戦闘機も去ることながら、今年日本での航空機の墜落件数はとても多かった気が。
    来年はこうでなければいいですけど

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 01:47:44
  2. 日本はF/A-22買えませんでしたorz

    …低開発予算な某国産ステルスにかけるしかないのか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 03:16:23
  3. F-35を買えば済む事ですよ。

    それと心神が低予算なのは概念実証機でしかないからです。本気で戦闘機を作る気ならあれの10倍必要。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 04:45:32
  4. F-35て…日本の空ドクにぜんぜん合致しないし、そもそも買えるようになるのが2015年からとかとの話なんだが…

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 08:00:59
  5. 開発遅延に価格上昇

    F35導入は考え難い


    あ、でもネコミミB型なら許す(殴

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 08:30:42
  6. >>3
    インテークの位置と翼の付け根の形状を変更したおかげで想定外のボルテックスが発生し
    空気の流れが致命的に狂いインテークが吸気できなくなり
    エンジンが焼け付くほどAB炊いてもいまだに音速突破が不可能な


    F-35がどうしたって?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 09:33:41
  7. >>4
    どうあってもラプたんが買えぬとなれば、つまるところ雷2を買わざるを得ませんよ。
    これからの戦闘機はステルス性で劣れば、それは即ち自機が敵機をロックできない距離から敵機がミサイルを放てる事を意味する…

    そもそも数の不利を質で補うというのが、日本の空ドクのおおまかなところではないのですか?
    となれば、「手に入るモノ」で条件を満たしそうなのはあれくらいのものだと思うが。

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月17日 09:39:45
  8. >>7
    音速の壁も突破できないデブに用は無ぇ。

    ついでに尾翼に渦がぶち当たって振動発生してるそうじゃねぇか。

    アレはもう駄目じゃね?


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 09:45:34
  9. F-35も当初の素性は悪くなかったんだろうけど
    全部B型にしようとか言い出した辺りから
     仕様変更->設計変更->予期せぬ悪影響->仕様変更
    というF-111的な負のスパイラルに嵌ってると思われる。
    「1機種にまとめよう」は悪魔のキーワードだな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 10:06:05
  10. >>8
    B型の開発諦めりゃまだなんとかなると思いたい
    B型の代わりはどうするかって?
    知ったことか!w



    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 10:06:30
  11. 正直インテークの辺りに関してはB型とかまったく関係ない気がする。

    ステルス性を上げようとしたら空力狂ってF-117量産型になっちゃった感じ。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 10:12:04
  12. かかる費用やその他を減らすために一機種にまとめたはずが逆に時間と費用をさらに浪費するという悪夢のような状況・・・
    こりゃ空自もF-22一本に絞りたくなるわな

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 10:14:19
  13. つまり

     「これからずっとラファールのターン!」

    と言うことだ?

    いや実際、将来ブラジル海軍のA-4を代替するのにもラファールは最適だろう。
    サン・パウロもフランス空母時代にラファールの発着艦のテストはしてあるし。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 10:18:08
  14. F-35B、映画やアニメぢゃとっくの前から登場してるんだけどねぇ
    (垂直離着陸なんで絵になるって事だろうがw)

    製造中に問題発生するのはアタリマエなんだけど
    やっぱ、なんていうか、問題が多すぎるような気がしますな
    F-35Cなら燃料も多く積めるし日本で使うにはよさそうな気がするが
    計画は順調に遅れてる感じだし、結局間に合わないと

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 11:25:46
  15. ひょっとしたらF-35ってスパクルできるかも!?
    って言ってたあの頃が懐かしい



    よかったなラファールまだチャンスあるぞ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 11:55:45
  16. 今時F"/A"-22なんて書いている奴がまともな内容を書き込んでいるのは見たことが無い

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 12:29:14
  17.  一回事故が起こると同種の事故が頻発するという法則がなかったけ?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 12:59:50
  18. >13
    あと空軍が幻影2000使ってるのも好材料。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 14:36:21
  19. この書き込みは業者のスパム広告の為、削除されました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 15:56:53
  20. >>8
    まあ、VTOLやステルス性が高速性と相性が良くないのは事実なんだが、「輸入可能な機体」となるとね…

    じゃ、T-50輸入してアビオニクス廻りに手を入れて使いますか?
    という話になりますわ。

    …そう遠くないうちに中国空軍あたりが、まさにそれをやりそうな気がするけど。

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月17日 18:16:59
  21. えー?ラファールが来るくらいなら台風買ってるだろ。
    NATOで使ってるなら致命的な規格の差は置きにくいだろうし、
    エンジンだけならF-1で欧州製を整備してた実績もあるし。

    F-35は来るべきF-3のベースとしてなら需要はあるかもね。
    新設に近い魔改造が必須だろうが。

    Posted by 名無しRPG7信者 at 2007年12月17日 18:59:04
  22. >>20
    今後の進展次第だが、
    もし「自衛戦闘可能なF-117」程度の代物に収まった場合、
    そんなモンを高い金出して買うのってT/A-50買うのとどっこいどっこいな気がしてならん


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 19:43:51
  23. F-35ライトニングII、約7ヶ月ぶりに試験飛行に成功
    http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200712090149&page=2

    F-35 Lightning II
    http://en.wikipedia.org/wiki/F-35_Lightning_II

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 19:47:51
  24. なぁに、焦る事は無い。
    そのうちヤマト世代の技術者が「そんなことも(ry」
    って言いながら、コスモ心神出してくるから
    もう少し待ってみようぜ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 20:05:48
  25. >13

    もっとも、ここぞという所で、トンビに油揚げさらわれるのがフランスなわけで・・・
    実際、スホーイとミグの攻勢受けたらかなりまずいと思うんだが。

    >F−X

    考えたくはないが、F−35がコケ、F−22も売らないとするならば、冗談抜きにタイフーンのトランジェ2型をF−4代替、F−15J初期型の代替を、本命のトランジェ3型の可能性が出てきますわな。
    今、F−35がコケるのを心底願っているのは、連中だったりして




    Posted by 名無しT72神信者 at 2007年12月17日 21:04:20
  26. >>25
    もう一つ可能性が



    純減

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 21:32:31
  27. 昨日、読売新聞を読んでいたら、防衛省が次期戦闘機(FX)の導入先送りなんて書いてあった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000101-yom-pol

    >最有力候補である米国の最新鋭ステルス戦闘機「F22ラプター」の禁輸が解除されるメドが立たないためだ。同省は、代わりに主力戦闘機F15の改修を最優先させることにしている。

    F-22ラプターはたいへん高価なのだが…(量産するので安くなると思うが。)最高の防空戦闘機であることはたしかです。

    Posted by 90式改 at 2007年12月17日 21:40:11
  28. 先送りの話は夏頃から出てます。

    http://obiekt.seesaa.net/article/49326843.html

    >タイフーンのトランジェ2型をF−4代替、F−15J初期型の代替を、
    >本命のトランジェ3型の可能性が出てきますわな

    そんなことするくらいなら邪神すとらま様を買った方が良いの。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 22:15:40
  29. どうでもいいことだが、この記事だけなんか正常に表示されない。。。自分だけでしょうか?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 22:31:22
  30. 米議会がようやっと腰を上げた模様です

    米議会、F22A『ラプター』の調達機数増へ本格的な動き
    ttp://www.aviationnews.jp/2007/12/f22a_26f5.html

    もしも決議案が提出され、議会を通過したなら、
    空自にもまだチャンスが残される・・・ということになるのかな?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 22:58:14
  31. http://b.hatena.ne.jp/entry/http://obiekt.seesaa.net/article/73207009.html
    >2007年12月17日 welldefined
    >自由社会という幻想
    >"しかしなんでAFP日本語版は、ラファール販売のニュースを
    >流していながらラファール墜落のニュースを流していないのでしょう。"
    > 西側きっての情報統制国家について何を今更

    なんだろうこの馬鹿は。AFP英語版、AFP仏語版ともに墜落のニュースを報じているのになんで日本語版だけ報じていないんだろう、って意味だろうに。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 23:36:32
  32. X-35では音速超えられたらしいですが?

    というかF-35は実際AAM何発積めるの?2発しかってことはないよな、な!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月17日 23:58:28
  33. >>次期戦闘機(FX)の導入先送り
    そのかわりにF-15のMSIP改修を優先しようと32機分の予算を要求したら、
    「そんなに要らんだろ、20機で十分だ」
    との財務省のお達しが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 00:00:19
  34. F-4代替を台風で凌ぎ、
    本命F-15代替の頃にはF-22が解禁になってたりしたら日本の空の彩が豊かになりますな。

    駄目?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 00:03:53
  35. >>34
    欧州機と米機じゃ整備状況違うだろうし純粋に整備2部署作るぐらいならどっちかに統一するだろうから実現難しいだろうねぇ・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 00:09:42
  36. >33

    まぁそうなるのを見越してかなり多めに申請してみたのだ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 00:55:54
  37. 米国議会は狡猾だから買い求めるだけじゃダメ。
    米国議会の反対によって日本はタイフーンを買うか
    自主開発しかなくなった。という流れを作り、
    日本はもう米国から数百機単位で戦闘機を買う事は
    なくなるだろう。それによって米国の戦闘機購入額も
    大変膨らみ、貿易収支がどうこうという論調で
    国民が議会決議の責任を追求する形にもっていかないと
    政治論争に勝つのは難しい。

    F35導入やスパホ、ストライクイーグル導入は
    無いと断言する必要もある。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 01:33:55
  38. >>22
    おおまかな話を聞く限りでは、T-50は「ステルス設計を施されたフランカー」的な機体みたいですから、たしかに変に欲張った雷2よりかはスムーズに開発が進みそうですね。

    何と言ったっけ、ほら。「ロシヤは見かけほど強い事は無いが、見かけほど弱くもない」でしたっけ?

    日本もやっぱり自主開発が一番なのかな…

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月18日 10:19:50
  39. >>38
    なんかプラズマステルスっつーのを導入するとか朝鮮のニュースじゃあるな。

    とりあえずまじめな技術ではあるようだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 11:29:26
  40. キーロフ級の消磁コイルみたいなもんかねぇ

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 11:37:05
  41. >39、40
    朝鮮日報の記事読む限りだとステルス塗料で無くて低温プラズマ皮膜になっているなあ。
    ラプターの性能を上回ると言ってますが、この辺は同等レベルだと考えたら良いかなあ?(実際出来てみないと何とも言えないでしょうが)
    まあ、ロシアと開発資金出したインドが使用するけど、中国にはおそらく売られないと思われますが。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 12:25:58
  42. プラズマ使ったアクティブステルス云々はフカシじゃないかなぁ?
    昔のスカラー波兵器みたいな。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 15:07:44
  43. >プラズマステルス
    ∩(・∀・)∩いあ!すとらま!すとらま!
    |彡サッ

    Posted by 名無しSM-36神信者 at 2007年12月18日 15:48:56
  44. >>>42
    軍板の初代邪神スレにおいて、
    初代神官であるこんにゃく氏がロシアのプラズマステルス関連試料の翻訳やってたっぽい。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 16:05:57
  45. >35 時々不思議に思うのだが米国系の機体同士なら別機種でもそれほど整備に融通が利くのか?

     なんだかんだ言いながら米製と欧製の機体を装備している国も結構あるのだが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 16:19:04
  46. アクティヴステルス…燃えるなあ。
    やっぱあれですよね。スイッチ一つで敵のレーダーから見えなくなっちゃうんですよね。

    「日本空軍の編隊を捕捉」
    「二機か、スクランブルしたやつだな」
    「少校、撃墜しますか?」
    「ああ」
    「了解、ミサイル……何!? 敵機消失!」
    「何だと? どういうことだ?」
    「解りません! いきなりレーダーから……っ! 敵のレーダー波を感知。ち、近いです! ああ! ミサイルが……っ!」
    「……畜生め」

    「八機撃墜しました」
    「確認した。帰還せよ」

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 16:28:38
  47. >>45
    台湾がミラージュの部品確保に苦労して稼働率大幅に下がってたり、
    米国内でクフィルつかってる民間会社が
    ネジ一本までイスラエル製準備しとかなきゃならない事になってたりするから、
    多少なりとも影響はあんじゃなかろうか。

    やってやれないわけではもちろん無いだろうが。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 16:54:59
  48. おいおい、プラズマステルスってのはストラマの話でしか
    聞いた事が無い気がするが…今どの程度実用レベルなんだ?
    大体んな革新的な技術をぶっつけ本番で導入しようとしたら明らかに雷2より開発が遅れるじゃないか。

    そもそもアクティブステルスってのは機体表面全部をアクティブフェイズドアレイにして電子制御する事で云々って技術で、プラズマステルスとは別物だったんじゃないのか?

    ただ、まあ…韓国は最近では漢字や儒教のルーツを名乗って中国にまで顰蹙を買うという状況だから、朝鮮日報もどっかの反米厨が書いた仮想戦記をフィクションとは知らずにソースにしちゃった可能性もあながち無いとは言いきれない。

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月18日 17:13:35
  49. 今日本にあるのは
    オンボロF-4と対艦攻撃機のF-2
    改修途中のF-15
    改修できないポンコツF-15だけだよね
    さっさとユーロにせよF-15FXによ
    決めてくれないと不安なんだけど

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 17:50:18
  50. >48

    アクティブ、能動的という点においてはプラズマを利用するものを指してもおかしくないような気はしますけどね。


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 18:01:12
  51. >>45
    >>なんだかんだ言いながら米製と欧製の機体を装備している国も結構あるのだが。

    そういった国は政治的に安定しなくてどちらかから部品供給なくなっても片方運用出来るようにしてると聞いたことがある。
    後はサウジみたく自前で整備員養成せずに全部委託してるとこじゃないかねぇ・・・。
    自前でやるとしたらメートル法とか計測だけでも結構違うから養成費用とかが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 18:08:03
  52. >48
    朝鮮日報読むとロシア国営ノーボスチ通信のロシア空軍司令官インタビューて書いて有って低温プラズマ膜でレーダー波を吸収するとなってますね。
    何分ラプターとの比較で『30mmバルカン砲』なんて書いているからなあ。
    ロシア語の原文読んでみないと何とも。(と言ってもロシア語読めないが…orz)


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 19:04:18
  53. 日本のロボット技術を生かして無人戦闘機とか もちろんVTOL&変形で
    それか気球か飛行船で無人空中要塞

    真面目な話太陽電池で無限飛行できる無人偵察機ってシャープあたりで作れないのだろうか


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 19:13:23
  54. >>53
    無人とかVTOLはまだ許せるが変形ってなんだ変形って。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 19:17:35
  55. もう何か、FXも日本一国による独自開発ならPXのよーに順調に進むんじゃないか?
    他国の横槍が無ければうまく行くんじゃないのか
    ってーそんな気がしてきた。

    必ず横槍が入る上、それにめっぽう弱いのが解りきってるのが悲しい所だけど。
    ちなみに完成まではF15J改修で何とか乗り切ってね。って事で。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 21:27:05
  56. >>55
    他国の横槍なんか別にどうってことない


    財務省の横槍が一番怖い。


    って言うか十分な金と時間と技術者がありゃ開発できるが、
    日本は金も時間も技術者も足りねー

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 21:32:51
  57. テレビで「こんごう」がSM-3ミサイルで弾道弾迎撃に成功したそうです。
    しかし、どうも報道ステーションの報道は怪しいな・・・わざわざ日本がMD持つことに批判的な米人持ってきて・・・1兆も金をかけているとか言いやがって・・・
    米人や貴様らは日本国憲法知らないのか?
    日本は憲法のせいで弾道ミサイル持てない=抑止力で対処できない から代わりにMDで我慢してるというのに・・・

    とりあえず こんごう の迎撃成功に乾杯!

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月18日 22:20:14
  58. 報捨てでMDに批判的ということはMD配備は正しいということです。
    特アにとっちゃ非常に困るんだろうけどねw

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 00:17:18
  59. ≫53 54)TRDIのホームページのhttp://www.mod.go.jp/trdi/gijutu_koku.html「心神」の上にある3.無人機研究システムの無人機が、実はFXX候補ということは考えられないだろうか?(妄想)形状は16DDHの例もあるので、実物が出現するまでは、フェイクも通用する(韓国の野球チームとは訳が違う)もっと形状がX45やX47に近いことだってあるかも?。(妄想が膨らむ・・)※TRDIのホームページがリニューアルしていました。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 01:02:38
  60. 専守防衛の真髄が形を成したような存在じゃないか>MD なにが不満なんだ?


    ・・・まあ、このMDという名の盾を使う時は米空母機動部隊という名の槍も同時に繰り出される公算が高いあたりが不満なのかもね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 01:04:27
  61. 米国にとっても日本が弾道弾迎撃能力を持つのは悲願なんだが。
    米国に向かう可能性のある弾道弾を早期に処理するには日本近海で処理するしかないからなあ。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 01:05:01
  62.  >プラズマステルス

     「ホログラフィックカモフラージュ」があればな(棒読み)・・・

    Posted by KY at 2007年12月19日 01:59:50
  63. >>61
    もしもし?
    米国に向かう弾道弾をどうやって日本近海で処理するの?

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 02:04:55
  64. ABLじゃね?


    まぁあっちは今のままなら日本近海よかむしろ当該ミサイル発射国領空のほう近そうだが

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 02:53:00
  65. >61

    【弾道ミサイル飛行経路図】
    http://obiekt.seesaa.net/article/15231732.html

    元山(ウォンサン)のすぐ沖合いまで進出して上昇中の弾道ミサイルを迎撃・・・かなり無理がある。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 02:57:26
  66. 低温プラズマ膜…ねえ。
    そりゃまあ、プラズマ体は条件次第で物性がかなり変化するが
    プラズマは一般的に導体だから普通はレーダーに映るよ。

    「レーダー波を吸収しまくるプラズマ」の発生装置が実用可能
    なレヴェルで作れるっていうなら革新的な話なんだけどね。
    だって、原理的には搭載量と出力に余裕のある機体なら
    プラズマで機体をくるめば空力設計を殆ど犠牲にせずに
    ステルス化可能になっちゃうじゃん。

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月19日 13:26:29
  67. 今だに北韓のミサイル日本上空通ってアメリカ行くと思っているメルカトル馬鹿多いなあ。
    因みに日本の東は何処になるかて解説した小学生向けの本有るのだけと、それは朝日が出してたりする。記者に配って一から勉強やり直させた方がw


    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 17:23:43
  68. >66
    原文読まないと断定出来ないが、低温プラズマで機体表面に皮膜付けるて処理の様な気が。その皮膜がレーダー波を吸収するてのでは?気がしてきた。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 17:45:57
  69. 地球儀を持ってないのが問題なんだよ

    だから、地球は丸いって分かってても直感的にはメルカトルで間違っちゃう


    地球儀汚してもいいからコンパスでいじくりまわさせればいい

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月19日 19:45:54
  70. >68
    焼き付け塗装っすか!

    Posted by ハインフェッツ at 2007年12月21日 00:14:11
  71. まぁ加工法って説はあるかもな。
    プラズマは浸炭にも使ったりするし。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月21日 04:08:45
  72. 米国に向かうかもしれない弾道ミサイル迎撃の可否
    については米軍からの要求や国内での議会でも議論に
    なってる内容。

    北朝鮮型の場合、ロシア等と違ってアメリカ大陸を
    狙うだけでなく、もっと近くを狙う可能性がある。
    また、MD計画にも段階的なものがある。

    そして発射兆候が出た場合、前進してでも妨害するべき
    という期待がある。

    地理に疎い言われる米国人なので普通に全て日本近海で
    打ち落とせると思ってる人も居るかもしれないけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2007年12月21日 05:26:19
  73. この記事がホントなら商談成立していなかったようで
    ロシアがリビアにSU-35の売りこみという記事です。
    http://en.rian.ru/russia/20080415/105087367.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月16日 22:43:51
  74. ダッソーとMOU(覚書)に調印しておきながら蹴ったのか、リビアは。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月17日 18:08:05
  75. >>53
    >太陽電池で無限飛行できる無人偵察機
    ↑真面目な話し、軍用として作る意義は殆んどないでしょうね。
    発電量が圧倒的に足りんのでECMもECCMも殆んど無力、という事は折角の偵察情報もジャミングで送れないって事。
    更に必然的に大きな翼(発電面)面積を必要とする。発電面にはステルス塗料を塗るわけにもいかない。当然敵からは見つけてくださいと言わんばかり。言っとくがアクティブステルスだって大電力を必要とするのでとても無理。
    敵の迎撃に対応する機動性も、パワーソースが太陽発電ではお話にならない。
    敵性国家の領空に侵入した時点でスエモノ切りの対象にしかならない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年05月20日 07:59:14
  76. >>75
    判ってないね、その種の航空機は「滞空時間の長さ」が一番の売りなの。

    敵の領空に進入して強行偵察とかはもっと別の種類の航空機の仕事で、こいつらの仕事はあくまでも「見張り番」。
    策敵のために「敵が現われそうな位置」に常に滞空させておくのが目的。

    んなもん撃墜したり電波照射したりしたら、
    「お早うございます、火炎瓶持った俺様が来ましたよ。」
    と相手に挨拶するようなもんだね。

    Posted by ハインフェッツ at 2008年05月20日 10:59:43
  77. >>76
    なんちゅうか、限定的な用途やね。
    「敵が現われそうな位置」でかつ政治的にそんなモンを飛ばしといて大丈夫な場所でないと飛ばしたそばから落とされるだけなんじゃね。
    常に落とされるなら、その中の1回は「お早うございます、火炎瓶持った俺様が来ましたよ。」ってことにはならないし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年05月21日 06:36:55
  78. そうさな…
    ほら、仮想戦記とかでありがちなパターンに三式弾でカタリナ墜として
    「どうやら見つかったようですな。」
    「そうだな、よし。少し急ごう!」
    ってのがあるでしょ?

    要はそのカタリナだわね。

    Posted by ハインフェッツ at 2008年05月21日 10:05:54
  79. F-X
    F-35Aに決定

    Posted by 名無しОбъект at 2012年12月01日 19:33:43
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。