2008年03月16日
現在、インド海軍のスレーシュ・メータ大将が空母ゴルシコフとその艦載機MiG-29K取得の為の詰めの協議を行う為、ロシアに滞在中です。

インド海軍大将、航空巡洋艦問題解決のためにロシアへ - VOICE OF INDIA

基本的な問題は既に両政府首脳間で解決済みであり、後は現場レベルでの協議が残っている模様です。ゴルシコフは改修終了後、ロシアでの公試を経てインドに引き渡される予定です。既に艦名はヴィクラマーディティヤ(Vikramaditya)と決まっており、名前の由来はシヴァ神の化身から取られました。

そして最近、ゴルシコフ取得の話が進んでいるにも関わらず、アメリカがインドの次期戦闘機調達計画への売り込みと合わせ、「F/A-18Eを購入するのであればインドに空母キティホークを無償供与する」との報道がアメリカで流れていましたが(日本の報道機関では産経新聞も言及)、しかしこれはインド側に正式に否定されました。提案そのものが無かったというのです。


MiG-29K艦上戦闘機は、5月よりインドへの引渡しが始まる(RIAノーボスチ) - Infinite Justice
その一方、インド海軍参謀総長は、金曜日、時代遅れとなったINSヴィラートを交換する為、インドに対し、遥かに需要のある航空母艦を提供する事を米国が申し出たという「いたずら」報告書に関して言及した。

様々な米国の情報筋によれば、ワシントンは、インドが艦上配置用の65機のボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットの購入に合意すれば、インド海軍に対し、2008年に除籍される予定の合衆国航空母艦キティーホークを無償で譲渡する。

「これらの噂は、メディアによって作成された単なる悪戯です。私が知る限り、我が国はそのような提示を受けた事がありません」
とスレーシュ・メータ大将は記者会見で伝えた。


この誤報は米メディアの創作なのか、それともインド側を勘違いさせる為に米政府関係者が意図的に流した情報なのか、或いは正式提案レベルではなく冗談混じりに交わされた話を拡大解釈したのか、どちらにせよインド海軍のトップがキティホーク供与の件について存在そのものを否定した以上、これでこの件は完全に無かった事になりました。

そう思いながら改めて調べ直してみると、実は既にアメリカ海軍は3/3の時点で正式に否定していた事が分かりました。


Navy discounts Kitty Hawk scuttlebutt - Navy Times
Not gonna happen, the Navy says.

“The Navy has no plans to transfer Kitty Hawk to India, nor is this a subject of discussion between our navies at any level,” Navy spokesman Lt. Clay Doss said.


「そんな事にはならないよ、インドへ空母を引き渡すなんて、海軍はどのレベルでも検討すらしていない」と、アメリカ海軍広報のクレイ・ドス大尉は言いました。

この件については、事前に自分ももっと良く調べておくべきだったと感じています。報道は現地の一次情報ないし可能な限りそれに近いものを調べる、それはロシア報道でもアメリカ報道でも変わらないチェックの基本だと改めて思いました。
06時28分 | 固定リンク | Comment (132) | 軍事 |

記事へのコメント ↓書き込みフォームへ移動
  1. 魔改造してロシア系航法機器を搭載し、艦載機型MiGを甲板に並べた米系空母



    一度見てみたかった気がしなくも無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 09:12:10
  2. キティホークは今後どうなるんでしょ
    コンステレーション同様にどっかでモスボールでしょうか

    Posted by 花な軍 at 2008年03月16日 09:13:19
  3. そういや、これはインド側が流したという話もありましたよね
    誰が流したデマかは結局わからないんでしょうが、どうもイマイチ流した奴の意図がつかめませんね

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 09:45:03
  4. インド側が流したとしたら、ロシアとの協議がらみでしょうね。

    イ「アメリカからこういう話が・・・」
    ロ「マジ?じゃぁうちはここまでしましょうぞ」

    ・・・ムリありすぎ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 10:15:14
  5. 米国系のメディアで流れていた話だったのか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 10:34:27
  6. >3
    >そういや、これはインド側が流したという話もありましたよね

    その話自体、何処から出た情報?
    メータ大将が否定してるわけだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 15:35:11
  7. 自衛隊終了のお知らせ

    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080313k0000m010131000c.html

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 17:44:33
  8. >7
    関係の無いことは書き込むな、と何度言えば理解できるんだろうな?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 18:16:44
  9. あーあ・・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 18:16:48
  10. ウィキにもFA-18Eの購入と引き換えの取引として〜と書いてありましたしね。

    毎度のことですが解り次第直ぐに訂正するJSF氏の態度は立派です。
    日本のマスメディアで働いている人は爪の垢を煎じて飲むことをお勧めします。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 19:08:30
  11. 3/3の時点で米軍が訂正していたとは、気付かなかったな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 19:47:28
  12. 関係ないけど中国ヤバイ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 20:06:28
  13. >12

    関係無いと自覚しているなら自重しろ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 20:17:28
  14. 関係無いけどミグとスホーイはどちらの機体が整備面や運用面では優勢なんですかね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 20:38:50
  15. >>7
    すいませんあとで確認したら誤爆に気付きました。
    >>7はすぐに消してもらって構いません。
    本当にご迷惑おかけしました。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 20:40:02
  16. >14

    質問が抽象的過ぎて答えようが無いな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 20:40:51
  17. >>14
    恐らくMiG-29系列とSu-27系列の事を言いたいのだと思うけど・・・
    整備性はともかくとして、Su-27系の方が数的にも世界的にもメジャーかつ、
    実用されてる運用手段やマルチロールタイプが豊富なので運用面で勝るかもね。
    あとはMiG側が対抗してどれだけサポート優遇するかによるんじゃない?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 21:31:35
  18. いっそのことMiGはスホーイとは違う分野を開拓してみればどうかな?
    たとえば、売るのは諦めて戦闘機のレンタルとか。もちろん整備員やパイロット、交換部品付きで。コースはАコース、Бコース、Вコースの三種類からお選びいただけまして、Аコースはロシア軍から引き抜いた精鋭パイロットにMiG-29のセットで(ry

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 21:41:16
  19. >>18
    面白い考えだが、そんな人員育成とか高コストの部門を引き受けて、載せる機体がMig-29じゃ・・・
    むしろフランカー買ってパイロット込みでレンタルしたほうが需要はあるし、採算面でもいいかとw

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 22:34:11
  20. >18
    スホーイは既にパイロット込で戦闘機レンタルしてるそうですw
    アフリカあたりじゃ、空の公用語はロシア語だそうですよ。あのあたりの戦闘機乗りはPMFのロシア人パイロットがメインだそうです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月16日 23:24:45
  21. エルトリア空軍のMIG-29を撃墜したエチオピア空軍のSu--27パイロットは、ロシア人だったのかのぉ・・・現地軍の女性パイロットという話もあるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 00:07:03
  22. >>21
    思えばあれがケチのつき始めだったな。
    MiGの方が数的優勢かつウクライナ人教官がついてたのにボコられた。
    更に1対1でも負けたって話が出て株を下げまくった。
    湾岸やコソボでもいい所なし。米軍やNATOがMiG-29を所持していて
    研究されまくってるのもあっていい印象が無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 05:15:24
  23. >>21
    女性パイロットかどうかは眉唾だが、女性が載っていても
    負けるって感じで触れ回られたのは痛い。
    ロシア機の市場は制度的に男尊女卑の国多いから。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 05:16:43
  24. >>21
    あの戦闘で肝心の近接戦闘でもMiG-29は弱いってバレちゃったからね。
    いくらフランカーがR-73を装備していたにしても、機動性を自慢してるMiG-29がより大型なフランカーに格闘戦で負けちゃ駄目だろ……。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 09:29:58
  25. ここはインド海軍のMiG-29Kに頑張ってもらうしかないな。


    なんか同じMiG-29Kでも(9-41)つー新タイプらしいし。
    性能も上がってんしょ?多分。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 10:50:58
  26. >2

    キティちゃんはお魚さんのおうちになりますと聞いたことがある

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 17:45:01
  27. インドは国産空母を建造していて、そのヴィクラント(二代目)という空母の完成予想図を見たら飛行甲板がXのかたちをしていてけっこう面白い。
    これとロシア製ヘリ空母A・ゴルシコフを改造したヴィクラマーディティヤも保有するというからインドは凄いです。
    でも国産の艦載機として開発されるデシャスという戦闘機がかなり不安です。失敗作なのでは?
    MIG-29Kがあるからいいか。

    Posted by 90式改 at 2008年03月17日 19:14:56
  28. >>27
    国産のカヴェリエンジンが色々問題だな。
    まだ満足いくレベルには達していないようだ。

    ただF404装備の機体が40機ほど生産されることは決定してる。
    来年か再来年には配備される予定。


    あとテジャスは元々空軍用の機体。
    現在艦載型を開発してて今年初飛行の予定ではあるが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 19:16:52
  29. お魚の家には2006年にオリスカニーを提供したみたいだが
    キティも供えられるのか…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 19:46:28
  30. オリスカニー漁礁は大成功だったから。

    日本人ダイバーも引き寄せるフロリダの海底空母
    http://sankei.jp.msn.com/world/america/080208/amr0802081548017-n1.htm

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 20:16:59
  31. >30
    適当に内部も広い空母は魚礁に最適なのかなぁ

    まぁ、有害物質の除去とかがかなり大変そうだが

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 21:51:45
  32. 「空母オリスカニーの最後」なんて番組をケープルのディスカバリーチャンネル(だったかな)で見ました。
    油脂類はもちろん、鉛などを含む塗料の除去など相当手間が掛かってる様です。
    また、簡単に沈まない様に造られてる軍艦をそのまま水平に沈めるのも技術が必要で、結構な費用でしょうね。
    ただでさえ鉄屑の相場が国際的に高騰してる昨今、次はどうですかねぇ…

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月17日 22:28:41
  33. USS Oriskany の最期
    http://jp.youtube.com/watch?v=saEy35JycMQ&eurl=http://nikuman-69gou.iza.ne.jp/blog/entry/137664/

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 05:21:45
  34. 単純な漁礁で見ると微妙だけど、観光スポットとして当たったので
    地方から空母漁礁の奪い合いになるんじゃないかな。
    解体費用もかかるし地域復興になるとなると暫くこの流れは続くかも。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 06:09:43
  35. 船の科学館に来るってハナシもありましたよね?ヨタだったみたいですけど……。

    Posted by BELL at 2008年03月18日 12:37:36
  36. >35

    そんなデマ、信じる方がどうかしてる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 20:08:07
  37. 1990年頃にも退役した米空母を観光用に東京湾に係留…なんて話が有った様な無かった様な

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 20:55:02
  38. インドの場合どうしても中国を意識しなくてはならないから、
    Migを売り込むのはかなり大変だと思う。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 21:10:34
  39. >38

    は? インドは対パキスタン戦しか見てないよ。だから航続力に劣るMIGでも問題が無い。

    こんなことは常識中の常識なんだが・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 21:32:06
  40. >は? インドは対パキスタン戦しか見てないよ。
    (゚д゚)マジで言っているのですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 21:45:21
  41. >40

    インド軍の基本戦略も知らないのか。これだからウヨは・・・

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 21:48:17
  42. >40

    インドの南の海に展開する為の空母、そこに搭載する飛行機で中国をどうするおつもりで?

    中国牽制だったら普通にSu30でいいだろと言う突っ込みはマジレスすんなと怒られる?w

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 22:04:04
  43. インドもパキスタンも核兵器と相手の心臓部に届く弾道ミサイルをセットで持ってるのが問題なんだよな。
    とか関係ないことを書いてみる。

    というか40はロン・ノルディーンの本でも読め。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 22:13:22
  44. そもそも印パ紛争で空母による戦果あげてるのが今でも空母戦力整備し続けてる理由のひとつだと思ったが

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 22:20:30
  45. そもそもMMRCA計画は空母艦載機ではないのですが・・・
    論点がずれてません?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月18日 22:30:16
  46. というか、インドはパキスタンなんぞどーでもよくて、膨張主義を続ける中国の方をよっぽど警戒してますわよ。
    大体、チベット(自治領だがw)ブータンネパールと微妙な舵取りをせにゃあかん国が中国との間にはあるしねぇ

    パキスタンとは対立を演出してるだけですってば。


    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 00:25:02
  47. >46

    君さ、インド軍の事何もを知らずに何を勝手な妄想を語っているわけ?

    >インドはパキスタンなんぞどーでもよくて、
    >膨張主義を続ける中国の方をよっぽど警戒
    >してますわよ。

    間違い。インドの主敵は今も昔もパキスタンだ。膨張主義を続ける中国?一体インドと何処で戦う気だよw国境線付近は標高が高すぎて本格的な激突は有り得ないのに。せいぜいが小競り合いだね。

    膨張ウンタラ言う話は、ASEANが中国の完全制圧下に置かれてから言うんだな。そうしてやっと次にバングラデシュを抜いてから中印両軍の激突だ。そんな事態、何時になるんだね?

    >大体、チベット(自治領だがw)ブータンネパールと
    >微妙な舵取りをせにゃあかん国が中国との間にはあるしねぇ

    だからさ、あの辺のチベットの屋根を越えて本格的侵攻や本格的激突は有り得ないから。双方とも補給が続かんよ。だからこの方面での大規模軍事衝突は有り得ない。

    >パキスタンとは対立を演出してるだけですってば。

    反中国厨の妄想はここまで来るわけ? インド側が聞いたら激怒するぜ。むしろ中国との対立こそが演出なのに。

    後な、何故インドがMMRCA計画でフランカーを候補に入れずにファルクラムを入れたのか良く理解しろ。もしインドの主敵が中国なら航続力の高いフランカーを選ぶ筈だがね? 

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 04:37:23
  48. インド軍の戦力整備を見れば、中国など殆ど意識してない事が読み取れると思うけどね。

    空母は完全に対パキスタン用。インドは第三次印パ戦争での空母ヴィクラントの大活躍を未だに忘れられない。

    で、インドの新空母ヴィクラマーディティヤの艦載機は足の短いMig-29Kで、しかもスキージャンプ発進だから更に短くなるが、空母自体の活動領域がパキスタン沖と短いから問題にならないわけで、もし対中国用に空母を整備する気なら空母自体の大きさも艦載機の能力も不足してる。

    インド空軍のMMRCA計画については既に語られている通り。なんでスホーイじゃなくミグが候補に残っているのか、お互いの航続力を考えて見るべき。

    陸軍については言わずもがな。一体何処で中国軍と本格的戦闘を出来るのだろう? こんなのは考えなくて良いし、実際にインドも考えていない。せいぜい国境線での小競り合い程度。

    ・・・一体、何処を見て38のような「インドは中国を意識しているからMIGの売り込みは難しい」となるんだろう? 46なんて何も根拠が語られていないし。



    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 05:10:58
  49. >で、インドの新空母ヴィクラマーディティヤの艦載機は足の短いMig-29Kで、しかもスキージャンプ発進だから更に短くなるが、空母自体の活動領域がパキスタン沖と短いから問題にならないわけで、もし対中国用に空母を整備する気なら空母自体の大きさも艦載機の能力も不足してる

    いやだからMMRCAでは空母での運用は考慮されていないから、この件とは関係ないし、インドも中国も海軍力がぶつかりあうほどは成長していないし金も無い。

    ただ問題なのは、
    >インドは対パキスタン戦しか見てないよ。
    インドはパキスタンしか見ていないと言う認識があっているかどうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 07:22:44
  50. >49
    >いやだからMMRCAでは空母での運用は考慮されていないから

    あのさ、MMRCAではミグが提示されたけどスホーイは提示されてないんだからさ、MMRCAそのものが対中国用では無いって指摘がある事は無視ですか?

    >インドはパキスタンしか見ていないと言う認識があっているかどうか。

    陸海空の戦力整備を見れば明らか。そして38の言う、

    「インドの場合どうしても中国を意識しなくてはならないから、
    Migを売り込むのはかなり大変だと思う」

    という発言は、MMRCAでスホーイが売り込みに参加せずミグが候補に上がっているという事実を持って否定される。

    MMRCAは当初、MIG-35が本命だった。政治的にアメリカ機に決まるかもしれないけど、それだってアフガン対テロ戦争での米パ接近の副産物による米印接近の成果だから、やはりパキスタン絡みであり中国とは関係無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 09:05:05
  51. 46とかはあれだ 「インド海軍 空母」ってググって出てきた記事に踊らされてるんだろ

    ヴィクラント2の話しようぜ

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 14:01:45
  52. 今回の話はデマだったとしてヴィクラント2を成功するのとキティーホークを維持するのではどちらの方が最終的なコストは少ないのだろうか?
    ヴィクラント2を物にするのもかなり金が要るし技術的なリスクも高いように思われる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 22:49:54
  53. http://ysaki777.iza.ne.jp/blog/entry/174270/
    >インド、空母3隻体制めざす 背景に中国の海軍力
    >インドはアラビア海とベンガル湾の2方面に対応するため2隻の空母を求めてきたが、今回、3隻目の保有を打ち出した背景には、中国の海軍力増強への対抗があるとみられている。

    この産経新聞の記事はおかしい。46氏はこの記事を信じたのでは?

    Posted by 90式改 at 2008年03月19日 23:09:03
  54. >53

    なるほど。

    >記事では、中国の進出に対抗して、三隻目の空母の整備を決めた様に書かれて
    >いますが、インド海軍はかなり以前から空母三隻配備の構想を持っていました。
    >今回予算化されるにあたって、議会説得材料に中国の進出が使われた可能性は
    >ありますが、インド洋の制海権を握るというインド海軍の目的を考えると実際
    >の影響はさして多くはないと思われます。

    46は「産経脳」だったわけだな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 23:41:51
  55. >52

    キティホークと比べるべきはヴィクラント2ではなくヴィクラマーディティヤの方だろう。外国製空母は国産空母取得までの繋ぎであって、外国製空母同士を比べるならともかく国産空母と比べる意味は無い。何故なら多少のデメリットを無視して国産が選択されるのは、将来の事を見据えたからであって、コスト云々の話ではないからだ。

    ぶっちゃけコストを最優先で考えるならスペインの造船所に空母を発注すればよいことだ。実際にオーストラリアはそれを買うつもりだしね。

    んで、50年選手のキティホークを寿命延伸工事したところで、もう10年くらいしか使えない。一方、ゴルシコフ改(ヴィクラマーディティヤ)は再就役後30年は使えることが公表されている。どうみたってヴィクラマーディティヤの方がお得だ。改修費用、その後の維持費、耐用年数、どれを取っても安上がりになる。

    で、仮にヴィクラント2とキティホークを比べてもヴィクラント2のほうが安上がりなのは明白だ。船体規模が倍違うし、カタパルトも無い。インド海軍がSTOBAR空母を選んだのは長年の運用経験があるからで、技術的冒険を避けた結果だ。何処がリスクが高いのやら理解できない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月19日 23:56:18
  56. パキスタンだけも中国だけもどっちも偏り過ぎでしょう。
    インドはインドと中国の争いがあった経緯から中国にも警戒はしている。
    将来的に毛派が近隣で勢力を拡大したり、海洋戦力がインド洋に
    進出してくる可能性も指摘されている。インドでの中国脅威論は
    インドが中国方面に出て行くのではなく、中国がインド方面に
    近づいてくるという事。

    ただし、当面の問題としてカシミール問題でパキスタンとの衝突が
    大きいので最優先課題は対パキスタン、将来的な対応として
    中国のアジア地域覇権への備えとなる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 03:58:03
  57. >>52

    話題逸らしをしようとした挙句、その話題逸らしですら的外れとは惨めなものだね。

    MMRCAでスホーイが候補に上がらずミグが最有力候補になっていることを、どう説明するのか。もし対中を意識しているなら脚の長いスホーイを選ぶ筈だが。

    インド軍はね、結局パキスタンしか見ていない。地理的に中国との大規模激突はあまり考えなくて良いからね。53の記事で紹介されている通り、中国との対立こそが演出であって、46のような認識はお笑い種だ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:00:32
  58. パキスタンの事しか考えてないという近視眼的なお話は
    さすがにインドの戦略感をないがしろにしている。

    インドは当然パキスタン後も考えているし、インド洋の制海権を
    整備する意欲もある。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:07:00
  59. >56

    「将来の可能性」はまだ「現在の装備」には反映されていない。MMRCAの候補機は明らかに対パキスタンを意識したミグが残りスホーイは最初から検討されていない。

    よって38の言う「インドの場合どうしても中国を意識しなくてはならないから、Migを売り込むのはかなり大変だと思う。」という指摘は、MMRCAの候補機がミグであってスホーイでは無いという事実を持って否定される。

    >将来的な対応として中国のアジア地域覇権への備えとなる。

    ではその「備え」とやらの、インド軍の該当する装備を指摘してみたまえ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:07:46
  60. >>57
    選ぶ筈もなにも提案されてないしMMRCAは対中とは意味合いが違う。
    スホーイの方が受注能力の問題や主要輸出国の中国に配慮した
    可能性もある。

    また、インドと中国の海洋戦力への観点の違いも大きい。
    インドはインド洋の制海権が主眼だが、中国は遠方への拡大政策を
    掲げている。

    これは中国が第二列島線の制海権を確保する具体的な目標年度を
    指針としている事からも明らか。

    中国は外洋に広く展開するつもりだから優先的に足が長い戦力かつ、
    対艦性能、潜水艦戦力を重視している。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:13:02
  61. >58

    いや、実際に考えてないんだ。地上で中国がインドと大規模激突しようとしたら、東南アジア方面から攻め込むしかない。チベット越えでの大規模侵攻は有り得ない。するとミャンマーやバングラデシュは上手く取り込めるかもしれないが、ベトナムとタイは激しく抵抗することが予想される。インドシナ最強の二国家を潰すだけで手間が掛かるし、ベトナムはロシアと、タイはアメリカと関係がある。ベトナムはアメリカに基地を貸そうとも言い出している。米露の干渉も考えないといけない。大体、過去にベトナムは単独で中国軍を撃退した実績がある。つまりASEANが中国の軍門に完全に降らない限りは、インドは気にしなくて良い。インドはチベットでの国境紛争で中国軍に負けたコンプレックスはあるが、中国軍との大規模激突に備えた装備の調達はしていない。

    海軍がインド洋上で戦うにしても、中国がまともな空母機動部隊を作り上げるまでに何十年かはかかる。ドンガラを作るのは10年以内に出来ても、運用するにはもっと掛かる。インド海軍の戦力整備を見ても、殊更に中国海軍を意識した装備調達の変化は見受けられない。空母3隻体制にしても長年の悲願であって、別に対中用ではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:22:33
  62. >>59
    インドは外部に向けて戦略発表を行っている。
    インド洋においてパキスタンや中国にこだわらず、それを超した海軍を
    目指し、他国に妨害されないのが目標。
    これに従って造船所を二箇所に増設し、他国の提供のみに
    頼らず、自国でも戦力を増強出来る様にシフトを行っている。

    退役する空母を除いて空母を3隻体制にする事やスラヴァ級や
    攻撃型潜水艦の拡充等も話し合っている。

    インド自体がパキスタンや中国にこだわらず海洋軍事大国化を目指すと
    言い切っているのにインドはパキスタン専用しか考えてないと
    なるのがちとズレてる。

    インド洋方面で中国の名前が出てくるのは中国の息がインド周辺国に
    かかってきていて、海洋覇権拡大主義を中国自らが標榜しているのが
    問題なんだから、警戒相手として名が出てこない方がおかしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:25:31
  63. >>61
    インドの中国警戒論を人民軍の陸からの越境で考えてるのが古い。
    インドの中国警戒論は毛派や軍事同盟化等でインド近隣国家が
    中国の軍事影響下におかれ、直接的には進出してきた中国海軍との
    インド洋の制海権争いにある。

    インドはインド洋の東西共に備えるつもりなので中国だけに
    こだわっている訳ではないが、当然ながら中国も懸案に入っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:29:24
  64. >60
    >選ぶ筈もなにも提案されてないしMMRCAは対中とは意味合いが違う。

    そう、その時点でコメント38は否定される。

    >スホーイの方が受注能力の問題や主要輸出国の中国に配慮した
    >可能性もある。

    逆だ。スホーイはインドに対し中国側に売ったものより高性能なレーダーを積んだモデルのSu-30MKIを売却しており、中国よりもインドを優遇している。

    >また、インドと中国の海洋戦力への観点の違いも大きい。
    >インドはインド洋の制海権が主眼だが、中国は遠方への拡大政策を
    >掲げている。

    だからそれがどうしたのか。インド海軍の戦力整備は対中を特に意識してはいない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:30:00
  65. >>64
    そうでしたか。スホーイが提案していた件については訂正します。

    >だからそれがどうしたのか。インド海軍の戦力整備は対中を特に意識してはいない。

     一体何を根拠にそんな事になっているのか説明願いたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:32:27
  66. >62

    そのインドの海洋戦略は以前と何ら変わっていない。インド洋の覇権を維持する事、それは昔からの目標であり最低限の義務だと彼らは自身に命じている。

    >当然ながら中国も懸案に入っている。

    再度言うが「将来の可能性」は「現在の装備」には全く反映されていない。将来の過程の話は最初からしていない。中国海軍が相応の規模に育つまで、インドはこれを気にする必要が無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:34:59
  67. >一体何を根拠にそんな事になっているのか説明願いたい。

    コメント53の記事を参照されたし。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:36:15
  68. >>67
    産経の記事を否定したところでインドの公式発表で
    海洋国家戦略が発表された事の否定にならないでしょ。
    自分に都合よく産経みたいな新聞を利用してどうするの。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:44:26
  69. >>66
    だから、インド洋の確保自体が中国の海洋戦略とかかってるんだってば。
    インドの対中問題は中国が周辺国に影響力を伸ばしてその軍事影響として
    海洋戦力をインド洋付近に展開してくる事なんだから。
    インド洋の覇権を認めながらインド洋に影響を与える懸念である
    中国海軍を絶対に考えてないとしているのがズレてるんだよ。
    また、将来的な海洋戦略同士の衝突話であるとしているのに全否定した後で
    いきなり現時点装備だけに限定してのもおかしい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:47:56
  70. >68

    インドの海洋国家戦略は以前と何ら変わってないでしょ。
    インド洋の覇権の維持なんて何時も通りで特に対中を意識したものでは無い。
    別に中国を名指ししたわけでもないし、以前との大幅な戦略転換があったわけでもないのに、そんなものを持ち出して「だからどうした?」って聞いているわけですよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:51:31
  71. インドにとっての中国の脅威のメインが陸からだと思っている事。
    インドが遠方を重視していないから中国は考えてないと安易に考えている事。
    お互いの海路での制海権確保戦略が問題である事が軽視されてる事。
    中国の軍事力整備目標を過度に低く見積もって何十年も無い事と
    楽観視している事。
    中国の水上、潜水艦戦力等が勘案されていない事。
    現時点のインドの装備傾向だけで中国が脅威でないと断言している事。
    何度も将来的な話と説明されているのに将来的な話ではないと言いつつ
    全否定を繰り返している事。

    色々と無理がある様な。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:55:35
  72. >69

    だから最初から「将来の話」はしてないんだが。話の発端はコメント38だ、それを読んでくれ。

    >将来的な海洋戦略同士の衝突話であるとしているのに全否定した後で
    >いきなり現時点装備だけに限定してのもおかしい。

    全否定なんざしていない。「中国がマトモな海軍力を持つまでインドは気にしなくて良い」と言っている。また現時点装備だけではない。現時点装備でも将来装備でも対中を意識した変化はまだ見られない。そしてインドの海洋戦略は従来のまま。

    この状況でコメント46のような馬鹿な意見が出てきたら、そら否定するしかないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:57:19
  73. >>70
    軍事戦略というのは想定する軍事勢力に備えるものです。
    特別な関係でもない特定の勢力にだけ備えないという事はあまり
    現実的ではありません。
    なぜ中国だけ全く眼中から消える事になるのかが理解出来ないという
    事でしょう。
    インドが全く中国を考えないというより、貴方がそれを望んでいる
    様な気がするのですが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 04:59:24
  74. >>72
    お互い将来の話なんだから軍事力をそろえてからそろえるじゃ遅いでしょ?
    だから海洋軍事大国化を目指すと発表して海軍増強するんだし。
    パキスタンと中国にかかわらずとしたのはこの両国を刺激しない為と、
    外部から横槍を受けない為。名前を出してる時点で意識してるんだけどね。

    あと、中国の海軍力は潜水艦戦力等を考えるとそう馬鹿にしたものではないよ。
    周辺各国と連携して整備体制を整えたら一気にインド付近まで
    海軍力が展開してくる懸念がある。

    あと、私は>>46も否定している。どちらかだけなんてありえないと
    言っている。当然ながら双方に備える。現時点の最大懸念が
    パキスタンで将来的な懸念には中国のインド洋方面への軍事進出も
    視野に入るとずっと言っている。パキ専で中国は全く考えないも
    中国専でパキスタンなんか考えないも極論過ぎる。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 05:04:59
  75. >71
    >インドにとっての中国の脅威のメインが陸からだと思っている事。

    おかしな言い分だ。61では陸と海の両方の脅威を話している筈だが。他のコメントでもそうだ。「インドにとって中国の脅威は陸からだけだ」と主張しているコメントは存在しない筈。

    言い掛かりは止めて貰いたい。

    >インドが遠方を重視していないから中国は考えてないと安易に考えている事。

    インドの考えは従来通りであり、変化が見られない以上、勝手な憶測を付け加えるべきではない。

    >お互いの海路での制海権確保戦略が問題である事が軽視されてる事。

    軽視も何も中国はインド洋での作戦行動が出来る機動部隊の整備が出来ておらず、インドが当面気にしなくて良いのは事実の話。

    >中国の軍事力整備目標を過度に低く見積もって何十年も無い事と
    >楽観視している事。

    貴方はソ連すら失敗した空母戦力の整備を楽観視し過ぎている。遠隔地に放り込んで継戦能力を維持し、相手と同等以上に向き合うには相手の三〜五倍以上の兵力が必要な事を忘れている。

    >中国の水上、潜水艦戦力等が勘案されていない事。

    そんなものは自明の事で一々言う必要もないと思っていたが。

    >現時点のインドの装備傾向だけで中国が脅威でないと断言している事。

    私は「現時点と当面の将来では脅威ではない」と言っているのだが。

    >何度も将来的な話と説明されているのに将来的な話ではないと言いつつ
    >全否定を繰り返している事。

    そもそも全否定などしていない。「中国がマトモな海軍力を整備するまで」との条件付の話をしている筈。「当面」は気にする必要が無いとも。そして事の発端は「遠い将来の話」ではない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 05:07:08
  76. >>75
    インド洋に展開する戦力が必ず機動部隊でなきゃいけないってのが
    既にズレてると思うけど。

    中国の予定では具体的な10年〜15年目標に向かって
    飛躍的な海軍力を整備する事になっている。
    そしてしばらくすれば更に次の計画が出てくる訳なんだけど、
    何十年も無理と断言してるのは良く分からない話かな。

    あと、>>46と混同してたりしてるので落ち着いた方がいい。
    仮に将来的にインドが中国も警戒している事に異論が無いなら、
    何を否定してレスを伸ばしているのか理解に苦しむ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 11:46:34
  77. >インド洋に展開する戦力が必ず機動部隊でなきゃいけないってのが
    >既にズレてると思うけど。

    駆逐艦や潜水艦を派遣して何をする気なの?何が出来るの?

    >中国の予定では具体的な10年〜15年目標に向かって
    >飛躍的な海軍力を整備する事になっている

    予定の話をされてもねぇ・・・少なくとも空母を10〜15年程度で戦力化できるかどうかは、大変微妙なところ。

    >そしてしばらくすれば更に次の計画が出てくる訳なんだけど、
    >何十年も無理と断言してるのは良く分からない話かな。

    誰が「何十年も無理」とか言ってるの? なんか、見えない敵と闘ってる感じですね。

    >あと、>>46と混同してたりしてるので落ち着いた方がいい。

    混同はして無い。46は46で叩いている。そもそも貴方は38や46との話の間に割って入ったのだから、そのあたりを把握して欲しい。

    >仮に将来的にインドが中国も警戒している事に異論が無いなら、
    >何を否定してレスを伸ばしているのか理解に苦しむ。

    もう一度言うが、現在及び当面の間はインドにとって中国は脅威ではない。将来的には脅威対象になり得るだろう。

    以上の内容はかなり以前から言っている筈だが?

    で、38や46は「今現在の脅威だ」「対中を意識ししているのでミグは苦しい」と言っているから、それを否定した。其処へ貴方が途中参加してきたのが現状。 

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 18:18:35
  78. >>77
    海軍がインド洋上で戦うにしても、中国がまともな空母機動部隊を作り上げるまでに何十年かはかかる。

     まともな機動部隊でなきゃインド洋には行かない
     中国は何十年もインド洋には軍事的影響を与えられない

     という主張をしている様ですが。
    あと、準備というのは将来を見越してやるものなので
    脅威が現実化してから初めて対応するのでは全然間に合いません。
    計画や契約を行うだけでもかなりの時間がかかります。

    >38や46は

     私は38や46の様な主張はしていないし、先にどちらも間違いであると
    指摘しています。混同しないでいただきたい。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 22:14:58
  79. セヴマシュ造船所公式サイトより

    http://www.sevmash.ru/?id=3957&lg=en
    【「私は、作業のクオリティに満足する」】
    2008年3月17日16時59分52秒

    3月16日、インド海軍参謀総長スレーシュ・メータ大将は、セヴェロドヴィンスクを訪問。
    セヴマシュで改装工事中のヴィクラマーディティヤを視察した。

    メータ大将は、セヴマシュの仕事に対し、満足を表明した。

    Posted by シア・クァンファ at 2008年03月20日 22:17:13
  80. >78

    今まで空母の運用経験が無い中国が10年程度で運用レベルにはもって来れないのは自明の理だよね。

    で、空母戦力が揃わない時点で何するの?少数の駆逐艦や潜水艦で何をやる気なの?

    通商破壊戦でもするの?

    >混同しないでいただきたい。

    混同していないと最初から言っている。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月20日 22:32:11
  81. >>80
    大規模な機動部隊が無ければ大規模な機動部隊を持っていない相手にも
    制海権が取れないという話の方が世界的に見てもおかしな話だと思いますが。

    >混同していないと最初から言っている。

    ならば私への反論の理由に使わないでください。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月21日 22:01:07
  82. インド海軍空母が、対中戦略か、対パキスタン戦略なのか議論されてるようだが、その両方ということで手打ちをされてはいかが?空母は、インド洋でのインド海軍プレゼンスを高めるもので、実戦での戦術より、平時空母を保有による戦略目的の達成に主眼がおかれていると思います。インド人の思考でいくと人口が多い国=大国=国際的発言力がある。ですから、空母保有国→1隻より3隻保有国の方が発言力がある。印パ両国とも核ミサイルを保有してしまった今、両国の衝突は今後発生しない可能性が大と、両国ともに考えているにちがいない。ならば空母を保有し、世界に対し発言力を強めようとする、大国指向のインドの国家戦略の表れであると考えた方がよかろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月22日 13:04:53
  83. >>82
    インドはそう言ってますね。
    パキスタンや中国がどうであろうとわが国は海洋大国を目指すと。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月23日 17:40:54
  84. >81
    >大規模な機動部隊が無ければ大規模な機動部隊を持っていない相手にも
    >制海権が取れないという話の方が世界的に見てもおかしな話だと思いますが。

    インド=空母機動部隊が存在する
    中国=空母機動部隊が存在しない

    天と地程の開きがあるんだが?

    で、空母戦力が揃わない時点で何するの?少数の駆逐艦や潜水艦で何をやる気なの?

    通商破壊戦でもするの?

    >ならば私への反論の理由に使わないでください。

    だからそいつらとの議論に貴方が乱入してきただけ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月23日 23:05:38
  85. >>84
    あなたの言う大規模な機動部隊って現在のインドの空母3隻体制だったの?
    中国の進出は周辺国との連携で母港と空軍基地が提供される懸念って
    事も忘れている。それと制海示威行動は別に通商破壊をする必要は無いですよ。
    中国の第二列島線問題は日本や韓国や米国等への通商破壊を
    やるのだと思っていたのですか?

    >>84
    私はどちらも否定していますので同じ理屈で私へ言い訳を
    しないでくださいという事です。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月24日 03:48:17
  86. ttp://www.asahi.com/international/update/0312/TKY200803120386.html

    現時点で既に65隻の潜水艦を保有しており、米軍が太平洋に展開する潜水艦の2.5倍近い

    将来的にはデータ対応の新装駆逐艦や潜水艦がどんどん増えていく訳だけど
    中国海軍の艦艇数がずっと少数?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月24日 04:35:10
  87. >85
    >あなたの言う大規模な機動部隊って現在のインドの空母3隻体制だったの?

    中国は空母ゼロ、インドは持っている、よって比較にならないと言っている筈だが?

    しかも遠隔地に戦力を投射して相手と同等以上に渡り合うには、相手の戦力の3倍用意しないと戦力の均衡は図れない。遠隔地には3分の1しか派遣できないから。するとインドが空母3隻体制になれば、中国は9隻は用意しないといけないだろうね。

    >中国の進出は周辺国との連携で母港と空軍基地が提供される懸念って
    >事も忘れている。

    だから海外根拠地こそ大規模な艦隊を整備しないと殆ど意味が無い。少数の駆逐艦や潜水艦を派遣して何の意味がある? と聞いているのだが。

    >それと制海示威行動は別に通商破壊をする必要は無いですよ。
    >中国の第二列島線問題は日本や韓国や米国等への通商破壊を
    >やるのだと思っていたのですか?

    「通商破壊行動」ってのは「皮肉」なんですが、分かってなかったのかな?

    で、もう一度聞きます。

    少数の駆逐艦や潜水艦を派遣して、一体何をするのですか? 示威行動? 相手が脅威とすら思わないのに? 例えばイラク戦争でもロシア海軍は駆逐艦を2隻派遣してきたけど、米海軍は何か問題にしたんですか?

    >私はどちらも否定していますので同じ理屈で私へ言い訳を
    >しないでくださいという事です。

    まだ分かってないのか。貴方への言い訳じゃない。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月24日 08:28:48
  88. >86
    >現時点で既に65隻の潜水艦を保有しており、米軍が太平洋に展開する潜水艦の2.5倍近い

    第二次大戦レベルの設計である明級までカウントしてどうするのさ? 漢級原潜だって相当な欠陥品だぞ、あれは。使える潜水艦をカウントしていったら三分の一しか残らんぞ?

    >将来的にはデータ対応の新装駆逐艦や潜水艦がどんどん増えていく訳だけど
    >中国海軍の艦艇数がずっと少数?

    過去レス見返せ。「遠い将来」の話なんざしとらん。現在と当面の間、近い将来までの間だ。中国が何十年と掛けて空母機動部隊を整備してきたら、その時は脅威だろうね、という話はしている。

    だが10年やそこいらで中国海軍が運用レベルまで持ってこれる筈がないぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月24日 08:33:27
  89. >87
    >例えばイラク戦争でもロシア海軍は駆逐艦を2隻派遣してきたけど

    より正確に言うと、2003年4月、ロシア海軍の

    [太平洋艦隊]
    大型対潜艦アドミラル・パンテレーエフ、マルシャル・シャーポシニコフ、大型海上給油艦ウラジーミル・コレチツキィ

    [黒海艦隊]
    ロケット巡洋艦モスクワ、警備艦スメトリーヴイ、プイトリーヴイ、大型揚陸艦ツェザーリ・クニコフ、大型海上給油艦イワン・ブブノフ

    がインド洋に派遣され、5月14日、イエメン領ソコトラ島で合流しています。
    ペルシャ湾には入っていませんが。

    なお、太平洋艦隊の3隻は、当初、2003年1月初頭に、ペルシャ湾へ派遣される予定でしたが、出港直前になって取り止め。
    その後、改めてインド洋に派遣されました。


    >米海軍は何か問題にしたんですか?
    していなかったと思われ(^^;

    これらの艦艇部隊は、インド洋でインド海軍と合同演習を行ない、インドとイエメンの港を訪問しただけだし。

    Posted by シア・クァンファ at 2008年03月24日 22:51:01
  90. >それと制海示威行動は別に通商破壊をする必要は無いですよ。

    小規模艦隊で何をどう示威行動するん?
    それでインドびびるの?
    領海侵犯でもするの?

    でも下手な事をしたらブラモス発射されて終わりじゃね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月24日 23:56:14
  91. というわけで、>87でも触れられている
    2003年のロシア駆逐艦2隻のインド洋派遣時の写真をアップしました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/30401792.html

    Posted by シア・クァンファ at 2008年03月25日 22:37:44
  92. >>90
    だから、なんで中国側が小規模だって事になってるの?
    潜水艦や駆逐艦だから?船の規模が小さい=小規模艦隊?

    あと、沿岸や基地への侵攻じゃないんだから外洋での制海活動に
    3倍ルールが絶対とか別に無いからね?
    普通に小規模艦艇でも制海活動はするし、そもそも中国海軍は
    現時点でもインドよりも艦艇数が多く、更にガンガン作られていく。
    中国がインド洋全域を支配するんじゃなくてインド洋東部から
    インドシナ方面にかけて展開してくる話なんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月26日 19:49:18
  93. >>90
    自国領域ならまだしも、広大な公海上で作戦行動してる
    各国が制海権主張の為に通商破壊してるとでも言いたいの?
    制海権確保ってのは外洋での有事に打撃を与えられる海洋戦力を
    展開しておくってだけなのだけど。

    もう一度聞くけど、中国は第二列島線の制海を目指してるけど、
    彼らは通商破壊でもはじめるとでも言うの?
    インド洋で通商破壊しなきゃならないなら同じく第二列島線でも
    当然そうなる訳だよね?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月26日 19:52:49
  94. >92
    >だから、なんで中国側が小規模だって事になってるの?

    中国海軍に大規模な艦隊を遠征して張り付ける能力なんてまだ有りはしないだろ。近い将来にもまだ無理な話で、当分先の話だ。

    取り合えずどれぐらいの戦力をインド洋に持って来れると思っているの、君は。

    >潜水艦や駆逐艦だから?船の規模が小さい=小規模艦隊?

    外洋戦力の話に決まっている。数と大きさ、両方。

    >あと、沿岸や基地への侵攻じゃないんだから外洋での制海活動に
    >3倍ルールが絶対とか別に無いからね?

    インド側は基地航空隊を幾らでも投入できるんですけど? 中国海軍のDDGは、ブラモス超音速対艦ミサイルの飽和攻撃にどれだけ耐えられるの?

    >普通に小規模艦艇でも制海活動はするし、そもそも中国海軍は
    >現時点でもインドよりも艦艇数が多く、更にガンガン作られていく。

    遠征する艦隊は、移動などを考えると現場で張り付かせる艦艇数の3倍から5倍の総数を用意しないといけない。これは攻撃3倍の法則とは別の話だ、君は理解していないようだが。

    >中国がインド洋全域を支配するんじゃなくてインド洋東部から
    >インドシナ方面にかけて展開してくる話なんだけど。

    マラッカ海峡すらまともに抜けて来れるかどうか。ミャンマーのココ島を拠点に活動するにしても、駆逐艦数隻で何がしたいのか、目的を示して貰いたいものだ。制海? どうやって? 

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月26日 22:26:16
  95. >>94
    将来の話だってのをなぜ現時点に限定するのかな?
    何度も言われているでしょう?

    また、外洋戦力にしても将来的に中国が中東アジア方面の
    国と連携して拠点を持ってインド洋の東部に展開してくるという話なんだけども。

    米軍は別に中国相手に3倍や5倍の戦力を常設してませんよ。

    しかし、まさか駆逐艦数隻とかいう想定で話をしてるとは・・・
    給油機+航空機の派遣や潜水艦+駆逐艦隊等もありえるんだけど。
    駆逐艦だけにしても数隻って凄く少ない見積もり。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 19:51:47
  96. >95

    遠い将来の話までは否定していないけど?
    ただ、現時点でも近い将来でも有り得ないってだけの話。

    >また、外洋戦力にしても将来的に中国が中東アジア方面の
    >国と連携して拠点を持ってインド洋の東部に展開してくるという話なんだけども。

    だから空母機動部隊を複数運用できるようになってからじゃないとあまり意味は無いね。少数の駆逐艦じゃ大した事できませんね、と。

    >米軍は別に中国相手に3倍や5倍の戦力を常設してませんよ

    は? 海軍兵力の話でしょ? 5倍どころか何十倍という戦力差なんだけど。

    >しかし、まさか駆逐艦数隻とかいう想定で話をしてるとは・・・

    だって現時点や近い将来ではどう見てもそれが限度だよ、中国の艦艇がどんなものかくらい理解してるでしょ?

    >給油機+航空機の派遣や潜水艦+駆逐艦隊等もありえるんだけど。
    >駆逐艦だけにしても数隻って凄く少ない見積もり。

    じゃあ貴方の想定している戦力の見積もり、出してみて。使用基地を踏まえてね。

    台湾海峡も片付いていないのにどれだけ廻せる事やら。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 20:03:15
  97. >>96
    現時点での戦力で既に過小評価
    将来の話だと言いながら現時点だけの過小評価でありえないという
    断定を用いる。

    空母が必須という訳でもないのに空母話にすがる。

    中国付近でのにらみ合いではそこまでの大差は無いし、
    他の国の海軍の差等でも3倍から5倍が常識なんて話は無い。

    中国の艦隊は大きく分けて北海、東海、南海の3個の艦隊からなり、
    艦艇約740隻(うち潜水艦約70隻)
    現在は旧式艦等が大目ではあるが国産の戦略駆逐艦が増産中、
    ロシアからの導入等も視野に入っており、駆逐艦数隻だけしか展開しない
    なんていうのは現時点だけでも過小評価が激しい。

    台湾問題が片付こうが片付かなかろうが中国の目標は
    既に第二列島線。
    中国の海洋拡大戦略は台湾関係無しに拡大の一途をたどっている。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 20:21:46
  98. >艦艇約740隻(うち潜水艦約70隻)

    哨戒艇や砲艦まで含んでどうする。明級のようなオンボロを戦力に数えて・・・話にならない。あんな艦でインド洋に行ったら自殺行為だ、航海するだけで。

    >空母が必須という訳でもないのに空母話にすがる。

    相手が空母を持っている、しかも基地航空隊は有力な対艦ミサイル(ブラモス)まで持っている中で、中国海軍のミサイル駆逐艦が生き残れるんですか? まず無理。

    >現在は旧式艦等が大目ではあるが国産の戦略駆逐艦が増産中、
    >ロシアからの導入等も視野に入っており、駆逐艦数隻だけしか展開しない
    >なんていうのは現時点だけでも過小評価が激しい。

    旧式艦を除いて、近代化された駆逐艦の数を数えてみろ、そしてそこから「遠征艦隊の維持は数倍の総数が必要」という条件を当て嵌める。

    実際、数隻しか残らん。

    >台湾問題が片付こうが片付かなかろうが中国の目標は
    >既に第二列島線。

    で、御託はいいから何隻インド洋に廻せるか試算してみてよ。どのクラスが何隻、補給艦は何隻、その辺の具体的数値をお願いする。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 20:44:01
  99. シロウトの俺ですが
    近い将来にわたり、中国がどんな形であれインドに侵攻したらどえらい目にあう、というところまで理解した。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 21:27:43
  100. つーか、>97が言う「戦略駆逐艦」って何だよ?(笑)

    Posted by シア・クァンファ at 2008年03月27日 22:26:04
  101. >戦略駆逐艦

    インドが弾道ミサイルを駆逐艦に積んで実験してたけど、それじゃないの? 中国とインドを間違えたとか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 22:43:03
  102. その駆逐艦はRGM-109Aでも積んでるんだろうか(笑)

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 22:43:35
  103. つか、中国海軍よりも遥かに強力な海上自衛隊ですら、インド洋に艦隊を派遣するとしたら、もし付近に海外根拠地が持てたとしても、一個護衛艦隊か二個護衛艦隊がせいぜいだよ。つまり8〜16隻。

    海自ですらこれが限度なのに、中国が何十隻と駆逐艦を送る込める訳無い。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月27日 22:47:36
  104. インド海軍の艦艇数もそんなに凄い訳ではない。
    空母を先行してる所は評価出来るけどね。
    それもインド洋東部だけに展開し続ける訳にはいかないし、
    中国側がSu-30も一緒に展開してきたら影響力は持たれてしまう。

    >>101
    戦略的な新鋭ミサイル駆逐艦で別に戦略ミサイル搭載とか
    言うものではないですよ。核ミサイル搭載型も今後作られるかどうかは
    公にはなりませんが。

    >>103
    自衛隊は数より質の軍隊ですし今後膨大な増加が見込める訳でもない。
    そもそも日本は給油の護衛等では派遣するが制海で行く事も無い。

    さらに加えて、現時点の自衛隊でも8〜16隻送れるというなら、
    将来的にも数隻しか派遣なんか出来ないとする主張も弱い。

    >>99
    インドに実際に侵攻するかどうかじゃなくて海洋に展開拠点を持つ事が主眼。
    第二列島線は日本を含んでいるが日本を攻撃する訳ではない。
    なぜか彼は中国がインドを攻撃したり通商破壊すると言い出してるけどね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 06:36:44
  105. >>104
    >インド海軍の艦艇数もそんなに凄い訳ではない。
    >空母を先行してる所は評価出来るけどね。

    インドにとってインド洋は地元だから、作戦海域に張り付かせる労力は長距離遠征してくる中国海軍と比べて遥かに少なくて済むし、沿岸用の小型艦艇の投入も可能となってくる。そうなると差はもっと広がるね。

    数の優位はインド側にある。

    >それもインド洋東部だけに展開し続ける訳にはいかないし

    その理屈はむしろ中国側の方が大きい問題だろう。中国海軍が全戦力をインド洋に差し向けられるわけがない。しかも長距離遠征だから、地元のインドよりも問題は多くなる。だから差はインド側に有利に働く。

    >中国側がSu-30も一緒に展開してきたら影響力は持たれてしまう。

    ロシアはインド側に中国向けよりも性能の良いSu-30シリーズを引き渡している。これもインド側が優勢。

    第一、中国はどの国のどの基地にどれだけの規模の戦闘機隊を派遣してくるの? 政治的にミャンマーは難しいし、パキスタンもシムラ協定があるから相当の困難があると思うが。

    >戦略的な新鋭ミサイル駆逐艦で別に戦略ミサイル搭載とか
    >言うものではないですよ。

    ええ? 戦略潜水艦の言い間違いじゃなくて本気で戦略駆逐艦と言っていたの? そりゃ幾らなんでも馬鹿でしょ。

    一体、「戦略的な新鋭ミサイル駆逐艦」って、何?

    戦略という言葉を全く理解していないとしか思えないよ、それ。

    >自衛隊は数より質の軍隊ですし今後膨大な増加が見込める訳でもない。

    現時点で既に世界第二位の水上艦戦力を保有するのが海上自衛隊なんですけど?

    >そもそも日本は給油の護衛等では派遣するが制海で行く事も無い。

    わざわざ「もし付近に海外根拠地を持てたとして」と仮定されてあるのが見えないのだろか。

    >さらに加えて、現時点の自衛隊でも8〜16隻送れるというなら、
    >将来的にも数隻しか派遣なんか出来ないとする主張も弱い。

    現時点での海上自衛隊に海外根拠地を与えたという仮定ですら、8〜16隻が限度という意味の重さを何にも理解していないんだね。一体、中国海軍が海自に追いつき追い越すまで何年掛かると思っているんだろう?

    >インドに実際に侵攻するかどうかじゃなくて海洋に展開拠点を持つ事が主眼。
    >第二列島線は日本を含んでいるが日本を攻撃する訳ではない。
    >なぜか彼は中国がインドを攻撃したり通商破壊すると言い出してるけどね。

    おやおや、「通商破壊」は「皮肉」だってわざわざ説明したのにまだ理解してないんだ。だからさ、海外遠隔地でウロウロしているだけで何か意味があるんですか? 駆逐艦数隻がウロチョロして何が出来るんですか?

    駆逐艦数隻よりもっと多いと言い張るなら、具体的な見積もりを出せって言ってるだろ? でも貴方は何にも示さないよね。示せないんだろ。貴方の言う「戦略駆逐艦」の数は何隻?

    こっちも「遠い将来」については可能性を否定しないと何度も言っている筈。空母機動部隊を複数持てるようになって初めてインド洋に進出した際のプレゼンスを獲得できるだろう。何十年先になるか知らないが。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 17:54:47
  106. 中国海軍の「新鋭ミサイル駆逐艦」と言うと、これらのタイプだが。

    051C型駆逐艦(ルージョウ型/旅洲型)
    http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/051C%b7%bf%b6%ee%c3%e0%b4%cf%a1%ca%a5%eb%a1%bc%a5%b8%a5%e7%a5%a6%b7%bf/%ce%b9%bd%a7%b7%bf%a1%cb

    052C型駆逐艦(ルヤンII型/旅洋II型)
    http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/052C%b7%bf%b6%ee%c3%e0%b4%cf%a1%ca%a5%eb%a5%e4%a5%f3II%b7%bf/%ce%b9%cd%ceII%b7%bf%a1%cb

    052B型駆逐艦(ルヤンI型/旅洋I型)
    http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/052B%b7%bf%b6%ee%c3%e0%b4%cf%a1%ca%a5%eb%a5%e4%a5%f3I%b7%bf/%ce%b9%cd%ceI%b7%bf%a1%cb

    これらのタイプの、どこが「戦略的」なのかな?

    さあ、具体的に説明して頂こうか!

    ・・・・むろん、出来るよね。

    Posted by シア・クァンファ at 2008年03月28日 18:44:33
  107. >104

    「戦略駆逐艦」だなんて言葉を大真面目に語っている時点で、お前さんは軍事について相当なド素人だって事は分かった。いやいや、ちょっとでも軍事を齧っていたら恥ずかしくてとても言えないよ、戦略的な駆逐艦だなんて。

    あー、あれかな? 中国の脅威を煽りたい右翼の国士サマかな? だからか、具体的な戦力投入数の話を振られても逃げ回っているのは。

    要するに軍事について何も分からないんだね。もう帰っていいよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 21:47:27
  108. 無知な素人ほど「戦略」を語りたがるね。

    「戦争のプロは兵站を語り、戦争の素人は戦略を語る」

    遠隔地に戦力を張り付ける事の大変さは、兵站の苦労を理解していないと分からないかもしれないな。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 21:51:33
  109. http://www.nmc.com.sg/2006.02.02.pdf

    中国のインド洋進出とインドの警戒。軍事利用提携。

    http://itoyama.exblog.jp/4969890/

    TIMES OF INDIAによるA K Antony国防大臣アンダマン・ニコバル強化方針。

    ミャンマー・スリランカ・パキスタンへの中国の湾口整備と
    進出懸念。ココ諸島での将来にらみ合いの可能性。

    漢和情報センターによる中国の空母配備予測。北京五輪以降に発表され、
    2015年までに1〜2隻の空母所持を目指す可能性。


    どう見てもパキスタンしか考えてないという意見とは別の方向に
    事態が進展してますね。

    インドとしては将来中国がミャンマー付近に軍事力を展開してくる
    空母戦力を所持してくるのは想定の範囲に入れておく必要が出ている。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 22:53:42
  110. 戦略の一文字だけとって鬼の首を取ったみたいに言ってるね。
    なるほど、では、戦略と書いたことは謝りましょう。

    しかし、公海や提携国経由で展開したら即攻撃しなきゃならないだの、
    通商破壊をはじめるだのヨタ話をしてる人やそれを指摘しない
    人たちに言われてもあまり説得力感じませんけど。
    挙句、訂正せずに皮肉だと言い張るとは。

    軍艦を外洋に展開したから即戦闘って考えがおかしいんですよ。
    どこの地方のお話ですか?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 22:58:17
  111. >109

    その辺の情報は軍事マニアなら誰でも知ってますから、前提の話だと思ってましたけど?

    結局、複数の空母機動艦隊を保有して初めてインド洋でプレゼンスを発揮できるわけ。駆逐艦数隻程度がウロチョロしたところで何が出来るわけでもない。

    >110
    >戦略の一文字だけとって鬼の首を取ったみたいに言ってるね。

    そりゃ言うさ。それほど「戦略」という言葉の意味は重要で、軽軽しく使っちゃならない言葉だからだ。素人ほど安易に使いたがるけどね。

    >なるほど、では、戦略と書いたことは謝りましょう。

    じゃあ軍事面ではド素人だって事に同意したわけだね。君は何しに此処に来てるの?

    >しかし、公海や提携国経由で展開したら即攻撃しなきゃならないだの、
    >通商破壊をはじめるだのヨタ話をしてる人やそれを指摘しない
    >人たちに言われてもあまり説得力感じませんけど。
    >挙句、訂正せずに皮肉だと言い張るとは。

    駆逐艦や潜水艦が数隻ウロチョロして何が出来るんですか? と聞いたのに貴方は何も答えなかったでしょ。別に戦闘の時の話だけじゃない。軍事プレゼンスっていうのはね、それ相応のカタチが無ければ威圧にはならないの。分かるかな?

    >軍艦を外洋に展開したから即戦闘って考えがおかしいんですよ。
    >どこの地方のお話ですか?

    存在するだけで抑止力たりえるのは実戦力が強大な場合のみだ馬鹿者。

    駆逐艦数隻程度では相手にもされんわ。

    もう一回聞くぜ、貴方の想定している投入戦力はどれだけの規模ですか、参加兵力の艦のクラスをそれぞれ上げて何隻持ってくるか、言いなさい。未来の話なら何時頃かもだ。未完成艦は計画艦の中から羅列してくれ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 23:16:53
  112. >>111
    数十年無いとか駆逐艦数隻しかないとか言ってましたよね?

    かなりしどろもどろなんですが。一貫性が無さ過ぎですよ。
    あたりまえすぎて出してなかったのはこちらなんですが。

    なんでインドはパキスタンだけしか見ていないという主張を未だに
    頑張ってるのか良くわかりませんよ。

    あと、駆逐艦数隻は貴方の希望的観測であって、現実面では
    ココ諸島周辺に航空機や潜水艦、駆逐艦、下手したら空母がくると
    予測しておくのがセオリーです。

    最初から相手を見くびった予想をするのはそれこそ軍事の非常識です。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 23:30:50
  113. >110
    >戦略の一文字だけとって鬼の首を取ったみたいに言ってるね。

    いやこれ、爆笑されても仕方が無いぞ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 23:31:59
  114. 下手したらくるって(笑)
    エバケンの本でも読んで抑止力のことを学んできた方がいいんでは(笑)


    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 23:55:03
  115. ところで戦略駆逐艦(笑)の説明はどうなったんだろうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月28日 23:57:26
  116. そういえばもうひのきのぼうの季節なんだよな
    桜も咲いてるし

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 00:14:47
  117. >112

    未だに具体的な数字を出そうとしないんだね。しどろもどろになっているのはアンタの方じゃ?w

    >数十年無いとか駆逐艦数隻しかないとか言ってましたよね?

    空母機動艦隊を複数揃えてまともに運用できるまでに数十年とは言ったね。空母をゼロから運用する中国が、10年やそこいらでまともな空母戦力を運用できる筈が無い。ガワの船体だけなら10年もすりゃ出てくるさ。だが運用できるように成るまでにどれだけ時間が掛かるのか、理解してないのかね。ロシアですら四苦八苦したというのに。

    >あと、駆逐艦数隻は貴方の希望的観測であって、現実面では
    >ココ諸島周辺に航空機や潜水艦、駆逐艦、下手したら空母がくると
    >予測しておくのがセオリーです。

    希望的観測じゃなくて現状及び近い将来の戦力では実際に中国海軍ではそれだけしか廻せない。現状の海上自衛隊(水上艦戦力世界第二位)ですら海外根拠地有りという条件で派遣部隊8〜16隻が限度なんだが。

    それと「何時頃」に「何がどれだけ」出てくるのか、具体的数値を出せといっているのにまだ出そうとしないのか?

    セオリー?

    何のセオリー?

    軍事常識を理解していない貴方が言ってもねぇ。

    >インドはパキスタンだけしか見ていないという

    現状と近い将来では、そうだよ。遠い将来、中国が複数の空母機動部隊を持てば話は変わってくるがね。

    遠隔地に艦隊を送り込む場合、総数は派遣艦隊の3〜5倍必要って事は理解してる?

    >最初から相手を見くびった予想をするのはそれこそ軍事の非常識です。

    見くびった予想じゃない。彼我の戦力差、地形上の条件、兵站補給路、どう考えても当面は相手にならないと言っているだけ。

    小規模な戦力でノコノコ出てきても相手にされないし、いざ有事の際はブラモスの数発で全滅だろう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 00:14:58
  118. >112

    111の質問から逃げ回っているね。

    「もう一回聞くぜ、貴方の想定している投入戦力はどれだけの規模ですか、参加兵力の艦のクラスをそれぞれ上げて何隻持ってくるか、言いなさい。未来の話なら何時頃かもだ。未完成艦は計画艦の中から羅列してくれ。」

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 00:16:33
  119. 読んでて問題点が整理できない素人の俺。
    112と117は二人とも遠い未来中国がインドの脅威になり得ることは否定してなくて、
    現状では脅威にならないことも否定してないですよね?(自信なし)
    で、残るは『近い将来』ですが……何年後を想定してるのでしょう。
    もしくは軍事関係での近い将来ってのは大体決まってるもの?

    あと、どうにも言葉の中身が食い違ってるような気がして頭が混乱するのでお二人に同じ質問をします。
    文面からどうにもこういう意味じゃないか? と思ったものを書きますので、
    あってるのか間違ってるかだけでもお願いします。

    112氏に2つ質問。
    >インドはパキスタンだけしか見ていないという主張
    これは『インドが将来中国が脅威になり得る、と認識しているか』の問題?
    認識してれば『パキスタンだけ』というのは『おかしな主張』だということでしょうか。

    117氏に質問
    >インドはパキスタンだけしか見ていないという主張
    現在と近い将来ではパキスタンだけ、とありますが。
    これは実際に戦闘になった場合、脅威となり得るのが遠い将来。
    と言う意味でしょうか。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 02:55:19
  120. まあ実際のはなし、中国自体が空母保有に積極的な段階でプレゼンスには空母必須とみてるのでは。
    でこの空母自体はワリヤーグ改修が近日中として
    国産化が2015年以降だからどう早く見積もっても2020年ってところでしょう。
    よって、インド海軍にとって脅威と感じるのはこの時期とおもわれます。
    ミャンマーに中国空軍もしくは、海軍機が展開しても、これを支えるえるための海上輸送路がなりたたない以上厳しいでしょう。陸路ではもっと厳しいでしょうしね。(ベトナムとかが友好的に動くとは思えない)

    軍事レベルのお話と政治レベルのお話を混同してしまっている方がいらっしゃるのが現レスの伸びている状況とおもわれます。
    政治レベルでいうなら経済的進出やミャンマーへの支援など、インドは中国を脅威と感じている可能性は非常に高いでしょう。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 08:19:14
  121. >>117
    駆逐艦数隻しか来ないっていう根拠が薄いでしょ?
    詳細を求められると潜水艦も来るかも、数隻じゃなくて十数隻かも
    レーダー基地はあるけど航空機や対艦ミサイル配備はどうか?
    とかご自身が適当この上ない。
    そしてインドが実際にマラッカに国外レーダー網を整備し、
    ANCに常駐増員や空軍設備増強に動いているという話の反論に
    想定する数を出せとくる。

    そんなのはインドの分析次第であって公言されてる内容でもない。
    駆逐艦以下合わせて十数〜二十数隻規模、潜水艦が数隻、
    対艦ミサイル配備と飛行中隊が配備されるかもねとか書いてもあまり関係無い。

    ここではインドが既にミャンマー正面のアンダマン・ニコバル強化を
    打ち出して強化中であるという事が重要でしかない。

    また、将来的予測をする場合は想定される最悪のケースを
    念頭に考えるので中国は数十年は駆逐艦数隻くらいしか派遣して
    こないから大丈夫なんて予測はしない。その為にインドが派遣しなくても
    1200kmはなれた現地戦力だけでそれなりの戦力を持ち、
    急派と合わせて対応出来る様にインドがANC強化計画を立てているのが重要な訳。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 15:58:16
  122. >>119
    実際にインドがそれまで殆ど兵力配備されて無かったミャンマー正面に
    大幅な兵員増強と飛行中隊常設、常駐艦隊整備をはじめているという事。

    既にインドはインド洋東部での準備を推進中であるので
    パキスタン以外の脅威に対する備えも現在進行形でやっているという事です。
    これはインド軍関係者によるパキスタン以外も考えた海洋戦略で
    公言されている事でもあります。

    現時点では中国はインド洋での軍事展開について公にはしていませんが、
    ミャンマーでの湾口軍事利用許可や各地で軍事利用可能な湾口整備に
    巨額を出す等、拠点作りの段階は着々と進んでいるのでインドが
    警戒心を高めているというのは推測されます。というか現地でもそう報道されてます。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 16:21:40
  123. >121
    >駆逐艦数隻しか来ないっていう根拠が薄いでしょ?

    現状で世界第二位の水上戦力を有する海上自衛隊ですら、海外根拠地有りと仮定した状況で8〜16隻しか送り込めないのに、中国海軍がそれ以上の戦力を送り込める道理はありませんけど?

    >そんなのはインドの分析次第であって公言されてる内容でもない。
    >駆逐艦以下合わせて十数〜二十数隻規模、潜水艦が数隻、
    >対艦ミサイル配備と飛行中隊が配備されるかもねとか書いてもあまり関係無い。

    その数字は実現不可能だ。数が多すぎる。20隻の駆逐艦? あり得ない。中国海軍の外洋行動可能な大型駆逐艦の全戦力を投入する気ですか? 自国付近の防備は捨てるんですか? 

    言っておくけど、中国海軍で近代的な設計の大型駆逐艦は現状で10隻ちょいしか無いよ。後は第二次大戦型設計の、話にならない旧型艦だ。つまり、今後中国海軍の戦力が増えていくと仮定しても、そうとう遠い未来で無いと二十数隻も遠隔地に送り込めるほど戦力的な余裕が生まれるとは考え難い。二十数隻を遠征させる為には、その三倍の総数が必要だ。それは70隻近い大型駆逐艦の保有・・・あのね、そんな海軍はアメリカ海軍並みを意味するんだけど。

    いやもう、話にならない。やっと具体的な数値を出してきたと思ったら、夢物語ですか・・・

    貴方さ、軍事面の知識がそうとう薄いでしょ。もう無理しなくていいよ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 18:39:39
  124. フォークランド戦争に参加した英国海軍艦艇

    Aircraft Carriers
    HMS HERMES/HMS INVINCIBLE

    Assault Ships
    HMS FEARLESS/HMS INTREPID

    Destroyers
    HMS ANTRIM/HMS BRISTOL/HMS CARDIFF/HMS COVENTRY/HMS EXETER/HMS GLAMORGAN/HMS GLASGOW/HMS SHEFFIELD

    Ice Patrol Ship
    HMS ENDURANCE

    Survey Vessels
    HMS HECATE/HMS HECLA/HMS HERALD/HMS HYDRA

    Minesweeping Trawlers
    HMS CORDELLA/HMS FARNELLA/HMS JUNELLA/HMS NORTHELLA/HMS PICT

    Frigates
    HMS ACTIVE/HMS ALACRITY/HMS AMBUSCADE/HMS ANDROMEDA/HMS ANTELOPE/HMS ARDENT/HMS ARGONAUT/HMS ARROW/HMS AVENGER/HMS BRILLIANT/HMS BROADSWORD/HMS MINERVA/HMS PENELOPE/HMS PLYMOUTH/HMS YARMOUTH

    Submarines
    HMS CONQUEROR/HMS COURAGEOUS/HMS ONYX/HMS SPARTAN/HMS SPLENDID/HMS VALIANT

    Despatch Vessels
    HMS DUMBARTON CASTLE/HMS LEEDS CASTLE

    RFAs
    APPLELEAF/BAYLEAF/BLUE ROVER/BRAMBLELEAF/ENGADINE/FORT AUSTIN/FORT GRANGE/OLMEDA/OLNA/PEARLEAF/PLUMLEAF/REGENT/RESOURCE/SIR BEDIVERE/SIR GALAHAD/SIR GERAINT/SIR LANCELOT/SIR PERCIVALE/SIR TRISTRAM/STROMNESS/TIDEPOOL/TIDESPRING

    RMAS
    GOOSANDER/TYPHOON

    Merchant Navy
    ALVEGA/ANCO CHARGER/ASTRONOMER/ATLANTIC CAUSEWAY/ATLANTIC CONVEYOR /AVELONA STAR/BALDER LONDON/BALTIC FERRY/BRITISH AVON/BRITISH DART/BRITISH ENTERPRISE III/BRITISH ESK/BRITISH TAMAR/BRITISH TAY/BRITISH TEST/BRITISH TRENT/BRITISH WYE/CANBERRA/CONTENDER BEZANT/ELK/EUROPIC FERRY/FORT TORONTO/G.A. WALKER/GEEST PORT/IRIS/IRISHMAN/LAERTES/LYCAON/NORDIC FERRY/NORLAND/QUEEN ELIZABETH 2/RANGATIRA/SALVAGEMAN/SAXONIA/SCOTTISH EAGLE/SHELL EBURNA/STENA INSPECTOR/STENA SEASPREAD/STRATHEWE/ST. EDMUND/ST. HELENA/TOR CALEDONIA/UGANDA/WIMPEY SEAHORSE/YORKSHIREMAN

    本物の外征軍でも輸送艦除くと大した量動かしてないのね。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 21:08:14
  125. 空母二隻がどれだけ重い意味を持つか、よく考えよう。あと補給艦の数にも着目。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 21:24:41
  126. 中国がこの規模で艦隊を動かせるようになるのはいつだろうか

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 22:26:46
  127. ついこの前まで完全な沿岸防御型海軍でしか無かったからなぁ。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年03月29日 23:15:41
  128. >>123
    駆逐艦以下と書いてるのに駆逐艦20隻とか勝手に作らないでください。

    そもそも、貴方は現地常設軍と有事の軍容の違いすらも理解せず常設軍だけで
    通商破壊しか出来ないと言い出したり、数を増やしたり減らしたり、全然事情の違う
    自衛隊だけのしかも現有戦力派遣予想数を根拠にしたり意味不明過ぎます。

    しかも駆逐艦にしても大型に限るとか。護衛艦や各種補助艦艇等が一緒に来るに
    決まってるでしょう?なぜ駆逐艦、しかも大型しか数に入らないんですか?
    中国は既にインド洋から先にかけて各地に補給ルート開拓も進んでるので無補給で
    動き回る訳でもありません。

    潜水艦0にしたり航空戦力0にしたり、レーダー基地に対艦ミサイルが配備される
    なんてのも完全無視。それで駆逐艦の数だけでインドの思惑を語ってしまっている。

    そもそも、貴方がどう思おうがインドは既に大型艦艇複数と飛行中隊、兵卒一万五千以上の
    規模を含むANC常駐大増強を決めてるんです。

    貴方が言う様なインド海軍はパキスタンしか考えていないなんていうのは
    駆逐艦数隻しか数十年来ないというのと同じく、根拠が全くありません。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月01日 07:16:12
  129. >>127
    現有戦力だけでも大違いなのに未だに過去の中国軍装備で将来を
    考えてる人が居たらそれはそれでヤバイ人だと思う。
    2010〜15年の話でも10年先じゃないんですよ?

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月01日 07:17:36
  130. インドや中国が当地に戦力を振り向けるのは
    インドから1200kmはなれたレーダー拠点に兵力を置く事で
    にらみを効かせると同時に、急派の間を凌ぐ面があります。

    中国が軍を展開するとしても常設軍がやるのは軍備を維持する施設を
    当地に構築する事とインド洋の情報収集や中国海軍が行動するという
    実績を培うのが目的になります。

    実際に事を起こすならどちらも周辺各国に働きかけながら大規模な
    軍を動かします。当地の戦力だけで通商破壊なんかはじめても
    国際的に孤立するだけで意味がありません。そもそも外洋常設軍を単体での
    敵国撃滅可能戦力と考えてるのがおかしいです。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月01日 07:24:25
  131. 制海目標の意味を理解してないのかもしれないね。
    彼は中国の10−15年第二列島線制海を自衛隊や米軍を
    完全排除する話だと思ってるのかも。

    同じ様にインド洋方面に戦力を配備したらインド海軍を排除出来ないと
    いけないと思い込んでるのかもね。

    そんなの米軍ですら交戦状態や排他水域以外ではやりませんけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月01日 07:34:04
  132. 米軍空母を中国の潜水艦がおいかけてくるみたいな無茶な事例が
    将来インド洋でおこっても全然不思議は無いね。
    それでも厳重抗議止まりなんだけど。

    Posted by 名無しОбъект at 2008年04月01日 07:37:22
コメントを書く
お名前: デフォルト名無しの説明

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/89739561
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

NFU(核先制不使用)からNUTs(核使用論)へ?
Excerpt: MiG-29K(9-41)(写真:airliners.net/Max Bryansky)  もう前回の更新から一週間経ってしまった。時間が流れ早過ぎ><   記事を見つけた時後日ブ.....
Weblog: 国際情勢評議会
Tracked: 2008-03-19 21:53