このカテゴリ「オスプレイ」の記事一覧です。(全114件、20件毎表示)

2013年08月11日
8月2日から5日に掛けて、2機のオスプレイが普天間基地からオーストラリアまで飛行しました。8月2日に普天間基地を出発してフィリピンのクラーク基地へ、8月3日にオーストラリアのダーウィンに到着、8月4日にタウンズビル、8月5日には先行して珊瑚海で演習中の強襲揚陸艦ボノム・リシャールに合流しています。途中までKC-130J空中給油輸送機が随伴し、総飛行距離は7000km近くに達するもので、従来のヘリコプターでは不可能な長距離飛行移動が可能であることを実証して見せました。

Ospreys make longest Pacific flight to date - Marines.mil

オスプレイ普天間から豪州へ

今回の自力飛行移動は以前のフィリピンやタイへの展開時と比べ、クラーク基地〜ダーウィン間の3300kmが一度に飛ぶ距離では特に長い事が目に付きます。これは航程の間に島が多く、故障など緊急時には付近の島の空港に降りられるので、一気に飛んで行ったのでしょう。

オスプレイはオーストラリアのダーウィンまで約4700kmの航程をパイロットの休養を取った上で2日で到達しています。この距離を強襲揚陸艦で移動する場合、巡航速度15ノットならば7日掛るでしょう。珊瑚海に出る頃には10日が過ぎています。オスプレイは珊瑚海に出るまで4日掛けていますが、休養を切り詰めれば3日で到達が可能です。

強襲揚陸艦に頼らず移動する事が可能なオスプレイは、従来より3倍の速さで長距離展開する事が可能となります。

オスプレイ普天間から豪州へ
第三海兵遠征軍より、今回のミッションの様子。
20時46分 | 固定リンク | Comment (114) | オスプレイ |

2013年08月03日
本日、オスプレイ2機が一時配備された山口県岩国基地より沖縄県普天間基地に到着しました。残り10機は8月5日に移動する予定です。これらはまだVMM-363レッドライオンズの塗装のままで、普天間基地でVMM-262フライングタイガースの標識とロゴに塗装し直す事になります。

HMM-262からVMM-262へ

手前の虎柄のCH-46ヘリコプターはオスプレイと入れ替わりで引退するHMM-262フライングタイガースの司令官機です。新しく来たオスプレイは赤ライオンから虎に塗り直されて伝統を引き継ぎますが、派手なカラーリングが施される司令官機は機体の何処までの部分を虎柄にするのか、それとも垂直尾翼に虎のマークを描くだけなのか、これから判明する事になります。

HMM-262からVMM-262へ
23時21分 | 固定リンク | Comment (65) | オスプレイ |
2013年07月31日
■沖縄県から提示されたMV−22オスプレイの飛行状況の検証について - 防衛省・自衛隊(平成25年7月30日)

回答文書及び説明資料は別添のとおりです。

別添:オスプレイに関する確認について(回答)(2013年7月30日)(PDF:462KB)
別添:沖縄県から提示されたMV−22オスプレイの飛行状況の検証について(PDF:543KB)

オスプレイ飛行モード検証

これは沖縄県が普天間基地のオスプレイの飛行について、318件の日米合意違反があったと防衛省に指摘し、これを検証したものです。報告された318件のうち夜間飛行3件が確認されたものの夜間飛行制限は努力目標であり協定違反ではないと回答されており、「市街地上空を垂直離着陸モード(ヘリコプタ―モード)で飛んでいた」という指摘については一件も確認されなかったという回答が為されています。

日米合意ではオスプレイの転換モード(ナセル角度1度〜84度)による市街地上空の飛行は禁止されていません。垂直離着陸モード(ナセル角度85度〜97.5度)は市街地上空での飛行を制限されています。今回このような結果となったのは、沖縄県はオスプレイの飛行モードの定義自体を把握しておらず、転換モードと垂直離着陸モードを混同した結果によるものでしょう。

(2012/10/19)オスプレイのヘリモードはナセル角度85度以上
(2012/10/04)日米合意はオスプレイの市街地上空での転換飛行を禁止せず
00時03分 | 固定リンク | Comment (80) | オスプレイ |
2013年07月30日
アメリカ空軍特殊作戦軍団はアメリカ本土以外にヨーロッパとアジアに1個ずつCV-22オスプレイの飛行隊を配備する予定です。先月にヨーロッパ配備としてイギリスのミルデンホール基地にCV-22オスプレイが到着しました。アジアでは日本の沖縄県にある嘉手納基地に配備されるという報道が既に伝えられていましたが、新たに東京都にある横田基地も配備検討対象である事が分かりました。

オスプレイ 横田基地配備も検討 - NHKニュース
「アメリカ太平洋空軍のカーライル司令官は29日、首都ワシントンで、空軍のオスプレイの有力な配備先として嘉手納基地のほかに東京にある横田基地も検討していることを明らかにしました。」

U.S. mulls deploying Ospreys at Yokota Air Base in Tokyo - globalpost
"Gen. Herbert Carlisle, commander of the U.S. Pacific Air Forces, indicated Monday the Yokota Air Base in Tokyo is a possible host of the CV-22 Osprey transport aircraft besides the Kadena base in Okinawa Prefecture.

Speaking to a group of reporters in Washington, Carlisle said discussions on the deployment are under way with the Japanese government and the final decision would be made probably by early next year with the deployment possibly taking place in 2015."

最終決定は来年早々に為され、2015年には配備する予定です。カーライル司令官は韓国の烏山基地の名前を出しておらず、空軍はCV-22オスプレイに付いては韓国配備を候補から既に外しているのかもしれません。オスプレイの配備の仕方についてはヨーロッパの場合、緊急時の受動的な即時対応が求められる海兵隊のMV-22オスプレイ部隊はスペイン(およびイタリア)で待機しておりアフリカ大陸に近く、能動的に特殊作戦を実行する空軍特殊作戦軍団のCV-22オスプレイ部隊はイギリス配備で少し前線より遠くなっています。これをアジアに当て嵌めると、前線に近い沖縄に海兵隊MV-22オスプレイ部隊を、後方の東京都に空軍CV-22オスプレイ部隊を配備すると考えるとヨーロッパ配備に近似した組み合わせになります。

また、横田基地への配備は「オスプレイが安全だというなら本土に配備して見せろ」という沖縄の声に対して実行して見せるという政治的な効果も望めます。

■東京都 横田基地
横田基地

【CV-22関連記事】
(2013/06/25)CV-22オスプレイがイギリスに初配備
(2013/04/28)MV-22オスプレイがスペイン配備、揚陸艦に頼らない空中機動部隊を編成
(2013/01/09)空軍型CV-22オスプレイ、沖縄県の嘉手納基地に配備伝達
(2012/09/16)フロリダのCV-22オスプレイ事故原因は後方乱気流
(2012/08/09)特殊作戦用CV-22オスプレイとMH-53ペイブロウの事故率
08時15分 | 固定リンク | Comment (58) | オスプレイ |
日本配備オスプレイ第二陣の12機を積んだRo-Ro輸送船「グリーンリッジ」が30日早朝に山口県岩国基地に到着しています。岩国で一週間ほど点検と試験を行った後、沖縄県普天間基地へ自力飛行移動します。

ライブ船舶マップ - 船舶情報 - GREEN RIDGE
iwakuni
※07-29 23:00 (UTC) = 07-30 08:00 (JST)

陸揚げされるオスプレイはアメリカ西海岸ミラマー基地に所属していたVMM-363レッドライオンズの機体で、日本配備に合わせてVMM-262フライングタイガースへと名称変更されます。
08時00分 | 固定リンク | Comment (14) | オスプレイ |
2013年07月20日
政党「日本維新の会」の橋下徹代表は、大阪市の近郊にある八尾市の八尾空港で在沖縄海兵隊の輸送機MV-22オスプレイの訓練を一部引き受ける提案を行っています。オスプレイが配備されている普天間基地周辺住民の負担を減らそうというものですが、しかし八尾空港は普天間基地以上に市街地に密接している上に敷地が狭く、離発着訓練には向いていません。

八尾空港と普天間基地の比較

左側の図はアメリカ軍の普天間基地環境レビューよりオスプレイのヘリコプターモード時の場周経路です。ほぼ敷地内だけで回り、離発着訓練を行います。日米合意ではオスプレイは市街地上空でなるべくヘリコプターモードにはならないように取り決めていますが、それはヘリコプターモード時の訓練が基地や訓練場の敷地内で出来るからこそ可能になります。しかし八尾空港は狭く、オスプレイのヘリコプターモード時の場周経路が確保出来ません。小回りの効く小型ヘリコプターならまだしも、オスプレイは運用重量が約25トンとヘリコプターの仲間として見るとかなり重い部類に入るので小回りが効きません。八尾空港でオスプレイがヘリコプターモードでの離発着訓練を行おうとすると、盛大にはみ出て市街地の上空を飛ぶ事になってしまいます。

※オスプレイのヘリコプターモードとはナセル角度85度以上の状態を指します。転換モードはナセル角度1度〜84度の状態で、日米合意は市街地上空での転換モードでの飛行を制限していません。ナセル角度85度近辺ではどちらのモードか外からでは判別が付かず、誤認されやすいです。飛行モードの制限は安全上というよりは騒音対策で、オスプレイはなるべく騒音が小さな固定翼機モードで飛ぶように運用されています。
20時56分 | 固定リンク | Comment (49) | オスプレイ |
2013年07月18日
MV-22オスプレイの低空飛行訓練を操縦席から撮影した動画がYouTubeにUPされていました。投稿者の素性は不明ですがアメリカ海兵隊の公式のものではなく、海兵隊員が個人で撮影したものだと思われます。


MV22

オスプレイは固定翼機モードで機体を傾けながら谷を縫うように低空飛行を行っています。詳細な撮影地域は不明ですが、地形の様子からアメリカ国内であると思われます。これまでオスプレイの低空飛行訓練はアメリカ本土、日本、タイ、サイパン、フィリピンで行われており、今夏からイタリアでも開始される予定です。

MV-22オスプレイ低空飛行訓練

※アメリカ国内で低空飛行訓練が行えないというのは全くの誤解です。

(2013年03月08日)誤解と無理解が横行するオスプレイ低空飛行訓練


【追記】誤解の具体例
※AERA 2013年6月24日号 http://dot.asahi.com/aera/2013061900022.html
「米本国では行われていない米軍機の低空飛行が沖縄では行われる現実を知り、「沖縄はバカにされている」と思った。」

※オスプレイが低空飛行訓練を日本で行う“特殊な理由” | 東スポWeb 2013年3月7日 http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/117434/
「この低空訓練は米本土では行われておらず、日本でしかできない理由があるという。」「日本だけで行われているのが、山間部の谷筋を縫うように飛行する低空訓練だ。」
00時43分 | 固定リンク | Comment (48) | オスプレイ |
2013年07月13日
日本に配備される第二のオスプレイ飛行隊は輸送船に積み込まれ、15日にカリフォルニアを出港する予定です。輸送船は今月末に山口県岩国基地に到着して、荷上げしたオスプレイは点検整備の後に沖縄県普天間基地に自力飛行移動します。

DVIDS - News - Pack ‘em up, ship ‘em out; VMM-363 ships aircraft to Japan


Preparing to ship Ospreys to Okinawa, Japan

日本行きの輸送船に積み込まれたのはVMM-363「レッドライオンズ」の機体です。この部隊は以前ハワイのカネオヘベイ基地に居たHMH-363で、使用していた重輸送ヘリコプターCH-53Dシースタリオンの退役に伴いアメリカ本土西海岸でMV-22Bオスプレイへの機種転換訓練を受けていました。当初の予定ではハワイに戻る筈でしたが、沖縄配備に変更されたようです。

昨年の最初のオスプレイ日本配備ではVMM-561「ペールホース」の機体が送られて、普天間基地への配備に合わせてVMM-265「ドラゴンズ」へ部隊名を変更し、以前から普天間に居たHMM-265の部隊名を継承しています。名前だけ継承し機材と人員は丸ごと入れ替えています。今回もVMM-363「レッドライオンズ」は普天間配備に合わせてVMM-262「フライングタイガース」に名前を変更し、司令官機は虎のマークを尾翼に塗って伝統を引き継ぐのでしょう。

タイガース
※第三海兵遠征軍より、HMM-262「フライングタイガース」司令官機。CH-46Dシーナイト。

でもこの虎柄をそのままオスプレイに塗る事は出来るのでしょうか・・・?
20時18分 | 固定リンク | Comment (39) | オスプレイ |
2013年06月25日
現地時間6月24日、イギリスのミルデンホール空軍基地にアメリカ空軍特殊作戦軍団のCV-22オスプレイが2機到着しました。イギリスへのオスプレイの初配備となります。

352nd SOG welcomes Osprey to fleet - RAF Mildenhall

CV-22オスプレイ
※アメリカ空軍よりミルデンホール基地に到着したCV-22オスプレイ

この2機は第352特殊作戦群に配備され、更に8機が追加されて合計10機がミルデンホール空軍基地に配備される予定です。既にヨーロッパには4月にアメリカ海兵隊のMV-22オスプレイがスペインのモロン空軍基地に配備されており、これはイタリアのシニョネッラ海軍航空基地に移動して夏ごろからはシチリア島で低空飛行訓練を開始します。ミルデンホール空軍基地のCV-22オスプレイは数が揃ってからイギリス国内の低空飛行訓練空域で訓練を開始する予定です。

【CV-22関連記事】
(2013/06/07)今月中にイギリスのミルデンホール基地にCV-22オスプレイ配備開始
(2013/04/28)MV-22オスプレイがスペイン配備、揚陸艦に頼らない空中機動部隊を編成
(2013/03/30)ドイツ、雪のシュトゥットガルトにオスプレイ来訪
(2013/01/09)空軍型CV-22オスプレイ、沖縄県の嘉手納基地に配備伝達
(2012/09/16)フロリダのCV-22オスプレイ事故原因は後方乱気流
(2012/08/09)特殊作戦用CV-22オスプレイとMH-53ペイブロウの事故率

イギリス配備機の今後の注目としては低空飛行訓練です。イギリスには世界で最も有名な低空飛行訓練空域LFA7「Mach Loop」というポイントが有り、丘の上から谷を超低空で飛ぶ軍用機を見下ろす事が出来る場所で、世界中からマニアがカメラやビデオを持って撮影にやって来ます。近い将来、低空飛行訓練を行うCV-22オスプレイの様子も撮影される事になるでしょう。そしてYouTubeにUPされる筈です。きっとこのように。


The Awesome "CAD WEST" Low Flying Jet Site In Wales "Mach Loop".

そしてそれは日本の低空飛行訓練と比較される事になるでしょう。
23時12分 | 固定リンク | Comment (94) | オスプレイ |
2013年06月19日
防衛省統合幕僚監部の公式ページが更新され、ドーンブリッツ演習の写真が新たにUPされました。ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」でもオスプレイ用コロ付き耐熱板を使用していることが明記されています。

米国における統合訓練(ドーン・ブリッツ13)- 防衛省統合幕僚監部
 └ 活動風景(写真)

しかし画像を比較検証した結果、掲載された写真は輸送艦「しもきた」甲板上であることが分かりました。防衛省統合幕僚監部は写真に付ける説明文を間違えていたのです。

オスプレイ、ひゅうが、しもきた、ドーンブリッツ演習の画像比較検証

これにより、護衛艦「ひゅうが」でコロ付き耐熱板を使用した写真は一枚も存在しないことになります。動画でも確認出来ません。ドーンブリッツ演習でヘリコプター護衛艦「ひゅうが」ではオスプレイ用コロ付き耐熱板を使用していなかった、少なくとも使用した証拠が存在しない事になります。
12時07分 | 固定リンク | Comment (194) | オスプレイ |
2013年06月18日
防衛省統合幕僚監部の公式ページが更新され、ドーンブリッツ演習の写真が新たにUPされました。ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」でもオスプレイ用コロ付き耐熱板を使用していることが明記されています。←写真の説明文が間違っていたことが判明。実際には「しもきた」です。※画像比較(2013年6月19日追記)

米国における統合訓練(ドーン・ブリッツ13)- 防衛省統合幕僚監部
 └ 活動風景(写真)

日本側は「甲板保護のためヒートシールド」と呼称しています。アメリカ側は「ポータブル・ヒートシールド」という表記が海軍航空システム軍団の記事で見受けられます。


2 Ospreys land on Japanese helicopter destroyer Hyuga. Joint exercise in California 06 14 2013

※アメリカ側で公開したビデオでは「ひゅうが」甲板上で耐熱板は見当たらず。
20時05分 | 固定リンク | Comment (21) | オスプレイ |
2013年06月16日
ドーンブリッツ演習でオスプレイが輸送艦「しもきた」に着艦している写真で、面白いものが映っていました。

しもきた

オスプレイの排気口の付近に、板のようなものが用意されているのです。

この板は耐熱用で、オスプレイの排気口の下に敷いておけば耐熱対策を施していない艦船の甲板でもオスプレイを長い時間の間、駐機する事が可能になります。応急的なもので多数の機体を常時運用するには向いていませんが、少数の機体を限定的に運用するならば十分なのだろうと思います。

ボクサー甲板
※輸送艦「しもきた」で使う前に、強襲揚陸艦「ボクサー」の甲板上でコロ付き耐熱板のハンドリング訓練を受ける自衛隊員。Hands-on MV-22 Osprey heat-shield training.

輸送艦「しもきた」では耐熱板を使用して、ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」では使用していなかった(動画では確認されていない)という違いは、興味深いと思います。駐機時間との兼ね合いもあるので言い切る事は出来ませんが、「ひゅうが」の飛行甲板は耐熱対策済みである可能性が有ります。

Success through Inter-Organizational Teamwork - NAVAIR (Jun 17, 2009)
※オスプレイ用耐熱板(portable heat shield)の初期型の写真と紹介。
10時00分 | 固定リンク | Comment (85) | オスプレイ |
2013年06月15日
アメリカ西海岸で行われているドーンブリッツ演習に、海上自衛隊はイージス護衛艦「あたご」、ヘリコプター護衛艦「ひゅうが」、輸送艦「しもきた」を派遣しています。陸上自衛隊の大型輸送ヘリコプターCH-47チヌーク×2機と攻撃ヘリコプターAH-64アパッチ×2機も運んで行っており、本格的な離島奪還訓練を実施しています。そして本日、「ひゅうが」と「しもきた」でアメリカ海兵隊のMV-22オスプレイを運用する訓練を行いました。(「しもきた」はエレベーターが小さくて入らず離着艦のみ)


Marines Land Osprey on Japanese Ship


U.S. Marine Ospreys Make Unprecedented Landing on a Japanese Ship

これは日米が共同で作戦する場合に米軍機を活用する為の訓練です。逆に自衛隊機がアメリカの空母や揚陸艦を利用する場合も有り得ます。例えば東日本大震災の際には、アメリカ海軍の空母レーガンで自衛隊のヘリコプターが運用された事例も有ります。

DVIDS - Images - Osprey lands on Japanese ship for first time: 「ひゅうが」に着艦するオスプレイ。
http://www.dvidshub.net/image/953970/osprey-lands-japanese-ship-first-time
DVIDS - Images - Dawn Blitz 2013 [Image 1 of 9]: 「ひゅうが」エレベーター上のオスプレイ。
http://www.dvidshub.net/image/953931/dawn-blitz-2013
DVIDS - Images - Osprey lands aboard Japanese ships during Dawn Blitz 2013 [Image 1 of 8]: 「しもきた」に着艦するオスプレイ。
http://www.dvidshub.net/image/953905/osprey-lands-aboard-japanese-ships-during-dawn-blitz-2013

今回のドーンブリッツ演習は自衛隊が初参加していますが、イージス艦とヘリ空母と揚陸艦を1隻ずつ、そしてチヌークとアパッチを持って行くという大掛かりな参加兵力で、海外演習ではこれまでにない異例の規模です。実施時期と開催場所(カリフォルニア州)が中国の習主席の訪米会談と重なったせいか中国側はドーンブリッツ演習の中止を要請しましたが、アメリカは聞き入れませんでした。
15時16分 | 固定リンク | Comment (59) | オスプレイ |
2013年06月07日
6月の後半にイギリスのミルデンホール空軍基地にオスプレイが新たに配備されます。この基地はアメリカ欧州軍(USEUCOM)隷下のアメリカ空軍特殊作戦軍団(AFSOC)第352特殊作戦群(352nd SOG)が駐留しており、新たにCV-22オスプレイ×10機とMC-130JコマンドゥU×2機の合計12機が配備される予定です。この機材は入れ替えではなく追加で配備される新規展開扱いで、新たに兵員380人とその家族の合計900人が基地周辺に住む事になります。

RAF Mildenhall: US Air Force plans expansion - BBC News (6 June 2013)

New aircraft to bring economic boost to Mildenhall - Eastern Daily Press (6 June 2013)

現地イギリスの報道ではBBCを含めて簡素な扱いで、基地周辺住民の反対運動は起きていないのか伝えられておらず、むしろ基地機能拡大による新たな経済効果が町にもたらされるという論調です。地元の地区協議会も歓迎を表明しています。イギリスではオスプレイ配備に関して日本のような異常な過熱報道は全く行われていません。

CV-22
※訓練で水中工作班をホイスト回収するCV-22オスプレイの様子
23時24分 | 固定リンク | Comment (80) | オスプレイ |
2013年06月05日
5月31日の第三海兵遠征軍のリリースでは6月中に普天間基地に新型攻撃ヘリコプター「AH-1Zバイパー」が来ると書かれていましたが、実際にはまだ新機種に改編されていないHMLA-167(第167海兵軽攻撃ヘリコプター飛行隊)のAH-1Wスーパーコブラが来るようです。UDPは半年間の展開なので、今年中はまだバイパーは来ない事になります。

Marine Corps ramps up aviation rotations to Japan | Marine Corps (Jun. 4, 2013)
Okinawa aircraft numbers return to pre-war levels
http://www.marinecorpstimes.com/article/20130604/NEWS/306040032/Marine-Corps-ramps-up-aviation-rotations-Japan
Eight rotary-wing aircraft will accompany the Marines when they deploy, said 1st Lt. Taylor Clarke, a public affairs officer with III MEF: HMH-772 will arrive with four CH-53E Super Stallion heavy-lift helicopters; HMLA-167 will bring four AH-1W Super Cobra attack helos.

UDP; Unit Deployment Program(部隊配備プログラム。アメリカ本土ないしハワイから幾つかの部隊が持ち回りで半年間だけ前方へ展開する。)

最初の「6月に普天間基地にAH-1Zバイパーを配備」記事が間違っていた事をお詫び致します。海兵隊の攻撃ヘリコプターは新機種AH-1Zバイパーに更新している最中で、HMLA-267飛行隊などは既に切り替わっています。新型機バイパーが普天間基地にやって来るのは来年になると思います。
23時48分 | 固定リンク | Comment (36) | オスプレイ |
2013年06月01日
在沖縄海兵隊の新たな公式リリースにより普天間基地へ新型攻撃ヘリコプターが配備される事が分かりました。配備される航空機は、CH-53Eスーパースタリオン(重量物輸送ヘリコプター)4機、AH-1Zバイパー(攻撃ヘリコプター)4機です。

在日米海兵隊、航空部隊配置計画を再開 | 第三海兵遠征軍

普天間基地の重量物輸送ヘリコプターと攻撃ヘリコプターはアメリカの基地から4機ずつの分遣隊を交代しながら派遣するローテーション配備方式です。CH-53Eスーパースタリオンは何時も来ているお馴染みの機種ですが、AH-1Zバイパーはこれまで配備されて来たAH-1Wスーパーコブラに大改造を施し、エンジン出力の大幅なパワーアップやメインローター4枚化、グラスコクピット化などが行われた実質上の新型機です。

AH-1Z
※AH-1Zバイパー攻撃ヘリコプター。

普天間基地には昨年2012年5月にも偵察連絡用の新型汎用ヘリコプターUH-1Yべノムが配備されています。昨年はMV-22オスプレイの普天間基地配備が大きな話題となりましたが、しかしUH-1Yべノムは全く話題になりませんでした。
 
UH-1Yヴェノム普天間基地2012
※2012年5月にC-17輸送機で普天間基地に搬入された新型汎用ヘリコプターUH-1Yべノム。

UH-1YとAH-1Zは新型機ですが、沖縄では配備反対運動は起こっていないようです。


【訂正記事】(2013/06/05)6月に普天間基地にUDPで来る攻撃ヘリコプターはHMLA-167のAH-1Wスーパーコブラ
20時33分 | 固定リンク | Comment (127) | オスプレイ |
2013年05月12日
5月10日の星条旗新聞「再評価:ティルトローター・オスプレイはアフガニスタンで高評価を獲得」という記事で最新のオスプレイの稼働率が掲載されていました。今年最初の三ヶ月間の稼働率は86%、十分以上の好成績を収めています。

Reputation remake: Tilt-rotor Osprey wins fans in Afghanistan - Stars and Stripes
The aircraft’s maintenance record has clearly improved. For a three-month stretch in 2007 and 2008 in Iraq – also a tough, dusty environment – the Ospreys had a "mission capable rate" of 68.1 percent, according to a GAO report. That’s the percentage of time that an aircraft is in good enough repair to perform at least one of its standard missions. At that time in Iraq, about 85 percent of the standard helicopters were mission capable.

For the first three months of this year, however, the Ospreys in Afghanistan had an 86 percent mission-capable rate, according to the Marine Corps.


オスプレイは過去、イラクでの2007年〜2008年の3ヶ月間に稼働率68%でした。それがアフガニスタンで今年2013年初めの3ヶ月間に稼働率86%を記録したそうです。乾燥した砂漠地帯の細かい砂塵は航空機にとって厳しい環境ですが、平均以上の稼働率を達成しています。


MV-22 Osprey Maintenance, U.S. Marines, Camp Bastion, Helmand Province, Afghanistan

アフガニスタンのバスチオン基地で整備を受けるMV-22オスプレイ。VMM-162ゴールデンイーグルス。
02時09分 | 固定リンク | Comment (138) | オスプレイ |
2013年04月28日
3月20日、アメリカ海兵隊のマシュー・グレイビー准将はバージニア州の講演でMEU(2000〜2500人規模で編成される海兵遠征隊)より小さな独立戦闘単位を提唱しました。兵員数500人(戦闘兵は約半分225人)、揚陸艦に頼らずオスプレイと空中給油機による空中機動で成立させる有事即応部隊です。昨年9月にリビアで米大使が殺害される事件に対応出来なかった反省から緊急的に対応できる部隊として用意される事になりました。そして4月24日、第一陣がスペインのアンダルシア州セビリア県モロン・デ・ラ・フロンテラにあるモロン空軍基地に到着しています。

After Benghazi, Marines approved for crisis response force – CNN Security Clearance
U.S. Marine rapid response force deploying to Spain base – CNN Security Clearance

米海兵隊、有事即応部隊をスペインに配備 アフリカにらむ - CNN

ユニットは6機のMV-22オスプレイと2機のKC-130J空中給油/輸送機で構成され、出動命令から6時間以内に出撃態勢を整え、12時間以内に500人の海兵隊戦闘部隊を危機点に進出させます。ライフル兵の他に最大火力は120mm迫撃砲が用意出来ます。オスプレイの機内には120mm迫撃砲と汎用車両グラウラーITVを収納可能です。通常は1個飛行隊は12機が定数なので、この新編成は半個飛行隊となります。スペインには米本土東海岸の部隊が持ち回りで交代しながらローテーション配備される事になるでしょう。海兵隊ですが揚陸艦が不要な編成で、オスプレイを用いた空挺部隊、それも特殊部隊に近い運用になります。

〜 can be deployed without the permission of a local government if ordered to do so, 〜

「現地政府の承認無しに展開する事も出来る」とあります。

大西洋横断セントジョンズ〜モロン

実は4月24日にカナダのセントジョンズ国際空港にオスプレイとKC-130が集まっていた事は空港のTwitterアカウントが報じていました。ニューファンドランド島セントジョンズは北米大陸で最も大西洋側に突き出しており、大西洋を横断する際の北米側出発点であるので、この一団がヨーロッパに移動する事は予想していましたが、何をする部隊かは今になって理解出来ました。8機のオスプレイと4機のKC-130が集まっていましたが、多めに居る分は予備機なのでしょう。


ヨーロッパには今年中に空軍特殊作戦型CV-22オスプレイがイギリスのミルデンホール空軍基地に配備される予定でしたが、それより先に海兵隊のMV-22オスプレイがスペインのモロン空軍基地に配備される事になりました。どちらも似たような性格の任務に投入される部隊になりますが、ミルデンホールのCV-22オスプレイ空軍型は予め準備した特殊作戦を狙って実行する先制攻撃型の隠密特殊部隊であり、モロンのMV-22オスプレイ海兵隊型は突発的な緊急事態に対処する受け身型の自国民救出部隊であると考えると、役割が分担されている事が分かります。後者の任務は事態の推移によって増援が必要になる場合もあり得るので、特殊作戦軍よりも纏まった数を送り込める海兵隊が適しています。
21時18分 | 固定リンク | Comment (149) | オスプレイ |
2013年04月20日
以前から交渉中と伝えられていたイスラエル向けオスプレイ売却が近日中に正式決定する模様です。今月末にヘーゲル国防長官がイスラエルを訪問した際に正式発表されるとのことです。アメリカ以外へのオスプレイ売却はこれが初になります。

USA to approve V-22 sale to Israel - Flightglobal
(米国はイスラエルへのV-22の販売を承認する)

これまでイスラエル側はオスプレイ購入を熱望していましたが、機体価格が高価過ぎる為に二の足を踏んでいました。そこでアメリカ側は価格の安いCH-47チヌークも並行して提示していましたが、イスラエル側は将来的にイランで作戦を行う可能性を念頭に置いて、オスプレイの長大な航続距離がどうしても必要だったのでしょう。戦闘捜索救難(敵地で脱出した戦闘機パイロットを救出する任務)が目的なので、特殊作戦仕様のCV-22を購入する事になると思われます。

CV-22オスプレイ
(米空軍特殊作戦軍団AFSOCよりCV-22オスプレイ)

※イスラエル仕様のオスプレイは砂漠迷彩色に塗装される筈です。
参考イラスト→@Zephyr164 / IDF CV-22B http://twitpic.com/ckt7se


■イスラエル、安全性問題視せず=米国外で初のオスプレイ導入 - 時事通信社
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013042300879

【エルサレム時事】米国の新型輸送機オスプレイの初めての海外売却先がイスラエルに決まった。ヘーゲル米国防長官とヤアロン国防相が22日、会談し合意した。日本では在日米軍の配備するオスプレイについて、安全上の懸念を指摘する声があるが、イスラエルでは特に問題視されていない。ヤアロン国防相は「最新鋭兵器の供与」への感謝を述べ、米国外に初めて売却されることを歓迎している。(2013/04/23-19:33)
12時58分 | 固定リンク | Comment (145) | オスプレイ |
2013年04月16日
16日、韓国で行われている米韓合同軍事演習フォールイーグル2013に参加していたアメリカ海兵隊の普天間基地所属ヘリコプター「CH-53Eスーパースタリオン」が、韓国北部江原道鉄原郡のDMZ付近で緊急着陸し乗員が脱出後に機体は大破炎上しました。

CH-53E Super Stallion helicopter hard landing - U.S. Forces Korea (在韓米軍の公式発表)

철원지역에서 추락한 美軍 헬기 CH-53E - 한국일보 (韓国日報、墜落機の写真)

乗っていた21人(乗務員5人、兵員16人)のうち15人は既に退院、入院した6人の容体は安定しています。北朝鮮との緊張が高まりつつある中で38度線付近での事故ですが、北朝鮮の攻撃や破壊工作などの様子は無く、単なる事故の模様です。普天間基地所属の海兵隊ヘリコプターは2ヵ月前にもタイでの演習中に大破炎上しており、事故が相次いでいます。

(2013年02月23日)普天間基地のCH-46がタイで演習中に大破炎上

また韓国では2012年6月29日に南部の浦項市で、アメリカ海軍のMH-53Eシ―ドラゴン(CH-53Eの掃海ヘリコプター型)が畑に墜落しています。

(2012/06/29)U.S. military helicopter burned after emergency landing in southern S. Korea - Yonhap News

MH-53Eは昨年、イエメンやバーレーンでも重大事故が相次ぎ、部隊指揮官が更迭されています。
20時54分 | 固定リンク | Comment (59) | オスプレイ |
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。