2008年01月21日
軍事板常見問題は諸般の事情で暫く閲覧できませんでしたが、元々あったミラーサイトと新サイトが立ち上がり、再稼動しています。


軍事板常見問題(ミラー版)

軍事板常見問題(眼力版)


さてこのお知らせだけじゃ少しアレなので、某国産対潜哨戒機の激安価格について紹介。例によってCHFさんの所より。


AIのあるP-1 - CHFの日記 - 恐るべき価格破壊
前回P-1とP-8AのPCU比較を初年度調達単価ベースでしたが、初年度はライン構築費用などが入っており平均価格よりも高くなる傾向がある。

当然ながら平均量産単価はそれよりもっと安くなるのが当たり前なのだが、それに関して海自がある意味ふざけ過ぎの見積もりをしていた。

http://www.mod.go.jp/msdf/formal/about/mame/budget/3.pdf

70機調達の場合で平均量産単価は124億円、だそうである。

既に十分お得な初年度単価より更に46億円も安い、これがどういうことか判るだろうか。

PCUに直してP-8Aのそれと比較すると、実に2倍前後もの差があるのだ。

エンジンまで含めて新規開発で更に上記の様な豪華機材満載、それが既存エアフレーム流用機のおよそ半額というのだから・・・


やっすいなぁ・・・P-8Aがとうとう250億円超の単価になりそうなのに、P-1はその半額以下に収まるんですか。
20時56分 | 固定リンク | Comment (121) | 雑談 |

2007年12月22日
昨日立ち寄った書店で見つけて購入しました。


黒騎士物語


SATマガジン2008年1月号別冊。単行本サイズではなく雑誌サイズの大きな本です。書き下ろしもあるので通常版を持っている方にもお勧め。現在Amazonの通販では見当たらないので、本屋を巡って各自見つけ次第レジに持っていってください。

小林源文先生の代表作「黒騎士物語」。連載はホビージャパン誌で20年以上前、1982年頃の話ですから、当時の私は・・・2歳前後? 当然、連載中には読んでません。だから初めて読んだのは中学生か高校生の頃になります。其処から数えても10年経ってます。

若い人達の中には「黒騎士物語」を読んだ事の無い人も大勢居るかもしれません。ちょうど良い機会ですので、小林源文先生の原点とも言える作品を知って貰いたいですね。

やっぱり、「どくそせん」は読んだけど「黒騎士物語」は読んでない、というのはちょっと勿体無いと思うので。
22時01分 | 固定リンク | Comment (60) | 雑談 |
2007年11月24日
皇国の守護者 Amazon.co.jp


ウルトラジャンプで連載されていた漫画版「皇国の守護者」は突然の打ち切りで連載終了、5巻で完結。正直、勿体無いとしか言いようがないです。伊藤悠先生の描く短躯・三白眼の新城直衛のデザインは、凄く気に入っていたのですが、今後、見ることは出来ないのですね。返す返すも残念でなりません。

打ち切りの原因は原作者の佐藤大輔氏にあると噂されていましたが、<理不尽な打ち切り 皇国の守護者5巻を読んで:日々だらくだるくの考察にあるとおりなんでしょうか・・・その可能性が高いのだとすると、他の雑誌社での再開も望めず、これでお終いということになってしまいます。どうにもなりそうにありません。・・・伊藤悠先生、これまで御苦労様でした。新たな作品での御活躍を願っています。

打ち切りの恐怖と言えば、長谷川哲也先生の「ナポレオン〜獅子の時代〜」も連載が続くのか心配しているのですが、単純に雑誌が休刊になったり編集部の方針で打ち切りになったのなら、読者の人気があるならば他所の雑誌での連載再開も望みが有ります。

ですが「皇国の守護者」の場合は人気があるにも関わらず連載再開の望みが薄いのですから、どうにもやり切れないですね。
22時36分 | 固定リンク | Comment (50) | 雑談 |
2007年10月21日
♪キエフ発の輸送列車降りた時から〜ハリコフ駅は雪の中〜

どくそせんのP57でシュガポフが口ずさんでいた替え歌「スターリングラード冬景色」、何時の間にやら話題の初音ミク(唄)でニコ動に登場していた模様。



さよなら祖国 私は帰れません

初出は何処からでしたっけ・・・もう10年以上前から存在しているみたいで、歌詞もさまざまなバージョンがあります。自分の記憶している歌詞と少し違うような・・・何方か正式な歌詞、知ってますか?(替え歌に正式も何もないもんだが)
22時59分 | 固定リンク | Comment (71) | 雑談 |
2007年10月18日
黒影さんの所から。

『世界で一番大きな生物は何でしょう?』:幻影随想

これには引っ掛けられました。私なんかはシロナガスクジラのところで思考がストップしちゃってましたから。それにしてもスケールの大きな話です。「軍隊」ならぬ「群体」の集合体・・・その圧倒的に巨大なそれは、色々な想像を掻き立てます。何処かの惑星の海の中に、コケムシのような群体生物が居て、それが恐ろしく超巨大で・・・有り得そうな話ですね。

いや実際にガメラに出てきたレギオンみたいな怪獣が居たら面白い大変なんですけど。(ただこの怪獣、設定を読む限り群体生物というわけでは無いみたいですけど、聖書から引用したフレーズが良い感じです)

群体生命体が喋ったら面白いだろうなぁ。

『我が名はレギオン、大勢であるが故に』
20時53分 | 固定リンク | Comment (59) | 雑談 |
2007年10月14日
祭りの手作りロケット破片落下、見物客ら4人重軽傷 [10/14 読売新聞]

この記事のタイトルを見たとき、「打ち上げ花火じゃなくてロケット?」と思っていたら、結構本格的な手作りロケットなんですね。しかもそれが古来より続く伝統的な祭りとは。


龍勢まつり-吉田観光協会
龍勢とは、「椋(むく)神社秋の大祭」に奉納する神事として、代々伝承され続けてきた「手作りロケット」のことです。櫓にかけて打ち上げる様が、龍の昇天の姿に似ていることから龍勢と呼ばれています。

ロケット推進の噴射によって約五百メートルの高さまで上昇するもので、土地の古老より構造や火薬の取り扱い方などを伝承した若衆が製造します。伝承技術の相違によって二十七流派あり、それぞれが独自の工夫をこらすため、各龍勢も個性的なものに仕上がります。

観客が打ち上げの成功を一喜一憂する中、十数分おきに三十数本の龍勢が打ち上げられます。


龍勢の構造も詳しく載ってます。ロケットモーター部分の構造は意外と本格的なんですね。でも最大射高500mですから、テロ攻撃には到底使えない性能です。(ハマスが使う攻撃用自家製ロケット・カッサムで約射程10km。Qassam rocket - Wikipedia)・・・いやまて、日本の左翼過激派が使う自家製迫撃砲(鉄パイプ仕様)がら撃つ「金属弾」と同程度かそれ以上に飛びますね。最大射高500mなら水平に800mくらいは飛びそうですから。(勿論、テロに使うには大き過ぎてバレバレです)・・・って、話をテロから離しましょう。

今回の「竹を使ったロケット」と聞いて、ふと思い出したのがこの本土決戦兵器です。

★対空噴進爆槍 -(藤田兵器研究所

もし「B-29は竹槍で落とせるのか?」という命題に対し、「夜間爆撃で低空飛行を行う敵機に対しては、有効です!」だなんて真面目に答えが返ってきたら、怖い話だなと思いました。最大射高500m・・・うん、いけなくもない(何がだ)
23時19分 | 固定リンク | Comment (59) | 雑談 |
2007年10月02日
ヤングキングアワーズ、今月号は長谷川哲也先生の「ナポレオン〜獅子の時代〜」が表紙です。


アワーズ11月号
大欧州、男魂∞!!!


何という煽り文句。まさに大陸軍万歳。
素の表紙は↓以下を参照。

表紙ロゴ無し

注:長谷川哲也先生は公式サイト「超低金利漫画家 長谷川哲也のホームページ」の冒頭において、
「このホームページにおける文章、画像の無断転載はぜひやれ! 漫画家 長谷川哲也」と豪快に宣言なさっています。(流石です。ちなみに関係無いですが、長谷川先生のお父さんは元海上自衛隊の厳格な方で、お母さんはナポレオンの母レティッツィア顔負けの肝っ玉看護婦だったそうです)

私はこの「ナポレオン〜獅子の時代」が、現在のアワーズ連載陣の漫画の中で「ヘルシング」の次に好きな作品で、毎月心待ちにしています。ヘルシングはクライマックスに向かう真っ最中で、もうすぐ最終回が来ますから、これからはナポレオンが唯一の楽しみになるのかなぁ・・・小だまたけし先生の「平成COMPLEX」が打ち切りだったと知った今では、アワーズを立ち読みせず毎号買う理由はもう長谷川先生のナポレオン漫画だけになりそうです。

アワーズ冬の時代はもう直ぐ其処に来ています。「トライガン」は既に終わり、「ヘルシング」「ジオブリーダーズ」といった主力連載陣が軒並み最終回に近づきつつあります。梃入れとして野上武志先生の新連載「月の海のるあ」が始まったり(零式水上観測機「零観」が活躍する冒険漫画。詳細はこちら)、六道神士先生が「エクセルサーガ」と「ホーリーブラウニー」の同時連載を始めたり(エクセルサーガもクライマックスか)、宮尾岳先生の「並木橋通りアオバ自転車店」が新装開店した上でアワーズにも来月号から登場(ヤングキング誌と並行連載)と色々な動きがあるわけですが・・・

長谷川哲也先生の「ナポレオン〜獅子の時代〜」が看板作品になればいいんじゃないかと思っています。いや、もう看板作品でしょう。この時代の大河ドラマ、戦争劇画を描いた作品は非常に少ないです。ナポレオンを題材にした漫画はおろか、伝記や資料も日本では数少ない(特に資料が少ないので困る)。漫画だと「ベルサイユのばら」の作者である池田理代子先生が「栄光のナポレオン―エロイカ」を描かれたくらいで、他には存在しないと思います。勿論これは少女漫画ですから、漢らしい漢達を描いた戦場劇画は、長谷川ナポレオンだけ。その描写は、敢えて史実と異なる演出(俗に「長谷川マジック」と呼ばれる)をも行う大胆なものがあるので、好き嫌いは分かれるかも知れませんが私は一押しの作品です。(歴史資料的部分は研究家の兒玉源次郎氏による解説コラム「大陸軍戦報」も併記されているので、きちんとした勉強にもなります)

現在、「ナポレオン〜獅子の時代〜」は7巻まで出ています。(10月9日に8巻が出ます)初期のタッチを見ると現在ではかなり変わってきた感じです。初期は「北斗の拳」チックなのですが、それもその筈、長谷川先生は原哲夫先生のアシスタントをしていました。ナポレオンを最初に見た時、それ以前に長谷川先生が書いた漫画「アラビアンナイト」の頃とはかなり違ったタッチだったので驚きはしましたが、今ではアラビアンナイトの頃とも原哲夫アシスタント時代とも別の、長谷川先生らしいタッチで描かれている感じがします。私は今の画風が好きですね。

もしかしたら先生の割り箸の削り方が上手くなったのかもしれません。

割り箸漫画
(↑クリック拡大)

先生・・・いくらGペンが生産中止だからって・・・ちなみに竹本泉先生はペン先10年分のストックを確保しているそうですよ。

ところでこの漫画、最初はアウステルリッツ会戦の描写から始まり、その後にナポレオン誕生から始まる伝記ストーリーになるわけですが、1〜7巻の内半分くらいがフランス革命の詳しい描写(いや長谷川マジック炸裂か)に割いており、ロベスピエールが主人公になっているような気もしますが気にしてはいけません。(其処が良いのだという意見も多数)


死刑


市民革命の指導者達や民衆がお互いを呼び合うときに「市民○○」と呼ぶスタイルは、後の共産主義者達が真似て「同志○○」としたのだな、とよく分かります。革命とは血生臭く、ギロチン(断頭台)の露と消えていった大量の犠牲があった事を、これでもかこれでもかと生首を落として訴える・・・そんな漫画です。是非とも読んで欲しい作品です。(あれ何か方向性が違うような気が)市民革命で国王を処刑した後に皇帝を誕生させた(何をやっとるんだこの国は)フランスの数奇な歴史を描く伝記漫画です。

アワーズ今月号では1796年イタリア戦線「カスティリオーネの戦い」が壮大に描かれています。分散して進撃してくる敵を合流前に攻撃し、内線作戦による各個撃破で殲滅して行く。そして9年後の「アウステルリッツ会戦」では、「戦争論」を書いたクラウゼヴィッツをして「戦争芸術の粋」と言わしめた華麗な戦術。まさに軍神。このような人物が僅か200年弱前に存在してたという事実に驚きを覚えます。「英雄」とは、100年周期くらいで現れたりするものなのでしょうか・・・。


07時54分 | 固定リンク | Comment (76) | 雑談 |
2007年09月20日
入手してから一週間以上経ってようやく「どくそせん」を読み終えました。例によって先にEXCEL氏の漫画パートを読んだ後に、内田弘樹氏の文章パートを読んだ訳ですが、なかなか読み応えがありました。とはいっても私自身は欧州戦線にあまり詳しくないので(だからこそ独ソ戦を知る上での入門書として楽しく読めました)、内容の正確性については判断が出来ませんが、他の人からツッコミが入っていないようなので大きな問題は無いでしょう。独ソ戦についてなんとなく知っている程度・・・の知識だったら、戦いの全体の流れを掴む上でお勧めの一冊です。

いや文章パートは至って真面目ですよ。漫画パートは少しハッチャけてますけど。(お 

EXCEL氏の漫画には「してやられた!」って感じですね。縞騎士バウアーがあまりにもネタキャラ化しているせいか、反動で敵役のシュガポフが本家「黒騎士物語」とは逆に常識人と化しています。ロシア人はもっとイカれたキャラにすべき・・・いや、そんな事したら話の収集が付きませんね。御免なさい。(とはいえ縞騎士版シュガポフのキャラは可愛くて好きです)もうここまで来たら漫画パート単独で本を出しましょう。(輪●ネタは無しの方向で)そして最終的にはアニメ化を!・・・・ぇ、無理?今度こそ真面目な人に刺される? 大丈夫大丈夫、誰かが言っていましたが「EXCELさんの描く絵にはなんというか、"愛"があるよね」との事ですから、きっと皆、分かってくれますよ。



表紙書籍の紹介
どくそせん

どくそせん

著者: 内田弘樹, EXCEL
価格: \1,700
言語: 日本語
サイズ: A5版
出版社: イカロス出版
ISBN-10: 4871499634
ISBN-13: 978-4871499637

Amazon.co.jp



なお、本書内での「どくそせんコラム」なるキャラアイコン対話形式の解説に目を付けた私は、EXCEL氏と交渉(無茶なお願い)をしています。上手くいったらこちらで独自の企画を行っていく予定です。
00時51分 | 固定リンク | Comment (57) | 雑談 |
2007年09月17日
週刊Объект
Designed by 寄星座



世界に拡がるT-72の威光マガジン USo800号
「週刊オブジェクト」最新号

ネットウヨク?
軍事オタク?
釣り人?
話題の人物に迫る
独占レポートッ!





というわけで、軍事板常見問題の消印所沢氏に色々と尋問されました。その報告です。なお、このシリーズは連載化されるそうです。(既に第二回目は人選済み)
02時07分 | 固定リンク | Comment (65) | 雑談 |
2007年09月05日
発売おめでとうございます二年前、田村尚也(著)&野上武志(イラスト)による「萌えよ戦車学校」が異例のヒットを記録してから、これに続けとばかりに萌え系軍事本が溢れ出しました。最近ではとうとう、システムソフト・アルファが「大戦略」シリーズをベースに「萌え萌え2次大戦(略)」なるゲームを出す始末。ブームといえばブームなんでしょうが、2匹目の泥鰌を狙った粗製濫造も多くて、何かが違う気がする・・・と思っていた矢先に、遂に真打ちが登場します。

イカロス出版、狂気の計画。内田弘樹 (著)&EXCEL (イラスト) がお送りする、独ソ戦解説本「どくそせん」が9月7日に発売されます。EXCEL氏曰く、「多分イカロス出版の萌え本シリーズの中で一番萌えない本になるんじゃないかと思います」だそうです。それなら私的に期待大だ、と盛り上がっていたところ、しかしその実態は私の想像を絶する恐るべきものでした・・・。



どくそせん
注:この帯はコラではありません。



一等自営業先生ッー!!!

なんてこった・・・イカレス出版、どうやって小林源文先生のお墨付きを・・・ということは、「黒騎士物語」の登場人物をパロディにして登場させる許可を得ていると・・・つまり、


どくそせん バウアー


この二人は同一人物(バウアー)なのです。(無理が通れば道理は引っ込む)


真面目な人に刺されそう


いやいや、そのぐらいの覚悟はしないと。(でもセンセが自ら許可したのだから大丈夫?)

さてはて、その中味は・・・


どくそせん


ちゃんと戦争してますよ。EXCEL氏に言わせるとギャグネタも多いそうですが、独ソ戦についての流れを初心者向けに分かりやすく紹介する、真面目な本だと内田弘樹氏から聞いています。「萌えよ戦車学校」もそうでしたが、外見からするといい加減なように見えて、実は中味の造りはしっかりしているからこそヒット作品になったのだと思います。「どくそせん」はそれ以来のヒット作品になる可能性を秘めている・・・と良いですねぇ。それにしても一等自営業先生描き下ろしのバウアー帯は強烈なインパクトです。こんなのアリなのか。



表紙書籍の紹介
どくそせん

どくそせん

著者: 内田弘樹, EXCEL
価格: \1,700
言語: 日本語
サイズ: A5版
出版社: イカロス出版
ISBN-10: 4871499634
ISBN-13: 978-4871499637

Amazon.co.jp


なおAmazonでは8/31に発売された事になっていますが、実際の発売日は9/7となっています。
21時24分 | 固定リンク | Comment (136) | 雑談 |
2007年06月18日
先月、5/1の記事のコメント欄で盛り上がった「衝撃!イタリア軍パスタ伝説はデマだった!?」という話題では、「萌えよ戦車学校(2型)でもネタにしてたからやばいしなあ」というレスがありました。しかし、イタリア軍パスタ伝説は悪意のある捏造ではないですし、本当にあった笑い話の類だと皆信じ込んでいた(私も信じていた)ので、それほど気にする必要は無いと思っていたのですが・・・

しかし野上武志先生は上記コメントを見て気にしていたらしく、今月21日発売の雑誌「MC☆あくしず」 Vol.5で、「イタリア軍砂漠でパスタ事件」の訂正マンガを掲載することになりました。

実はパスタ伝説を否定する吉川和篤先生の『イタリア軍入門』はイカロス出版から出ていて、『萌えよ!戦車学校 2型』『MC☆あくしず』と同じ出版元だったりします。だから連携が容易だったのか、訂正漫画では吉川和篤先生が特別ゲストとして直接出演している模様です。しかしこういった形で訂正漫画を載せるというのは珍しい企画でしょうね。普通ならスルーされてしまうものですし…きちんと訂正を行う姿勢は、とても誠実なものだと思います。

ちなみに「MC☆あくしず」の全体の内容に付いてですが・・・流石は「どこに出しても恥ずかしい軍事雑誌」を自称しているだけのことはありますね・・・ハッチャけています。ですが、結構売れているらしい。

2年前に『萌えよ!戦車学校』が出版された時もそうでしたが、野上先生が漫画でロシア娘に「オブイェークト」と唱えさせたと聞いて、購入してチェックして見ましたが、軍事的な記述内容はかなり正確で殆どツッコミ所が無かったように記憶しています。見た目と裏腹に土台がしっかりしているんですね。そして間違いが見つかったらきちんと訂正するという誠実な対応は評価が高いです。


・・・どこぞの御偉方にも見習って欲しい姿勢ですね。
23時08分 | 固定リンク | Comment (95) | 雑談 |
2007年06月02日
今日は車を使って長距離遠征してきたのですが・・・



フグ

フグ

フグ



こんなのしか釣れなかったお( ^ω^)

いや、港の奥で馬鹿でかい黒鯛が泳いでるのを見つけて鼻先に落としてみたんですが、見向きもされずに悠然とスルーされてしまい、こんな事に。日中はクサフグがワンキャストワンヒットの勢いでした。
22時31分 | 固定リンク | Comment (54) | 雑談 |
2007年05月06日
今年の初釣りはゴールデンウィークに行いました。しかし最終日の今日は生憎と天候が悪く、雨が降る中での釣行となりました。沼の状況は蓮がちらほらと水面上に姿を見せ、水路には浮き草が浮き始めている状況。ジタバグのウィードレスも持っていきましたが、完全にオープンな状況が少なく、使いずらいので使用ルアーはフロッグで始めました。

今期からリールにシマノのスピードマスター201を投入、更なる軽量化を追及しています。スコーピオンがベースですが最大ドラグ耐力は6kgとカルカッタ400(5kg)よりも高いくらいで、ラインキャパシティも自分の行くフィールドでは十分なもの。ロッドは今までどおりホッツのシャドウライズSR-59バンタムです。

釣りを開始してから5分くらい後、足元にかなり大きなライギョが居るのを発見。どう見ても80cmどころか90cm以上はある・・・こんな大きいのはここ2年、見たことが無い・・・気持ちを落ち着かせながら目の前にフロッグを投入。しかし反応なし。目の前でアクションを付ける。やっぱり反応無し。

よく見たら2匹居る? 浅瀬でのたうっているのは、まさかお食事どころの騒ぎじゃない? ・・・どう見ても繁殖シーズンです、本当にありがとうございました。やはり一ヶ月は遅らせて釣りに行くべきだったのだろうか。

とりあえずこの大きいのはルアーなど眼中に無いようなので、横の水路で単独で居るライギョを発見、それを釣ることにしました。



ライギョ



フロッグ投入直後にアタックがありましたが、掠ることすらなくライギョは明後日の方向に突撃。反転して二度目のアタックを仕掛けるも、口の中に納まらずに鼻先がフロッグに当たったらしく、フロッグは空中に放り投げられました。ポーンと飛んだ後に着水後、三度目のアタック。ようやくにしてフッキング。これらは全てワンキャスト中の出来事です。

しかし毎度思いますが、捕食行動が下手糞な魚だ・・・こちらは三度目のアタックまで一度も合わせを入れてないのですが・・・。

釣り上げたコイツは小さいです。70cm程度。しかしもっと大きいのを目撃した以上、今期こそは久しぶりに90cmオーバーを上げるべく、通いつめてみようかと思います。
22時35分 | 固定リンク | Comment (32) | 雑談 |
2007年02月22日
1週間前にMAD『機動魔導師なのは「なのは破壊命令」』を見た時に、ようし、久しぶりにアニメを観ようと決意しジャイアントロボ以来遠ざかっていたアニメを観るべく、「魔法少女リリカルなのは」のDVDを買う事にしました。ちなみにジャイアントロボのDVDは妹が持っていた奴なので、アニメDVDを買うのは生まれて始めてです。ビデオならば機動戦士ガンダム第08MS小隊を買った時以来ですね。


↓大元のYOUTUBEに投稿された動画


↓決断のキッカケとなったニコニコ動画(コメントが付けられる)


まずはこの道の先駆者である知り合いのたれ君の洗脳布教を受け、とりあえず第1期のDVD全5巻を購入。(あれ、レンタルじゃなく新品買ってるのは何故だろう?)ちなみにたれ君は身長2m近いアーミテージ風味の巨漢で、とても爽やかな好青年(まだ未成年)です。いや直接会った事は無いから伝聞ですが。ちなみに彼が既に読破した軍事関係の書籍・資料は膨大なもので、間違い無く私より知識があるだろうなと思います。そんなたれ君からアドバイスを受けつつDVDを購入。

暫く忙しかったので観ていませんでしたが、ようやく時間が取れたので観る事が出来ました。・・・これはいい。何故「魔法」ではなく「魔砲」少女と呼ばれているのか理解できました。下手なモビルスーツ戦より面白い。買って損は無かった。第2期のA'sも買おうと思います。

しかしパソコンのTFTモニターで観るのとTVモニター(ブラウン菅)で観るのとでは画質(発色)に大幅に差がある…差があるのは聞いていたけれど、こんなに差があるとは思いませんでした。パソコンのモニターでは幾ら色調整してもどうにもなりません。決して安い奴ではないのですが。

やっぱり自宅用にTV、買おうかなぁ。
23時58分 | 固定リンク | Comment (71) | 雑談 |
 【ワシントンUSO800】アメリカ空軍参謀総長マイケル・モズリー大将は22日の記者会見で、「F-22の見た目の怖さが問題だ」と嘉手納基地へのF-22戦闘機配備に懸念を表明した宮城篤夫・嘉手納町長に対し、「戦闘機に可愛らしさを要求する日本人の感覚にはついていけない」と、最近の日本文化に氾濫する「萌え」概念がとうとう軍用戦闘機にまで波及した事に嘆きの声を上げた。

 また参謀総長はF-22の一時配備が負担軽減の流れに逆行するとの指摘に対し、「嘉手納基地は一時的に負担が増えるが、一方で普天間基地のヘリコプターはイラク投入の為に一時的に全機出払っており、騒音被害は少なくなっている」とし、沖縄全体での負担は増えていないとの認識を示した。

 F-22の恒久配備の可能性に付いて日本の時事通信が「F22の沖縄本格配備に意欲」と報道している事に対しては、次のように説明した。

 「私は「米国にとって抑止力を示す必要がある地域への展開能力を示す」と一時配備の展開について言ったまでであり、「本格配備」とか「恒久配備」を示唆するようなことは一言も言っていない」と時事通信の報道を否定、近い将来にF-15戦闘機の代わりに恒久配備する予定があるのはF-22ではなく、F-35戦闘機であると説明。(F35配備先 嘉手納検討/星条旗紙報道)F-35はF-22よりも小さな機体であり威圧感も少なく、エンジンも一基のみ搭載で騒音は少ないという。

 その上で前述の嘉手納町長の要求に対し、「配備計画はF-35Aを予定していたが、地元住民の要望を最大限実現できるよう努力をしていきたい」と、見た目が可愛い戦闘機の配備を求める嘉手納の期待に答えるべく、垂直上昇・下降時に「猫耳モード」を変形に組み入れた垂直離着陸タイプのF-35Bの配備に変更する考えがある事を示した。なおこの形態は大型リフトファンの開口カバー部分が展開した時に偶然そのように見えるだけで、このように名付けているのは日本人だけである事を付け加えておく。


猫耳モード
画像はF-35の概念実証機X-35


 F-35Bは元々、海兵隊の垂直離着陸機AV-8Bハリアー2+の代替用であったが、空軍でもA-10攻撃機の後継にB型を採用する事が決定しており、今回の変更について大きな障害は無く、F-35Bの開発が順調に行われれば円滑に配備される事が予想される。問題となる、A型に比べB型の航続力が低い事に関しては空中給油機と下地島空港の活用でカバーする方針。

 この方針に対しボーイング社では「日本人の為にX-32を実戦機として仕立て上げ、量産した上で嘉手納に配備してはどうか」と、JSF計画の競争試作でX-35(後のF-35)に敗れた自社製のX-32戦闘機の開発再開を提案している。


X-32
ボーイング社の「可愛い戦闘機」X-32


 これに対し空軍では多くの戦闘機パイロット達が「あんな格好悪い戦闘機に乗らされるだなんて勘弁してくれ」と拒否感を示し、政府関係者も「ボーイング社が仕事を欲しがっているだけだ」と冷淡な態度だという。

 しかしこれら最新鋭機の配備に対し、「最新鋭の戦闘機やその要員が配備されることで、事件・事故の危険性は高まる」と嘉手納町東区の島袋敏雄自治会長(62)が言う様に、地元の一部では反発の声もある。そういった声に対しモズリー参謀総長は「沖縄では以前から地域住民の要望として、F-15は老朽化している欠陥機だからと撤去を求める声が大勢だった。だからこそ最新鋭機を配備するように配慮している」と、新型機の配備は親切心の現われである事を強調。今までの地元の声から、新型機導入の懸念の声は極一部の意見であると判断している。

 今回のF-22戦闘機一時配備についても、「同時期に韓国には同じステルス機のF-117ナイトホークを配備したが、これはF-22ラプターよりも古い」と、沖縄は韓国よりも優遇されている点を指摘している。今回の一時配備については他に戦闘爆撃機F-15Eストライクイーグル、戦略爆撃機B-1Bランサーなども候補に上がっていたが、最も新しい機体であるF-22が最終的に選ばれた。





注:これはあくまでネタニュースであり、実際にはモズリー大将はこのような発言を行っておりません。
21時13分 | 固定リンク | Comment (61) | 雑談 |
2007年02月15日
実は私は恋愛シミュレーションゲームの類をやったことがなく、そこから派生した「魔法少女リリカルなのは」についても特に興味は無かったのですが、↓これを見て考えを改める事にしました。




↓大元のYOUTUBEに投稿された動画



うわ、ガンダムネタ抜きにしても普通に面白そう。DVD借りて観てみようかな。

あ、でもDVDプレーヤーは実家にしか無かった。しかも実家に置いてきたPS2はつい先日、とうとうお亡くなりに。というか今住んでる所、「ネットがあればTVなんて要らないや」と引っ越してから一年近く経つのにまだTV置いてません。NHKはTVが無いということで追い返しました。


・・・しょうがありません。TVとDVDプレーヤー、買う事にします。(パソコンにDVDドライブ入れたらいいじゃん、という至極当たり前のことを忘れていた自分)
12時00分 | 固定リンク | Comment (85) | 雑談 |
2006年06月09日
今年はなにやら忙しくて、雷魚の初釣りが6月にズレこんでしまいました。


ライギョ



なにやら小さな雷魚が一匹。1時間やってアタックが3回、乗ったのがこれ1匹。(恐らく全てのアタックがこいつだったと思われ)60cmも無いぞ…この沼の平均サイズは70〜80cmなのに。なんだか年々、型が小さくなっているような気がする。今までで一番大きい奴は、中学生の頃に釣った90cm後半だったから、もうかれこれ10年以上前の事か…。
18時10分 | 固定リンク | Comment (30) | 雑談 |
2006年01月01日
新年明けましておめでとうございます。
今年も聖なるT72神の恵みが全ての人民と共にありますように。Объект


T-72



それでは遅まきながら独断で選ぶオブイェクトSEESAA版2005年マイベスト記事の発表。

(2005年8月7日)「ソースが大衆紙である事の意味」

     , --─- 、 ))
 (( ( ,..-ー☆ -'、
   i LレLハノリ」
    i l §゚ ヮ゚ノi! 
 (( ⊂k',_,i`\´つ
    レ(,/`"i:|"/つ  ))
     └i_7-''

注)あくまで自分のお気に入り記事というだけです。なお昨年に当ブログが最もアクセスを記録したのは9月11日総選挙の時でした、次に多かったのは「無防備宣言」ネタと「白リン弾」ネタを投下し始めた11月中旬頃の事でした。

過去記事を振り返ってみると楽天広場から移転後の9ヶ月間で131記事ありますが、書いて良かったと満足できる記事は数個程度。う〜ん、週刊化どころか月刊化しても問題無いような気が・…

移転前の楽天広場時代のバックナンバー(楽天広場のバックナンバーは書いてない月も生成される模様。2005年3月までが楽天広場時代)2005年1月〜3月頃は今から思い返しても稚拙な内容の記事が多いものの、非常に濃いものもありました。

2005年1月〜3月期にベスト記事を選ぶとしたらこれです。

(2005年2月10日)「松代大本営保存会との直接交渉終了(詳細報告」

私が頑張ったのではなく、交渉役を買って出てくれた読者の方の尽力あればこその記事でした。これに限らず良い記事と思えるものは大抵が読者からの協力を得て書いたものが多く、(白リン弾ネタもメールフォームへのタレコミ情報から)自分一人で見つけて造り上げたものは少ない気がします。移転直後の記事「在日参政権と国家安全保障」もそうですし。どうにも私はまだまだ未熟者のようです。



そういえば昨年2005年の年始めはこんな幕開けでした。

(2005年1月1日)「六号戦車炎上事件」 

今年こそ聖なるT72神の恵みが私の元にありますように。Объект   
05時31分 | 固定リンク | Comment (21) | 雑談 |
2005年10月27日
ロッテは本当に強かった。

不思議とあまり悔しくないな・・・おめでとうマリーンズ。
アジアシリーズも頑張って欲しい。

・・・と書いてたら、滅多に飲まないお酒が飲みたくなったのでちょっとコンビニ行ってきます。(やっぱり悔しいのか)
00時06分 | 固定リンク | Comment (20) | 雑談 |
2005年10月22日
夕マズメの蓮池でトップウォーター・ゲーム。狙いはナマズ。



ナマズ



ロッド:安物バーゲン品のバスロッド。2ピースでMHアクション。
リール:安物バーゲン品のベイトリール。PE2号を巻く。
ルアー:スナッグプルーフフロッグ(フックのカエシを潰しただけ)

実にいい加減なタックル。

しかしどうしてだろう、ライギョも楽しいけれどナマズを釣った時が一番、顔がニヤケてしまう。
21時33分 | 固定リンク | Comment (19) | 雑談 |